- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」十一冊目

1oBwZbn5S8kKC:2017/08/08(火)01:21:09 ID:3BK()
不思議の国のアリスの世界 ハートの女王の城 ルイス・キャロルの部屋

キモオタ(ルイス・キャロル殿の机から出てきたこの原稿…)

『鏡の国のアリス』

キモオタ「【鏡の国のアリス】ですと……?聞いた事の無いタイトルでござるが…」

キモオタ「よく見ればキッチリと署名もあるでござるし、この原稿はルイス殿が執筆したものと見て間違いないでござろう。それにタイトルから察するにこれは【不思議の国のアリス】の続編…」

キモオタ「しかし、妙ですな。【不思議の国のアリス】に続編などというモノがあるのならば、おとぎ話に詳しい司書殿がそれを知らないなどありえないですぞ」

キモオタ「そして知っているのならば、司書殿は我輩にその存在を伝えるはずでござる。それなのに、そうしなかったという事は……?」

ペラペラ…

キモオタ「ふむ…。書きかけの原稿なのではと思ったのですがな、どうやら最後までキチンと書かれているようでござる…」ペラペラ

ドロシー「キモオタさーん…あのあのっ、なにか手がかりになりそうなものは見つかりましたか…?」

†鮮血に染まりし深紅の鍵†『お前が手にしている紙束はまさか原稿か?となると…その紙片に物語を書きつづった者はおそらくこの部屋の主である――』

キモオタ「お察しの通り、これはルイス・キャロル殿が執筆したおとぎ話の原稿でござるよ。タイトルは【鏡の国のアリス】となっているでござるが…二人とも聞き覚えはありますかな?」

ドロシー「い、いいえ…。そんなおとぎ話があるなんて知らなかったです、それにアリスと仲間達もそんな事一言だって言ってなかったと思います…」

†鮮血に染まりし深紅の鍵†『あいにくだが俺も知らんな。魔力を纏いし鍵として長き時を渡ってきた俺だが、その様な童話は聞いた事がない』

キモオタ「で、ござるか…。むむむ…謎が謎を呼ぶでござるが、ここはひとまず司書殿に聞いてみるでござる。何か知っているかもしれませんからな」スッ
110名無しさん@おーぷん :2017/09/21(木)15:28:46 ID:kmb
まさか…あのヘンゼルがキモオタお兄ちゃんをかばってあんな行動に出るなんて…
涙なしでは読めないな…
111名無しさん@おーぷん :2017/09/21(木)20:48:39 ID:qpd
まさかやつが黒幕だったとはな…
112名無しさん@おーぷん :2017/09/22(金)00:52:48 ID:eKI
乙!
帽子屋の吐息攻撃がなんかあっさりしすぎてる気がするなあ
ただ人魚姫を吹き飛ばす為だけのものなのか、違う何かを狙ってのことか……
とにかく赤コンビも人魚姫も頑張れ!

ヘンゼルじばくは『(スニッカーズの)セールスマンとなったヘンゼルが自爆営業をしてグレーテルが云々』とみた
113名無しさん@おーぷん :2017/09/25(月)12:09:29 ID:MfO
はよ
114oBwZbn5S8kKC :2017/09/26(火)01:42:05 ID:8Kx
三月ウサギ「そりゃ結構な事じゃねぇか、敵に優しくする必要なんざこれっぽっちも無ぇんだからなっ!」ザシュッ

赤ずきん「……っ!」ビッ

三月ウサギ「おいおい、さっき防げたのはマグレか?褒めて損しちまった…なぁ!」ビュッ

ギィンッ

赤ずきん「クッ…随分とダメージを与えたはずなのに、さっきよりもむしろ動きが良くなってる…!」ギギギッ

三月ウサギ「元々、接近戦は俺の領分だ。姑息な狙撃が無けりゃあ遅れなんかとらねぇよ。それ以前にお前の構え…なんだそりゃあ?」ギギギッ

ギンッ!

三月ウサギ「どうぞ攻撃してくださいって程隙だらけだ!んな構えで俺の相手しようなんざ…ジャムまみれのスコーンより甘いって話だ!」ザシュッ!

赤ずきん「うあっ…!」ブシュッ!

