- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

漢恵帝とかいうぐう聖

1名無しさん@おーぷん:2018/07/12(木)08:13:49 ID:USM()
漢高祖劉邦と正妻の呂太后の間に生まれた嫡子。
庶兄が1人いるので次男。
2名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:14:17 ID:USM()
以下恵帝のぐう聖エピソード。

幼少期に父劉邦と項羽から逃げている時に、邪魔だからといって何度も馬車から投げ捨てられたが、それを恨みにも思わず父に孝行を尽くした。
3名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:14:41 ID:USM()
皇太子になっても驕らず、周りの意見を良く聞いて劉邦の留守をよく治めた。
4名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:14:59 ID:USM()
腹違いの兄弟とも仲が良く、その優しすぎる性格を父の劉邦から危ぶまれていたが、周囲からは敬愛されていた。
5名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:15:21 ID:USM()
皇帝になると、焚書など愚かな行為だとしてこれを廃止した。
6名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:15:40 ID:USM()
庶兄の劉肥が恵帝を訪ねて参内した時、恵帝は公式な場面では自分は皇帝であるから仕方なく上座に座っているが、今日は身内だけのプライベートな宴会だから兄を立てたいと劉肥を上座に座らせた。
兄弟仲は非常に良く、宴会は和気藹々と進行したが、1人劉肥に殺意の波動を発する人間が…猛烈かーちゃんの呂太后である。
ここで恵帝は呂太后が兄の劉肥を警戒していたことを察した。
そんな中、呂太后が自ら注いだ酒で満たされた杯を劉肥に渡し、どうぞどうぞと勧める。
それをなんの疑いもなく飲もうとする劉肥、危ない!
恵帝は素早くその杯を奪うと自分でそれを飲み干そうとした。
呂太后はびっくりして恵帝にしがみつき杯を落とさせた。
これで庶兄の劉肥も事態を察し、身の危険を自覚して、以降呂太后に警戒を一層深めることになる。
7名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:16:07 ID:USM()
自分の皇位継承争いでは、劉邦に寵愛された戚夫人が産んだ弟の劉如意と争ったが、猛烈かーちゃんの呂太后が恵帝を帝位につけることに成功。
呂太后は劉邦が死ぬと戚夫人と劉如意をぶっ殺そうと企む。
しかし恵帝は弟が大好きでなんとか弟を守ろうと決心。
代国の王となっていた弟が朝廷に呼び寄せられた時は、かーちゃんやる気だなと察して、弟が参内してからは弟と一緒に食事をとり、一緒の布団で寝て毒殺や暗殺から弟を守った。
しかし、政務の狩で城から出た一瞬の隙をついて弟は呂太后に殺されてしまう。
恵帝は慟哭して激しく憔悴した。
その後、体調が戻って久しぶりに朝廷に出てきた恵帝に、呂太后が不思議な生き物を連れて来た。
呂太后はこれがなんだか分かるかい?と恵帝に聞いた。
恵帝は考えた。それは豚のような、何かの肉の塊のような…母は落ち込んでる自分を慰めるために珍しい生き物を献上してくれたのだろうか…?
そんな恵帝に呂太后は言い放つ
「これは戚夫人だよ!アヒャヒャヒャ!」
それはなんと手足を切り取られて穴という穴を塞がれた瀕死の戚夫人であった…
ここで恵帝の精神は崩壊し、その後主食にふけり2年後に崩御した。
8名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)08:32:17 ID:USM()
主食にふけるってなんだ…
酒色に耽りね。
9名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)14:03:10 ID:USM()
ここまで心優しい皇帝は他に存在しないかも。
10うんこななし。◆si53y1AdcU :2018/07/12(木)14:06:36 ID:c6c
悲しいなぁ
11名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)14:08:36 ID:USM()
>>10
劉邦と呂太后からこんな優しい人が生まれ育つという奇跡。
やっぱり大事なのは本人の資質よの。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





漢恵帝とかいうぐう聖
CRITEO