- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

最近読書始めたワイにオススメ教えて

x  
1 :名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)21:08:21 ID:lFk
三浦しをん、森見登美彦、奥田英朗あたりを読んだ
393:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:37:16 ID:d8N
>>386下斗米伸夫のソビエト連邦史や久々の講談社学術文庫やけど読みやすくてええわ
394:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:37:50 ID:UOn
本は読めへんな~思想が違いすぎてな~
395:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:38:06 ID:lFk
>>389それこそ本や言葉覚えるのには読書ってやっぱええなちなみにぴちぴちの22やで
396:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:38:24 ID:z2d
>>393ソ連ええな独ソ戦関連読んでから本探してたとこなんや
397:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:38:31 ID:djp
>>386犯罪コーポレーションの冒険エラリークイーンのラジオドラマのシナリオ集
398:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:38:53 ID:hp4
>>386「最暗黒の東京」という明治時代の底辺生活を記したルポルタージュ
399:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:39:00 ID:d8N
>>396ソ連そのものよりロシア革命におけるイデオロギーとかを目的に読んでるんやがやっぱり面白いわ
400:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:40:08 ID:dEn
>>386ハムレット海辺のカフカで「ハムレットを読まずに死ぬのは〜」みたいな一節を読んだ後に買った気がする
401:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:40:09 ID:oG6
>>386ミシェル・ウェルベックのある島の可能性人間嫌いで皮肉屋のおーぷん民なら好きやろ
402:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:40:31 ID:kns
>>386ブルガーコフ「犬の心臓・運命の卵」
403:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:40:57 ID:oG6
>>395イッチ同い年やったんか
404:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:41:09 ID:z2d
>>399ええなワイも読んでみよ
405:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:41:18 ID:lFk
>>386スコーレno4宮下奈都さんの作品をすこーれ
406:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:42:10 ID:lqv
ここまで東野圭吾なし
407:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:42:11 ID:lFk
>>403嘘やろ物知りすぎるやろおっさんかと思ってたわ
408:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:42:41 ID:L60
メタルギアソリッドの小説版は面白いぞ、ゲームだが完成された世界観だからこそあそこまで忠実にゲームを再現できるんや
410:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:43:04 ID:d8N
>>406読んだことないなあ
411:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:43:14 ID:hV7
持っとる本の小説とそれ以外の比率はどれぐらいや?ワイは9:1ぐらいやけど半々にしたいと思っとる
413:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:44:27 ID:z2d
>>411それこそ9:1くらいや全振りノンフィクション派やから読んでもエロくらい
414:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:44:31 ID:oG6
>>407んなことないわ文学部やったから本だけはねえ……読まんと大学とバイバイできんのやで
415:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:44:36 ID:L60
坂の上の雲はパッパが絶賛してるから読むべきかと思うが、ワイは時代小説は真田太平記しか読んだことないわちな今年で19
416:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:44:37 ID:fpi
>>406マイナーどころを読むのがカッコいいと思っとる偏屈な奴らがメジャーなのを読むわけないやん
417:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:44:41 ID:djp
>>406ベタだけどガリレオ好きだわ特に長編の本格もの
418:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:44:50 ID:d8N
>>411その他ってのは哲学書とか美術書とかのこと?なら6:4やな
419:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:45:49 ID:oG6
>>406東野はミステリのが有名やろけどそれ以外のがスッキ秘密とかパラレルワールドラブストーリーとか
420:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:45:51 ID:MH0
>>418その他は小説以外の本全部やろわざわざ言うあたりなかなかイタいで…
421:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:45:53 ID:kns
>>406確かに読みやすさあるわな3冊しか読んでないけど
422:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:46:07 ID:L60
東野圭吾はドラマ版の死体が無駄にグロかったから読みにくい、後理系の知識ないと内容把握できなさそう
423:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:46:23 ID:1jr
>>406手塚信者が後味悪い小説書いてるイメージ
424:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:46:26 ID:d8N
>>420普通によくわかんなかった すまん
425:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:46:37 ID:MH0
>>424ええんやで
426:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:46:43 ID:hV7
>>415NHKのドラマ版で充分やで
427:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:46:47 ID:djp
>>411ほぼ小説だわ それと大学の教科書関連と専攻科目の学術書くらいとルポくらい
428:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:47:16 ID:oG6
>>4118:2くらいやろか……8小説1作家のエッセイや論評1SF好きで買った脳科学の本とか
429:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:47:47 ID:lFk
>>414文学部かごりごり理系のワイにはやっぱ分からん世界なんやな文学部ってどんな授業あってどんな卒論書くんや?
430:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:47:51 ID:L60
むしろ本嫌いなヤツが文学部に来るのか?法学部か経済学部行けや
431:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:48:22 ID:hp4
>>4113:7くらいなぜか年を取るごとに小説を読む量が減っていった
432:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:48:24 ID:oG6
>>4084の伊藤計劃はすごいんごねえ3とピースウォーカーの長谷も上手いけどやっぱり計劃の派生感はあるわ
433:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:49:00 ID:hV7
>>429歴史学科は研究史適当にまとめれば卒論にはなるで
434:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:49:08 ID:kns
>>4117:3くらいかなぁ画集2、詩とか学術系合わせて1
435:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:49:39 ID:L60
>>432でもBB部隊をカットしたのがちょっとな
436:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:49:57 ID:1jr
本棚には小説七割仕事用二割あとは人には見せられない分類が一割
437:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:50:45 ID:oG6
>>429ワイは明治以降の近現代文学やったんやけど、2年くらいまでは文学史の流れとかテクスト論みたいな文学理論習って、3年でそれを使って1人の作家を掘り下げる練習、4年は応用で卒論って感じやろか卒論は各作家の一作品選んで論じるやつや
438:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:51:47 ID:lFk
>>437超読書感想文みたいなもんか?やっぱ小説家になりたい奴多いんか?
439:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:51:56 ID:oG6
>>435尺足らんかったしオタコン視点でやるには限度があったんやろうなぁ
440:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:52:00 ID:MrP
>>406人魚の眠る家とかいうネクロマンシー狂気一歩手前やね
441:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:52:22 ID:1jr
>>437楽しそう
442:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:53:31 ID:hV7
歴史学科の簡単な卒論の書き方研究史を調べる最後に新資料の発見が待たれるとか書く終わり
443:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:53:49 ID:oG6
>>438超読書感想文wwwそやねどうなんやろ、ワイはサークルで文芸部(小説書いたり批評したりする部活)してたけど作家志望はいなかったわゲームライター志望はいたどっちかっていうと教授とか研究職志望が多かったわ
445:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:55:00 ID:oG6
>>441ワイの大学は古いから卒論原稿用紙で2万字手書きする地獄やったで手の辛さやと走れメロスを3〜4回手書きで写すのを想像してくれや
446:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:55:11 ID:L60
メタルギアソリッドやスターウォーズの小説版みたいな原作に戦闘シーンがたくさんあるヤツは戦闘シーンをどうしても思い描きながら読んでしまうから困る
448:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:56:11 ID:hV7
>>444フランス語読めるならアリやろ
449:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:56:54 ID:g8X
何回も読み返す本とかあるん?
450:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:57:25 ID:L60
>>449ワイはノルウェイの森と虐殺器官とオウムと私
451:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:58:23 ID:z2d
>>449菊地秀行の妖魔陣
452:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:59:12 ID:lFk
純粋にここにいる読書家ニキらには最近の作家さんって薄い?昔であればあるほどやっぱ良いものなのか?
