- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

おっさんだが未だに死への恐怖を克服できない

x  
1 :名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)12:37:08 ID:dCb
いずれ死んでしまう。存在しなくなってしまう。消えてしまう。そう考えると怖くてたまらない。そして、何をやっても無意味に感じて本気になれない。こんな気持ち、高校生ぐらいで克服できるものだと思っていたが、未だにふと我に返って怖くなってしまう。タナトフォビアの克服法もあまり参考にならない。
116:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:19:57 ID:hFS
>>111人生とか死について考えることが哲学だから今イッチはこのスレで哲学をしてるんだぞw
117:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:20:17 ID:dCb
>>112そうすると人口の増減はどう説明するんだい?それに俺が失いたくないのは主観とその連続性だから、生まれ変わったとしても死は怖い。
118:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:20:58 ID:dCb
>>114俺の話を真剣に聞いてくれるだけで俺にはありがたい存在だよ。
119:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:21:12 ID:dCb
>>115強い人だ。
120:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:21:13 ID:7xb
そもそも、私、なんて本当に存在するのかい?よーく考えてみろ。私、なんて本当にあるのか?
121:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:21:21 ID:bnY
あと人間は何かをしなくちゃいけないって前提にも囚われてる気もする…
122:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:22:03 ID:dCb
>>116広義の哲学で言えばそうだね。ギリシャ時代なら俺も哲学者を目指したかも。
123:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:22:59 ID:dCb
>>120自分の胸に包丁をつきたてようとしてみるといい。刺さる直前にちゃんと「私」が出てくるよ。
124:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:23:02 ID:auk
>>118そんぐらいならいくらでも聞いてやるよ。多分、みんなそうだと思うよ
125:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:23:04 ID:hFS
「年齢」とか「寿命」とか人間は考えすぎて縛られてるような気がするそんなこと気にせず生きれるだけ生きればいい
126:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:23:35 ID:dCb
>>121これはわかる。別に生きてるだけで知覚そのものが愛おしいのにな。
127:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:24:46 ID:dCb
>>124高校生ぐらいまでは周りもこういう話が好きでよく話し合った。大学、社会人となるにつれ、「まだそんなことを言ってるのかよ」と相手にされなくなった。当たり前だな。
128:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:26:01 ID:dCb
>>125経験上、生物は皆死ぬのを知っているから意識してしまうんだよね。極端な話、世界に生き物が自分しかいなければ、死を学習できないから、死の瞬間まで死は怖くないと思う。
129:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:26:23 ID:auk
>>127それはタイミングと相手の問題だな
130:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:26:57 ID:0nR
世界中を旅してたりありとあらゆる書籍を読んでたりしてまだまだ足りないんだ死にたくない!とかだったら解るんだけどなそんな活発でもないなら知覚出来ないからって別によくない?
131:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:27:13 ID:dCb
>>129そうだな。子育てとローンに追われる同年代にする話ではない。
132:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:27:54 ID:bnY
自給自足とまでは言わないがミニマルな生活をしてみるのも手かもな他人に依存し過ぎると何のために何をしてるかってのが分からなくなるからな…
133:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:28:05 ID:auk
>>131オッサンって、辛いな……
134:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:28:16 ID:dCb
>>130なるべく価値がない存在に自分を位置付けておくことで、少しでも失うの恐怖を減らしているのだと思う。
135:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:30:10 ID:dCb
>>132現状がそんな感じかな。ワンルームに住んでて、友人も恋人もなく、持ち物もスーツケース1つに収まるぐらい。
136:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:30:42 ID:dCb
>>133成長できないままおっさんになってしまうと、俺みたいになってしまうよ。
137:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:30:50 ID:hFS
もっとやりたいことやればいいのに
138:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:31:40 ID:dCb
>>137いっそのこと、狂ったように遊んでみるか。
139:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:31:53 ID:bnY
>>135でも考え方や情報は全て他人の研究成果だったりするわけじゃん
140:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:32:41 ID:bnY
>>138そうだよ!
141:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:33:30 ID:dCb
>>139これはまさにその通り。そもそも死すら他人から学んだものだし。俺自身は体験したこともない死を恐れてる滑稽な存在だよ。
142:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:33:36 ID:auk
>>136なら今から成長できるってことじゃん。なんか死について偉そうなこと書いてある書物読みあさろうぜ
143:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:34:24 ID:7xb
>>138解決しないと思う。俺は、別に自分がなくなっても、世界とお別れしても、永遠の無に帰しても、それを考えてみても怖くはないな。今から昼寝してる間に死んでも全然いいよ。苦痛のない死は最高の幸福だからね!
144:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:34:25 ID:dCb
>>140ありがとう、今からでも街に興味をそそるものを探しに出てみようか…
145:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:35:24 ID:cH6
>>138普通は20歳前後でそれに気付くが今からでも遅くはない遊んで来い
146:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:35:33 ID:dCb
>>142死んだことない人間が書いた死についての本なんて、童貞が書いた官能小説のようなものでしょ。
147:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:36:59 ID:dCb
>>143本物の強者だね。まず、死に向き合うことと同時に死の恐怖を紛らわす楽しいことを探してみるわ。
148:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:37:19 ID:auk
>>146そう思うならくだらなくて最高じゃん
149:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:38:04 ID:dCb
>>145どうせ楽しいこともなくなる。死に対して向き合って解決したい。…と思っていたが、やはり気を紛らわすことが最善のようだね。
150:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:38:12 ID:qp7
小学生の頃は寝る前になると必ず周囲の人間が死ぬのではないかと思って怖かった
151:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:39:19 ID:dCb
>>148読む俺も死の童貞だからね。構図が滑稽なのはわかるけど、内容をくさすことはできないな。
152:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:40:13 ID:dCb
>>150俺もそうだった。夜中に目が醒めると両親が生きているか確認に行っていた。
153:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:40:16 ID:7xb
>>147強者というか、たいていはそんなもんやで。イッチがかなり普通じゃないんやで。ワイは原罪は知性をもったことだと思っとる。自分が死ぬことを認識するから、人間は狂ったように苦しむんやで。動物はそれがないから苦しまない。
154:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:40:28 ID:bnY
>>149気を紛らわせて楽しんでるうちにあれ?これが生物の営みと進化じゃね?と発見したりして…
155:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:40:28 ID:hFS
うーん…こういう悩みを解決できる哲学を考えて宗教を作ればかなり儲かりそう…
156:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:40:54 ID:dCb
>>153自分がおかしいのは理解できてる。弱すぎる俺から見ると強者だねってことだよ。
157:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:41:56 ID:bnY
>>155後の幸福の科学である…w
158:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:42:12 ID:IsE
まだやってた。まあどう考えても死ぬときゃ死ぬから究極の杞憂みたいなもんだけどね。親しい人で死んだ人いないのか?
159:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:42:18 ID:dCb
>>153>>128でも書いたけど、知性の話には大共感。
160:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:43:00 ID:dCb
>>154ははは、そんな発見ができる賢明な人間ならこんなドツボにハマってはいないよ。
161:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:43:30 ID:YvF
克服出来たら生物としてどうなん?
162:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:43:58 ID:dCb
>>155現代教育を受けてる人には、科学的な裏付けがないと説得力を持たないだろうね。
163:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:44:12 ID:IsE
>>161 進化する意欲や遺伝子を伝える能力がなくなって欠陥生物になるんやないかね。
164:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:44:16 ID:dCb
>>157それはwww
165:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:44:34 ID:7xb
>>156ワイはイッチとは違う意味で、私、というものの不思議にとらわれた時期があってな。この悠久の時間の中でたった数十年、生じて、世界を認識して、消滅して、永遠に復活しない、私、って不思議だよな。一体、私はどこからきて、どこへいくのか、質量ももたず、観測もできない、この私ってのは。私=脳、と言われてもどうにも納得できんかったな。そういうことじゃないんやでって。
166:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:44:42 ID:dCb
>>158祖父母と父が亡くなってる。しばらく立ち直れなかった。
167:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:45:10 ID:dCb
>>161個としては克服してる人はいると思う。
168:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:45:17 ID:IsE
>>166 お前が死んだら、その先にはその二人がいるよ。祖父母が道を教えてくれてるやん。
169:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:47:40 ID:7xb
この手の死の恐怖ってのは、宗教で解決策できる類じゃあないんだよね、実は。むしろ、神とか死後の世界みたいな超越的なものを断固拒否するからこその恐怖だからね。
170:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:47:52 ID:bnY
>>153お前それサバンナでも同じこと言えんの?AA(ry
171:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:49:14 ID:IsE
>>169 なんか二行ですごい矛盾している気がするが。死後の世界の話されたらそんなの信じられない!嘘つき!!という知ったからの恐怖という意味なのかの。
172:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:49:20 ID:dCb
>>165意識がなんなのかは未だに解明されていないね。例えば人工知能でも、人と同じような知的活動は再現できるけど、これには意識は存在しない。所謂哲学ゾンビってやつだね。意識が電気信号の集合体なのか、はたまた未だに科学で認識できていない別の存在なのか、これは生きてるうちに解明されて欲しいなぁ。個人的には、脳は意識の再生装置で、意識は別に存在しているという説には納得できない。やはり高度に複雑化した脳細胞の電気信号が作り出した高度な条件反射の塊なのではないだろうか。
173:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:50:22 ID:dCb
>>168死んだら消えるよ。祖父母も父も消えた。死んだら自分も消えるだけだ。
174:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:50:49 ID:dCb
>>169おっしゃる通り。完全に俺の言いたいことを代弁してくれた。
175:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:50:49 ID:7xb
>>171そらそうよ。死後の世界、天国でも浄土でもいいが、信じるなら、自分が消滅する恐怖には苦しまんだろ。
176:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:52:09 ID:hFS
変な神様を信仰したり死後の世界とか設定を作ったりせずに人生の考え方を変えるぐらいの教えでも学生とか高齢者の信者が集まりそう
177:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:52:36 ID:bnY
>>172ちなみに囲碁で人間に勝ったディープマインドは、人間が知り得ない囲碁の真髄を知ってるよ
178:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:52:37 ID:dCb
>>176自己啓発セミナーかな?
179:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:53:07 ID:7xb
>>172自分以外の人に意識があることは、いまだかつで証明されてないけどな笑
180:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:53:15 ID:hFS
>>178そこから広げていくという手法w
181:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:53:44 ID:dCb
>>177高度な人工知能に意識が宿ったら素敵だね!新しい生命だ。
182:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:54:36 ID:IsE
>>173 ええやんけ。消えたのも含めての「道しるべ」だから。死んだあと残された自分は悲しかったかもしれんが消えた当人たちはもうなんの未練もゆるされん世界やな。ていうかマジレスすると、ワイも小学校まではイチみたいに死ぬのが怖くて怖くて怖すぎた。(から母親に死ぬの怖くね?って聞いて上の返事もらったんやし)病院は?
183:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:54:54 ID:dCb
>>179その通り。誰もがただ自分の意識だけを確認できて、皆その前提で話をする。だから、相手にも意識がある前提で話すんだよ。
184:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:55:10 ID:qp7
ハッピーバースデイ!新しい生命の誕生だよ!
185:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:55:17 ID:7rF
マンコにチンコはOKじゃん?アナルにチンコはちょっと危険つまりそういうことだよ
186:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:55:20 ID:dCb
>>180商魂たくましいなぁw
187:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:57:08 ID:dCb
>>182もう一度病院行ってみるかな…10年以上前に行って、得るところがなかったから行かなくなってしまったけど。結局治療となると、克服ではなくて鈍感にる薬を渡されるだけだからな。それでも俺の人格は保てるのだろうか?
188:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:57:35 ID:7xb
>>183まあ気に病むな。寝るのも死ぬのもおんなじやぞ??
189:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:58:04 ID:dCb
>>184結婚して子供を作るなど考えたこともなかったなぁ…所詮1人で生まれて1人で死んでいく身…
190:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:58:12 ID:IsE
>>187 人格保ってたら狂いそうになるんだろ。多少鈍感になるくらいで別に良くね?今の苦しみからは解放されるのに嫌なの?というより、イチはまあ暇すぎるんだと思うわ。もっと忙しい何かがあったほうがいいやろな。
191:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:58:13 ID:7xb
病院いってもしょうがないで。ちなワイ精神科医やからな笑
192:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:58:43 ID:dCb
>>185下手な宗教よりは意味がありそうな言葉だね。
193:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:59:32 ID:7rF
>>192(特に意味は)ないです
194:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)13:59:47 ID:dCb
>>188寝るのは覚めるのが前提だからねぇ。
195:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:00:41 ID:hFS
>>186大学とか自治体で信者が集まったら年収の10%を搾取資金ができたらホテルとか施設を経営しよう聖地とかも適当に作って…(妄想)
196:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:01:01 ID:dCb
>>190それは同意。結婚して子供いる同年代からすれば、「お前まだそんなことを言ってるのかよ!暇だな!現実を見ろよ!」って感じだと思う。
197:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:01:26 ID:dCb
>>191マジかwじゃあ行かない。
198:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:01:40 ID:IsE
>>196 暇だからいらんこと考えてどツボにはまって誰もいないから楽しくなくてつらくもなくて虚無的なんだろ。原因と結果は逆なんじゃないか。
199:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:01:46 ID:dCb
>>193意味なんて読み手が勝手に投影するものだよ。
200:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:02:37 ID:dCb
>>195教祖は哲学者。幹部は経営者。流行った宗教はみんなこれだね!
201:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:02:46 ID:7rF
>>195結構考えてて草
202:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:03:16 ID:7xb
>>194まあ、そうなんだけどな。でもまあ死ぬだから仕方ない。ある意味では、みんな自分が死ぬことを忘れてるから、お気楽に生きてられるんだよ。 俺は、自分が消滅することより、死ぬまでの肉体的苦痛、精神的苦痛(特に家族やこの世界への執着)が、怖いが、そんなもんを日々考えてたらとても生活できんからな。
203:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:03:34 ID:dCb
>>198と思って、今から街に何か興味を持てそうなものを探してくる。映画見て、ライブでも行ってみるわ。
204:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:03:55 ID:IsE
>>203 そうしなそうしな。それがいいわ。暑いから熱中症気を付けろよ。
205:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:05:47 ID:dCb
>>202そうなんだよね。「ジェットコースターなんてどうせ降りてしまうんだから乗らない」こんな考え方では何も楽しめないし、楽しんでも楽しまなくても同じ結果なら踊らにゃ損損だということはわかってはいるんだが…いや、わかってきたから実行してくるわ。
206:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:05:54 ID:7xb
>>196そんなことはないよ。子育てして、社会でバリバリ働いてたって、死の床についたら、自分と死を見つめて、だんだん現世のことには無関心になっていく。
207:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:06:27 ID:dCb
>>204ありがとう!さて、あまり遅くなってもあれだし、とりあえず家を出ようか。
208:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:06:33 ID:byX
209:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:08:19 ID:dCb
>>206祖父がそうだった。あの冷徹で理屈っぽくてリアリストだった祖父が、病床で親戚から洗礼を受けてキリスト教徒になったのはショックだった。
210:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:08:58 ID:7xb
>>205だからイッチは、単に怖いというより、私が消滅することの理不尽さ、不条理さに、なにか人よりひっかかって、ひっかかってしょうがないんやろな。ひとつアドバイスすれば、必ず同じような疑問をかかえた人はいるから、本を探してみるといい。せっかく、疑問を持ち続けてきたんだから、ごまかす生き方より、追求すりゃええないかね、とワイは思う。
211:名無しさん@おーぷん:17/07/22(土)14:10:00 ID:dCb
>>210ものすごくわかりやすい。なるほど、今日の行き先は、紀伊国屋に決定した。行くまでの道中で色々ググってみるわ。
212:名無しさん@おーぷん:17/08/05(土)14:48:51 ID:XkS
働いてるのは嘘でしたすいません。
213:名無しざん@お─ぷん :17/08/05(土)14:49:54 ID:29r
>>212糞が
214:名無しさん@おーぷん:17/08/05(土)15:06:46 ID:XkS
>>213ぶりぶりぶりー
215:名無しざん@おーぷん:17/08/05(土)17:18:12 ID:2VJ
>>214臭い▼相互リンク嘘松な俺が今まで立てた嘘松スレを晒していくhttp://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1501909457/1-1001
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

おっさんだが未だに死への恐怖を克服できない