- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

俺が統合失調症を発症した時の話をする

1名無しさん:2014/04/18(金)22:10:41 ID:nOrYKPrgj()
ちなみに今は寛解(薬を飲まないと再発リスクがある)状態ね。
154名無しさん :2014/04/24(木)00:18:42 ID:vZGQ0YHOa
これを思い出した

http://japan.digitaldj-network.com/articles/18707.html
155名無しさん :2014/04/24(木)03:50:40 ID:QutW368HZ
>>1おつ
恐怖は未知と病患からか
ダイエットは単純に減量目的ではじめたの?
その極端なダイエット生活する前は?
ある日突然ってわけでもなくて、思考訓練みたいなの重ねているんだね
156名無しさん :2014/04/24(木)03:59:01 ID:QutW368HZ
ていうか1さんの覚醒日(?)バレンタインデーだw
日付をきっちり記憶してるのは何で?
157名無しさん :2014/04/24(木)04:22:45 ID:vE3iRhdmd
>>145
そういう対応されれば腹が立つのは当たり前
しつこいって言うのならお前のほうがしつこいわ
こっちは訳の分からない診断されて困っているんだよ
骨折しているのに「その痛みは統合失調症によるものです」と言われてたら普通は困惑するわ

てか、書いていることが不自然すぎてそんな診断を医師がするのか?
と疑問に思うだろ、これが本当だから困っているんだな

これほとんど差別みたいなもんだろ
診断されたら終わり、あとはどれだけ疑義を呈しても無視される
そんな対応されればキレて当然、でもそうやってキレるのも想定済みなんだろ?
循環しているじゃないか
158名無しさん :2014/04/24(木)04:26:08 ID:vE3iRhdmd
ちなみにその後、外科にはいったよ
当たり前だな、怪我してるんだから治さないといつまでも痛いままだ
だったら、統合失調症による幻の痛みって何だって話だよ
意味分からん
それをこのスレで話してもしょうがないけどな

しかし終わった話を蒸し返しているのは>>145であって
こっちのせいにされるのはシャクだ
1591 :2014/04/24(木)20:20:14 ID:LHFVxQtmc
>>154
興味深く読ませてもらった。
俺が感じた「体が周囲の空間に広がって行く」と似た経験をしているんだね。
俺は統合失調症を発症したことで、これに類似する体験をしている。
認知に関わる重大な障害が、二つの経験には共通しているのかも知れない。
この人は脳卒中を罹患している最中にも、左脳の声を聞いている。
これに対して、俺が聞いた左脳の声は恐怖そのものだった。
「左脳の声」に、統合失調症には何かしらの重要なヒントが含まれているのかも知れないね。

>>155
ダイエットは減量目的だった。
予想外に上手く出来たので、このまま何かを食べなくても行けるんじゃないか。
その時はそう思ってたよ。

>>156
日記を付けているからだよ。
1行でもいいから日記をつけると結構楽しいよ。
160名無しさん :2014/04/24(木)21:47:08 ID:3bxEJ2PNS
玄侑宗久の「中陰の花」って言う小説に、意識が肉体の外に飛び出して、遠くの光景を部屋にいながら知るような描写がでてくるし、
アニメ映画「攻殻機動隊」には、「アクセスできる膨大な情報やネットそのものが私の一部であり、私という存在を生み出す」とか言ってネットと融合するけど、
なんだか興味深いわ。
161名無しさん :2014/04/24(木)21:49:31 ID:QlmPtC4bl
統合失調症とは果たして病なのか それとも覚醒なのか
1621 :2014/04/24(木)21:54:25 ID:LHFVxQtmc
>>160
「中陰の花」面白そうだね、今度機会があったら読んでみるよ。

>>161
統合失調症は決して神秘性のあるオカルト病ではないよ。
罹患しないと分からないけど、これは脳の病気。
色んな意見があると思う、色んな考え方があって良いと思うけど、少なくとも俺はそう思ってる。

