- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

行商人やキャラバンに憧れたからモロッコでロバと一緒に放浪の旅を始めたバカだけど

11◆jHsnWuH7MU:2016/07/25(月)19:09:31 ID:tPK()
まだ移動式住居の生活に慣れるのに精一杯で行商要素全くないんだけど、次の村が見えてきた時の達成感が半端ないwww
期間や距離は未定だけど、とりあえず今はスタート地点のトドラ渓谷から600kmくらい離れた町タンジェを目指して100kmほど移動したところだ。

今回は主に出発までの経緯について書いていこうと思う。




2名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:11:38 ID:FEl
電波届くのね
3名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:11:52 ID:OZF
チン◯切りに行ったんかと思ったけど、これは期待
4名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:12:23 ID:icv
やっぱり戦闘がないと話にならない
5名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:12:28 ID:YeK
そっちで収入あるのか?
6名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:12:52 ID:4h8
ハム速さん俺はオレンジで。
7名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:13:21 ID:5tu
モロッコにポケモンいるん?
8名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:15:07 ID:qFi
トルネコかな
9名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:16:32 ID:K6W
1日何キロぐらい進むのか
101◆jHsnWuH7MU :2016/07/25(月)19:26:19 ID:tPK()
>>2
実は今だと、かなりの発展途上国の田舎でも携帯のインターネット回線があることが多いからテザリングすればネットできるw

>>3
なんの話だよwww

>>4
ロバとおれとの戦闘ならある
おれのロバはかみつくとメガトンキック覚えてるからw

>>5
なんか売ればいいと思ってる
モロッコでよく売れてるお菓子作りは少しできるようになったし、営業力は自信あるんだけど今んとこ車としかすれ違わねぇwww

>>7
やっぱ日本はポケモン人気なのかw
おれも早くやりたいw

>>8
おれは冒険家の卵なんだぜ!

>>9
当初の予想をはるかに上回る距離歩けてびっくりしてるw
今んとこ一日最大35km

今回、おれがロバと一緒に旅しようと思ったきっかけは、以前エジプトでラクダの遊牧をしていた時に村でたくさんのロバが荷物を運んでいるのを間近で見たからだ。

大量の荷物、あるいは2、3人の人を乗せた荷車を引いてのんびりと歩くロバの姿は当時のおれにはとてもかっこよく見えた。
実際、ロバは牽引力に関しては馬にも引けを取らず、粗食にも耐え、一日に必要とする水分の量も少ないことから輓獣(何かを牽引するために用いられる動物のこと)としては古くから人々に重宝されてきた。

なので、いつかどこかの国で、寝泊まり可能な大きさの荷車をロバに引いてもらいながら旅をして、
余裕があれば行商のようなこともしてみたいと考えていた。(これはあくまでおまけ要素なので大きな利益をあげる必要はなくて、最高到達点はロバと自分の日々の食べ物を賄える程度だ。(一日に200円とか300円とかその程度の利益が出れば十分))

そして、どの国ならこの冒険が実現可能か検討したときに、モロッコならできるんじゃないかと考えた。
都会すぎる国だとロバの入手が難しかったり、法律的な問題や人の多さによる問題があったりするし、田舎すぎる国だと治安的な問題が生じてしまうんだけど、モロッコはその中間に位置していて、この冒険が実行しやすい国に思えた。
というわけでまずはおおまかな情報収集をするために、景色がきれいだというだけの理由でフィーリングで選んだ村、トドラ渓谷のティズギ村でしばらく暮らすことにした。
もしここでロバを手に入れることが難しかった場合はほかの村に移動して再度情報収集をする予定だ。
11名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:30:13 ID:y0c
ワイもやりたい
12名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)19:31:09 ID:K6W
旅の無事を祈ります
13名無しさん@おーぷん :2016/07/25(月)20:05:26 ID:icv
魔王と戦ったらまたスレ立てしてくれ
141◆jHsnWuH7MU :2016/07/25(月)20:07:47 ID:tPK()
>>11
モロッコに来てからかかった準備費用は、ロバ代や滞在費含めて総額5万円くらいだったから結構手軽にできると思うw

>>12
ありがとう!
ちゃんと行く先々で情報収集して、安全に旅するようにする!

>>13
現実世界でいうところの魔王ってなんなんだろうね
151◆jHsnWuH7MU :2016/07/25(月)20:08:09 ID:tPK()
つづき
滞在してわかったことだが、ティズギ村には何頭かロバがいた。
そして、ティズギ村の近くの町、ティネリールでは週に1回アニマルマーケットが開かれることもあり、ロバがたくさんいたため、この村で情報収集をしてロバを購入することに決定した。

結果、情報収集のおかげでロバの情報が続々と集まってきた。
今回購入を検討したロバは全部で5頭だ。
性別は、気性が荒いというリスクはあるが、相棒としてオスと旅したかったので候補に挙げているのは全てオスのロバだ。
1DH=だいたい10円

1頭目
 若く、かなり大きい。普段はおとなしいがとても臆病で、棒を見せるとそれだけで暴れる。右耳が欠けていてよく見ると全身に傷があり、鼻にも目立つ傷がある。舌を鳴らす音に対しても不安そうにする。虐待に近いことをされていた可能性が高い。
ティズギ村のロバ。
値段交渉の開始価格1900DH

2頭目
 体は大きめ。つながれている時に必死に逃げ出そうと暴れていたため、かなり気性は荒いようだ。
ティネリールのロバ。
値段交渉の開始価格1700DH

3頭目
 小柄。かなりおとなしく、知らない人間が乗った場合でもおとなしく従順だ。足から少し血が出ていた。馬力も十分なようであったのが、長期の旅でどのようになるか、少し不安が残る。
ティネリールのロバ。
値段交渉の開始価格1000DH

4頭目
 3頭目よりは少し大きいが小柄。おとなしく、いうことをよく聞き、人が乗っても嫌がらない。
馬力は十分。
モロッコではロバに名前を付ける習慣はないが、このロバには「ブライト」という名前がついており、飼い主からかなり愛されているようであった。
ティズギ村のロバ。
値段交渉の開始価格 1000DH

5頭目
1頭目ほどではないがかなり大きい体を持つ。おとなしくて馬力もあるが、歩き方がほんの少し不自然であったため、長距離を歩けない可能性がある。
ティズギ村のロバ。
値段交渉の開始価格3500DH
ちなみにあまりにもふざけた開始価格であったため、「どのロバを買うかを今夜決めるから最低でも1700DH辺りまで下げてくれないと候補に入らない」と強く主張した結果2200DHまで値段が落ちた。


※おれが滞在している宿のあるティズギ村のロバを買った場合、そのまま出発直前まで元の飼い主に預かってもらえば出発までの間に調教がしやすいというメリットがある。
ティネリールのロバを買うと、ティズギ村にロバを置く場所がないため、ティネリールまで通わなければならず、出発までにロバとのコミュニケーションが十分に取れない可能性がある。

2頭目以外のロバは動かしてみたが、少なくとも短い距離であれば皆おれに従ってくれた。
動物を扱うのにはある種才能や経験が必要で、ふつう外国人はみなロバをほとんど動かせないと、何人もの現地人が驚いていた。
たぶんラクダの遊牧の経験が活かせているんだと思う。

お前らならどのロバにする?

写真はさっきあげ忘れたトドラ渓谷



161◆jHsnWuH7MU :2016/07/26(火)02:46:33 ID:KT4()
この条件だと、今回の冒険を確実に達成するには、4頭目が最適だったんだと思う。

でも、ブライトにはもうすでに素敵な飼い主がいたから、わざわざ引き離しておれの冒険に付き合わせるのはかわいそうに感じた。
それに、将来複数のラクダを操ってサハラ砂漠を横断したり、犬ぞりで南極を横断したりしたいと考えているおれとしては、
おとなしく従順なロバと旅するよりも扱いにくいロバと旅して動物を扱うことに関して少しでも経験値を得るほうが今後の冒険に繋がるだろうと考えた。

結果、おれは1頭目のロバを買うことに決めた。
このロバは候補のロバの中で最も体が大きく、若かったため、もしうまく扱えれば一日にかなり長い距離を歩くことができるだろうと考えたことも理由の一つだ。

ちなみに値段交渉の結果、200DH値下げされたから、このロバの最終価格は1700DHだった。
値段的には相場よりも少し高いぐらいだったけど、今回はロバを2頭買うことも視野に入れていて、ロバ購入に対する予算は4000DHだったから予算的にはむしろ余裕ができたくらいだった。

次の日から、散歩による調教が始まる。




17名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)03:05:24 ID:xJx
日本でもちょっと山に行くと圏外なのに外国は整備されてるんだな
18名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)03:08:45 ID:xJx
アラビア語話せるの??
191◆jHsnWuH7MU :2016/07/26(火)03:58:55 ID:KT4()
>>17
そうそう、あとは日本よりビルも険しい山も少なくてだだっ広い場所が多いから電波が届きやすいって理由もあると思う。

>>18
エジプトで1ヶ月弱ラクダの遊牧を手伝ってたことがあるんだけど、その時の村では英語はほぼ通じなかったからそこで覚えた
正則アラビア語の文法はエジプト行く前から勉強してたからそれなりに話せる
ただ、同じアラビア語といってもモロッコでは全然違う言語が使われているから、モロッコ語はアラビア語と共通の、本当に基本的なことしか話せない。

でもモロッコでは田舎でもフランス語が話せれば全く問題ないから大丈夫。
唯一山の中で暮らしてる遊牧民の人たちだけは、ベルベル語という言語しか話せない上に、山ごとに文法が違うとかそういうレベルだから、
旅の途中で山を越えてる時なんかに出会ってお茶をごちそうしてもらったりするけど、全く意思疎通できないwww


つづき
朝10時ごろ、散歩をさせるためにロバに会いに行く。

とりあえず警告を少し歩かせてみて様子を見るつもりだ。

元飼い主は購入後に関しては協力的ではなかったし、モロッコの一般的な考え方として、ロバは「道具」で、痛い目に合わせようが何をしようが言うことを聞かせられればそれでいいという考え方があるため、調教はほとんど一人でやることにした。

なので、使える経験としてエジプトでラクダを遊牧していた時のことを思い出してみる。
おれが遊牧を手伝っていたラクダに関していえば直接叩いたりあてたりしなくても、集中力が切れていたり興奮しているラクダを誘導する為には棒や石などでラクダの気を引くことは重要だった。
ただ、このロバは棒を怖がるし逆効果かもしれないな、と考えていると、元飼い主やわらかいゴム製の棒を差し出してきた。

うん、これなら痛くないから怖くないだろう。

よし、ラクダの時みたいに斜め後ろあたりから優しく追い立てる感じで…

と、その瞬間、ロバがいきなり体をひねり、それと同時におれの膝のあたりに立て続けに二度、痛みが走る。

蹴られた。
ロバは馬よりも体は小さいため、そこまで深刻なダメージではなかったが、とにかくこいつに対して棒を使うべきではないらしい。
そして、おれを蹴った後も怒りが収まらないようで、大きな声で鳴き、おれを威嚇する。
鼻息荒く、低い声で唸りながら、じりじりとおれににじり寄ってくる。

うん、怖いw

でも、ここで引いたら動物に認めてもらえなくなることは知っていたので、おれは一歩も引かず、毅然とした態度で、そっちじゃない、こっちだ、と手綱を引き、ひとまず近くの柱に結び付ける。

しばらくすると気がすんだのか、おとなしくなり、柱の縄をほどいても暴れず、のそのそとおれについてくるようになった。




20名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)04:00:48 ID:yfg
マジでスゲーな・・・。その行動力が羨ましいスゲー楽しそう
21名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)04:05:52 ID:2mq
断言する、このスレはおーぷん史に名を残す
22名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)04:06:32 ID:2mq
ところでスレ主さん、狼と香辛料ってアニメ知ってる?
23サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/26(火)04:08:35 ID:qWX
これは良スレ
見させていただきます
24名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)04:57:36 ID:kc3
これは良いバカ
25サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/26(火)05:09:48 ID:qWX
改めてちゃんと読み直した
俺なら1のロバを選ぶかなと思ったら、1のロバで何故か安心した
しかしこの行動力と実行力は尊敬に値するな
261◆jHsnWuH7MU :2016/07/26(火)06:04:09 ID:KT4()
>>20
ようやくちょっとずつ大きいことができるようになってきたんだぜ!

>>21
まじかよ、言いすぎじゃね?

>>22
2期まで見たよ!
旅っていいよね!

>>23
ありがとう!
文章下手かもしれないし誤字もあるだろうけど頑張る!

>>24
ありがとう!
バカだけど楽しく頑張って、いつか自由な冒険家になってみせる!

>>25
このロバの気性が荒いのは、彼自身の性格の問題なのかもしれないけど、人間たちが虐待とかをしてたからこんな性格になった可能性も考えられるから、
このロバには幸せになってほしいと思ってる。
実際、旅に出てからはかなりおとなしくなったからやっぱり環境的な要因が大きかったんじゃないかと思ってる。


つづき
ロバと一緒に歩いていると、現地の若者数人が近づいてきた。

若者「おい、日本人!
(狭い村なので、「日本人がロバを買いたくて情報収集している」という情報は村人のほとんどが知っていたようだ。
だから、結託して値上げされた場合でも対応できるようにティネリールのロバの情報も集めてた。)
そのロバ買ったのか?どれ、おれが扱い方教えてやるよ!」
おれ「いや、こいつ攻撃的だから危ないんだって!棒使ったら怖がるからやめてくれ!」
若者「大丈夫だって!ほら、こうやって…」

その瞬間、何度も繰り返してやり慣れているとしか思えないほど鮮やかかつなめらかに、ロバは体を回転させ、若者に向かって蹴りを放つ。

ロバの蹴りは若者の下腹部にクリーンヒットし、若者はよろめいた。
とりまきの若者たちは笑っていたが、蹴られた当人は怒っていた。

若者「なっなんだこいつ!ふざけんな!!」
おれ「だから駄目なんだって!これ以上こいつを刺激しないでくれ!」
271◆jHsnWuH7MU :2016/07/26(火)07:27:25 ID:KT4()
その後、その若者たちを振り切って歩いていると、おっさんが話しかけてきた。

おっさん「おぉ、そのロバどうしたんだ?どれ、おれがロバの扱い方を…」
おれ「あ ぶ な い か ら 、さ が っ て!」
おっさん「何言ってるんだよ、ただのロバじゃないか、こんなやつ…」

おっさんがロバに近づいたその瞬間、またしてもロバは蹴りを放った。


そしてその後、「危険だ」と説明するも、いうことを聞かずに追い立てようとしたりおれから手綱を奪ったりした現地人を2人ほど蹴り飛ばす。

どうやらこのロバは極度に繊細で、からかおうとしてくる人間や怒っている人間を敏感に感じ取って攻撃しているようだ。

この出来事があるまでは「右耳が欠けていて三日月みたいだからモロッコ語で三日月という意味の『アイユール』君なんてどうだろうか」なんて考えていたが、この出来事によってこのロバの名前は決定した。
「反骨精神のある」や「たくましい」という意味を持つモロッコ語の単語「モカウィム」から、『モカ』君で決定だ。




28名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)07:43:54 ID:vhq
深夜特急でも読んだのか?こじらせ杉
29名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)08:51:11 ID:NnY
このスレ主の行動力は深夜特急を凌駕してるな
30名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)10:30:19 ID:qWX
>>27
モカって意味も知らずに聞いたら座敷犬みたいじゃねーかwww
アイユールが素敵だったのに
31名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)15:20:00 ID:2mq
支援age
32【大吉】【1422円】【2】 :2016/07/26(火)15:33:43 ID:tdC
面白い
続き期待してる
33名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)15:40:03 ID:AwD
なんか心当たりあると思ったらやっぱりまたお前か

前回の旅で死にかけたとは言ってたが懲りないやつだwww
341◆jHsnWuH7MU :2016/07/26(火)16:40:26 ID:KT4()
>>28
いろんな出会いや経験があって今の人生に落ち着いたんだぜw
今回以前にもいろいろしてる
一番最初はフィリピンで友達が行方不明になったのがきっかけだったけど

>>29
なんか力が沸き上がるんだよなぁ

>>30
www
アイユールも捨てがたかったんだけどねw

>>32
ありがとう!
更新遅いかもしれないけどちょっとずつ書いていく!

>>33
ラクダスレ見てたのかな?
まとめには載ってないけど、実はあの後カメルーンの森の中でピグミー族と一緒に自給自足生活したりもしてたw
懲りるとか脳内辞書に載ってないwww


つづき
動物に対して、舌を鳴して「進め、こっちに来い」という指示はエジプトでもモロッコでも共通だったんだけど、その音を聞くとモカはその音を警戒して不安そうにした。
たぶん、今までのいやな思い出を思い出すんじゃないかと思ったから、今回そのやり方は使わないことにした。

怖い思い出や不安なイメージを少しでも払拭するべく、モカを動かす際の掛け声は、ラクダを遊牧していたころ、ラクダ飼いのサリーマンという男が使っていたもう一つの「進め」の言い方、「ホップホップホップホップ」を使うことにした。

その日はモカと一緒に1kmほど歩くことができた。

そしてその夜、出発までの短い期間でモカと少しでも仲良くなる為に何ができるかを一晩考えた結果、ジャガイモの皮やスイカの皮などの食べ物をモカにやり始めることにした。
スイカの皮やジャガイモは特に好物のようだ。パンの切れ端もやろうとしたが、あまり好みではなかったらしい。
ニンジンが好きだと現地人はいうが、ラマダン(イスラム教徒の断食期間。この時期は普段手に入るものでも入手が難しいことが多い。)明けであったため食料品の供給はほとんど停止しており、手に入らなかった。
35名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)16:51:55 ID:bce
なんか見たことあるな…ラクダやって高熱を出した人?
36名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)17:08:25 ID:ivf
そろりと見守ろうかね。
37名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)17:15:13 ID:gW7
すげえワルザザート行ってみたい
38名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)21:31:21 ID:PmO
ワクワクするなぁ。
ちょっとずつでもよろしく
39名無しさん@おーぷん :2016/07/26(火)21:31:59 ID:EBU
また君かね
期待
401◆jHsnWuH7MU :2016/07/26(火)23:23:11 ID:KT4()
>>35
そうそう、1年以上前なのによく覚えてるねw

>>36
ありがとう!

>>37
ワルザザートはおれは通過しただけだけど、モロッコってほんとに見所がいっぱいあるよな!

>>38
ワクワクに突き動かされて生きてる感じw
了解、ちょこちょこ書いてくw

>>39
今回は今までと違って現在進行形だけど更新頑張る!


つづき
さて、次の日、モカを散歩に連れ出す際に元飼い主と揉め事になった。
元飼い主が酔った勢いで、「今すぐ金をよこせ。そうしないとロバを取り上げる。」といきなり言い出したのだ。
金銭の支払い時期は今日か明日、ATMのある町まで行ってからでいいという話になっていたし、出発までの期間の散歩はモカを購入した際の約束に含まれていた。

飼い主の妹曰く、「今渡すと飲みに出かけて使うだけだから渡さないで。あのロバは家族みんなで出資して購入したロバだからそんなことにお金を使わせたくない」とのことだ。

結局、妹さんがうまくなだめてくれているすきに散歩に出発したんだけど、モカも空気読んだらしく、おれのペースに合わせて走り出した。

この時初めて気づいたが、走るとモカは興奮し、今にも蹴りだしそうな雰囲気になるようだ。
そして、その日の散歩で、一定の条件を満たすとモカは興奮するということが分かった。
その条件は大まかに以下の通りだ。

・走っている時
・疲れがたまってきた時
・大きな音を聞いた時
・他のロバや馬に会った時。特にメス馬がいたときは少しでもメス馬に近づこうと必死になり、しばらくの間全く制御できなくなるw

興奮すると制御するのに神経を使うせいでかなりおれが疲れる。
まず、おれよりも少し速いペースで歩き出し、おれを追い抜きそうになる。
追い抜かされると制御できなくなるので、いったん止まらせるが、止まらせるとおれを威嚇し、鼻息を荒くしながらじりじりとおれに近寄ってくる。
あまりに距離が近すぎると危険なので、ある程度まで近づいてきた時点でまた「進め」の命令を出し、歩かせる。
そしてまた追い抜かされそうになってきたらまた「止まれ」の命令を出す…といった感じで何度かこれを繰り返せば興奮はおさまるようだが、かなり集中してタイミングを見計らって指示を出さなければならない。

この日は昨日よりも長く、2kmほど歩いたが、その間モカは7回ほど興奮したため、かなり疲れた。
41名無しさん@おーぷん :2016/07/27(水)02:17:22 ID:9Ag
良スレage
42名無しさん@おーぷん :2016/07/27(水)02:28:19 ID:Nyz
何が?
画像も無いじゃん
431◆jHsnWuH7MU :2016/07/27(水)04:53:05 ID:24O()
>>41
ありがとう!
良スレになるように頑張る!

>>42
画像に関してはごめん、準備期間はあんまり映えるような写真がないっていうのと、出発前の散歩の時間は特に写真撮る余裕が全然なかったんだ
でもやっぱり写真はあったほうがいいと思うから、多少時系列や地理的座標が違っててもあげることにする!

つづき
さて、次の日

昨日から餌をやっていたおかげで、少しモカとの距離が縮まったようで、一人で頭絡(頭につけてる赤いベルト)を付けたり外したりできるようになった。(今までは頭に手を近づけただけで強く拒絶されていた。)

散歩も、2kmほど歩いたけど1回しか興奮せず、昨日の反抗的な態度は何だったのかというくらいおとなしかった。

この調子で仲良くなっていけば、最大の難関であると予想してる荷車の接続も難なく行えるかもしれない。

ただ、モカは噛むのが好きなようで、隙あらばおれの首を噛もうとしてたから、とりあえず最初はミニバケツを口にかぶせることにした。


さて、モカに関することがある程度落ち着いたから、次は荷車について考えないといけない。

おれが寝ることができるくらいの大きさで、それとは別に荷物も収納できて、モカが引きやすいようにできるだけ軽い荷車を手に入れないといけなかった。

ただ、情報収集の結果、現代のモロッコにそんな荷車はもうほとんど残っていないことが分かった。
モロッコでは6、7年前まではロバや馬に荷車を引かせるのが一般的だったらしいけど、今はトラックやバイクに完全に取って代わったらしく、ロバの利用方法としては、今では背中に直接荷物を載せて運ばせる扱い方しかされていないらしかった。

というわけで中古の荷車の購入に関しては絶望的だった。
でも、この程度で冒険に対して溢れ出すおれの気概がなくなったりはしない。


中古のものがないならどうすればいいか。


そう、作ればいい!!!

というわけでこの日から、おれと宿の主人(日曜大工が趣味)、そして町の鉄鍛冶屋や木工職人たちによる荷車づくりが始まった。




44名無しさん@おーぷん :2016/07/27(水)04:55:26 ID:xUl
モロッコのトロッコに乗ったシロッコ
45サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/27(水)08:33:20 ID:vZJ
>>43
すまん、作ればいいで噴いてしまったwww
どこのTOKIOだよwww
46名無しさん@おーぷん :2016/07/27(水)17:55:29 ID:Iyr
治安とかどうなん?
47名無しさん@おーぷん :2016/07/27(水)17:58:16 ID:Frj
>>42
画像あるじゃん、アスペかな?
481◆jHsnWuH7MU :2016/07/27(水)19:35:07 ID:24O()
>>44
なんだそれw

>>45
今回は職人さんたちに助けてもらったけど、いつか金属の切断や溶接が一人でできるようになりたいな

>>46
画像は外務省の海外安全ホームページの情報
モロッコではここ5年、外国人を対象にしたテロや誘拐事件は起こってない。
ちなみにモロッコの治安に関して一番たくさん外国人向けの情報を持ってるのは在モロッコフランス大使館なんだけど、そこの安全情報でも国境以外は注意してれば大丈夫って書いてある。
超安全な国なんだぜ!





つづき
まず、どんな荷車を作りたいかを考える。

本当は4輪の馬車のようなものにしたかったんだけど、ロバに引かせる場合バランスの問題と、モロッコの道路交通法に抵触することによる税金の支払い義務の懸念があった。
ほかにも、モロッコでこれまで使われていた荷車は全て2輪だったため、4輪よりも2輪のほうがいくらか目立ちにくく、より安全に旅ができるだろうと考えたということもある。

タイヤは、自転車のタイヤだと強度に問題があるし、車のタイヤだと大きすぎるのと値段も高くなってしまうため、バイクのタイヤを使用することにした。


荷車の長さは、あまり長いとモカが引きにくいということを考えて160cm、それに合わせて幅は80cmにした。
この長さだと寝るときに足がはみ出してしまうが、海外では基本的に野宿のおれにとっては大した問題じゃなかった。


そしてこの大きさだと、荷物の収納が難しくなるため、荷車を2層構造にして、下は荷物入れ、上は寝床という感じにした。

あとは、少しでも軽く作るため、金属を使うのは土台や屋根などのフレーム部分だけにして、あとは全て木で作ることにした。


さて、どんな荷車にするかが決まったので、早速町で鉄鍛冶屋をやっているアフマッドさんに事情を説明し、金属フレーム部分を作ってもらう。






49サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/27(水)19:39:28 ID:vZJ
>>48
溶断、溶接なんかはすぐに慣れるよ
日本の資格制度が厳し過ぎるだけ

それにしてもそのバイタリティは見習いたい
501◆jHsnWuH7MU :2016/07/28(木)05:54:49 ID:iBK()
>>49
まじか!
今度は自動車工場とかでバイトしてみようかな…


つづき
出来上がったフレームにタイヤをつける。




屋根の部分




次は木材を購入し、金属フレームにうまくはめられるよう、また、釘と木工のりだけで十分な強度になるよう、木工職人に加工してもらう。




屋根のフレーム写ってないけどこの時点でこんな感じ



51サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/28(木)06:00:32 ID:pVv
>>50
俺だって出来るんだ、よゆーよゆー

お、出来て来てるな!
完成が楽しみだ
52名無しさん@おーぷん :2016/07/28(木)06:22:36 ID:irK
スレタイ見てネタかと思ったら本気だった
53名無しさん@おーぷん :2016/07/28(木)18:21:31 ID:LPA
荷馬車で寝泊まりかや・・・
知らないうちに賢狼ホロが潜り込んでたりして
541◆jHsnWuH7MU :2016/07/28(木)18:21:37 ID:iBK()
>>51
すげぇ!
おれもできるようになりたい!

>>52
ガチでやるから面白いんだぜw


つづき
とりあえずフレーム部分を数人がかりでモカに装着してみる




ん、なんか曲がるときぎこちないな…

モカに接続してる棒の根元




だめじゃねぇか!www

フレーム部分を鉄鍛冶屋のアフマッドのところにもう一度持って行って補強してもらう。

完成!




次は上に乗せる木材の部分を木工のりと釘で組み立て、ペンキを塗っていく。




屋根の部分は汚れてしまって使えないカーテンを譲ってもらった

装着!!!




よし、これを引いてモカのところへ…






全然だめじゃねぇか!!!www

軽トラ借りて鉄鍛冶屋のアフマッドのところに持っていく。
これでアフマッドの世話になるのは3回目だ。

アフマッドは職人なのでフランス語がほとんどしゃべれないが、さすがにこの頃にはかなり仲良くなってたw

おれ「アフマッド!!全然だめだったwww」
アフマッド「はは、なかなかうまくいかねぇな!
でもこの状態(木材の部分も乗った完全な状態)ならしっかり補強してやれると思うぜ?」

3度目の正直、というかもっかい全部町まで運ぶのは面倒なので、丸一日かけてやりすぎなぐらいしっかり補強してもらう
55サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/28(木)18:23:50 ID:pVv
おお!いい感じに出来上がってきた!
見てるこっちがワクワクしてくる
56名無しさん@おーぷん :2016/07/28(木)21:51:29 ID:Y4a
このスレやべーよ、頭のネジ飛んでるぜ
571◆jHsnWuH7MU :2016/07/28(木)23:18:58 ID:iBK()
>>53
今度から荷車にりんご大量に入れとくか…

>>55
そりゃよかった!

>>56
褒め言葉ありがとうwww

そして完成!
あとあと補強したり改築したりするんだけど、これが一番最初旅に出たときの荷車だ。
ちなみにこのときペンキは近くにいた子供に塗ってもらったからこんなに乱れてるw
このクオリティでチップ要求とかおこがましいわwww




寝床の下には荷物入れがある
奥には非常用のモカの食料が入ってる




寝床はこんな感じ
右にある石は岩塩でモカのおやつだ




最終的に荷車作成にかかった費用は大まかに以下の通りだ。

・材料費
・・・木材400DH、金属300DH、タイヤ250DH、布100DH、その他釘、金具、ペンキなど200DH
・職人の加工費
・・・木工100DH、金属200DH(初回)+100DH(2回目)+200DH(3回目)
・ペンキ塗ってくれた子どもへのチップ
 ・・・1DH

計1851DH(およそ19800円)
58サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/28(木)23:31:04 ID:pVv
>>57
やっす!やっす!
物価ってこうも違うもんなんだなあ
591◆jHsnWuH7MU :2016/07/29(金)06:33:02 ID:a1B()
>>58
こっちでは家具もリヤカーも基本オーダーメイドで作るのが一般的なんだ。
日本だと考えられないよね

つづき
さて、これでロバの調教もそれなりに終わり、荷車も出来上がったから出発できるんだけど、最初にどの方向に向かうべきなのかについては実はまだ決まってなかった。
出発地点のティズギ村から行くことができるルートは以下の3つだった。

1、都会(ワルザザート)ルート




・メリット
 なんでも手に入る
 人がいるから困ったとき助けてもらいやすい

・デメリット
 モロッコの街中は日本の地方都市並みに発展してるから、自動車や人々とモカや荷車がぶつかった場合めんどうなことになる可能性がかなりある。
 モカを一時的にどこかにつないでおくことが難しい。


2、砂漠(メルズーガ)ルート




・メリット
 砂漠好きで、いつかサハラ砂漠を横断したいおれとしてはかなり行きたい場所
 ※水源が十分にあることは確認済み
 ※最初にこのルートを選ばなかった場合、その後モカを連れて砂漠に行くのはかなり難しくなる

・デメリット
 暑さによってモカが弱ってしまう可能性がある。もちろんおれも。
 砂漠に行った後は引き返すか都会ルートを選択するかの2択。


3、山(イミルシル)ルート




・メリット
 イミルシルは湖と豊かな緑があり、モカにとってはこの上なく最高の環境。
 道中車がほとんど通らないので、面倒に巻き込まれるリスクが少ない。

・デメリット
 モロッコ一標高が高いと言われている村(アグダル)を経由しないといけないため、かなり登り坂が多く、モカが荷車を引いて登れない可能性がある。
 人がほとんどおらず、携帯の電波も最も不安定なルートのため、緊急時に助けを求められない。
60名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)07:29:51 ID:1lS
大砂丘は見てみたいが ロバとリヤカーの相性が悪そう
61サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/29(金)07:39:45 ID:qoQ
どのルートを選択するんだろう?
俺なら山ルートだけど主は砂漠ルートかな?
62名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)07:51:22 ID:dsu
モカくんかわいい
63名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)07:54:34 ID:ZdH
ごめん。前スレ知らんのだがフィリピンで行方不明って気になる。
前スレ探せば書いてる??
64名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)09:21:00 ID:ZdH
>>63
ダメだ。ラクダのは出てきたけど友達行方不明のは見つけられない…
65名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)09:49:03 ID:2lI
サテンドールのおっさんがいるじゃないか
66サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/29(金)09:51:16 ID:qoQ
>>65
お邪魔してます
こういうスレは大好物なんだ
67名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)09:51:47 ID:2lI
>>66
忘れていると思うけど、天草のやつだよ
68サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/29(金)09:54:30 ID:qoQ
>>67
おお!憶えてる!
せっかく天草なのに海に行かなかった残念君だ!
69名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)09:55:15 ID:2lI
>>68
最近はカブトムシとクワガタ採集にはまっていてね
70サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/29(金)09:56:25 ID:qoQ
>>69
ここだとスレ主さんに悪いから俺のスレに来て
生き物図鑑で検索かけたら出てくる
71名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)09:57:22 ID:2lI
>>70
おk
721◆jHsnWuH7MU :2016/07/29(金)21:13:22 ID:a1B()
>>60
そうなんだよなぁ
砂漠にモカ連れて行った場合、荷車引いたモカじゃ砂丘歩けないんだよなぁ

>>61
どのルートも一長一短だから結構迷ったw

>>62
めっちゃかわいいぜ!
写真は砂浴び(ラクダやロバがストレス発散のために行う行為)中のモカ




>>63
ごめん、フィリピンの話はまだ書いてないんだ
ラクダの話と、熱帯雨林のピグミー族の話くらいかな、スレたてたのは
またいつか余裕ができたときにスレたてようと思うw
731◆jHsnWuH7MU :2016/07/29(金)21:32:57 ID:a1B()
つづき
まずは都会ルートについて
人がたくさんいて、情報も食べ物も手に入りやすい状況は魅力的だけど、旅に出てまだ慣れてないうちに都会に出てしまうと、おれがモカを制御しきれず場合によっては損害賠償ものの大きな問題が起こるかもしれないと考えた。
だから、都会は行くとしてもできる限り後にすべきだと思ったから今回都会ルートはやめておくことにした。

残ったのは砂漠ルートと山ルートだ。
おれとしては両方とも捨てがたかったし、山ルートは険しく、砂漠ルートは暑いから両方ともかなりリスクのあるルートだった。
でも、最後に決め手となったのはどちらのルートがモカにとって幸せか、だった。

今回の冒険にしたって、おれはおれ自身のやりたいことをやってるだけだけど、モカはそれに付き合わされている形になってるわけだから、できる限りモカに配慮した冒険にすべきだと思った。

…というわけで、進むべきルートは山(イミルシル)ルートに決定!
それに伴って、終着点はモロッコ北端の港町、タンジェになった。
ちなみにもし山を登ることが不可能だった場合は引き返して砂漠ルートに切り替える予定だ。


これで出発準備がすべて整ったので、すぐに出発することにする。
本当はもっとしっかりテストと準備をしてから出発したかったんだけど、荷車やモカの場所の問題があったため、準備ができ次第出発することになった。
あまり詳しくは書きたくないけど、モロッコはご近所づきあいがかなりシビアな感じらしい。
飼っている犬や家畜が隣人によって毒殺された話はいくつか聞いた。

そんなわけで、準備がすべて整った次の日、朝4時半に起きてモカに大量の餌をやりに行く。
ちなみにモロッコは昼は暑すぎて、夜はもちろん暗すぎて移動できないから、早朝と夕方しか移動できない。

だから、明るくなったらすぐに出発することにして、餌を勢いよく食べるモカを見守る。

おれ「よっしゃ、頑張ろうぜ、モカ!!!」
モカ「…」モシャモシャ

ちなみに一日にモカが何km歩けるかわからなかった(散歩では最高3km/2時間)から、出発前のこのときは一日最高15km、平均でだいたい8km移動できればいいと考えていた。

次第に日が昇り、明るくなってくる。
たくさん食べたので1時間以上かかったが、朝6時頃にはモカの食事も終わっていた。

さぁ、気合い入れて出発だ!
まずはトドラ渓谷を超えて、山岳地帯へ!!!

かくしておれは、気性が荒く反抗的なモカと一緒に、モロッコ放浪の冒険を始めることになった。






おわり
74名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)21:34:28 ID:Qc7
打ちきりかよ
751◆jHsnWuH7MU :2016/07/29(金)21:37:50 ID:a1B()
>>74
いや、この先もまた書いていこうと思うんだけど、今まだ旅の途中だから内容が薄くなっちゃうんじゃないかなと思ってw

出発後に関しては数か月後に全部終わってからダイジェストで書いていったほうがいいよな?
76名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)21:41:14 ID:rG1
そっか無事を祈るぜ 冒険が終わったらまたここに遊びに来てや
77サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/29(金)22:29:17 ID:qoQ
おっ、山ルートを選んだんだな
モカにとっては賢明な選択かも
って、おおおおおおおい!
いきなり終わってんじゃねーーーーー
78名無しさん@おーぷん :2016/07/29(金)22:46:37 ID:fSL
マジキチ
79【凶】【1241円】【50】 :2016/07/29(金)22:53:40 ID:NJt
旅の様子を楽しみにしてたのに終わりとは・・・
しゃーない、気長に待つか
旅の無事を祈る
80名無しさん@おーぷん :2016/07/30(土)01:07:06 ID:Knn
続き楽しみにしてる!
あとフィリピン編も!
なんか自由を感じて力が出たよ!
無事に帰国してな!
81名無しさん@おーぷん :2016/07/30(土)01:08:35 ID:SGh
おもしれーからブログでやってくれ
82名無しさん@おーぷん :2016/07/30(土)02:23:51 ID:JjG
いつか出版できるんじゃないか、これ
831◆jHsnWuH7MU :2016/07/30(土)04:45:34 ID:ctR()
>>76
分かった!
読んでくれてありがとう!

>>77
やっぱり打ち切りみたいな印象になるのかw
書いてもいいんだけど更新数日おきになるからみんなイライラすると思うw

>>78
まちがいないwww

>>79
この時は一人と一頭だけど、今はもう少しにぎやかになってるw
すごく壮大な景色も多いから楽しみにしててくれw

>>80
ありがとう!
フィリピン編はまたいつか書く!
なんかそういってもらえるとおれも嬉しい!

>>81
忌憚なきフィードバックをできるだけたくさん集めるって目的があったりするから、ブログよりこっちのほうが都合がいいんだけど、冒険専用のHPも実は完成してるw
今は宣伝方法わかんないから休止中だけどwww

>>82
まじか!
出版とか冒険家らしくていいなw
84サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/30(土)07:53:17 ID:9RE
>>83
やってる事が事だからゆっくり進行でいいんじゃないか?
数日おきの更新でも楽しみにしてるから続けて欲しい
85名無しさん@おーぷん :2016/07/30(土)08:05:39 ID:U7X
これ、出版社に持って行けば
本にしたいって所も出て来るかもしれんぞ
861◆jHsnWuH7MU :2016/07/30(土)18:00:55 ID:ctR()
>>84
なるほど
ならちょいちょいこのスレに書いていこうかな

>>85
まじかw
帰国したらすぐ次の冒険の準備だからしばらくはそういう活動する時間なさそうだけど、もうちょっと余裕ができたらやってみるw
87名無しさん@おーぷん :2016/07/30(土)19:07:57 ID:lDH
すげーなこのスレ主
881◆jHsnWuH7MU :2016/07/30(土)23:21:21 ID:ctR()
>>87
だんだんできることが増えてきたんだぜw


とりあえず出発後の話を書く前に簡単に経歴を書くことにする。
スレを読んでく上で参考にしてくれ。
質問があれば答える。

2010年
行方不明になった友達を探しにフィリピンに行く。これまでの海外経験は高校の研修旅行のみ。これが海外や冒険に興味を持つ最初のきっかけになる。

2012~2013年
大学を休学し、国内外問わず転々として経験を積む。
海外ではスラム街に入り浸り、ヒッチハイクや野宿などを繰り返して友達を作り、危機管理能力を高める。また、護身用にフィリピンの杖術(素手でも使え、相手の武器を奪い取ることに秀でた武術)もかじる。
国内では歌舞伎町や難波、祇園で客引き系の仕事をして交渉スキルを磨く。プログラミングのスキルを身に着けたのもこの頃。

2014年
大学に復学。ジムに通い、護身用にキックボクシングを始める。毎週5日~6日、3時間ほどひたすらサンドバッグを叩く。グローブとバンテージをつけていたが、手に一生ものの傷ができた。
空いた時間を利用して国内外の様々な場所へ行き、離島でサバイバルをしたり、地下水路をビニールボートで下ったりする。

2015年
大学を卒業。ラクダと一緒に旅をしようとするが、イスラム国の影響で砂漠が厳戒態勢であったため、ラクダの遊牧に切り替える。(前スレ参照)
海外ボランティアの一員として、2か月ほど訓練を受ける。内容は発展途上国で生き抜くために必要な教養やビジネス英語、サバイバル訓練や感染症への予防接種などだった。
本来はコンピュータ教師としてオセアニアの島国に派遣される予定であったが、もろもろの事情により派遣されることはなかった。

2016年
カメルーンの熱帯雨林の中でピグミー族と共に自給自足のサバイバル生活をする。基本的な食べ物はキャッサバで、たまに森でとれたネズミの肉や蜂蜜などが食べられた。飲み物は泥水しかなかった。(前スレ参照)

荷車を引いたロバと一緒に放浪の旅がしたいと考え、モロッコで実行に移す。
現在は第一の目的地であるイミルシルに滞在中で、天候などの条件が良ければ明日出発する予定。
89サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/31(日)00:14:39 ID:mFj
>>88
お腹が痛いwww
お前さんは愛すべき馬鹿だ
90【吉】【3751円】【26】 :2016/07/31(日)00:21:46 ID:4RQ
すごい行動力だなw
91名無しさん@おーぷん :2016/07/31(日)00:22:53 ID:bVe
モロッコでロバと旅とかうせやろお前
92サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/07/31(日)00:24:56 ID:mFj
つかさ、クレイジージャーニーで取り上げられてもいいレベルの事だよな
リアルタイムで接せられて嬉しいわ
931◆jHsnWuH7MU :2016/07/31(日)06:46:27 ID:8Al()
>>89
バカだけど愛してもらえて嬉しいぜwww

>>90
人生一回きりだから走れるだけ走ってみようって感じだ!

>>91
ほんとなんだよなぁwww
RPG気分で予想以上に楽しいwww
頭ん中お花畑の25歳なんだぜ!

>>92
その単語前のスレでも聞いたな
テレビ番組?
94サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/08/01(月)19:53:36 ID:bNq
>>93
そうそう、ダウンタウンのまっちゃんがやってるちょいとぶっ飛んだ旅番組
95名無しさん@おーぷん :2016/08/01(月)20:26:38 ID:oq8
1が過激派に○されますように
    _____
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |
  |        |  ///;ト,  
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l; 
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |  
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|    
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ  
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   / .|
96名無しさん@おーぷん :2016/08/01(月)20:31:09 ID:3LQ
>>95
まだ生きてたのかアスペ
97名無しさん@おーぷん :2016/08/01(月)20:34:24 ID:7mX
なんだこのスレ主
釣りじゃなかったらすごく壮大だな
98名無しさん@おーぷん :2016/08/01(月)20:47:53 ID:oq8
>>96
は?
991◆jHsnWuH7MU :2016/08/04(木)05:06:10 ID:xIK()
>>97
壮大か…
やってる側からするとあんまり分からないけど、壮大な事をやってるのかもしれないw

出発後の話も少しずつ書いていこうと思う

まずはトドラ渓谷!
ここを越えてから、モロッコで最も標高が高い位置にある村だと言われているアグダルを経て最初の目的地、イミルシル(標高が高いので涼しくて緑豊かなためモカにとって最高の土地)に向かう

さて、実際、歩き始めるとかなりスムーズだった
緩やかな坂道もいくつかあったんだけど、モカはものともせず、むしろ登り坂になると小走りになった

想像以上のタフさだ

結果、なんと午前中に22km(事前の予想では一日最高15kmの予定だった)も歩いて隣のの村まで行くことができた
まだまだいけそうだったけど、初日だったのと無料のキャンプスペースのあるホテルがあったのでそこで泊まることにした

途中、警察に質問されたけど、想定していたような賄賂の要求やロバの差し押さえなどは一切なく、フレンドリーな雰囲気で旅の予定などを質問されただけだった

さて、その夕方、おれはモカに十分な餌をやるために散歩をさせていた
餌もやり終わり帰ろうと歩いていると、モカがいきなり座り込み、軽く腰を動かし出した

砂浴び以外でモカが座る姿は始めてみたので、何が起こるか全く分からなかった
その後、すぐにモカは立ち上がったが、地面が濡れていて、モカの下腹部辺りから斜め下にそそりたつモノから滴る半透明の液体が、モカが今何をしていたか雄弁に物語っていた…

おれ「いや、お前何やってんだよ…」

多分、今日はモカにとって新しいことだらけだったから興奮して感極まったんだろうと思う

その日はそのままホテル前のキャンプスペースで野宿した




100名無しさん@おーぷん :2016/08/04(木)05:11:38 ID:zdQ
こんな映画か小説みたいな生活してる日本人がいることに驚いた
その気になればやれない事なんてないんだなあ
101名無しさん@おーぷん :2016/08/04(木)05:15:24 ID:aKp
>>99
モカワロタwww
102サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/08/04(木)14:39:09 ID:13L
モカwwwww
一種のマーキングのような意味もあるんだろうか?
103名無しさん@おーぷん :2016/08/04(木)14:42:37 ID:dbC
もう情熱大陸出ろよwwwww
104名無しさん@おーぷん :2016/08/04(木)15:10:08 ID:RLu
モカ可愛い(*´∇`*)

自分もそういうの憧れてたけどアレルギー体質でおまけにすぐ腹壊すから諦めた

今は自分の汗でさえ発疹ができるほどダメになってきてる
俺は何歳までいきられるんだろう?
105【超大吉】【599円】【61】 :2016/08/04(木)17:25:08 ID:hx4
○カオナwww
106名無しさん@おーぷん :2016/08/06(土)23:38:43 ID:GEV
情熱大陸に上陸しそう



1071◆jHsnWuH7MU :2016/08/07(日)06:37:25 ID:cex()
>>100
そうそう、自分の人生は自分が主役だからな!

