- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

暇だからSCPについて紹介していく

1名無しさん@おーぷん:2015/05/15(金)19:53:00 ID:RpO()
SCP面白いけど、イマイチ知名度がないからこれを見て興味をもってもらえたら幸いです
説明下手だから生暖かい目で見守ってくれるとありがたい
297名無しさん@おーぷん :2017/04/18(火)19:08:51 ID:0BT
えぇ...1年ぶりに来てみたらまだこのページ残ってたんかいな
最近SCPって言葉をちょいちょい見るようになってまた色々見始めたらやっぱ面白いわ

1でなくてすまんが明日か明後日にでも面白いと思ったSCP紹介してくわ
298名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)10:51:06 ID:pTw
見てる人おるか知らんがいくつか個人的に好きなの紹介していくよ~
299名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)10:52:42 ID:pTw
まずは>>279の言っていたやつで

SCP-240-JP - 0匹のイナゴ
Class:Euclid

日本支部において要注意団体に指定されている「日本生類創研」が作り出したとされるSCP
体長は30~40㎜のごく普通のコバネイナゴ
そのため人を食い殺すだとか言った危険性はないと思う


じゃあ何が危険かというと、外的要因によって死亡した場合に現実改変を起こすから
改変内容は「死亡した事実を無くし、総個体数を減らさないよう維持する」といった能力
そんなイナゴを日本生類創研は作り出したのだ


この団体の実験結果がつづられた報告書があるのだが
「この特異性を持って生まれてきた全0匹のうち2匹を工具で破壊しても総数は0匹で変わらず
 次に2匹を餌として捕食させてみても総数は0匹だった」
というふうになっている
実際、日本支部では実験で4匹、事故で(データ破損のため不明)匹が死亡しているにもかかわらず総数はいまだ0匹となっているのだから驚きだ


この死なないイナゴは財団の方針のため厳重に保護されているのだが、度々収容違反を起こしてるたClassがEuclidになっているのだろう


面白いSCPの為、是非自分で読んでほしい
http://ja.scp-wiki.net/scp-240-jp












…ちょっと待ってほしい
0匹ってどういうこと?


実はこのSCP、死んだことを無かったことにはできていないのである
じゃあどういうことかというと、何らかの要因で総数が減少した場合「初めからその数だった」と現実改変を行うSCPなのだ
この改変は全頭が死亡しても起きるため、初めからこのイナゴは0匹いたというように改変されてしまっている


だから報告書にも財団のドキュメントにも総数は0匹と書かれているのだ
今現在も財団内では0匹のSCP-240-Jを収容し続けている
300名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)11:10:19 ID:pTw
次は風変わりなSCP

SCP-048 - The Cursed SCP Number(呪われたSCPナンバー)
Class:


このSCPナンバーに設定されたオブジェクトはことごとく破壊されたり、紛失したり等のほぼ無力化現象が起こる
また、このSCPナンバーに関わった職員たちも怪我なり死亡なりの不幸が相次いでいたため、048は呪われたナンバーとして認定されオブジェクトは何も登録されていない
何も登録されていないためclassは無しである


まぁこのSCPはこれ以上でも以下でもないので面白味もくそもないがそういうSCPなので仕方がない




じつはこのSCPの面白いところはメタな部分にある


The SCP Foundationでは作品を投稿し、それをほかの利用者が投票による評価を下し、認定か削除化が決まるのだが、このナンバーに投稿される作品が悉く駄作で削除されてしまう
その後荒らしやらなんやらがあってSCP-048に上記のような設定がついたものとして登録されこの騒動は収束する


なのでThe SCP Foundationにおけるclassの設定に矛盾があったりするのだが、出来事が出来事なのでしょうがないんじゃないかなと思う
普通のSCPとは違うが個人的にウケたので紹介
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-048

大体の内容は↓で読めます
https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/32404.html
301名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)11:42:30 ID:pTw
SCP-596 - Cursed Regeneration Statue(忌まわしき再生の像)
Class:Safe


