- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

人はなぜ面白いと感じ、笑うと思う?

x  
1 :名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)21:59:23 ID:0ET
なんでだと思う?
20:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:23:44 ID:4cM
その約束事のフラグが立つとどうなると思うの?
21:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:24:02 ID:0ET
人が何千年も繁栄を繰り返し生き続けてきたことからおおよそ、アルゴリズムの大元は「繁栄し文明を作り出す」的なものだと思うそして「繁栄し文明を作り出す」ために必要なモジュールが「笑い」っていうモジュールなんじゃないかな
22:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:24:57 ID:0ET
>>20人生が始まる
23:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:28:11 ID:0ET
まあ、こんな事言うとさ絶対「人は機械じゃない!」って怒り狂う人達いるんだけど今日はいないみたいだなw
24:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:30:29 ID:ykX
そういえば笑いについて生物学的に見たことなかったな歯を剥き出して口角を上げるのって人間以外だとみんな威嚇だからな
25:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:30:30 ID:4cM
んんー。たしかになオレは人が生きていく一番の理由が笑う為だと思うから同意見だな例えばお笑いで笑える時は「喜」子供や動物を見た時の笑顔は「楽」そしてどちらも段階的に楽しめるのは【自分で】見付けた笑い
26:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:30:33 ID:0ET
>>23そして、そういう人達は人間の製作者が「人間はプログラミングされたものである」と自覚されると不都合な事(予想通りに動かない=バグ)があるからバグが起きないように俺みたいな人間の仕組みを解釈してしまう存在をもみ消すようにもアルゴリズムされてるのかもなあ人体解剖も昔は禁忌だったように
27:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:32:57 ID:0ET
>>24人間は動物をまとめて踏み台にして成長する特異的な存在であるその理由の一つに「笑う」という人間にしかないモジュールに意味があるのかもね
28:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:36:17 ID:0ET
>>25>オレは人が生きていく一番の理由が笑う為だと思うから同意見だな例えばお笑いで笑える時は「喜」子供や動物を見た時の笑顔は「楽」なるほど、俺も大体賛成生きていく一番の理由が笑う為っていうのは人それぞれになりそうだけど(なぜなら俺は笑いよりも新発見の積み重ねが人生だと思ってるから)生きていく理由の一つに笑いが含まれているのは人間は根源的に変化を発見する存在だから何だと思う
29:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:37:15 ID:0ET
そうだ、これは面白いだけに限った話じゃないんだ「悲しい」「ムカつく」「嬉しい」も、全て「笑い」と同じように定義されていると思う
30:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:37:18 ID:4cM
プログラム という1から10まで決まっているようなイメージの言葉を当てはめるものではないのかもな法則 って言葉のイメージが丁度いい
31:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:39:26 ID:0ET
>>30そだなその辺に転がってるコードと比較できないくらい人間の脳の仕組みは複雑で奇々怪々になっていると思うあまりにも複雑過ぎるから、一歩離れて視野広くして見ると法則って言葉で当てはめたくなる気持ちもわかる一言で言うなら法則みたいなものだしね
32:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:40:12 ID:4cM
>>28言い換えれば「笑顔になるため」っていうお花畑みたいな表現になるけど多分>>1は何かを発見した時に必ず笑顔になってるはず過程と結果の部分で言うと笑顔いう結果を導く過程にはそれぞれの好みがある
33:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:41:44 ID:0ET
あらゆる事象は「変化」喜怒哀楽は「一定以上という条件を満たすほど大きな変化」によって決まるこれが人間が動物より優位に立つ事ができた原因だと俺は思う
34:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:44:13 ID:4cM
>>31逃げのように捉えてると思うけど、人はその「法則」「傾向」を自分で紐解いていく事を突き詰めて学問を生んでるからな哲学も科学も広義では同じ事
35:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:46:00 ID:0ET
>>32ああ、言葉の綾みたいな感じになっちゃったな何か変化を見つけると、必ず面白いと俺は思うしその面白さのために俺は生きている若干ざっくり言うなら俺も「笑い」のために生きてるから厳密に言わなければ俺とID:4cMの生きる目的という価値観は同じだなついでに、人間のアルゴリズムにバグが起きた人達例だけど、リスカする事が生き甲斐生きる気力がない(うつ病)そういう人達の事をまとめて障害者って呼ぶのもよく出来てるなと思うなぜなら、彼らはアルゴリズムにバグが生じてしまった存在だから
36:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:46:57 ID:0ET