>>101
とりあえずモカが若いってことはわかったwww

>>102
どうなんだろう、でも特になわばり意識とかなさそうな感じなんだけどねw

>>103
www

>>104
まじか、ハードモードだな…

>>105
テレビ用の冒険じゃないから失敗することやうまく行かないことが多いんだけどねw


つづき
次の日

朝5時に起きて餌をやる
この頃には荷車の着脱もかなり慣れてきて、モカを引きながら何かほかのことをする余裕が出てきた

この日起こったことで特筆すべきなのはランニングだ

モカが興奮するタイミングに合わせて走るとモカも一緒に走ってくれるため、どちらが先に走れなくなって歩きだすか、勝負することができる
平坦な道だと基本的にモカに軍配があがるが、登り坂だとさすがに荷車のハンデがあるためおれが勝つ

モカは、早くも旅への慣れが出始めていて、他のロバや馬と会ったときもこれまでほど騒がなくなった
今までは、オスなら喧嘩をしにいき、メスならセックスを申し込むといった感じだったんだけど、今日は軽く眺めるだけの時もあった

夕方、寝る場所が見つからず、通行人に安全だと教えてもらった丘の上に行こうとしたんだけど、道が途切れていて、大きな石がごろごろしている砂利の登り坂を通らなければたどり着けなかった
荷車を引いているモカにとってはかなりしんどい道に感じられた

丘の上に行かずに下で寝ると鉄砲水の危険があるらしい

辺りはどんどん暗くなり、もう他の場所を探すのは不可能に思われた

おれ「モカ!頑張れるか!」
そう声をかけて手綱を引くとモカはゆっくりと歩き出したが、登り坂に差し掛かると完全に動きを止め、いくら声をかけても手綱を引いても動かなくなった
「いやさすがにこれは無理w」
モカがそう言っているように思えたので、手綱を離しておれが後ろから押す
荷車を押しながらモカに進むよう指示を出すと、ようやくモカが動きだし、その後、時間はかかったが(おれが力を緩めるとずるずると荷車が坂道を下ってしまう)なんとか丘の上まで荷車を運ぶことが出来た

その日は満天の星空のもと、その丘の上で野宿することにした



108名無しさん@おーぷん :2016/08/07(日)06:45:08 ID:tjh
>
>>63
109名無しさん@おーぷん :2016/08/07(日)06:48:51 ID:tjh
>>107

>>63で書き込んだ奴だけど
ずっと楽しみに読んでるよ。
そして山奥で少数民族と暮らしたスレも、研修でモメたスレも読ませてもらった。
どれも面白かったし研修のスレなんかはちょっと考えさせられた。ワイが読んだのは尻切れで残念だったけど。

怪我や病気に気を付けて楽しんでくれ。
更新&他エピソードスレ待ってるから無事帰ってきてくれよな。

ミスカキコすまん
110名無しさん@おーぷん :2016/08/07(日)07:06:35 ID:2Vq
25才って俺と同い年か・・・
世界は広いな
111サテンドール,◆s0.5DG7lIsK8 :2016/08/08(月)22:18:54 ID:104
>>107
凄い景色だな
ここをラクダが一緒とは言え一人旅しろと言われたら俺には無理だ
これからも楽しみにしてる
1121◆jHsnWuH7MU :2016/08/10(水)21:24:42 ID:LVi()
>>109
研修のスレまで読んでくれたのか、ありがとう!
これからも安全に気を付けて楽しむよ

>>110
流れに任せてたらこんな人生になったwww

>>111
そうそう、超壮大www
ちなみに無理っていうのは大変そうだから?
おれからすればどんな理由か気になるから気が向いたら書き込んでくれw

つづき
次の日

朝起きてモカに餌をやる

寒すぎる
昼は暑すぎるのに朝は寒すぎる

この日、午前中に通った道は全て登り坂だった
モカが時々しんどそうにするため、こまめに休憩と水分補給をさせながら、時には少し荷車を引くのを手伝ったりもした
そのかいもあって、昼までにかなり高いところまで登ったので、真昼でもそこまで暑さを感じなかった

そういえば昨日のこともあってか、モカとの関係がかなり前進したように感じる
基本的に縄を持たなくても道草を食わずに進み、また、機嫌が悪くない限りは止まれ、進めなどの命令を音で判断して行動してくれた




そして、日が沈む頃、ついにモロッコで最も標高が高い位置にある村であるアグダルにたどり着いた

この村はRPG風に言うとペガサスとかで移動する天空都市的なポジションだとおれは勝手に思っていたんだけど、そのイメージはあながち間違っていなかった
これまでの村とは比較にならないほどたくさんの馬とロバがいて、村の人々はかなり多くがロバや馬に乗って移動していた
家族単位で暮らしている遊牧民の人々以外でこれほど密接に動物と共存している人々を見たのは初めてだった

馬やロバの暮らしやすい気候と、人々にとって移動の難しい山岳地域の地形の条件が合わさったことによって、この村はこんな状態になっているんだろうと思った

そして村についたとたん、たくさんの人がよく来たと言ったり、質問攻めをしたりした
おれが来ることは村全体に知れ渡っていたらしい
ここは観光地化もされていないし、外国人が来ることはほとんどないから、「ロバを連れた外国人が村に来る」なんてのはかなり珍しいことだったんだと思う
モカの餌を分けてくれる人も何人かいたため、瞬く間にモカの前にはご馳走が並んだ
おれもモカに岩塩とメロンを半玉あげた




モカ、お疲れさま


その日は村長の提案で村の外れのサッカーコートの中で野宿することになった
おれもモカも疲労困憊だったため、寝る場所が早く見つかったのは正直かなり助かった
113名無しさん@おーぷん :2016/08/11(木)06:13:38 ID:Poo
標高 何mくらい?
1141◆jHsnWuH7MU :2016/08/13(土)05:10:23 ID:3PC()
>>113
アグダルはだいたい2400mくらいだ
「最も高いところにある村」じゃなくて最高地点だったらもっと高いんだろうけど、モロッコ自体そんなに起伏の激しい地形の国じゃないからそんなに変わらないかも


つづき
さて、あと少しでとうとう第一の目的地、イミルシルに到着する

ちなみに今のところ目的地は全部で5つあって、湖がある山岳地域のイミルシル、モロッコ一大きい樹があるアズロウの森、世界最大の迷宮都市フェズ、町全体が青と白の町シャウエン、そして交易で栄えた港町タンジェだ

この日はモカの集中力が切れているようだった

そしてこれまで書いてこなかったけど、出発して以来毎日雨が降っている

基本的に日本の雨みたいに何時間も降り続く訳ではないけど、モロッコは今雨季なので30分から1時間ほど毎日雨が降る
この日の雨は特に強くて長く、2時間ほど降り続いた
35kmの道のりを、雨に濡れながら、また、ずぶ濡れになっているところでトラック運転手のおじさんに壊れた上着を恵んでもらったりもしながら突き進む
途中、羊やロバ達がたくさんいる放牧地帯があったのでモカを行かせてみたが、他の雄ロバと蹴り合いの喧嘩になったのですぐに引き返させた




そして辺りが薄暗くなる頃、ようやくおれとモカはイミルシルにたどり着いた!
イミルシルはそれなりに発展している村で小さいながら鉄鍛冶屋などもあるので、装備の補充と荷車等の改善、そしておれとモカの休養を兼ねて1週間ほど滞在する予定だ

さて、ここまでの4日間で、今回の冒険をさらに充実したものにするためにおれは1つ思っていたことがあった


「卵食いてぇ…」

おれは超がつくほどの卵好きで、卵を使った料理はだいたい好物だ
卵かけご飯を醤油をかけずに味わう方が好きという程度には卵が好きだ

でも移動しながらだと卵の入手自体が困難だし、どこかで大量に買いだめしたとしても運んでいる間に割れるリスクと鮮度の問題がある

より充実した生活を送るためには定期的に鮮度のいい卵を得ることが必要だった

というわけでこれからおれがやった新鮮な卵の入手方法を書いていこうと思う

①まずはその辺の木材と金網を用意します
(ごめん、この辺の写真全然撮ってなかったw)



115名無しさん@おーぷん :2016/08/13(土)05:31:41 ID:UUY
言語はどうなんですか!
話せるんですか!通訳ですか!
116名無しさん@おーぷん :2016/08/13(土)05:36:07 ID:1d4
ここ見てるとなんか他のスレでネトウヨだのパヨクだのやってるのが虚しくなってくるなw
117名無しさん@おーぷん :2016/08/13(土)05:37:56 ID:UUY
私もこういう村や町を目指して歩いたり海を目指してあるいたりドラクエのようなものに憧れています!
おすすめの地はありますか!!
118名無しさん@おーぷん :2016/08/13(土)05:43:48 ID:NHZ
なにこの>>1すごい
120名無しさん@おーぷん :2016/08/13(土)06:14:18 ID:UUY
友人やお供をつれるとトラブルが起きそうですね!
一人がやはりよいのですか!
1211◆jHsnWuH7MU :2016/08/15(月)16:37:27 ID:8AM()
>>115
モロッコで使える言語に関して言うと、今おれは英語とフランス語が話せて、簡単な会話ならスペイン語と正則アラビア語、モロッコ語で出来るって感じだけど、それでも道中出会う遊牧民の言葉は全然分からないし、挨拶以外はジェスチャーになることも多いから苦労してるwww

>>117
おすすめかぁ
おれ自身十数ヵ国しか行ったことないからなぁ…
でも、賄賂とか強盗殺人が横行してない比較的田舎の国または地方なら楽しめるんじゃないかな?
ベタだけどスペインの聖地巡礼とかなら情報もたくさんあるから安全に楽しめると思う
おれの友達も何人かやってたし
アクセントが欲しいなら今回のおれみたいにロバ連れていくとか、何かしらのクエストを課してみるとかやってみたらもっと面白いかもしれないし、きっとそこからいろいろ見えてくると思うよ!
応援してるから頑張れ!

>>119
日本で働いてるとどうしても物理的にも精神的にも身動きとれなくなりがちだけど、人生楽しんだもん勝ちなんだぜ!

>>120
うん、いくら仲良くても一緒に旅するとちょっとした価値観の違いでお互い我慢の連続になるかもしれないし、何よりおれに同行してくれた人が危険な目にあったときに責任とれないからおれは通訳含めて誰も同行させないことにしてる
よっぽど危険の少ない旅か、もしくはおれが誰かを守れるくらい技術と経験を得て強くなって余裕が出来てからなら友達と旅するのもきっと楽しいだろうなぁ

つづき
②木材と金網を加工して余った布なんかも使って箱を作り、荷車に設置します




あとは市場の肉コーナーもしくは近隣の村人から必要なものを入手して作成した箱に入れれば終了だ

…うん、移動しながらにわとり飼おうと思ってるwww

そしてにわとりのエサを買いに出掛けようとしたとき、おれは荷車の下に何かがいるのに気づいた

おれ「何やってんだよ…」




その子猫はおれが眺めているのに気付くと顔を上げ、物欲しそうな顔でにゃあとないた
がりがりに痩せていたし、かなり弱っているみたいだ
おれ「いやいや、おれ猫のエサとか何も持ってないって」
えぇと、おれが持っているのは小麦粉とパスタの乾麺、モカにやるための干し草と水、あとは非常用の鰯の缶詰めぐらいか

…うん、子猫にやれそうなもんあるなw

缶詰めをあげると子猫は勢いよく舐め始めた
やっぱりおなかが減っていたんだろう



おれ「よし、でもおれ今からにわとり飼うからお前に毎日エサをやったりは出来ないから、ごめんな。強く生きるんだぞ!」

そう言い残して、おれはとりあえずにわとりのエサを買いに出掛けた

帰宅
買ってきたエサはこんな感じだ



122名無しさん@おーぷん :2016/08/15(月)16:49:10 ID:vJF
やっぱすごいヤツっているもんだな
123冒頓単于◆XuHlfjDjx0ab :2016/08/15(月)16:50:42 ID:FBb
おーぷんには、たまーにこういうブッ飛んだ行動力のある奴がいる
124名無しさん@おーぷん :2016/08/15(月)17:19:36 ID:dpd
かなり順調な感じだな
125名無しさん@おーぷん :2016/08/15(月)17:27:08 ID:VMH
「トルネコの大冒険」をリアルにしたらこんな感じなんだろうなぁって読ませて貰ってるわ

マジでスゲェ野郎だよお前さんは
126名無しさん@おーぷん :2016/08/15(月)17:45:08 ID:kCG
神スレだな
127名無しさん@おーぷん :2016/08/15(月)17:46:37 ID:mNd
こんな行動力のある人間になりたい
128【超大吉】【8万80円】【77】 :2016/08/15(月)21:30:33 ID:5iW
ニワトリの餌にみえないがw
1291◆jHsnWuH7MU :2016/08/18(木)16:52:23 ID:kav()
>>124
うん、ほんと今回の冒険ではいい意味で予想が外れてばかりだw

>>125
おれも剣と盾もってモンスター倒したいなぁ
今のところ戦闘要素は興奮した野犬に囲まれた時ぐらいかなw
基本野原で(モカが夜間好きなときに食べ物を食べられるように)野宿だから野犬によく囲まれるっていうねw

>>126
マジかw
でも面白くなるのこっからなんだぜ?w

>>127
どちらかというとこれまでの人生がしんどすぎたから吹っ切れてやりたい放題やってる感じだからおすすめしないw

>>128
もう頭ん中子猫のことしかなかったわwww


つづき

買ってきたエサを子猫のところに持っていく
にわとり小屋は作ってしまったけど、にわとりに関してはひとまず保留だ

おれ「おい『ラテ』!とりあえずやっぱりあと数日は滞在するから、しばらくは面倒みてやれるからな!」

この子猫、毛色がカフェラテっぽいな…
そう思ったので、連れていくつもりはなかったがこの子猫の名前は『ラテ』に決定した




それからというものラテは荷車の下に住み着き、おれにもよくなついた
ラテは呼んでもいないのにおれの膝に乗ってきて昼寝を始め、おれが撫でると気持ち良さそうに喉を鳴らした




そんな風にラテと触れ合っていたら、おれもラテのことが好きになったけど、それでもまだおれはラテを連れていくべきではないと思っていた
小さく弱い彼を遠く離れた港町までの旅に付き合わせてしまうのはおれのエゴで、彼を危険に晒すことになるし、ネコにはそれなりに複雑なネコ社会があるんだから周りの野良猫達との関係を考えてもここに留まらせるべきだと考えたからだ

でもそう考える一方で、ここに留まらせる方が危険なんじゃないか、実際初めて会ったときは弱ってたじゃないか、おれがいなくなったらこの子猫はどこから食べ物を調達するんだ、という思いもあっておれはかなり悩んでいた




そして数日が過ぎたある日のこと、いつものように荷車の近くでラテを撫でていると、荷車の停めてある場所の近くの家に住んでいるおっさんが話しかけてきた

おっさん「あんた、良かったらその子猫連れて行ってくれないか?
おれの妻はネコアレルギーでな、少しでもこの辺りの猫が減ってくれるとありがたいんだが」
130名無しさん@おーぷん :2016/08/18(木)16:58:43 ID:vUS
マジで冒険になってきたねw
パーティーが増えるのか?

でも先の先まで考えると難しいね
ま、考えてもどうなるか分からないよね
良くなる可能性も含めて
131名無しさん@おーぷん :2016/08/19(金)19:43:17 ID:Hff
ラテ可愛いのお
132名無しさん@おーぷん :2016/08/19(金)20:48:58 ID:0Uf
日本に足りないのは>>1のようなネジのぶっ飛んだ人間だと思う
133【ぴょん吉】【1426円】【90】 :2016/08/20(土)00:26:51 ID:kLh
ロバ、ネコ、ニワトリ
あと犬がいれば音楽隊だな
1341◆jHsnWuH7MU :2016/08/21(日)06:41:58 ID:VU0()
>>130
そうなんだよなぁ
モカにしたって、連れてきて正解だったかどうかなんて一生分からないしね
だからこそせめてできる限りいい暮らしをさせてやりたいと思ってる

>>131
遊びがエスカレートした結果爪たてて襲いかかってくる時もあるけど、それも含めてめっちゃかわいいんだぜ!

>>132
マジかよw
やりたいことやってるだけなんだけどなw

>>133
www


つづき
ちなみにこのおっさんもおっさんの奥さんも顔見知りだ
だからアレルギーの話は本当だろうけど、ラテを連れていくか迷ってるおれを見かねて背中押してくれたんだと思う

だからおれはこの時、ラテを連れていく決意をした
幸せにできるとは限らないし、おれのミスで病気やケガなどをさせてしまい深刻な事態に陥る可能性もあるけど、こうして出会って仲良くなったことは人と人の出会いと同じく尊いことなんだ、大切にしたい

そう思った

そして、ラテを連れていくならこの町でにわとりを買うのはやめようと思った
というのは一気に仲間が増えると手が回らなくなり、それぞれの動物のケアがおろそかになるだろうと思ったからだ


そんなわけでにわとり小屋は荷物庫にしまい、ラテ用に新しく段ボールと金網とガムテープを使って家を作った
とりあえず移動中は道路にでると危ないからこの中に入ってもらって、昼の休憩中と夜は出して自由にさせてやろうと思っていた

段ボールにラテを入れるとラテは外に出たそうに動き回り、悲しげに鳴いていた
いくらおれになついているといっても当たり前の反応だ
この時めちゃくちゃ心が痛んだけど、次の休憩ですぐ出してやるし、最初だけの一時的なものだろうと割りきっておれは出発の準備を進めた

さあ、次の目的地、モロッコ一巨大な木があることと猿が多いことで有名なアズロウの森に向けて出発だ!

…と、はりきって出発したんだけど、この日はこれまでにないほどモカが不機嫌でよく鳴き、暴れた

最後にモカが荷車を引いたときから1週間くらい経っていたから、久しぶりの労働で不機嫌なんだろうと思った

なんとかモカをなだめながら歩いた
いつもなら1時間で歩けるはずの3kmの距離を2時間弱かかりながらも歩いた
それでもモカの機嫌は直らず、おれはモカをなだめるのにかなり神経を使っていた

モカは不機嫌ながらもおれが意図した方向に進んでくれていたので、おれとモカのコミュニケーションに関しては及第点だろう

さっきまで聞こえていたラテの鳴き声が段ボールから聞こえなくなっていることには気付けなかったが



137名無しさん@おーぷん :2016/08/21(日)08:55:47 ID:WAA
猫かわいすぎ。
スゲー旅をしとるな。
1381◆jHsnWuH7MU :2016/08/21(日)20:54:56 ID:VU0()
>>135,>>136
ありがとうございます
旅っていいですね!
おれは動物が好きでこれからもいろんなことをやっていこうと考えているので感想や意見などいただけたらありがたいです
てか密入国とか何者なんですかw

>>137
ラテ、かわいいんだけど、なぁ…


つづき
ラテの鳴き声が聞こえなくなっているのに気付いたのは4kmほど歩いたときだった

いやな予感しかしない

荷車の中の段ボールの箱を確認してみる
空っぽだ
ラテは途中で荷車から降りてどこかへいってしまったらしい

車道から少し外れたところに川はあったが、この辺りにラテがエサを食べられそうな場所はない
もし3km離れた場所にあるイミルシルの町までたどり着ければなんとか生きていけるだろうが、これなら連れていかない方がマシだった

連れていくなら絶対に荷車から降りられないようにするべきだったんだ

今更後悔しても遅い

引き返してラテがいそうな場所を一通り探してみたけど、ラテを見つけることは出来なかった
ラテが元の場所に戻って来る可能性にかけてみようと思い、おれは元いた場所に戻り、そこでラテを待つことにした


でも、次の日になっても、その次の日になっても、ラテがその場所に戻ってくることはなかった
139名無しさん@おーぷん :2016/08/21(日)23:54:34 ID:kyq
ラテ
140名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)00:18:42 ID:3jS
ラテ…
1411◆jHsnWuH7MU :2016/08/22(月)04:31:03 ID:xxM()
>>139,>>140
段ボールと金網はひもで固定してたんだけど、まさかあの小さい隙間から外に出られるとは思わなかった
完全におれの考えが甘かった
142名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)04:33:29 ID:R3N
あああ…

猫はいぬと違って人につくより場所につくから
知らない環境は怖かったんだろうな…

イッチとの付き合いが長ければまた少し違ったかもだが…

悪く考えても仕方ないからこの先の展開が明るい事を望むよ
144忍法帖【Lv=1,ほうおう,hLG】 :2016/08/22(月)06:50:08 ID:Jp6
ラテ...
145名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)13:59:57 ID:u3B
荒野で瞑想し神を感じるんだ
146名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)20:14:54 ID:u3B
ラクダは出てくるが他のスレがわからん
貼ってくれ
147名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)20:16:19 ID:7Gz
突然の再会を祈る
148名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)20:22:19 ID:rpN
>>146
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1464874060/

アフリカの熱帯雨林でピグミー族と一緒に自給自足生活することになったバカだけど
149名無しさん@おーぷん :2016/08/22(月)21:38:23 ID:u3B
>>148
ありがとう!
これも面白いな
152名無しさん@おーぷん :2016/08/23(火)11:44:58 ID:YEX
ラテよおおお
どっかで幸せに…

>>151
自スレ立ててどうぞ
153名無しさん@おーぷん :2016/08/23(火)15:10:56 ID:QEL
ほしゅ
154名無しさん@おーぷん :2016/08/23(火)15:13:11 ID:xY4
いつの間に次スレいったの?
155サテンドール◆s0.5DG7lIsK8 :2016/08/23(火)19:24:17 ID:87T
久しぶりに覗いたらぼちぼち進んでるみたい!
読み返してからレスするぜー!
楽しみ
1571◆jHsnWuH7MU :2016/08/26(金)17:06:09 ID:WPJ()
>>142
ほんと、>>142さんのいう通り、もうちょっと時間をかけてラテとの信頼関係を築いていればあんなことにはならなかったと思う

>>143,>>151
いろいろと旅をされていたんですね
機会があれば是非、これまでの旅のお話を聞かせてください!

>>144
ほんと、おれがバカだった

>>145
何かのセリフ?

>>147
ありがとう

>>152
ありがとう
おれもラテの幸せを願ってる

>>154
ごめん、流れでそのまま続けることになったw

>>155
ありがとう!


つづき
いくら待ってもラテは来ない
すごく悲しいが、残念ながらラテとは縁がなかったと割りきることにした

その場合、本来飼うはずだったにわとりがいれば気が紛れるんじゃないかと思い、近隣の村人からにわとりを2羽購入することにした




名前はこの町を出てからじっくり考えて決める予定だ
両方ともメスなのは間違いなさそうだったが、次の日の朝になっても彼女らは卵を産まなかった
元飼い主が。白い方は下痢なので今日卵を産むのは難しそうだが黒い方は朝卵を産むだろうと言っていたので期待してたんだけどだめだったみたいだ

でもまぁ、二人とも毎日産む必要はないし、定期的に卵が少し手に入れば十分だと割りきって出発することにした

さぁ、出発だ

昼頃になっても未だに卵を産んでくれないにわとりたちを連れて、ラテのいないキャラバンは次の目的地、アズロウの森の大樹に向けて出発した
158名無しさん@おーぷん :2016/08/26(金)17:10:08 ID:4MI
おおお!待ってた!
気を落とさずにがんばれ!
159名無しさん@おーぷん :2016/08/26(金)17:37:40 ID:IGv
ニワトリのターン!
1611◆jHsnWuH7MU :2016/08/27(土)00:51:12 ID:RWL()
>>158
ありがとう!
頑張る!

>>159
このあと起こった出来事のせいでにわとりのターン一瞬で終わるんだよなぁ…w

>>160
南極以外の全世界じゃないですか…
特に中南米とかおれはまだ行ったことがないのですごく羨ましいです!

そう、できるだけ自然に過ごしてほしいと思ってるので昼間休む時とかは足にヒモだけつけて外に放してますね


つづき
今日はおとなしいモカと共に出発してから2kmほど歩いたときのこと

この町ではうまくいかないことばっかりだったなぁ、せめてにわとりたちが卵産んでくれたらなぁ…

そんなことを考えながらふと振り返ると、にわとり小屋の中に白くて丸いものが見えた




卵産んだ!
位置的におそらく黒い方のにわとりが産んだようだ

やった!
今日は卵かけごはんにしよう!(小さいガスタンクを荷車に積んでいるので火はいつでも使えるのと、米も荷車に積んでいるので可能だ)

なんてことを考えながら卵を回収し、少し上機嫌になったその20分後のこと

町から3kmくらい離れた地点でのこと

はぁ、でもラテにはほんと酷いことをしてしまったなぁ…
連れていくか元いた場所に戻すかは置いとくとしてもせめてもう一度ラテと会いたいなぁ…

そんなことを考えながら寂れたガソリンスタンドの横を通りすぎたとき、おれは白と茶色の小さな何かを視界の端に捉えた

見逃す訳がない


見逃して、たまるか
162名無しさん@おーぷん :2016/08/27(土)00:55:55 ID:67F
うおおおおおおおおお
163名無しさん@おーぷん :2016/08/27(土)01:55:29 ID:foK
ラテ、ワンチャンあった(゚∀゚)?

てか、サルモネラ大丈夫かいな
165名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)17:46:45 ID:AtJ
くしくし、へけっ!
1661◆jHsnWuH7MU :2016/08/28(日)18:37:00 ID:jvA()
>>162
うおおおお!!!
>>163
距離はかなり遠かったけど、なぜかこの時は確信があったんだよなぁ
カメルーンで暮らしてた時もさんざん卵かけごはん食べてたけどなんともなかったw
ていうかパンしか食べてなくて栄養不足で時間もない時とか、道中水は貴重だからにわとり小屋とか素手で掃除した後手を洗うこともなく生卵を手に乗せてそのまま食べることも多いけど、多分サルモネラよりおれの手のひらの方がヤバイwww
>>164
「何か」って書いてるけどこの時点で確信あったw
>>165
お前じゃねーよw
お前なんかラテの栄養になってしまえwww

つづき
ガソリンスタンドの端を歩く白と茶色の小さな何か―子猫を見つけたときはかなり距離があったけど、おれには確信があった
モカの手綱を急いで柱に縛り付け、鰯の缶詰を握りしめて子猫に走り寄る
子猫は最初少し驚いた様子だったがしばらく躊躇った後、ゆっくりおれの方に歩み寄ってきた
あぁ、間違いない
缶詰を開けるとラテはすごい勢いで食べ始めた
ガソリンスタンドに猫の食べ物なんてないし、お腹が減っていたようだ




ガソリンスタンドの店員「中国人、あんた、優しいんだな!その猫、昨日からここに顔を出すようになったんだ」
おれ「おれは日本人だ。TOYOTAとかMITSUBISHIとかの。この猫、おれの友達なんだ。向こうはどう思ってるか分かんないけど。」
ガソリンスタンドの店員「そうかそうか。で、その猫どうするんだ?連れてくのか?」
さて。

①キャラバンに加えて連れていく
②3km引き返して元いた場所に戻してやる
③食べ物が豊富にありそうなイミルシルの中心街に置いてくる
④このままガソリンスタンドに放置

まず④は論外だ
食べるものがないし、死んでしまう
②、3km、モカの足だと1時間かかる距離を引き返して置いてこようか
わざわざ猫アレルギーの奥さんがいる家の前に?
嫌がらせじゃないのか、それ
そもそもあそこはあまり食べ物も豊富じゃないようだったし
③、町の中心街、食べ物が豊富そうだったけどそれと同時に猫同士の競争も激しそうだった
こんな小さな猫の入る余地なんてあるのか?
虐められてケガが治せずに死ぬのがおちじゃないのか?
でも危険度で言えば①だって十分危険だ
どちらが安全かなんて今の時点で結論は出せない
いくら考えても結論は出なかった
その結果、おれが選んだのは「保留」という結論だ
とりあえず連れていって、もしラテが荷車やキャラバンでの生活に慣れず、おれにもなつかなかった場合はその時点でどこか安全そうな小さな村で下ろしてやることにした
ヒモで首輪を作ってラテの首につけ(首輪と首の間におれの指が2本入るだけのゆとりがあるかどうかは毎日確認している)、荷車に結んでおくことにした
また、首吊りみたいな状態にならないようにヒモの長さを調整して荷車も少し改造した

かくして、最後まで連れていくかどうかはまだ保留ではあるものの、ラテがキャラバンに加わることになった



167名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)18:41:53 ID:db7
良かったぜ ラテ
168名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)18:57:40 ID:mSD
ラテかわいいいいい
良かったなぁ
170名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)19:25:02 ID:ojm
このスレ立ては初?
モロッコの言葉がなんなのか知らんが喋れるの?
171名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)19:36:09 ID:ojm
すまんかいてあったな
172名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)19:38:26 ID:ojm
スラム街ってアメリカのか?
よく無事に帰ってこれたな
何もトラブルは起こらなかったのか
1731◆jHsnWuH7MU :2016/09/01(木)17:19:48 ID:crd()
>>167
いなくなったのおれのせいだけどほんと見つかって良かった…
>>168
ほんと超かわいい!
保護できて良かった
>>169
現実は上手くいかないことばっかりだけど、それでもときどき想像を超えるような奇妙なことも起こりますよねw
ラテには少しでも幸せになって欲しいです
>>172
アメリカはNYとラスベガスで野宿したことがあるけどスラムではないな
スラムに出入りしてたのはインドネシアとかフィリピンとか

問題…
夜中酔っぱらいにガラス瓶の破片突き付けられたり、若者に囲まれて金だしなよって言われたりとかはあるけど実際に怪我したり金払ったりしたことはないし問題と言える程のことじゃないな
そういう人たちってだいたい暇をもて余してるだけだからオープンマインドな感じで話してれば普通に友達になれるし、友達になってからはもちろん金払えとか言われないし
普段からみすぼらしい格好をするのはもちろん、野宿の際の寝る場所とか情報収集の相手、頼み事をする相手なんかは常に状況に応じて選んでるし、盗難もされないようにオレなりに工夫してるから未だに何らかの損害を被ったことがないな

つづき
にわとりが卵を産んでくれたことと、ラテに再開できたこと
素晴らしいことが立て続けに起こって満足したのと、一気にキャラバンのメンバーが増えたので世話がかなり大変になるだろうと思ったので、今日はこれ以上歩くのはやめてイミルシルの湖のほとりで野宿することにした

さて、まずはにわとりたちの名前を考えよう
黒くて少し小さめのにわとりと、白と茶色の比較的大きいにわとり
モカ、ラテ、ときたのでもう今回のキャラバンメンバーはコーヒー関連の名前にしようと思った

…というわけで、命名

ブラック(奥、黒い方)、カプチーノ(手前、白と茶色の方)




よし、これからも卵を頼んだ!
ブラック、カプチーノ!

ふとモカの方を見ると、湖に住み着いているであろうロバと仲良く食事をしていた




湖には3頭ほどロバがいたんだけど、野良ロバという訳ではなく彼らにはちゃんと飼い主がいる
運ばせる荷物もなければ買い手も見つからないので維持費節約のために湖で放置、といったところだ
この状態のロバはモロッコで最も自由なんじゃないかと思う
のんびり自由に歩き回るロバたちを尻目におれは夕食の準備を始めた

そしてこの日の晩ごはんはおれお待ちかね、卵かけご飯!!!



くっそうまいwww

明日から忙しくなるなぁ、気を引き締めていこう、それにしてもラテかわいいなぁ
そんなことを考えながら就寝
174名無しさん@おーぷん :2016/09/01(木)17:59:04 ID:hDn
卵かけご飯なんて海外じゃ贅沢だもんねー
177マーテル◆SSSSSSSSOOEh :2016/09/02(金)07:10:04 ID:OjJ
なんだか椎名誠的?楽し気だわ?
178名無しさん@おーぷん :2016/09/02(金)07:29:52 ID:ubD
憧れるわ
179名無しさん@おーぷん :2016/09/02(金)07:45:15 ID:tg3
国内旅行ですら偏頭痛や蕁麻疹になる俺には到底真似できない。
羨ましい。
モカもラテも可愛いね。
因みに猫もアレルギーで触れないんだけどねw
180名無しさん@おーぷん :2016/09/06(火)04:53:07 ID:31y
ここんとこレスないな…イッチ無事かな?
1821◆jHsnWuH7MU :2016/09/06(火)22:02:38 ID:hFc()
>>174
そうそう、生で食べても大丈夫なほど卵の品質管理がされてる国は日本とかアメリカ位だって聞いたことある
>>175
この冒険が終わったら、できれば他のロバがいる場所で放してやりたいと思ってる
おれにはまだいざというとき動物たちを守れるような力が無いんですよね
好きなだけじゃダメなんだなって日々思ってます…
>>176
いろんなところに行かれてるみたいでほんと羨ましいです
>>177
楽しいよ!2割くらい辛いことや悲しいこともあるけど!
楽しいよ!
>>178
まじか、でも少なくともお金は全然かけてないから安定した生活を捨てて然るべき経験と勉強を積めば割と多くの人ができるんじゃないかな?
>>179
まじか
風景写真とか多めに貼るようにするぜ!
>>180
ごめん、ちょっと余裕なくて
でもおれは無事だし、これからは電波状態良い地域ばっかりだからちゃんとレスしていけると思う!
>>181
ありがとうございます!
この曲Youtube音源で再生しながら歩かせてもらってます

つづき
今日は朝からモカの様子がおかしかった
やたらと登りたがらない、降りたがらない
平坦な道以外は拒否している雰囲気だった

特に下り坂に関しては苦手意識が出来てしまったらしく、どうしても進もうとしない
おれ自身荷車を動かしてみて思ったが、下り坂だと後ろから荷車に押される形になるので確かにけっこう怖い

午前中、モカはくしゃみを2回だけしたが、回数が少なかったので気にせずにいると、12時頃、モカが道幅がとても狭い下り坂で全く動かなくなった
これまでは立ち止まったとしてもせいぜい30秒位だったのに、この時はどれだけ待っても動いてくれなかった

モカの顔をよく見ると少し鼻水を垂らしていた
風邪だろうか

やばい
ここに留まっても状況は悪化する一方だし、ラテやブラック、カプチーノ達のことも考えると一刻も早くどこか落ち着ける場所に移動するべきだ

そうこうしているうちに天気も崩れてきた

どう考えてもやばい状況なんだけど、そんな中、おれはどうしても突っ込まずにはいられない事があった


おれ「モカ!お前こんな状況でなんで射精してんだよwww」

…なんだろう、このロバ変態なんだろうか



183【末吉】【1393円】【92】 :2016/09/06(火)22:06:09 ID:yrZ
ずいぶん立派なモノをお持ちでwww
184名無しさん@おーぷん :2016/09/06(火)22:59:44 ID:sEI
>>182
モカ…!
ドMか!
185名無しさん@おーぷん :2016/09/07(水)08:02:32 ID:oZj
モカくん若いね!
1871◆jHsnWuH7MU :2016/09/09(金)05:01:14 ID:ZJx()
>>183
完敗だわwww

>>184
これのせいでシリアスな雰囲気ぶち壊しだったw

>>185
ほんと人間でいうと中学生って感じw

>>186
うまいこといいますねw
いやほんとこの子変態なんですよね…

つづき
非常用の食糧を与え、元気が出るように穀物も食べさせる
水は朝からどうしても飲もうとしなかった
おれが今できることは全てやった
あとはできる限り早く、モカが食料や水が手に入りそうな地点まで移動してくれればなんとかなるだろう
モカを励ましながら必死でロープを引く
いまや、おれだけじゃなくてラテやブラック、カプチーノの運命もモカが握っているんだ

その後、時間はかかったがなんとか山のふもと辺りまで行くことができ、倉庫のような場所の前に人がいたので話しかけることにした

おれ「はじめまして、ティネリールからロバと一緒に歩いてきたんですけど、ちょっとこのロバ今体調悪いみたいで、何かロバの栄養になりそうな穀物とかがもしあれば少し分けてもらえませんか?」

ロバの元気を出すために有効なのは穀物だ
もちろんおれも持っているけど他の種類の穀物もあればより早く元気になるんじゃないかと考えた

男「ティネリールから?かなり歩いただろ…何日かかったんだ?
ロバの栄養になりそうなものね…
にわとりもいるな…
よし、着いてきな」

男はそういうと目の前の倉庫の鍵を開け、中に入るようおれを促した
倉庫の中には穀物の入った袋が大量に積んであった
都合良く、ここは家畜の餌を扱う倉庫だったようだ
そして地面にも大量の穀物が散らばっていて、男はそれらを指差してこう言った
男「これ、全部ごみなんだぜ?好きなだけ持っていきな」

…決して日頃の行いが特別良いというわけではないと思うんだけど、幸運に恵まれたようだ
モカの栄養問題とにわとり達の食料問題の両方が一気に解決した

そして夕方、モカが普段通りの元気さを取り戻したので再出発し、その日は民家の近くで野宿した
ちなみににわとり達の普段の餌に関してはこのときにもらった分ですべて賄える予定だ



188名無しさん@おーぷん :2016/09/09(金)05:11:03 ID:jCh
>>187
ゲームのような都合のよさwww
189名無しさん@おーぷん :2016/09/09(金)05:25:53 ID:cX2
うんちしろ! そして死ね!
190名無しさん@おーぷん :2016/09/09(金)05:38:51 ID:GQO
バカの人の新しいスレだ!!!
全部みてるぞ頑張れ!
192名無しさん@おーぷん :2016/09/09(金)09:17:03 ID:IfZ
>>187
すごい幸運だなー!
193名無しさん@おーぷん :2016/09/10(土)08:12:52 ID:doW
旅の幸運を祈ります
1941◆jHsnWuH7MU :2016/09/11(日)03:34:40 ID:zyE()
>>188
ほんとにタイミングよかったなぁあれはw

>>189
うんちする!でも死なない!

>>190
バカの人www
ありがとう、頑張る!

>>191
応援ありがとうございます!
頑張ります!

>>192
なぜかいつもぎりぎりのところで何とかなるんだよな
にわとりの餌だってあれがなかったら次の日からおれの分のパンあげないといけないところだったし
ほんと有難い

>>193
ありがとう!

つづき
ちなみにイミルシルに着くまでは「ロバに荷車引かせて旅なんて無理だよ。諦めなよ。」って言ってくる人が多かったんだけど、イミルシル越えたこの辺りからはそういうことを言う人はいなくなった
これは実際に100km以上歩いたからだと思うけど、このあとも人々の反応はちょっとずつ変わっていくからそれも書いていくことにする

次の日、30kmほど歩いた後、草むらで野宿しようとしていると目の前にパトカーが止まり、警官が出てきた

警官「やぁ。私は警官で、名前はノリディーンだ。
君は、そしてこの荷車とロバはいったい何なんだい?」

おれ「おれは日本人で、名前はGoです。ロバに荷車を引かせてタンジェまで行こうと思ってます。今日はここで野宿する予定です。」

ノリディーン「そりゃ面白いな!でもここで野宿かい?
もう少し向こうに行ったらいくつか民家があるけど、民家の人に頼んで泊めてもらったらどうだい?」

おれ「もうすぐ暗くなるし、民家の人に断られたら寝る場所がなるなるのでここにします。」

ノリディーン「そうか、分かったよ。気を付けてな。」

そんな感じのやり取りをしてノリディーンは帰っていったが、その1時間後、ノリディーンはまた来た

ノリディーン「Go! ここから1km先の民家の人に泊めてもらえるようにお願いして許可もらってきたぞ!一緒に行こう!」
まじか、てかなんだそのかわいいノリは、なんて思ったけど断る理由もないのでありがたくその民家を利用させてもらうことにした
ノリディーンが紹介してくれた民家のご家族はとても優しい人たちで、晩ごはんをおれにご馳走してくれた
そしてその夜、さすがに屋内に動物はダメだろうと思ったのでラテを荷車に残し、その民家のお祈り部屋で就寝
明け方お祈りの呪文詠唱がすぐそばで聞こえてきて起こされた時を除けば快適に眠ることができた
いや怖いわwww



1961◆jHsnWuH7MU :2016/09/13(火)18:19:37 ID:QcP()
>>195
今回に限った話じゃなくて、基本的におれが冒険の計画とかを話すとみんな「無理だ。やめとけ。」って言いますね
おれからすれば可能だと思ってるから話してるんですけどね
モロッコの警察はめんどい場合もありますが大体は味方になってくれるのでありがたいです

つづき
今日は水不足に悩まされた日だった
というのも、地図上に3つの湖が記載されていたにもかかわらずその全てが枯れていたからだ
もちろん想定の範囲内だし、非常用の水も使えば十分に賄える
今日中にどこかの民家で水を分けてもらうことができれば済む話だ

そして夕方、歩いていると目の前でパトカーが止まり、見覚えのある人物が出てきた

おれ「ノリディーン!昨日あったところから30km以上離れてるのに会うなんて奇遇だな!昨日はありがとう!」

ノリディーン「これが仕事なんだよw この辺りはおれの管轄だしな!
で、どうだ、今日はあと何キロ歩くんだ?」

おれ「今日はあと5km歩いて野宿する予定だ」

ノリディーン「そうか、なら5km先の民家に泊めてもらえるよう言ってきてやるよ!」

え、めっちゃ優しいやん…
そんな流れでノリディーンは今日も民家を確保してくれて水も補充できたんだけど、その民家に入る前にラテにお休みを言うために荷車の中を覗き込むと、ラテが爪を立ててひっかこうとしてきた
なんだか暴れている

最初は何かに怒っているのかと思ったんだけど、途中で気付いた
…あぁ、遊び足りないんだ、この猫

実際、外に出してやってしばらく遊んでやっているとラテもおとなしくなった
昨日もおれが民家に泊まったせいでおれと夜遊ぶ時間が無かったから、それでストレスがたまっているんだと思った

ラテに寂しい思いをさせるべきじゃないなと思ったので、民家の方に謝って民家の前でラテと野宿することにした

どうやらラテはおれの上で寝るのが好きらしい
若干屈辱感はあるけどかわいいから許す
…いやでもおれの首の上で寝るのは重いからやめて欲しいんだけど

さぁ、地図によると明日は少し大きめの町を通過するみたいだ
気合い入れていこう



197名無しさん@おーぷん :2016/09/13(火)18:47:00 ID:7WK
箱乗りラテw
199別スレ8 :2016/09/14(水)02:58:40 ID:Huk
別の猫を愛でるスレから来ました!
すごいなー、猫と眠るロバ車の旅! 羨ましい。
若いのに色んなチャレンジしてて尊敬します。
それにしてもラテ可愛いよラテ(´Д` )
201名無しさん@おーぷん :2016/09/14(水)06:39:27 ID:35R
>>196
ラテフトゥン…!!
202別スレ8 :2016/09/14(水)23:50:27 ID:Huk
>>200
Parama000さん、導かれて来ましたよ(*^^*)
スレ主さんもすごいですが、あなたも世界中
旅してて、海外旅行若葉マークな自分としては
尊敬と羨ましい気分がひとしおです。
203名無しさん@おーぷん :2016/09/15(木)08:55:11 ID:PvI
もはやparamaさんスレですね!
2051◆jHsnWuH7MU :2016/09/16(金)05:14:43 ID:25W()
>>197
うちのラテはキャラバンにのっけて大事に大事に世話してますからw
>>198
野宿に慣れすぎて、民家でも野宿でも割とどっちでもよくなってるっていうのもありますけどねw
猫ってほんとかわいいですよね!
>>199
こういうのんびりした旅をしてると意外と気付くこととか心境の変化とかが多くて、普段いかに頭の中が整理できてないかを思い知らされますねw
このときはまだそこまでなついてなかったんですけど、ラテのお陰で猫の可愛さに気付きました!
>>201
夜中に襲いかかってくる布団とかwww寝れねーよwww

つづき
今日通過する町の名前はアグバラ、おれとモカにとって初めての「町」だった
遠くに見えた時から感じていたけど、でかい
そして町の入口には規則正しく並んだ街路樹や街灯があり、これまでの村とは明らかに雰囲気が異なっていた
そしてなんと町の入口付近で警官のノリディーンさんとまた会った
管轄どんだけ広いんだこの人は
ここまで車の往来が激しいのも初めてだったけど、このころにはもうモカとの連携が上手く出来るようになっていたので特に問題は起こらなかった

その後、町の中で休憩していると町長が来てコーラやオレンジ、肉料理やサラダ、煮物、そしてソースに至るまで、至れり尽くせりの料理を振る舞ってくれた



町長をはじめとして町の人々は皆優しく、大きな問題も起こらなかったのでおれとモカの町デビューは大成功だった
町を出る直前、一人のおっさんがロバの扱いを教えてやるとつっかかってきた
おっさん「ほれ、こうやって尻を叩くんだ」
おれ「やっやめっ…」

…あれ?
モカは今までみたいにおっさんを蹴飛ばそうとしなかった
最初は怒ってないのかと思ったけど、モカの耳の角度(ロバは耳の角度で気分や体調がある程度分かる。写真は怒っているとき)は確実に怒ってるときのそれだった



モカを観察しているうちに、おっさんがもう一度モカの尻を叩く
モカはやはり怒っているようだが、蹴飛ばそうとはしなかった

おれ「やめろって言ってるだろ!」
おっさん「実際速く歩くようになったじゃないか!ほれもう一丁…」
おっさんが3度目に叩いたその瞬間、ついにモカがキレて暴れだした
モカはなかなか怒りが収まらないようで、おっさんがモカから離れてからも何度も蹴りを繰り返していた
最後はキレたけど、これはこれまでのモカとは明らかに違う我慢強い対応だった
そういえばキャラバン旅に出てからモカの性格が少し穏やかになったように感じる
やっぱり小屋に閉じ込められて過ごすよりも外を歩き回る方がモカにとってはストレスが少ないということだろうか
実際のところは分からないけど、おれは今回のモカの変化を前向きに捉えることにした

…それにしても、モカの真後ろにあるにわとり小屋壊れなくて良かった…

その後、日が暮れるまで歩き、町長の教え(おれが寝る場所も管轄内だそうだ)に従い、民家のすぐ近くで寝ようとしていると、なんとその民家の方がラテも一緒に家の中で寝てもいいと言ってくださった
実は今日は出発以降初めて雨が降らなかった日だ
野宿はしなかったけど、夜風が気持ちよくて星空がきれいな夜だった
207別スレ8 :2016/09/19(月)00:45:24 ID:F2g
>>205
「オレの方がロバの扱いに詳しい! 教えて
やるよ!」ってある意味親切心でもあるの
でしょうが、毎回毎回モカも大変ですね。
でも、スレ主さんとの旅で違うやり方に触れて
モカが着実に変わっていくのが読んでいる
こっちも嬉しくなります。たぶんこの先も
同じような親切に遭遇するでしょうが、旅を
楽しんで下さいね。ラテもニワトリズも!
2081◆jHsnWuH7MU :2016/09/19(月)03:24:30 ID:vJq()
>>197
そう、特にアフリカなんかは国によって常識も人種も気候も全然違うし、実際行かないと分からないですよね

つづき
次の日、いつものようにモカと歩いているとトラックに乗った男が声をかけてきた
ちなみに書いてなかったけど車に乗った人々が声をかけてくるのはよくあることで、これまでも平均するとだいたい一日20組ぐらいの人々に声をかけられていた

男「よぉ兄ちゃん、元気かい?」
おれ「あぁ、神様のお陰で今日も元気だよ」(こっちでは定番の返事だ)
男「神様のお陰だな!兄ちゃんこれ見てくれよ!これ、あんただろ?」

男が差し出した携帯を見ると、おれが写っている
以前イミルシルに着く前に長距離トラックの運転手に頼まれて記念撮影したものだ

おれ「うん、これはおれだけど、なんでおじさんがこんなもん持ってるんだ?」
男「これは仕事仲間が送ってきた写真だ。おれら長距離トラックの運転手の間じゃあんたは割と有名なんだよ。そうだ、おれとも一緒に写真とってくれよ。」

快諾し、写真撮影をする
…これもメールとかで回されるんだろうなぁ…
その後、少しだけ今回の冒険の話を男として盛り上がった後、別れ際にこんなやり取りがあった

男「ありがとな!
兄ちゃん、砂漠から(おれが出発した村はそこまで乾燥していない地域だけど、この辺りより北では「砂漠」と呼ばれている)来たんだろ?それにしても大変な旅だよなぁ…
あ、そうだ。なんか困ったこととかないか?何かおれに出来ることがあれば言ってくれ!」

…正直何不自由なく暮らせてるんだよなぁ…
でもせっかくなので、何かお願いできることはないかと思考を巡らせてみる

あぁ、そういえば今回の冒険のキーワード(「行商」「キャラバン」)である行商要素がまだ満たせてなかったか

おれ「おじさん、ここにおれのにわとりたちが産んだ新鮮な卵があるんだけどさ、これを一個10DH(100円ぐらい。モロッコでの卵の相場は一個1.5DH。)で買い取ってくれればそのお金で食べ物を買ったり動物達にたっぷり餌をやれたりするんだけど、どうだろう?」
男「なんだそんなことか!写真も撮れたし、いいよ、これやるよ!」

男はおれに紙幣を渡してきた
その額、20DH

おれ「え、まじか、ありがとな!おじさん!」
男「このぐらいならどうってことないさ!あとな、卵はあんたがとっときな。卵は見れただけで満足だ。こんな旅じゃあ食材の補給も難しいだろう。貴重な卵だ。」

こうしておれは、何を失うでもなく、実質記念写真を撮って少し冒険の話をしただけでお金を手に入れることができた

ちなみに一日5DHもあれば全員分の食費が賄えたので、20DHあれば4日はもつ

そしてその夜、水源沿いにあるおかげで水が使い放題のレストランに到着したのでこの日はそこで野宿することにした

さぁ、明日は「州都」、ヘニフラという町に到着する
間違いなく大都市だ
田舎と比べて事故や盗難などのリスクがある分少し怖いけど、「今のおれとモカなら難なくいける!」というワクワク感の方が勝る
楽しみだ!