胴体部分は蛇で顔は人っぽい高さ63㎝のブロンズ像
このSCPの特異性は「直接肌で触れいている者の怪我や傷を完全に治療する」というもの
擦り傷だろうが、切り傷だろうが、片足がなくなろうが、頭が吹っ飛ぼうが触れていれば瞬く間に再生して元道理になるすごい像なのだ
手袋等で間接的に触れる場合はこの特異性は発現しない


脱水症状も起きず睡眠もいらず飢餓状態にもならないところを見ると、触れているものの身体を完全な状態で維持する能力とも解釈できる


この回復性能は触れている間、常に発揮され続けるのだが鎮静剤を使用している間は効果がなくなる模様


このようにすごい再生能力を得るため、財団ではこのSCPをあることに活用している
それは…


「採血及び臓器等の摘出」である


じつはこのSCP、良いことばかりだけではない


触ると自分からは二度と離れることができず、触っている間は常に不快感と苦痛を伴う
さらに自力で像を動かすことはできないため像に触れているところを中心にのたうち回ることになる
いくらトンデモな再生力を手に入れてもその場から動けず苦痛で苦しむなんてこちらから願い下げである


この像から解放される方法はただ一つ、他の誰かがこの像に直接触れることである
その場合、今まで触れていた方は即座に死亡し触れた方は次に誰かが触れるまでのたうつことになる
正しく呪いの装備だ


財団はこの特異性を利用して貴重な血液型のD-クラス職員を被験体とし血液採取なり臓器摘出なりを行っているのである
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-596
302名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)12:12:04 ID:pTw
SCP-1973-JP - メアリー・スーの怪物
Class:Keter


これはもう名前の通りとしか言いようがない
メアリー・スーを知らん人は?となるだろうが簡単に言えば2次創作において俺TUEEEするオリキャラの事である


見た目はただの人なのだが観測者によって外見・声・口調・使用する言語が異なっており、大抵観測者にとって尊敬・恋慕・愛護の対象となる理想的な人物となる模様
こいつの特異性は範囲が(多分)宇宙まで影響する現実改変能力を持っている事である
その特異性とは「自身がメアリー・スーになるために世界を改変」といったところだ


彼に影響された人は味方側か敵側になる
味方側になるとひたすらに彼を称えるようになり、敵側になるとひたすら否定するようになる


まぁこれだけでも相当厄介だが、一番厄介なところが彼は勝負において必ず勝つのだ
彼自身の能力はそれほどでもないのだが、あらゆる勝負に必ず勝つ。絶対に
というのも彼は周りに数々の偶然を引き起こす


例えば一般人と特殊部隊と戦闘を行った場合、力量差は相当開いているためよほどのことがない限り一般人に勝ち目はないだろう
だが彼の場合、相手がするはずのない素人ミスや彼に有利になる偶然が何度も重なり勝ててしまうのだ


また筆記テストを医療従事者と行ったところ、何故か日本の中学3年生程度の問題ばかりで医療従事者は約80点なのに対し、彼は100点なのだ
1回だけなら何かの間違いかもしれないが3回行ってすべて同じ結果である
おかしい


またSCP-076(アベル)やSCP-682(不死身の爬虫類)とのクロステストもあるがどちらにおいても傷一つない
(クソトカゲのテストでは実験が始まる前に偽装が発覚して中止になったが…)



まぁこんなとんでもない能力を持ったSCPを収容できるのか?と疑問に思うが一応収容できているようである
・SCP-1973-JP専用サイトにCクラス以上職員と思い込んでいるDクラスと彼を収容
・サイト内には常に嘘情報が流されている
・彼担当のサイト外エージェントや研究者の指示のもとそのサイトの職員は実験をする
・サイト職員は外に出る場合は記憶処理
・勝ち負けが決まる勝負は禁止
以上の規律のもと今のところはなんとかすんでいるようだ
http://ja.scp-wiki.net/scp-1973-jp
303名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)12:29:21 ID:pTw
最後はコレ