454:名無しさん@おーぷん:19/02/10(日)23:59:50 ID:hV7
>>449トリストラム・シャンディ
455:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:00:01 ID:neM
>>449マイ推しキャラのシーンばっかり読み返すわ…「悪霊」キリーロフタンと「戦争と平和」の公爵令嬢マリアタンのところ
456:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:00:39 ID:iRJ
>>447アメリカ文学史のときはSFはちょっと出たな
457:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:01:57 ID:neM
>>452そんなことないででも当たり外れがようわからんから安全パイについ手が伸びる
458:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:02:07 ID:iRJ
>>452ワイは読書家って言えるほどでもないけど最近の芥川賞系のひとは当たり前やけど今読んで面白い小説が多いからスッキ田中慎弥、円城塔、藤沢周、西加奈子あたり
459:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:02:31 ID:iRJ
>>457当たり外れ多いぐうわかる名作なら外れないから安パイなんやよねえ
460:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:02:35 ID:iFw
>>452国内小説は20年ぐらい前で止まってる「文学賞メッタ斬り」と「作家の値うち」片手に読んでた頃その後ええ作家が出とるんやろうけど書評を追う気力がなくてな
461:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:02:38 ID:Sa6
>>449さっきも上げたんやが鈴木光司の楽園は三周くらいしいたわあと仄暗い水の底からもいい話だった
462:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:03:13 ID:UmZ
宮沢賢治やな 読み返すとええで
463:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:03:32 ID:4Ks
>>449モリエールとかはガチで面白いから何回も読み返すわタルチュフとか守銭奴とか
465:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:03:47 ID:neM
>>459あとコスパ的にも青空文庫やら図書館やらで借りやすいし一冊読むのに比較的時間かかるから長く楽しめるというか…
466:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:04:29 ID:Mcn
>>458なるぼどなあそういや共喰い買ったけどまだ読んでへんかった…
468:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:06:01 ID:iFw
>>463モリエールはええなフランスの戯曲はこれとシラノ・ド・ベルジュラックが好きや
469:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:06:41 ID:4Ks
>>468ロスタンすこ
470:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:07:53 ID:iRJ
>>466共食いは一緒に入ってる第三紀層の魚のがワイは好きだったんご陰キャに刺さる田中慎弥は図書準備室、ファンタジー好きなら犬と鴉とかおススメンゴ
471:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:08:13 ID:iFw
>>469ええよねあれで恋愛ものの一つの型を完全に作っとる
472:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:08:54 ID:Mcn
>>470丁寧にサンガツやで本人にすごくインパクトあったから気になってたんやや
473:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:09:22 ID:sqP
うーん恩田陸とか殊能将之は何回読んでしまうわ
474:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:09:33 ID:iRJ
>>467せやね、あとはクラーク、ディック、ギブスン最初は子供向けの冒険小説でしかなかったSFが、超自然主義文学やなんかを通って、冷戦とかの社会の不安を反映できる立派なジャンルに変わったっていうような話や
475:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:09:44 ID:neM
>>468シラノはクッソイケメンやね顔以外でもジェラール・ドパルデューが演じたときは、なんや鼻がデカくても顔もイケメンやん思ったわ
476:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:10:24 ID:iRJ
>>472受賞のときの暴言は面白かったんごねえ他の対談や孤独論ってエッセイやと普段は大人しくて教養あるひとやなって感じなんやけど
477:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:10:40 ID:iFw
>>473美濃牛は傑作
478:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:10:46 ID:4Ks
>>475そんなシラノ本人も小説を書いているという事実
479:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:11:00 ID:iFw
>>478しかもSF
482:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:13:07 ID:sqP
>>477すこすこ胡散臭い肩書もすこや
483:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:14:32 ID:nIl
>>452普通に若手のも手だすわミステリとか結構いい若手作家でてきてるし
484:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:15:15 ID:iFw
>>483ワイはミステリは新本格で止まっちゃった読んでも米澤穂信ぐらいやな
485:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:15:21 ID:4Ks
>>481あれ講談社版あったんか 初めて知ったわ
486:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:15:38 ID:iRJ
>>480ちょっとしたメタファーなんかはあっても世界全体置き換えはなかなかSF以前はない方法やよねぇ森鴎外が沈黙の塔でそういう思想批判とかをちょっとやったりはしてたか
487:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:18:42 ID:iFw
モリエールは新潮文庫の「人間ぎらい」だけ読んでやめてる人が多そう殊能将之は「ハサミ男」だけ読んでやめてる人が多そう
488:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:18:50 ID:nIl
>>484さすがに新本格勢は寡作ぶりに拍車がかかってきてるし質も落ちつつあるからなあ
489:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:19:16 ID:JCR
ハーモニー 伊藤計劃
490:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:20:59 ID:neM
>>478シラノといい、ダルタニャンといい当たり前やけどモデルもぐう有能やねそれで思い出したけど「二人のガスコン」ってあったな
491:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:21:43 ID:sqP
>>487ハサミ男も無理くり描写はあるとはいえ雰囲気好きなんやけどな
492:名無しさん@おーぷん:19/02/11(月)00:23:16 ID:iFw
>>488有栖川有栖と法月綸太郎だけは読み続けてるわあとはクイーン、カー、クリスティの新訳をちょいちょい読むぐらい
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

最近読書始めたワイにオススメ教えて