- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」十冊目

1oBwZbn5S8kKC:2016/10/31(月)00:42:08 ID:lx6()
今からずっとずっと昔
現実世界 紀元前 古代ギリシャ とある富豪の屋敷

ワイワイ ガヤガヤ

奴隷「──そこで北風は太陽にこう言ったんだ『それならば俺と力比べをしよう、そうすればどちらが優れているかハッキリするだろう』ってな」

奴隷仲間1「おぉ!まさかのバトル展開か!北風と太陽のバトルとか胸熱!」ワクワク

奴隷仲間2「お前、話の腰を折るなよ。で、どうなるんだ?続きを聞かせてくれ」

奴隷「北風はこう続けたんだ『あそこに旅人が居るだろう、奴の上着を脱がせた方が勝者というのはどうだ?』ってな。そして太陽はそれに応じたんだ」

奴隷仲間3「ちょっと待て!なもん上着を吹き飛ばせばいいんだから北風の勝ち確じゃねぇか!」

奴隷仲間4「そう考えると卑怯な気もするな…太陽は風をおこせないわけだし、結果が見えてる勝負だぞ」

奴隷「ところがそう簡単にはいかないんだなー。北風にとっちゃプライドを賭けた戦いだ、気合い入れて旅人に風を吹き掛けたんだが…上着を吹き飛ばす事は出来なかった」

奴隷仲間1「マジか!何でだ?」ワクワク

奴隷「寒い風が吹けば当然旅人は上着が飛ばされないよう押さえ込むだろ?北風はそれを計算に入れていなかったんだ」

奴隷仲間3「おー、なるほどな。じゃあ勝負は引き分けか?北風に吹き飛ばせなかったもんを太陽が吹き飛ばせる訳ないしなぁ…で、どうなんだ?」

奴隷「太陽は悔しがる北風をよそに『ならば次は私が』と告げるとただサンサンと旅人を照らし続けた。すると辺りは次第に暖かくなって…ついに上着なんか着ていられない陽気になったんだ」

奴隷仲間4「おぉー!じゃあ太陽は気温を上げることで…」

奴隷「あぁ、太陽は旅人を照らすことで彼自らに上着を脱がせた訳だな」

奴隷仲間1「うぉー!すげぇな!俺には考え付かない方法だぜー!」

奴隷仲間2「だな。しかも北風の方法よりずっとスマートだ」

奴隷「そして見事、太陽は力比べに勝つことが出来た。めでたしめでたし、というところで終わりだ」

奴隷仲間4「いやー、今日も面白い話だったぞ!ところでこのおとぎ話は何ていうタイトルなんだ?」

奴隷「あー、話を考えるのは得意なんだがタイトル決めるのはどうも苦手でなー…適当に【北風と太陽】とかでいいんじゃないか?」
914oBwZbn5S8kKC :2017/07/20(木)02:39:49 ID:srB
ガッシャァァン!!

ライオン「うわぁぁぁ…!ガラスの破片が飛んでくる!鉄の欠片が飛んでくるよぉー!」ピシピシピシ

青い鳥「何やっているんだあいつは…!勝てそうもないからってシャンデリアを落とすなんて苦し紛れにも程がある!」ピシピシピシ

ロック鳥(翻訳)「いや、苦し紛れではない。これは――」

桃太郎「……そうか、そう言う事か。ラプンツェル!」バッ

ラプンツェル「桃太郎!こっちこっち!落ちてきたシャンデリアの方に来て!早く早く!」タタタッ

アシェンプテル「……理解してやったのか?それとも苦し紛れか?」

ラプンツェル「わかっててやったに決まってるよ!これでシンデレラはもうすんごい早さで私達に近寄れないでしょ!」フンス

アシェンプテル「……」ギリッ

桃太郎(ガラスの靴はシンデレラの脚力を向上させる魔法具。西洋の馬車を軽々と追い越しどんな俊敏な獣さえも置き去りにする、その姿さえ見えない速度で駆ける事が可能な強力な魔法具)