209(´@з@`)あっとまーくん◆2NI1xgjrGw :2016/09/19(月)03:42:24 ID:jOS
>>1
(´@з@`)日本の誇り
210名無しさん@おーぷん :2016/09/19(月)04:54:45 ID:TKi
>>208
面白いなー

高く売ることに罪悪感感じちゃうワイは交渉が本当に苦手なんだよな
イッチは自分のしたいことキッチリ分かっててサッパリとうまく人付き合いが出来そうで羨ましいな
212別スレ8 :2016/09/19(月)09:12:19 ID:F2g
こんな風に挨拶するんですね。良いなあ。昔は行商人同士の噂話だったものが、スマホで写メやラインのやり取りに。時代の変化も興味深い。
卵はTKGオンリー?オムレツとか焼いたりしてるんですか?
213名無しさん@おーぷん :2016/09/19(月)09:31:18 ID:0OO
年収は?
214名無しさん@おーぷん :2016/09/19(月)10:33:03 ID:5DF
相変わらず元気そうでなにより
2151◆jHsnWuH7MU :2016/09/20(火)18:42:52 ID:6DJ()
>>209
埃の間違いだろ…

>>210
外国だと交渉力はあらゆる場面で役に立つからな
強気でしれっとポーカーフェイスだ!

>>211
この後おれの知名度も移り変わっていきます

てか風呂www
冒険家に聞いちゃダメなやつですよそれwww
イミルシルや次の目的地アズロウみたいに数日滞在する場所では信頼できる人を見つけてお湯浴びさせてもらう(シャワーがない一般家庭では、桶に入った熱湯と水を別の桶で少しずつ混ぜて浴びるスタイルが多い)んですけど、
防犯を考えるとなかなか入るタイミングないですね
まぁ乾燥してて臭いもしないし、風呂がなくても死にはしないですからね…
下にも料理について書いてますが、今回はおれの贅沢よりも動物達の生活水準と安全を優先してるのでけっこう質素な生活してますw
ちなみに慣れてるから不満はないです

>>212
ほんとSNSの力って凄いですよね
料理好きなんで色々作りたいんですけど、荷車で移動するような大通りだと玉ねぎとトマト以外の野菜を手に入れるのがなかなか難しくて、玉ねぎ使ったりがっつり味付けしたりするとラテとシェアできないので今回料理はお預けですw

おれは、動物の幸せさって「物理的な自由さ」と「食の豊かさ」、「つがい、仲間の有無」の3要素で決まるんじゃないかなぁと思っているので、おれの食べ物はできる限りシェアして動物達にいろんなものを味わってほしいです

>>213
年収www
質問の内容がちょっと理解できてないけど、この小遣い稼ぎの収益力に関しては後で具体的な数字を交えながら検討する場面があるからもうちょっと待ってw

それとも全体的な年収は?って質問なんだろうか
年収とか考えたことないしおれの場合年によってかなり変わると思うけど、今年みたいに一年の大半を外国で過ごしてるような年だと百数十万円とかじゃない?
翻訳とコーディングでネットで稼げるから外国でも金が必要になる度に随時稼いでて、そのお陰で何不自由ない暮らしが出来てるから、稼ぎに関してはおれ的に百点満点なんだぜ!

>>214
元気だぜ!
この元気はまだまだ尽きそうにないから安心してくれw
216sage■忍法帖【Lv=0,作成中..】 :2016/09/20(火)21:16:11 ID:4jG
モロッコといえばインゲンしか浮かばなかったので、
モロッコについて調べてしまいました。
お料理の写真、とても興味深いです(ソースは何味なんだ?!とか)
旅のご無事をお祈りしています。
217名無しさん@おーぷん :2016/09/21(水)06:09:58 ID:744
生きる強さを感じる
219名無しさん@おーぷん :2016/09/22(木)00:02:07 ID:YkO
リアルタイムでこんな良スレに出会えて嬉しいです!
2201◆jHsnWuH7MU :2016/09/22(木)19:13:01 ID:FJn()
>>208
いやほんと、親切心からだってわかるからあんまり邪険にも出来ないんですよね…
ロバの引き方にも色々あって、ロバの首を締めながら引くやり方の方が少し速く歩くからそれを勧めてくる人とか多いんですけど、苦しそうだからやらないって言っても理解してくれないんですよね
ロバだぞ?人間じゃあるまいし、苦しそうだろうがなんだろうが速く歩くならどうでもいいだろう、みたいな
そういう人は特にめんどくさいですね

>>216
タジン、クスクス、ハリーラスープにベルベルオムレツ…
モロッコ料理は野菜をじっくり煮込んで作るものばかりなのでうまみが凝縮されてて凄くおいしいです!
ハリーラスープなんかは十種類ぐらいスパイス使ったりするみたいですね、日本ではなかなか手に入りそうにないのが残念です

>>217
どんな劣悪な環境でもしぶとく生き残ってやるんだぜ!

>>218
おれはあんまり東南アジアのローカル料理は食べたことがないんですが、日本以上に低所得者でも多種多様な食べ物が食べられる国はなかなかないですよね

>>219
このバカスレを良スレとまで言ってくれる人がいておれも嬉しいぜ!

つづき
今日の目的地は州都、ヘニフラ
ヘニフラの町ではとにかく気を使うことが多く、疲れた
車も人も多すぎるし、ロバを停めておく場所を探すのも一苦労だ

…ていうかさすがに浮きすぎwww




車も人も多すぎる
声をかけてくる人、スマホで写真や動画を撮る人、特に理由もなくついてくる子供たち
ただでさえ車が多いのに加えてそういった人たちが死角を作るせいで安全確認がより難しくなり、ただ移動するだけでもかなり疲れる




大通りから細い裏通りに入ろうともしたけど、モカと荷車の長さを合わせると3mもあるため直角に曲がるのが難しいのと、この頃はバックも出来なかったので正面から車が来たら詰むという理由で裏通りは諦めた
そして野宿場所を探してさ迷っていると町の中心部の広場的なところにたどり着いた
そこはそれなりに安全そうな雰囲気があったので野宿の準備していると、警察が声をかけてきた
より安全な場所に案内できるがどうだろう、とのことだ
断る理由もないので快諾
連れていかれたのは警察署正面の駐車場だった
なるほど、ここなら夜間でも警察署の警備の人間がいるからかなり安全だ
警察署の人に感謝を告げ、今日はその駐車場で寝させてもらうことになった

なにも問題がなければ第二の目的地、アズロウの森まではあとちょっとだ!

写真は昼休憩の時のラテ



222別スレ8 :2016/09/22(木)22:33:36 ID:fZo
>>215
猫とシェアする飯…。吉田戦車の「おかゆ猫」の
逆バージョン&リアル版て感じですね!

>>219
場違いかもしれませんが、ロバと都会、何とも
絵になる光景です。コカコーラ・ラテ可愛いよ
(´Д` )
223名無しさん@おーぷん :2016/09/23(金)06:16:22 ID:DRo
意外と荷車が可愛いなw

ラテもいいけどニワトリ達の写真もたまには見たいです

この旅がどんな結末を迎えるのかラテや動物たちはどうなるのか、スレ読むのは楽しみだけどちょっと心配だな
2241◆jHsnWuH7MU :2016/09/25(日)03:25:15 ID:QSr()
>>221
ありがとうございます!
安全に旅できるよう努めます!

>>222
都会とキャラバンってすごく奇妙な感じでしたね…
猫初心者のおれとしては猫が可愛いのかラテが可愛いのか分かりませんが少なくともラテは可愛いですw

>>223
そういえばブラックとカプチーノの話全然してなかったw
というわけで、にわとり達について少し話そうと思う



もちろん二羽ともメスなんだけど、カプチーノ(写真左)はブラック(写真右)よりも少し体が大きくて(立ち上がると高さ40cmくらい。ブラックは37cmくらいかな。実は二羽ともけっこうでかい。)、攻撃的な性格だ
ピーナッツや卵の殻が好物なんだけど、基本的に取り合いになるとカプチーノが独り占めしてしまうからそうならないように手で直接それぞれにあげたりしてる
二羽ともいつまでたってもおれの指が食べ物じゃないことに気付いてくれなくてよくつついてくるw
飛べないと思われがちだけど、1-2mくらいの高さまでなら難なく飛べる



色んな鳴き声で鳴くんだけど、鳴き方もそれぞれ癖があって、カプチーノは「ヒョォーーー」って鳴くことが多くて、ブラックは「コッコッコッコケッ」って鳴くことが多い
卵を産む頻度はブラックの方が上で、3日で2個ぐらい、カプチーノは3日で1個ぐらいかな
卵の大きさもブラックの方が大きいことが多い

つづき
次の日の朝、疲れがとれないままヘニフラの中心街を出て、町外れのガソリンスタンドでモカに食事をさせる
今日はいつもより少し少な目に歩く予定だ
昨日からだけど、昼間あまりにも暑い
暑いんじゃなくて熱い
だから、今日はエジプトで手に入れたベドウィンスカーフを水に濡らして顔に巻くことにした
こうすればどんなに暑くても水が乾くまでは平気だ

午後からは久々にほぼ坂道だったけど、今までになくいいペースでモカが歩いてくれた
モカも歩き慣れてきて筋肉がついてきたのかもしれない
日が暮れる直前、ロバや牛、七面鳥(こっちではけっこうよく見かける高級品、相場は一羽2500円ぐらい)に至るまで、様々な家畜を飼っている民家に行き当たった
家畜がたくさん野放しで飼われている=家畜泥棒などの恐れもなく、攻撃的な野犬などもいない
ということなので、その民家の主ムハンマドさんにジェスチャーで大まかに状況を伝え(フランス語もアラビア語もダメな人だった。)、家のとなりで寝かせてもらうことになった
ところが寝る直前、荷車を眺めていたムハンマドさんが急にタイヤを指差してこう言った

ムハンマドさん「ンアーッアッンアーッアーー」

…は?
2251◆jHsnWuH7MU :2016/09/25(日)03:32:11 ID:QSr()
>>224
ごめん、ブラックとカプチーノの写真の説明、左右逆だったw
分かりにくくてもうしわけない
226別スレ8 :2016/09/25(日)05:15:54 ID:lLn
>>224
言葉が通じない中でコミュニケーション取るのは
大変ですね。スレ主さんの荷車の車輪に何が⁉︎
227名無しさん@おーぷん :2016/09/25(日)14:51:04 ID:Tot
このスレまだ動いてたんか
2291◆jHsnWuH7MU :2016/09/26(月)15:14:45 ID:DyZ()
>>226
ほんと、コミュニケーションって難しいです

>>227
うん、需用ありそうだったからこのまま続行することになったw

>>228
旅費はVISA加盟店で利用できるデビットカードを使ってます
一応保証ありで、引き出し限度額の設定も随時細かくできてVISA対応のATMから現地通貨が引き出せるのでなかなか便利です
基本的にネットはスマホに現地SIM挿してやってますが、海外から2chに書き込むには多少工夫が必要なので書き込みだけはパソコンからやってます
電気は太陽光発電で、パソコンもmicroUSB給電で使えるタブレットPCを持ってきました
盗まれることを前提にパソコンとスマホを3台ずつ持ってきてるのでそうそう連絡途絶えたりしないですw

つづき
ムハンマドさんが指差すタイヤを確認してみる

…パンクしていた

ムハンマドさん「ンアーンアー」
そこでムハンマドさんがまた訳のわからない言葉を発した
ベルベル語…いや違う
おれがこれまで聞いてきたベルベル語とは音域が違うし音数も少なすぎる

…なるほど、多分だけど、
「お互い言葉も通じないし自分達の言語使うんじゃなくてむしろおれたちの言語を今この場で作ろうぜ!」
みたいなノリなんだろうw

それならばっ!

おれ「ンアーッアッンアー!」(桶!桶に水汲んで来てください!タイヤのチューブ沈めて穴の空いてる場所を特定します!)
ムハンマドさん「ンア」(分かった)

…うん、すごく恥ずかしいしジェスチャーだけでいいんじゃないのかという疑念はあるけど、まぁそれなりにコミュニケーションはとれてるようだ

そしてその後、原始人みたいな言葉でムハンマドさんとあーだこーだと言いながら、何とかチューブの穴を塞ぐことができた
でも、穴は塞いだはずなのにチューブを元に戻しても空気が入らないという問題が発生した

結局どうにも上手くいかず、何か決定的なミスをしている可能性もあると考えたためタイヤは荷車には戻さず、次の日6km離れた村のバイク屋に持っていくことにした

不安定な荷車で寝るのは危なかったので(タイヤの代わりに石が挟んであったが、万が一寝返りなどで重心が変わって荷車が倒れた場合強度的に半壊する恐れがあった)、野犬に囲まれ威嚇されつつも地面に段ボールを敷いて野宿することにした
ちなみに野犬が危ないのでラテは荷車内で寝てもらった
ムハンマドさんは家に泊めてくれなかったが、薄い絨毯と枕の代わりの穀物入りの袋を持って来てくれたので、快適だ

野犬は正直ヤバイが、いざというときは起きて戦おう
噛まれなければどうということはない
そう考えながら、いつでも起きれる浅い眠りについた



231ネコスキー :2016/09/27(火)14:46:08 ID:2oZ
ひええええ(;´Д`)本当に一難去ってまた1難ラテちゃんが1度いなくなった時は泣けた~(´;ω;`)良かった見つかって!猫好きには辛い。タイヤのスペアはこれから持っとくと良いね。旅の無事を祈りつつ応援してます!頑張って!
232名無しさん@おーぷん :2016/09/27(火)14:53:13 ID:Wsc
なんかコテがうざくなってきたな
233名無しさん@おーぷん :2016/09/27(火)15:14:40 ID:7ak
本にまとめて欲しいな
234名無しさん@おーぷん :2016/09/27(火)16:01:49 ID:c5u
平成の植村直己かな?
235忍法帖【Lv=11,キャタピラー,bGw】 :2016/09/28(水)22:15:43 ID:lyf
荒野で寝てみたいな
237名無しさん@おーぷん :2016/09/29(木)14:26:46 ID:m7t
電源は謎でした
ソーラーでそこまでいけるもんなんですねぇ

しつこいロバの動かし方コーチ屋にはこういうのどうかな?
「宗教的な問題(戒律)でロバ(動物)を叩くことができないんだ」
逆にトラブルになったりするかな?
238名無しさん@おーぷん :2016/09/29(木)14:31:36 ID:gob
またおまえか
2391◆jHsnWuH7MU :2016/09/30(金)04:02:22 ID:MEA()
>>230
タイヤのスペア、出来れば欲しかったんですけど、一輪だけ売ってくれるところが全然なかったんで早々に諦めてましたw

>>231
ありがとう!!
猫好き…だと辛いかも…

>>233
ありがとう!
時間ができればいつかまとめようと思ってるけどまだまだ先かもw

>>234
いつかそう呼ばれるようになってみたいwww

>>235
風が気持ちいいんだぜ!

>>237
今おれは20×45cmぐらいのソーラーパネルを一枚だけ使ってるんだけど、くもってなければ一日で15000mahぐらい(機種によるけどスマホ満充電5回分ぐらい)充電できるからパソコン使うことを考慮しても余裕なんだぜwww

>>238
これからもいろんな世界を冒険してスレたてていく予定だ!

つづき
深夜、音がしたので目を覚ます
この夜目を覚ましたのは野犬が威嚇しながら近づいてきたので追い払った時を含めて2回目だったんだけど、今回の音の主は野犬ではなかった

荷車の中から、ラテが何度も何度も鳴いていた

食事に関してはいつでも食べられるように開封後48時間以内の鰯缶を荷車の中に常備しているので問題ないだろうし、水もトイレも荷車の中にあるから快適なはずだ
寝る前に遊んでやったから遊び足りないことはないだろうし…

普段基本的に鳴かないラテが鳴くなんて何かあるに違いないと思い、寝床の近くにラテを行かせてやって様子をみることにしたんだけど、ラテは寝床に来た時点で鳴くのをやめ、特に遊びをねだる様子もなくおれに体をすり寄せて眠り始めた

ただ単に一人で寝るのがさみしかったらしい

おれもラテと寝たかったから30分ほど寝ずにそうしていたけど、野犬が来るとやっぱり危ないのでラテをそっと荷車に戻し、再度就寝

その後2回野犬の襲来があったけど、追い払えばそれで終わりなので実害はなかった
まぁというか野犬の習性的に追い払わなくても近くでうなるだけかもしれないけど

ラテは少しの添い寝で満足したらしく、もう鳴いて騒いだりはしなかったけど、ラテとの絆が深まりつつあることを実感できた夜だった



2405uZnBvI6uKnw :2016/09/30(金)04:06:28 ID:vmL
>>1がいつか本を出すのをちょっと楽しみにしてる
242別スレ8 :2016/09/30(金)07:24:30 ID:e3O
ラテ小ちゃい。まだまだ甘えたい
盛りですね。(*´ω`*) 獣医さんで健康診断したい
ところですが、モロッコの旅の空ではね…。
ニワトリズも含めて野犬から助かって何より。
引き続き、旅の無事をお祈りしています♪( ´θ`)ノ
243名無しさん@おーぷん :2016/09/30(金)08:36:03 ID:m7l
追いついた
スゲエよ私の理想の生き方してるこの人
244名無しさん@おーぷん :2016/09/30(金)08:53:11 ID:U3R
>>243
くっさ
>>1より臭いわお前
2455uZnBvI6uKnw :2016/09/30(金)08:55:42 ID:vmL
日本に住んでたら野犬に出くわす時点で結構な実害だと思うのだがw
ゴキブリとかじゃないんだぞww
246名無しさん@おーぷん :2016/09/30(金)10:21:30 ID:m7l
>>244
臭いの話かよw
247ネコスキー :2016/10/01(土)11:12:12 ID:cOe
ラテ可愛いなぁ♪ところでラテちゃんのご飯の与え方ですが、置きっぱなしはあまり良くないらしいです。「いつでも食べられる」状態だと、「結石」ができやすくなるみたい。「空腹」の時間をあえて作る方が出来にくいそうです。
248ネコスキー :2016/10/01(土)11:13:16 ID:cOe
特に男の子は出来やすくなるとか。猫は水飲まなくても平気とか言うけど、やはりそれなりには飲ませた方が状況考えると予防に繋がるかも。「猫 膀胱結石」などで検索すると色々出てきますよ。
249ネコスキー :2016/10/01(土)11:14:08 ID:cOe
旅先だと1番病気が困るものね~高熱出された経験者は分かるか(笑)(猫の事ばかりでごめんなさい旅の無事を祈ってます!)連絡失礼しました。
250名無しさん@おーぷん :2016/10/01(土)12:36:08 ID:mLt
うわーこれはウザいクソコテ
死なないかな
251名無し :2016/10/01(土)20:27:12 ID:cOe
ラテ可愛い!まだ冒険は始まったばかり!これからまた仲間増えたりしてw
頑張れ!
2521◆jHsnWuH7MU :2016/10/02(日)17:18:24 ID:vra()
>>240
まじかw
ただおれにはちょっとした期待に応えられる程の文章力すら…w
頑張るwww

>>241
猫ってあんまりなつかないイメージだったんですけどね…
ラテは寝るときはおれと一緒じゃないと夜中うるさいですw

>>242
モロッコではペットを診てくれる獣医さんってあんまりいないんですよね…
モロッコで「獣医」というと基本的にロバや羊を診る医者のことになりますw
ありがとうございます、安全に楽しみます!

>>243
基本先人がいないしいても時代が違うから自分のやりたい冒険が可能かどうかも分からないし全て自己責任だからたまに大変な時もあるけど、その代わり果てしなく自由で楽しいよ!

>>245
田舎での野宿と野犬はセットみたいなもんだからなw
もう何とも思わないw

>>247
なるほど、ご丁寧にありがとうございます!

以下はあとで書こうと思っていたことなので若干のネタバレになりますが…
実は、ラテの場合は出会った時からずっと少食で心配してたっていう理由もありましたね
食べ物も飽きないように鰯缶以外にもいろいろ与えてて、排便も排尿もきちんとしてるんですけど、食べる量が少なすぎるんですよね…
少食でも栄養が採れるように牛乳あげたり卵黄をちょっと加熱したものをあげたりしてて、この後の町、アズロウでもフェズでも動物病院に連れていくんですけど、予防ワクチンが射てないんですよ…痩せすぎてて…

>>251
ありがとう!
「これ以上仲間増えたら世話大変すぎて冒険どころじゃなくなる」
そんな風に考えていた時期がおれにもありました…
慣れれば案外どうってことなかったw


最近風景画像あんまり貼れてない気がするから、乾燥地帯からアズロウの森付近に至るまで(200kmぐらい)の風景の大まかな推移を貼ろうと思う












253名無しさん@おーぷん :2016/10/02(日)17:22:49 ID:87W
あと犬と猿が加わる予定か?w
254名無しさん@おーぷん :2016/10/02(日)17:25:52 ID:Sun
期待
255名無しさん@おーぷん :2016/10/03(月)03:57:19 ID:2OK
ラテいっぱい食べてくれるといいですね。
旅程の安全を祈念してます。
256別スレ8 :2016/10/03(月)06:28:07 ID:qMD
進むにつれ、だんだんと緑が多くなってますね!
標高差とかの影響もあるんでしょうか。
ラテちゃんはもしかしたら、生まれた時の状況で
消化力など内臓の力が弱いのかもしれませんね。
でも、少食の子もいますし、元気に遊ぶのなら
次第にたくましく育つかも。素人の助言なので
適当ですみませんが、スレ主さん一行の健康な
旅の報告を楽しみにしてます(*゚▽゚*)
257忍法帖【Lv=12,キャタピラー,bGw】 :2016/10/03(月)07:23:27 ID:SyB
アラー神=アラジン
258名無しさん@おーぷん :2016/10/03(月)07:47:29 ID:PWV
おぉこのスレまだ動いてたのか  支援age
259忍法帖【Lv=12,キャタピラー,bGw】 :2016/10/03(月)08:10:43 ID:SyB
やっぱ荒野とか人の会話の聞こえないとこで生きたいよね
260忍法帖【Lv=12,キャタピラー,bGw】 :2016/10/03(月)10:42:48 ID:SyB
誰の声も聞こえないとこにいられるって究極の贅沢だと思う
261ネコスキー :2016/10/03(月)17:24:25 ID:F58
そうでしたか…。チビの内は色々心配ですね。もしかしたら「猫=魚」だけでなく、「肉好き」もいます。うちの洋猫は煮干大好きで肉食べず、和猫は魚食べずチキン好き(ë)ただ、お肉覚えさせるとニワトリズがヤバイ(;・∀・) 風景写真も楽しみです。スペアどこかであると良いですね。
262名無しさん@おーぷん :2016/10/03(月)17:26:08 ID:Xsf
強盗とか出ないの?
263名無しさん@おーぷん :2016/10/03(月)20:10:26 ID:QhT
今来たけど、シーシャとか好き。>>1はシーシャやってる?アヘンは?
2641◆jHsnWuH7MU :2016/10/04(火)11:26:28 ID:A3D()
>>253
犬と猿を仲間にしてしまうと犬猿の仲になっちゃうからダメだなw
でもちっちゃい猿を肩に乗っけて旅するのも楽しそうだからいつかやってみたいw

>>254
頑張る!

>>255
ありがとう!

>>256
場所によってはほんの数十キロで景色が変わっておもしろかったです!
標高差の影響はかなりあると思います!
アズロウ周辺はなだらかな地形が多かったですね

>>257
アラジンは神のことだったのか…
ちなみにアブドゥルはまじで神の名前ですw

>>258
ありがとう!
RPG風に言うと、この冒険は全六章+外伝二つの構成で今まだ一章(イミルシル)終わったところだからまだまだ終わらないんだぜwww

>>259
確かに、荒野歩いてる時とか風も止んで完全に無音の時とかあるけと日本で生活するとなると無音なんてなかなか難しいよな
あとはネットがあってアマゾンが届けば言うことないんだけどw

>>261
ラテは魚より肉派なんですけど、荷物や動物たちを守りながらだと肉の入手がかなり難しいんですよね
村の小売店には肉は置いてないし、何とか入手したとしても半日で腐りますし…
この状況で安定して肉を得る一番現実的な方法は食用の鶏(その辺で普通に売ってる。生きた状態で1kg15DHとか。)を荷車で飼って随時絞めるやり方なんですけど、ブラックとカプチーノの傍らでそれやるのもなぁ…ということで今回肉は諦めましたw

ちなみにラテとブラック・カプチーノは常に距離とらせてますw

>>262
強盗…というかスリとかの泥棒はたくさんいるだろうけど、基本的に個人に対する盗みなんてのは「油断していて盗みやすそう&金持ってそう」な上位数%の人間を標的にしてやるもんだから逆に下位数%に入るような態度と身なりをしていればそうそう盗まれたりしない
それ以前に「ロバに荷車を引かせて他の動物も飼っているよく分からない存在」であるおれをわざわざ標的にしようとする泥棒はあんまりいないだろうなw

>>263
日本で煙草は一切やらないけど海外では現地人と仲良くなるためのツールとして普通に吸ったりする
中毒になるほど吸ってないから煙草のおいしさとかはあんまり分からないけど普通の煙草よりはシーシャの方が好きかな

アヘンとかは売人の目の前で無防備になるリスクがあるから一切やらない
ちなみに酒は飲むけどちょっとやそっとじゃ酔わないから問題ない
265名無しさん@おーぷん :2016/10/04(火)11:30:22 ID:zfX
これほど壮大な旅スレは見たことがない
266名無しさん@おーぷん :2016/10/04(火)19:47:14 ID:uIn
何かヤバい物食った?
薬とかじゃなく現地の人が食べている謎の煮込み料理とか。
267ゾフェ◆GwxtMOXgPd/w :2016/10/04(火)21:12:34 ID:tw@zofeee 
>>202
Parama000さんのレスが削除されているね
なぜ削除されたのか情報があれば教えてほしい
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1475580106/l10
268名無しさん@おーぷん :2016/10/04(火)21:14:48 ID:688
こんなスレがあったとはね
凄いとしか
2691◆jHsnWuH7MU :2016/10/05(水)07:07:50 ID:2vl()
>>265
やってる人たくさんいてもおかしくないと思うんだけどなんでいない(もしくは発信していない)んだろうな

旅をしながらたくさんのモロッコ人と話して分かったことだけど、少なくとも現代のモロッコでこういうことしてるのはおれしかいないらしい
広大な自然の中を荷車を牽かせたロバや動物たちと歩いて旅するなんて素敵だしやりたがる人もたくさんいるだろうと思ってたんだけど、おれの感性が相当ずれてるんだろうかw

>>266
モロッコ料理は日本人の味覚でもおいしく食べられそうな物が多いし、食材のバリエーションもあんまりなかったりするから特に変なものは食べてないな
でもピグミー族と森の中で過ごした時はわけわからんもんいっぱい食ってたよ(※前スレ参照 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1464874060/)
高温多湿で生のまま何日も放置されたうじ虫入り(うじ虫に関しては暗くて食感でしか確認できてないから確実ではないけどうじ虫入ってなくてもヤバイよなw)の鹿肉とか
まずほぼ唯一の水分補給源がこれ⬇(もちろん濾過なんてしない)って時点で察してほしいw




>>268
まだまだ成長途中なんだぜ!
早く一人でサハラ砂漠や南極を横断できるようになりたい!

つづき
今日は朝8時頃遅めに起きて、パンクを直すべくタイヤを持って近くの町ムリートまでいくことにした
野宿した地点からたった6kmの場所に大きな町があったのはかなりの幸運だ
タイヤ抱えて往復12km歩くのは時間の無駄な気がしたのでヒッチハイクでムリートへ向かう

ムリートに到着後バイク屋で確認してもらったところ、穴が開いていたのは一ヵ所だけでなく複数あり、さらにタイヤの内側にゴムでできたとげがあるのも発見できた

35DH(400円弱)でチューブの新品が買えたので交換することにし、またヒッチハイクで野宿した地点まで戻ってモカと再出発

夕方、ムリートを過ぎて少し歩いたところで廃墟を発見






風通しのよさそうな場所だったので、今日は荷車内ではなく廃墟内で寝ることに決定した
余っていた段ボールを下に敷いて寝る

この辺りには犬も少なく、安全だったのでこの日はラテと一緒にぐっすり眠ることができた

ちなみにこの日かなり快適に寝ることができたのでこれ以降の旅では特に理由がない限りは荷車の外で寝るようになった

さあ、次はいよいよモロッコ一大きい樹があって猿がたくさんいると言われるアズロウの森に到着する
アズロウの森の中で1週間ほど暮らす予定だ

どんな人々と出会えるんだろうか、仲間は増えるんだろうか

…めちゃくちゃ楽しみだ!
270名無しさん@おーぷん :2016/10/05(水)08:00:25 ID:YtG
猿見つけたらうp
271忍法帖【Lv=12,キャタピラー,bGw】 :2016/10/05(水)10:05:55 ID:TUi
そこで瞑想したら第2のモハメッドになれる
272名無しさん@おーぷん :2016/10/05(水)10:15:43 ID:432
生きてるの?
273名無しさん@おーぷん :2016/10/05(水)22:00:28 ID:J2s
もっと風景画像みたい
274忍法帖【Lv=12,キャタピラー,bGw】 :2016/10/06(木)10:52:34 ID:cHj
http://www.welovecayce.com/astronomy/wakuseitaizai.htm
2751◆jHsnWuH7MU :2016/10/08(土)12:41:51 ID:rb0
>>270
分かったw

>>271
まじか、神の声聞けるとか無敵じゃんwww

>>272
勝手に殺すなw
こんな平和な冒険じゃしなないよw

>>273
任せろ!!











つづき
今日はいよいよアズロウ!

昼頃に到着…ということだったんだけど、途中の村で時間をくってしまい、結局アズロウについたのは夕方の6時頃だった




アズロウは木々に囲まれてはいるもののかなり現代的な都会で、さらに森があり家畜がたくさん飼われているという理由で獣医がたくさんいる町でもあるらしい

モカ達を連れた状態で都会で野宿するとかなり疲れるというのはヘニフラの時に学習していたので今回町は素通りして森に向かう
できれば今日中にアズロウの森の大樹まで行きたいところだ

ちなみに実はこの時点ではアズロウの森の大まかな方向は分かっていたけど大樹がどこにあるかまでは知らなかった
観光名所なんだからその辺りの人に聞けば分かると踏んでいたから調べてなかったんだけど、考えが甘かったようだ

男「大樹?あぁ、アズグホーって名前だ!あと10kmだな」
青年「サドゥルグローのことだね、この道をまっすぐ行けばあと3kmほどで着くよ、頑張って」
女「ここから6kmぐらいよ。大樹の名前はアルズゴローだからね、分からなくなったらほかの人にこの名前を聞くのよ。」

…大樹の場所はおろか名前すら特定できないwww
ちなみになんとか大樹のある山のふもとにたどり着いて案内板を見ると、大樹の名前は正式にはARZGOURO-アルツグローだということが分かった

大樹のある山はかなりの急こう配だったので登るのに時間がかかり、辺りはどんどん暗くなっていった
途中、観光地用にデコレーションされた馬に乗った若者たちと何度もすれ違った
おそらく若者たちは大樹の周りで馬乗り体験をやって小銭を稼いでいるんだろう
大樹にしばらく滞在するおれにとってはご近所さんになるわけだから挨拶はかかさなかったけど、若者たちの多くは警戒した様子で探るように挨拶を返してきた

…当然だ、夕暮れにこんな山の中アジア人が動物たち連れて歩いてるとか怪しすぎるw

その後歩き続けるも結局大樹のある位置が特定できずに暗くなってしまったので、とりあえず今日は途中の野原で野宿することにした

かなり登ったので少し寒い



276名無しさん@おーぷん :2016/10/08(土)12:54:16 ID:d5D
良いなあ風景

若い衆には商売敵に思われたんじゃない?
277ネコスキー :2016/10/08(土)16:28:49 ID:XlE
名前すら特定出来ないんだ(笑)

道路結構舗装されてガードレールまであるんですね。風景面白い。
278名無しさん@おーぷん :2016/10/08(土)16:29:37 ID:T5j
ワロタ
馬鹿じゃなくて行動力ある奴やんけ
279273 :2016/10/08(土)17:50:24 ID:Bkv
ありがとー
3枚目にいる動物って何?
280忍法帖【Lv=13,キャタピラー,bGw】 :2016/10/10(月)03:03:45 ID:F9M
http://usktrip.blogspot.jp/?m=1
281別スレ8 :2016/10/10(月)03:11:13 ID:cA4
皆んな単語を適当に読んだ上でうろ覚えって
感じでww 周囲はともかく、道路はちゃんと
舗装されているところが多いですね〜。
大樹の写真、楽しみです(*゚∀゚*)
282忍法帖【Lv=13,キャタピラー,bGw】 :2016/10/10(月)03:11:40 ID:F9M
>>274
荒野や
2831◆jHsnWuH7MU :2016/10/11(火)00:26:32 ID:58Q
>>276
山登りとか好きな人にも通じるものがあるかもしれないけど、超広大な景色を独り占めできるのは冒険の大きなメリットだろうな

>>277
いやもうほんと、現地の人たちはみんな観光地とか興味ないんだろうなw

>>278
いやー、紙一重ですねw

>>279
3枚目に小さく写ってるのは羊だ!
ロバより高価で1頭3万円くらいするらしいw

>>281
はしょってるけどほんとはもっといろんな間違った名前がありましたw

つづき
朝、実は大樹がかなり近い場所にあったことを知った
モロッコ一大きい大樹がこちら




…枯れとるやんwww

…もうちょっとなんか、トトロに出てくるような青々とした大樹をイメージしてたんだけど、まぁ現実はこんなもんだよなぁ…

大樹にたどり着いたのは早朝だったのでまだほとんど人がいなかったけど、大樹の周りはちょっとした広場になっていて土産物屋などもありそうだったので大樹から少し離れた場所で野宿しようと考え、森に入るとたくさんの猿たちが近寄ってきた






…多い。
360度、どこを見回しても猿がいて、おれを注意深く観察しているようだった
攻撃してくる様子はなさそうだったのでとりあえず荷車を森の中に駐車してみんなに餌槍をしていると一人の女性が近づいてきた

女性「はじめまして、私はラブハー。大樹の周りでヘナタトゥー(1週間くらいで消えるタトゥーだ)をやっているの。よろしく。えぇと、あなたは…何人?」
おれ「おれはGo。日本人だ。見ての通りロバたちと一緒に旅してて、ここには1週間くらい滞在しようと思ってる。よろしくラブハー。」
ラブハー「ここに?1週間も?
…そうなると水が問題ね。ここから水がある場所までは4km離れてるもの。
でも、そういうことなら私の姉が大樹の隣でカフェをやってるから水を少し分けてもらうといいわ。」
おれ「いや、さすがにそれは悪いって…
…水は十分あるのか?」
ラブハー「ロバに飲ませる程度の量なら大丈夫よ。明日以降は少し多めに水を持ってくるとしても、私たち車でここまで来てるから問題ないわ。」

水がないのは想定外だったが、なんともありがたい申し出だったので、夕方ラブハーの姉が店を閉める直前に毎日余った水をもらうことにした。

その後ラブハーと別れ、しばらくすると観光客が増え、土産物屋も開店しだした
ちなみにここには土産物屋以外にも、猿の餌を売る少年少女やホースライド体験で小銭稼ぎをしている青年たちがいた。
284ネコスキー :2016/10/11(火)00:53:51 ID:Pxm
水は大事ですね!親切な方いて良かった。

そしてやっぱり猿いたんだ!(笑)猿もお供に?(笑)
285名無しさん@おーぷん :2016/10/11(火)02:02:13 ID:te7
面白いスレなんだけど1以外のコテに萎えるわ
内容と関係ないのにわざわざコテつける必要があるのか
286名無しさん@おーぷん :2016/10/11(火)19:34:43 ID:Z74
>>285
お前何の感想も書いてないけどな
287名無しさん@おーぷん :2016/10/11(火)19:36:48 ID:Z74
枯れてもランドマークなのか?倒れたりしてあぶなくねえか?
288名無しさん@おーぷん :2016/10/11(火)19:37:44 ID:esm
今北産業
289名無しさん@おーぷん :2016/10/11(火)20:16:28 ID:tXq
なんかそこまで大木に見えない。
変哲もない木が観光名所なの?
290忍法帖【Lv=13,キャタピラー,bGw】 :2016/10/11(火)20:45:09 ID:UeG
宇宙(そら)と交信だ!
2911◆jHsnWuH7MU :2016/10/12(水)06:46:44 ID:32n
>>284
猿も仲間に引き入れたかったんですけどねw
猿同士の社会がしっかりしてるみたいだったからそっとしておくことにしたw
>>287
少なくとも観光客は毎日たくさん来てるwww
倒れたら…そんときはしゃーないって感じだwww
>>288
ロバと旅して
300km
いまは森
>>289
初めて見たときおれもおんなじ感想だったwww
モロッコ一大きいってだけで世界的に見ればそこまで高くないし、カメルーンの熱帯雨林の木々の方が余裕で大きいw
でもグーグルマップにもちゃんと載ってるし、毎日数百~千人くらい観光客が来てるw
おれの滞在中に日本人がツアーで来たこともあったw
>>290
あぁ、確かにアンテナっぽいなw

つづき
昼過ぎ、キャラバンの動物たちに餌をやり終え、やることもないのでのんびりしていると観光客のグループが話しかけてきた

観光客「写真、撮ってもいいですか?」
おれ「もちろん!」

写真撮影を終え、観光客たちに冒険の説明をする
みんな興味津々の様子だ

…あれ、こんなこと前にもあったような

これまた小遣い稼ぎしてもいいんじゃね…?

おれ「もし、できればでいいんですけど…」

結果、以前の長距離バスの運転手とのやり取りのような感じで15DHを手に入れることができた
できれば…とかいってるけど、こんな山奥まで車で観光に来ている人たちがおれに小銭を支払えないわけがない

これまでの経験のおかげで交渉に関してはかなり自信がある
ここ数十年のモロッコでロバを連れてこんな旅をしているのはどうやらおれだけらしいし、移動しながら卵を産むにわとりなんてのもかなり珍しいはずだ
ラテの可愛さなんか理論を超越してるレベルだし、モロッコの宗教的な背景も含め、小銭稼ぎを安定させる勝算はあった

あとは周りの商売人たちがどう思うかだったけど、おれがいたのは大樹から少し離れた森の中だったし、そもそもこっちでは商売に関してけっこう無頓着な商売人が多いから問題なさそうだった

というわけでおれは、冒険譚や写真撮影、にわとりの卵なんかを利用してひっそりと小銭稼ぎを始めることにした
初日からあまり目立った動きはしたくなかったので、おれに興味を持って話しかけてくる観光客限定だ

この後も夕方まで何組か観光客が来たため、結局この日は107DH(1000円ちょっと)稼ぐことができた



292別スレ8 :2016/10/12(水)09:17:39 ID:JWf
大樹はイメージと違って残念でしたね。緑の多い
日本とモロッコの人では感覚が異なるのか…。
そういえば商売も旅の目的の1つでしたっけ。
今はお小遣い稼ぎ程度でしょうが、今後は売買の
規模がふくらむのも期待してます。良い旅を!
293冒頓単于◆XuHlfjDjx0ab :2016/10/12(水)09:19:04 ID:VmV
遅れを取るわけにはゆかんな
294名無しさん@おーぷん :2016/10/13(木)12:36:18 ID:Lpn
書籍化したら買うわ
体には気を付けてな
295名無しさん@おーぷん :2016/10/13(木)12:50:24 ID:CFr
107でも千円…
2961◆jHsnWuH7MU :2016/10/15(土)02:41:45 ID:ptA
>>292
もうちょっと生命力強そうなのを期待してたんですけど…w
大樹というより猿目当てで来ていた人も多かったですねw

>>293
なんだそれwww

>>294
ありがとう!!
病気にならないように気を付けるよ

>>295
1日で1000円も稼げたらモロッコでは大儲けなんだけどなw
こっちは平均年収25万円とかだから


つづき
(1DH=だいたい10円)

107DHというと、出発地点のトドラ渓谷からここまでにかかった旅費とほぼ同額だった
1週間も滞在すれば、タンジェまでに必要になる予定額(ここまで一日平均5DHぐらい使っていて、多めに見積もってタンジェまで30日なので、少し贅沢な暮らしをしたり新しい仲間を引き入れたりすると仮定すると300DHくらい必要だ)は余裕で稼げる気がした

土産物屋に関しては仕入れ値の推定が難しいのでわからないけど、この時点でおれの周りで猿の餌を売ったりホースライドで小銭稼ぎをしている青年たちよりは確実に稼げていた
それでも特に何も言われず問題なさそうだったのは、ここがモロッコだったからだ

今日一日で周りの商売人たちともそれなりに仲良くなれたので、明日はもう少し本格的に稼いでみよう、なんて考えながら野宿の準備をしているとラブハーがやってきた

ラブハー「Go、調子はどう?
えぇと…そこで寝るの?」

おれ「そうだよ!野犬がいるみたいだけど慣れてるから大丈夫w」

ラブハー「うーん、もしよかったらなんだけど、私の父はこの観光地の責任者で、あなたのために夜間だけ土産物屋の小屋を貸してくれるって言ってるんだけど、どう?
夜間は野犬が危ないからその猫も一緒に寝ても大丈夫よ」

…なんと、ラブハーは偉い人の娘だったらしい
ラブハーはもしよかったらなんて言っているけど、もしおれの身に何かあったらラブハーの父に迷惑がかかるわけで、それは避けたい
そもそも断る理由なんてないしありがたく夜間限定で小屋を貸してもらうことにした

水も寝床もラブハーに世話になりっぱなしだけど、アズロウの森に滞在している間は安定した生活が期待できそうだ!