SCP-1561 - The Tyrant's Pretext (暴君の託け)
王から賜った格付け:Glorious


この陛下のSCP-1561は最も価値ある宝石を巧みに用いて作り上げた、素晴らしい金色の王冠です


これのもっとも厄介なところは最大級のミーム汚染力である
直接見れば確実、写真等何かを通して見ても強い抵抗の意思がないと汚染されるのだ
さらに見たことはないが知っている場合でも、呼称が「陛下のSCP-1561」になってしまうほど強力
しかもミーム汚染を耐えたとしても、汚染された人たちは王の民となり汚染されてない人を異教徒として扱うというひどさ

実験でDクラスに陛下のSCP-1561を被せてみたとこ、3か月にわたり王としてそのサイトを統治するという事態に
さらにこの後さらにとんでもない事案1561-1が発生する
簡単に言えば持ち出されるという収容違反だ


しかしこの後が問題だった
内容を簡潔に説明すると陛下のSCP-1561によってある一人が汚染され王となり、その姿を見た人たちがひたすら汚染
事案1561-1後閉鎖されたサイトは解除され、該当サイトの職員はほぼ王の家臣と化してしまう
解決のため機動部隊が向かうも汚染され、支配下に落ちるというありさま


5か月したころに王国と化したサイトから一羽のウサギとともに手紙が来る
以下内容

ごきげんよう評議会諸君、この手紙が無事に貴職達の下へと届き、貴職達が余の王国と国民達に悪意を抱かないことを願おう。
貴職達が余に憤慨の念を抱いていることは理解しているが、それは些細な事だ。
余のことを暴君だとは思わないでくれ、そして同盟を結ぼう、より強大な敵と戦うために。我々には共通の敵がいる。

余が提案するのは我々派閥間の条約だ。余の王国であるサイト編集済は元々の任務を続け、評議会からの命令に従う。
代わりに貴職達は王国への侵攻または国民に対する攻撃のあらゆる試みを止めてほしい。詳細は後日出そう、しかしこれらの条件は我々の相互協力の基礎だ。

善意の証として、SCP-████と呼ばれるこの生き物を余の最も高貴なる王冠の魔力について詳細に記した文書とともに送ろう。
よいか、我々が作成する報告書の全てがこの様に記されているわけではない、これは余の宝器の影響に過ぎぬ。
翌年の冬、最初の満月までに我々の条約の草案を送ろう。

どうか余を欺こうとしないでほしい。余の下には魔法の品々が数多くあり、余のために喜んで死ねる者達が大勢居るのだ。王国の内にも外にもな。

-最も誉れあるデータ削除済世、サイト編集済王国の統治者
304名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)12:30:09 ID:pTw
要約すると、このサイトは他のSCPも収容違反しまくりなので、そっちの言うことを聞くからこちらへの攻撃をやめてほしい
証拠にSCPのウサギと陛下のSCP-1561についての報告書を送る、けど陛下のSCP-1561の影響で高圧的な文体なのはごめんね、他のは大丈夫だよ
多数の収容違反のSCPと汚染された職員が沢山いるから刺激するととんでもないことが起こるよ
といったところか



とにかくあほみたいな影響力のあるSCPなのである
この特異性のせいで関わることができないため今のところクラスはつけられておらず
報告書に書かれているGloriousがクラスのようなものとなっているのでクラスなんてない


なんかとにかくすごいSCPである
http://scpjapan.wiki.fc2.com/wiki/SCP-1561
305名無しさん@おーぷん :2017/04/20(木)12:31:16 ID:pTw
今回はこんなところで
またそのうち来ます
306名無しさん@おーぷん :2017/04/23(日)13:42:11 ID:PiP
みんなしっちょるか?
「SCP怖い」でググると
二つ目にこのスレでてくるんやでw

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





暇だからSCPについて紹介していく