でも、ちょっとだけオカルト的な考え方をすると面白いかな?
なんて思ってることも事実だってことは自白しておくw
1631 :2014/04/24(木)22:07:53 ID:LHFVxQtmc
ぽつぽつとだけど、自分の中で整理したことを出していきます。
統合失調症の妄想として片付けることで、俺にとっては負担は小さくなるのだけど、
自分に感じたことを書き記しておきたい。
これは、あくまでも自己満足なので、本当はチラシの裏だと思うんだけど、
俺が立てたスレだし、少しだけ書いてもいいよね?って、感じです。
小難しい話になっちゃうけどごめん。
164名無しさん :2014/04/24(木)22:30:42 ID:CmFGOSzHD
ひとつ変な質問。
前の話で、居酒屋に行ってできるだけ人と接するように務めたってあるけど、
その都度お酒は飲んでいた?
それともお酒は飲めないので、ソフトドリンクを飲んでいた?
1651 :2014/04/24(木)22:35:22 ID:LHFVxQtmc
俺の体験として「宇宙を自分というエネルギーが満たした」時に見た、宇宙の形について。

この話しをする前に、「時間とは何なのか」を明らかにしないといけない。
時間と空間は同じもので、人間が知覚している「時間」は、本質的な時間とは性質が違うと思う。
例えば時計が刻む時間、「あー今日はダルいなぁ」と思ってる時に遅く感じる感じる時間。
これらは、知覚できる時間であって、本質的には、それは「物理現象によって生じた結果や、記憶を相対的に比較した差異」でしかない。

「時間」は、もっと抽象的で、とても細かなもの。
有理数や無理数の稠密性のように「場」を満たしているけど、
その最小単位はプランク時間のように光速度によって求められるものとイコールか、それより小さいかも知れない。
そもそも時間とは、何らかのエネルギーを伴う素粒子以上の大きさを持つ、確定・非確定を問わない対象が、
その「次」の対象に影響力を及ぼす諸現象に対して、それが慣性系における現象の相殺を含んで、
情報を伝達する最小単位、あるいは、それを「エネルギー」の変換先としての距離とも言い表せるかも知れない。

平たく言うと「パラパラマンガの1コマ、これを次の1コマと結びつけようとする力、それが時間」
すっごい冗長な言い方になったけど、俺の感じた「時間」は、こういうものだった。
1661 :2014/04/24(木)22:40:01 ID:LHFVxQtmc
>>164
その時はお酒は飲んだけど、お酒を飲むと「自分が広がり続ける感覚」は体験できなかった。
とにかく空腹で、そういう時には深く深く自分を広げることが出来たよ。
お酒を飲むと集中が出来なくなる。
1671 :2014/04/24(木)22:55:41 ID:LHFVxQtmc
俺が「宇宙と一つになった」と感じた時に見た世界の形は、
その形を上手く言い表せないという根本的な問題を抱えながらも、
球体をお椀のように歪めたような姿だった。

その時に感じたことは、「空間」に注目して考えていけないってことかも。
時間と空間は同じものだけど、空間が広がれば、時間も引き延ばされる。
宇宙空間はハッブル博士によって観測上は「加速的に膨張している」って見える。
でも、俺が見たのは膨張ではなく、
言い方が難しいんだけど、物体がまるで吹き出しているような
言うなれば、凸型に歪んでいるように見えた。
図に出来ると分かりやすいんだけど、俺には絵心がないんだよね。
1681 :2014/04/24(木)23:10:52 ID:LHFVxQtmc
とても曖昧な言い方になるけど、この宇宙はまるでホワイトホールの中にあるように思った。
だけど、ホワイトホールが仮にあったとしても、
その特異点から吹き出す物質によって質量崩壊して、ホワイトホールを覆い隠すように、
ブラックホールが出来るはず。
だけど、もし事象の地平線が見せかけで、実際にはブラックホールに落ちたエネルギーが再放出されるのだとしたら、
シュバルツシルト半径の中心部で生まれたエネルギーは、まったく別の形として放出されるかも知れない。

平たく言うと、この宇宙はホワイトホールから始まり、実はまだ始まってすらいないのかも知れない。
1691 :2014/04/24(木)23:12:34 ID:LHFVxQtmc
だめだ、いたずらに難しい言葉ばかり羅列して、
分かりやすく書けない。
170ターラー :2014/04/25(金)09:08:52 ID:5FGgPpS6A
>>1さんこんにちは。
その体験は空無辺処とか識無辺処と云うのじゃないでしょうか?
少なくとも、わたしは正しい体験と思います。

