- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」十冊目

1oBwZbn5S8kKC:2016/10/31(月)00:42:08 ID:lx6()
今からずっとずっと昔
現実世界 紀元前 古代ギリシャ とある富豪の屋敷

ワイワイ ガヤガヤ

奴隷「──そこで北風は太陽にこう言ったんだ『それならば俺と力比べをしよう、そうすればどちらが優れているかハッキリするだろう』ってな」

奴隷仲間1「おぉ!まさかのバトル展開か!北風と太陽のバトルとか胸熱!」ワクワク

奴隷仲間2「お前、話の腰を折るなよ。で、どうなるんだ?続きを聞かせてくれ」

奴隷「北風はこう続けたんだ『あそこに旅人が居るだろう、奴の上着を脱がせた方が勝者というのはどうだ?』ってな。そして太陽はそれに応じたんだ」

奴隷仲間3「ちょっと待て!なもん上着を吹き飛ばせばいいんだから北風の勝ち確じゃねぇか!」

奴隷仲間4「そう考えると卑怯な気もするな…太陽は風をおこせないわけだし、結果が見えてる勝負だぞ」

奴隷「ところがそう簡単にはいかないんだなー。北風にとっちゃプライドを賭けた戦いだ、気合い入れて旅人に風を吹き掛けたんだが…上着を吹き飛ばす事は出来なかった」

奴隷仲間1「マジか!何でだ?」ワクワク

奴隷「寒い風が吹けば当然旅人は上着が飛ばされないよう押さえ込むだろ?北風はそれを計算に入れていなかったんだ」

奴隷仲間3「おー、なるほどな。じゃあ勝負は引き分けか?北風に吹き飛ばせなかったもんを太陽が吹き飛ばせる訳ないしなぁ…で、どうなんだ?」

奴隷「太陽は悔しがる北風をよそに『ならば次は私が』と告げるとただサンサンと旅人を照らし続けた。すると辺りは次第に暖かくなって…ついに上着なんか着ていられない陽気になったんだ」

奴隷仲間4「おぉー!じゃあ太陽は気温を上げることで…」

奴隷「あぁ、太陽は旅人を照らすことで彼自らに上着を脱がせた訳だな」

奴隷仲間1「うぉー!すげぇな!俺には考え付かない方法だぜー!」

奴隷仲間2「だな。しかも北風の方法よりずっとスマートだ」

奴隷「そして見事、太陽は力比べに勝つことが出来た。めでたしめでたし、というところで終わりだ」

奴隷仲間4「いやー、今日も面白い話だったぞ!ところでこのおとぎ話は何ていうタイトルなんだ?」

奴隷「あー、話を考えるのは得意なんだがタイトル決めるのはどうも苦手でなー…適当に【北風と太陽】とかでいいんじゃないか?」
625oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)00:45:00 ID:vhU
>>614
ビルは原作的にも貧乏くじ引いてなんぼのキャラだと思う(暴論)

>>615
普段は自重してるけど訳わからん擬音付けるの結構好き。スワーンとか

>>616
わざわざ口に出したりしないけど仲間だって認めてるんですね、赤ずきんは

>>618
悟空が言ってる通り分身の精度が下がってるわけですな(このSSでの設定)
補足としては
分身第一弾→悟空のほぼ完璧な分身、強い。いくつか使えない妖術があるくらい?
分身第二弾→かなりサル比率が上がっている、強い。基本サル語を話す
分身第三弾→サル比率が上がっている上にアホっぽさがグッと増している、強い。人語を理解せず、マチャアキとかガンダーラって聞こえるのは喚き声


>>619
それは触れなくてもいいじゃろwww
626oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)00:45:50 ID:vhU
>>620
二秒で考えた擬音なのに反響が凄過ぎて草通り越して複雑だぜwww

>>621
お疲れです。こっからはゆったりとお付き合いを

>>622
みんなマチャアキ好き過ぎだろwww

>>623
マチャアキ悟空はリアルタイムで見てないからむしろシンゴ悟空世代なんだけど、悟空と言えばやっぱりマチャアキかなと
というかマチャアキへの反響が多くてこのスレの平均年齢が意外と高い疑惑が浮上してるwww

>>624
俺も同じパターン。っていうかシンゴーって久しぶりに聞いたなwww
627oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)01:00:28 ID:vhU

