- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

大人が漫画を読むのが普通になったのは何時からだろう

1名無しさん@おーぷん:2018/05/11(金)09:28:16 ID:P6M()
60~70年代頃「ガロ」が出てきて
大人向けの漫画雑誌が生まれた
「カムイ伝」など大人でも楽しめる漫画が出始める
しかし、当時はまだ大人向け漫画はアングラ趣味だったという
60年代に大学生だった頃から漫画を買ってた、うちの親父が言ってた

80年代になると大手出版社が青年誌を出すようになる
「島耕作」とか「美味しんぼ」とか子どもが読んでもつまらない漫画が出始める
しかし、この頃もまだ漫画は子どもの読み物という印象が強かった
当時の中高年世代(今の後期高齢者)は、若者が漫画を読むのを奇異に見ていたし
大人の読み物といえば、まだ小説が主流だった

90年代後半~2000年代前半になると
大人が漫画を読むのは当り前になってきた
出版社の統計を見ると、この年代に成人になってる層は小説を読まない事が明らかになる
今、小説を買っているのは主に40代以降の中高年で
若年層は、読書好きが買うか課題図書で買うか、それ以外で小説を買う事がなくなった
文芸誌もこの事態に危機感を抱いたのだろうか
2000年代前半に綿矢(19歳で受賞した最年少芥川賞受賞者)とか金原みたいな
若い世代の作家を発掘して若年層にも小説を拡げようと画策した
しかし、今となっては、若者の間では小説と漫画の立場が逆転してる
メインカルチャーが漫画で、サブカルチャーが小説になった
2名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)09:31:04 ID:KzH
電車に乗って読んでて恥ずかしいと思ったり思われなかったりしたらメインカルチャーな気がする
3名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)09:33:31 ID:9b9
電車でジャンプ読んでるおっさんは普通におるね
逆に電車でジャンプ読んでる子供は早々見ない
4名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)09:35:58 ID:P6M()
>>2
これな
そういう風潮が出来たのは2000年前後だと思う
90年代初頭は漫画を読んでる大人は、まだオタク扱いだった
5名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)09:40:40 ID:JyJ
でも電車で小説読んでて恥ずかしいとは思わんな。
小説がサブカル化したのではなく、単にマイナー化しただけかと。
6名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:02:56 ID:P6M()
>>3
外国人(特に階級社会の名残が強く残っている欧州人)が
漫画を読んでる背広姿の大人をみると、驚愕するというね
これだけ漫画が浸透している国は日本だけなんだろう

>>5
いや、明らかに小説がサブカルの地位まで下がってる
政府が進めるクールジャパン政策には
漫画・アニメ・ゲームみたいな大衆娯楽から
現代アートや伝統工芸みたいなハイカルチャーまで入っているけど
小説は入ってないし、完全に無視されてるもん
本来、純文学はフィクションものの基礎教養だった
庵野は村上龍の影響を受けているし、新海は村上春樹の影響を受けている
しかし、今は現代純文学は完全に無視されてる
政府からも若手のクリエイターからも
7名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:04:10 ID:KzH
漫画読むのが普通になったのか
他人に迷惑かけないなら何してもいいよ的な風潮になったのかどっちだろうな
8名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:05:13 ID:Bsp
まあ時代時代で常識も変わってくね
特に昨今はこれまで例がなかった情報化社会だからね
いろいろ新しい流れができるんじゃないかな
9名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:25:12 ID:JyJ
>>6
サブカル的扱いのことではなくて、単にメインカルチャーに対するサブカルチャーって意味か。
それなら納得。
10名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:33:03 ID:RSm
>>7
後者だろうな、個人主義の台頭、世間体の軽視
11ヽ(`ω´)ノ人工○ンコマン :2018/05/11(金)10:36:58 ID:AJq
20年くらい前あたりからかな
大人のあり方がゆるくなりだしたのは
12名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:43:47 ID:P6M()
>>7
うーん、個人的には両方ある気がするな

