- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

久々に地元帰ってきたから高校時代の自分語りさせてくれ

1名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)13:41:16 ID:zKr()
ダメならやめる
13名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)13:57:00 ID:zKr()
でいよいよ本格的に俺の高校での野球部生活が始まるわけですよ

その高校の野球部はけっこう厳しいって言ったがそれもそのはず、なんと監督は某高校野球強豪県の私立で甲子園出場目前まで行ったチームのエースだった
しかも某大学リーグでも主力として活躍なさった、そんな先生が監督をやっていたw

で俺たち一年生が最初にやらされる練習と言えばグラウンド10周、筋トレという…そんな感じだった
14名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:00:25 ID:zKr()
そんな練習のさなかでもたまーに一年生にもフリーバッティングをする機会が与えられてそこで監督にセンスあると思われれば、ランニングと筋トレから脱出して上級生の練習に混ぜてもらえるわけ

例の中学時代ブイブイ言わせてたやつらがランニングから脱出していくなか、俺はずっとランニングと筋トレをやり続けて「くっそーあいつら…」って思ってたしそこまで上手くない他のやつらももう辞めたいと言っていた
15名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:05:19 ID:zKr()
一年生のときの転機になったのは6月くらいだったかな、一年生のピッチャー希望が一人しかいなかったから野手希望のやつも監督に対して投げる機会があった

俺はコントロールにはそれなりに自信があったけど球が遅かったし割と適当にやってたw

でもなぜか俺の球がナチュラルに変化するのが面白いってことでピッチャーをすることになった

この時点で俺で含め一年生のピッチャーは3人
16名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:05:33 ID:qzA
読みづらい文章やなwww
17名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:05:55 ID:zKr()
>>16
ごめん
改善の努力はするよ
18名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:06:20 ID:qzA
>>17
横に長すぎやから、半分くらいで改行したほうがええで
19名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:09:24 ID:zKr()
Aはかなり球が速く、強豪校から声がかかるほどの実力だった

Bは中学までの投手経験は少なかったものの身体能力がかなり高いやつだった

そして特に取り柄のない俺ねw

この時点で俺がベンチに入ることはないだろうな、と諦めながらもとりあえずやってやろうと投手用のトレーニングメニューをこなしてた
20名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:11:21 ID:zKr()
>>18
ありがとう


で、特にイベントもなく夏になり
そこそこのところまでいったけど負けて三年生が引退した

もちろん俺はスタンドの応援部隊
一年生ながらベンチに入ったやつもいて嫉妬ももちろんあったな
21名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:13:32 ID:qzA
この後先発投げるんだよな?
22名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:16:35 ID:zKr()
三年生が引退し、新チームになりそれまでAチームBチームCチームとあったのが
AとBだけになり俺はCからBになった


夏休み、Aチームは遠征にいきBチームは近隣の高校と合同練習をすることになった

で、その合同練習で紅白戦があって俺はたまたま抑えてしまった(ちなみにBチームにピッチャーは俺だけだったw)

それでその合同練習の相手の高校の監督が
ウチの監督に俺を推薦してくれたらしい

次の週、俺はB君と入れ替わりにAチームに昇格した
23名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:20:20 ID:zKr()
俺がAになったのがbにとっては不満だったらしく「調子乗りやがって」と裏では言われてたらしい

まあそんなこんなで俺はAチームの練習試合に初めて帯同することになった

その練習試合では合同練習の紅白戦ほどではなかったけど
そこそこ結果を残すことができしばらくAチームにいられそうだった

ちなみにbには上のような陰口言われてたけどaやbとは夏休みの地獄のようなトレーニングを通じてすごく仲良くなった
24名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:23:22 ID:zKr()
しかし俺の好調はやはりマグレだったらしく
夏休みの終盤にはボッコボコに打たれ俺は再びBチームへ

秋の大会俺はベンチに入れず再び応援部隊。
一年生のピッチャーではaがベンチ入りした
25名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:27:23 ID:zKr()
一年生のころはこんなものかな

野球のことしか書いてないけど普通の公立校だったから勉強も普通にしてたよ

一年生のころ恋愛?系の一番の思い出は英語で自分の行きたい場所を紹介する授業があったんだがペアになったディズニーランドに行きたいって言ってた女子が「俺君とならディズニーランド行ってもいいよ?www」って言ってきたことぐらい
26名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:30:59 ID:zKr()
二年。
一年生の夏休みにAチームにいたのが嘘のように俺は全くダメダメであったw

一年生のピッチャーがBチームに入っているなか二年になった俺はCチームwww

AチームBちなみに両方が遠征に行くことがあったけどCチームは学校に残って練習www

このときばかりは本当に泣きそうだったよ
27名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:35:24 ID:qzA
なんか切ないな
28名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:36:57 ID:zKr()
>>26
AチームBチーム両方が、だ