桃太郎(とはいえ所詮は靴だ、地面を蹴らなければ走る事は出来ない。となると足場があまりにも荒れていてはその魔法具も真価を発揮する事は出来ない。要するに…)

桃太郎(ガラスと鉄片が散らかったこんな場所では満足に走れない。高速で駆けようというのならばなおさらだ)

桃太郎(あいつはそれを理解したうえで、ガラスの靴が最高の状態で扱える広くて床の整ったこの部屋を戦いの場に選んだ)

桃太郎(ラプンツェルはエッチっぽいなんて言っていたけれどあのドレスだって戦いを意識したものだろう。飾りや布地を極力少なくすれば何かに引っかかったり掴まれる心配も少なくて済む)

桃太郎(なんにしろ…形勢逆転だ、ここから一気にシンデレラを奪還するぞ!)
915oBwZbn5S8kKC :2017/07/20(木)02:40:54 ID:srB
アシェンプテル「馬鹿女め…この程度で私のガラスの靴が役立たずになると思うな。スピードは少し落ちるが、お前達をの相手をするには――」

桃太郎「ラプンツェル!この部屋のシャンデリアを全て落としてくれ!出来るだけ部屋の外側からだ!」

アシェンプテル「貴様…っ!」

ラプンツェル「わかった!任せてよー!シンデレラ、ちゃんと避けてねー!」シュルルルルルッ

ガッシャアアアァン!!

ガッシャァァァァン!!

ガッシャァァァァン!!

ラプンツェル「ひゃわー!思ってたよりずっとすごい事になってる!シンデレラちゃんと避けてくれたかなー…?」

桃太郎「シャンデリアが落ちる場所は予想がつく。それならあいつは大丈夫だ、ガラスの靴が使い物にならなかろうと必ず避ける」

スタッ

アシェンプテル「……考えられないな。テラスは破壊する、シャンデリアを落としてホールは使い物にならなくする、まともな人間ならば普通、躊躇してしまうものだが」

アシェンプテル「これだから馬鹿の相手は嫌になる、何をしだすか予想できない」
916oBwZbn5S8kKC :2017/07/20(木)02:44:09 ID:srB
桃太郎「ラプンツェル、シンデレラはもう走れない。今のうちに拘束してくれ…あっ、刃物持ってるかも知れないから厳重に頼む」

ラプンツェル「わかった!じゃあシンデレラ、ちょっぴりだけ我慢してねー!」ヒュルル

アシェンプテル「……」グルグルグルッ

桃太郎「随分と素直に拘束されたな。まぁこっちとしてはその方が助かるんだけども…」

アシェンプテル「ここまで足場が悪くては走れない。手負いとはいえお前とまともに戦って勝てるなど思っていない、悪足掻きはしない主義だ」

ラプンツェル「よかったー、それじゃあ大人しく元に戻ってくれるよね!」

アシェンプテル「さぁ、それはどうだろうな。私は逃走を諦めただけだ。そもそも自分の意思で悪魔の鏡の破片をどうにかできるわけじゃあない」

ラプンツェル「えーっ!?じゃあ悪魔の鏡の破片をどうにかしなきゃいけないの!?ねぇねぇ桃太郎、聞いてた?どーする?なにか作戦ある?」

桃太郎「拙者、その作戦お前に一回伝えたんだけど…」

ラプンツェル「えーっと、あっ、言ってた言ってた!アレでしょ?ほら、なんとか剣!」

桃太郎「お前がこの剣の名前忘れるのおかしいだろ…。まぁいいけども、よいしょっと…」ガチャッ

アシェンプテル「私の正気を取り戻すものだとか言っていたが、その武器、魔法具……剣か」

桃太郎「あぁ…拙者はこれを手に入れたとき、刀の扱いだけじゃなく剣も使えるようになろうって思ってハインリヒ殿に指南を受けたんだ。必ず戦いの役に立つって思ったからな」

桃太郎「でもまさか、友であるお前に使うとは思わなかったけども」
917oBwZbn5S8kKC :2017/07/20(木)02:46:23 ID:srB
スラッ