297ネコスキー :2016/10/15(土)10:29:20 ID:Idj
おお~!良き人に恵まれますね~。でもこれが旅の醍醐味かな。お猿さんはやっぱり興味津々で見てるような気がする(笑)いつの間にか乗ってたりして(笑)
298名無しさん@おーぷん :2016/10/16(日)09:45:15 ID:XHZ
支援
299名無しさん@おーぷん :2016/10/17(月)19:23:45 ID:JeC
関係無いがリヤカー旅をしてる人を見た。
若くて時間があって勇気があればやってみたいな。
3001◆jHsnWuH7MU :2016/10/18(火)03:28:57 ID:4Br
>>297
いやーほんと、ラブハーには感謝してもしきれないw
なんであんなに助けてくれたんだろうw
>>298
ありがとう!
>>299
すげぇ!
そういう人と仲良くなって情報交換とかしてみたいなぁ

つづき
次の日

今日はもう少し積極的に稼いでみようと思った
…といっても強引に客を引いて来たり、集客を狙って大樹の近くに移動したりするのはなしだ
こんな森のなかじゃなくて大樹の近くなら少なくとも今の5倍くらいは稼げるんだろうけど、モカは人混みや騒音が嫌いだしラテも猿を怖がっていたので却下だ

昨日一日で時間帯ごとの観光客の増減や移動方向なんかはおおよそ掴めたので、それに適した形に荷車の方向を変え、おれは小銭稼ぎを始めることにした
目標金額は7日で300DHだ
昨日の感じでいけば余裕で達成できるから、余ればその分おれも動物たちも贅沢な暮らしができるだろう

おれ「よっしゃ、頑張るぞモカ!!」



…やる気ねぇwww

まぁそんなこんなで小銭稼ぎを始めた
近くに来た観光客に声をかけ、冒険譚や写真撮影で小銭を稼ぐ
相手に応じて話を切り出すタイミングや金額を増減させるのがすごく楽しい
観光客の人たちも楽しそうだし、おれもゲーム感覚で楽しめるしでWin-Winだ

途中、遊牧中の羊が横切った時、モカがゆっくりと起き上がる

おれ「お前…興奮できれば何でもありなんか…」



モカは最高の相棒だけど、それと同時にハイレベルな変態でもあったみたいだ

この日は夕方になってもまだまだ観光客がたくさんいる日だった

交渉が楽しくて仕方がないおれ
五感を総動員させて相手の情報をかき集め、交渉を切り出すタイミングや値段を決めていく

1週間で300DH稼げれば十分なんだ、そんなに焦らなくてもいい…
…にしても楽しい


おれ「今宵、語られるはおれの冒険譚!!!」


…結局、その日稼いだ金額は374DH(4000円ちょっと)だった



301別スレ8 :2016/10/19(水)05:59:49 ID:EYY
異種交配ハァハァ(´Д` ) って人間みたいな
変態ですな、モカ。若さってすごいw
商売楽しそうで何より。気を付けてガンバレ!
302名無しさん@おーぷん :2016/10/20(木)19:38:50 ID:gsE
この硬貨カッコいい。
前にゴルフしてた時に気に入って使ってた。
当時はどこの国か知らなかったけど。
3031◆jHsnWuH7MU :2016/10/22(土)22:56:24 ID:bGE
>>301
ありがとう!
いやーほんと、特にモカは仕草や行動に人間味があっておれは好きだw

>>302
外側と内側で色が違うとなんか特別感出るよなw
外国のコイン集めてる人の気持ちも分かる気がするわw

つづき

※ごめん、これはほぼリアルタイムの実話だから、想定外のことや厳しいこともたくさん起こる
人によっては気分よく読めるの>>300までかもしれない
この辺りからこの冒険は一筋縄ではいかなくなってくる


次の日
朝、起きてモカと一緒にモカの餌探しに出かける
荷車を停めている辺りにモカの餌はほとんどないので、一日2回は放牧してやらないといけない

ラテはアズロウについてから元気いっぱいで、荷車についているヒモ(モカに結ぶ用途で使っていたもの)が遊び道具として気に入ったらしく、楽しそうに遊んでいた
なのでおれはラテを荷車に残してモカと出かけることにした

モカの餌が豊富にある林を見つけ、モカを放牧すること2時間(満腹にするにはそのくらい必要だ)、モカが満腹になったようなので大樹まで帰ることにした
荷車の手前でラブハーに会い、ラテの餌用に昨日の料理の残りの鶏肉を分けてもらった

ほんとラブハー優しい、ありがたい

ラテは肉が大好物だから喜ぶだろうなぁ、楽しみだなぁ
そんなことを考えながら荷車に到着

おれ「ラテ!
鶏肉持ってきてやったぞ!
来いよ!」

ラテは来なかったが、この頃はまだ名前を呼んでも反応しなかったから当然といえば当然だ
ラテはいつも臭いを嗅ぎつけて寄ってくる


…あれ、ラテ、どこ行った

ラテの性格上荷車の遠くには行かないだろうと思って探していると、案の定荷車の下にラテはいた

おれ「ラテ、ほら、鶏肉だぞ!来いって!」


…返事がない
ラテは動かなかった

あれ、ラテってこんなに薄汚れてたっけ…
304名無しさん@おーぷん :2016/10/22(土)23:27:29 ID:nzx
え…
305別スレ8 :2016/10/23(日)14:18:31 ID:UAR
エエエ…Σ(゚д゚lll)
306名無しさん@おーぷん :2016/10/24(月)18:06:03 ID:5dE
ちょっとちょっとここで引っ張らないで
不安じゃまいか!
3071◆jHsnWuH7MU :2016/10/25(火)05:56:30 ID:XS4
>>306
ごめん、今熱出ててw
更新はもう少し待って欲しい
308ネコスキー :2016/10/25(火)07:34:31 ID:Kup
えっ……………………
3091◆jHsnWuH7MU :2016/10/26(水)03:39:37 ID:rhE
つづき
ラテの様子がおかしい

このとき見えていたのは後ろ姿だったけど、座っていたから寝ているわけではないのは分かった

荷車の下は薄暗くてよく分からないのでラテの状態を詳しく確認するためにラテを持ち上げようとすると、ラテはおれが今までに聞いたことがないほど大きな声で鳴いた

…触られるのを極度に嫌がっている
警戒しているのか、怖がっているのか、痛がっているのか

分からなかったが、できるだけ優しくラテを手元まで連れてきて、外傷などがないか確認する

見た感じ特に傷があったり血が出ていたりするわけではなかったが、背中の辺りを触った時だけ強く鳴くことから、体内に物理的な異常があるんじゃないかと思った
毛はボサボサ、薄汚れていることから、何者かに襲われて怪我を負ったんだということは容易に想像できた

この森でこの時間帯にラテに危害を加えられる存在は一つしかない

猿だ

この森の猿たちは人間慣れしていたし人間には絶対に攻撃的な態度をとらなかったから安心してしまっていたけれど、弱そうな子猫にまで従順だと考えるのは都合が良すぎる考えだった
ラテは、猿に攻撃されて重傷を負ってしまったに違いない

すぐに、病院に連れて行かないと…

そして気づいた

今日、土曜日…

モロッコでは動物病院はどこも土日は閉まっているため、ラテを病院に連れていくには月曜日まで待たなければならない

ラテはいくら餌をやってもがりがりのままで余分な体力はなかったから、きちんと栄養のある食事を摂らないと月曜日まではとてももたないだろう

とりあえず荷車の中にあった水、鶏肉、鰯、チーズをラテの目の前に並べ、いつでも食べられるようにして観察をすることにした
そして夕方になった

ラテは、何も食べない
途中、何度も水やチーズを口元に持って行ったり口周りにつけてみたりしたけど、ラテは口元を舐めることすらせず、水は虚しくこぼれ落ち、口周りのチーズは時間の経過と共にカサカサになっていった
310別スレ8 :2016/10/26(水)05:08:25 ID:KdR
ラテ…頑張れ(´;ω;`)
311名無しさん@おーぷん :2016/10/26(水)17:02:45 ID:TK0
ラテ大丈夫か…
312名無しさん@おーぷん :2016/10/27(木)04:39:14 ID:fms
ラテ…頑張って(;O;)
3131◆jHsnWuH7MU :2016/10/27(木)08:09:28 ID:M4i
>>310-312
この時は今にもなくなりそうなラテの体力に望みを託すしかなかった…

つづき

…だめだ、実際のところ1日ぐらい食べないのは問題ではないけど、朝から何も飲んでいないのはやばすぎる

時間が経つにつれてラテはどんどんぐったりとしてきた
体温もいつも以上に熱い

熱があるようだ

このままではまずい
そう考え、いったん下山し、牛乳を買ってきて与えようとしたが、やっぱりラテは飲もうとしなかった

猫は温かい食べ物のほうが食欲がそそられると聞いたことがあったので、牛乳に卵黄、小麦粉を混ぜたものを加熱してぬるめの温度で与えてみたが、やはりだめだ


…ちょっとかわいそうだけど、仕方ない
ラテの口を無理やりこじ開ける

口を開けても(実際は唇をめくっただけの状態)ラテは頑なに歯を閉じていたが、先ほど作った料理を歯に塗りたくって見守ると、ぺろぺろと歯を舐める仕草をした

…食べようとしてるんじゃなくて、多分歯に異物が付いてて気持ち悪いから舐めてるだけだと思うんだけど、とにかく口経由で栄養補給させる方法は分かった!

1-2分で一舐めずつぐらいのペースでしか与えられなかったけど、とにかくこの夜、その料理を大匙1杯分くらい与えることができた

よし、今日の早朝までは普通に水を飲んでいたはずだから、今晩はこれで十分だ
ゆっくり休んで体力を温存してくれ、ラテ

そしておれは不安な気持ちと戦いながら眠りについた

次の日

今日もラテは何も食べようとしなかったけど、弱々しくて今にも倒れそうな動きではあるもののジャンプや移動が出来るようになっていた
熱も少し下がったようだ

ただし、だからといってこのまま治るとも言い切れず、今の状態が生死に関わるかどうかなんておれでは判断できないのでもちろん明日動物病院に連れていく予定だ

この日も昨日と同じように加熱した卵黄や牛乳、チーズなんかを歯に塗って与え続けた

その夜、小屋の床で布団もかけずに寝るおれを見かねたラブハーがふとんを貸してくれたので、ラテのことは心配だったけど久々に質の高い睡眠をとることができた
314ネコスキー :2016/10/27(木)12:21:43 ID:HFg
毎日心配してます。お願いだよ~…………………。
315名無しさん@おーぷん :2016/10/29(土)07:25:08 ID:OMX
ラテがんばれ
316名無しさん@おーぷん :2016/10/29(土)20:46:59 ID:Dji
続きは?
3171◆jHsnWuH7MU :2016/10/29(土)23:27:32 ID:Cvi
つづき

次の日
動物病院にラテを連れていったが、獣医不在で助手しかいなかった

助手に猫について尋ねると、「専門外だからわからない」とのことだったが、獣医に電話をかけてくれることになった
その結果、リポDみたいな臭いのする薬とヨーグルトみたいな臭いのする薬の2種類を処方された
ちなみにモロッコには基本的に動物用の薬局なんてものはないので、動物病院ではなく薬局で薬を購入するようにと指示された場合はほぼ確実に人間用の薬だ

リポDみたいな臭いってかリポDだろこれ…
あげていいんだろうか…

回復後は注射をする必要があるらしいが、ラテが自発的に食べるようになってからだそうだ
多分感染症予防の注射だろう


大樹に帰って早速ラテに飲ませようとしたが、ラテは特にリポDの方は嫌いなようで、どうしても唾液と一緒に吐き出してしまう

仕方がないので頬の内側にある歯の隙間から薬を流し込み、できるだけ優しく口を無理やり閉じさせることにした
ラテは目を白黒させて暴れたが、何とか飲んでくれたようだ

その後しばらくするとラテは薬が効いたようで、相変わらず何も食べようとしないものの動きは8割りがた元気な時と同様に振る舞えるようになった
なんとかこのまま治って欲しい

夕方、カプチーノがブラックをつついていじめているのを発見した
アズロウに来てからずっと鳥小屋の中だからストレスが溜まったんだろうかと考え、ラブハーに相談することにした

おれ「ラブハー、さっきカプチーノがブラックをいじめてたんだけど、やっぱり鳥小屋が狭くてストレスたまってるのかな?」
ラブハー「そんなことないと思うわ。うちは広い庭でたくさんにわとりを飼っているけど、それでもいじめはよく起こるし。
毎日のように続くなら問題だけど、しばらく様子を見てみたらどうかしら。
…ただ餌は、もう少し良いものをあげてもいいわね。明日持ってきてあげるわ。」

ラブハーはにわとりについてかなり詳しく、卵を産むために必要なものや餌についてたくさんのことを教えてくれた。
ラブハーの家ではラブハーが子供のころからにわとりを飼っていたようだ。

ブラックとカプチーノについては、いじめが続くようならどちらか片方にキャラバンを離脱させるのも視野に入れて見守ることにした。

写真は、ラテしか写ってないけど大樹の近くでモカを毎日放牧させていた時のもの。
モカもラテもほっとくわけにはいかなかったけど、ラテを箱に入れて運ぶと両手がふさがってモカをひけなくなるし、かといってラテを鷲掴みにするとラテの体により負担がかかりそうだったので、この頃からおれはラテを肩に乗せるようになった
肩だけじゃなくて後ろにリュックを背負っていたからラテにとっては丸まって寝られる程度には広い空間だったようだ



3181◆jHsnWuH7MU :2016/10/29(土)23:30:19 ID:Cvi
補足:薬については薬の名前が殴り書きされた紙を助手からもらい、薬局で購入した
319ネコスキー :2016/10/30(日)11:43:55 ID:QNv
お願いだから良くなりますように(泣)

離れる時は何が起こるか分からないからゲージに入れといた方が良いかもですね。

小さい注射器(針なし)があれば、飲ませやすいんだけど…。ストローとかもないかな?

回復祈ります(泣)
320別スレ8 :2016/10/31(月)00:01:58 ID:qnD
ラテ…良くなるといいけど、食が進まないのが
気になる。他の動物たちもみないといけないから
スレ主さんの旅は想像以上にハードだ。
3211◆jHsnWuH7MU :2016/11/01(火)01:23:08 ID:ztU
>>319
ゲージ…が簡単に手に入る国ならよかったんですが…
この時のラテは完全に飲食拒否状態でしたね…

>>320
そう、今思えばラテはそもそも出会った時から全然食べてなかったなぁ
ラテの面倒だけ見てればいいってわけじゃないのがなかなか大変だったw


つづき
次の日のことだ

ラテを膝に乗せていると、ラテが急にのそのそと動き出した
先ほどまでラテがいたところをよく観察してみると、茶色いシミがある




この数日間、固形物はほとんど何も食べていないので液状かつほんの僅かではあったけど、それは猿に攻撃されて以来初めてのラテの排便だった

猫は自分の排せつ物の臭いがある場所をトイレにする習性があるのでおれの服がトイレ候補になった可能性は否めないが、そんなことはどうでもいいw
排便したということは少なくとも胃腸はそれなりに機能しているということだ

…よかった、少しずつだけど、ラテは順調に回復している…!
この時のめちゃくちゃ嬉しかったあの気持ちは、今でも昨日のことのように思い出すことができる


さぁ、今日も気合入れて頑張ろう!

…実は、ラテが猿に攻撃されてからもラテの様子を見つつ小銭稼ぎは続けていた
ATMは都市にしかないのでいつでも現金が引き出せるという状況ではないし、ラテやほかの動物たちに何かあった時の手術費用などを稼いでおいた方がいいと考えたからだ
ちなみにこの日までに稼いだ額は1000DHを超えていた

そしておれの機嫌とシンクロするかのように、この日はモカも上機嫌だった
まぁこの日モカが上機嫌だったのは午前中観光客の人たちからメロンや野菜をたくさんもらっていたからなんだけどw

ブラックとカプチーノに関しては、いつも以上に豪華な餌をやったからか、昨日のようないじめは起こらなかった
ちなみにその後、カプチーノがブラックをいじめることはなかったため、2羽とも継続して連れていくことにした

そしてこの日の夜、ラテに半熟卵を与えてみると、なんとラテは能動的に舐めてくれた
さすがに卵1個食べる元気はなかったみたいだけど、それでも大きな進歩だ
リポDの方の薬は毎回飲むのを拒否していたから多少無理に飲ませていたけど、多分それは臭いによるものだろう

大丈夫、ラテは大丈夫
毎日確実に良くなってきてるじゃないか

不安な気持ちを払拭するために何度も自分にそう言い聞かせていたのをよく覚えている
322別スレ8 :2016/11/01(火)04:13:38 ID:99P
頑張れ、ラテ頑張れ(´;Д;`)
スレを読むことしか、祈ることしか出来ないけど。
スレ主さん、モカもブラックもカプチーノも、
みんなみんな頑張れ…!
323ネコスキー :2016/11/02(水)17:43:53 ID:bNs
やめて~……なんか先が…(´;ω;`)

日本て色んな意味でやっぱり恵まれてる事もあるね…。少なくとも医療だけは恵まれてるのかも。その国それぞれの良さはもちろん有るけどね。

みんなの無事を祈らずにはいられないよ…。
324名無しさん@おーぷん :2016/11/02(水)21:08:08 ID:n1k
相棒がいれば楽しいけど病気やトラブルは辛いな。
日本だとコンビニで子猫用のエサ売ってるけど海外じゃ考えられないし。
遠い地から祈ってる。
3251◆jHsnWuH7MU :2016/11/03(木)22:11:38 ID:Sja
>>322
ありがとう!!精一杯頑張る!
>>323
日本が最高の国だとは思わないけど、物欲と食欲を日本以上に簡単に満たせる国はないと思う
ローカル言語だけで食っていけるし
>>324
犬は番犬としての用途があるからドッグフードは大都市ではそれなりに普及していたけど、キャットフードは全然見かけなかったなぁ…

つづき
ラテは少しずつだが着実に回復してきていた
次の日、朝起きてラテに朝食を採らせようとしてミルクと水の前にラテを移動させると、ラテは恐る恐る容器に近づき、1分ほど飲もうとしてやめる行為を繰り返したあとで遂にミルクを飲んだ
水も飲んだ
どちらかというと水の方を意欲的に飲んでいた
薬はもちろん継続して与えていたが、やはりリポDの薬は嫌いみたいだ

さらに次の日
ラテがついに普通の排便をした
小さめだったが健康なときと見分けのつかない便だった

ある程度回復したようなので、念のため動物病院に連れていくことにした
出来れば感染症予防の注射もうって欲しかったし

今回は獣医がいたので直接ラテを見てもらうことになった
とりあえず大きな問題はなさそうだけど、と言って獣医は言葉を続ける
獣医「こんなに痩せてたんじゃあ体力的に注射はうてないなぁ。もっと食べて太らないと…」

確かにラテはがりがりだったが、そもそも出会った時からがりがりだった
この時点でラテと出会ってから3週間以上経過していたし、好きなだけ魚やチーズを与えていたんだけどラテは全く太らなかった
例えばアズロウにあと1か月滞在したとしても、ラテが注射に耐えられる程太れるとは思えなかった
アズロウでこれ以上ラテにしてやれることはないらしい

そしてその夜、ラテがついに毛繕いをした
鶏肉にかなり興味があるようだったが、食べず
その代わり半熟卵を口元に持っていくと美味しそうに食べていた

…あさって、出よう
90km先にはモロッコ第二の大都市、フェズがある
フェズの設備の整った動物病院でラテに健康診断を受けさせよう
そう決めて、がりがりのラテを抱きしめながらおれは眠りについた

写真はラテが早く元気になるようにと作ったカルボナーラ風スープパスタ



326別スレ8 :2016/11/04(金)03:12:36 ID:pnF
猫は共に暮らす人間と嗜好を合わせる感じ
ですね。海に囲まれた日本だからお魚を食べる
らしいし。鶏肉でなく、スレ主さんの好きな
卵に行くところが、何とも愛らしいです。
クリーミーなカルボナーラ風パスタ、旨そう!
ヽ(・∀・)
327ネコスキー :2016/11/04(金)10:44:41 ID:Q8q
食べられなかった期間が長かったかもね(拾う前)。だもんで胃とかが未熟なのかも。少量でカロリーあって消化の良いものか~……やっぱ子猫用のキャットフードだよね~……。
手に入るの祈る。

しかし卵たべるとは!それだけ主さんの事信頼して好きなんだね。同じの食べたいんだ( ̄^ ̄゜)

鶏肉潰して練ったものと卵混ぜてみたらどうだろう?

回復と皆さんの無事を祈る。
328名無しさん@おーぷん :2016/11/04(金)20:10:29 ID:h7A
子猫が食べても食べても痩せたままなのはお腹に寄生虫がいるから
これは獣医で薬貰って飲ませないと駆除出来ないから次獣医行ったら相談してみて
3291◆jHsnWuH7MU :2016/11/06(日)13:41:37 ID:auY
>>326
なるほど、そんな嬉しい解釈があったのかw

>>327
ありがとう!
なるほど、鶏肉と卵を混ぜる発想はなかったな…

>>328
うわぁすごい詳しいですね!
実はフェズで獣医さんに同じことを言われて、薬飲ませました!

つづき
次の日
この日は荷車の掃除と装備の点検等を中心に行うことにした
大雑把な出来事しか書いてないから省略されがちだけど、実はこの時点で何度も荷車の修理、補修を行っていた
荷車の屋根の上に乗せるソーラーパネルの取り付け部を改良したり(着脱に手間取っているとラテが下からひっかいてくるw)、
モロッコ人にどこかしら壊されて(荷車から少し離れた場所で休憩している時やご飯をごちそうになっている時になんの躊躇もなくいじって壊す人は結構いたw)修理したりもした

この日に関して言えば、移動中の振動によって緩んだ釘を打ち直したり、モカが荷車をより運びやすいように改良したりした

この日の食事でラテは半熟卵の他にチーズも食べられることが分かった
それなりに高いところからの着地も安定して行えていたからかなり良くなっているかと思ったんだけど、夕方、ラテの横腹から膿が出ているのを発見した
猿に襲われた直後は目立ってなかったから全く気づけなかったけど、膿が出ている辺りの毛をかき分けると歯型のような傷跡が浮かび上がっていた

膿はしばらくすると収まったので、とりあえず消毒
その後調べたところ、よほど傷口が大きい場合やほかの病気が併発している場合を除いて、基本的に清潔に保てていれば膿は直ちに命に関わるわけではないということが分かった
もちろんできる限り早くしっかりした獣医に見せるべきだし、今まで通りにジャンプしたり動き回ったりしていたら傷が開いていつまでたっても治らないだろうから安静にすべきだ
かわいそうだけど、ラテは荷車の中で1週間くらい絶対安静させることにした
その場合、ここに留まっているとまた猿に攻撃される恐れがあるため一刻も早くフェズに向けて出発しないといけない

順調に治っていたからようやく少し安心していたところだったんだけど、ラテはまだまだ油断できない状況だったらしい
そしてその夜は、次の日スムーズに出発する為に大樹のある場所から少し下山した林の中で野宿することにした
ここなら野犬も猿もいないから安全だ

写真は、仲間にするかちょっと迷ったけど毒の強さは未知数だし万が一逃げ出してラテを攻撃したりしたら洒落にならないなと思って結局カプチーノのタンパク源となった野生のサソリ



330別スレ8 :2016/11/06(日)19:32:32 ID:wwy
生サソリ! 冗談抜きで危険が日常の隣に…!
毛におおわれていると傷が判り辛いですよね。
うちの三毛も、ほっぺを押したらウミが出て
きたことがあって慌てて消毒したことが。
爪とかで小さくプスリとやられると密かに化膿
するみたいですね。気付いて良かった。
ラテちゃん、お大事にー(=゚ω゚)ノ
331ネコスキー :2016/11/07(月)21:40:08 ID:PhO
サソリ!:(;゙゚'ω゚'):

ラテちゃんが気になって気になって(汗)

同じ事起きないよう、やっぱりゲージあると少しは安心ですが(猿とかは手が長いから届かない距離も必要)、手に入りにくそうなので、木箱はどうでしょう?隙間が程よく開いてるタイプの。

噛まれてたんだね(´;ω;`)破傷風とか無いのを祈ります。

主さんも本当に怪我や病気には気をつけて下さい。(連コメごめんなさい)
3321◆jHsnWuH7MU :2016/11/09(水)04:29:50 ID:q5x
>>330
アズロウ周辺ではみんなサソリには警戒してなかったから、毒もみておこう、と思って刺されてみたけどちょっとしびれるだけだったw
膿が出てきたときは驚いたけど膿によってラテの体調が悪くなるとかそういうことはなかったみたいで良かった
>>331
うーん、木箱を入手するとなると木材買ってきて自作かオーダーメイド(職人は「1日で作る」っていうけど実際何日で作ってくれるかは割と運しだいw遅いと何週間もかかる)するしかないけど、
適当な大きさの木材入手する(6m単位とかでしか売ってくれない。鶏小屋作れたのはマジで運が良かった)時点でなかなか難しかったからなぁ
でもアズロウ以降は荷車の中にさえいれば安全だったから大丈夫だ!
ちなみにそもそもラテ自身ほかの猫や動物に対して喧嘩っ早いところがあるから今回の怪我はそれも影響してると思う
ラテが攻撃的にならないのはモカに対してだけかな
モカもラテに顔をくっつけたりするし、なぜかこの組み合わせは仲良さげな感じでみててほっこりするw

つづき、というか番外編
さて、ここから第3の目的地、フェズに向けて出発するわけだけど、その前にこの小銭稼ぎをガチった場合どんな感じになっていたのかも書こうと思う。
今回行商が目的の一つだったし、誰かの参考になるかもしれないから書き残しておこうと思う

アズロウに滞在したのは9日間
その間に稼いだ合計額は1,753.5DH(日本円だと19,000円ちょい)
一日当たり2,000円ちょい稼いでた計算になる

実際はラテを病院に連れて行ったりしてほとんど稼げなかった日もあったし、何より大樹にもう少し近ければさらに稼げたとは思うけど、とにかく1日2,000円ちょっとは稼げる感じだ
この調子で1ヶ月、27日くらい働けば(というか座ってるだけでもたまに人来るし30日計算でいいかもしれないw)6万弱、この時点でモロッコに来てからの滞在費とモカや荷車に製作にかかった費用を全額支払っても少し余るくらいだ
更にあと1ヶ月働けば計12万弱で、時期によってはスペイン経由(おれは東アフリカからモロッコに来んだけど、日本からなら多分マドリードまで飛んでから船でモロッコに入るのが最安で、往復最安6万ちょっととかだ)の往復の格安航空券の分まで賄える
モロッコは文化的にも自然的にも見どころがめちゃくちゃたくさんある国だから、アズロウにこだわる必要はなくて、ほかの観光地でも同様に稼ぐことはできるだろうし、1ヶ月ずつ観光地を回ってみるのも面白かったかもしれない
3ヶ月目以降は貯金もしつつ半永久的にモロッコで暮らせると思うw

ちなみにモロッコで比較的簡単に購入できる動物は、ロバ、ラバ、馬、牛、猫、犬、うさぎ(食用)、にわとり、七面鳥(食用)、あひる(食用)なんかだ
あとは野生だとサソリ、カメレオン、ハリネズミなんかが結構多い感じだった

ほとんどの人にとっては興味ないレスだったかもしれないけど、似たようなことをやれば似たような結果が得られるはずだから、興味があれば是非www



333名無しさん@おーぷん :2016/11/09(水)09:25:10 ID:oRt
サソリに刺されてみたって。゚(゚ノ∀`゚)゚。どんだけチャレンジャー!?

材料調達も大変なんですね。鳥も襲われやすそうだから、荷台に外部(野犬とか猿とか)が入りにくく工夫出来たらいいね。その内でいいから頑張ってください。

モカとラテの触れ合いほっこりするなぁ♪

病気には気をつけて下さいね!
3341◆jHsnWuH7MU :2016/11/11(金)23:49:01 ID:A46
>>333
ありがとう、気を付ける!
チャレンジャーというか、定期的に腐りかけのものを食べてるのと同じく経験として必要だからやってるって感じだけどねw
アナフィラキシーショックのリスクも少しあるけど、次に本当に安全が保障できない環境でサソリに刺された際に今回のサソリの毒の持続時間や痺れ、痛みの感じと比較して緊急度を推し量ることができるし
旅や冒険中なら医者が近くにいる状況なんてまずないだろうし、いても信用できない(ラクダスレ参照)から行くか退くかの自己診断能力が大事なんだ
このスレでもおれはラテに対する対応で医者に頼りっぱなしの無力な醜態を晒しているけど、冒険したいならほんとは臨床的なことも含めてもっと勉強しないといけないんだ
最近は外国語の勉強がそれなりに落ち着いてきたから日本に帰ったら少しずつそっちの勉強も始める予定だ

つづき
朝、ラブハーの実家に寄って少し話と写真撮影なんかをしてから出発
さすが観光地の責任者の家、といった感じの豪華な造りの家で、広い庭では鶏たちがのんびり暮らしていた
別れ際、ラブハーは自家製の蒸しパンとクッキー(ちなみにモロッコではパンを各家庭で作るのが割と一般的だ)をくれた、おれはいつもパサパサのパンばっかり食べてたからマジでありがたい

さぁ、フェズに向けて出発!

地図によると10kmほど先にイフレーンという町があるらしい
そこで昼休憩を取ろうと考え、歩くこと3時間



…あれ、なんかめっちゃ綺麗な町じゃね…?



え…



は…?

…なんだこの意識高い町はwww
こんな綺麗な芝生も運動設備もこれまで見たことなかったぞw

道路以外一面に敷かれた青々とした芝生
運動や休憩を楽しむ裕福そうな人々
小さな町でがらの悪い人を見かけないにもかかわらず確実にアズロウの倍以上はいる警察たち
この町だけ謎に高い物価(他の町では3-3.5DHで売ってる牛乳500mlパックが7DHだった。買わなかった)

…とてもモロッコだとは思えない
なんだかいきなり別の国に来たような気分だ

この時は知らなかったけど、実はこの町はヨーロッパの高級住宅街と同等となることを想定して創られた、モロッコでトップクラスに綺麗なセレブの為の町だったようだw
335別スレ8 :2016/11/12(土)00:58:23 ID:Ego
醜態だなんて思ってませんよー。こと、医療に
関しては人も動物も素人判断がいちばん危険だ
と思います。今後勉強されるとしても今は何も
知らないのだから専門家に頼って正解かと。
たとえ信用出来ないにしても(^_^;) もちろん、
ラテちゃんの容体なんかは近くでずっと見て
きたスレ主さんの判断も重要だと思いますよ。
街や村が点在すると、それぞれ独立した雰囲気
になるんですかねー。ちょっとイタリアを
思い出しました。
3361◆jHsnWuH7MU :2016/11/13(日)22:42:15 ID:0fK
>>335
イタリアの街並み情緒があっていいですよね、おれも好きです

つづき
イフレーンに入った時から気づいていたけど、モカを休ませる場所がない!
こんな綺麗な芝生を食べさせたら警察に拘束されるレベルだし、車通りも多いから車道付近につないでおくのもダメだ
その他にも裕福そうなおばさんに、動物を町に入れるな、早く出て行けと怒鳴られたりしたのでこの町はそのまま通過し、町を出てから遅めの昼休憩をとることにした

ちなみにこの時期昼間は焼けるように暑いので、昼休憩の時間が少しずれるだけでおれも動物たちも体力的に大打撃を受けることになる
おれは水に濡らしたベドウィンスカーフで武装していたからまだなんとか大丈夫だったんだけど、動物たちはきついかもしれないと考えたので、この頃は定期的に動物たちにぬるくなった水を少しかけてやったりしていた
…まさかフェズ周辺がこれとは比べ物にならないほど暑いなんてこの時は想像もしてなかった

その日はなかなか野宿する場所が見つからず、というか夕方暗くなる直前にフレンドリーな現地人に「1km先に安全な場所がある」と言われて6km先まで連れていかれたため、最後の方は暗い中ライトを使って歩き野宿した
この距離感覚のずれは多分海外によく行く人は嫌というほど経験してるんじゃないかな
ちなみに「責任を感じる」なんてのは厳格な仕事でない限りは日本人特有の感覚だから彼は悪くない
荷車やモカの安全が脅かされるからできることなら暗い時間帯に移動するのは避けたかったけど、
断る為に彼と喧嘩しなかった(こっちは徒歩で逃げる手段はないし、この場合基本的に断っても連れて行こうとするから喧嘩するかもしくはクレイジーだと思われるように振る舞わないと振り切れない)のはおれだから仕方のないことだ

そして次の日
歩き始めてすぐに違和感に気付いた
ほんの僅かだけど、手綱から伝わってくるモカの動きになんとなく違和感がある
なんだろう、モカを観察してみる

最初は全く分からなかったけど、ほんの少し左足を引きずっているようだ
昨日、暗い中歩いている時に捻挫でもしたんだろうか
ロバには猫と同じく暗い中でも見通せる機能が備わっているからほかの動物よりは安全に移動できるはずだけど、比較的足元は見ていない(明るい時でもたまに躓くことがある)からやっぱり暗い中移動するリスクは大きかったようだ
今日は長距離移動するのはやめ、すぐ近くの小さな町で野宿することにした
ちなみにその後、ゆっくり休ませて栄養を与えると、夕方にはモカはもう完全に元通り歩けるようになっていた

ラテは食べられるものが徐々に増えてきているようで、今日はスイカを少しとメロンも食べていた
ただし、膿がまた出てきていたので、かなり心配だ
夜、光に寄ってきたカマキリをラテが追いかけて捕まえ、かじった
その後、ラテは慌てて逃げ出すカマキリを捕まえてかじる行為を3、4回繰り返すと飽きたようで、カマキリに全く興味を示さなくなった
膿は心配だけど、少しずつ元の状態に戻ってきているようだった



337名無しさん@おーぷん :2016/11/15(火)10:42:59 ID:xSm
しえん
3381◆jHsnWuH7MU :2016/11/16(水)23:50:30 ID:9jU
>>337
ありがとう!

つづき
次の日の夕方、おれはフェズから10kmほどの地点に到着した

フェズはモロッコで最も治安の悪い都市の一つだから、ここからは細心の注意を払わないといけない
夜フェズに着くのは危険だと判断したため今いる辺りで野宿場所を探していると、ちょうど良さそうな空き地を見つけた

その空き地には大量のロバの餌と長めのひもで杭に繋がれたロバがいて(=ロバはここで一日の大半を独りで過ごしていると考えられるから家畜を盗むような輩はこの辺りにはいないということだ)、
たくさんの鶏が放し飼いにされていた(=鶏を狙うような獰猛な野犬や猫はいないということだ)
さらに、すぐ近くに大型円形交差点があるおかげで交通整理の警官が24時間体制で働いている(イメージしにくいかもしれないけど、モロッコには基本的に信号がなく、交差点は円形になっていて、どの方向から来た車も反時計回りに回ることで事故を減らしている。
ただそれだけでは万全ではないようなので大型交差点では警官が24時間交通整理をしている)からこの空き地はかなり安全なはずだ




さて、そんな安全な空き地の端の方に荷車を停めて食事をとっていると、荷車の近くに一人の男が来た
最初男は誰かを待っているようだったが、すぐ後から来た男と少し話をし、金と小さな袋を交換していた
袋を受け取った男はそのまま空き地の隅へ行き、注射器を取り出して何やらし始める

えぇ…

より安全にやり過ごすためにコミュニケーションをとるべきだと考え金を受け取った男に話しかけることにした

おれ「おじさん、何売ったんだ?」
おっさん「薬だよ薬。頭がおかしくなる薬。
見逃してやってくれよ、あいつにはこれが必要なんだよ」
おれ「あぁ、おれそういうの気にしないから大丈夫だ。ここには他にも薬の売り手や買い手が来るのか?」
おっさん「いや、ここではおれたち以外は見たことないな」

…ぎりぎり死角とはいえすぐ近くに警察がいる状況で売買をするということは、警察も黙認してるってことなんだろうか
…まぁ深夜とかにぞろぞろ来ないならおれとしては何でもいいけど

そしてその後しばらくすると男たちは帰って行ったので、麻薬の売買が行われていること以外は非常に安全なその空き地でその日おれは野宿した
339別スレ8 :2016/11/17(木)00:11:31 ID:QGK
:(;゙゚'ω゚'):…………。安全の概念が日本の常識
を軽く飛び越えますね。ま、まあラリッた人に
問答無用に刺されたりしなければOKってこと
でしょうか。モカやラテ、ブラックやカプチーノ
そしてスレ主さんが今日も安眠出来ますように。
340ネコスキー :2016/11/17(木)20:13:46 ID:I1l
えっえええ~( ̄▽ ̄;)

毎回驚きの連続ですよ(汗)

ラテちゃん膿出てるのか~(-ω-;)溜まってると炎症して悪化の可能性あるし、出てても化膿の可能性あるしで悩みどころですね(汗)

出来るだけ綺麗な水で洗ったりしたげて下さい。早くお医者さん見つかると良いですね。

治安悪いとこみたいですから、主さんも本当に気をつけてくださいね( ̄▽ ̄;)
341名無しさん@おーぷん :2016/11/17(木)22:32:13 ID:Ixf
海外経験が豊富なスレ主には当たり前かも知れないが警察は正義の味方じゃない。
ましてや外国人では期待出来ないかも。
3421◆jHsnWuH7MU :2016/11/19(土)10:15:54 ID:fVa
>>339
ありがとう!
海外で暮らすと日本がいかに安全な国かよく分かるよ!
実際にスリや強盗の被害に遭うのは稀だけど、そういったことが起こってもおかしくないような環境はどこにいても常に整ってるからな、日本と違って
>>340
ありがとう、気を付ける!
麻薬とか覚せい剤に関しては、多分それなりにバックパッカー経験のある人なら飽きるほど体験してるんじゃないかなw
おれはやったことないけど、だいたいどの国でも誘われるし
そういう人たちはこっちに危害加えそうにない限り基本スルーだ
この頃はラテが心配すぎて毎日不安で不安で…
毎日綿棒で掃除してから消毒液で消毒してたけど、ネットしか情報源がなかったから正しい処置かどうかの判断なんて出来なかったからなぁ…
ほんと、無知は無力で罪だ
>>341
警察だからといって信用するとマジで痛い目見るよなw
ただモロッコは全体的に見ればアフリカではかなりマシな方だ
警官たちはまとまっている訳ではないしみんなそれぞれ自分の物差しで職権を行使するけど、基本的には味方になってくれる
まぁ警官たちが味方になってくれる理由は警官だからじゃなくてイスラム教徒だからなんだけどなw(旅人には出来る限り親切にし、食べ物を恵まなければならないってのがイスラムの教えだ。
頼んでないのに、めっちゃ嫌そうな顔しながら「さっさとどっか行け」って言ってメシ出してくる人とかもいたから、モロッコではかなり強制力のある教えなんだと思うwそこまでして欲しくねーよww)

つづき
さて、ついに第三目的地フェズだ!
フェズ、モロッコ第二の都市。カサブランカ、タンジェと並んでモロッコで犯罪率の高い3トップ。中でもフェズはモロッコ一のスリ、泥棒人口を誇る
理由はメディナと呼ばれるあまりにも複雑な地域があるからだ
複雑に入り組んだ細い路地や裏道、トンネルが何キロにも渡って続いているため、余程慣れた人でないと道に迷ってしまうだろう
そしてその複雑なメディナのあるフェズは「世界最大の迷宮都市」と呼ばれている
迷宮、つまりはダンジョンだ
ダンジョン、なんてワクワクする響きなんだろうか
実は今回のキャラバン旅でおれが一番楽しみにしていたのはこのダンジョンを攻略することだった
ダンジョンを攻略する、というのは一般にどういうことかというと、つまりダンジョン最深部で最高の宝を手に入れるということを指している
今回のキャラバン旅において最もかけがえのない宝、それは仲間だろう
実は昨日、空き地でおっさん達が麻薬の売買をしている傍ら、おれは荷車を改造していた
荷車の下段、荷物庫の半分を空けて板で仕切り、荷車の前から開け閉めできるようにドアを付けて80*80*50cmの小部屋を作った
ラテのことがあったから、できれば夜間やおれが荷車から離れているあいだ留守番をしてくれるような強く賢い動物が仲間になってくれたらうれしいなぁ、なんて考えながら


たくさんの仲間に恵まれたイミルシル、そして旅の資金を十分すぎるほど調達できたアズロウがあったからこそ実現した、第三章、フェズ編の始まりだ!!!



343名無しさん@おーぷん :2016/11/19(土)14:47:53 ID:2iU
支援
344Parama000 :2016/11/19(土)19:52:06 ID:znk
復活ww
拝見してたよ、応援してたよ。
メールすまんな、もう必要ないな。

警察は三四回世話になった、喧嘩して、タイ・エジプト・ペルー。
薬は主な物は全て経験した。メスカリン最強。

スリも何度か見た、銃声も何度か聞いた。日本は本当に平和。
インドで熱帯熱マラリアで、ネパールで食中毒で、死に掛けたから。健康第一。
インドも旅人はクシャトリア扱い、日本の平民も、遠くから来た勇気ある者として。

経験なき知識は空しい。
引き続き、いい旅を。
345別スレ8 :2016/11/20(日)19:21:29 ID:QIb
>>344
復活オメ(*・ω・)ノ
猫スレでもお待ちしてますよ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1476140587/l50
346名無しさん@おーぷん :2016/11/20(日)21:48:53 ID:6S9
また一歩ブレーメンの音楽隊に近づくのか!
3471◆jHsnWuH7MU :2016/11/21(月)01:43:14 ID:rNT
>>343
ありがとう!

>>344
ありがとうございます!
健康第一で楽しみます!

>>346
一歩というか現状すでにリーチかかってるけどなw

つづき
さぁ、いよいよフェズだ!