まあそんなことがあっても普通に練習は続くわけで…

二年の5月の終わりあたりにチーム全体をレギュラー陣と補欠陣の2つにわけて紅白戦をすることになった

で、なぜか俺はレギュラー陣チームに入って補欠チームに対しての先発だった

わけがわからず少し戸惑ったが先輩曰わく「たぶんこれがお前のラストチャンスだ」とのこと

一年生がBで俺がCって時点でかなり危機感はあったからかなり気合い入れてマウンドに立った
29名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:38:34 ID:zKr()
>>26
AチームBチーム両方が、だ

まあそんなことがあっても普通に練習は続くわけで…

二年の5月の終わりあたりにチーム全体をレギュラー陣と補欠陣の2つにわけて紅白戦をすることになった

で、なぜか俺はレギュラー陣チームに入って補欠チームに対しての先発だった

わけがわからず少し戸惑ったが先輩曰わく「たぶんこれがお前のラストチャンスだ」とのこと

一年生がBで俺がCって時点でかなり危機感はあったからかなり気合い入れてマウンドに立った
30名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:44:38 ID:CE9
>>27
見ててくれてありがとう

危機感しかなかったしイチかバチかでプレイボール直前にフォームを変えることにした

するとこれが見事にハマって5回1失点。
まずまずの結果でCチームからBチームに昇格

その後弱小校との練習試合でも投げさせてもらうことも増えて3失点しながらも初めて9回を完投することもできた

それでもやはり俺ではベンチ入りには届かないようで夏の大会は応援部隊。

ちなみにこのときの三年生の層が厚いこともあってaもbもベンチに入ることができなかった
31名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:48:36 ID:CE9
スマホの電波状況悪いからID変わっちまった


でその三年生もこの年の準優勝校に惜しくも敗れて引退。

いよいよ俺たちが最高学年の新チームが始動。

監督の構想ではおそらくbか一年生のピッチャーのcを
エースにするつもりだったのだろう
夏休みのはじめはbとcをメイン練習試合をこなしていった

俺もあの日の紅白戦以来調子は悪くはなくたまに炎上はあったけどまあまあ使ってもらえてた
32名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:50:46 ID:qzA
面白いよ
過疎ってるけど
33名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:54:21 ID:CE9
aが空気になりつつあるけどそれは深い理由があってのことだ
aはおそらくこの時期くらいからいわゆるイップスになってたからだ

aはどうしてもストライクがなかなかとれない、コントロールが悪いとかそういう次元じゃなくとにかくストライクが入らない状況になっていた

bも夏休みの終盤からピリッとしないピッチングが続いた。そして秋の大会の直前、肘を痛めて秋の大会の出場を諦めた。実は調子を落とした時期から痛かったらしい

cはかなり実力のある選手だったが秋の大会の前にフォームを崩してしまい本来のピッチングができずにいた
34名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:57:00 ID:CE9
そんな状況の中、俺は完璧に抑えるピッチングというのはほとんどないものの安定感だけは結構あってゲームメイクは上手くできてる、と監督からも言われていた


そして秋の大会、俺は1番を背負って大会に出場。このときベスト16までいったっけか
35名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:00:10 ID:CE9
二年おわり

よくある高校時代の懐古みたいに恋愛話入れたいけど
練習で疲れて授業と休み時間寝てばっかだったから恋愛とは無縁だった…

二年の恋愛?系の一番の思い出は、廊下側の席で昼休みにねるねるねるねを食べてたら当時好きだった女子バスケ部のキャプテンの子が「それ美味しいの?w」って言ってきたことくらいか
36名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:05:10 ID:CE9
二年おわりじゃなかったわ
二年はむしろこっからが大変なんだ

秋の大会でエースになる少し前からaとbが調子を崩したこともあって
俺がピッチャー陣のリーダーみたいになってたし監督もだいたいそういう風に認めてた


で、俺調子乗っちゃう性格だったから
練習をより一層頑張っちゃうのwww
下級生が手本にならなきゃな、って頑張っちゃうのwww
ちょっとぐらい肩が痛かったりしても頑張っちゃうのwww





はい、二年の2月ごろ、室内練習場で軽いボール回しとかをやり始めたころ、肩を痛めちゃいました
37名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:07:57 ID:CE9
で肩を痛めてからは道具出したりお茶作ったり、みんなのサポートをする日々

最初はすぐ治ると思ってたけど、全然治らなくてwww
6月は始め、医者と監督と相談して痛み止めを打ってごまかしながらやっていくことになった
38名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:09:40 ID:qzA
熱い展開だな
39名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:11:17 ID:CE9
最後の夏まであと1ヶ月半。