>>8
漫画・アニメ・ゲームと色々娯楽がある中で
エンタメ性では、小説は上記の媒体に勝てる要素がないと思う

>>9
今の若い子に存命中の小説家を五人あげてみろって訊いても
答えられないと思うの
13名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:47:21 ID:L6i
世代によってメインカルチャー、サブカルチャーは違う
14名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:49:13 ID:K29
ガンダムのころはダメだったけど
エバンゲリオンのころは許されていたな
手塚治虫だって子供にわからんのあるしな
15名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:49:33 ID:JXZ
最初から
16名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:57:00 ID:P6M()
小説がダメなところは若手作家が全然育ってない事
小説読みに「アラサーで第一線で活躍してる小説家は誰?」と訊いたら
純文学だと綿矢、エンタメ小説だと朝井が、出て来ると思う
現在も執筆を続けていて、作品が映画化されたりして、知名度と売り上げが高い
こういう要素を考えると、この二人に絞られる
金原なんか小説を全然書いてないし、コラムやエッセイばっかり書いてるから論外
本読みには知られている、この二人だが、一般的知名度はあんまりない
たぶん「桐島部活やめるってよ」「蹴りたい背中」が知られている位
朝井はマスコミにも顔出すからマシだけど
綿矢は普段表に出ないから、結婚報道が出た時の感想が酷かった
「あー、昔流行ったね。今でも書いてるんだ」「誰こいつ?」
ネットの普通の人の反応はこんなもん
あと、この二人以外に有名な若手作家がいないって時点であかん
小説家は漫画家に比べてデビューが遅いせいもあるけど
40代でもまだ新人枠だからな

一方、漫画はどうか
アラサーの漫画家だと進撃・諫山が知名度ある
若い世代だったら進撃の巨人を知らない奴は滅多にいないだろう
もう少し上の世代も考えると、ワンピースを知らない日本人は
高齢者を除いてほとんどいないんじゃないか?
もうね、漫画と小説は、知名度・話題性・売り上げを比較すると、まるで勝負にならない
17名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)10:58:00 ID:Bsp
そもそもね、漫画読もうが何読もうがほっとけよって思う
じゃあ小説や古風な文芸作品はそんなに偉いのか
別にエロ本見てるわけじゃないし、そもそも大人が書いた
まじめな作品を堂々と読んだっていいじゃない
そんなことより電車内でうるさい人のが迷惑だしね
18名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:00:44 ID:Hjk
30超えてるけど俺が漫画読みだしたのって親がジャンプ読んでたからだからなぁ
19名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:02:42 ID:P6M()
>>13
今は漫画がメインカルチャーだね
若者同士で話してて、漫画の話題は出るけど
小説の話題なんか一切出ないもん
三島由紀夫について語り合える同年代は
文学部で三島の研究をしていた俺の身内だけ

>>14
エヴァの時代は
アニメ・ゲームに学術的要素や文化的教養を輸入するのが流行ってた
心理学・哲学・宗教なんかを積極的に取り入れていた
同時代のゲーム、ゼノギアスもそういう作品だったし
子供向けのNHKアニメ、ジーンダイバーなんかもハードSFみたいな内容だった
20名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:04:57 ID:2hi
今のような出版社に頼った方式じゃ漫画は大人の趣味にはなりえないよ(´・ω・`)。
もっとネットから出版にならないと(´・ω・`)。
21名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:06:52 ID:P6M()
>>17
こういう考え方が一般に許容される様になったのは
つい最近なんだよ
20年前まで大人が漫画読んでるって言ったら「オタク」のレッテル貼られてた

>>18
うちもそんな感じだね
親父が、こち亀・ワンピース・ハンターハンターあたりが好きだから
俺は親父のお古を読んでいた
22名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:09:38 ID:JyJ
>>12
存命だと俺もきつい。
村上春樹
村上龍
島田雅彦
清水義範
京極夏彦
ギリギリ思い浮かんだ。
23名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:12:22 ID:cLg
スピリッツやヤンジャンが創刊してから大人も読むようになっただろ
後押ししたのはドラゴンボールやらやってた週刊少年ジャンプ黄金期
個人的には今でも大人が電車で漫画読んでると違和感覚えるけど、漫画どころか
平気でスーツ着たリーマンが携帯ゲーム機やスマホでゲームやってるんだよね

大人が公共の場で漫画を平気で読みだした時に年寄りたちの違和感が、たぶん
今のゲームに対する自分の違和感と同じなのだろうと思う
24名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:15:05 ID:2hi
スーツ来たおっさんがジャンプ読むのはちゃうやろ(´・ω・`)。
中年のおっさんがプリキュアに夢中になるのと同じでそんなのが容認される時代はこねーよ(´・ω・`)。
25名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:15:14 ID:4gc
島耕作が定年してるからな実際
ビックコミック読見始めた世代の年齢が上がってるのだから
マンガに対する価値観も一周している
26名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:23:47 ID:KzH
右手にジャーナル(朝日ジャーナル)左手にマガジン(少年マガジン)