信号待ち、渋滞なんかを楽しみながら、まずは病院を目指す
アズロウからフェズに来るまでの間に病院について情報収集をしたところ、アメリカ資本の大型病院があるとの情報を得たのでそこに行くことにした
大型病院って時点で家畜の治療がメインだろうし、ラテを診てもらえるかは微妙だけど、少なくともフェズの動物病院に関する情報はあるだろうしモカの健康診断もお願いしたかった
この時点でモカと歩いた距離は450kmくらいだったし、今後も同じように旅を続けられるのか、疲労は溜まっていないか等を病院で専門の人にみてもらうべきだ

さて、かくしてその大型病院に到着
おれの背丈の3倍ほどの高さの門は巨人でも通るのかと思うくらい大きく立派で、大型車両でロバや羊の群れを運んできても通れそうだった

門をくぐり病院の中に入ると、そこにはたくさんの馬やロバたちがいた
部屋に入れられているもの、自由に歩き回っているもの、獣医たちによって診療中のもの

野良猫らしき猫を除いて馬やロバ以外の動物はいなかったので、ラテの診察は無理そうだな…と考えていると、嬉しそうな顔をしながら一人の女性獣医が近寄ってきた

獣医「あの、あなたと写真撮ってもいいかしら?」

キャラバンがもの珍しかったんだろうと思い、いいですよと応えてキャラバンが写真に写るように移動しようとすると、獣医はそれを制止し、そのままおれと二人で写真撮影をした
おれ「あれ、荷車と撮らなくていいんですか?」
獣医「荷車ももちろん素敵だけど、私あなたに会いたかったのよ!あなた、砂漠から来た日本人でしょう?」
何で知ってるんだよw
これまで世話になった誰かの親戚だろうか

おれ「そうですけど、何で知ってるんですかw」
獣医「あぁ、あなた知らないのね。あなた今この国じゃかなり有名人なのよ!あなたの写真や情報はFacebookの友達の投稿で何度も見たわ!それにモロッコの旅行好きのコミュニティのアルバムにもあなたが写ったいろんな写真がアップロードされているわ。
ロバと一緒に旅するなんて素敵じゃない!私たちに手伝えることがあれば何でもするわ、もちろん無料で」

そういえばアズロウを出てからフェズに着くまでに、全く知らない人が乗っている走行中の車から「Go!」とか「Moca!」とか声をかけられることが何度かあった
聞き間違いかと思ってたんだけど、あれマジでおれに声かけてたのか…
モロッコ全域から観光客が集まるアズロウの大樹付近で写真撮影しまくってた影響だろうか

なんにせよ、獣医さんが協力的になってくれているのはありがたい



348別スレ8 :2016/11/21(月)05:03:24 ID:Syk
おっ!スレ主さん、なかなかの男前! ぺっとり
くっついているラテ、可愛い(o^^o) 獣医さんの
間から顔を覗かせるモカもいい感じww
SNSの情報拡散能力、ハンパないですねー。
悪い面もあるでしょうが、こうして善意の輪が
広がるのは嬉しいですね! さて、ラテとモカの
容体は如何に…?
349Parama000 :2016/11/21(月)07:13:47 ID:iUz
いいねww
嘗ての深夜特急や電波少年はヤラセだが、この冒険はリアルだから。

一昨日は南米の親友の誕生日だった。
「君に会い、日本人を好きになった」と言われた時は嬉しかった。
Goさんも、きっとそう!!

インド・コルカタで熱帯熱マラリアで入院したのも、アメリカ資本の大型病院だった。
死ぬ事は全く怖くなかったが、意識が半分ない中、遺書を書いたよww

イメージ通りの冒険家にしがみ付くラテが可愛いwwひょうひようとしたモカもww
Goさんは動物に優しい、本当に素晴らしい!!
350名無しさん@おーぷん :2016/11/22(火)16:42:53 ID:6DW
ほんとすげえよ
分けてあげて
自由を
3511◆jHsnWuH7MU :2016/11/23(水)00:49:27 ID:Lgi
>>348
特に海外ではFacebookの影響力はすごいからなぁ
こっち来てからFacebookの友達200人ぐらい増えたw

>>349
リアルだからこそうまくいかないことも多いですけどねw
マラリア、気付けて良かったですね

>>350
経験や冒険譚をたくさんの人と共有できるように、言語能力と文章力をもっともっと磨かないとな!

つづき
結局その大型病院の獣医たちによるとモカは健康そのもので、このまま旅を続けても全く問題ないらしい
一応やっておこうということでお腹の中の寄生虫を殺す薬を投与してもらったのと、荷車とモカとの連結部の素材を一部包帯由来のものに変えてもらった
そのほか、何か役に立つかもしれないということで清潔な包帯とテープをもらった
ラテに関してはやはり診てもらえないようだったのでフェズの動物病院の情報を訪ねると、動物病院の名前と住所が書かれた紙を見せてもらえた



住所部分をよく見てほしい
通りの名前までしか書いてないのがほとんどだ
まぁ通りや番地が書いてあっても現地の人たちはほとんど知らないだろうしネットなんかじゃ調べようもないから意味ないんだけど、それにしても情報が少なすぎる

さすがはダンジョン!
と、逆にちょっとテンションがあがるおれ

…とはいえラテの容態も心配だったし、一発でたどり着きたかったので獣医さんたちに場所を正確に説明できる病院はないかと聞いて回った
結果、「隣接した2つの通りの真ん中辺りに1件ずつ動物病院があったはず」という情報が得られたので、どちらかは営業してるだろうと予想をしてその付近までラテと一緒にバスで向かうことにした

ちなみにその間モカや鶏たち、荷車は病院内に置かせてもらえた
病院までは結構距離があったし、この協力がなかったら何時間フェズをさまようことになっていたんだろうか、恐ろしい

さて、その付近に到着
まずは一件目を探すも、それらしき建物はない
近くにいた人たちに聞いてみると、そのうち何人かはすぐ近くにあるビルを指さした




え、ここ?
看板も何もないし、集客する気無さすぎじゃないのか…
と思いつつ、ドアを開けると中は普通に動物病院だった
…鶏専門ではあったけど

残念、今はブラックもカプチーノもいないからやってもらえることもないので次の病院を目指して歩く
もし次の病院もダメだったら結構やばい
病院のリストは写真に撮っていたけど、住所で聞き込みしても半径300mくらいまでしか絞り込めないだろうしほぼ無意味だ

正直不安だったけど、それは杞憂に終わった
なぜなら次にたどり着いた病院こそが、おれに多くをもたらしてくれる、フェズ編の鍵となる動物病院だったからだ



352Parama000 :2016/11/23(水)06:39:45 ID:tw@Parama000 
リアル・現実・真実に気付く事が旅の目的の一つ。それが人生・旅。
入院が一日遅かったら確実に死んだらしいww
スロベニア女性とオーストラリア男性が命の恩人。今もメールの遣り取りしてるよ。

アラブ人は地図が読めないから。民族の特徴が面白い。
逆境に遭うと燃えるねww生命力が爆発するww
運も実力の内、「案ずるより産むが易し」、さてフェズ編の鍵や如何に。
353別スレ8 :2016/11/23(水)19:30:12 ID:7TI
ダンジョン攻略お疲れ様! モカが元気で
何より。ついに猫を見てもらえる動物病院!
ラテが少しでも健康になりますように。
354名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)22:46:30 ID:URP
はじめまして。
たまたまこんな素敵なスレ見つけて喜んでます。
昔モロッコを旅してロバに惚れ、いつかロバを飼いたいと夢見てました。
フェズでも細い道をロバとすれ違う度にキュンキュンしてました。
モロッコでは仔猫がたくさんいるのも印象的でした。
一緒に旅できるなんてほんと素晴らしいです。
ラテちゃん無事でいますように!
更新心待ちにしてます。
3551◆jHsnWuH7MU :2016/11/25(金)05:54:01 ID:FIU
>>352
危なかったですね…
逆境は悩むものじゃなくて楽しむものですからねw

>>353
ここの獣医さんにはマジで世話になった…

>>354
はじめまして
ロバ、めっちゃ可愛いですよね!
おれも海外でロバの可愛さを知ってこの冒険を思いついたw
ヨーロッパとかどこか安全な国でロバ飼って世話したり一緒に短距離歩いたりしてみるだけでもきっとすごく楽しいと思うから、夢にまで見るならやってみるのもありかもですね!w
ちなみにトドラ渓谷の日本人宿には実際にモロッコでロバ飼ってた方がいらっしゃるので興味があれば話聞けると思いますw

つづき
ラテと一緒に動物病院に入ると、獣医さんとその助手数人が笑顔で出迎えてくれた

ラテは少し熱があったようなので、熱用と膿用計二本の注射をしてもらい、傷口には紫色のスプレーを塗布してもらった
獣医さんや助手たちも気さくでフレンドリーだったし、手厚く治療してもらえたので満足だ
あと二日通院が必要とのことだったが、初日であるにも関わらず注射を終えるとラテはみるみる元気になり、肉や魚を意欲的に食べるようになった
アズロウの動物病院では薬局で買うべき薬を殴り書きした紙しかもらえなかったし、やっぱりフェズまで来てよかった…

さて、その後大型病院に戻ってからモカ達と出発
ラテを通院させるために、少なくともあと二日はこの町に留まらないといけない
どうしようか、考えながらふらふら歩いていると、少し先に見覚えのある看板を発見した



…マクドあるやんwww

もちろんこんな治安の悪い町でモカ達を駐車場に置き去りにして食べに行くわけにはいかなかったが、これまで味気ないパンばかりの生活だったのでここは是非食べておきたい

これは食うしかない、やるしかない!

…というわけで、客がいないのを確認して、



 



\チーズバーガーセット下さい!!!/

ドライブスルーで注文すると、対応した店員が嬉しそうに出てきた
店員「あら、あなたでしょ、ロバ連れてる日本人って!」
大型病院の時とだいたい似たようなやり取りなので省略するが、この店員とその他の従業員何人かはおれのことを知っているようだった

相手がおれのことを知っているのに、おれは相手のことを全く知らないというのはなんだか変な感じだ
…子どもみたいなことしてちょっと申し訳なかったけど、結局その間車は1台も来なかったし店員さんもノリノリだったからまぁいいだろう



356Parama000 :2016/11/25(金)06:26:02 ID:tw@Parama000 
ラテ、良かった!本当に良かった!!
モカ、荷車のドライブスルーw受けるwww
飯の不味い中東からアフリカ、マックを見付けるとホッとするね(今はヴィーガンだから食えないが)。
旅に出たいなぁ。少し前の私ならタンジェ辺り待ち伏せするのにww
357名無しさん@おーぷん :2016/11/25(金)15:16:13 ID:6Q3
354です、コメントありがとうございます!
いつかロバとお買い物行けるよう頑張ります!
モロッコもまた行きたいです…!
358別スレ8 :2016/11/26(土)02:33:13 ID:yVN
ラテ、よかったよ〜(つД`)ノ 回復を祈ります。
マックとマクド、出身地方によって呼び方が
変わりますな。ジャンクフードでも一定の
オペレーションで作られる食べ物は期待した
味が得られますね。そうそうこれこれ!って
感じで。ここでもスレ主さんは有名人!
馴染みの味で、英気を養ってくださいね(o^^o)
3591◆jHsnWuH7MU :2016/11/27(日)07:19:00 ID:hUp
>>356
旅、出ましょうよ!
長期の旅やハードな旅、海外旅行でなくても、旅好きならちょっとした旅でもきっと楽しいですよ!

>>357
ロバと買い物!
おれは最初の頃は余裕なくて気が気じゃなかったですね…
ロバが何かしらやらかすんじゃないかと心配で…
モロッコは見どころたくさんでオープンな国なんで是非!
おれはアフリカ一治安がいい国なんじゃないかと思ってるんですが、セネガルとかの方が上か…

>>358
東京で暮らしてた時期もあったけど、マックってやっぱりなんかしっくり来ないんだよなぁw
チーズバーガーセット(確か300円ぐらい)うまかったw

つづき
さて、その日の夜、結論から言うとおれはアズロウからフェズに来るまでの間に仲良くなったご家族の家に泊めてもらうことになった
フェズでそれなりに安全な寝床を確保しておこうと考えて、アズロウからの道中フェズに向かう車に乗っている人々にそれとなく住まいの位置を聞いたりしていて、
そのうち何組かは「うちに泊まりに来なよ!」と言ってくれていたんだけど、その中でもこの家族は一番安全に感じられた
理由はまず車を所有している子連れの家族という時点で十分裕福で面倒なことになりにくいと考えられるし、あとは夫婦の片方が日本人というのが決め手になった

なのでマクドナルドを出てすぐにそのご家族に連絡をし、泊めてもらうに至ったわけだ

モロッコではなかなか食べられない和食なんかも振る舞っていただいてシャワーも浴び、おかげで最高に快適な時間を過ごすことが出来たけど、家の位置が街中過ぎてモカの置き場所が少し厳しめな感じだったし、ご家族も忙しそうだったので泊めてもらうのは今日一日限りだ

もう一日だけ何とかすればラテの通院が終わるわけだから、いかに治安が悪いといえど一日ぐらい根性でどうにでもなるだろう
フェズといえどもおれがこれまで野宿してきたNYやウガンダ、ケニアなんかに比べれば治安は格段にいいし、犯罪者の種類も強盗・殺人はほぼなくてスリや盗みがほとんどを占めているわけだから最悪の場合でも一眼カメラやPCを盗まれる程度だ
電子機器は盗まれる前提で持ってきているから、動物たちさえ無事ならあとはどうでもよかった

泊めてくださった家族の方々は何よりもまずラテの病状をかなり心配していて、これは後の話だけど数日後にラテの安否を気遣うメールを送ってきてくれた

…いや、ちょっと前までこれの比にならないくらい弱っていたし、特に注射後の今は出会った時と同じぐらい元気なんだけど…


…そう、このスレで語られているのは基本的にあくまでおれ目線、ラテが可愛くてかわいくて、愛してやまないおれ目線だ

夜、いつも通りラテと一緒に寝ていると、ラテがおれの鼻と口の間辺りに口をくっつけてきた
人間でいうキスみたいな恰好になっていたけど、どういう意味があるのかは未だにはっきりとは分からない
ネットでも軽く調べてみたけど、まぁ悪い感情ではないみたいだし、甘えてるのかな?と解釈することにした
360Parama000 :2016/11/27(日)19:48:18 ID:tw@Parama000 
何時か何処か旅の空の下、Goさんに会ってみたいなww
私もシリアでボリビアで日本人宅に泊めて貰った。面白いね。
中南米やブラックアフリカみたいに強盗やゲリラは出ないと思う。
既に大丈夫そうなラテとチューww
361ネコスキー :2016/11/27(日)20:45:32 ID:G8Z
ラテちゃん元気になってきて良かった(><)

書き方が最初の方とかドキドキしてたから、もう安心して良いかな?(^◇^;)

鼻チューとかは親愛の印とか言いますね。自分を大事にしてくれてるのが分かってるんですよ♪

友人から、(手に入れるのは大変かもですが)ヤクルトの乳酸菌は効果的!と聞きました。免疫力を高めるそうです!飲んだ後の容器を洗った水を与える程度で効果があるそう。もし手に入れられたら是非!

こちらは風邪が流行ってきてます。そちらもお気をつけて。
362別スレ8 :2016/11/27(日)23:29:15 ID:Qiz
ラテ、元気になってきてよかったけど…。
現地の人とスレ主さんのラテの容体の診立てが
違うのが気になるなぁ。ずっとラテと旅して
きた、スレ主さんの目を信じたいけど。
日本はだいぶ寒くなってきました。今旅してる
場所の天気は判りませんが、お体に気をつけて
安全な旅行を。(・Д・)ノ
363名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)17:48:19 ID:JrF
歩いた距離がすごいな
3641◆jHsnWuH7MU :2016/11/29(火)01:25:24 ID:bHI
>>360
いつかトークライブとかするかもしれないし、その時にでもお願いしますw
生きてる限りはアウトプットしていこうと考えてるので、いつかは
>>361
アズロウの病院で処方してもらった薬にヨーグルト系の臭いのするのがあるから多分乳酸菌は補充できてると思う!
いやもうこっちめっちゃ寒いwww
先週あたりから大雨季に入ったから毎日雨降りまくりw
実は今はもう安全な場所にいるから野宿ではないんだけど、寒いw
>>362
おれが大喜びで回復した!よかった!って言ってるのは「出会った時と同じぐらい」元気になったことなんだよなぁ…
こっち寒くてやばいけど日本これ以上寒いとか無理だわw
体温低くて寒いの苦手だから今の時期は南半球行きたい
>>363
モカのペース(時速3km)に合わせないといけないのがネックだったけど、一日平均約30km、最大で37km歩いてたから実はあんまり時間かかってなかったりするw
でも賞とかとるような冒険家の先人たちはリヤカーひいて舗装されてない道を一日平均40km、3ヶ月以上そのペース保って歩いたりしてるから、実際のところおれはまだお話にならないレベルなんだよなぁ…

つづき
さぁ次の日、昨日泊めてもらったご家族に夕方までモカを預かってもらうことにして、おれはラテと一緒に日用品を買うためにメディナに行った
ラテと一緒に出掛けたのは動物病院にも通院しないといけなかったからだ
特に重要な出来事はなかったけど観光地として有名だから写真だけ貼っていこうと思う
肩に乗るスタイルにすっかり慣れたラテ



メディナの様子。大小いろんな道があって人通りも多いからスリにとっては天国的な場所





メディナで休憩中、昨日の注射直後ほどではないけどそこそこ元気に缶詰を食べるラテ。紫黒いのは病院でもらった抗生物質スプレーだから問題ない



さて、メディナでの買い物とラテの通院を終えてモカ達と共に再出発
フェズは通りが広く、場所によっては道路の真ん中に小さな公園的な場所が細長く続いている通りもある
そんな場所で道路を横断しようとしたときの話

道路の真ん中の公園的な場所に横から入る際、入り口が段差のないなだらかな坂(日本の横断歩道みたいな感じ。モロッコではあまり一般的ではなく、横断歩道の両端は段差になっている。)だったので、出口もなだらかだろうと勝手に思い、横断しようとした
公園から道路に出る直前、入り口と違い出口は段差になっているのを発見
荷車は頑丈な造りではないため、基本的に段差は厳禁だ
実際に荷車が壊れたりしたことはなかったけど、ちょっとした段差や砂利道を通る時にはいつもギシギシと不穏な音をたてていた
やばいやばいやばい!!

おれ「モカ、止まれ!!!」
ぎりぎり間に合う!と考えてモカに命令を出す
そして結論から言うと、モカはきちんとおれの言葉を理解して止まってくれた

…段差から降りた後に
普通ならもっと早く止まってくれたはずだけど、目の前や足の近くに段差がある状況をモカは極端に嫌う為、段差から降りてから止まりたかったんだろう
結果、段差からモカが勢いよく降りた衝撃によって荷車は、
白昼、街中、片道3車線の大通りで

横転

走行不能なレベルで半壊



365別スレ8 :2016/11/29(火)03:04:59 ID:PIt
アチャー。(ノ∀`)
ラテが元気に回復しつつあるのは喜ばしいし、
モカはスレ主さんの言うことをよく聞く可愛い
子でも、トラブルはやって来るんですね。
さらなるカスタマイズを経て荷車号が復活する
ことを祈ります!暖かくお過ごしください。
では〜( ´ ▽ ` )ノ
366名無しさん@おーぷん :2016/11/29(火)05:55:08 ID:VQN
いいダイエットやね!
367Parama000 :2016/11/29(火)06:29:45 ID:tw@Parama000 
中東の冬季は寒い。シリアとヨルダンの国境は雪ならぬ霰が!イスラエルの雪景色とか。サハラも。
南米もアンデスからパタゴニアは標高や緯度が高いから寒い。オーストラリアのタスマニアやNZも。
あらら。さて、如何に禍を転じて福と為すか。
3681◆jHsnWuH7MU :2016/12/02(金)08:28:40 ID:FUM
>>365
いやー、マジで焦ったw
ありがとう、最近おしゃれなおじさんに冬用の上着恵んでもらった(そもそも最初は熱帯のカメルーンで数年暮らして帰ってくる予定で日本出てきたから上着類は一切持ってきたなかった)おかげで今はあったかいw

>>366
チャリダーさん(自転車で何万キロも旅する人たち)とかもそうだけど、こういう旅は間違いなくすごい勢いで痩せていくw
こんなに痩せてたら次の冒険に支障が出るから日本帰ったらプロテインがぶ飲みする予定なんだぜ!

>>367
そう、あったかいイメージの国でも意外と寒いってことありますよねw
荷車の横転に関しては、暑すぎて頭がぼんやりしてたっていうのもありますがもっと注意深く歩くべきでした…

つづき
フェズの大通りで荷車が横転
幸いこの時周りに車はなかった

おれ「ラテっ!!!」

荷車が横転した瞬間思わず大声で叫ぶ
鶏小屋は横転後も接地してないし壊れてもないからにわとり達は大丈夫だろうし、おれの目の前にいるモカも大丈夫そう…となると圧倒的に心配なのはラテだ
急いで荷車の後ろ側に回り込んでラテの様子を見に行く

そこには荷車内から少し驚いた顔でおれを見つめてくるラテの姿があった

よかった…!


…さて、ほっとしたのも束の間、おれの少ししかないとはいえそれなりに役に立つ海外経験が危険を察知しておれの頭の中で警告音を鳴らしていた

より安全に海外で旅をするには目立たないようにすることが絶対条件だ
ここまで目立ってしまうと、
どさくさに紛れて貴重品を盗まれる可能性
素行の良くない人たちに目を付けられて細い通りに入った時なんかに面倒に巻き込まれる可能性
警察が来て数時間拘束された上、最悪ロバや荷車を押収されてしまい冒険を続けられなくなる可能性
などなど、とにかく洒落にならないようなことが起こる可能性が跳ね上がってしまう
というかおれの今までの経験的には何事もなかったとしたらそれは運が良かっただけだろうって感じだ

やばい、出来るだけ早くなんとかしてここを離れないと…と、ラテを見つめながら考えていたけど、修復しないことには荷車は動きそうにないし、この損壊状況をみるにおれの日曜大工スキルでは修復に1時間以上かかりそうだ
荷車が横転した場所は実はフェズの県警本部がある通りだったため、1時間以上も警察にこの惨状が気付かれないなんてことはないだろう

あれ、詰んでるんじゃね…?

そんなおれの思考は近くの男の大きな声によって中断された

「おい、お前そっち持て!とりあえず歩道にあげるぞ!」

荷車が横転してから多分まだ10秒くらいしか経っていないにも関わらず荷車の周りにはその内何人かは走ってきたであろう屈強そうなモロッコ人たちが集まり、荷車を持ち上げようとしていた

おれ「申し訳ない!」
おれは考えるのをやめて男たちにそう声をかけ、周りに盗人がいないか気を付けながらも慌てて荷車を持ち上げる人たちに加わった
369Parama000 :2016/12/02(金)20:00:50 ID:tw@Parama000 
運も実力の内。
後進国は構いたがりが多くて鬱陶しい反面いいこともあるね。
370別スレ8■忍法帖【Lv=8,まほうつかい,mpr】 :2016/12/03(土)17:02:06 ID:Rbt
う〜ん興味深い。窃盗や暴漢など文字通りの危険以外にも、冒険を続ける観点で言えば、警察に保護されることも危険性と考えられるんですね。
見知らぬモロッコの人たちが親切そうで良かった(*´Д`*)。うまく荷車は直せますかどうか…?
3711◆jHsnWuH7MU :2016/12/03(土)23:28:44 ID:EOg
>>369
まさにそんな感じですね
めんどくさいことが多いけど心強い時も…

>>370
警察の人って、正義感が強い(「正義」なんて主観でしかないんだから頭が固くて話が通じないってのとほぼ同義だ)人が多くてさらに権力まで持ってるわけだから実は一番厄介なんだ
身柄拘束はもちろん場合によっては強制送還だって出来るわけだし
逆にその辺のごろつき達は自分の主義主張が曖昧というか気分に流されて生きてる感じだから、その場の駆け引き次第で友達になったり協力させたりできるからおれ的には相性のいい相手だし、盗人は常に警戒してれば基本的に大丈夫だから実は大したことないんだ

つづき

15分後

荷車、復活!w

修理の材料は荷車の中に積んであったし荷車を歩道にあげてくれた人たちの中に大工がいて積極的に手伝ってくれたので、おれ達の荷車はものすごい速さで修復された



いやほんと速すぎるわwww

周りの人々に礼を言い、すぐにその場を後にする

海外でも日本と同様世話を焼いてくれるありがたい人はそれぞれの国に一定の割合でいるけど、この対応の速さと団結力はイスラム教ならではだろう

イスラム教の地域では大人たちは毎日何度もモスクに通い、その度に互いの足をくっつけて横並びになった状態で息を合わせながらお祈りの呪文詠唱や土下座(ごめん、正確な名称知らないw)を数十分間繰り返す
他にもイスラム教ではラマダン(1ヶ月間太陽の出てる間は絶食するイベント。みんなでやるから苦しみを分かち合えるし、毎日日が沈んでから行われる宴やラマダンが終わった後の宴ではその分かち合った苦しみの分食事のありがたさと楽しさを分かち合い、団結力を高めることが出来る。)
や共通の夢(ほとんどの人は不可能だけど、一生の内一度は聖地巡礼をすることが推奨されている)があって、言い方悪いけどねずみ講やブラック企業の研修での洗脳のやり方に似てる
そんなわけでイスラム教はいざという時の団結力がその他の人々とは比べ物にならない
だから過激派とかも目立ってしまうのかもしれないけど、今回おれはその団結力に助けられた

さて、この日の夜のことはあまり思い出したくないし重要でもないので大雑把に書くことにする
おれはその後出会った警察に荷車の横転とは関係なく4時間ほど拘束され、その間暗くなると寝る場所が探せなくなるという主張も寝床を手配するという薄っぺらい口約束を以て聞き入れてもらえず、
結局完全に暗くなってから当然のように寝床と手配は嘘だけどもういいから解放してやる、ここは野宿禁止だからさっさと失せろと言われ、
「マジふざけんな!お前らみたいな薄汚れた奴らの助けなんてこっちから願い下げだ!」みたいなことを怒鳴りながら警察たちの前から去って疲れ切ったモカや動物たちと一緒に寝床を探して深夜のフェズの裏通りを歩き回り、
何とか探し当てた安全そうな裏路地で車の監視員のおっちゃんに見守られながら早朝まで仮眠をとった
372Parama000 :2016/12/04(日)06:16:30 ID:tw@Parama000 
宗教哲学は海外旅行より得意だが此処には書けないから割愛。
イスラムのラマダンや支那の旧正月、旅行者は少し苦労するね。
特に後進国の警察はマフィアよりタチが悪い。
Goさんの場合、逆に言葉を流暢に話せるからかとふと思う。
373別スレ8 :2016/12/05(月)23:17:07 ID:CGX
あー、お疲れ様です(;´д`) 拘留するために
その場しのぎの嘘をつくとか最悪ですね!
でも、荷車の横転でラテにケガが無くて
良かった。強制送還とか食らわずに済んだ
ことを幸運と考えて前向きになるしかない
ですね。モロッコの人たちの親切心がある
だけ、余計に警察のアレさ加減が際立ちます。
ホント、お疲れ様でした。
3741◆jHsnWuH7MU :2016/12/06(火)00:38:48 ID:Z0j
>>372
そう、警察は場合によってはめちゃくちゃめんどくさいんですよね…
>>373
ほんとこの日は疲れたw
でも、結果論だけど、このイベントのせいで次の日おれが心身ともに疲れ切ってなければ新しい仲間が違う子になったり滞在する村が変わったりしていた可能性がかなり高いから、今の仲間たちに出会えたのは最高だと思ってるしこれはこれでありかな…

つづき
さて、フェズ3日目、ラテの通院最終日
野宿でフェズに滞在するのはかなり骨が折れるので、なんとしても今日フェズを出てしまいたい
そんなわけで朝一で病院へ行き、いつもの注射をしてもらう
獣医「よし、熱も下がったし、膿も止まっているね。(フェズ滞在中に再発したりしたんだけど獣医さんが縫ってくれた)
とりあえずは『彼女』は大丈夫だよ」

…ん?
おれ「先生、『彼女』って誰ですか…?」
獣医「え、この猫…」
獣医は助手と顔を見合わせる
獣医「…メスだよねぇ?」
助手「はい、メスです先生」
!!!
…マジか!

やんちゃだったしなんとなく勝手にオスとして扱ってたけど、ラテはメスだったらしいw
ラテはこのキャラバン旅ではヒロイン的ポジションだったようだ
まぁ、オスだろうがメスだろうが、肩に乗ってきたり寝るときに甘えてくるラテはめちゃくちゃ可愛いからどっちだろうとおれはラテのことが好きなんだけど、これまで紛らわしい書き方しててごめんw
さて、ラテに対する処置は終わり、最後の要件を済ませてフェズを出よう
おれ「獣医さん、彼はちゃんと来そうですか…?」
獣医「いやそれが、今日になってから連絡取れないんだよねぇ…正直今日は無理じゃないかな…」
実はフェズに来てから今日まで、おれは犬のブリーダーの情報収集をしていた
アズロウ以来、ラテやにわとり達が安全に暮らすために番をしてくれる動物がいてほしいと考えていた
忠実で、何かあった時に知らせてくれたり威嚇してくれたりするような動物、といえばやはり犬しかない
獣医さんがブリーダーを紹介してくれるとのことだったので、本当は今日はシェパードのブリーダーに会ってシェパードの子犬(大きい犬だと荷車内では狭くてかわいそう)を譲ってもらう予定だった
が、聞いての通り獣医さんによると連絡が取れず、明日以降になりそうとのことだった
いつものおれなら次の日まで何とかフェズ待っただろうけど、この時のおれは昨日の警察たちのせいで寝不足かつ疲労困憊、これ以上めんどうに巻き込まれたとしてそれを跳ね除けるだけの気力もない状態だった
どうやら今回はそのブリーダーのシェパードには縁がなかったようだ
おれ「困りましたね…何とか今日中にフェズ出たいんですけどね…」
獣医「そうだねぇ…すぐ連絡のつきそうなブリーダーは他にはいないからなぁ…」

おれ達が悩んでいると、動物病院の隣の屋内駐車場の従業員の兄ちゃんが話しかけてきた
従業員「やぁ日本人!犬探してるんだって?シェパードでもないし小さい子犬だけどそれでもいいなら今すぐ連れて来れるぜ?どうだ?」
その言葉に獣医たちは、「あぁ、あの犬たちか!」というリアクションを示したので聞いてみることにした
まぁ、番犬の役割が果たせないなら意味ないと言えばそれまでなんだけど、この旅では一期一会を大事にしたいし、これはそういう流れなのかもしれないから流されてみよう、ということで前向きに検討してみる
おれ「獣医さん、その犬小さいみたいだけど大丈夫?その犬をおれが引き取ったとして、母犬なしでおれだけでも育てられるのか?」
獣医「あぁ大丈夫さ!哺乳瓶は必要だけどね。おい!連れてきてやってくれ!」

哺乳瓶…!?
え、子犬とかいう次元なのかそれ…?
3751◆jHsnWuH7MU :2016/12/07(水)02:34:57 ID:ady
つづき
程なくして従業員が2匹の犬を両手に持って走ってきた

従業員「好きな方を選びなよ!」
連れてきた犬たちを荷車の鶏小屋の上に並べ、従業員はそう言った
2匹の犬の片方は全身茶色、もう片方は白と茶色が混ざった色をしていた

えっ小さい…

おれ「獣医さん、ほんとに大丈夫なのか?普通の牛乳を人があげてきちんと健康に育つのか?」
獣医さん「この子は生後1ヶ月くらいで、何の問題もないよ。これだけ小さいと注射の必要もないしね」

いやいや、どうなんだろう
ラテにここまでいろいろしてくれた獣医が言うんだから人の手で飼育可能ではあるんだろうけど、免疫機能がまだ発達してない分病気にでもなった一発アウトだろう
持ってきてもらって申し訳ないけど、ここは断ろうか…
そう考え従業員にその事を告げようとしたその時、白と茶色の犬が動き出した

荷車に入ろうとしている
荷車内にはラテもいるし危ない!
そう考えて思わずその犬を手元に連れてくる
そしてその時おれは決心した
決めた。この子を連れて行こう
そんなに荷車に入りたいのなら、キャラバンに加わりたいなら仕方ない

そんな風に考えてこの犬を引き取る旨を従業員や獣医さんたちに伝える

ちなみにもともとラテやカプチーノたちを守ってくれる存在を探してたので実は名前はもう決まっていた
名前は、ラテやカプチーノを守れるようになる存在、上位の存在という意味を込めてエスプレッソから『プレッソ』と名付けることにした

さて、こいつが新しい仲間、プレッソだ!





プレッソ「ラテも…鶏達も…否―モカでさえも―俺が守護(まも)らねばならぬ」

…かっこつけたセリフ付けてみたけど、完全に守護られる側なんだよなぁ…

さぁ、プレッソのことは心配すぎるけど今日は猛暑日、しかもおれは疲労困憊、とりあえず一刻も早くフェズを出てしまわないと…
従業員と獣医さんたちに感謝を告げ、フェズ中心街を後にする
ちなみにこの日病院に到着したのは朝だったけど、この時点でなんだかんだと時間が過ぎていたため既に夕方になっていた

ついに、ようやく、荷車が半壊したり、ラテの膿が再発したり、警察に騙されて拘束されて深夜裏路地を彷徨うはめになったり、犬の赤ちゃんの仲間が増えたり盛りだくさんだった第三部、フェズ編、完!


…とはならなかった
当時のおれは知る由もなかったけど、最終的におれにとってフェズは「キャラバン旅で2番目に苦労した町」となる

まだまだ、終わらない
376Parama000 :2016/12/07(水)07:46:26 ID:tw@Parama000 
ラテは女の子か。お転婆さんww
新たな仲間プレッソ。元気に育て。
フェズは腐れ縁(正しくは鎖縁)やね。
3771◆jHsnWuH7MU :2016/12/07(水)09:55:47 ID:ady
>>376
いやー、まさか女の子だったとは…w

つづき
プレッソの体調が心配だったため、フェズ中心地を離れて1時間ほど歩いたところで少しだけ休憩を取ることにした
小さい動物は、「環境の変化」や「ストレス」が死に直結していて、一旦弱ると持ちこたえることが出来ない
正直この時はプレッソが心配すぎた
モカを停め、すぐに荷車下段にいるプレッソの様子を見てみる
プレッソはひっくり返った姿勢で、ピクリとも動かず…寝ていた
最初動かないの見てかなり焦ったけど、なんだ、寝てるだけか…

観察しているうちにプレッソは起きたようだったので哺乳瓶でミルクを飲ませてみる
うん、元気そうだ
とりあえず、荷車から出して自由にさせてやった方がストレスも少ないだろうと考えたので、ラテが危害を加えないよう注意深く見守りながらもラテの近くにプレッソを置き、観察することにした

写真は、プレッソがラテの肉に近寄ろうとした時にラテが先輩の威厳を見せんとばかりに威嚇したため逃げ惑うプレッソ



幼児とかくれんぼすると「幼児(自分)からは見えてないから大人からも見えてないはず」という理論で隠れてるつもりになってる子がいるらしいけど、そんな感じだろうか
ラテは相変わらず協調性ないなぁ…
この二人が仲良くなってくれれば夜一緒に寝たりできるんだけど…

ちなみに首輪に関してだけど、プレッソはまだ小さ過ぎるため首と呼べる部分がほぼなく、頭と同じぐらいの太さだったので首輪は付けないことにした

プレッソを見守っていると、一人のおっさんがやってきた
おっさん「おいおい、なんだこのロバは!弱っちそうなロバだなぁ」
来ていきなりそんなことを言ったおっさんは、次の瞬間あろうことかモカの腹を蹴飛ばした

おれ「ふざけんなっ!」
当然おれは切れておっさんを突き飛ばした
おっさんは不意をつかれたようで尻餅をつき、喧嘩が始まりそうな空気になったけど、周りから様子を見ていた若者たちが集まってきて、「このおっさん頭おかしいから許してやってくれ!」と口々に言ってきたためその場は何事もなく収まった

反撃できないからって動物に危害加えるとか何考えてんだ、ほんとありえない
ただ、海外ではいきなり危害を加えてくるような意味が分からない人と出会うことはよくあることだ
なので、正直こんな危ない場所で休憩を取ってしまったおれにも非はあると考えるべきだった
そんなわけでおれはすぐに荷物をまとめ、その場を立ち去ることにした

そしてその後
おれとモカ達が少し大きめの通りを通っていると、信号の手前に差し掛かった時に鋭いホイッスルの音が聞こえた
前方を見るとホイッスルを首にかけた交通整備員が信号のあった場所から全力疾走でこっちに走ってくる

えぇ…おれなんも悪いことしてないんだけど、また拘束…?
いや、でも警官じゃないからそんな権限ないよな、無視しよう…
そんなことを考えていると、整備員はおれには目もくれずおれを通り過ぎ、荷車の後ろに回り込んで何やらし始めた
は…?

そしてしばらくすると、整備員は一人の少年を引っ張りながら荷車の後ろから出てきた
少年はバツの悪そうな顔をしている

少年の手には、果物ナイフ
荷車の後ろ側にいたのは、ラテだ…
378名無しさん@おーぷん :2016/12/07(水)13:13:17 ID:394
えっラテ大丈夫か…
379名無しさん@おーぷん :2016/12/07(水)13:37:54 ID:by3
写真のかわいらしさと不穏な予兆のギャップがすげえ
380Parama000 :2016/12/07(水)17:27:19 ID:tw@Parama000 
引っ繰り返った姿勢の寝相、頭隠しての写真、首輪を付ける首がないにワロタwww
しかし、一難去ってまた一難!
381別スレ8 :2016/12/07(水)18:05:52 ID:SrO
いつの間にか荷車に乗り込まれてた⁉︎
物盗り?強盗?物騒ですね。頭のアレな人に
遭遇したり、荷車壊れたりフェズの街は本当に
トラブルだらけですね。ラテが女の子だった
ことも、良い意味で驚き
382別スレ8 :2016/12/07(水)18:07:02 ID:SrO
途中で送っちゃった(-.-;)
ラテ、無事だと良いですが…。
3831◆jHsnWuH7MU :2016/12/08(木)21:40:19 ID:oUt
>>378
あの時はほんと焦った…

>>379
www

>>380
ほんと、一難去ってまた一難の連続ですよ…

>>381
しかもまだまだフェズ編終わらないっていうw
フェズでやりたかった用事は全部終わったし後は出るだけなんだけどな…
ただフェズ以上に苦労が絶えない町があったせいで今思えば大したことなかったなと思ってるw

つづき
おれも急いで荷車の後ろに回り込むと、ラテがきょとんとした表情でこっちを見ていた
よかった、とりあえずラテは無事なようだ

さて、整備員さんに詳細を確認してみる
おれ「整備員さん、その少年は何ですか?」
整備員「こいつ、いたずらであんたの猫を刺そうとしてたんだよ!」

やっぱりそうか…
許せねぇ!

…と、考えて少年につかみかかろうとしたけど、少年が既に鼻血を出しているのに気づきやめた
おれの代わりに整備員さんが厳しくしてくれたようだ

とりあえず整備員さんに礼を言う
整備員さんに持っときな、と言われてなぜか少年から奪った果物ナイフをもらった
いらねぇwww
まぁそんなこんなで少年も帰って行ったので再出発

そして、その数時間後、日が沈むころ

おれにこれまでで最大のピンチが訪れた

ここは廃墟なんかも目立つフェズ郊外
廃墟の数や立地、寂れ具合から、警備員や整備員が24時間体制で見張っているフェズ中心街よりも深夜ははるかに治安が悪いことが明らかだったけど、それ以前に町の空気でリアルタイムに分かる
ここは治安がかなり悪い場所だ

そして、どこまで行っても安全そうな場所がなく、かといってこのまま歩き続けた場合、あと30分もすれば真っ暗になるだろうという状態だった
フェズ中心街まで戻るにも時間が足りないし、ここよりはマシだけど危険なことには変わりない

…やばい、これ寝ずに歩き続けるしかないか…?
そう考えてみたけど、街灯もないこの通りをバックライトもない荷車で夜通し歩き続けるのは正直無理だ、確実に事故るだろう

とりあえず移動しながら考えをまとめる

さて、どうしようか…
3841◆jHsnWuH7MU :2016/12/08(木)21:42:45 ID:oUt
しばらくネット使えない状態になるから今日から5-6日は書き込みできないんだけど、死んだわけじゃないから安心してくれwww
385名無しさん@おーぷん :2016/12/08(木)22:43:11 ID:N8m
続きが気になるじゃないか!
待ってるから無事帰ってこいよ!

因みに今書いてるこの出来事はどのくらい前の話なの?
386別スレ8 :2016/12/08(木)22:48:40 ID:1L0
ピンチ続きのフェズ編!まだ終わらない⁉︎
しかもフェズ以上に厄介な街があるとは…!
また来週無事に投稿が再開されるのをお待ち
してます。それにしても…遊びで逃げられない
動物を傷付けようとか、許せん!( *`ω´)
387Parama000 :2016/12/09(金)06:46:03 ID:tw@Parama000 
預言者ムハンマド「猫を虐待する輩は地獄の業火に入れられる」
ラテ無事か良かった良かった。
"わしゃ止まると死ぬんじゃ"状況ww
388ネコスキー :2016/12/10(土)09:31:33 ID:XoE
ひええええ~………ラテ~(´;ω;`)良かった。警備員さんありがとう(´;ω;`)
モカちゃんもかわいそう!許せんな!

本当に治安悪いとこってモラルが低いんだろうね。どうぞ気をつけてください。

ラテちゃんは最初から女の子だと思ってた(笑)
3891◆jHsnWuH7MU :2016/12/14(水)10:14:51 ID:yni
おまたせ!
ネット使えるようになった!

>>385
ありがとう!
帰ってきたぜ!!

いやぁ実はフェズ編は3ヶ月半くらい前の話なんだ
スレ立てた当時は出発後1週間くらいしか経ってなかったからかなりリアルタイムだったんだけど、段々差が開いちゃった感じだ、ごめんw

>>386
ありがとう!
マジで許せないよな!
表現手段が少ないだけで動物たちにだって気分や感情はあるんだし、嫌な思い出や怖い思い出がトラウマになって性格が変わっちゃうことだってあるんだからほんとやめてほしい

>>387
そうそう、ムハンマドが動物を大切に扱っていたエピソードはたくさんあるらしいのに、何で信者たちはムハンマドに倣おうとしないんですかね…

>>388
この警備員さんがいなかったらと思うと今でもどきどきする
当時のラテの体力だと軽く切られただけでも致命傷になって死んでただろうし…
ラテが殺されなくて、本当に良かった

つづき
昨日からほぼ寝てなくて疲労困憊、新しい赤ちゃん犬の体調も不安、夕方あと少しで日が沈んで暗くなる
そんな状況であるにも関わらず、おれは野宿できそうな場所を全く見つけられないでいた
この辺り一帯は治安が悪すぎる

詰んだかも…
危険な目に遭うのを覚悟でこの辺りで野宿するか…
いや!ダメだ!またラテや動物たちに危害を加えようとする輩が現れてもおかしくない
さっきは整備員さんのおかげで助かったけど、次はないだろうし、ここで野宿は死んでもダメだ!

やばい、もう考える力も弱まってきた…

そんな時、おれの目の前を一人の男が通り過ぎて行った
おれはその人に目が釘付けになった

目は口程に物を言うというが、おれはこれまでの営業系の仕事の経験から、相手の目から情報を得る技術にはそれなりに自身があった
だからこの時、おれはその男の目を見て確信した

…この人は味方になってくれるし、協力もしてくれる!
なかなか出会えないレベルの「いい人」だ!

というわけでおれはその男を呼び止め、安全な場所を訪ねてみる
そして、予想通り男はとても優しく、おれをフェズ郊外のかなり奥まった場所にある村へと導いてくれた

さぁ、果たして今夜は安全に野宿できるんだろうか…
緊張と疲れで疲弊しながら、おれはその村、ベルカーニに足を踏み入れた
390Parama000 :2016/12/14(水)10:35:46 ID:tw@Parama000 
お帰りww
そんなに時差が。
経験が役立つね。
391別スレ8 :2016/12/15(木)15:01:57 ID:7cH
お帰りなさい( ´ ▽ ` )
弱い動物を連れての野宿は厳しいですよね。
救いの手を見いだすスレ主さんの眼力すごい!
無事、疲れを癒せますかどうか?
3921◆jHsnWuH7MU :2016/12/15(木)21:53:22 ID:W9N
>>390
もっとちゃっちゃと書いてリアルタイムで終わらせたかったんですけど、文章を継続して書くってなかなか大変ですねw

>>391
いやー今思えばなかなかハードだったなとw

つづき
さて、結論から言うとおれはベルカーニ村で盛大に歓迎された

おれのフェズでの様子がネットニュースに掲載されたらしく、ベルカーニの若人の何人かはおれのことを知っていたからだ

八百屋を生業としていて寝床を提供してくれるアジーズ、カフェを経営していて水回りと食事やバナナジュースを恵んでくれるアブドゥル、
インターネットカフェをやっていてWifiを使わせてくれるヨウネス、そして日本が好きで英語が出来、ワンピースやナルトからカイジ(ギャンブル漫画)に至るまで漫画を読んで知っているサマッド
ベルカーニ村にはたくさんの優しい人々がいて、その日おれは何不自由なく過ごすことが出来た

ちなみにおれが寝泊まりしているアジーズの八百屋の前には駐車場があり、警備員の男が夜中も見張っているのでかなり安全だ

写真は一心不乱に肉にむしゃぶりつくラテとプレッソ
プレッソは本当は牛乳だけでも問題ないらしいけど、本当に生後一か月なのかは分からないし、夕方の休憩時にもラテの肉を取ろうと近づいたりしていたため、小指の爪ぐらいのサイズの肉片を少しだけ与えて様子をみることにした




さて、次の日
この日はプレッソを観察する為の予備日として空けていたけど、プレッソの体調がすこぶる良好だったため、おれは夕方出発することにした
この辺りはかなり暑いので、動物たちが弱らないうちに出てしまうべきだと考えたのもおれが出発を急いだ理由の一つだ

夕方、世話になったアジーズ達に別れを告げて荷車の最終点検をする
内容はタイヤの空気圧やスタンドのボルトの締まり具合、動物たちの体調などだ
…まぁ20分ほど前に動物たちの状態も含めてざっと点検したから大丈夫だろうけど

おれ「荷車は異常なし!さて、ブラック!カプチーノ!元気か?」
ブラックとカプチーノの様子を見る為に荷車の前に移動する

おれ「カプチーノは元気そうだな!ブラックは…あれ、何でお前鶏小屋の隅っこでそんなうずくまってるんだよww」

寝てるのか?こんな時間に?それにしても鶏小屋の壁にもたれかかるようなこの姿勢はかなり熟睡してる時のそれだけど、どうしたんだろう…
少し心配になり、ブラックを軽くつついてみる

すると、ブラックの長い首が―寝る時や地面の餌を食べる時ですらきちんとS字型に固定されていて絶対に伸びきったりしない首が―力なくだらんと伸び、地面に横たわった
393別スレ8 :2016/12/16(金)01:47:22 ID:0qB
ブラックぅうーー!(´;Д;`)
ラテや新メンバーのプレッソが日々成長して、
モカは一息つけたと思ったら…。これだけ動物
を連れての旅だから、トラブルも尽きないとは
思いますが。やるせないですね…!
394Parama000 :2016/12/16(金)07:44:32 ID:tw@Parama000 
物理的かつ精神的に軽快な旅や生活を心掛けているから、逆にGoさんのスタイルが興味深い。
「禍を転じて福と為す」と思いきや、また「一難去ってまた一難」。
「人事を尽くして天命を待つ」これしかないね。
395ネコスキー :2016/12/16(金)14:02:58 ID:3jx
ブ、ブラックー!(´;ω;`)

ええっ?!
3961◆jHsnWuH7MU :2016/12/19(月)09:01:46 ID:PSv
>>393
鶏たちだけはトラブルと無縁だと思ってたんだけど、ダメだった…

>>394
ハードな旅がしたいというわけじゃなくて、おれが欲してるものを手に入れるには普通にやってたんじゃ時間が足りないからガンガン攻めるしかないって感じですね
自分の欲から目が離せない、そこに向かって真っすぐ走りたくてたまらないって感じです
幸せなことだと思ってます

>>395
ブラック…
397Parama000 :2016/12/19(月)10:12:20 ID:tw@Parama000 
欲してるものとは?