不思議の国のアリスの世界 ハートの女王の城 城内

タッタッタッタッ ドスドスドスドス

キモオタ「ブフゥ~www一時はどうなるかと思ったでござるがなんとか城内へ入り込めましたなwww」コポォ

ドロシー「は、はい…。どうやら追手も来ていないみたいで……良かったです」ホッ

キモオタ「あの者達は悟空殿と玉龍殿がバッチリ足止めをしてくれていますからなwww背中は二人に任せて我々は先を目指しますぞwww」

ドロシー「は、はい…!あっ、そこのつきあたりは左です」タッタッタッ

キモオタ「ガッテン承知wwwいやはや、ドロシー殿のナビのおかげで迷うことなく進めて助かっておりますぞwww感謝感謝ですなwww」ドスドスドス

ドロシー「お、お役に立ててるなら私も嬉しいです。で、でも……」

キモオタ「何か気がかりなことでござるでござるかな?www」

ドロシー「キモオタさんにはこうやって直接道案内が出来ますけど…。他の皆さんにはちゃんとした道案内ができなかったから…」

ドロシー「うぅ……私、今思えばすごく雑な道案内をしてしまいました…。確かに王座の間に行くには上の階を目指せばいいんですけど…もっと細かい説明をした方が絶対に良かったです。階段の場所とかそういう……」

キモオタ「いやいやwwwあの状況でしっかり説明するなど無理でござるよwwwそれぞれ別のルートを進んでいるわけでござるしwwwドロシー殿は最善を尽くしたと思いますぞwww」

ドロシー「で、でも…皆さんが迷って怪我でもしたら大変です…。そもそもアリスが玉座の間に居るって言うのも私の予想だから絶対ってわけじゃないし……。うぅ……私が確証の無い事を言ったせいで皆が酷い目にあいでもしたら……」

キモオタ「お主は本っ当に気にしすぎガールでござるなぁwwwそんな事気にしているのはお主だけでござるよwww」

キモオタ「本来は城中を走り回って探し出さねばならなかったところを、ドロシー殿のおかげでアリス殿の居場所に目星が付けられたのでござるよ?www」

キモオタ「お主が勇気を出して声を張ったおかげで、我々のミッションの成功率はぐぐっと上昇しているのでござるwww誇ってもいいぐらいですぞwww」コポォ
628oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)01:14:35 ID:vhU

ドロシー「も、もしもそうだったら…それはとても、嬉しいなぁ…」ニコッ

キモオタ「ドロシー殿はアレですぞwww少々ネガティブが過ぎますぞwwwもっと前向きに考えてもいいのではwww」

ドロシー「前向きに…ですか?」

キモオタ「そうですぞwww例えばお主が皆に道案内をした件でござるが…お主は自分のせいで皆が迷わないかと心配しているでござるよね?うまく道案内出来たのだろうかとwww」

ドロシー「は、はい…。やっぱり心配です…」

キモオタ「そうではなくwww成功した時をイメージするのですぞwww」

キモオタ「お主の予想通りアリス殿は王座の間に居てwwwスムーズにその場にたどり着けたことで万全な状態で戦えwww我々がアリス殿を止める事が出来たとしたらwww」

ドロシー「出来たとしたら…?」

キモオタ「MVPは間違いなくお主になるわけでござるよwwwラスボスの居場所をつきとめ、皆を導いたわけでござるからねwww」

キモオタ「そうすれば皆がお主に感謝しますぞwww赤ずきん殿や裸王殿はもちろん、消えてしまったおとぎ話を元に戻す事が叶えばその世界の住人もお主に感謝するでござろうwww」

ドロシー「あっ…それなら私がやってきた事の償いにもなるかも…」

キモオタ「もちろんなりますぞwwwそれに…ヘンゼル殿だってきっとお主の事を見直すでござるよwww勇気ある少女だと称えてくれるでござろうなwww」コポォ

ドロシー「へ、ヘンゼル君が…私を褒めてくれる…?」ドキドキ

キモオタ「褒められるどころかwwwお主の活躍によってヘンゼル殿はお主に惚れてしまうかもしれませんぞwww」

ドロシー「へ、ヘンゼル君が私に…?」

…ポワワーン
629oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)01:16:09 ID:vhU
・・・