みたいな言葉が流行ったのが1969年、今から50年近く前の話だからな

それから50年もすりゃそいつらに子も孫も生まれて漫画を読むのも一般的になるわな
27名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:24:18 ID:P6M()
>>22
存命中の漫画家だったら、割と誰でも答えられる思う
存命中の小説家だと難しくなるし、映画監督だとマニアか業界人しか答えられないと思う

>>23
電車の中でデレステやってる奴を見た時は、流石に引いたw

>>24
でも、実際にはそういう人もいるよね
うちの身内が電車の中で三島由紀夫の本読んでたら
「そんな男の本を読むな」って爺さんに注意されたw
いや、課題図書なんですけどね……って言い返したそうだが
脱線したけど、俺も個人的な感覚で言えば、電車の中でジャンプは読めんな

>>25
80年代後半の島耕作の作中であった会話だけど
上司「君らの世代は大人になっても漫画を読むのかね?」
島「はい。そういう人も多いですね」
という話があった
団塊の世代は割と漫画読んでるんだよな
ゴルゴとか島耕作なんて明らかに中高年向けだろう
28名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:24:33 ID:4gc
小説が売れなくなって困るのが小説を生業にしている人だけなら仕方がないと思う

マンガが文化として小説の代替たりえるのかという面では
どうなんだろうかね
29名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:25:55 ID:cLg
>>24
分からんぞ
市民権得てるかどうかわからんが、50歳60歳のおばちゃんがジャニタレに群がってるのが珍しく
無い時代になったことだし、いずれそんな時代がくるやもしれんよ

>>25
実際のところは知らんがビッグコミック本誌やゴールドは昔っから30歳40歳が読んでなかったか?
週刊漫画timeとかそもそもがおっさん向けの漫画雑誌もずっとあったわけだし
青年誌とはいえ同じ作者が描いてたヤンマガのハローハリネズミとかおっさん向けでしょ
モーニング青年誌より上の世代がターゲット
もう大人というかじいさん世代がターゲットっマーケットもありだろうね
ネット対応できない世代だから紙メディアの雑誌がそれなりに売れそうな気がする
30名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:26:44 ID:Ubu
スーツ着ても常識人とは限らないからな
昔もトラックの運転手が会社までスーツで来るのはよくあったらしい
それは正装だからいいんだが問題は現代ではスーツを着て
ビデオハウス(テレビと重役の椅子みたいなのが置いてある個室)に出社するとか
そういう人もスーツなんだよな?昔とは認識のされ方がだいぶ違うと思う
参考になってないというべきか
31名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:31:45 ID:P6M()
小説について持論を言っておきたいんだけど

芥川賞が機能してない時点で、純文学は終わってる
綿矢・金原ペアが受賞した時も
「ルックスが良いアイドル扱いの作家を出して来たな」
「露骨な販促ショーになったな」「もう見限ったわ」
みたいな意見がかなり出たんだけど
最近、又吉に受賞させた事で、俺は芥川賞を見限った
だって、本来は無名の新人に箔をつけて有名にする為の賞だぜ
無名の新人を世間に知らしめるための賞だぜ
既に芸能人としてかなりの知名度がある又吉に受賞させたら
芥川賞の本来の存在意義がないじゃんw
32名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:32:34 ID:4gc
絵画の分野で、
裸婦を描く倫理的批判を免れるために
神話や聖書の一場面を描くという手法があって
そういう事のおかげで絵画は多分に後生に権威主義的
に評価されてるけども、
小説という物にも我々の世代は似たような感想を持っていて
我々は小説というものを権威的に捉えすぎているのでは
33名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:34:34 ID:Ubu
島耕作の外篇みたいな漫画でラストニュースってあるよな 
>>31
みたいな又吉の問題が取り上げられてほしいもんだわ
オウムの更正します版なストーリーとかなかなか覚えてる
34名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:34:55 ID:cLg
>>26
それは当時の意識高い系のセリフだわな
知的と言われてたジャーナルと子供向けと見られてるマガジンの両方から自分に得る物を
見付けられるんですよ、って背伸びした発言
少年漫画でも大人の鑑賞に堪えうる作品はある、という意味もちょっとは含まれてるけど