私は一般の人生や幸せでは最早満たされないです。煩わしい俗世の生活を軽快にして精神的頂点を目指す。

ブラック安らかに眠れ。
398別スレ8 :2016/12/20(火)05:47:52 ID:oT2
ブラック……(´;ω;`)
それでも旅は続くんですね。
3991◆jHsnWuH7MU :2016/12/20(火)13:41:06 ID:gzd
>>397
言葉で説明するのは少し難しいですが、ざっくりいうと特定の経験を経て得られる景色、人生観、境地が見たい、知りたい、体感したいということです。
この夢に関しては何時間でも語れるんですが、まぁ大雑把に説明しますw
冒険のスキルを身に着けて限りなく精神的に自由になった人が世界をどんな風に眺め、どんな風に暮らしていくのかを知りたいということです。
(これは世界中どこでも暮らせる、どこでも行ける、不可能だと思われているようなことでも計画し挑戦しそれなりの成果を収められるということ。
よく友達に「じゃぁ金持ちになればだいたい叶うじゃん」っていわれるけど、物資的に豊かであればあるほど例えば熱帯雨林の森の中とか雪山とかで暮らすことに対する耐性が失われるだろうから、おれが目指しているのはお金持ちとは対極の境地だ。
ただしこの夢の為には金持ちの世界も知っておく必要があるから、そっちの経験も積むように工夫しているけど、おれ自身が金持ちになる必要はないと考えている。)
体力や知力、運が追い付かなくなって途中で死んでしまう可能性は高いですが、一度しかない人生、どうしても自分のやりたいことは成し遂げたい、欲しいものは手に入れたいと考えています。

特におれは日本で生まれ育ってしまったので、かなり飛ばして攻めていくしかないと思っています。
日本はモノリンガルでも生きていける(モロッコ人はだいたい3-4か国語話せる。他の国もそこそこ先進的な国であっても2か国語くらいは話せて当然って国が大半だ。)し、
製品全般に対する高度な品質管理や清潔すぎる居住環境、比較的合理的なマナーによって普通に暮らしていたんじゃ腐敗物に対する耐性や粗悪品を利用せざるを得なくなった場合の問題解決能力なんかが全く身につかない。
有事の際のサポートも全体的に心強過ぎるから、自力で協力者を募る営業力も育たないし、「できること」と「できないこと」がはっきりとマニュアル化されているせいで思考停止していても問題解決できるから幅広く発想する能力がどんどん衰えていってしまう。
国民の安全管理が行き届いていることによって業務用の薬品や装置を入手するのに骨が折れるし、技術を持った人も少ないから自力で問題解決するのに必要な技術が得られない。
(特に途上国ではセメント自分で塗ったり、鍛冶屋からでかい溶接機借りてきて使ったりする光景も見られるし、品質は低いとしても一般の人でもそういう技術を持っていることが多い。彼らは何が簡単に出来て何が簡単に出来ないのかを知っている。)

だから日本で生まれ育ったおれは冒険家としてはかなりハンデキャップを背負っているので、ある程度はリスクを覚悟の上で突っ込むしかないんですよね。
今回のキャラバン旅は超安全で、死の危険のあるようなリスクはないですが、動物や荷車設計に対する経験と知識が圧倒的に不足していたので計画倒れになるリスクは正直ありましたね。何とか予想以上にうまくいきましたが。

ただし、日本だからこそ有利な面も多少あって、最新のデジタルデバイスが入手しやすい点(アプリはもちろん、組み込み機器のプログラミング等も出来るから冒険に生かせる可能性はある。
ラクダの時はオフラインの地図アプリとラクダ用の発信機をマイコンと3Dプリンターで外装含め作ったり、今回も実はロバ用の発信機作ってから来たりしてたんだけど、全く役に立ってないwww)
や、職場を選べばマニュアル化された高品質な技術が手に入る点なんかがありますね。

冒険家としてのおれの現在の研究対象は「現代だからこそ出来る冒険」であり、それを探究することで上に書いた景色が見られると考えているので日本でもそこそこアドバンテージはあるんですけどね。
4001◆jHsnWuH7MU :2016/12/20(火)14:11:23 ID:gzd
>>397,>>398
ブラック「まだ死んでないンゴ…」

つづき
ブラックは力なく横たわって目を閉じ、小刻みに痙攣していた
首が滅茶苦茶熱い

よく見るとカプチーノも少しだけ呼吸が乱れている
太陽にやられたんだろうか…今までそんなことなかったのに…
ほんの20分前見たときは変わった様子はなかったのに…

とにかく、一番重要なことは、ブラックがまだ生きているということだ
生きている限り、助けられる可能性はある!

状況から症状は人間の熱射病に相当する可能性が高かったし、それなら何をするべきか良くわかっている
おれはこれまでに二度、人里離れた土地で熱射病で倒れたことがあるからだ

まずは冷暗所にいかないと、水も大量に必要だ

ブラックを鶏小屋から出すと、子供たちが集まってきた

手伝ってくれる…そんな訳はない
モロッコでは動物の命の重さなんて日本でいう植物くらいの重さでしかない

子供A「早く首切って殺しなよ」
子供B「そのにわとりはもうダメだから早く食べようよ」
子供C「代わりのにわとり持ってきてやるから心配すんな!」

おれ「黙れ!!どけ!!」

周りの子供たちはどの後も囃し立てていたが、そんな周りの声を無視しておれは公共の水汲み場まで走った
そしてその水汲み場で水を使ってブラックを冷やす

水をかけたり口移しで少し飲ませてやると、ブラックは少しだけ羽を動かして反応した

小動物なら無理だろうけど、ブラックは高さが40cmもある大型の鶏だ
まだ、まだ持ちこたえてくれる可能性はある!!

経口補水液(効率よく水分を補給することが出来る液体で、人間の熱中症などに有効とされている。水1リットルに対して砂糖をペットボトルキャップ4杯分、塩をキャップ1/2杯分入れて混ぜると出来上がる)飲ませるかかなり迷ったけど、
鳥類に対して人間と同程度の効果が期待できるとも限らないし、悪化する可能性もあったのでやめた
おれにもっと獣医学の知識があれば

体を冷やし、水分補給をしっかりさせること1時間
はじめのうちは水をかけると目を開けて弱々しく首を降って水を払ったり、羽を動かしたりしていたブラックも、時間が経つにつれてそれもしなくなり、ほとんど動かないようになっていった
一瞬自分の首を持ち上げる力すら無いようだ

ダメだ!嫌だ!
こんなところで死なせてたまるか!
401Parama000 :2016/12/20(火)17:07:18 ID:tw@Parama000 
有り難う。解ります。
一切皆苦(苦=条件付)からの解放。自灯明法灯明の境地。

頑張れブラック許してクレメンス…。
402名無しさん@おーぷん :2016/12/21(水)00:11:19 ID:CGz
便利の代償として
我々は知恵と体力を失ったのだ…

うう〜ブラック〜(/ _ ; )
403別スレ8 :2016/12/21(水)01:11:21 ID:z26
生きてたブラック(´;Д;`)良かった
…って言える状況じゃないけど。頑張れ。
確かに日本は国民のリスクを最小限に抑える
ために、徹底したマニュアル化と専業化が
進められた国とも言えますね。生きやすくも
ある一方でマニュアルから外れたところでは
何も出来ない国民を育てているとも言える。
一生日本国外に出ないで終わる人も多い事は
それだけ日本が幸せな国でもあるんでしょう。
ただ、スレ主さんの望む景色はマニュアル外
にあるようですから、それを見るためには自ら
スキルを身につけ、前に出るアクションが必要
なんですね。今回の冒険もそのアクションの
1つみたいですが…。成果を手に次のステップ
に進める事をお祈りしてます(・Д・)ノ
4041◆jHsnWuH7MU :2016/12/22(木)09:45:16 ID:nMu
>>401
頑張ります!

>>402
暮らしが豊かになる恩恵を享受する人の方が圧倒的に多いからいいことだとは思うんだけどね…

>>403
ありがとう!
切磋琢磨する!

つづき
ブラックはどんどん動かなくなっていく

・死ぬ直前であるため動けない
・体を休めて体力回復を図っている

…後者であってほしい

とにかく体の熱は完全に下がっていたので、体をタオルで拭いて夕日に当ててしばらく待つ
時々もぞもぞと動き、懸命に首を持ち上げようとしているが、持ち上がらなかった

ちなみにこの日は休日だったため動物病院は閉まっている
なのでこれ以上ブラックに出来ることはないと判断し、おれは一旦荷車のところに戻ることにした
荷車まで帰る途中、子供たちだけでなく若者やおっさん、おばさんからの「さっさと殺しなよ」合唱が腹立たしくてどうしようもなかったけど、今はそんなことを気にしている場合じゃない

荷車に戻りブラックが産んだ卵の黄身と水をやる


そして、幸いブラックは持ち前の体力で踏ん張ることができたようで、その後2時間ぐらいかかったが、少しずつ回復していった
ブラックは少しずつ首を持ち上げたり、羽を動かしたり、足を少し動かしたりできるようになっていった
ただし、立ち上がることはできないようだった

一命はとりとめたようだけど、脳に障害が残って下半身が動かないとかそういう可能性は否定できない、五体満足であってくれ…
いつも寝ている時と同じ姿勢で眠り始めたので、鳥小屋に戻し、明日元気になることを祈り続ける

そして、次の日
朝になり鳥小屋を見に行くと、そこには何事もなく毛づくろいをしているブラックの姿があった

あんなに弱った状態から回復した動物を見たのは初めてだったので、本当に奇跡のように感じられたし、めちゃくちゃ嬉しかった
鶏は鶏肉としての用途があるので命を軽視されがちだし、おれ自身鶏肉は大好きだけど、それでもブラックは特別なんだ
この時点でブラックとは1ヶ月ほど寝食を共にしていたし、今では大事な家族の一員だ

本当に、よかった…

そして、おれは他の動物の体調も見てまわる
モカ…体力が有り余っているらしくかなり元気、カプチーノ…昨日卵を産んだので健康状態は良好だろう、プレッソ…元気過ぎてうざいレベル、ラテ…

ラテは…
ラテは、体から膿を流し、ぐったりとしていた
405名無しさん@おーぷん :2016/12/22(木)10:06:51 ID:JQx
ブラックはどうしちゃったの?感染とか大丈夫?
406Parama000 :2016/12/22(木)15:07:31 ID:tw@Parama000 
人間より自然に生きてる動物を物扱い。
ブラック、不死鳥の如く復活。
ラテ…元気を出せ。
407別スレ8 :2016/12/22(木)23:49:29 ID:WST
ラテ…(´;Д;`) 中々良くなりませんね。
それでも街を出た後じゃなくて幸運と
思うべきか。獣医さんは何と診る?
408Parama000 :2016/12/23(金)12:23:26 ID:tw@Parama000 
号外 http://www.asahi.com/articles/ASJDF5T1NJDFUEHF00M.html
4091◆jHsnWuH7MU :2016/12/23(金)12:29:46 ID:5I7
>>405
熱にやられちゃっただけだと思う
後日談で多分はしょるから今ここに書くけど、この後生卵が太陽の熱だけで温泉卵になってるのを発見したりするw
ブラックにあげた生卵も粘度高かったし、感覚がマヒしてたけどかなり常識を超えるレベルで暑かったんだと思う。

>>406
ブラック、復活!

>>407
ベルカーニ村の人々が親切だったのはめちゃくちゃ幸運だった
そうじゃなきゃ鶏たちやプレッソほったらかしにして病院とか行けなかっただろうし

つづき
八百屋のアジーズに動物たちをみていてもらうようにお願いし、おれはラテと一緒にフェズ中心街へタクシーで向かった
この日は休日ではなかったのでラテが世話になった動物病院もあいていた
動物病院へ行き、獣医さんに診断してもらう
以下動物病院での会話

獣医「この猫は少し疲れているけど、体調に関してはそこまで問題はないかな。今注射を打てば通院しなくて大丈夫だよ」
なるほど、とりあえずは大丈夫そうだけど、いつまた再発するかは定かじゃない
だからおれは動物病院に到着する前から先生にお願いをしようと考えていた

おれ「先生、おれに注射の仕方を教えてください」

獣医「…注射?君が治療するということかい?」
おれ「はい。今回は大丈夫なようですが、次いつ再発するかもわかりません。
もしかしたらもう大丈夫かもしれないけど、大丈夫じゃないかもしれない。3日後再発するかもしれないし、1か月後再発するかもしれない。
気候的にも動物たち全員をこの辺りに長期間留めておくことはできないし、弱った状態のラテをここで野生に返してやるなんてのは無責任で最悪の決断です。
だからロバたちと一緒に連れていくしかないと考えていますが、ここフェズはモロッコ第二の都市。今後モロッコでここまで優れた動物病院に出会うことはないでしょう。
そんな中、もしラテにまた何かあって、おれが薬や注射の知識がないせいで死なせてしまったら…
おれは…おれは、そんなの絶対に耐えられないんです!
ラテには猫として幸せに生きてほしいんです!」

そんなことをおれは獣医さんにまくしたてた

獣医さんはしばらく沈黙した後、ゆっくりと話しだした

獣医「これは…、君には言わないでおこうと思っていたんだけど…。」

獣医「この猫は…とっても、とっっても『悪い状態』の可能性が高い。というか…非常に悪い病気を…いくつか…患っている可能性がかなり高いと僕は見ているんだ…」

当時獣医が何を言っているのかおれには理解できなかった
理解しようとする意志がなかった
なんかよく分かんないってかよく聞こえなかったけど、とりあえず注射教えてくれよ…

そんなことを考えていた

獣医「…それでもいいというのなら、こちらも出来る限りの治療をするし、注射のやり方も君に教えてあげよう。」
おれ「はい、お願いします!」
こうしておれは、猫に対する注射の射ち方のコツや使用する抗生物質の種類、量なんかを獣医から教わった
410別スレ8 :2016/12/23(金)18:50:35 ID:6gz
世話をしていた野良の1匹に、未熟児の子がいました。小柄で花粉症なのか、季節には鼻水ブシュブシュさせてました。頑張ってご飯もよく食べてましたが…。あまり長生きは出来ませんでした。内臓も未熟な子は自然界では淘汰され、人間の手がなければ生まれても早晩天に召されてしまう…。
ラテもやっぱりそうなのかな(´;ω;`)
411Parama000 :2016/12/23(金)19:12:55 ID:tw@Parama000 
正直ショックだが、
現実を受け止めて最善を尽くすしかないね。
運命は変えられるが宿命は変えられない。
412ネコスキー :2016/12/23(金)19:38:57 ID:1PY
ブ、ブラック!生きてた!良かった!
のに!(´;ω;`)

ラテ………

頑張ってくれ…。主様もどうか体には気をつけてください。
4131◆jHsnWuH7MU :2016/12/24(土)14:48:41 ID:W3G
>>410
自然は厳しいね…

>>411
宿命…ですか…

>>412
ありがとう

つづき
獣医さんから注射器と抗生物質をもらい、動物病院を後にする

ベルカーニ村に着くとアジーズが不安げに「どうだった?」と聞いてきた
アジーズは本当にいいやつだ

おれ「何とか大丈夫そうだったよ。これからはおれも多少手当て出来るようになったし、明日出発しようと思う」
そういうとアジーズは、「ちょっと待っとけ」といってカフェのアブドゥルと何やら相談を始めた

そしてその一時間後

アジーズ「Go!おれとアブドゥルからの贈り物だ!!!」





…は…?

アジーズ「燕って鳥でな、頭いいんだぞー!」

いや頭部の形状みる限り鳩だし…

…は…?
え、これ以上キャラバンメンバー増えんのか…?





414Parama000 :2016/12/24(土)16:21:57 ID:tw@Parama000 
Goさん入れて荒野の七人ww

スタート地点のトドラ渓谷へ行く迄にマラケシュは寄りました?
415ネコスキー :2016/12/24(土)18:52:18 ID:HME
ブレーメン………( ̄▽ ̄;)
416ネコスキー :2016/12/25(日)08:09:49 ID:Eq3
ブレーメンの音楽隊(^_^;)やっぱり増えましたね(笑)
417名無しさん@おーぷん :2016/12/25(日)08:51:31 ID:HlI
>>413いい色やな
418別スレ8 :2016/12/25(日)13:53:36 ID:Tk0
新たな仲間が∑(゚Д゚)
ラテ、このまま旅を続けられると良いなぁ。
プレッソめっちゃ冷やしてる( ̄▽ ̄)
4191◆jHsnWuH7MU :2016/12/25(日)16:03:00 ID:9He
>>414
マラケシュは寄ってないですね…
モロッコ着いたらとにかくロバに早く会いたい気持ちでいっぱいでしたねw

>>415,>>416
変則ブレーメンなんだぜ!

>>417
ありがとう!
観賞用に品種改良された鑑賞鳩ってやつらしい
うちのキャラバンの花形なんだぜ!

>>418
仲間増えすぎなんだよなぁ…
賑やかで楽しかったけどw
プレッソはまだあんまり目が良くないのか、ぷすんぷすん言いながらいろんな所に向かって突進しててめっちゃ可愛かったw

つづき
ブラックがあんな事になった直後だしラテも心配だしで、鳩をもらうのは断ろうかとも思ったんだけど、結局おれはありがたくいただくことにした
この観賞用の鳩はモロッコ人が買うには高価なものだ
プレゼントとしてはかなり気合の入っているものと言わざるを得ない

アジーズやアブドゥルがおれのことをそんな風に大事に思ってくれたというのはすごく嬉しいし、この鳩を絶対大事にして、ゴールのタンジェで自然に帰してやろうと思った(生まれたときからブリーダーの家で育てられていただろうから帰すってのも変な表現かもしれないけど)

おれ「分かったよアジーズ、この鳩はタンジェまで連れて行って、そこで逃がしてやることにしようと思う。
よろしくな、『ウィンナ』!」

WindとかWingとか鳥を連想するようなワードにも掛かっているからウィンナコーヒーからウィンナと命名することにした
黄色い羽根を持ったウィンナは小さくても存在感抜群だから、キャラバンの花形になること間違いなしだ!

アジーズ「それでな、Go、出発は一日延期させてみないか…?
本当はずっと村にいてほしいと思ってるけど、それは無理だろうし、せめて明日くらいは…」
端折っているけど、アジーズだけじゃなくてカフェの人たちやネットカフェの人たち、毎日窓越しに話してた女の子
(モロッコは比較的オープンなイスラム教だけど、家によっては年頃の女性に外出を許可しない家もあるから、この子に関してはいつも路地裏から民家の窓越しに話していて仲良くなった感じだ。かなり美人だったけど外で会ったことはないし全く進展とかはしてないから安心してくれw)
なんかももう少しいたら?と、熱心に言ってくれた

そんなわけで、おれはベルカーニ村の滞在を一日だけ延長することにした
ウィンナの様子もしっかり見ておきたかったし、ちょうどよかった



420Parama000 :2016/12/25(日)19:09:11 ID:tw@Parama000 
観光旅行や部屋を借りるのもいいがホームステイは興味深いね。
私もイスラエルやインドや南米等にてしたことがある。

インドやイスラム圏は女の子と会話し難い。
例のマラリアの入院中に看護師さんとしたのは貴重な体験かも。
421名無しさん@おーぷん :2016/12/25(日)23:25:39 ID:PwY
是非会って話しがしたいなあ
4221◆jHsnWuH7MU :2016/12/27(火)00:24:22 ID:EzD
>>420
おれも、たまにはちゃんとホテル泊まって…なんて考えるんですが、どうしても野宿やホームステイになりますねw
こっちの方が性に合ってるみたいで…

>>421
まじかw
おれが死なずに成長できた暁にはトークライブとかするかもしれないし、その時に是非

つづき
さて、今日は一日ゆっくり休んで、明日出発!
というわけでこの日は動物たちとゆっくり遊ぶことができた

ブラックとカプチーノはいつまでたってもおれの指が食べ物でないと気付かないのか、ピーナッツをあげているとピーナッツがなくなってもおれの指をつつき続ける
プレッソは好奇心旺盛で、色々な場所に行こうとするので止めるのが大変だ
首がまだほとんどなくて首輪やリードを付けていない為、ずっと近くにいさせないと危険だ
…まぁ、まだよたよた歩くことしかできなくて走ったりはしないから長時間目を離さなければ大丈夫なんだけど

いろんな景色を見たり走ったりするのが好きなモカは最近ベルカーニ村に飽きているようで、アジーズの八百屋前のだだっ広い空き地で放牧しているとすぐ村の外に出ようとする
おれが追いかけても逃げるそぶりは見せないから、これはやっぱりもっと色んな場所に行ってみたいとか、
もっと運動したいとか、他のロバに会いたいとか、モカからのそういうメッセージなんだと思うことにしている
明日出発だから安心しろ、モカ!

新入り、ウィンナはもともと売りものだったこともあり、かなり人になれているようだ
昨日出会ったばかりなのに、ウィンナはもうおれの手や肩に乗って餌を食べてくれた
仲良くなれている気がして嬉しい

そして、ラテ
おれが朝打った注射が効いたのかは分からないがラテは昨日に比べるとかなり膿の量が減っていた
プレッソがキャラバンに加わったことで、どうしても昼間ラテにかまってやる時間が取りにくくなった
だから、夜はラテの時間だ
夜おれが寝ようとすると、いつもラテがおれの胸の辺りにすり寄ってきておれの顔にキスをしようとする
ラテはもう、繋がれていなくてもおれのそばを離れたりしない

イミルシルでラテに出会ったとき、一度ラテは荷車から降りて逃げて行ってしまった
あの時はラテに対して余計なことをしてしまった、連れて行くならきちんと繋いでおくなりなんなりしておくべきだった…
なんて思ったものだけど、その後ラテに付けたヒモは、おれ達の信頼の無さの証だった
それが今は必要なくなっている
肩にも乗り慣れたようで、おれが普通に歩いていてもトイレの時以外は降りようとしないからヒモは必要ない
だから今ではおれはそのヒモを見る度に、おれとラテの信頼の成長を感じることができた

この先もっとラテと仲良くなっていくだろうし、タンジェに着く頃が楽しみだ
タンジェに着いた後のことも、この頃には少しずつ考えがまとまりつつあった

おれ「ラテ、お前が一番幸せになれる道、おれなりに考えてるからな」
おれの胸にぴったりと張りつくラテに向かってそう呟き、いつも通りおれとラテは眠りに就いた
423名無しさん@おーぷん :2016/12/27(火)06:17:51 ID:m8n
死んじゃだめだよ生きて帰って来てね!
トークライブ期待してる!!!やる時ちゃんと告知してね!
424Parama000 :2016/12/27(火)06:35:52 ID:tw@Parama000 
モカも既に旅人だww
英国は公園の雀も手や肩に乗りに来る。初めて見た時は驚いた。
ラテ可愛いなぁ。そんな事もあったなぁ、あの時も冷や冷やしたが奇跡が起きた!
425別スレ8 :2016/12/27(火)21:49:32 ID:qam
良かった、ひとまず良かった。
プレッソもウィンナも元気に育つと良いなぁ。
モカは乱暴だった頃が嘘みたいにスレ主さん
との絆が感じられます。ブラック、カプチーノ
食欲旺盛!特にブラックは目を見張る回復ぶり
です。そしてラテ…。この先もスレ主さん達と
色々あるのでしょうけど。今は旅が続けられる
事がただひたすら嬉しいです(*´ω`*)
4261◆jHsnWuH7MU :2016/12/29(木)20:53:21 ID:qs1
>>423
ならもっとたくさんのスキルを身に着けて死なないように頑張らないとな!
おれまだ二十代半ばだからトークライブはまだまだ先だろうけど、やるときは告知する!

>>424
へぇ、イギリスかぁ…
一度行ってみたいなぁ…

>>425
ありがとう!
モカ、そういえば最初は隙あらば蹴るようなじゃじゃロバだったなぁ…
ブラックは倒れた一週間後にはいつも通り卵も産むようになったからよかった

つづき
さて、次の日、出発の朝
朝早く起きてくれたアジーズとハグして出発

ちなみに実はベルカーニ村に着く前からおれは当初の経路を変更していた
もともとフェズからそのまま北上してタンジェに向かおうと考えていたんだけど、プレッソが仲間になったことでもう少し旅をしたくなったのが変更の理由だ
フェズからタンジェまで最短で約300kmほど、10日もあれば到着できてしまう距離だ
せっかくプレッソが仲間に加わったのにこれでは面白くない、ということで進路を西に変更し、ラバト(首都)方面、海へ向かうことにした
ちなみに、大都市がキャラバンメンバーにとっていかに危険かをフェズで嫌というほど学んだのでラバトへは寄らない

モカの体調も万全、というか久しぶりの旅にモカはノリノリだったようで、その日は30km以上歩くことができた
夜中、ラテが久しぶりに遊びの一環として襲いかかってきたのがうざかった
注射のおかげで膿ももうほとんど出ていない
ラテ、元気になってほんとよかった

そしてその次の日
朝、久しぶりに寒さを感じ、多分その影響で寝坊してからの出発

途中、目の部分が球状になっていて手がロボットアームのようになっている茶色い大型のトカゲを見つける
トカゲにしてはやけに動きが遅い

トカゲ…ていうかこれカメレオンやん!
ということに数秒で気づきテンションがめちゃくちゃ上がった
野生のカメレオンを見たのは初めてだ

モロッコにはごくまれにカメレオンを肩に乗せたパフォーマーがいるという情報をトドラ渓谷で知って以来、カメレオンは是非仲間に入れたいと思っていた動物だ

が、ここで少し冷静に考える

鶏たちやラテにとってカメレオンは餌、もしくは遊び相手でしかないし、かなりしっかりと管理しないと危険だ
それに肩に乗せるといってももうキャラバンにはラテやウィンナがいるし、これ以上肩に乗せるメンバーが増えても持て余してしまうだろう
ここからはフェズのような大都市は通らないし、餌の確保もかなり難しいだろう
いや、でもカメレオンとかめっちゃかっこいいしなぁ…

…なんてことを考えた結果、結局餌確保の難しさが決定打となってカメレオン君をキャラバンに加えるのをやめ、逃がしてやることにした



427Parama000 :2016/12/30(金)06:37:01 ID:tw@Parama000 
中東から北アフリカは日が差すと暑い風が吹くと寒いことも。
「手に取るなやはり野に置け蓮華草」
日本人旅行者には会いましたか。
428名無しさん@おーぷん :2016/12/30(金)23:41:19 ID:UYD
前にレスしたロバに憧れてるものです。
タンジェってなんか治安悪いイメージだけど大丈夫かな…。
ラテちゃんの病気も心配です。
日本でも野良さんの多くは猫エイズに感染していると言われているらしく悪い病気と聞いて嫌な予感が…。
どうか不治の病ではありませんように…!
わたしがモロッコを旅した時は、フランス語は話せたからというのもあるかもしれないですが、行き当たりばったりでいろんな人に良くしてもらいました。
メクネスがのんびりしてていい街だなぁと思った気がします。
旅の無事をお祈りしてます。
429名無しさん@おーぷん :2016/12/31(土)20:54:09 ID:smu
こんばんわ。
いつも自分が冒険してるような気分になりながら拝見しています。
ラテちゃんの無事を祈っています。

もうすぐ年越しですが、モロッコの年越しはどのような感じなのでしょうか。
宗教的にあまり新年は重要ではないと言うようなことを耳にしたことはあるのですが、よかったら現地の様子を紹介していただけると嬉しいです。
430別スレ8 :2017/01/01(日)00:16:46 ID:IMc
明けおめです!(о´∀`о)
スレ主さんや、モカ、ラテたちが今年も楽しく
旅できますように。モロッコに想いを馳せつつ
コメント送信です!(・ω・)ノ
431ななしさん@おーふん :2017/01/03(火)08:20:29 ID:1cv
あけおめ支援
4321◆jHsnWuH7MU :2017/01/05(木)13:23:44 ID:XrG
>>427
この時点までで日本人観光客と出会ったのはアズロウだけかなぁ…
あんまり観光客向けの場所は通らなかったし、大型バスが通るような道も通ってないからほぼ完全にモロッコ人としか出会わなかったw

>>428
タンジェは…まさかあんなに魔境だとは思わなかったなぁ…
フェズが可愛く見えるレベルだw

フランス語が話せるとモロッコは大体大丈夫だよな
ちなみにおれの前のレスがちょうどメクネス辺りの話だ
ありがとう、これからも安全意識高く旅できるよう頑張る!

>>429
(やばい、実はもう帰国してて日本で年越ししたとか言いづらい…w)

Facebookでモロッコ人の友達は何百人もいるけど、あんまり新年祝ってる感じではなかったから>>429さんの言う通り普段通りの生活なんだと思う
その代わりラマダンとか羊の犠牲祭は現地で体験したけど国全体が盛り上がってる感じだった!

>>430
ありがとう!
上にも書いた通り実はもう帰国してて次の冒険の準備に追われる日々なんだけど、これからも楽しく安全に旅していこうと思う!
動物たちのその後に関しては今は伏せておくけど後で必ず書き込む!w

>>431
あけおめ!!!
433ななしさん@おーふん :2017/01/05(木)15:55:53 ID:dj4
やはりww野暮な事は言わないでおこう尋ねないでおこうと思ってたからww
434429 :2017/01/05(木)19:14:47 ID:vYC
そうなんですねw
野暮なこと聞いてしまってすみませんでした!
残りの旅行記、楽しみにしています!(*´ω`*)
次の冒険もするなら是非スレ立てを!
4351◆jHsnWuH7MU :2017/01/07(土)00:19:45 ID:Csw
>>433
お察しの通りだwww
>>434
ありがとう!
まだまだ細かい部分も練っていかないといけないし必ず有意義で価値のあるものになるとは限らないけど、スレは立てようと思ってる!
4361◆jHsnWuH7MU :2017/01/07(土)00:32:50 ID:Csw
つづき
夕方、ラシッドというおじさんとジャマルという若者に引き留められたのでそこで野宿することにした
近くに湖と小川があったのでモカも大喜びだろう
そしてこの晩、抗生物質のおかげか、とうとうラテの膿か止まったようだ
傷口も塞がりつつある
かなりいい感じだ
プレッソはキキという名前の犬と仲良く遊んでいた



キキがお姉さんでプレッソが弟って感じでほほえましい限りだ
タジンも頂き、ベルカーニを除けば久しぶりの素晴らしい野宿だった

次の日
この日はなんだか力が出なかった
このごろは栄養があるものは優先的にラテやプレッソにやっていたから、おれは少し栄養不足なのかもしれない
というわけでブドウ売りの少年からブドウを購入
昼、ご飯を分けてくれた少年の荷物運びを少しだけ手伝ってから出発
出発後は一切影のない平野がずっと続いていて、雲もなかったのでかなり体力を奪われてしまった

途中、無残にも地面に打ち捨てられ、体中を獣に食い破られた犬の死骸を見かける
まじか…
…おれのキャラバンメンバーがこんな風になることはないだろうけど、嫌なものを見てしまったなぁ
そんな風に感じたのを覚えている



夜、暗くなる頃から天気が崩れ、雨が振りだす
かなり田舎であるにも関わらずブティックを見つけたのでそこで野宿しようかと考えていると、アブドゥルという男が明日はうちに泊まりなよと言ってきた
明日は無理だが今日なら是非、ということでモカやキャラバンを家に置かせてもらい、おれはモスク前で野宿することになった
モスク内で寝なかったのはラテがいたからだ

「ゲゴッ」
ラテと並んで寝ていると、聞き慣れない音がラテの方からした気がしたのでラテの方を見る
妙な咳をしたように聞こえたけど…

…それ以後、ラテは一切咳をしなかったので気のせいだと割り切ることにした

この日、ラテはなぜかいつもとは比べ物にならないほどおれに甘えてきた
ラテはおれに何度もキスしてきたので、おれもラテに二回ほどキスした

…何で今日はそんな甘えてくるんだよwww
これからも毎日おれと寝れるからwww
そんな焦ったように甘えてくれなくても大丈夫だwwwまぁ嬉しいんだけどwww
そんな風に考えてたのを覚えている

おれ「ラテ、おれ、お前が将来どうするべきか考えたんだ。
お前を日本に連れて行くのは狂犬病のせいで実質不可能だって調べて分かった。だからおれ、タンジェに着いてキャラバンが解散したらフェズ郊外のベルカーニ村でアパート借りて数か月暮らそうと思うんだ。
そうすればタンジェに到着した後もしばらくはお前と一緒にいられるし、おれが日本に帰った後もベルカーニ村なら野良猫がたくさんいるからお前も生活に困らないと思うんだ。
だから、これからしばらくはおれと毎日一緒に寝られるんだぜ!
安心してゆっくり寝ろよ、ラテ」

そして、就寝
437名無しさん@おーぷん :2017/01/07(土)01:01:09 ID:WXY
嫌な予感しかしない
438Parama000 :2017/01/07(土)09:00:25 ID:tw@Parama000 
えっ、ラテっ、虹の橋を渡るのか…。
439名無しさん@おーぷん :2017/01/08(日)10:12:00 ID:guj
>>426
広いなあ
440名無しさん@おーぷん :2017/01/09(月)03:48:41 ID:kjU
もろモロッコ
4411◆jHsnWuH7MU :2017/01/09(月)20:19:14 ID:mDr
>>437
そうだな

>>438
ラテはおれの最愛の猫なんだぜ!

>>439
超広大で気持ちいいんだ!
エジプトの砂漠で遊牧してた時は周りなーんにもなくて、砂と空と、遠くに岩山って景色が多かったから、
なんだかゲームのデバッグ用ステージというか、大きなカプセルの中に入れられてるような気分(まぁ球体である地球上にいるんだから正しい認識だよな)だったんだけど、
モロッコは広大なのは同じだけど風景がもっと多岐にわたっていて、まさにオープンワールドゲームの世界って感じだった!
日本で電車とか乗ってるとモロッコでの日々が夢だったんじゃないか…なんて思ったりするw
でも、そんな風に感じてる時点でおれが見たい世界のとっかかりが掴めてるってことだから次の冒険も広大な世界を全身で楽しもうと思ってる!

>>440
??

つづき
次の日、午前中に通った村で肉を分けてもらったが、ラテは食べなかった

あれ…そういやこいつ昨日の夜もチーズを一かじりしかしてなかったんじゃ…
それにラテはあまり水を飲んでいないようだった

…猫は気まぐれに絶食したり水を飲まなくなったりするっていうし、それに違いない、アズロウで受けた怪我は治ってもう膿も完全に止まったんだし

昼間、休憩中にラテとモカのツーショットを撮った
モカとラテ、この組み合わせはいい感じだ
ほっこりする



この写真は、今ではおれにとって大切な意味のある写真となっている

休憩が終わり、ラテを肩に乗せて荷車まで運んでやる
荷車から降りるときも乗り込むときも、おれとラテとの息はぴったりだ

ラテがゆったりとした動作でおれの肩から荷車に飛び移る
この時左肩に伝わってきたラテの確かな体重を、おれは未だに覚えている


昼休憩を終えてから30分後、ウィンナに被せていた太陽除けのブランケットがずれていたので修正するために荷車を停車した
余談だが、ベルカーニ村を出発して以来、荷車を停車してラテの名前を呼ぶといつもラテは移動できる範囲でおれの方に歩いてきた
ラテの体調管理もかねて荷車を停める度にラテと少しだけ遊んでやっていたので、それが嬉しかったんだろうか
なんだかウキウキしているのを悟られまいと慎重に歩いているような足取りだったため、それがあんまり可愛かったもんだから、荷車を停めるのがひどく楽しみだったのを覚えている

でもこの時、ラテはおれのところへ歩いては来なかった
なんどか呼んでみたが反応がない
寝ているんだろうか
442別スレ8 :2017/01/10(火)05:10:13 ID:KiX
広くて気持ちの良い大地ですね。そんな中で
ラテやモカたち仲間との旅は忘れられない
経験だったのですね。しかし、しかし…。
この後のことを考えるともう…(´;ω;`)
443ネコスキー :2017/01/10(火)09:03:51 ID:BY5
えっ?日本?( °_° )

いやまあご無事なら…。

続き楽しみにしてます!
444Parama000 :2017/01/10(火)18:29:02 ID:tw@Parama000 
引っ張る引っ張るww
もう帰国したからモロッコの話をしてもいいか。タンジェは昔から最悪だ。

http://youtu.be/5GTMT53asuc
445ネコスキー :2017/01/10(火)18:39:01 ID:BY5
待って…………嫌な予感しかしない……………
446名無しさん@おーぷん :2017/01/11(水)21:38:06 ID:NIO
(ヤバイ)
4471◆jHsnWuH7MU :2017/01/11(水)22:41:03 ID:DTi
>>442
だだっ広い荒野におれと動物たちだけ…みたいな状況も多くて素敵な冒険だった

>>443,>>445
ありがとう

>>444
ちなみにタンジェ民とフェズ民は基本仲が悪くて長年いがみ合っているみたいだ
日本で例えると何県と何県になるだろうね

>>446
(この辺書くのキツイ)

つづき
荷車に近寄りラテを探す

ラテは荷車の一番前辺り、すなわちモカやおれに一番近い位置で突っ伏していた


…言葉にできないような嫌な感覚がおれを支配する
なぜって、突っ伏すラテの姿勢が死んだ獣のそれに酷似していたからだ

まさか…
…いやいや、30分前まで問題なさそうだったし、大丈夫に違いない
…具合悪くて寝てるんだ


そう信じて、ラテを手元に引き寄せる


…ラテは…

…ラテは全く反応せず、目は中途半端に開いた状態で手足はだらんとしていた

おれ「ラテ!!!!!」

大声で叫ぶ
おれ「ラテ!ラテ!ラテ!!!!!」
叫び、ラテを前後に揺さぶる

…確かに死んだ獣特有の姿勢をしてはいたけど、ラテはまだ温かいし、柔らかい!
これらはおれの知っている死んだ獣の状態と異なっているんだからラテは生きているに違いない!

そう信じて、ラテを揺さぶりつつ太ももの付け根なんかを圧迫したけれど、

外観、柔らかさ、温度、どれをとっても生きている猫と大差ないにも関わらず、

おれは、ラテの体から、脈拍と呼ぶべきものを一切感じ取れなかった
448別スレ8 :2017/01/12(木)00:01:58 ID:7J5
とうとう…(´;ω;`)
読んでるだけで辛いのに、スレ主さんの
苦しさはいかばかりか。頑張ってお続け
ください…。
449ネコスキー :2017/01/14(土)10:45:19 ID:zT8
(´;ω;`)…………………………
450Parama000 :2017/01/14(土)12:30:00 ID:tw@Parama000 
生者必滅会者定離

>>399の境地に近付くと、無駄な感情が無くなる。
4511◆jHsnWuH7MU :2017/01/14(土)18:00:35 ID:aGg
つづき
ラテは、死んでしまった

死因は不明
…恐らく病気だったんだろう
動物病院で医者に、「ラテはとても悪い状態で、いくつかの悪い病気を併発している可能性がある」と言われたときから覚悟をしていたつもりだったが、ダメだった

…もうキャラバン旅をやめてしまおうか
…ラテのいないキャラバンなんて考えられない
…これ以上動物たちに何かあったらと考えるととても進む気になれない
弱気になって、そんな風に考えた

でも、その時おれは平野にいたので、夕方といえどまだまだ日差しは強かった
このままでは他の動物たちがどんどん弱っていってしまう
おれはキャラバンの仲間たちを守る責任がある
せめてもっと気温の低い地域まで行かないと

平野から森へ、泣きながら歩いた
途中、ラテが死んだのは何かの間違いじゃないかと考えて何度も荷車を覗いてみたけど、荷車の中には時間の経過と共に冷たく、硬くなっていく猫の死骸しかなかった

その後、天気はがらりと変わり、砂を含んだ嵐がしばらく吹き荒れた
大粒の雨も降りだした

どうしようもないので荷車をいったんとめ、道路わきの大樹の下に避難する
しばらくすると嵐と雨は止んだけど、なにもする気が起きなかったのでそこでしばらく休んでいると、親切な若者が通りかかった

若者はラテの話を聞くと共感してくれて、ビール瓶を二本くれた
ぐいっと一気飲みで全て飲み干す
体質的にこの程度では酔えないけど、少し楽になった気がした

その後、若者はラテを埋葬するよう促してきた

本当はまだまだ諦めきれず、ラテを荷車に乗せたまま旅したかったけど、他の動物たちのことを一番に考えるべきだと思ったから自分の気持ちを無理やり切り替えてこのタイミングで埋葬することにした
ラテのことを引きずってはいけない、今は他にも守らなければならない命がたくさんあるんだ

ラテの墓には、ラテお気に入りのブランケットを半分と、卵の殻、そしてチーズの包装用の銀紙をいれた

ブランケットは、毎晩おれとラテでシェアしていたものだ
寝ている間にラテが引っ張ってブランケットがほとんどラテの方にいっちゃうことばっかりで、よく取り合いになったっけ
だから半分ラテにやる
あったかくしろよ

卵、そしてチーズはラテの大好物だったけど、こうしてみるとどちらも柔らかくて病人用の食事って感じだ
肉はどうしたんだよ、肉はwww
ラテの首輪は、形見としてとっておこうかと一瞬迷ったけど、ラテによく似合っていたのでそのままにすることにした
この首輪は、おれがラテを大好きだったっていう証なんだ

ラテ、ありがとう、ばいばい、ごめんな



4521◆jHsnWuH7MU :2017/01/14(土)18:08:30 ID:aGg
その後数日間、おれの日記には一日の移動距離しか記載されていない
日記を書く気にならなかったからだ
この数日間のことはあまり覚えていない

そして気がつくとおれは、ラテがいる場所から100kmほど離れた位置にある港町、ケニトラに到着していた
453別スレ8 :2017/01/14(土)18:47:17 ID:TUF
思い出すのも辛いだろうに、最後まで書いてくれてありがとう。ネット越しだけど、ラテが生きた思い出は、自分の中にそしてたぶんこのスレを読んでる他の人達の中にも残ります。ラテは頑張って生きたのだと。
モカ、ブラック、カプチーノ、プレッソ、ウィンナ達との今後の旅がどうなるのか、最後まで読ませていただきます。
ラテ、さよなら。お疲れ様。
454ネコスキー :2017/01/15(日)09:34:47 ID:n2M
号泣(´;ω;`)…………………………
455名無しさん@おーぷん :2017/01/16(月)17:00:45 ID:2WH
私もきっと忘れないと思う。
日本人の青年の肩に乗って
モロッコの街を、森を、荒野を旅した
オレンジ色の子猫のこと。
456名無しさん@おーぷん :2017/01/17(火)01:46:11 ID:z4y
もし、何百年も後に誰かがラテの小さな骨を見つけることがあったとしたら、赤い首輪を見て、なぜこんなところに飼い猫が?って不思議に思うかな…。
チーズの銀紙。ブランケット。きっとこの子はとても愛されていた…。
そんな風に誰かが、ラテの物語をアレコレ想像する遠い未来を勝手に思い浮かべて、悲しいけど暖かい気持ちになりました。
主さんと出会って、キャラバンの一員になって、短い一生でもラテはきっと幸せでしたね…。
4571◆jHsnWuH7MU :2017/01/17(火)21:47:10 ID:3EZ
>>453
ありがとう
ラテとの旅はここでおしまいだけど、これからもキャラバン旅はまだまだ続く

>>454
ごめん、みんな健康な状態でゴールしたかったんだけど、無理だった…

>>455
ありがとう、そういってもらえるとラテも心休まるんじゃないかな

>>456
ありがとう
ラテは死後も安らかに過ごしてるってしんじてる

つづき
さて、港町のケニトラはそこそこ大きな都市だ
夕方、暗くなりかけでかなりシビアなタイミングでケニトラの警官が600m(実際は2km)先の安全な場所まで案内するからついて来いと言ってきたのでついていくことにしたんだけど、これが間違いだった
600mを越えても全然着かないし、最後の100mなんて3回「あと100m」と言われ、しかも結局100mじゃなくて1kmだった
途中で、ライト照らしてくれるなら何キロでも行くから嘘つかず正確な距離言えよって言ったのにさらに嘘を重ねる彼はなんなんだろうか

途中、街中で「Goさんのファンだ」と主張する人二人に出会い、それぞれケーキやジュースを差し入れてもらえた
ファンを募集した覚えはないけれど、アズロウやフェズでの行いがFacebookで拡散されたせいでおれはかなり有名になっているようだ

警察に連れられたどり着いた場所はなんと繁華街のど真ん中

想像してほしい
渋谷のスクランブル交差点の隅っこにロバや動物たちと荷車があって、外国人が世話をしている様子を
そんな感じだった

…警察はこんな場所が安全に寝れる場所だとでも思ったんだろうか

結局警官はすぐに帰ってしまうし、ていうかそもそもこの場所は警察や警備員いなくて人だらけで盗みとか軽犯罪し放題だろう
一番許せなかったのは、30秒ほど目を離しただけで、さっきファンだという人からもらったジュースが誰かによって倒されたことだ
故意だろうが故意じゃなかろうが許すものか…

…まぁとにかく散々な場所だった
そして、荷車を動かせという頑固そうなじいさんも出てきて、朝起きたら乱暴に扱われた荷車が半壊している状況が容易に想像できたし、実際歩道は狭かったから荷車が邪魔だというじいさんの意見にも正直同意だったから、夜9時から警察は頼りにせず自力で寝る場所を探すことになった

これまではこんな時間に移動したことはなかったけど、今回は仕方がない
かなり危険だし最悪安全に寝られる場所が見つからない可能性もあるけど、ここに留まるよりはマシだ

おれ「モカ、オンパ!」(フランス語で『行こう』って意味だ。現地で使われている言葉の方が聞き取りやすいだろうと考えたので、基本的に動物たちにはフランス語で話しかけたり指示したりしている。出発の際には毎回言っている掛け声だ。)
モカは嫌々といった感じでゆっくり歩きだす
疲れているんだから当然の反応だ
さて、なんとか安全な場所を見つけないと…
458別スレ8 :2017/01/18(水)00:18:59 ID:Re4
続き、ありがとう!
ホントにこの警官は何がしたかったのか。想像力
や能力が絶望的に欠除していたのか、有名になっ
たスレ主さんの扱いを面倒くさくなったのか。
或いはジュース倒した誰かみたいに悪意からか?
ともあれ、有名になるのも良し悪しですね。一夜
の安息所がどうか見つかりますように。
459Parama000 :2017/01/18(水)07:19:13 ID:tw@Parama000 
後進国あるあるだ。
昔から旅人に不評な国、支那・北インド・エジプト・モロッコ。
私は何とも思わなかったが。
寧ろ評判なタイ・ネパール・トルコが好かない。
4601◆jHsnWuH7MU :2017/01/19(木)22:16:39 ID:2jA
>>458
ほんとにね、こっちの警察は超適当だ
この警官はおれが郊外の静かで安全そうな林の中で野宿しようとしてた時に声かけてきたからな…
まじでほっといてもらえた方が安全だったw

>>459
そう、人それぞれ相性のいい国と悪い国があるんだよな…
おれはタンジェ以外のモロッコが大好きだ!