焦る気持ちとは裏腹に、痛み止めを打ってても全然痛みがなくならなくて
そっちに気を取られて練習に集中できずに監督にめちゃくちゃ怒られて情けなくて泣いたりもした

練習試合でも短い回しか投げられないし本当に情けなくて逃げたくもなった
40名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:15:35 ID:CE9
それでも俺が続けられたのは
aとbが居たからだと思う

aはイップスを克服できずに自分からサポートに回ると監督に進言した
中学時代強豪校から声がかかるくらいのやつだったから勇気のある決断だったと思う

bの肘は4月ごろ治ったようだが思うように結果が出せず、aと同様にサポートに回ることになった

だからaとbは「俺たちの分まで三年生のピッチャーの代表としてお前が頑張れ」と言ってくれた
41名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:19:04 ID:73J
野球に賭けた青春か

正直うらやましい
42名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:20:00 ID:CE9
ケガをしたことで俺がかつてエースだったなんてことはもはや関係なく、実力で最後の夏のベンチ入りを掴みとるしかなかった

そして7月、メンバー発表。
1番から順番に発表されていく。
覚悟はしていたが二桁番号になっても俺の名前は呼ばれない

いよいよ最後の20番。
俺の名前が呼ばれた。

もちろん嬉しかったけど俺よりも相応しいやつがいるという風にも感じていた
43名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:20:25 ID:CE9
>>41
レスくれてありがとう
44名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:24:08 ID:CE9
俺のその気後れのような感じは三年間同じクラスだった、キャプテンのdにはバレバレだったらしく
dは

「確かにお前は短い回しか投げられないし、他に相応しいやつもいるかもしれない。だけど監督がこれがベストなんだと考えたんだからそんなことはもう忘れてチームのために頑張れ」

と言ってくれた


俺はaとbはもちろん、他のメンバー入りできなかった三年のために頑張ろうと思った
45名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:27:41 ID:CE9
迎えた初戦。
くじ運がアレで相手はシードの強豪私学。

ちなみにこの夏のエースはc。

前にも言ったがcは実力のあるピッチャー。それでも強豪私学はとにかく打つ。

二回途中で5点ほどとられなおもピンチの場面、俺が最初で最後の夏のマウンドへーーーー
46名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:30:11 ID:73J
書くのものすごく遅いけど
スマホから書いてるのか?
47名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:31:26 ID:CE9
このピンチを俺は凌ぐことができず、さらに2失点。

しかし次の回はなんとか0で抑えた。

俺の打順で代打が出て、俺の登板はそれで終わったけど俺が0で抑えて勢いがついたのか少し反撃し得点



結果的にコールドゲームで負けたけれど、最高の一試合だったと思いたい
48名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:31:54 ID:CE9
>>46
そうです、でもタイピングもすごく遅いです(笑)
49名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:32:50 ID:73J
ふむ
一生懸命やったなら悔いもないんじゃない?
50名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:34:45 ID:qzA
一試合目で強豪校か
運悪かったな
51名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:35:16 ID:CE9
試合後


俺はまずaとbに「抑えられなくてごめん」と謝った
aとbは「よく投げたよ、20番がお前で良かった」と言ってくれた


監督は周りに人がいなくなってから俺に「やめなくてよかっただろ?」と言ってきた。
俺が逃げたくなってたのに気づいてたんだろうな。
俺は「ありがとうございました」と言った
52名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:36:59 ID:73J
>>51
監督いい人じゃん
53名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:37:36 ID:CE9
>>49
強いていうなら痛みを感じてたのに練習を続けたことが後悔かな
バカだったな~と思う


そして部活が終わり受験勉強
54名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:38:12 ID:73J
お、まだ続くのか
ワクワク
55名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:39:38 ID:DxP
普通の公立校で室内練習場とか
強豪校から声がかかるほどの投手がイップスでそのままサポート役に回るとかすごいなー
そんなやつだったら普通外野あたりに回されるよなー
56名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:39:49 ID:qzA
まさに高校球児の青春って感じやな
かっこええわ
57名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:40:37 ID:CE9
>>52
本当にいい人だと思う
監督自身は勝利至上主義で育てられたようだけど監督は厳しい練習の中にもいろんなことを教えてくれた

今でも会うとちょっと怖いけどw



そして受験勉強の結果一応志望校に合格して今に至ります
58名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:42:12 ID:CE9
>>55
室内練習場つっても粗末なものだけどね
その強豪校はめちゃくちゃ部員集めている学校だよ。それでも充分すごいけど
59名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:44:22 ID:73J
>>57
今大学生なのかな?
志望校に受かって良かったじゃん
大学ではサークルとか部活やってないのか?
60名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:44:45 ID:CE9
ちなみに三年のときの恋愛?系の思い出は

体育祭のときに同じクラスの女子が二人で写真撮らせてって言ってきたこと
卒業式のときもそういう風に言われそうな気がしてたけどdと一緒に飯を食いに行くという名目で卒業式後すぐに帰ったことかなw
61名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:46:36 ID:CE9
>>59
できれば野球部やりたかったけど金かかるからやんなかった
野球部引退後に膝も痛めたし
62名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)16:00:22 ID:iZK
マジで電波悪いなあ


ちなみに今も女っ気は全くない( ノД`)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





久々に地元帰ってきたから高校時代の自分語りさせてくれ