もう10年以上前だけど、講談社のお偉いさんと話をしたときに、当時小学生低学年は
漫画を読めなくなってきてる、漫画の読み方が分からなくなってきてるって危機感持ってたよ
漫画のコマ間を推測・想像して読み解くことができない、描かれているキャラの言動の裏を
読むことができないって
自分は漫画を描いてる人間だけど、そういった状況を読んで出版社は分かりやすい描き方を
要求してきてたのがそのあたりの時期

上段の時代のマガジンに掲載されてたあしたのジョーで、砂浜に残ったジョーのおぼつかない
足跡からジョーがパンチドランカーになってしまってるというような表現は、今は読者に
なかなか伝わらない
35名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:40:05 ID:Foh
>>16
若者枠で伊坂幸太郎とか有川浩とかなんとなく有名な気もするけどな
36名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:43:33 ID:2hi
小説書けるんなら漫画の原作枠で名前出せばいい(´・ω・`)。
そしたら知名度だって出てくる(´・ω・`)。

まあ、現状の出版社に頼ってたら無意味だけど(´・ω・`)。
37名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:44:55 ID:Ubu
昔の優秀な小学生はファンタジー文庫的なのを読んでるイメージあるがな
俺の世代はおぼっちゃまくん全開時代だったから
ドラゴンボール買わずにおぼっちゃまくんとか普通に多かったし
個人の好みが一番出た時代だと思う
38名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:46:20 ID:KzH
>>34
マンガ読めないみたいなのは30年前くらいにもちょいちょい言われてたな
ただあの当時はマンガなんか読んでたら馬鹿になるって時代だったから問題にならなかったんだと思うわ

個人的にはマンガ読めないのって失読症みたいな感じで先天的な問題な気がするんだよね
39名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:47:15 ID:P6M()
>>28
小説が売れなくなっても小説家はあまり困らん
ほとんどの小説家が兼業作家だから
芥川賞・直木賞クラスの作家でも兼業のほうが多い
集英社と講談社は漫画とラノベもやってるから良いだろう
問題は、漫画やラノベの出版をやってない一般文芸一辺倒の出版社
文藝春秋、河出書房新社、新潮社だな
新潮社は若い読者を取り込むためにラノベみたいなレーベルを始めたが
悲しいかな、そんなに話題になってない

>>30
まあ、日本人の感覚からすればそうだけど
欧米人の感覚からすると
スーツを着て仕事してるのは、エリート層かインテリ層ってイメージだからね
スーツを着てる人が漫画を持っていると
彼等は驚愕するんだよ

>>32
それ、村上春樹の小説にも言える事だね
少年層も読むラノベでセックスシーンは厳禁だし
エロ漫画は18禁に指定されているけど
村上春樹の小説は18禁でもないし、文学として受け入れられてる
ノルウェイの森がエロすぎるという理由で、アメリカの高校の課題図書から外されたり
1Q84で30歳の主人公と17歳の少女がセックスするシーンが、欧米でかなりバッシングされたけど
国内では村上春樹のエロはアリだとされてるからな
ちなみに、俺は村上春樹のエロ描写は露骨すぎて好きじゃない
40名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:47:28 ID:cLg
>>35
若い人が知ってる存命の一般小説家って有川浩とか池井戸潤とか東野圭吾かね
伊坂幸太郎って若い人にも有名?
まだ恩田陸の方が知名度高そう

20代から下だと知ってる小説家ってラノベ作家がメインじゃない?
島田雅彦なんてたぶん知らんでしょ
41名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:51:26 ID:cLg
>>38
出版社の人が言うには、絵本から少年漫画のギャップを乗り越えられない子供が多いって
言ってたな
今は絵本自体子供に読ませない親も多いから、そもそも紙に描かれた絵巻物語に慣れない
ってところも原因の一つかもしれない