つづき
荷車には小さい反射板が一つ付いているだけなので街灯のない場所は歩けない

仕方なく、街灯のある通りを選択しつつ中心街から離れる方向に歩いていると、トラックがたくさん止まっている工場のような場所に行き当たった
その場所には工場の隣に家があり、番犬が複数いて、何人かの男性と女性が談笑していた

これはつまり、貧乏でもなく子供もいるだろうということを表しているから安全なパターンだと踏んで交渉開始
これだけ大きな都市内部で完全に一人の状態で野宿するというのは非常に危険だ
荷物がリュック一つくらいしかない場合は野宿するテクニックも色々あるが、今回はモカ達がいるのでその辺は使えない
もちろん都市の外に出るだけの時間もない…というか街灯がないからモカや荷車のトラブルのリスクと悪い人間に襲われるリスクの両方があるので論外だ

つまり、街灯が途切れそうなこの辺りでせめて誰かの家の庭や敷地内で寝られるようにしなければいけない
というわけで何とか仲良くなって、家の前で野宿させてもらえるようお願いしてみる

すると、家の主らしき人に、野宿することでこの地域のガードマンの仕事が増えるから迷惑だ、どこかに消えろと言われた
この辺りは不良の溜まり場になっていそうな雰囲気だったし、他にそこそこ裕福な人たちがいるような場所はなさそうだ
この家の人に断られたら正直どうしようもなくなる

ただ、もちろん消えろと言われた程度で挫けるおれじゃないw
やばくなればなるほどテンションが上がって感覚が研ぎ澄まされるおれの特殊能力発動だw
女性もたくさんいるようだし、彼女たちを味方につけられれば主の考えが変わるというパターンはモロッコでは十分にありうる!

ということで女性たちと仲良くなるように努め、粘っていると、

工場前なら寝ても良い➡晩ごはんもやる➡風呂も使って良い➡家の中で寝なさい➡明日も明後日もここで暮らせば良いじゃないか!

という感じで打ち解けられた
そしてなんと、番犬にやっているドッグフードを分けてもらうこともできた



プレッソの栄養状態は常に心配していたし、ドッグフードが手に入ったのはとても有難い

その後、風呂とタジンで万全の状態になり、ふかふかのソファーで就寝!
461別スレ8 :2017/01/19(木)23:55:42 ID:BkF
素晴らしい!見事な交渉能力(*゚∀゚*)これは
コミュ障気味の自分には難しいなw
治安の悪い場所での旅にどんなパターンの
危険が考えられるのか、とても勉強になります。
ご飯と心地よい寝床でパワー充填!
462Parama000 :2017/01/20(金)07:38:19 ID:tw@Parama000 
何故、移動用のライトを付けない?

野宿は、ギリシャ・インドネシア・韓国くらいしかないなぁ。泊まる程でもない空港付近で。
頼まなくても泊まりなさいとか乗りなさいとか言われたなぁ、パナマ、インド、英国等。時々思い出して感謝してる。

適当な国地域は、適当に旅のアレンジが出来る。
463ネコスキー :2017/01/21(土)14:54:58 ID:sCQ
(´;ω;`)…………………………

主さんも気をつけておくれよ…。

つくづく物品とかに関しては日本は恵まれた国だね…。すぐ近くに病院とかあるしね。保険制度も一応それなりに整ってる。

また次の旅の準備してるのかな。本当気をつけて下さいね。
4641◆jHsnWuH7MU :2017/01/22(日)00:14:27 ID:zz9
>>461
日本ではおれもコミュ障なんだよなぁwww
日本はコミュニケーション取るの難しいよ、その点海外はめっちゃ簡単なんだぜw

>>462
そもそも危な過ぎるから夜間歩かない為にもライトを付けなかったっていうのと、おれやモカが十分に見渡せる程の明るさのライトを維持する為の電力が太陽光発電じゃ賄えないってのが主な理由
夕方とかは後ろから来る車に対してスマホのライトで合図して安全に移動できるようにしてる

野宿は危ないからとても薦められるようなものじゃないけど、おれみたいに経験や価値観の構築の為に野宿が必要な人もいるから一概には言えないか…

>>463
ありがとう!
気を付ける!
虫歯とかの病気になったら日本に帰るしかないからいつも内心ヒヤヒヤしてたんだぜ!w

つづき
さて、次の日の早朝、おれは番犬たちのいる工場地を出発した
ケニトラは港町だから海まで行こうか迷ったけど、フェズでの経験から町は危険だと判断し、現地人にとって有名な海辺の観光地、ムレイ・ブセルハムに向かうことにした

この辺りの砂はもはや岩山にあったような乾いた砂や、森の栄養たっぷりの土とは異なり、砂浜にあるような砂ばかりだ
基本的にアスファルトの上を歩くから問題はなかったけど、風の影響で砂がアスファルトの上に薄く広がっていたため、モカは少しだけ歩きにくそうだった

そしてその夕方、道路から少し離れた人気のないところで野宿しようと移動していると、おもむろにモカが座り込んだ
もちろん荷車ごと倒れてしまったから鶏たちやウィンナ、プレッソは大騒ぎだ

慌てて荷車をモカから外し、水平にして動物たちの安全を確保した後、モカの方へ向き直る

おれ「モカ、どうしたんだ…?
もしかして慣れない道をたくさん歩いたせいで足を痛めたとか…?」

心配していると、モカがむくりと立ち上がり、先ほど座り込んだ理由をおれに教えてくれた

…あぁ、お前、そういうやつだったな…



4651◆jHsnWuH7MU :2017/01/22(日)00:40:18 ID:zz9
その後、モカを標識の棒に繋ぎ、昨夜もらったドッグフードを砕いてプレッソに与えたり自分の分の食事を自炊したりした後、就寝

その後ムレイ・ブスルハムに到着するまでの数日はそこまで大きな出来事もなかったので割愛する



強いて挙げるなら「ウィンナを売って欲しい」という人々が何人かいたということだろうか
確かに、どこにでもいるロバや犬、鶏と異なり、観賞用の鳩は裕福な人しか買えない動物だから珍しいんだろう
ラテのことがあった後だったから、いつかウィンナを盗まれてしまうんじゃないかとかなり心配になったりしたけど、
きちんと注意していればそんなこと起こるわけないと自分を安心させることにした
うん、そんなこと、起こるわけない

…これは実際にあった出来事をありのまま書いてるだけなんだけど、何で綺麗にフラグ立てる感じになるんだろうなw

そして数日経ち、ようやくムレイ・ブセルハムに到着する日になった
午前中、森を歩いている際に「この辺りはガルブと呼ばれる治安最悪の地域で、ならず者たちによる誘拐なども起こるからかなり注意するように」と警官から指示を受けた
誘拐とかあるのかと最初は意味がわからなかったが、ムレイ・ブセルハムが予想以上に集客力のある観光地だということが分かったので納得した
ここでもおれのファンだという人達数人と出会い、ジュースやハンバーガー、アイスなんかを差し入れてもらえた
この頃は常に栄養不足気味だからマジでありがたい



人が多すぎて危険だったのでモカやプレッソを砂浜に連れていくことはしなかったが、海で少し泳ぎ、綺麗な夕陽を眺め、波の音に揺られながら眠ったことで気持ちをリフレッシュすることができた

明日からは海から内陸へ戻り、山中にひっそりと存在する青と白の町、シェフシャウエン、フェズほどではないがそこそこの大都市、テトゥアンを経由してタンジェへ行くつもりだ
タンジェまで歩いてあと10日ほど、シェフシャウエンでの滞在を考えるとあと少しかかるかも知れないが大体そのぐらいで今回の冒険は一区切りだ

気を引き締めていこう!
4661◆jHsnWuH7MU :2017/01/23(月)00:21:38 ID:tPj
次の日の朝、目を覚ますとムレイ・ブスルハムが霧に包まれていた



この先の森はならず者が出るから危ないと聞いていたので、ちょっとやばいと思いつつ出発
マジで危ないなら森の手前の検問の警察が止めてくるだろう

町の入り口の検問を通過しようとすると、警官が声をかけてきた
警官「この先の森は今霧が出ていてかなり危ないから彼らと一緒に行ってくれ」
警察が指さす方を見るとラフな格好をした白人と黒人の男2人が軽く会釈をした
かなり背が高い
二人とも身長190cm前後だろう



ボディガードやんけwww

…正直、おれは睡眠時ならともかく起きている時に誰かに直接守られるのは好きでない
自分の意識がある間くらい、あらゆる状況に対応できなければならない、強くあらねばならないと考えているからだ
…ただ、悔しいがおれは体格的にこの二人にはどちらにも勝てそうにないし、実際濃霧に包まれた森が危険なのは間違いないので二人に同行をお願いすることにした



森を抜ける途中、話したところによると黒人の方はもともとこの土地の警察で、白人の方はカサブランカ県警から任務を帯びて一時的にこの町に転勤しているそうだ
話を聞いている限り左遷ではなさそうなのでこの白人警官はエリートコース真っ只中というところだろうか

10kmほど歩くと森を抜け、町に出たので警官たちにお礼を言って帰ってもらった

さて、ちなみにこの日は地味におれの誕生日だ
友達からラインとかは来ていたけど、現地ではもちろん何もないので軽く自分で祝うことにする
午前中運良くパン屋の前を通りかかったので小さいケーキを購入
なんだか今日はモカの歩くペースが速かったので短い時間でたくさん歩くことができた

今日の晩ごはんは産みたての卵を利用した卵かけご飯と、トマトと唐辛子で味付けした鰯の缶詰だ
デザートはケーキ
卵かけご飯を少し火にかければプレッソも食べられるんだけど、予想以上にプレッソががっついたせいでおれの分が少なくなってしまったw

それでもなんとかお腹を満たし、就寝
4671◆jHsnWuH7MU :2017/01/23(月)00:24:29 ID:tPj
間違えた
×白人
○モロッコ人
469別スレ8 :2017/01/23(月)23:05:16 ID:n7Z
リゾート海岸から一転、濃霧の森!いやー
変化に富んだ旅ですね!(*^o^*)
海外で見ず知らずの人に頼るかどうかは悩み
ますな。この時は上手く転がったようで何より。
この先に大変な街が待ってることやフラグも
気になりつつ、続きを読ませていただきます。
それにしても卵かけご飯ご飯、旨そう!遠い
モロッコだと旨さひとしおでしょうね!
4701◆jHsnWuH7MU :2017/01/27(金)00:05:33 ID:Ibs
更新遅くてごめん、最近マジで忙しくて体もガタガタで目が回りそうだw
後もうちょっとで全部終わるから待っててくれw

>>468
モカは感情とか気分とか、そういうのがだいぶ豊かなんだぜ!

>>469
そうそう、なかなか手に入らないものは貴重だし、感動するw
この旅で一番印象深かった高級品は「冷たい水」だw

つづき
さて、次の日、昼休憩をした村ではたくさんのロバが野放しにされていた
村の男曰く、ロバが多すぎて余っているので、(実際は200DHとからしいが)なんならタダでもいいと言っていた

その村だけでなく、この辺りの地域は野放し状態のロバをたくさん見かけた



モカを放してやるならこんな感じの、野放しのロバが自由に暮らしてる場所がいいなぁなんて思った

さて、事件は夕方に起こった

モカや動物たちと一緒に見通しのいい平野を歩いていた時だ

突然、後ろから急ブレーキの音が鳴り響き、「ガン!」という音が聞こえた
慌てて後ろを振り向く

おれ「…は?」



472別スレ8 :2017/01/28(土)06:04:22 ID:pJV
ひゃあああ!追突事故?Σ(゚д゚lll)
トラブルの嵐ですね!
忙しい中、更新ありがとうです。
無理しないでくださいね(*´ω`*)
473名無しさん@おーぷん :2017/01/31(火)00:19:00 ID:RoY
レスまだー??
4741◆jHsnWuH7MU :2017/01/31(火)00:36:06 ID:tui
>>471
そうそう、タダだったかもw
情報って大事www

>>472
ありがとう!
ここからは災難続きっていうwww

>>473
ごめん、出来るだけ頻繁に更新できるよう頑張る

つづき

少し前を見ると車が停車していた

そう、車が後ろから突っ込んできたらしい

車は停車しており、人が出てきたので当て逃げされる恐れはなさそうだった
女性も2人いたのでどうやら家族らしいということが分かった

急いで被害状況を確認する

荷車の支柱が4本中2本折れ、タイヤ部分のフレームも曲がり動かなくなっている
にわとり小屋半壊、プレッソの家も半壊
にわとり小屋の方はなんとか形を保っていたが、プレッソの家に関してはプレッソが外に出られるだけの隙間が出来てしまった

プレッソはまだ幼く、車にひかれたりロバに踏まれたりする危険がある為最優先で保護すべきだ

プレッソを抱きかかえ、加害者の人たちと話をする
その家族の人達は警察に言わずに示談をと促すが、断固として警察を呼ぶと言っていると、周りの人が通報してくれたようで警察が来た

500m離れた場所に警察署と鍛冶屋があったのと、この辺りの警官とはそこそこ仲が良かったのが幸いし、モカたちと荷車は警察車両によって速やかに鍛冶屋まで移動され、車をぶつけた家の主人はその場で修理費を鍛冶屋に支払った

さて、実は今日は羊の犠牲祭だ

モロッコ人は皆、自分が所有している羊を殺し、その肉を近隣の人々に振る舞う

当然、町は機能停止
鍛冶屋も休業

なので仕方なく今日でなく明日修理してもらうことにした

祭りの影響で夕食は羊肉づくしだ

プレッソをとりあえず鍛冶屋前に積んであるタイヤの中に入れ(狭くて暗くて怖いだろうからマジで心苦しかったけど首輪の無いプレッソは制御不能だったからおれが睡眠をとるにはこうするしかなかった)、今日は鍛冶屋の前で寝ることにした

元通りなんて期待していないけれど、(「何とか動くレベルの修理」というのがモロッコでの責任を取るという行為に当たるからぶつけられた時点で不運だったと思うしかない)少しでもマシな状態で荷車が復活することを祈るのみだ
475別スレ8 :2017/01/31(火)03:05:18 ID:hYt
しかし、鍛冶屋があったのが幸か不幸か…。
荷車、直ると良いなあ。それにしても、
こうして話を聞くと羊話豚や牛以上にあちら
の人たちの暮らしに欠かせない食肉ですね。
モロッコではどんな食べ方が主流なのかな?
4771◆jHsnWuH7MU :2017/02/01(水)23:16:29 ID:Usj
>>475
このお祭りに関して言うと、みんな金属の串に刺して焼いて食べてた
豚はイスラム教だからなくて、鶏肉は生きた鶏が100g当たり40円とかで売ってるw
意外と高いのと、自分で絞めないといけないっていうwww

>>476
特にモロッコは羊の価格が高騰しているらしくて、一頭3万円ほどで取引されることもあるみたいだw

つづき
次の日の朝

鍛冶屋によって修理が行われたが、8割くらい終わったところで数日間旅行に行くと言って出掛けてしまった
言い方はきついかもしれないが、修理代としてまとまった金もらってるのに責任感のかけらもないという、これがモロッコの鍛冶屋クオリティだwww

まぁでも、金属フレームに関しては全て修理済みだったので、あとは時間をかければおれでもなんとかできる
のこぎりや金づち、釘や予備の木材なんかは荷車に積んでいたからそれなりに修理できるという状況だった

結局、この日のうちにプレッソの家とにわとり小屋の修理が終わった
あと少しで修理は全て完了だ

そしてその夜、問題発生

モカの背中が腫れているのを発見した
軽く触るとかなり嫌がる
痛いようだ




後ろから車がぶつかった際に強く負担がかかってしまったのだろう
モカのこの膨らみは膿が出てきそうな膨らみ方だったし、同じ症状で一足先に行ってしまったラテのことを思い出して頭が真っ暗になったりもした

…モカに無理はさせたくない

そして、この辺りの動物病院の情報を集めてみたが、どうやらシェフシャウエンまで行かないとロバを診られるような動物病院はなさそうだった
とりあえず応急処置としてモカの背中を綺麗にして消毒してから抗生物質が含まれているスプレーを塗布した

それから鍛冶屋の前に座り込み、真っ暗な中一人で真剣に今後の方針を考える

モカの病状に関して、気付くのが遅れた原因は、患部を触ると痛がる以外はいたって普通だったからだ
歩き方に異常はなく、激しい運動でありなおかつ背中を擦る可能性のある砂浴びも普段通りの頻度で行っている
食欲も普段通りで排便にも異常はなかった

さあ、どうするべきか…
4781◆jHsnWuH7MU :2017/02/01(水)23:18:09 ID:Usj
考えた結果、モカの怪我に対する今後の方針は以下の4つに絞られた

①モカをこの近辺に放ち、他のロバを入手して冒険を続行する
少し前でも触れたけどこの辺りはロバがかなり飽和している状態だから、モカが苦しい労働を強いられる可能性は低いし、友達や嫁になってくれそうなロバもたくさんいるから、モカがロバとして自由で楽しい生活できる可能性がある
ただし、モカの看病をする人はいなくて、傷口から雑菌が入って悪化する可能性もあるからあまりにも無責任な方針だし、モカ以外のロバと冒険を続けるというのは正直想像できない

➁モカをこの近辺に放ち、冒険を中止する
これならしばらくはおれがつきっきりで看病してやれるから①のデメリットはうち消すことが出来るし、この辺りは鶏たちにとってもいい環境だ
ウィンナを放してやるのはある程度どこでも大丈夫だろうし、プレッソはアパートでも借りてしばらく一緒に住もうと思っていたから問題ない

③荷車とモカの接続方法を変え、荷車の重さを半分ほどにして冒険を続ける
 荷車をモカの背中でなく首に接続する
 そもそもモロッコのロバは背中でなく首で荷物をひいているのが一般的だったらしいので、モカの負担という意味では軽くなるだろう
 そして、ここからは多雨地域に入っていくため予備の水を捨てて自炊を諦めれば荷車の重さを半分ほどに出来るという計算結果になったので、おれでも牽けるレベルで軽くなり、モカの負担は限りなく少なくなる
 ただし、それでもモカが苦しい思いをする可能性はあるし、モカがほんの少し苦しいと感じていた場合に気付く手段は正直ない
 この方法はモカに実際に牽かせてみるまでは可能かどうかも分からない

④モカをこの近辺に放ち、荷車を軽くして、おれがタンジェまでの残りの山道(250kmくらいだ)荷車を牽いて動物たちと歩く
 これは…おもしろいけど…ロバ旅のコンセプトが崩れてしまうから冒険の果てに確固たる何かが得られるか自信がない
 これなら①の方がいいかもしれない

この日、これら4つの方法を中心に考えてみたけど、答えを出すことは出来なかった
4791◆jHsnWuH7MU :2017/02/04(土)18:17:47 ID:m7u
次の日
昼までになんとか修理が終わったので、とりあえず③が可能かどうか検証してみることにした

重そうな荷物をとりあえず地面に置き、荷車を半分ほどの重さにする
そして、荷車の接続部を改造し、モカの患部を一切刺激しないように首に接続して、試しにモカに牽かせてみる

とりあえず円を描くように50mほど歩いてもらったけど、モカは特に問題なさそうに荷車を牽いた
嫌がる様子はなく、歩き方も至って普通だ

でも、だからってこれで大丈夫とは言えなかった
おれが気付けないだけでモカは傷のせいでとても苦しい思いをしているのかもしれない
その場合は、モカをこれ以上おれの冒険に付き合わせるわけにはいかない

おれ「モカ、お前は今どんな風に感じてる…?」
尋ねたところで答えが返ってくるわけないのはわかっていたけど、祈るようにモカの方へ振り向いた







あぁ、お前ってそういう奴だったわ…

おれ「…。
うん、大丈夫そうやな!」

結局、モカの勃起が決め手となり、患部を一切刺激しない形に荷車を改造した上での出発となった
ガスタンクや水など重たいものは全て捨てた
ここからは自炊無し、水も随時調達しなければならないハードモードだ

さらに、また車が衝突するとまずいので常に後ろを気にしながら歩く
後ろから来た車に対しては交通整備員のように手を大きく振って誘導する
かなり疲れる

昼間、やはり心配になってモカの方を見遣る



大丈夫そうだw

おれ「さぁ、青と白の町シェフシャウエンへ!
モカ、オンパ!!」
481名無しさん@おーぷん :2017/02/04(土)20:14:09 ID:BWf
患部じゃなくて別のところを刺激したと…
482別スレ8 :2017/02/05(日)06:21:31 ID:8xu
モカ若いww常にギンギンですな(・∀・)
4831◆jHsnWuH7MU :2017/02/07(火)09:19:30 ID:YbL
>>481
そういうことだw

>>482
いやー、若くて元気なモカと出会えたおれは幸せ者だなぁw
ちょっと元気過ぎるけどwww

次の日

朝、タイヤの部品が壊れているのを発見
ただし羊祭りの影響で鍛冶屋などはあと3-4日は閉まっているということと、荷車がよほど傾かない限りは変な音もせず普段通り歩けるということがあったので、シェフシャウエンまでこのまま行くことに決定

そして、モカの怪我や荷車の不具合などを注意深く見る必要があるのと日没の時間が早くなってきた関係で、今日からはあまり距離を気にせずのんびり歩こうと思ったので、昼間はプレッソと遊び倒した
プレッソは最近少しずつ活発になってきたので、おれの体のいたるところを舐めまわしていた
…もう少し大きくなったらしつけしようw

ちなみにウィンナは今日から鳥籠の外に出している
前々から鳥かごの中は窮屈そうでかわいそうだと感じていたからだ
荷車が糞で少し汚れてしまうけど、人間視点での見栄えよりもウィンナの過ごしやすさを優先だ
荷車の上にウィンナが乗ると全体的にかなりかっこいい感じになった




その夜もまた、おれはプレッソと遊んでやった
プレッソはおれの顔中を舐め、甘えてきた

うん、プレッソもすくすく成長してるみたいで良かった

なんて考えながらプレッソを荷車へ戻し、就寝して次の日

朝、起きてすぐ異変に気付く

なんてことだ…


熱が出たらしいw
484別スレ8 :2017/02/08(水)06:06:53 ID:4Bc
ラテもそうですが、体調不良になると不安から
甘えてくるんですかねー。回復したんでしょうか?
ウィンナの乗った荷車とモカの絵面はいかにも
旅人!って感じですね。
4851◆jHsnWuH7MU :2017/02/10(金)11:05:00 ID:reX
>>484
そうそう、ウィンナは華があるからキャラバンの上にいる時はほんとに見栄えするし、モロッコ人たちもみんなすげーって言ってたw

つづき
熱があるらしい
体温計
38℃
昨日の夜プレッソに顔を舐められた時にばい菌が入ったのだろう
幸いガソリンスタンドが近くにあったので、今日進むのは諦め、ガソリンスタンドの店員さんたちに事情を話して従業員用の休憩室で休むことになった

外はまだまだ暑かったけど、室内ならそこまで暑くないので明日までには熱が下がって出発できるだろう
そしてそのままおれは気を失うように眠りに就いた


目が覚める
熱は下がっていそうだが体力を使い切っていたので体がだるい
周りを確認すると、おれの隣でおっさんが横になっていたので驚いて声をかける

おれ「やぁ…おかげさまでかなり良くなったみたいです。
あなたも休憩中ですか?
今の時間は…夕方6時か…。
おれももう少しここで休ませてもらってもいいですか?」

おっさん「あぁ、おれは今日の仕事は終わったから今からここで寝るのさ。
好きなだけゆっくりしていくといい。」

おれ「ありがとうございます。」

…というわけで許可を得られたので心置きなくもうひと眠り



その少しあと、ぼんやりとした意識の中、誰かに体を触られているような気がする

…まぁ、今は疲れてるから夢や金縛りの類だろう
そこそこ頻繁に金縛りに遭う俺はそう結論付け、もうひと眠り

次に起きたとき、異変に気付く

おれ(…!)

おれ(ズボン脱がされてるやん…!
めっちゃ下半身触られてるやん、隣のおっさんに!!)
486名無しさん@おーぷん :2017/02/11(土)20:39:25 ID:Eao
アッー♂
487別スレ8 :2017/02/12(日)01:17:52 ID:XNS
((((;゚Д゚)))))))
突然のウホッ案件…! 斜め上のアクシデントが
尽きませんね。
488(❀◉o◉☘)かルルん◆0alhDm0N.QKT :2017/02/12(日)19:29:09 ID:tw@ISatilkaruaI 
へーすごいね!
489名無しさん@おーぷん :2017/02/13(月)01:59:40 ID:yKT
助けてモカ!出番だよ!
4901◆jHsnWuH7MU :2017/02/14(火)00:48:19 ID:YOT
>>486
www

>>487
ホモはどこにでもいるからな…

>>488
コテハンwww

>>489
ピンチの時モカは全く役に立たないんだよなぁ…


つづき
ちなみにはしょったけどホモに出会ったのはモロッコでは二回目だ
湖のある村イミルシルに到着する前、遊牧民の人たちとお茶を楽しんでいる時にガチな感じで尻を揉んでくるおっさんがいて切れたことがあったんだけど、今回はさらに積極的なおっさんに出会ってしまったらしい

とにかくこの状況はまずい
すぐに逃げないと…

おれ「おっさん、やめろ…」
おっさん「大丈夫大丈夫、そのまま寝ててくれれば」

…だめだこのおっさん

おれ「それならおれ外で寝るから、おっさんはいつも通りここで一人で寝てくれ
世話になった」
おっさん「いやいやいや、ここで寝てていいから、おれ触らないって約束するから!」
おれ「いや、大丈夫、ちょうど夜風に当たりながら寝たいと思ってたところだし」
おっさん「いやいやいや…」


その後、おっさんは最後までおれを自分のそばで寝かせようと必死だったが、なんとか振り切り、おれは外に出て荷車のそばで仮眠をとることにした
ここなら深夜でもガソリンスタンドの店員や客の目が届くためホモの危険はないだろう

…というわけで軽く眠って次の日、熱も下がったのでおれはモカ達と再出発することにした
491Parama000 :2017/02/14(火)12:56:20 ID:tw@Parama000 
復活!また規制されたw
もうopen2chは、このスレしかレスしない(本家に行ってるってか帰ってる)。

イスラム圏はホモが多い。
トルコのディヤルバクル、喧嘩して仲直りしたら友情の証と女みたいな男を連れて来て「遣れ」と。
オレ「いやいやいや…」w
492名無しさん@おーぷん :2017/02/15(水)04:27:21 ID:mQe
ホモォだろうが、ノンケだろうが同意なしの
無理矢理はどっちみちアウトー!ですよね。

>>491
よく判りませんが復活オメ!(・Д・)ノ
493Parama000 :2017/02/15(水)16:47:44 ID:tw@Parama000 
>>492
おおきに

イスタンブール、こちら側がヨーロッパあちら側がアジアのボスポラス海峡を眺め座っていると、
何処からともなく現れたオヤジが握手を求めてくる。
股間を見詰てはウインクまた見詰てはウインクする。
オレ「あっ、こいつホモや!」
シッ!シッ!と追い払うと、隣のベンチの青年に同じ事をしてる。
青年「(トルコ語)!」シッ!シッ!
無下にされたオヤジは次の男に同じ事を…以下、視界から消える迄。
494名無しさん@おーぷん :2017/02/18(土)03:47:04 ID:HhB
そして時は止まった
4951◆jHsnWuH7MU :2017/02/18(土)10:22:58 ID:VCD
>>491
フィリピン行った時もホモ多かったけどなw

>>492
まぁもちろん男相手ならおれはどんな状況でも同意しないんだけどw

>>494
書く書くwww
4961◆jHsnWuH7MU :2017/02/18(土)10:29:28 ID:VCD
つづき
さて、次の日は久々の山道だった

シェフシャウエンは山奥にある町なので当然と言えば当然なんだけど、乾燥地帯のトドラ渓谷を出発してから、山、森、都会、海、そして山と、かなりたくさん歩いて、かなり遠くへ来たようだ
この時点で歩いた距離は約900km
ゴールのタンジェまではあと100kmほどだ

そして、このペースでいけば明日には次の目的地であるシェフシャウエンに到着するだろう

この日の夕方、モカの背中の腫れているところから少し膿が出た

…これは、ラテが猿に噛まれた時と全く同じ症状だった
暗い気持ちになるのを抑えつつ、傷口を綺麗にして消毒し、抗生物質のスプレーを塗布する
…大丈夫だ、体の大きさと比べて腫れている部分はかなり小さいのでモカに関しては自然治癒する可能背が非常に高い

明日、シェフシャウエンで動物病院に連れて行こう

そう決意してその夜、久しぶりに雨が降ったので荷車の中で寝ることにした

そして次の日
青と白の町、シェフシャウエンに到着!!

シェフシャウエンは道が狭くて坂道が非常に多い町で、人や車でごった返していたけど、今のおれとモカならなんなくスムーズに移動することが出来た



途中、卸売市場の前にある広場を見つけたので、シェフシャウエンにいる間はこの広場を拠点にしようと考え、荷車を停車した

広場ではたくさんの子供たちが遊んでいたので、これまで通りウィンナが注目されるかと思ったが、今回子供達の人気者になったのはプレッソだった
プレッソも今では軽く走るくらいのことは出来るようになっていたので、子供たちと楽しそうに遊んでいた



そして、その広場で出会った心優しいスフィヤンという少年に案内してもらい、晩御飯はレストランでカルボナーラを食べた
出発して以来初贅沢かもしれない
スフィヤンは子供たちの輪から少しだけ外れているようには見えたけど、とても優しく、気が利く少年だ




その後、シェフシャウエンの動物病院に行ってみたけれど今日は休業しているようだったので明日もう一度行くことにした
ちなみにこの日モカは背中の腫れが少し引いていて膿も出ていなかったので、順調に回復しているとみるべきだろう

そして夜、スフィヤンにいろいろと助けてもらいながら寝床を確保
寝床は青々とした袋小路だった



まさにシェフシャウエンって感じがする
モカは市場前の広場に繋いでおくことにした
ちなみに袋小路からは広場が見えるので、いつでもモカの状態を確認することが出来て安心だ

この町には警察が少なく、交通整理をしていた警官を除いて警察に声をかけられることがなかった(=噂通りかなり治安がいい)
この感じだと明日は病院に行ったあとゆっくり観光ができそうだ
497別スレ8 :2017/02/19(日)05:38:38 ID:jVK
ホモの魔手を逃れ、新たな町へ!
子供達はどこの国もかわいいですね(*´꒳`*)
こうして見るとまだまだ成長中のプレッソ、
小さいですな。モカの回復具合が気になり
ますが、続きを楽しみにしています( ̄▽ ̄)
4981◆jHsnWuH7MU :2017/02/19(日)20:49:54 ID:3Hi
>>497
ありがとう!
プレッソはこれからどんどん大きくなっていくんだぜ!w

つづき
次の日の朝、まずモカを連れて動物病院に行く
獣医曰く、モカに対しておれがやっていた処置は完璧な上にもうほぼ治っている状態なのでこの調子で抗生物質スプレーを続ければいいとのことだ

その後、観光
まぁ、綺麗な青の町並みだった
シェフシャウエンはめちゃくちゃ有名だから観光に関しては検索すればいくらでも情報や画像が出てくるし、ここで書く必要ないか…

夜、寝る前にスマホをいじっていると、驚くほど小さな子猫が来て絨毯の上に居座り始めた



ガリガリに痩せていて、食欲もないようだった
ミルクを出してやったが飲まなかった
ラテと同じく病気なんだろうか
まぁ、いいよ、今夜はおれの絨毯の上でゆっくりしていきなよ

そして、就寝
499名無しさん@おーぷん :2017/02/20(月)07:14:24 ID:tw@Parama000 
おっ、猫登場。
キャラバンに加わるのか。
500Parama000 :2017/02/20(月)07:19:45 ID:tw@Parama000 
(来たらTwitter連携は外れてるし)
(コテは入らないし大丈夫かopen2ch)
5011◆jHsnWuH7MU :2017/02/22(水)00:30:01 ID:3lQ
>>499
そこまで割り切れなかった
このコーヒーキャラバン(道中おれはそう呼んでた)の猫ポジションはラテなんだって、そこは絶対動かさないって決めてたから、今後猫が新しく加入することはないかな

つづき
次の日、シェフシャウエンを出発
海にむかっているはずなのに、なぜかこの日は登り坂ばかりだった
途中の湖が綺麗だった



その日は特に何事もなく、夜、ガソリンスタンドで野宿することにした

多くの人が歓迎してくれたが、一人のおっさんが発狂して通報
警官もガソリンスタンドで寝ていいと言っていたが、おっさんがなおも発狂したためすぐ近くの警察署内で寝ることに

まぁ、個人的にはガソリンスタンドで野宿するの好きなんだけど、警察署なら動物達にイタズラされるリスクがゼロな上に、モカが好みそうな草も食べ放題だったので結果オーライだ!

そして次の日
午前中、日本人観光客がたくさんのっている観光バスとすれ違う
皆笑顔で手を振ったりスマホで動画を撮ったりしていた
なんだか恥ずかしい

この道はゴールのタンジェに続いている道で、スペインから膿を渡ってタンジェに来た観光客たちのバスがシェフシャウエンに行くために通る道でもあるから大型の観光バスがたくさん通るようだ



写真はウィンナとのツーショット
この頃になると比較的新入りのウィンナもおれにかなり慣れてきてくれていておれにとって大切な相棒の一人になりつつあった

あそして夕方、目的地の村に着くも、警察と住人の両方からこの村のなかでは寝るな、出ていけと言われてしまう
結局、町を出てすぐのところにある家の前で野宿させてもらうことになった
なんでも父親がドイツに住んでいるらしく、クスクスとジャーマンティーをご馳走してくれた
家の前の雑木林にはモカの食べる草も十分にある

…この辺りはよそ者を毛嫌いする風潮が強いみたいだけどとりあえずは今日も結果オーライだ!

最近風景写真貼ってない気がするから貼ってみる







502別スレ8 :2017/02/23(木)03:19:48 ID:AaY
コーヒーキャラバン! 良いネーミング。よそ者
を警戒するのは当然の感情ですかね。
好天続き?赤茶けた大地が青空に映えますね。
503名無しさん@おーぷん :2017/02/23(木)16:53:55 ID:0XK
ネコォーーー
504Parama000 :2017/02/25(土)06:56:13 ID:tw@Parama000 
当スレを見る目的の半分はラテだったからなぁ
5051◆jHsnWuH7MU :2017/02/26(日)22:49:05 ID:rDH
>>502
これから向かうタンジェは多雨地域だけど、モロッコは基本的に乾燥してるから快晴の日が多いんだ!

>>503
猫ってなんであんなに可愛いんだろうな
シェフシャウエンで出会ったこの猫が今無事に成長できてることを祈るばかりだ

>>504
ごめんな…

つづき
さて、もう目と鼻の先にコーヒーキャラバンのゴール地点であるタンジェがあるんだけど、実はおれはタンジェへ行く前に少し寄り道をしなければいけなかった

理由は滞在許可証の有効期限
基本的に正社員などで就職していない外国人は3ヶ月までしか滞在できず、おれの滞在許可証はあと10日ほどで切れてしまうため、モロッコを出国する必要がある
ただ、だからと言ってあと10日でキャラバンと強制的に別れないといけないというわけではなく、一旦国外に出てすぐ戻ってくる(=再入国)すれば3ヶ月の滞在許可証が更新され、キャラバンの皆と旅を続けることができる

…というわけでおれはタンジェの手前の都市テトゥアンから陸続きのスペイン領セウタへ入国し、即日再入国することに決めた
その為にはおれがスペイン領に行っている間、キャラバンのメンバーたちはもちろん荷車の荷物を盗まれないようにする工夫が必要だ
ある程度運も絡んでくるけど何とか被害を最小に抑えて乗り切らなければ…


…さて、昼過ぎにテトゥアンに到着
前述の通り今日はテトゥアンのどこか安全な場所にキャラバンを置いてバスかタクシーでスペイン領セウタまで行って帰って来ないといけない
誰か協力してくれそうな人はいないかと考えていると、大通り沿いの観光ツアー代理店から青年が出てきておれに走り寄り話しかけてきた
なんでも彼含めこの代理店の従業員一同はFacebookでおれのことを知ったらしく、是非一緒に写真が撮りたいとのことだった
なるほど、店舗を構えている職場の人々なら比較的信頼できるし、数時間の間ガレージぐらいどこか手配してくれるんじゃないかと期待を込めて、
実は困っているんだ…と代理店の青年に相談すると、隣のだだっ広い土地(大きな扉があって鍵をかけることができる)を所有しているアブドゥル・マジッドさんというご老人を紹介してくれた
アブドゥルさんは最初は明らかにめんどくさそうだったが、青年の説得のかいあって安全な場所を提供してくれた
夕方には戻るから、と言い残してグランタクシー(かなり安く移動することができる乗り合いタクシーだ)に乗りセウタに向かう

そして到着、スペイン、セウタ



せっかくなのでほんの少しだけ観光をしようか迷ったけど、セウタではバスを使わないと商店などがある町まで行けそうになかったしユーロも持っていなかったのですぐにモロッコに戻ることにした

そして、無事モロッコの入国スタンプを押してもらいテトゥアンへ

テトゥアンに帰ってみると、動物たちはみんな無事で元気だった
アブドゥルさんは犬や猫、にわとりを空き地に放していて気まぐれに餌をやって暮らしているらしく、キャラバンのみんなに上質なご飯をごちそうしてくれていた
モロッコ人としてはかなり動物が好きな人のようで、ありがたい

そしてその夜は結局アブドゥルさんの土地で野宿させてもらえることになった
506みそすーぷ :2017/02/26(日)23:27:35 ID:IAA
遂にテトゥアンとセウタまで来たのですねー。
大昔の欧州旅行のついでに足を延ばしました。
帰国が近いので1泊ですぐスペインに引き返しましたが、文化の違いが強烈だったことはよく覚えています。
モロッコ人は確かにうざかった。

当時の記憶を再確認したいのですがGooglemapのストリートビューが無く..
写真があれば載せていただけると嬉しいです。
507Parama000 :2017/02/27(月)06:15:04 ID:tw@Parama000 
他国に長期滞在する時はリエントリーが邪魔くさい。
私も部屋を借りて暫く暮らす事が少なくないから解る。

実は既に次の冒険を楽しみにしてる。
5081◆jHsnWuH7MU :2017/02/27(月)23:33:05 ID:VOE
>>506
そうそう、テトゥアンやセウタは観光客が多いから行ったことある人もいると思うけど、両方ともなかなか優しい人に出会うのが難しい町だw

>>507
この頃はキリル文字と格闘してるw

つづき
今日は風の強い日だった
というか風力発電の設備もたくさん見かけたし、この辺りは地形的に常に強い風が吹いていそうな気がする

タンジェまであと二十数キロ…というところで、モカと接続する為の荷車の棒の片方に亀裂が入り、今にも割れそうな状態になっているのを発見



あと少しではあったけど、おれやキャラバンメンバーとここまで旅してきた荷車はもう限界が近づいているようだった



この辺りの道は交通量が今回の冒険において最高に多く、こんな危険区間で棒が割れてしまうと詰む気がしたので即座モカを止まらせ、添え木で修理
でもこんなのは一時的な措置だ
運が良ければ4km先にある村で修理することができるはずだ

…しかし実際に歩いてみると、添え木は不十分だったようで、少しずつ、本当に少しずつ棒が曲がってきてしまう
このまま歩かせると4kmすらもたないと思ったので手綱を離して折れかけていない方の棒を持ち、モカの補助をしながら歩くことにした
要するにおれが荷車の「重さ」を担当し、モカが牽引を担当するという図式だ
手綱を持っていない以上、モカをこれまでのように道沿いに数センチ単位でコントロールするのはかなり難しくなる
モカが立ち止まったり変な方向に歩き出したらアウトだ

でも、もちろんそんなことにはならなかった

モカは自分の役割をきちんと理解しているようで、普段と変わらず道路の右端ギリギリを歩き続けてくれた
できる限り荷車の棒への衝撃が少なくなるよう、モカと足並みを揃えて歩く
そんなことは今までやったことはなかったけど、息を合わせるのは簡単だった

息を合わせてみて分かったけど、仮に二人三脚のように足を結ばれていたとしてもなんの問題もなく歩き続けられただろう

このとき既に、モカと歩いた距離は1000kmを越えていて、いまやおれとモカの間には確かな信頼関係があった

そうして二人三脚をすること1時間、たどり着いたらガソリンスタンドの外れで野宿することにした
日も沈んでしまっていたので鍛冶屋はやっていないだろうし、ビザの更新もしたから時間に余裕がある
明日の朝、荷車を鍛冶屋に持って行って金属部分を溶接してもらおう

あと20kmほどでタンジェだけど、最後だからこそ堅実に行こうと思う
写真はガソリンスタンドでのびのびするプレッソ



509Parama000 :2017/02/28(火)05:35:09 ID:tw@Parama000 
プレッソ成長したなぁ。
モカと一心同体。
後20kmいよいよか。
5101◆jHsnWuH7MU :2017/02/28(火)13:23:04 ID:V9G
>>509
生後一か月からの付き合いだからプレッソが成長するのは見てて楽しかった!w
ゴールまであと少しだからこそ、このまま何事もなく終わるわけなかったんだよなぁ…

つづき
次の日、ガソリンスタンドの近くの村の鍛冶屋で荷車を修理(簡単な溶接だけだから修理費用約200円)して再出発!