>>34そだね、俺もそのレスには諸手を挙げて賛成
37:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:47:36 ID:ykX
アルゴリズムとか言わんでもふつうに本能だろ…心理学の研究でも統一的な機能見解はまだ無いみたいだな脳神経科学的には解明されてるけど
38:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:50:25 ID:4cM
>>35手に入らない「笑顔」に飢えてて、何回満たしても失う事ばかりを考えてしまって落ち込み、主導的に笑顔を失うのが心を壊した人だな
39:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:53:17 ID:0ET
>>33なんで感情のおかげで人間が動物を踏み台にして動物の人生全てを操る事ができるような、神的存在になったのかというと人間には事象の変化を捉える事ができる感情という機能があるこの感情という機能は具体的に何をしているかというと「事象のジャンル分け」+「感情が大きく動いた時は記憶しやすくなる(脳の性質)」この組み合わせによってあらゆる場面への適応力がつくなぜなら、人間は五本も指があって、歩けて崖も頑張れば登れるし、海を泳ぐ事も不可能じゃない走る事もできるこんなに汎用性のある物理的インターフェースを持ってる存在に他の特化型なインターフェースを持った存在が勝てるはずがないあらゆる状況に置いて成長し、学習していくんだから要するに、人間の身体的特徴に加え主に感情という機能のおかげでどこでも、大体なんでもできるようになった
40:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:53:35 ID:Mc8
マジレス大杉ワロタちなみに読んでない見てないおろが思うからには(笑)って結局センチメンタルなものだよな?だって当人が気に入らないといけないんだもんそれすなわち恋愛をお笑いと言ってるのと同じお笑いがモテるのは元々モテるからにすぎない例えば歯がない人や糖尿の治療をしていない日雇い人夫が58歳が女子高生に命懸けでアタックするのがドラマかよ?親は泣いてしまうよレイプまであるからな?命懸けってそういう意味よw
41:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:54:53 ID:0ET
>>37統一的な機能見解はまだか・・・
42:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:55:39 ID:4cM
言語感覚のクセがすごい
43:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:56:53 ID:0ET
>>40草
44:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:57:50 ID:TqU
???「本能が壊れてるからだぞ」
45:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)22:58:26 ID:4cM
>>4の話のご本人登場みたいになっちゃったな
46:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:00:33 ID:TqU
???「社会に適合できてないからやぞ」
47:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:00:35 ID:0ET
>>38>手に入らない「笑顔」に飢えてて、何回満たしても失う事ばかりを考えてしまって落ち込み、主導的に笑顔を失うのが心を壊した人だなああ、笑顔というモジュールが何らかの要因により機能しなくなってしまった人が生きてて笑えないような症状になるよなあ
48:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:01:06 ID:0ET
>>45あなたが未来人か・・・
49:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:01:18 ID:ykX
人間以外だと霊長類がくすぐりあいで笑うことがある但し、人間のようなユーモアによる笑いや笑いの伝染は無い…くすぐったいに対する生理作用を除けばやっぱり人間の笑いは高度な心理作用によるものだろう問題はその、笑いが発生する際の共通点から原理を提示できるかどうかって事だな
50:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:02:43 ID:TqU
おは、ベルクソン
51:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:04:09 ID:5OL
赤ん坊はいないないばぁされると手の向こう側に顔があるだろうと予測し、実際に顔が存在すると確認すると自分の予測が当たっていた事に笑うらしい
52:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:05:36 ID:4cM
>>47例え話になっちゃうけど、好きな人に好意がバレて振られるのが怖いから先に振ったように冷たくする人みたいなもんだなある意味人間あるある ネガティブな感情に呑まれて一番味わいたくないはずの感情になるように事象を誘導しちゃう
53:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:06:34 ID:0ET
>>49「笑いの伝染はない」で思い出したけど感情ってウィルスみたいに伝染したり人から人に感染ってくようなもんだよな数学的に例えると、笑顔という名の関数があるとするそして、人が持ってる笑顔関数はみんな「だいたい」同じで代入される事象も全て同じ、出力結果も似たようなものになる>問題はその、笑いが発生する際の共通点から原理を提示できるかどうかって事だな原理は、抽象的だけどやはり一定以上の変化が耳や目や身体などの互換から笑顔関数がある脳の部位へ外から受け取った信号を送る→出力って感じじゃないかな
54:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:07:17 ID:NRV
ミーム学っぽいね
55:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:07:29 ID:TqU
変化ってアバウトすぎるやろもっと限定してどうぞ
56:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:08:55 ID:0ET
>>53原理のところを具体的に言うとシグモイド関数やランプ関数みたいに、0と1で判別できるような関数に入れて「0だったら笑わない」「1だったら笑う」を複雑に処理している気がするなイメージ的には笑顔関数も一つじゃなく無数個あって、例えば3つなら「笑う」「笑う」「笑う」⇣出力爆笑「笑う」「笑わない」「笑わない」⇣出力苦笑いみたいな、あいまいですまんこ
57:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:10:11 ID:4cM
>>55一緒に考えろよww何を添削して終わりにしとるんだ
58:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:10:16 ID:NRV
人は他人と触れ合うときその他人の主観をシミュレートしてふれあうと思うそう仮定すると自分と違いそういうモジュールを使わないとシミュレートできないほど滑稽なことをしている人に触れあうと面白いと思うのかもしれない
59:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:11:56 ID:4cM
>>58分かるついさっきまさにそうだった
60:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:12:26 ID:0ET
>>51へー!それは面白いな!ちとコーヒー淹れてくる
61:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:12:54 ID:TqU
>>57考える意味もないやろ、こんなガバガバベルクソンでも読んでどうぞ
62:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:13:15 ID:hLz
マーママママママ
63:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:14:36 ID:4cM
>>61「自分は答えを知ってる」が前提なのか?そこにはもう先はないのか?
64:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:15:19 ID:5OL
100%近く脳を使う事をパニックと呼ぶ
65:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:15:56 ID:Mc8
見たことあるわw醜いわ
66:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:18:17 ID:NRV
>>25「喜」は自分の想定より滑稽なものを見ることで感じて「楽」は自分の想定より画期的なものを見ると感じるみたいな?
67:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:18:33 ID:4cM
>>64収束できない思考の暴走 という事で言えば出力100パーだと処理できないのかもね突き詰めると人間は全知全能であっても一人じゃ全部の事が出来ない問題や行動すべき時が複数目に見えてるのに手が回らない
68:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:20:45 ID:4cM
>>66それは完全に逆なんじゃない?予想外だから喜ぶし、滑稽だから安心するお笑いであっても松本人志イズムは「喜」で、江頭イズムは「楽」
69:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:20:48 ID:0ET
>>54ミーム学、なんてのがあるのかそれっぽいのポチったわ
70:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:23:55 ID:5OL
感情とは何か、15年前完全な電子人格プログラムを作るシュミレーションをした結果怒りや共感、情緒的判断をする材料は命の危機や疲労を覚える事によって獲得するものだと気が付いた痛みや人生経験が無ければ人間らしい人格を手に入れる事は不可能である無痛病の子供が自分の乳歯全てを無理やり抜いて血塗れで笑っていたりサイコパスが人殺しによって安堵を得たりする例があるように情緒的判断には材料がとても重要である
71:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:24:44 ID:0ET
>>58>シミュレートできないほど滑稽なことをしている人に触れあうと一概にそうとは言えないかもねというか、滑稽というワードがいけない気がするシミュレートできないほど変なことをしている人、にすれば個人的にはしっくりくるかな
72:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:24:47 ID:5OL
by俺の妄想
73:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:26:45 ID:4cM
怒りや共感、情緒的判断に絞っているのなら感情とは何か?って部分にはそぐわない気がしないでもない乳歯を全て抜いたサイコパスが笑っている事は無感情ではないものな
74:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:29:17 ID:0ET
>>61が言ってる事をカップラーメンで例えると「既に似たようなカップラーメンがインスタントであるからそれでいいじゃん」と>>61は言うがインスタントだけ食ってて「あ、これ美味しい」で留まらずに新しいラーメンを自作するほうが楽しいと俺は思うまあ、そのカップラーメン食った事ないから今度食ってみるけどベルクソンぽちったわ
75:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:30:25 ID:5OL
人間は言葉を得る代償として現実を理解するすべを失ったこれくらいは理解出来るよな?
76:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:32:11 ID:ykX
なぜ、他のすべての生物では「威嚇」の意味しか無い表情が人間だけは「笑い」なのかここを進化論の観点で推測してみる1・人類種は肉体能力がクソ弱く・他のほとんどの競合する動物に対して、正面から戦っても敵わなかった・つまり「威嚇」の効果がほとんど無い・だが本能には威嚇の表情を使う機能が刻まれている・敵にあっても本能的にしたい事をすることが出来ず、解消されないストレスが蓄積していく2・やがて勝利する方法が確立される。それは…・敵を集団で包囲し、槍を投げつける、罠に嵌める、待ち伏せして背後から不意打ちするなど、徹底的に「頭を使って、正面からの肉弾戦によらず勝つ」という方法だった・動かなくなった敵を前にして、ついに晴らされなかった本能の鬱憤が晴らされる時が来た・敵が死んで、はじめて「威嚇」をすることが解放されたのだ本来、戦う前に敵を恐れさせる、という本能的な機能を失った「威嚇」が「笑い」であるそれは勝利の後に喚起される感情となり、「愉悦」や「抑圧からの解放」と結びつくようになったこうかな
77:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:32:51 ID:4cM
カップ麺はちょっと失礼だなww店で食った飯を自分好みにイチから作ってみたくなるのが「それを好きな人」なんだと思うグルメも結局自作するしな
78:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:32:55 ID:0ET
>>70>怒りや共感、情緒的判断をする材料は命の危機や疲労を覚える事によって獲得するものだと気が付いたなるほど確かに、米炊きで例えると炊飯器があっても、米がなければ何もできないしな
79:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:34:03 ID:0ET
>>72妄想かーい!w騙されたわ絶許
80:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:34:05 ID:4cM
コーヒー飲んだら飯の話ばっかりしやがる
81:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:35:11 ID:5OL
>>79俺の妄想も学者の仮説も大して違いは無かろうがw
82:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:35:21 ID:4cM
>>75言語で表現できる物として捉えようとするからか
83:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:37:57 ID:0ET
>>75いや、マジレスすると現実を理解する術はあると思うぞ最近死んだジェフ・ホーキンス博士は死ぬ前に「現在の世界とは別の世界が存在する証拠の発券方法」的な論文書いてお亡くなりになったし言葉ができたおかげで、現実を理解するための研究データは記録し溜める事ができるようになった
84:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:39:13 ID:4cM
>>76なるほどなぁ威嚇ってある種、ダメージを負わない為のリスク回避の手段なのに目的にすり替わったのが人間だという話かなんか面白い目線だな
85:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:40:51 ID:5OL
>>82正解言葉という型枠に当てはめて物を理解するようになってしまう例えば"A"いう存在と"B"という存在があったとする、人間はその二つをアルファベット、文字という言葉に置き換えて事実をねじ曲げて応用が出来る形に変えてしまう
86:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:40:58 ID:0ET
>>76なるほど威嚇する必要性がなくなった代わりに笑いという状況の変化を捉え、仲間に伝えるような機能ができたわけか
87:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:41:34 ID:4cM
>>83広義の「現実」は過去や目の前の事だけではないからそれもどうだろうか例えば知能ダントツの人間ができない地震予知を動物が出来ている事とかそういうのも含めて言ってるんじゃないか?
88:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:43:05 ID:ykX
>>84あくまで推測と妄想だけどな理屈だけなら筋が通ってるくない?、というこう考えると、なぜ「滑稽な姿」や、「権威を茶化す」ようなお笑いネタを面白いと感じるのか分かるような気がする
89:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:44:43 ID:5OL
>>83現実が現実である根拠について言ってる訳じゃないよw”今、そこに存在する現実”を言葉に変換してしまった瞬間に別物に変わってしまうってこと
90:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:44:51 ID:0ET
そういえば、進化論で思い出したけど人間って本当に猿から進化したんだろうか・・・?俺がそう思う、不思議で仕方がない事がある「なんで、人間は頭にのみ髪の毛が生えているのか」そりゃ、服を着るようになったから体毛はいらなくなったと答える人がいるかもしれないでも、猿の頃はすでに体毛はあったし、服を作る必要すらなかったし、布団もなかった進化の過程で体毛を無くす必要は特にないはずなのになぜ今の俺らは髪の毛以外体毛が特に生えてないんだ・・・?というしょーもない疑問を投下してみる
91:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:44:58 ID:4cM
>>88「よっしゃ!チャンス!」とばかりに威嚇ができるから と言えるわけか
92:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:48:28 ID:ykX
>>91人間の場合は、「手強い敵が敗北して滑稽な姿を晒すのを見る愉悦」が笑いと結びつくように本能が構成されてる、という感じ漠然とした社会に対する不満を、評論家の解説を聞いて笑っちゃう、というのも説明できそう
93:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:48:32 ID:0ET
>>87ああ、なるへそ>>89そゆことw俺らが思っていた現実というワードの意味で各々の間にちょっとしたニュアンスの違いが生じてしまったようだ
94:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:50:31 ID:4cM
>>90大分外れちゃうけど、進化ってそんな自由にできるものだ と思ってる人は違うと思うんだよね色んな染色体なのか何かしらの特異体質で産まれた種が適応しやすければ残るし、そうじゃなければ淘汰される進化は結果論であって「キリンは高い木の葉っぱを食べたいから首を長くした」とかそういう理屈じゃないと思う地球が急に紫外線数値を伸ばしたら黒人が生き残るだけの話だから猿から人間に進化した っていう事に意味を求めるのは本当に真理にせまる事なのかな?と
95:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:52:28 ID:5OL
>>90猪が豚になっていくにつれて体毛が薄くなっていくが頭の毛も薄くなってる確かに人間を頭の毛って不思議だな頭髪が存在しない人種なんて聞いたこと無いし家畜化の理論では頭髪も退化していくはずだもんなぁ
96:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:52:45 ID:0ET
>>92笑いをそう捉える事もできるのか・・・また一つ学べた希ガス
97:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:54:21 ID:4cM
>>92なるほど。オレはそれを「安心」と捉えてるんだよね解説が完璧なものであるほど、同意見の人間からすれば自己肯定感で安心できるどちらの理屈にしても「自嘲」という現象に対する答えになってないのを今気づいた
98:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:58:18 ID:0ET
>>94ふむふむ、なるほどなあ極論だけど、頭に毛が生えた種もいれば手だけに毛が生えた種、お腹だけに毛が生えた種とかももしかしたらいたかもしれない色んな体質のものがいるけど、たまたま生まれた頭に毛が生えた種が生き残ったっていう可能性も捨てきれないわけか・・・
99:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:58:42 ID:ykX
>>97カントの言う、「笑いとは緊張と緩和である」かな心理的なストレス要因から、「勝利」的な要素によって「痛快」に解消されると「安心」して笑いが出る、みたいな会社が終わって、飲み会で安心する仕組みだなw自嘲は、自分自身の滑稽な姿を笑う行為だろう
100:名無しさん@おーぷん:18/03/22(木)23:58:45 ID:5OL
人間は言葉を使うから行動パターンや思考パターンに異常な偏りや妙な不規則性があって笑いの発生を分析しづらいチンパンジーから分析した方がより笑いの発生因子を見つけやすい気がする
101:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:00:25 ID:Xez
>>98毛が生えてる部位でそこまで種の存続云々に至るか は分からんけど、たまたま猿の亜種で特徴として頭と脇と陰部に毛が残った種が知能高かっただから生き残った ってぐらいの話なんじゃないんかね
102:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:01:20 ID:dDr
一つ気づいたけど笑いの定義は人によって言葉じゃ表しきれない微レ存ぐらいの誤差があるのかもしれない・・・笑いの定義は、大体同じだけど人それぞれだから、人によって「劇団ひとり超面白い!」「馬鹿よ貴方は、の方が面白いだろ!」って事が起きるのかも・・・?
103:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:02:24 ID:xMq
嬉しいから笑うのと可笑しいから笑うのは別物といっていいと思う
104:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:03:14 ID:Xez
>>99そうそう緊張と緩和はお笑い芸人の教科書1ページ目のようなアイコンだし、何も異論を挟めるところはないただその緊張と緩和を求める部分には>>1が序盤に言ってた「変化」を「面白い」と思い、惹き付けられる心理がある訳だよね
105:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:03:19 ID:wV1
>>98最適化による遺伝子変化って可能性はそんなに低くないぞ狼を犬に家畜化したように
106:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:04:23 ID:wV1
>>103大別すると社会性を持った"笑い"と自己認知による"笑い"に分けられるかなぁ
107:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:05:12 ID:Xez
>>100そうかもな。チンパンジーには笑いの好みがあるんだろうか
108:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:06:15 ID:Xez
>>102それは「過程」ではなく「結果」の部分で?
109:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:10:58 ID:dDr
>>108結果だよ自分の中で「劇団ひとり超面白い!」→「いや、馬鹿よ貴方はのが面白いだろ!」じゃなくてAさん「劇団ひとり超面白い!」←という結果が出るBさん「馬鹿よ貴方は、の方が面白いだろ!」←という結果が出るって事だよ
110:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:12:58 ID:Xez
ID:5OLの言ってるように「言語で表現できる物に変える」事にも近いけど、これが笑いだ!って大きなものに対して指差してる部分や方向がひとりひとり違うとは思うそれぞれ一部分を各自の裁量である程度限定してるからなぁでも大体共通点がある事を言ってるけど輪郭全部は捉えられないかんじだな
111:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:13:01 ID:dDr
>>105そなのか、なるへそ
112:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:14:08 ID:dDr
>>110凄い共感できる
113:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:17:03 ID:dDr
やべ、そろそろ課題やらな爆死する新発見あったし久々に楽しかったわサンクスおつ
114:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:17:28 ID:Xez
いい所まで来たけどもう一歩足りないな
115:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:17:38 ID:Xez
おつ
116:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:20:11 ID:wV1
国語辞典を読んだ事がある人は言語の欠陥性に気が付くと思うが単語の説明をするときにある程度以上単語を説明しようとすると単語同士の堂々巡りになってしまう突き詰めてしまえば説明のしようが無いのだつまりそれは同じ日本語でも一人一人別の日本語を使っている事の証明になるわけだ
117:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:23:48 ID:Xez
>>116何も予備知識がない人に左右を言葉だけで説明しろ っていう難題有名だもんなどちらかというと言葉を使いながら感覚的に実体が掴めることを期待して議論するものだとは思うが 
118:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:23:57 ID:wV1
>>114脳科学の分野から笑いを分析してはどうでしょうか脳の活動領域で笑いを種類分けして脳が笑いを感じるアルゴリズムを探せば笑いの正体が見つかるかと思います
119:名無しさん@おーぷん:18/03/23(金)00:27:56 ID:wV1
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/上前頭回笑いの正体
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

人はなぜ面白いと感じ、笑うと思う?