街中の親子三人連れの会話で、DQN親父が幼稚園児ぐらいの子供を連れた母親に向かって
「ガキに本を読ませるな、オタクに育つだろうが」
って言って叱ってたの見て、日本の将来にかなり絶望したことがあるよ
42名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:56:09 ID:Ubu
あと漫画はジャンプ後ろの投稿や懸賞ができるからな
漫画によってはワンピとかコミックスに自作絵が載る
昔も小林よしのりに怒ってもらう怒っちゃまくんっていうのがあったな(笑)
43名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:57:28 ID:tEf
漫画を読んでた子供が大人になっただけやろ
44名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:58:46 ID:P6M()
>>34
漫画でさえそんな状態なんだから
今の読解力のない若者が小説を読めるかって話だな

>>35
その二人は中年だから若手作家とはいえない
ちょっと脱線するけど
今の若手作家の弱点は、同年代の事しか書けない事だ
若い観察力と感性だけが評価されているんだよね
昔の文豪が持っていたような、思想性・哲学性・社会問題批判みたいな
そういう要素が皆無に等しいんだわ

>>36
小説でストーリーやプロットが巧い新人は
漫画原作者に転向させられるケースが結構ある
今は出版社が漫画に力を入れているからね

>>37
少子化のせいか児童文学って減ったね
ハリポタあたりを輸入している事からもお察しだけど

>>38
知能検査にも漫画のコマを正しく並べなさいって検査項目があるからね
45名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)11:58:56 ID:n1D
>>41
そのDQNに「お前が馬鹿だということだけは良く解った」とか言いたくなるな
46名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:01:59 ID:uyv
昔は小説を読むと馬鹿になると言われてたなあ
47名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:03:32 ID:Zuc
市場がデカくなりすぎて
何読むにしても結構な金かかるようになったからだろ
ライト層取り込まんと
48名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:09:47 ID:Ubu
漫画愛好家の語彙は顔芸付きだからな
49名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:11:17 ID:ps7
エロトピア
はい論破
50名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:12:17 ID:wiC
団塊Jrからでしょ
ガンダムや北斗の拳、ドラゴンボールが日常的なネタになって
特に男子校とかの出身者がヤンキーからオタまでネタにしだして
そのまま社会にでてきただけでしょ
51名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:15:12 ID:Ubu
物読みの語彙は整合性があるから理解できることもあるが
漫画愛好家の語彙は唐突な本人の思いつきで出されるものだからな
これでは漫画は失礼と言われても仕方ない一面はある
ヤンキー漫画を読んだ教師が不良に対応するにはいいと思うが
52名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:16:03 ID:P6M()
>>40
アラサーだから20代とも30代とも交流があるけど
その辺りの小説家、若年層は、読書家じゃないと知らないと思う
ガリレオは結構有名だけど、原作者の東野圭吾までは知らないんじゃないかな

>>41
反知性主義もそこまで来ると悲惨だな
俺は幼稚園の頃、絵本をよく読んでいたよ
誰に教わるわけでもなく、ひらがな・カタカナは5歳でマスターしてた

>>42
漫画は読者が作家を選べるからな
不人気だとベテラン漫画家でも容赦なく打ち切りになる
小説は一度有名になると、駄作でも通ってしまう
村上春樹の多崎つくるなんて酷い小説だけど
春樹ブランドで通用しちゃうからね

>>43
それだけだと漫画と小説の地位が逆転してる現象に説明がつかん

>>46
どんだけ昔だよw
明治・大正の頃だろ

>>47
そういう意味じゃ漫画・アニメは成功しているよ
君の名はなんかアニオタ以外も観たわけだしな
小説はラノベが入門になってないからね
ラノベ読みはラノベを読み続ける
一般のエンタメ小説や純文学なんかには移行してこない
53名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:18:06 ID:JyJ
>>27
なるほど、それが生きてるコンテンツと、終わったコンテンツの差だな。
54名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:38:02 ID:4ih
今は漫画もサブカルチャーに落ちつつあるんじゃないか?
子供は夢中になってYouTube観てるし
55名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)12:40:46 ID:j1G
大人が漫画を読まない時期なんてほんと、少しだけ
普通大人だろうが子供だろうが漫画は読む
56名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:04:23 ID:9p4
>>26
それそれ。
「大学生が電車内で漫画を読んでいる!」ってのが週刊誌ネタになったのは1960年代後半のこと。

左翼学生の常識が朝日ジャーナルと少年マガジンだったんだよな。
航空機ハイジャック犯が「俺たちは『あしたのジョー』だ」って発言したのも1970年前後の若い世代(団塊~少し下まで)の価値観を象徴してる。