適切なステップを踏んで入らないと、周囲から「お前は錯乱したんだよ」と
言われるのでいきなりその瞑想をしてはイケないとパーリ仏典で読んだ事が
あります。

まずは、空無辺処と識無辺処をググってみてはいかがでしょう?
また、http://amzn.to/1puTf8Kという書籍にも似た体験について語られて
いますよ。
171名無しさん :2014/04/25(金)12:35:09 ID:wh5pFEYoK
>>169
自分に酔いすぎだろお前
1721 :2014/04/25(金)12:40:16 ID:6FY8IzdtZ
>>170
仏教や哲学のことはよく分からないけど、
空無辺処、識無辺処って言うのは「そういう境地」って意味でいいのかな。
この辺りのこと勉強してみようかな、何から勉強すればいいのか分からないんだけど。

>>171
確かにそう見えるね、ごめん。
こういうのは、チラシの裏に書いて整理し、
書き方が定まったら書き込むようにするよ。
173名無しさん :2014/04/25(金)15:20:37 ID:wXkWQTPGW
1さんは以前、幻聴と会話しているところを録音しておいて
後から聞きなおしてみると自分一人が喋っていたと言うようなことを書いてなかったっけ。
違う人ならごめん。

あのスレで、ああ幻聴っていうのはこうやって確認するのかと関心したんだわ。
精神科で仕事してるから参考になった。
1741 :2014/04/25(金)20:39:09 ID:gyTZ1VXaK
>>173
俺の場合は幻聴はなかったので、他の人だと思う。
175名無しさん :2014/04/25(金)21:31:44 ID:Cc4DQbP3O
1さんこんばんは。
エックハルト・トールという人の本を読んだら良いと思います。
1761 :2014/04/25(金)22:08:52 ID:gyTZ1VXaK
>>175
教えてくれてありがとう、俺はこの人のことを知らなかったから、
Wikipediaで見させてもらった。
「すべてのことが奇跡に思えた」って感覚は、俺もよく分かる。
ただ、その感覚に深く浸かりすぎると、
その摩訶不思議な世界から戻るのに大変な苦労をすることになってしまう。

機会があったら、この人の著書を読んでみるよ。
177名無しさん :2014/04/25(金)22:32:33 ID:IZdqhPjIg
なんという興味深いスレ
1781 :2014/04/25(金)23:19:43 ID:gyTZ1VXaK
>>177
興味のついで、と言うと語弊があるけど、統合失調症という病気が、
決して治らないものではなく、ちゃんと治療をすれば健常者と同じく生活できるし、
罹患者が破局的な末路を辿らないためには、周囲の人たちが気づいてあげる必要がある、
ってことも理解してくれると嬉しいです。
179名無しさん :2014/04/26(土)23:56:28 ID:wOUOalyAm
1の理解に人類が達するのはずっと先の時代だけど
この宇宙の隣にはいくつかの宇宙がある
1801 :2014/04/29(火)22:44:28 ID:yoVuHD5Jt
>>179
俺の感じた限りでは、俺たちの隣には宇宙はなかったよ。
ただ、その感想を書かせてもらうのは、このスレではないのかも知れない。

俺は、このスレでは「統合失調症」がいかに恐ろしい病気であるか、
その結果、合理性に欠く妄想に囚われてしまうこと、
そして、それが「神秘性のある悪意」ではないことを知って欲しかった。
確かに陽性症状が顕在化している時は、その人はおかしい。
狂人と言われても仕方ないのかも知れない。
しかし、その状態は必ず治り、俺のように社会に適応することが出来る。

色々な人に、色々な解釈をしていただいて、俺も勉強になった。
「病気ではない」と解釈した、ややオカルティズム(そして、一般的に解釈からしたら非合理)な考え方は、
このスレではなく、別のスレで書かせて頂くかも知れない。
181名無しさん@おーぷん :2014/05/01(木)20:42:09 ID:4UHbmIGwu
すげえ興味深くて面白い。
とりあえず>>1にこの動画見て欲しい
http://youtu.be/ldSoKfFYKqM
病気は別物だけど、体験してることは近いと思う
182名無しさん@おーぷん :2014/05/01(木)20:51:59 ID:IiyEhi5L2
トランスパーソナル心理学で検索するといいよ
1831 :2014/05/06(火)23:41:54 ID:bwepMQ2Xg
>>181
脳卒中で神秘体験にも似た経験をするのは面白いね。
統合失調症は、脳の病気だから、この体験に何かのヒントが秘められているのかも知れない。
ただ、統合失調症は可逆なのに対し、脳卒中は非可逆だから、
この障害の共通点としては、脳内分泌物質や脳内麻薬様オピオイドも関係してるようにも思える。
情報をありがとう。