そして道中、何キロにも渡るだだっ広い峠で野生のロバを3頭見かける
この辺りはロバの供給過多でロバの価値が非常に近いというのは知っていたが、確認する為にたまたま近くにいたおっさんに詳しく話を聞いてみる

おれ「おっさん、あのロバたちは何で自由なんだ?」
おっさん「なんでって、ロバをわざわざ飼おうとするやつなんてこの辺りにはあまりいないからな
ここはタンジェっていうでかい町の外れだからロバはもう時代遅れなのさ」

この辺りは多雨地域で、野生のロバがたくさんいるからモカの就職先としては有力候補だ




もちろん、ゴールした後動物たちをどうするかについてはほとんど考えがまとまっていたんだけど、実はモカだけはまだ決めかねていた
野生に帰すか、人に飼ってもらうか…

野生に帰した場合、ロバが飽和していて誰かがモカを自分のものにしてしまう可能性の低い地域、雨が十分に降って様々な植物が生えている地域、友達や嫁になってくれそうな野生のロバがいる地域、などの条件を満たしていなければ、モカは苦しく、寂しい生活を強いられてしまうだろう
そして人に飼ってもらった場合、大切に世話してもらえる可能性があるけど、走るのが好きなモカにとっては狭い行動範囲というのは不幸なのかもしれない

そんなわけでここ数週間は情報収集に努めていたんだけど、野生のロバたちがいるこの峠以外にもタンジェの外れにはロバの多い村があるとの情報を得たので
この日はゴール(交易で栄えたモロッコにおける「行商キャラバン」だから海沿いのタンジェ港がゴールだ)まで行かずに手前のその村で野宿する予定だった

さて夕方、タンジェ内にある、ロバがたくさんいるはずの村に到着
飼われているロバはいるにはいるがそこまでいない

やはり今日通った峠が有力候補か…

とにかく村のモスク前に荷車を停め、村人たちに挨拶をしてそれなりに仲良くなっておいて、野宿の準備をしてから荷車の後ろ側でプレッソと遊ぶこと数十分

プレッソが少し眠そうになってきたので、鶏たちやウィンナに餌をやろうと思い荷車の前に移動して、おれは言葉を失った



512別スレ8 :2017/03/02(木)08:51:20 ID:dzA
ウィンナ…!(´;ω;`)
モカとの信頼関係やプレッソの成長が喜ばしい
一方で…。どんな結末になるのでしょうか。
5131◆jHsnWuH7MU :2017/03/03(金)23:57:52 ID:QLA
>>511
諦めの悪さはおれの十八番だ!www

>>512
ウィンナはもともとモロッコ人からプレゼントされた仲間ってこともあって、モロッコ人の間で人気の高い動物だったから、もっと用心しておくべきだったな…

つづき
ウィンナが、いない、盗まれた…

ショックはあまりにも大きかったけど、だからこそ、こんな時こそ頑張りどころだ、と冷静に状況を分析することにした

その結果、ウィンナを取り戻せる可能性を8割弱と見積もることが出来たので少しほっとする

まず、このあたりは人通りもあるため、状況的に単独犯はあり得ないのでこれはグループによる犯行だ

次に、鳥かごの扉に鍵がかかっていなかったにも関わらず半分壊して盗んでいた手際の悪さから犯人は若い男(モロッコの若い女性は皆保守的でおとなしい。この辺りでは外国人を目の敵にしているような老婆は見かけていない)である可能性は非常に高い
そもそも扉の開きかたから考えて子どもの手でもない限りウィンナを外に出す空間はなかったため、実行犯は少年だろう
扉を全開に開けておれの手でぎりぎりの大きさなんだ、ウィンナは…

そして犯人像が正しければ、扉の壊しかた(余裕のなさ)やウィンナを盗んだ目的(まず売り払って金にするのが狙いだろう)から考えても反応を伺うためにおれの目の届く範囲に少なくとも一人は犯人を知る者がいるに違いない


つまり犯人像としては若者数人で、実行犯は少年、今もどこかからおれの様子をうかがっている、という可能性が高い

おれのこの読みが当たっていれば、経験上こういうときは大人の男たちを巻き込めば数分から数十分でウィンナを取り返すことが出来るはずだ
村のメンツを保つため犯人は最後まで分からないだろうが、ウィンナが戻ってくる可能性、勝算は十分だ

考えがまとまったところで速やかに実行
大声で周りの大人を巻き込んで騒ぎ立て、ついでに犯人に対して、おれの大事な鳩を返してくれるなら、金が欲しいならくれてやる!と呼びかける
…まぁ現金はあんまり持っていないし、村のメンツを守るために犯人特定がなあなあになるのを見越しての呼びかけだからあんまり払う気はないが、犯人たちがこの呼びかけに応じるか、または大人たちの情報網によって犯人が特定できるかすればウィンナはとりあえず戻ってくるだろう


そして、その20分後



514別スレ8 :2017/03/04(土)01:22:17 ID:5VU
工エエェェ工エエェェ(´□`)ェェエエ工ェェエエ
すごい読み通り!手口の拙さから子供の犯行を
予想して、大人を介入させると進展することも
瞬時に判断するとは…! スレ主さんの経験と
洞察力の深さに感服します! ウィンナ、
良かったよ〜(´;ω;`)
5161◆jHsnWuH7MU :2017/03/06(月)00:14:50 ID:2ad
>>514
日ごろから無駄にハードモードで暮らして場数踏んでたおかげだw

>>515
無傷ではなかったけれど、とにかく命が助かってよかった

つづき
ウィンナ奪還

まずはけがの確認
ウィンナの片足が動かない
よく見るとビニールヒモがきつく結ばれていた
取り除く
泥棒が本気で許せない

血が止まっていたようでその後足から出血
即抗生物質スプレーで止血

留まるのも移動するのも危ない
村の大人たちが夜中営業している小売店の隣を紹介してくれたが、もちろん信用はすべきでない
ただこの時間に闇雲に移動するよりはマシだ
明日タンジェの中心街を経由してゴールするため体力は温存したかったけど、今夜は寝ないことにする

ウィンナはストレスによる過呼吸が止まらない
小さな動物はこういったストレスが命の危険に直結するから油断は許されない

鳥籠を毛布で包み、暗く暖かくして静かな場所に移動して待つこと3時間
ウィンナの「ズ… ズ…」といういびきが聞こえてきた
とりあえず落ち着いたようだが、呼吸の際のお腹の動きがぎこちないので、強く握られたせいで肋骨が折れている可能性はある

次の日は港でなくまずは動物病院に行くべきだ

野宿する場所の隣にある小売店は村の若者たちがやっていて、その若者たちが朝までボディガードを買って出てくれたが、彼らとのやり取りで、おれは一つの確信を得た


…いやぁ、有り難い限りだ

ほんとに、絶対に安全だ



…泥棒たちに守ってもらえるなんて…
518名無しさん@おーぷん :2017/03/06(月)09:19:11 ID:uJ8
がんばえー
519名無しさん@おーぷん :2017/03/06(月)09:36:34 ID:hla
ドンドンドロンボー
5201◆jHsnWuH7MU :2017/03/07(火)23:05:48 ID:2x1
>>517
こいつら使い勝手めっちゃ悪かったけどなw

>>518
プリキュアになった気分だw

>>519
フェズやタンジェは盗人の温床だw
まぁ泥棒に関しては特に海外では育った環境によっては仕方ない部分もあるとおれは思ってるけど、モノならまだしも仲間を盗むやつを許すわけにはいかないな

つづき
その後、寝ないことに決めたのでずっと起きていたんだがけど、とにかく小売店の若者とその友達がうるさすぎた
普段は朝まで営業はしないみたいなので安全代として10DHくらいあげてくれと村長が言っていたんだけど、そもそもまず間違いなく泥棒だというのと、うるさいことによるウィンナのストレスを考えても10DHあげるべきか迷うレベルだ
ウィンナのストレスは命に関わるからと何度言ってもうるさいのをやめないからしまいにはおれの方から距離を置いて…あぁ、当時のイライラを思い出して筆が進まなくなったからこの件はこのくらいにしておこう

そして朝4時。
夜明けまであと3時間というところで若者たちは本性を現した
ウィンナを助けてやったんだから1000DHよこせと言ってきた

ウィンナをこんなにされて、10DHでも迷うレベルなのにあげる気にならない
そもそもここであげてしまうと更に請求され、粘着されることが目に見えているからよほど切羽詰まらない限り彼らに金を渡すべきでない

ならもう警備はいいからおれは行くと告げ出発

若者たちは諦めず、金をよこせ、金をよこせとついてくる
この土地を熟知しているだけあって、先回りしていろんなところから出てくる
何度も石を投げられて、その内のいくつかは荷車に命中した

相手は3人

寝てなくてかなり疲れているし、ここから先は治安的にはさっきの村よりもっと危険(ただしだからと言って反対方向へ進むと田舎道になってしまい危険が増すため、今は繁華街に向かうしかない)だしで、
この先のことを考えるとマジで憂鬱だけど、コーヒーキャラバンのみんなの為にも今は気を抜かず頑張るしかない

面倒なことにならないよう(もうなってるけどw)、暗い通りは避け、街灯がぎりぎりあるような細くて明るい道を選んでモカ達とタンジェ中心街へ向かって歩く

もう少し街中まで行き、大通りまで出ればおれの勝ちだ

直接殴って強引に金を盗りに来ないのは家と職場が割れているからだろう
モロッコ警察はおれが知る限りではアフリカで最もまじめだから、若者たちはおれに危害を加えたらただでは済まないことを分かっているんだろう

なら焦らして時間稼ぎをしつつ、牽制もするべきだ
ということで人に助けを求めるふりをして家のドアを叩いたり、立ち止まって冷静に話し合ったり、相手のリズムを乱すことに専念する

ネタが尽きてきたところで本来払うつもりだった10DHを渡す
これで3人のうちの1人は満足したようだった
残りの2人は1000DHよこせとまだまだついてくる
5211◆jHsnWuH7MU :2017/03/07(火)23:06:44 ID:2x1
さらに中心街に向かって歩いていると、しばらく2人の姿が見えなくなり、代わりに正面から帽子を被った青年が歩いてきて、大通りまでボディガードをするから金よこせと絡んできた

考えるまでもなくグルじゃねーかwww

青年「外国人、この辺りはマジで危ないぜ?しかも武器もないんだろう?
不用心な奴だなまったく」
青年は腰から刃渡り40cmのマチェット(超でかい包丁って感じ、詳しくはググってくれ)をするりと出し、おれに見せてきた
見せびらかしてきたのはおれに金を出させるための威嚇のつもりなんだろう

おれ「この辺はほんとに危ないみたいだね。ただおれは不用心ではないけどなw」
おれはそう言い、いつでもすぐ取り出せるようにしてあった刃渡り30cmのマチェットを手に取り青年に見せる
ちなみにおれの最たる武器は左ミドルと膝蹴りだから刃物は威嚇用でしかないけど、一応ナイフ術を含むフィリピンの杖術をかじっていた時期があるから素人よりは刃物がうまく扱えるはずだ

おれのマチェットを見た途端、青年の顔が引きつる
おれが武器を持っていないと考えていたようで、反応からやはりマチェットを見せびらかしてきたのはおれを脅す意味合いが強かったんだろう

よし、これで対等なところまでもってこれた

そして途中、追いかけてきた若者たち2人が立ちはだかるも、帽子を被った青年が追い払ってくれた
結局、さんざん引っ張って大通りに到着したあとで5DHだけ支払う
…追い払ったっていってもほぼ確実にグルだしなぁ
どうせあとでみんなで山分けするんだろって感じだ

まぁグルじゃなくても実際にこういうことしてくれる人はモロッコでは割といるし、その場合はもっと払っても良かったんだけど、お金がほとんど払えないことは最初から言っていたし、今回はタイミングが悪かったと諦めてもらおう

その後ようやく大通りに出たものの、ウィンナ誘拐事件による疲れと不眠によって体は限界だった
でもウィンナの為に少しでも早く病院に行かないと

ガソリンスタンドで寝かせてもらえないか訪ねてみるも、交渉の余地なく即断られる
ぼやけた頭で後ろから来るたくさんの車をやり過ごし、なんとか警察署に到着
最初は断られたが、警察署の隣の芝生のスペースならいいとのことなので、動物たちに食料を与えてから周りを警戒しつつ2時間だけ仮眠をとることにした
522別スレ8 :2017/03/08(水)02:14:49 ID:ILC
金を渡す事は付け入る隙を与える事…。そんな
偉そうに理屈を垂れる程、修羅場は潜って
ません。スレ主さんのギリギリを見極めつつ、
中間の安全を守る選択に、ただ感服です。
しかし、ゴールまでホント気が抜けないですね。
5241◆jHsnWuH7MU :2017/03/10(金)23:40:09 ID:z2i
>>522
もう最後はへろへろだったんだぜ!w

>>523
いやー、自分の格闘技術を磨く為にも本場のタイにはいつか行きたいですね!
まぁおれの場合まずは師匠に認めてもらってからですけどね、あと何年かかるんだか…w

つづき
2時間後、起きてすぐ動物病院に向かう
ウィンナはもう普段とほぼ変わらない様子だ

それでも念のため獣医さんに診てもらったが、獣医さん的にも栄養を十分に取らせていればもう大丈夫らしい
ついでにモカも診てもらったけど、傷はほぼ完治していて問題ないらしい

さて、動物病院を後にし、最終ゴール、海を目指す

朝とはいえタンジェの街中はごった返していて、たくさんの人々や車が所狭しと細い道を行きかい、しかも一方通行の道が非常に多かったためモカたちと移動するのはめちゃくちゃ骨が折れた
治安においても道路事情においても、タンジェは今回の冒険において間違いなく最も難易度の高い町だった

寝不足で疲労困憊の中、モカや動物たちをうまく誘導し、安全に配慮して人々に声をかけながら一歩一歩、海への下り坂を下っていく


そして…!
5251◆jHsnWuH7MU :2017/03/10(金)23:46:15 ID:z2i



…トドラ渓谷からタンジェまで、総計1059kmに及ぶおれとモカ、そして動物たちの旅はとうとうゴールを迎えた!

…あぁ、とうとうたどり着いた!

「行商人」、そして「キャラバン」に憧れて、鉄鍛冶屋や宿の主人と協力して作り上げたほぼ手作りの荷車と、トドラ渓谷で出会った耳が欠けている攻撃的なロバ、モカと一緒に歩き始めた暑い夏の日

そして道中ラテ、ブラック、カプチーノ、プレッソ、ウィンナを仲間に加え、冒険譚や写真撮影、卵なんかで生計を立て(ちなみに行商は最終的にモロッコでの滞在費全額+20,000円くらい稼げたw十分すぎる成果だ)、ようやくここまでやって来れた

安全な旅ではなかった
退屈な旅でもなかった

全員無事に最後までたどり着けたわけじゃない
コーヒーキャラバンの仲間たちは途中、怪我したり、死にかけたり、病気になったり、盗まれたりした

そして、ラテ

でも、だからこそ、このゴールには意味があり、おれの心にはたくさんのことが深く刻まれた

音のない広大な岩山
乾ききった風の吹く荒地
人里離れた山道で出会った遊牧民の人々
どこまでも広がる平野と照り付ける太陽
贅沢品、「冷たい水」
大樹と猿で彩られた小さな森
路上駐車してある車に荷車をぶつけないように集中し続けた都会の大通り
温かい人々が暮らすフェズの外れの小さな村
シャワーを浴びる機会が少なすぎてもはや風呂としか思えなかった海
心優しい少年が暮らす青と白の小さな町
近代的な港町

これらはすべて、動物たちとの思い出と一緒に昨日のことのように思い出せる

モカのペースに合わせ、時速3km
たくさんの人々に助けられ、一歩一歩踏みしめながら動物たちと歩いてきたこの感動を、苦難を、喜びを、おれはずっと忘れずに、これからの人生の糧にしこう

…そんな風に強く思うことが出来た、最高の冒険だった
5261◆jHsnWuH7MU :2017/03/10(金)23:53:46 ID:z2i























527別スレ8 :2017/03/11(土)04:31:50 ID:Ad5
お疲れ様でしたヽ(;▽;)ノ
点在する人々の暮らしを荒涼とした大地が繋ぐ
旅路。果てに見た景色は黄金色に輝いて、とても
魅力的なゴールに見えます。
モカ、ブラック、カプチーノ、プレッソ、ウィンナ
そしてラテ。スレ主さんとコーヒーキャラバンの
旅路&商売、達成おめでとう! そして、長い間
楽しい旅の話をありがとう‼︎
529名無しさん@おーぷん :2017/03/11(土)08:29:48 ID:uTZ
動物たちをどうしたかを書いてくれよ
530名無しさん@おーぷん :2017/03/11(土)20:38:10 ID:6Yp
お疲れ様です ライブで体験できてよかった
5321◆jHsnWuH7MU :2017/03/12(日)21:33:34 ID:e2K
>>527
ありがとう!
この冒険のおかげでまた一歩、おれが目指す境地に近づけた気がするよ!

>>528
ありがとう!
次は…山だっ!!!

>>529
もちろん!
ゴール後に彼らをどうするかってのは一番悩んだ部分だからおれとしても共有したいんだぜ!

>>530
ありがとう!
これからも色々やっていくんだぜ!

>>531
分かった!


後日談、というかつづき

その後、おれは別の警察署の隣の公園で野宿することにした
ついにタンジェの北端まで到達できたので、今日はみんなを労うべくスーパーでそれぞれの好物を買ってみた

モカはメロン、プレッソは肉、にわとりたちは卵、ウィンナは卵黄だ

ウィンナは他のメンバーよりタフでないからこれまで普通の餌とパン以外は与えてなくて好物が分からなかったけど、卵黄なら栄養の塊かつ味もあるので美味しく食べられるんじゃないだろうか

みんな、ほんとによく生きてタンジェまで来てくれた…
ありがとう、ありがとうと全員に声をかけてまわる

その様子に周りにいた人々も祝福してくれた

…さぁ、タンジェを出てからもやるべきことはたくさんある
「モロッコでキャラバン旅がしたい」というおれの望みは動物たちの協力によって叶えられた
ならば今度はおれが動物たちを幸せにしてやる番だ

まだまだ終われないんだ!
5331◆jHsnWuH7MU :2017/03/12(日)21:52:35 ID:e2K
そして次の日

さて、動物たちとお別れしないといけない

そして、モカが一番幸せに暮らせるのはどんな環境かを考えた結果、タンジェに来る前に通った半野生のロバがいる峠に放してやることにした

理由はたくさんあるんだけど、そのうちのいくつかを挙げようと思う
まず、半野生のロバ達がいたことからも分かるようにこの辺りはロバの供給過多であり、放したあとに悪い人間がモカを捕まえて苦しい荷役を強いるようなことが起こるとは考えにくい
そしてこの辺りは多雨地域であるため多種多様な植物が育っているから、モカは豊かな食生活を送ることが出来るはずだ
さらに、万が一誰かに飼われてしまった場合でも、この辺りの地域で飼われているロバをつなぐロープは他の地域のロープの倍以上の長さなので、モロッコの他の地域と比べるとかなり自由に過ごせるはずだ
理由はおそらくだけど多雨地域ゆえの植物の豊富さにあると思う
他の地域だと自生している植物だけではロープに繋がれたロバは生きていけない為餌を用意してやらねばならないけど、この地域なら長いロープを使えばほとんど水や餌をやらなくてもいい為、長いロープが使われているんじゃないだろうか

まとめるとこの地域はモカにとって、友達がいて、食生活も充実していて、捕まり重労働させられるリスクもほぼない
そんな素敵な場所のはずだ

そんなわけでおれは以前半野良ロバを見た峠から3kmほど離れた地点まで引き返し、そこにあった村で野宿することにした

そこではブティックの店主であるムハンマドという男がとてもよくしてくれた
食事から野宿場所まで必要なものは全て確保してくれた
冷蔵庫を開け、「好きなものを持っていけ!」と言われたがさすがに断った
それ商品www

ムハンマドさんはフェズ郊外のベルカーニ村の隣の村出身だそうだ
やはりベルカーニ村の辺りにはあったかい人がいっぱいいるようだ

野宿の為にちょうどよさそうな場所がたまたまごみ集積場の前だったこともあり、ボロボロになっていた荷車はムハンマドさんが引き取り処理をしてくれることになった

そして夜、ブティックとなりの発泡スチロール工場のハムディという男が工場のシャワーを貸してくれてスパゲティのような料理も振る舞ってくれた
このハムディとは気があい、久しぶりに会った旧友のように楽しく食事をすることが出来た

食事の後、荷車の隣に絨毯を敷いて寝転がり、星空を眺めながら物思いにふける

さぁ、明日はいよいよモカとのお別れだ…
5341◆jHsnWuH7MU :2017/03/13(月)21:59:15 ID:jLO
次の日の朝、ムハンマドさんのブティックで朝食をいただいてから、モカと峠に向かう
これまでモカと歩いてきた道のりを思い出しながら、一歩一歩歩いていく

そして、峠に到着

モカ、ありがとう、さよならだ
幸せになってくれ
最後にモカと自撮り




…お前顔でかいからムズいんだよwww

ばいばい、モカ
ほんとうにありがとう




…そしてその後、一旦ごみ集積場の前に戻り、今度はバスのチケットを取りにタンジェに向かう

向かう先は森の街、アズロウだ
もちろんブラック、カプチーノ、プレッソ、ウィンナも一緒に連れて行く

本当はウィンナはタンジェで放してやる予定だったんだけど、タンジェで盗まれた時に足を怪我してしまったため、しばらく栄養をたっぷり与えて療養させようと考え連れて行くことにした

しかし、バスのチケット売り場のおっさんによると長距離バスにおいて動物は全面的に禁止らしく、さらにもちろんアズロウまではタクシーで行けるわけもなく八方塞がりになってしまった

動物たち連れてアズロウまでヒッチハイクか…wとか考えながらムハンマドさんのブティックへ戻る方向に歩きつづけ、ふと顔を見上げると鉄道駅を発見

電車!その手があった!!
途上国に電車なんて基本ないから盲点だった

さっそくチケット売り場の係員と交渉
事情を話し、頼み込むこと20分
渋々ではあるが、犬分のチケット代を払うならフェズまでなら乗ってもいいとのことだった

フェズからアズロウまでは70kmほどしかない為、最悪乗り合いタクシーなどを貸し切れば簡単に行くことができるはずだ

ムハンマドさんに事後報告とお礼をまだ言っていなかったため出発は明日にして、電車のチケットを購入し荷車のところへ戻る

そして帰ってからムハンマドさんに出発することやお礼を告げ、その日も絨毯に寝転がって星空を眺めながら眠くなるのを待つ

寝るまでの間に、この日はかなり大きな流れ星を見ることができた
あれはラテで、キャラバン旅が終わったから駆けつけてくれたんだとかいう適当な思い込みで心が満たされ、就寝



536別スレ8 :2017/03/15(水)01:59:38 ID:eaW
さよならモカ、ご苦労様。(*´ー`*)
楽しい余生が送れますように。
動物達とのだんだんのお別れ…。判っていても
寂しいものですね。ラテも見てるかな。
537名無しさん@おーぷん :2017/03/15(水)15:02:14 ID:tk9
モカとお別れか
5381◆jHsnWuH7MU :2017/03/15(水)23:12:52 ID:DGr
>>535
こんなに広大で条件のいい峠がタンジェ郊外にあってほんとによかった!
今頃モカはいじめられることもなくのんびり過ごせてるんだと思う

>>536
ありがとう!
次はブラック、カプチーノとお別れだ
旅や冒険において出会いと別れは切り離せないものだからどちらも笑顔で迎えたいな

>>537
モカと過ごした日々は期間にすると短いはずなんだけど、ずいぶん長く一緒に旅してたように感じるなぁ

つづき
さて、次の日
動物たちを電車で運ぶため段ボールで一時的な家を作り、いざ出発!!

電車内ではこんな感じw







プレッソ、出てくんなwww

結局その後プレッソは窮屈そうだったので段ボールから出してやり、タンジェから5時間ほどかけてフェズに到着
歩いて何日もかかった道のりだけど、電車だと一瞬だw

さて、今の目的地はアズロウなんだけど、正直な話アズロウにはブラックとカプチーノだけ連れていければいいので、まずはプレッソとウィンナをしばらく預かってくれそうな人のいる、なつかしさ満点の村、ベルカーニ村へ向かうことにした

乗り合いタクシーでは乗客はおれのほかに5人ほどいたんだけど、なんとその全員がおれのことを知っていた
アラビア語のネット記事にもおれのことが書いてあるものがいくつかあったのでモロッコではかなり有名になったようだ

そして懐かしい村に到着
村の少年がいち早く気づき、おれの名前を…


少年「プレッソ!!!」

ちがうwww
5391◆jHsnWuH7MU :2017/03/15(水)23:26:17 ID:DGr
おれ「久しぶりだw帰ってきたぜ!えぇと、Goだ」
少年「あぁ、久しぶり!分かってるよw
…アジーズはあっちだよw」

アジーズ

おれがベルカーニ村に滞在していた時、散々世話になった八百屋のおじさんであり、大切な友達だ
行先に関して自分で舵をきったとはいえ、また会えるなんてほんとに嬉しい

アジーズ「ムシューGo!!」

おれ「ムシューアジーズ!!元気してたか?」

アジーズ「あぁ、神様のおかげでな!」

おれ「神様のおかげだな!おかげさまでおれも無事タンジェまでたどり着けたよ!」

アジーズ「そうかそうか、よかったじゃないか!
またベルカーニに戻ってきてくれるなんて最高だ!

…これがあのプレッソか?
めちゃくちゃでかくなったなぁ…(ベルカーニ村に来たときプレッソは生後1ヶ月だったけど、今はそれから1ヶ月半ほど経過していた)
それでGo、これからはどうするんだ?」

おれ「プレッソもまだ幼いしウィンナも怪我してるから、これからしばらくモロッコで暮らすことにした!
とりあえず明日にわとり達を連れてアズロウに用事があるから、明日プレッソとウィンナを預かってほしいんだけど、大丈夫?」

アジーズ「もちろん大丈夫だ!今晩はまたおれの八百屋の隣で寝るといい」

そんなわけでその日の夜はベルカーニ村の懐かしい面々と再会できた喜びを分かち合い、次の日、ブラック、カプチーノを連れてアズロウへ!!

歩いてきた道のりを車で移動することで、自分が点の旅じゃなく線の旅をしていたんだっていう不思議な感覚を覚えることが出来た

そしてアズロウへ到着

おれが向かう先はもちろん…

ラブハー「久しぶりね、Go!!」
541名無しさん@おーぷん :2017/03/16(木)11:53:35 ID:3Vp
>>540
自分のスレ立ててどうぞw
542別スレ8 :2017/03/16(木)14:12:44 ID:SvF
おお…懐かしい人達が次々と。久しぶりの
プレッソ、見違えましたね!大きくなったなあ。
モロッコでの滞在、どうなりますか?
5431◆jHsnWuH7MU :2017/03/16(木)23:24:24 ID:YAy
>>540
正直今までチャリダーさん(自転車で大陸横断とかする人)が何を欲して移動手段に自転車を選んでいるのか分からなかったけど、今回のことでちょっとわかった気がするよ
点じゃなくて線の旅をするなら速度的に自転車が最適だろうしね

>>542
プレッソはこっからメキメキ成長するんだぜwww

つづき

ラブハーが登場したのはこのスレでは5ヶ月以上前だからおまえら的には「ラブハー?誰?」って感じだろうけどwww

ラブハーは、おれがアズロウの森滞在中に水や夜間寝る為の小屋を提供してくれた女性で、アズロウの森総責任者の娘だ

実は今日、おれはブラックとカプチーノをラブハーに託したくてアズロウまでやってきた
タンジェに着くまでの間、ブラック、カプチーノをどうするかについてはかなり悩んだ
始めは安全そうなところに放せばいいかと思っていたんだけど、夜中に獰猛な野犬が出てこないとも限らないし、何より人間がにわとり達を見つけてしまえば飼育し始め、卵が産めなくなった時点で殺して肉を食べてしまうだろう

その点、ラブハーににわとり達を預けるのは最良の選択に感じられた
>>317でも軽く触れているように、ラブハーの家では広い庭ににわとり達が放し飼いにされており、ラブハーはにわとりの生態に関して非常に詳しく頼りになる
さらに、ラブハーとそのご家族は、「にわとり達が卵を産めなくなっても殺さず、飼い続けるか安全な場所に放してやるかする」と約束してくれた

これはラブハーの家に余裕があり裕福だから出来ることであり、アズロウの森総責任者とおれとの約束でもあるから破られることはないだろう

そんなわけでラブハーの家でお茶と自家製の蒸しパンをいただき、にわとり達とお別れすることになった
ブラックとカプチーノは他のにわとり達と少しずつ慣らせていくとのことで、とりあえず今日は隔離された蔵の中で過ごすことになった

ブラック、カプチーノ、達者でな!
ブラックは途中ベルカーニ村で死にかけたことがあったけど、何とか持ちこたえてくれてよかった!
一緒に旅してくれてありがとう、最高の卵をありがとう!

二羽ともにわとりとして自由でのんびりした人生を楽しんでくれ!!





544別スレ8 :2017/03/17(金)03:29:28 ID:lrv
スレ主さんが小さな商売をしていたアズロウの
森。そこがブラックとカプチーノの新たな
生活の拠点となるんですね! 旅のごちそう、
卵かけご飯は忘れられない味でしたね! 2羽の
幸せを祈ります。プレッソの成長も楽しみ!
5461◆jHsnWuH7MU :2017/03/18(土)00:35:42 ID:FDW
>>544
卵かけご飯!!
イミルシルの湖で夜食べたブラックの卵かけご飯は忘れられないなぁ…!

ありがとう!
プレッソのその後の姿もうpするぜ!

つづき

さて、残るはプレッソとウィンナだ

ウィンナに関してはどこで放してもそう変わらないだろうからいいとして、問題はプレッソだ

実はおれは、最終的にプレッソをベルカーニ村の野良犬にしてやろうと考えていた
フェズ郊外というだけあってあの辺りには食べ物がたくさんあり、小型犬から大型犬まで野良犬がたくさん暮らしているからプレッソとしても楽しいんじゃないかと考えたからだ

その為にもまず、野良犬として生きていけるよう、ベルカーニ村でプレッソを3ヶ月ほど訓練するべきだとおれは考えていた

そんなわけでアズロウからベルカーニ村に戻った俺は早速アパート探しをし始めた

ベルカーニ村は友達がたくさんいる村だったから皆「おれの家に住みなよ」と声をかけてくれたけど、最終的にアジーズに「ルームシェアしないか?」と誘われたのでアジーズと、アジーズの友達と3人でアパートを借りてルームシェアをすることになった

ちなみに家賃は水道光熱費込みで月1万円くらいで、おれが負担したのは4千円だ

おれの部屋は一番広い部屋で、もちろんプレッソ、ウィンナと一緒だ



プレッソちょっとでかくなったw

そして、プレッソが野良犬になっても楽しく過ごせるように特訓する日々が始まった

食事の時おれはプレッソに、「食事が欲しい時は相手から少し離れて行儀よく座っていれば食べ物がもらえる」ということを繰り返し教え込んだ
また、「お手」、「待て」、「よし」、「やめろ」、「こっちへ来い」などの基本的な指示をフランス語で教えた
ペットというより番犬として犬を扱うモロッコではきちんと指示に従う犬は珍しかったらしく、たくさんの人がプレッソを利口な犬だと褒め、可愛がってくれた
また、無教養な人や犬を軽んじている人たちは総じてモロッコ語でプレッソに命令しようとするため、フランス語で調教されたプレッソは全く反応しなかった

さらに、ひもや棒を使った遊びの延長線上で、悪い子供に攻撃されないようにひもや棒の軌道を読んでかわす練習もしたし、散歩の時なんかは食べられるものと食べられないものを見分けられるよう、色々な食べ物に触れさせた

成長期の今のうちにタンパク質を摂り、強靭な肉体になるように卵や肉、牛乳を十分量計算して毎日与え続けた

散歩は1日2~3回、最初は1回45分ほどだったけど、他の犬と触れ合う時間を増やしたかったので少しずつ伸ばしていった

生後1ヶ月でキャラバンに加わったプレッソに圧倒的に足りていなかったのは社交性だと考えていたため、ベルカーニ村内でプレッソのお兄さん的存在になってくれる攻撃的でない犬を探し、餌付けしてプレッソと仲良くしてくれるように取り計らった

それがこいつ、ドリップだ



5481◆jHsnWuH7MU :2017/03/18(土)22:54:49 ID:FDW
おまけ
動画アップロードはよくわかんないから見れなかったらごめん

強大な宿敵と死闘を繰り広げるプレッソ
http://q2.upup.be/aavLXCppu8

プレッソとドリップ1
http://q2.upup.be/IZpI589M1G

プレッソとドリップ2
プレッソもそろそろ思春期らしくて腰振る練習してるけど、ドリップはオスだからな?w
http://q2.upup.be/3zWAQUikC5
5491◆jHsnWuH7MU :2017/03/18(土)23:30:09 ID:FDW
つづき
そんなこんなで月日は流れていったんだけど、途中からプレッソを是非飼いたいというおっさんが現れ、熱心におれやプレッソに頼みに来るようになった

皆からキングと呼ばれているそのおっさんはアジーズの友達であり、村の駐車場スペースの警備員をしているずんぐりした短髪の男だ
キングと聞いて、いつも宙に浮いてる妖精族のキャラクターをイメージした人もいるだろうけど、見た目に関してはそのおっさん状態の姿と酷似している

正直、おれはプレッソが誰かに飼われることに対して否定的な見方しかしていなかった
動物に対する姿勢に関しては昔出会ったラクダ飼いのサリーマンという男を尊敬しているおれとしては、広い世界を自由に駆け回ることこそ動物が動物らしく生きれている状態だと考えたからだ

ただ、そもそもおれが反対したところでおれの帰国後は野良犬となったプレッソをキングが持ち帰ってしまえばそれで終わりだし、何よりプレッソ自身おれ以外では唯一キングに懐き、言うことを聞いていた
キングに飼われていれば食べ物に困ることもないだろうし、あとは自由に運動できる環境さえあればプレッソはより幸せに暮らせるかもしれない

結局、約2ヶ月に渡るキングの説得におれが折れ、プレッソはキングに飼われることになった
ただし、条件として昼間や深夜に警備員として働いている間などは出来る限りプレッソを外で自由にさせてやること、という約束は多くの人のいる場所でしたため、キングもある程度は守ってくれるだろう

写真はおれの帰国直前のプレッソ
1レスでいきなりでかくなってごめんwww






そしてウィンナ
もともとおれへのプレゼントであったウィンナも、贈り主のアジーズの強い要望により、おれの帰国後1ヶ月ほどアジーズの八百屋で飼われることになった
なんでも伝書鳩のように調教して戻ってくるようにしたいらしい
ウィンナは一応鳩だし頭もいいはずだから不可能ではないだろう



ウィンナはもともとケージで生まれ育っていた売り物だったわけで、自然界で生きていけるかどうか難しい面もあったため、かえってこっちの方が幸せになれるかもしれない

こうして、完全に想定していた通りではないにしろ、コーヒーキャラバンの皆はそれぞれの土地でそれぞれの人生を歩み始めることになった

そしておれは、動物たちとモロッコを横断したという経験や思い出と共に、次の冒険に向けて準備をするために日本に帰ることにした
550別スレ8 :2017/03/19(日)07:12:47 ID:gXV
プレッソw アッー! 案件ですな。動画だとドリップより
やや小柄ですが、写真だともう肩を並べたますね!
ウィンナは八百屋さんに就職して、キャラバンの仲間の
行く先が決まりましたね。お疲れ様でした。長い冒険も
一区切りですが、今後の活躍も期待します!
551Parama000 :2017/03/19(日)14:09:27 ID:tw@Parama000 
まただww
規制はIPを変更したら楽勝だがレスの削除は鬱陶しい。

寧ろラテの動画はないのかな。
5521◆jHsnWuH7MU :2017/03/19(日)22:48:30 ID:dW2
>>550
ありがとう!
改善点とか感想とかあれば教えてほしいんだぜ!

>>551
ラテの動画はあんまりないんだよな
出会った時からおとなしい奴だったから


日数や距離のまとめ!

今回のモロッコ横断にかかった日数:74日間

総距離:1059km

内訳
モカと旅した距離:1059km
ラテと旅した距離:470km
ブラック・カプチーノと旅した距離:948km
プレッソと旅した距離:604km
ウィンナと旅した距離:591km


さて、最後におれ自身のことを少しだけ話して今回の話を締めくくろうと思う

現在、観光業の発展や法整備、治安の安定によって海外は多くの点で昔と比べてとても身近なものになっている
20万円ほどあれば世界中どこでもツアーを組んで観光することができるし、日本にいながらガイドを雇う予約を入れたり海外旅行保険に入ってほぼリスクのない状態で渡航したりすることもできる
ただしその一方で、見方を変えればそれは、行ける場所が限定された、すなわち簡単に行けない場所にアクセスするのが昔以上に難しくなったとも言えるとおれは考えている

1970年代や80年代に海外で情熱を燃やしていた冒険家たちの時代とは異なり、現在は観光業の発展による人々の常識の推移、そして法整備によって、昔を生きた彼らと同じように「冒険する」ということがかなり難しい時代になってきているように感じる

そんな今の世の中ではあるものの、冒険という観点において悪いことばかりではなく、
GPS搭載のモバイルデバイスや3Dプリンタ、ドローンなどの進歩、そしてネットの存在によって情報収集や技術習得が容易になったことなどで、むしろ昔では考えられなかったスタイルの冒険が可能だと言うことも出来る

おれはそんな「現代だからこそできる冒険」を探究していきたいと考えていて、時には動物の力を借り、時にはデバイスや機械の力を借り、いつの日か、自分しか見ることのできない景色、人生観を得たいと考えている

その為にはもっと強くなる必要があるし、最終的に主観を磨きたいなら客観は必要不可欠な要素であるからもっとたくさんフィードバックを集めたり人前に出たりする必要があるので、ここでおれの素性を少しだけ明かそうと思う


おれの本名は豪太郎

動物やデバイスの力を借りて、「現代だからこそできる冒険」を探究する駆け出しの冒険家、豪太郎だ!




おしまい
553名無しさん@おーぷん :2017/03/19(日)23:46:28 ID:Bhd
面白かったよ
ありがとう

また次の冒険報告待ってる
554別スレ8 :2017/03/20(月)00:46:45 ID:16Y
とても楽しかったです!改善点は特に見当たりません。
強いて希望を言うなら、今後は動画もアップして
くれると冒険の報告がさらに楽しくなるかと思います。

楽しいこと辛いこと、様々な冒険のエピソードを
共有させてくれてありがとう( ´ ▽ ` )

命を大事に、次の冒険の話が見られる日を楽しみに
しています! サンキュー豪太郎! 頑張れ冒険家!
俺も頑張るよ!(≧∇≦)
555Parama000 :2017/03/20(月)05:27:40 ID:tw@Parama000 
一日約14kmか。
意外とラテとは短いな。

昔と比較して旅行し易くなった。
世界が均一化して面白くなくなった。
雑魚が増えて詰まらなくなった。

乙。
次の冒険のURLここに宜しく。
5561◆jHsnWuH7MU :2017/03/20(月)20:47:54 ID:Hps
>>553
ありがとう!!
次は多分8-11月頃だと思う!

>>554
ありがとう!!
次は動画とかもあげるようにするよ!
一緒に頑張ろうぜ!

>>555
滞在してる期間も含むから移動してる日だけ見ると一日平均28kmぐらいだったと思う
次は8-11月頃になると思うけど、URLは貼りに来るようにする!
557名無しさん@おーぷん :2017/03/22(水)10:51:46 ID:KYC
夏ごろ日本でこのスレのまとめが話題になってから見てた。
長旅おつかれさん。キャラバンの無事解散おめでとう。
GO氏の準備の周到さは見ていて安心できた。
何の準備もないままの出発は冒険じゃない。無謀だ。

自分がモロッコを訪れるとしても、観光地ではない田舎には行けないだろう。
だからそういうところを見せてくれたことにはとても感謝している。

GO氏のキャラバンはやっぱり冒険であって生活じゃないんだなというのが最後まで読んでの感想だ。
もちろんそれが悪いというわけじゃない。
生活がかかっていない、帰るところがある日本人の一時的な非日常だから楽しく見てられたんだ。
生活に直結している本物の行商人だったら、或いは期間の長い数年単位の冒険なら
もっと深刻で見てられなかったかもしれない。

モロッコとの価値観の違いにも驚かされた。
動物を可愛がるというのは生活に余裕のある人の楽しみで
さほど裕福ではない人にとっては単なる財産、道具なんだ。
驚きはするが責めることは出来ない。文化の違いってやつだ。
日本でも数十年前までは犬猫に対してモロッコ人と変わらない扱いをしていたんだが
今では飼う以上は雑な扱いはしないことになっている。
モロッコでもこれから変わっていくのだろうか。
5581◆jHsnWuH7MU :2017/03/23(木)22:51:07 ID:LwX
>>557
長文での具体的なフィードバックをありがとう!!
そうだよな、このスレたてたの去年の夏だよな…w

そう、あくまでおれの冒険は「憧れ」でしかなくて、現地の人たちと完全に同じ視点で生活を営むことはできない

遊牧民、森の狩猟民族、行商人、キャラバン、草原の民、物乞い、海賊、宇宙飛行士、氷原で暮らす民族、砂漠の民

これらはおれが特に憧れている存在だけど、すべてが生まれや育ちに左右されるもので、なりたくてなれるものじゃないと思う
でも、手を伸ばすことはできるし、掴めなくても近づいてその存在を肌で感じることは出来る
そうやってたくさんの世界と自分を重ね合わせていくことで、おれが欲している人生観を育むのに必要なかけらが集まってくるだろう、というのが今のおれの考えだ

この先、極地で数年単位、数万キロ単位の冒険もするかもしれないけど、その頃には今とは桁違いに強くなっていて、周りが安心してみていられるくらいの冒険家になってみせる!!


動物に関しては、そうだな、確かにほとんどのモロッコ人はモノ扱いだった
でも、もっと古くからの暮らしを守っている人たちに限定すると、例えば>>112に登場するアグダルの人々なんかは、馬やロバと共存していて、大切に世話をし、仲良く暮らしていた

今の日本ではペットとして大型哺乳類を飼うのはかなり難しいから、それはそれで、動物に関して日本にはない素敵なところだと感じたな
559名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)20:17:54 ID:oE8
いやー、いっきに読ませて頂きました
動物達との珍道中楽しかった
あんなに人を警戒してたモカも愛情をもって接すれば心が通じ会うんですね
560名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)20:20:17 ID:oE8
また旅にでたら読ませてもらいます
5611◆jHsnWuH7MU :2017/03/31(金)16:35:59 ID:jSo
>>559
機嫌のいいとき限定だけど、モカはおれが呼ぶと傍まで来るからみんなびっくりしてたw
ロバは普通そんなに懐かないし賢くもない、ってなw

ラクダ遊牧の時も思ったけど、動物たちって結構頭良いし空気も読めるんだよな…

ありがとう、次の旅は秋ごろだから楽しみにしててくれ!
562名無しさん@おーぷん :2017/04/21(金)09:37:05 ID:jRr
終わってた
563名無しさん@おーぷん :2017/04/25(火)03:48:19 ID:Dwi
そしてまた始まる
564名無しさん@おーぷん :2017/04/25(火)22:03:33 ID:2bP
旅は続いてゆく……
565名無しさん@おーぷん :2017/04/26(水)04:40:19 ID:KcB
永遠の旅
566名無しさん@おーぷん :2017/07/30(日)17:35:30 ID:tw@Parama000 
時々チェックしてるが
Goさん元気かな準備は順調かな

家の名義を俺に統一して保守しなきゃいけないから
ますます旅から遠退くw

既に世界中を旅した暮らしてみたとは言え
旅は死ぬ迄やめないし又そのうち旅に出たい
5671◆0sA8GVLJwJ07 :2017/08/21(月)12:41:58 ID:diI
遊牧民に憧れたからキルギスで臆病な馬に乗って旅を始めたバカだけど【前編】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1503286379/l50

新しいスレ立てたんだぜ!
568名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)12:52:43 ID:tw@Parama000 
>>567
今見付けた
569名無しさん@おーぷん :2017/08/25(金)18:16:13 ID:TpN
泣いちゃった…。
新しい冒険スレ立ててくれたんですね、楽しみ!
行ってきまーす。
570名無しさん@おーぷん :2017/08/26(土)13:00:44 ID:Jcb
月の砂漠って歌を思い出した

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





行商人やキャラバンに憧れたからモロッコでロバと一緒に放浪の旅を始めたバカだけど