三月ウサギ「射撃の腕には自信があるようだがよ、接近戦はまるでなっちゃいねぇ…素人以下だな」

赤鬼「見ちゃいられねぇ!赤ずきん、少し退け!今すぐそっちの援護に――」

赤ずきん「援護は必要無いわ、このウサギは私が相手する。あなたは帽子屋との戦いに集中してちょうだい」

赤ずきん「私が狙われるたびにあなたの手を借りていたんじゃあ…とてもじゃないけど戦いにならないわ。それに彼等のコンビネーションは本物、戦力が分断された今決着をつけておかないと…手が付けられなくなる」

赤鬼「だが…!」

赤ずきん「赤鬼、私は意地を張っているわけでも無茶を通そうとしてるわけでも無いの。少々危険でも私が一人で三月ウサギの相手をする、それが私達が勝利を手にするための最善の選択なのよ」

赤ずきん「だから私を信じて欲しいの。大丈夫、あなたの前に無様な骸を晒したりしないと約束するから」ダッ
115oBwZbn5S8kKC :2017/09/26(火)01:45:25 ID:8Kx
三月ウサギ「戦いの最中にゴチャゴチャと…随分と余裕そうじゃあねぇか赤ずきん」
ビュンッ スッ

赤ずきん「あら、そう見えるかしら?余裕なんかこれっぽっちも無いわよ、あまり認めたくはないけどね」

三月ウサギ「そうかよ、その割には随分と大口叩いてたじゃねぇか。お前一人で俺の相手をするとか聞こえたが…ありゃあ本気か?」

赤ずきん「えぇ、本気よ。それともこんな状況で冗談なんか言うとでも思ったかしら?」

三月ウサギ「あぁ、冗談だと思ったぜ?そりゃあそうだろ、防戦一方で反撃もままならないお前が俺に勝とうなんて話は…あまりに非現実的だ、夢物語だと言ってもいい」

三月ウサギ「そもそも銃使いだの弓使いだのは近寄られたら終いだって相場が決まってる。当然だ、接近戦が苦手だから遠距離武器を使う訳だからな。つまり俺に接近を許した時点で――」スッ

ザシュッ!!

赤ずきん「くぅっ…!」ポタポタ…

三月ウサギ「お前の敗北は決定的だって訳だ。今のお前は檻の中のウサギも同然、活路もなけりゃ逃げ道もねぇ…あるのは約束された死のみだ」チャキッ

赤ずきん「ウサギねぇ…随分と可愛いものに例えてくれるじゃないの。そういう小動物系は私よりドロシーとかの担当だと思うけどね」クスクス

三月ウサギ「……余裕なんか無いなんて言ってた割に、軽口叩くだけの余裕があるじゃねぇか。それともあまりの劣勢に気でも狂ったか、あるいは戦意を喪失したか?」

赤ずきん「そんなはずないでしょう?まったく勘違いされちゃ困るわね…。確かに今の状況はひどく劣勢だし余裕だって少しも無いわ。でも私は――」



赤ずきん「あなたに負けるつもりも、ほんの一ミリだってないのよ?」チャキッ
116oBwZbn5S8kKC :2017/09/26(火)01:47:54 ID:8Kx
シュバッ キィンキィン ザシュッ ギィン!

帽子屋「あらあらぁ~、赤ずきんちゃんったら不利なのを承知であんなに一生懸命に戦っちゃって……ンフッ、見かけによらず健気ねぇ~?」スタッ

帽子屋「アタシ達に連携を取らせないって事ももちろんあるんでしょうけど、赤鬼ちゃんに負担をかけたくないって気持ちも大きいんじゃあなぁい?あの姿見てると、そんな風に思っちゃうわぁ~」

赤鬼「あいつは仲間想いだ。言葉にはしねぇがオイラの負担になりたくねぇだなんて事を考えて、必死で戦ってるんだろうな…」

赤鬼「だったらオイラにできる事はとっととお前を倒して、赤ずきんの援護に向かってやることだ!」ダンッ

ビュオンッ!