>>182
検索させてもらった、ありがとう。
とても興味深いけど、このスレの意義に対して、
自己超越を統合失調症と同列に考えるような、ちょっとした危うさも感じたかな。

統合失調症は治療をしないと人格すら荒廃し、
不可逆で重篤な精神活動障害を引き起こしてしまう。

俺の体験した内容を「トランスパーソナル心理学」で解釈することは、ある意味では面白いかも知れないけど、
統合失調症と関連づけるのは、とても危険な分野のように、個人的には思えた。
184名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)01:05:02 ID:uLXSn9Z6X
>>1
グノーシス・スレから来た
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395854453/l50
追い返されて後遺症(?)で統合失調症になった感じだな

科学的(医学的?)には脳卒中の解剖女医が言うように左脳の機能が低下したか
右脳が活性化して原始の世界(妄想)にいったけど左脳が復帰して危険を察知して
>>1を現実に連れ戻した。
体の激痛と恐怖心は機能低下や化学物質で肉体がかなりまずい状態だったんじゃないかと
185名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)05:43:55 ID:uLXSn9Z6X
異世界にいった人と>>1の体験と動画の女医の証言はぴたりと一致する
左脳は言語・会話・記憶・人格・思考・把握をつかさどるので文字が読めなかったり
会話はもちろん現実と幻覚の区別がつかなくなるのは当然だろう

ただ、左脳機能の低下か右脳の暴走により見えないものが見えたのかもしれない
右脳は空間把握に関係していると言われている。
近年の量子力学と超弦理論によると限りなく小さな世界ですでに11次元まで存在してるそうな
無限のエネルギーや宇宙の外側という表現が気になった
186名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)06:05:23 ID:uLXSn9Z6X
あと近年発見されたもう一つの聖書「トマスの福音書」でイエスが興味深いこと言ってる
自らに眠ってる力を取り出せ。そうすれば今まで見えなかったものが見えるようになる。
見えるようになったものは驚く(動揺する)であろう。そして動揺するものはやがて万物を支配するようになるであろう。
万物を支配する者はやがて死ぬだろう(死なねばならないだったかな?支配も「支配せねばならない」だったかも)。

さらについ最近発見された「ユダの福音書」によるとイエスはこれを実行したらしい。
一連の裏切りも含めた死ぬまでの行動は全てイエスの指示(計画)だったそうな。
ユダによると(?)彼は未来が予測できた(見えた)とか何とか。

量子力学による次元についても我々は一つうえ(4次元)の影は見えるそうな。
時間ってエネルギーと関係してるから>>1がこの能力を手に入れたらシミュレーションしてる側には非常に困るかも。
187名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)06:54:15 ID:uLXSn9Z6X
どっちにしろ>>1はあのままだったら自分で言うように死んだかも
脳医学(?)的にはドーパミンやアドレナリンの過剰放出による
幻覚やら発作やら脳溢血やくも膜下出血やらで死んでそう

オカルト的にはやばいところまで近づいてきたんで防衛の罠にかかったのかも
失敗してというか後遺症で結果的に統合失調症を発症した感じか
おしいところまでいったんじゃないか?
精神薬は過剰な化学物質を抑えるのが目的だから思考の鈍化は避けられないし
精神療養も世俗に戻ることが目的だからそっちの世界とはもうおさらばだろう

まぁ>>1的には平和に暮らすのが望みみたいだからこれでよかったのかな
188名無しさん@おーぷん :2014/08/10(日)14:41:22 ID:pnrjNLLbN
1が会った敬語で話す神的な何かは菩薩とか観音的なキャラを感じる
抽象化すると曼荼羅っぽい世界観だし
環境が揃ってれば宗教家になってそうだ
189名無しさん@おーぷん :2014/08/10(日)16:47:45 ID:3sM4GX0KD
テンケンソウメツ…オンミツハイハイ…
1901 :2014/08/14(木)20:55:43 ID:7RwCeDw4K
>>184
レスが遅くなってしまい申し訳ない。
脳の機能低下が自分の境界を曖昧にする体験をした
ジル・ボルト・テイラーさんの話は俺も興味深いと思った。

奇異な体験をした当時のまま推移すれば、俺は心身共に死んでいたかも知れない。
何しろ俺も初めてする体験した出来事だったので、
その体験を評価出来ないし、これらの体験が何だったのかも分からない。

