- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

弥勒菩薩って本当にこの世に出現するのかね?

1名無しさん@おーぷん:2018/07/11(水)20:47:50 ID:7Wg()
どうだろうか?
63名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)01:26:43 ID:Lt1
誰が修行したって仏になれるわけがない
64名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)03:44:22 ID:rBT
店員「お通しで〜す」 客「弥勒だ」
店員「お前だったのか」 客「また騙されたな」
店員「まったく気づかなかった」
店員「暇を持て余した」 客「仏たちの」
店員・客「「遊び」」
56億7千万年は長すぎる…
65名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)03:47:24 ID:aA7
長年の幻視の積み重ねがあって語り継がれてきたんだろう、実在が
66名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)07:04:31 ID:FzE
>>20
弥勒は釈迦の後継者やぞ
今は釈迦が救っとる
つまり今救われとらん奴は弥勒の時代になっても救われんつことやw
67名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)07:17:51 ID:oBa
ひらけ風穴
68もう、怒ったから :2018/07/12(木)08:15:00 ID:NzK
ダイバダッタってなんかの理由で嫌われて悪者扱いされてるって聞いたけど
69名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)09:25:24 ID:L39
>>68
レインボーマンを育てたから正義
70名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)09:48:12 ID:Dp3
>>66
あと千年後位には末法とかで
救いの力がなくなってる
そこで地蔵菩薩が弥勒菩薩が出現するまで
その役割を担ってるらしい
71名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)13:10:24 ID:PuB
阿弥陀様にすがってりゃ救って下さるよ
72名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)13:16:00 ID:CrU
正像二千年だから今は間違いなく末法の世や
まあ末法であっても釈尊は救いの手を垂れておる。要は信じるか信じないかや
73名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)13:17:26 ID:2Q9
呼んだ?今修行中だけど、五十六億七千万年もやれって言われてるし疲れた
74名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)14:01:31 ID:fxd
>>73
やれなんていってない
75名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)19:03:51 ID:isp()
末法はいつからいつまでなのかね?
76名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)19:10:12 ID:CrU
末法がいつから始まったのかは考え方がいくつかあって12世紀あたりという考え方と17,8世紀ころからという考え方がある
いずれにしても現在は末法の世
いつまで、てのは再び娑婆世界に仏が顕現するまで。弥勒菩薩が解脱するのが次なんだとしたら地球でじゃなさそうや
78名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)19:22:27 ID:WOs




もう既にマツコデラックスとして顕現してるで
79名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)09:31:13 ID:8N9
自分を弥勒だと錯覚している宗教家とか経営者とかならゴロゴロいそう
80名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)09:57:41 ID:78D
ガバガバ知識多すぎ
81名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)09:59:51 ID:pns
>>80
ではあなた様の正しそうな知識をどうぞひけらかしてくださいまし
82名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:02:03 ID:78D
聞く人居なきゃいやだ
83名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:03:27 ID:pns
>>82
少なくとも俺が聞いとるよ
言っとくが他人をエビデンスなしで批判するだけの奴はほんまもんの屑や
84名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:09:05 ID:78D
>>50
如来はタターガターの翻訳語で悟った人をあらわす
つまり史実と関係ないとか言う指摘自体おかしい
多分薬師如来とか個別の如来を示してレスしたんだろ
他にも呼び名は多くあり如来の十号を参照せよ
85名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:12:38 ID:78D
>>53
釈尊の在世時釈尊によって多くの弟子が悟ったと認定されている
阿羅漢も元々仏陀とかと同じ悟った人を表していると考えられる
釈尊の死後釈尊への畏敬の念から現在の用法での阿羅漢にまでしか到達されないとされた
86名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:14:11 ID:78D
大乗では悟ったと語ること自体罪とされたが上座部系ではそうじゃないので割と自分は悟ったとする人がいる
87名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:18:35 ID:78D
>>56
観音は男性
女性の如来菩薩はほぼいない
金剛界の四菩薩など一部に限られる
88名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:19:47 ID:78D
結局誰もいないじゃねーか
89名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:29:19 ID:pns
いやちゃんと見てるよ
ふむ確かにある程度は知識はあるようやね。ただ、こういうところで書いても流れちゃうのも確かなんだよね
如来の十号をそらで言えるけどその一つ一つがどういう意味なのかは深く考えたこと無かったな