桃太郎「七星剣…。それがこの魔法具の名だ」

ラプンツェル「この剣はね!私が前にアリスと戦った時に、お腹に刺されたんだよ!すんごく痛かった!」フンス

桃太郎「なんでちょっと誇らしげなんだよ…。まぁとにかくあの時お前の様子を見てもらったあとに魔法使い殿にこの剣の事を聞いて、拙者が譲り受けたって訳なんだけど」

アシェンプテル「……で、それをどうするつもりだ?」

桃太郎「七星剣は斬ったモノの魔力を弱める事が出来る剣だ。これを使ってお前に取りついている悪しき魔力を断ち切る」

アシェンプテル「言っておくが、私自身を斬ったところで意味は無いぞ?悪魔の鏡の破片は今のこの身体に突き刺さり、影響を及ぼし続けている」

アシェンプテル「それこそ悪魔の鏡の破片自体を貫きでもしない限り、そんな剣を振るったところでシンデレラを呼び戻す事など出来ない」

桃太郎「という事は、直接悪魔の鏡の破片を貫く事が出来れば……お前を正気にできるという事だな?」

アシェンプテル「あぁ、できるさ。だが…不可能だ」

ラプンツェル「えーっ?なんでー!?しちせーけんっていうので悪魔の鏡壊したらいいだけでしょー?」

アシェンプテル「鏡の破片は爪の先ほどの大きさしかない。その上、お前達はそれが私の身体のどこに突き刺さっているのか解らない。それでは手の出しようが無いだろう?」

アシェンプテル「まぁ場所さえ分かればあとは大した問題は無い。魔力を打ち消す剣で鏡の破片を砕き私を正気に戻す、その後に素早く治癒の力で傷を塞ぐ…完璧な作戦に見える、だが重大な欠点がある」

桃太郎「…お前が何を言いたいのか、拙者にはわかるよ」

アシェンプテル「だろうな、桃太郎。おまえが誰よりもわかっているはずだ……私を救うという事が目的だとしても、治癒の力があるとはいってもお前に私は刺せない」

アシェンプテル「他人の目を気にして生きているお前のような腰抜けに友人に刃を突き立てるなど出来るはずが無い。出来るわけがないのだ」

桃太郎「……」
918oBwZbn5S8kKC :2017/07/20(木)02:50:59 ID:srB
今日はここまでです 次回桃ラプテル編完結予定!

出来しだいアップします!次回もお付き合いください

そしてレス感謝感謝
>>898
イラスト支援ありがとう。かわいい。
天真爛漫さもいいけど服がかわいい、流石髪の毛におしゃれしてるのもかわいい
本編書きながら見たりしてにやにやしてるくらいにかわいい
>>899
かなり気にしてるようですよゴーテル。そりゃそうだ
>>900
ライオンもうちょっと活躍させてあげたかった…
>>902
著作権とか大丈夫なら大丈夫ではないでしょうか
>>905
本編で書こうと思ったけどスペースの問題ではしょったからここで
ラプちゃん漁網(技名)はちょっとだけ編む時間が必要で隙がある技だからこの状況だと見てから回避余裕どころか反撃余裕でしたになっちゃうっぽい
919名無しさん@おーぷん :2017/07/20(木)02:52:48 ID:Srh
面白かったです❤️
>>1さん、ありがとうございます‼︎
920名無しさん@おーぷん :2017/07/20(木)07:06:46 ID:4Ay
あああ気になるところでー!!!
そして毎回思うけど、>>1さんが毎回全てのレスに返してるのすごいし嬉しい
921名無しさん@おーぷん :2017/07/20(木)21:51:29 ID:lfG
きゃらふとというサイトで作ったラプちゃんのイメージ
個人的にラプちゃんは茶髪なイメージがある
922名無しさん@おーぷん :2017/07/20(木)21:52:17 ID:lfG



923名無しさん@おーぷん :2017/07/20(木)22:24:59 ID:SRo
>>922
すごい!
このシリーズにぴったりなイメージ!

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」十冊目