統合失調症という精神疾患は恐ろしいものであること、
そして、症状が終息すれば健常者と同じように生活が出来るということを、
このスレでは知って欲しかった。

「不思議な話BBS」では、このアプローチとは異なり、
オカルトに関連性の高い事柄で、自分の体験を解釈することは出来るのか、
これに主軸を置いて、色々な人から意見を聞かせてもらってる。

インターネットという環境は、例えるならエンターテイメントの場であり、
そこでは、事実を事実として伝えるドキュメンタリーを展開することも大切だけど、
事実への解釈を少しだけ変えて、みんなが面白いと思ってくれるような考え方で、
それを追求していくのも、一つの方法のように思ってる。

そして、最近は主治医から、自分の体験が「トランス体験によるもの」であると指摘され、
8月9日にも、事前に30分の時間を割いてもらった上で議論をしてきた。

各々の場面や解釈において、幾つもの事実があり、
その事実は(ベンチマークが取れない限り)「各々の真実」なのだと思う。
あるいは俺たちは「光子」が落とした光と言う影を見ているだけなのかも知れない。

>>188
レスが遅くなってしまい、ごめんなさい。
俺は宗教には明るくないので・・・
191名無しさん@おーぷん :2014/08/25(月)22:11:22 ID:fvlFlh0OK
まさか返信があるとは思わず 無理しなくていいぞ
目を傷めていてパソコンを長く見れない 俺もたぶん長くはない

シャーマンやインドの高僧も失敗すると死んだりする
統合失調症とは違う気がする 脳のシステムをいじって最悪シャフトダウンさせるわけだから
てか精神科医も酷いよな前は分裂病その前はノイローゼやらヒステリーやら神経症だし最近は鬱か

エンターテイメントは人集めにはいいかもしれないが嘘や誇張も入るので本気で求めてる俺にはry
最近は死ぬ前にもう一度原点に戻ってやり直したいんでタイムリープに少し関心を抱いてる
1は幽体離脱スレにもいると噂を聞いたんで似てるから関連というか関心も

良かったらいるスレを教えてくれ
1921 :2014/08/26(火)22:27:10 ID:tuOrw1Qct
>>191
俺も精神疾患を罹患するまで「精神科医」には懐疑的だった。
そもそも精神疾患とは自己と周囲に影響が出て初めて「病気」と認識されるもので、
その曖昧さを根拠に、信頼を置くに十分な性質を見出すことが出来なかった。

しかし、精神疾患を罹患した経験により、その考えは間違いであることを知った。
確かに誤診や、悪意ある精神科医もほんの一握りはいるかも知れない。
それらは否定しないものの、精神疾患として判断するに妥当な症状が出現し、
適切な医師の判断と治療によって、ここまで回復できたのは精神医療のおかげだと思ってる。

俺がこのスレッドを立てたのは、統合失調症がいかに恐ろしく、
誰もが発症リスクを持っていることを知って欲しかったからだった。

この病気は肉体ではなく精神を殺す。
残された肉体は異常な精神状態を内包したまま、周囲から見れば、
語弊を承知の上で言えば、あたかも怪物のように振る舞う。

精神医療はこれを回復させ、健全な精神活動へと戻してくれる手伝いをしてくれる。
1931 :2014/08/26(火)22:33:47 ID:tuOrw1Qct
エンターテイメントは、別に人集めのためのものではないと思う。
そこに嘘を含めれば、それは創作となり、
事実だけを述べれば、それは事実に裏付けされたドラマになるかも知れない。
俺は「面白い」と思ってもらえる出来事を列挙し、
それ以外は冗長になるので削除している。

統合失調症には「創語」という特徴があり、
例えば自分の状態を表現するため、特異な表現方法を使う場合がある。
それを分かり易く言えば「脳が耳から流れ出す」「電磁波が自分の脳をコントロールしている」という表現となり、
その「創語」を事実として思い込む性質がある。
俺にもこの性質があり、これを書かなかったことは「嘘」になるかも知れない。
しかし、書いたところで「創り出した言葉」に何の意味があるのだろうか、とも思う。

よって「書かないこと」による嘘を、俺はこのスレや、不思議な話BBSのスレでも付き続けていると言える。
ただし、仮に光と相互作用しないものが観測できない状態について、
「この宇宙が嘘をついている」と言えるのか、というたとえ話を俺は持ち出したい。