白馬に乗ったヘンゼル「遂にアリスの悪事を止める事が出来たね」キラキラキラ

ドロシー「う、うん。ヘンゼル君や、キモオタお兄さん…皆が頑張ったおかげだね。消えてしまった世界も元通りにできるみたいで、本当に良かった……私は、何もできなかったけど……」ショボン

白馬に乗ったヘンゼル「ハハッ、何を言っているんだいプリンセス。君が道案内をしてくれたおかげで僕達はアリスを止める事が出来たんだ」キラキラキラ

白馬に乗ったヘンゼル「本当に助かったよプリンセス、感謝している。君は僕の誇りだよ」ギュッ

ドロシー「お、大げさだよ…。私にできるのは道案内くらいだったから…。で、でもヘンゼル君の役に立てて嬉しい、私にできる事があったらいつでも言ってね」ニコッ

白馬に乗ったヘンゼル「そうかい?それなら早速、君に道案内をお願いしようかな」キラキラキラ

白馬に乗ったヘンゼル「君を想い過ぎて前が見えなくなっている僕の恋心を……君のハートに案内してくれないか、プリンセス」

ドロシー「ヘンゼル君…!」キュンッ

グレーテル「ドロシーお姉ちゃん大好きー……」トテトテ

司書「あなたの様な可愛らしい恋人が居るなんてヘンゼルは幸せ者ね」ニッコリ

白馬に乗ったヘンゼル「さぁプリンセス、手を」キラキラキラ

プリンセスドロシー「はい…!」

■HAPPY END■

・・・
630oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)01:18:56 ID:vhU


ドロシー「……そ、そんなうまい話があるわけないじゃないですか!お、おとぎ話じゃないんですよ!?」ワタワタ

キモオタ「えぇぇwwwおとぎ話でござるけどwwwというか何を想像したのでござるかなwww」コポォ

ドロシー「ぜ、絶対に言えないです…!内緒です!」カァァ

キモオタ「ちょwww人に言えないような展開を想像するとはドロシー殿もなかなかに夢見がちガールでござるなwww」コポォ

ドロシー「うぅ……あっ、そこの角を左に進みますよ!わ、私は先に行きますからね…!」スタスタスタ

キモオタ「ドゥフフwww少しは恐怖が紛れたようでござるな、ドロシー殿www」

キモオタ「……」

キモオタ(さて…ドロシー殿と悟空殿達のおかげでうまく城に入りこめたのは良かったでござるが、分断されてしまったのは少々痛手ですな…一組ずつ我々の戦力を潰されでもすれば大惨事に…)

キモオタ(いやいや、前向きに考えるとするでござる。分断されたとはいえ逆に言えばあちらも戦力を分散せねばこちらを叩けないという事ですからな)

キモオタ(赤ずきん殿と赤鬼殿のコンビネーションはそうそう破られぬでござろうし。裸王殿の筋肉は言うまでも無く強靭かつ俊敏。ヘンゼル殿は持ち前のシスコン力で妹達を必ずや守るでござろう)

キモオタ(桃太郎殿も本当は頼れる男でござるから必ずやシンデレラ殿を救ってくれるでござろう。行方不明のラプンツェル殿は気がかりでござるが、きっと問題無いですぞ)

キモオタ(そしてもちろん我輩も、サイリウムを振るって全力で戦いますぞwww容易く負けるつもりなどありませんからなwwwアリス殿の時止めに対応する策もありますからなwww)

キモオタ(とはいえ……アリス殿を止める為の決めてであり切り札が欲しい所でござるな)

キモオタ(ふむ…。一度状況の整理をしてみますかな)
631oBwZbn5S8kKC :2017/04/24(月)01:25:09 ID:vhU
予定より短めになって申し訳ないけど今日はここまでにさせてほしい
続きは後日

久々に映画見に行ったせいか妙に眠気が襲ってくる、もう寝ます
映画、美女と野獣絶賛上映中!

短めになってすまない、次回もお付き合いください
632名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)01:39:12 ID:K2t
お疲れ様です。
633名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)01:46:53 ID:KGl
ドロシーみたいな夢見がちガール好きです(マチャアキ世代女性)
634名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)02:33:24 ID:rJm
乙~
ドロシーの妄想力が凄かった…!w

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」十冊目