- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは5件 まとめられてるよ! まとめ表示

ラノベ作家になった俺が絶望して引退するまでの10年間を書いてく

1俺◆uiSAjL/Qtc:2018/09/25(火)22:02:46 ID:H6J()
ゼロ年代にラノベ新人賞を受賞しプロになった俺が
その10年後に絶望して完全引退するまでの話

全てが終わってかなり経ったから書く
どこかに10年間の記録を残しておきたいから書く
235名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)16:29:58 ID:nuC
>>233
小説の出版もビジネスだから基本は続刊ありきだよ
一巻じゃよっぽど売れないと利益でないし、ラノベはメディアミクス前提だしな

その点では漫画みたいなスタイルだね
打ち切りが当たり前の世界だから完結させる力もなにもないよ実際
236名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)16:40:13 ID:9wd
>>235
だとすれば、やっぱ作家殺しだな
編集も共倒れだ

俺は物語を完結させる力が大事だと言ってる
続刊を作るなと言うことじゃない
237名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)16:43:32 ID:GvS
むしろ「この巻で終わりです」と言われて完結したものを出せるのは
筆力無いと難しいし「完結させる力」はあると思うよ
榊一郎なんかは「1巻打ち切り、3巻打ち切り、全部書かせてもらえる」と
パターン分けしてプロット書いてると聞くが、そういう営業戦略や都合にあわせた
「完結させる力」は今どきのラノベ作家はあると思う
「最初の一歩から終わりまで完成度の高いものを作る力」は養われないとは思うけど
238名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)16:47:25 ID:JFb
そんな力、普通の作家だってなかなかもってねえよ
239名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)17:05:38 ID:nuC
>>236
今の商業ではそういうのは理想だけの世界だね
完結がどうこうで悩めるなんて贅沢な悩みだ
よっぽど好きに書いていいなろうとかのほうがマシでしょ
240名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)17:13:11 ID:GvS
>>239
続きの出ない永遠の未完作なんて昔からいくらでもあるもんなぁ
なろうとか素人創作の方が完結率高いし
241名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)18:37:05 ID:kSl
物理の先生に謝れの圧倒的完結力
242名無しさん@おーぷん :2018/10/06(土)23:45:13 ID:59c
もうスレ見てるかもわからんしこの人のラノベ読んだこともないが、また書いてほしい。商業じゃなくてもなろうとか発表できる機会はあるんだから

ラノベ作家をやめてから数年たった今、こんなふうに吐き出したってことはまだ書きたいって気持ちが残ってるんじゃないかな
輝かしい青春だったって割りきって蓋をしてもやりきれない思いがあるんじゃないかな

もちろん今の家庭や仕事を守って幸せに生きていることだって素晴らしいことだからそれを否定なんてできない。「小説家としての」作者さんは幸せだったっていってるけど、どうせなら作者さん自身も小説で幸せになってくれると嬉しい
243名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)16:33:22 ID:CDB
人間が生きていく以上、言葉や文章から離れることはできないわけで
このイッチだってその小説で培った能力は普段の生活で生きていると思うよ

仮に今後そのイメージや言葉を小説にしなかったとしてもね
244名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)23:19:28 ID:3i7
クロで学ぶラノベ新人賞のスレの人かな・・・

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ラノベ作家になった俺が絶望して引退するまでの10年間を書いてく
CRITEO