世界はエンターテイメントなのかも知れない。
そして、エンターテイメントに嘘は含まれる。
しかし、果たしてそれが「嘘」なのか「無言」であるのか。

そう言う意味において、エンタテインメントエンターテイメントを毛嫌いする必要はないように、俺は思ってる。
1941 :2014/08/26(火)22:45:17 ID:tuOrw1Qct
そして、実は今、俺は自分の見た「光景」を図にしようとしている。

このスレでは、統合失調症がいかに恐ろしいかを書きたかった。
不思議な話BBSでは、統合失調症となったことで体験した出来事を、
別の視点で捉えた解釈をしたかった。

次は自分の見た、感じたことを絵にすることで、
最終的な自分の帰結としたいと考えている。

>良かったらいるスレを教えてくれ
今は書き込んでいるスレや、見ているスレはないので、
あるいは、絵で事実を表現するスレを、おーぷん2chのオカルトスレッドに立てようか悩んでる。

このスレッドでも良いような気もするけれど、
趣旨が違うので、どうしたものか。
195191 :2014/09/01(月)00:27:07 ID:LnmcebdCf
精神科医の治療法は今も昔も医療麻薬で患者の思考を鈍らせる代わりに
暴走を抑えてその間に思考を社会と適合できるように変える
>>1の症状がどの程度だったかは不明だが話しぶりからかなり重症…というかヤバかったとみえる

普通、瞑想だけで統合失調症にはならないと思うので「何か」やったんだろう
どうも「この世の真理うんぬん」が原因ぽいのでそれが知りたかった
統合失調症も本当らしいし内容もまとめブログの者とも思えない

「創語」というより「起きてない」ことを「起きてる」と錯覚…というか
脳が誤作動起こしてる状態…一種の「混乱」というのが適切なのだろうが
果たしてそれは「妄想」なのか?周囲に見えないから「ない」として扱うのか。
現に空気だって「無いがある」。近代科学は証明できないものはないとして扱うが
それは別に「正しい」わけではない。単に「確証がない」というだけに過ぎない。
そもそも「目に見えないものを見ようとした」のが科学であり古代思想でなかったか?

>>光と相互作用しないものが観測できない状態について
>>「この宇宙が嘘をついている」
そう、これが俺も気になった。そしてグノーシス思想に行き着いた。
グノーシス・スレの人々も同じこと考えている。2000年前の人々もだ。

俺は「世界の真実」が知りたいのであり「この世界の目的」が知りたいのだ
196191 :2014/09/01(月)00:40:40 ID:LnmcebdCf
まー世界の真実なんてろくなもんじゃないし
現に聖書にですら「真実を知るようになる実」を食べたアダムとイブは楽園を追い出されてる
グノーシス思想に至ってはこの世界は悪神が創り真実を見えないように隠してる、と考えてる

俺は>>1が知れなかった先が知りたかったがどうも危険らしいな
>>そして、実は今、俺は自分の見た「光景」を図にしようとしている
応援するぜ。
>>あるいは、絵で事実を表現するスレを、おーぷん2chのオカルトスレッドに立てようか悩んでる
ここはあれだからオカルト板の方がいい話聞けるかもよ。

俺も実は過去にブラフマン(?)に会いかけた気がするんだが
ここに書くべきか迷う。
197名無しさん@おーぷん :2014/10/21(火)14:05:42 ID:Lt1alZ64F
>>196
スレ違いかもしれんが書いてみてよ
198名無しさん@おーぷん :2015/01/15(木)06:21:17 ID:APC
離人症の症状だろう。
誇大妄想もある。
199名無しさん@おーぷん :2015/01/15(木)07:51:32 ID:d8S
後で読むために足跡のこしておく
200尊師モドキ :2015/03/06(金)14:17:09 ID:ytu
えらいトコ開いてもーた。
201名無しさん@おーぷん :2015/05/10(日)13:37:15 ID:IEe
集団ストーカー被害者はいませんか~?
202名無しさん@おーぷん :2016/04/22(金)19:34:06 ID:B1d
止めた声の正体やっと解ったそうだったんだね
203名無しさん@おーぷん :2016/11/18(金)05:04:19 ID:jVo
ID:dwjmFjtFL
こいつまとめにも入ってて邪魔なんだよ、死ね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





俺が統合失調症を発症した時の話をする
CRITEO