あと如来、菩薩に男性はいないと考えるのはちょっと宗派色が出ちゃってるかなと思う
90名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:29:56 ID:78D
下にいるって書いとるわ
91名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:33:12 ID:78D
タターガタは悟った人を表す語だけど直訳すると違うからな
基本仏教関係は音写多いんだから原語にあたるべき
92名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:40:14 ID:N8O
>>87
男性ではないよ
というか性別ない
それはちゃんと説かれてる
93名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:45:34 ID:pns
俺は原語にはさほど意味が無いと思ってる
原典がサンスクリット語で書かれたのかパーリ語で書かれたのかも明確な証拠が無いし
そもそも経典になったのは第二結集だか第三結集だか釈迦滅度後100年は経ってたはずだからそれを原典とするのもどうか

宗教てのは基本的に時間が経って変質していくものだし、日本の大乗仏教の起点は龍樹にあると言ってもいいくらいだし
94名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:53:05 ID:78D
阿羅漢がどう言う意味かもわからないんでしょ
原典あたれば文法で成立時期わかるからな
95名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:54:36 ID:78D
>>92
華厳には男性て書いてあるよ
女性化したとしたらそのあとだろうな
96名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:01:19 ID:N8O
>>95
それは知らんかったな
しかし華厳より前に
男性であったり女性であったりしてるから
どっちが先というのはなさそう
慈母観音っていうのもいるし
元の名前が男性名詞を使われているとか
説法するときに相手に合わせて性別を変える
とも説かれてる
だから性別はないとしてると聞いた
97名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:03:34 ID:N8O
>>93
阿羅漢の当時、釈迦の付き人だった
阿難尊者が教えを記憶して釈迦入滅後
それを聞いた他の弟子が書き記していった
とかなんとか
98名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:05:53 ID:78D
一番古いとされるのはダンマパダ、スッタニパータあたりだけどかなり増項されてるしな
一部はかなりの確率で直説みたいだけど

>>96
中国では土地柄もあってかなり女性化進んだらしいな
99名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:11:00 ID:N8O
>>98
みたいだな
しかし原点まで遡ると
男性名詞だけど当時の女神様が変化した
というのもある
100名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:11:06 ID:pns
インド文化史をもうちょっと広範にみればわかると思うけど
釈尊在世時てのは文字で記録するという習慣そのものがなかったんだよ

ゼロとは言わないけど、仏教史の定説では経典として成立したのは入滅後少なくとも一世紀は経ってるだろうということ
101名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:18:19 ID:78D
何言いたいのかわからんレスよくするね
102名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:20:20 ID:N8O
>>101
あんまこういう話しできる機会ないからね
話せる人がいるときに話したい
103名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:25:05 ID:78D
長いこと女は成仏出来ないとされて居たから女性化されたのはそれ以降だな
観音菩薩がいつ成立したかまでは知らないけど
法華経とか無量寿経だか阿弥陀経だかだと変成男子止まりだし
104名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:32:07 ID:N8O
>>103
それな~
どうも男尊女卑文化が絡んでるっぽいんだよね
今なら否定できるかもしれんけど
それはちょっと違う気もするし
105名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:35:59 ID:5YT
>>84
次のレスで間違いだって言ってるやん
106名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:36:55 ID:5YT
>>87
当たり前だろ
女性っぽい顔つきをしているっていっだけだ
107名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:39:53 ID:78D
>>104
今では変成男子の話もかなり女性差別とされるけど
当時は画期的だったんだろうな
108名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)12:15:23 ID:N8O
>>107
男尊女卑文化が根付いてるからな
それを疑問視する人もいなかったから
画期的なんだろうね
109名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)13:07:51 ID:pns
男尊女卑文化てなんやねん
文化やなくてそれが一般的な考え方だったちゅーだけの話や
110名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)16:32:37 ID:CNO
お前まともにしらんのやな
111名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)00:00:27 ID:KE5
それ言ったら東洋の宗教には女性の聖人がいない
だから聖母マリアがいるキリスト教が最も先進的だ
とかいうアホと同レベル
112名無しさん@おーぷん :2018/07/21(土)14:53:22 ID:bgp
太陽の寿命を書込んでる奴いるけど、
古代仏教「世界の終わりが来る57億年後に弥勒が救う」
現代科学「太陽の寿命は57億年後くらい」
で後付けでないから凄過ぎ。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





弥勒菩薩って本当にこの世に出現するのかね?
CRITEO