- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ある所に一人の男がいました

1名無しさん@おーぷん:2017/12/08(金)01:50:52 ID:z80()
その男は生まれ育った大都会から
わずかな人しかいない廃墟同然の村へ
多数の仲間を連れ、暮らし始めました
2名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)01:53:12 ID:z80()
その男は考えました
『連れてきた人だけでは面白みがない』
と。
人を増やし、自分が生まれ育った
『あの』大きな街
と同じくらい大きな村にしたいと。
とてもとても愚かな考えを見せました
3名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)01:56:42 ID:z80()
頭の回転は遅いくせに動きだけは早いこの男
そうと考えたらすぐに行動に移します
自分が生まれ育った街からさらに人を引き抜こうとしました
本当に大きくならなくてもいい
人がいない別荘だけでも立っていれば見栄えがいい
何から何まで愚かな男でした
4名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)01:58:14 ID:z80()
一週間経ち
村が大きくなり始めた頃
その男は自分や仲間に
『なまえ』と『役職』
というものをつけようと提案しました
5名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)02:03:12 ID:z80()
その男は
『うぃき管理人』
という役職につきました
『うぃき』と呼ばれる自分たちの活動を後世にまで残していくための
書物を書き、保管する
そんな重要な役職でした
脳はノミよりちっぽけなのにプライドは太陽よりも大きい彼が
この役職についたのです
せっかく連れてきた住民からも反感を買うことになりました
6名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)02:04:29 ID:z80()
更に困ったのがその男
とてつもない自己中心的な性格でした
例えるならばそう
『あどるふ・ひとらー』
のように独裁的な運
7名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)02:05:15 ID:z80()
……この先はページが破れていて読めない

まだ残っている続きのページは明日、読むことにしよう
8名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)03:57:26 ID:JyZ
good:)
I love it
9名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)19:43:28 ID:ZVx
お、ギルス戦記か?
10名無しさん@おーぷん :2017/12/09(土)12:53:38 ID:Lzj
おんvでもギルス戦記を放送しよう
11名無しさん@おーぷん :2017/12/09(土)12:55:19 ID:Jmr
まーた黒歴史が公開されるのか

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ある所に一人の男がいました
CRITEO