あと、この>>1は、ほとんど同じスレを乱立している男だから真剣に相手しなくても良いんだぜ。
57名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:18:07 ID:9p4
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1525255734/l50

天才だと思う小説家って誰だと思う?
1 :名無しさん@おーぷん:2018/05/02(水)19:08:54 ID:cv8(主) ×
故人だと三島由紀夫
幼少期から文章力が並の大人以上だった
高校生の頃から文壇に注目されていた

近年だと綿矢りさ
高校時代の冬休みに勢いで一週間で書いた小説が新人賞受賞
19歳で書いた「蹴りたい背中」で最年少の芥川受賞者になった
その記録は今でも破られていない
ろくにプロットも練らないで書けるのは凄い

次点だと村上龍
一回目の応募で新人賞受賞
村上春樹を小説家にしたきっかけを作った人物
58名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:18:30 ID:L6i
まあ、この>>1はレスも的を射てないし
ちょっとおかしいね
59名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:18:41 ID:9p4
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1525355989/l50

どうして今の若者は小説を読まないのか
1 :名無しさん@おーぷん:2018/05/03(木)22:59:49 ID:fAk(主) ×
俺は32歳だから、20代も30代も知り合いがいるわけだが
今の若い子は小説をほとんど読まないな

大学はそこそこのレベルの理系大学だったのよ
小説を読む人はたまにラノベ読みがいる位だった
まあ、そこは理系だから仕方ないのかなと思うんだけど

家族とは小説談義をよくする
妹は文学部卒だけど、女が好みそうな村上春樹とか綿矢りさは嫌いらしい
なんか、三島由紀夫とか耽美系の文学しか読まん
現代作家には美意識がないから読む価値がないとまで言ってる
親父は純文学から時代小説まで何でも読む
俺がウェブ小説を書いてるって話をしたら
「小説を書きたいなら『罪と罰』は必ず読め」とアドバイスした

高卒の同期がたまには活字が読みたいと言い出したから
内容が簡単な「星の王子さま」を貸したんだけど
内容が難しいと途中で返してきたw

同年代と集まっても、現役大学生の後輩と話しても
漫画やアニメの話題は頻繁に出るけど、小説の話は全く出ない
うーん、もっと高学歴な大学、あるいは文系の大学だと事情が違うのかなあ
60名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:19:18 ID:9p4
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1525096008/l50

どうして日本の映画と小説はオワコンになったのか
1 :名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)22:46:48 ID:4bU(主) ×
昔は三島由紀夫とか黒澤明が文化人として認知されていて
マスコミなんかにもよく出ていた
今は作家や映画監督がそのようの扱いを受ける事がない
しかし、漫画家は文化人枠でマスコミに露出してる
江川とか黒鉄さんあたりね

ジブリなんかはピクサーやディズニーからも注目されていて
ジブリアニメの飛行シーンは教科書的に扱われているそうだ
また、アニメ関係に限らず、海外の作家や文学者にもジブリファンはかなり多い

それに比べて映画と小説はどうか
世界から相手にされてるのは村上春樹と北野武だけじゃないか
世界どころか国内からも相手にされてない
出版社の調べでは、小説を買って読む人は40代以上がほとんどだそうだ
つまり、10代~30代の若い人は小説を読まんという事だね
街頭で若者を相手に
現役小説家・現役映画監督を5人挙げろと訊いたら
たぶん、多くの若者が答えられないだろう

何より、小説も映画も若手の作者が育ってないのが痛い
漫画は尾田とか諫山みたいな若手が活躍してるけど
彼らと同年代で知名度のある小説家なんていない
知っているのは文学マニアくらいだろう
若手の映画監督なんか、結構映画観る俺でさえ知らない

なんでここまでオワコンになったの?
61名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:21:39 ID:Ubu
三島由紀夫が必ず出てくるからおかしいとは思っていた
62名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:24:34 ID:L6i
なんか世間が狭いから議論になっても
同じ答えしか返ってこないんだよね
63名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)13:58:49 ID:a47
ガロ懐かしいな^^
もう老後=ゲートボールじゃないしな。
ゲーセン行って、スマホのゲームやって、漫画も普通に見る60代70代だろ。
64名無しさん@おーぷん :2018/05/11(金)14:16:11 ID:9p4
>>61
他に知らないんだよ・・・

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





大人が漫画を読むのが普通になったのは何時からだろう
CRITEO