帽子屋「おっとっと、急に攻撃にキレが出てきたわねぇ~…あぶないあぶなぁいっ」ヒョイッ

赤鬼「のらりくらりと…!えぇい、そこだ!」ブンッ

帽子屋「ンフッ、でもやっぱりわかりやすいわよぉ?どんなに強靭な力を持っていても命中しないんじゃあ宝の持ち腐れよねぇ?」スッ

赤鬼「……どうも解らねぇな」

帽子屋「あらぁ?何のことかしら?」

赤鬼「とぼけるんじゃあない。今のお前はあの『乙女の吐息』とかいう強力な大息の魔法がつかえるんだろう?それなのに何故…あの大息で攻撃してこないんだ?」

帽子屋「ンフッ、確かにアタシが本気を出せばこのフロアの窓なんか一息で全て吹き飛ばせちゃうし、あなたを遠い遠い彼方に吹き飛ばすことだってできるわねぇ~」

帽子屋「で・もぉ…それじゃあ駄目なのよっ。だってそうでしょう?せっかく少しずつ赤鬼ちゃんの体力を削って来たっていうのに、ここで吹き飛ばして中途半端に気絶なんかさせちゃったら――」

帽子屋「でてきちゃうでしょう?あなたの身体に住んでる、もう一人の『鬼』がねっ!」
117oBwZbn5S8kKC :2017/09/26(火)01:50:58 ID:8Kx
赤鬼「なるほどな…。鬼神を警戒しての行動か…」

赤鬼(オイラが意識を失えばこの身体を支配するのは鬼神になる、連中はそれを当然知っている。だから大味な攻撃は控えるって訳か…)

赤鬼(確かに大息で吹き飛ばしたりすりゃあ、叩きつけられて打ち所が悪くて気絶なんてことは容易に想像できる。連中にとってそれはリスクが高すぎる行動だ)

帽子屋「流石のアタシ達も鬼神ちゃんに出て来られちゃあ、ちょっと困っちゃうのよねぇ~」

帽子屋「だからちょっとずつ赤鬼ちゃんを攻撃して、疲弊した所で確実に息の根を止めようと思っていたんだけどねぇ~…鬼神ちゃんと交代する隙すら与えず殺すのが最善なんだけど、うまくいかないわねぇ~」

赤鬼「悪いがその作戦が実現する事はもうないぞ。聞いちまった以上、そう易々とお前の攻撃を受ける事はできねぇんだ」ググッ

帽子屋「ンフッ、あら残念。でもこっちだって手詰まりってわけじゃあないのよっ?」

赤鬼「なんだと?まだ何かしらの手を隠してるってわけか…!」

帽子屋「ンフフッ、ダァメよっ。物欲しそうな顔しても、これは最後の手段なんだからねぇ…簡単には教えてあげられないわよっ…!」ビュンッ

ザシュッ

赤鬼「ぬぅっ…一切の攻撃をしないって訳じゃあねぇんだな…!」

帽子屋「あたりまえでしょう?出来る事なら極力少ないリスクであなたの始末がしたいのよっ」



帽子屋「あの魔法薬は強力だけど、海底の魔女作だからねぇ~…使うとなると相応の代価が必要になるのよねぇ…」ボソッ
118oBwZbn5S8kKC :2017/09/26(火)01:59:06 ID:8Kx
短くてすまぬが今日はここまで、次回は明後日に更新予定!
赤ずきんと三月ウサギの戦いに決着が!そして帽子屋の奥の手も炸裂するか…!?

赤ずきんと赤鬼の絆が試される時が近付く…!

ペース不安定ですまぬ…すまぬ…

>>108
応援ありがとう、がんばりますよ
>>109
書いてみようと思ったけど全然思いつかなかったwww
>>110
ヘンゼル「は?どうして僕がキモオタお兄さんをかばって自爆しなきゃならないんだ」
キモオタ「確かに想像できませんなwwwありえるとすれば我輩がヘンゼル殿をかばって自爆するパターンでござろうwww」
ヘンゼル「それも御免だよ。君が爆発したら周りが脂っぽくなるじゃないか、ラードで」
キモオタ「ちょwww人を脂肪の塊みたいにwww」コポォ
>>111
予想外だったな…。って誰だよwww
>>112
本編でも語ってる通りなんだけど、中途半端に気絶させでもしたら鬼神が出てきちゃうかもなのを帽子屋は警戒してたわけですな

なるほど、わからん。自爆営業って何だよwww
>>112
すまぬ…すまぬ…
ペース遅くてすまぬ…
119名無しさん@おーぷん :2017/09/26(火)06:29:10 ID:TIQ
ラードwww
ゆっくりでも更新とても嬉しいです!明後日が楽しみ!
ご無理はなさらないでくださいね!
実写化=主人公イケメン、だけど、キモオタ役だけは心根の優しそうなキモい太ったひとにやってほしいな、と妄想。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」十一冊目