- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【朗報】村上春樹氏、ガチのマジでノーベル文学賞受賞へ

x  
1 :名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)01:51:38 ID:tQ8
今年ことはいい加減割とガチな模様
353:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:19:27 ID:29k
>>352ラノベの定義にもよるけど「文学」のパロディっていう感じパロディは知性が無いと無理そもそも近代文学が物語のパロディやし
354:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:19:29 ID:Q3l
>>348さくら丸の後の構想やったなさくら丸は廃棄の問題とかおもしろかったわ公房の「友達」とか今まさに熱い戯曲だよなあ現代性という意味では公房の時代やと思うんやけど
355:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:20:18 ID:Q3l
物語のパロディとしての現代文学は石川淳がおとしばなし集で異常な完成度で終わらせてるやろ
356:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:20:59 ID:EvD
速読に最適な作家No. 1
357:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:21:17 ID:X2F
そういえば伊坂幸太郎が直木賞辞退して以来あからさまに一部の出版社に干されてるから貰えるもんは貰っといた方がええんやろなって思った
358:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:22:00 ID:X2F
村上春樹がラノベはむしろ褒め言葉やと思うけどな
359:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:22:13 ID:QMQ
>>357でも終身名誉受賞候補よかはマシやったやろ
360:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:22:24 ID:KXt
芥川賞も評価のわりにぱっとしないよなやっぱり新人賞やからか?
361:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:22:49 ID:RaH
春樹も勝手に担がれてやれやれしてるだろうけど内心めっちゃノーベル期待してそう
362:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:22:55 ID:eP4
芥川賞は古市が取って日本文学を終わらせてくれるぞ
363:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:23:32 ID:QMQ
もう芸能人がとりまくってる時点で終わってるんじゃないんですかね…
364:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:24:09 ID:29k
>>360芥川賞ってハズレの方が多いで160回あって今でも語られる作品って10〜20作くらいなんやから
365:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:24:22 ID:Q3l
>>362100%ないわ肩書を持って2chの感覚を代弁するだけの人間やんけ
366:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:24:32 ID:ryX
芥川賞は別に面白いわけではないからな
367:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:24:39 ID:X2F
>>360そもそも純文学書こうとするやつが少なすぎる新人賞の賞金も大衆小説が500万とか300万とかなのに50万とかしょぼすぎる純文学作家になっても食っていけませんって宣伝してるようなもの
368:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:24:48 ID:Q3l
芥川賞は綿なんとかあたりですでに死んでる
369:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:25:15 ID:29k
>>363又吉はしゃーないそれくらい今の本は売れてないからああいうのは必要あの功績は羽田圭介を受賞させたことだと思う又吉と同時期っていう話題性を獲得できたし実力ある作家だから
370:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:25:20 ID:eP4
>>365他の候補作も古市とどっこいどっこいやし十分あり得ると思うまあこの状況で既に終わってるといえばそうなるわね
371:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:25:45 ID:Q3l
>>366かといって文学的にパンチがあるわけでもないミステリ小説をつまらなくしてセックス描写を入れただけ…みたいなのが多い印象
372:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:26:00 ID:GGc
芥川の作品自体微妙やし芥川賞も知れたもの
373:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:26:10 ID:QMQ
というか多すぎてありがたみがないというか一年に一回でいいんじゃないそれでも多いけど
374:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:26:20 ID:29k
火花は純文学として成立するクオリティではあるけどワイは特筆することのない凡作としか思えなかったし又吉じゃなかったら確実に受賞することは無かったと思う
375:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:27:50 ID:VP2
>>368背中蹴りたいわ
376:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:28:10 ID:eP4
>>373これ
377:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:28:10 ID:29k
あと芥川賞は元から本を売るための賞だからそんな高尚なものだと考えない方がいい直木賞とはジャンルの違い
378:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:28:14 ID:ZlR
>>346あのさあ…古い時代のものがなくなっていって主流が変わってるのは事実やろ?古いものは主流から外れてくのは昔からでおかしくないことなんやでって大枠言うてるとこを、こっちからしたらどうでも良いその中の細かい言葉の言葉の意味に謎に必死の喧嘩腰でシャバって噛み付いてきて話成立しとらんのや
379:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:28:18 ID:VP2
>>374後半の展開ごみやし
380:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:28:44 ID:I51
やっとハルキストが報われんのか
381:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:29:18 ID:X2F
言うて芥川賞取った作品ですげーこれは芥川賞だわって納得した作品あるか?
382:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:29:31 ID:29k
>>381大江健三郎の飼育
383:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:29:40 ID:eP4
>>381最近ならコンビニ人間
384:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:30:08 ID:29k
飼育は物語の筋だけだと粗いけど文体がヤバすぎる
385:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:30:13 ID:QMQ
>>381太陽の季節
386:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:30:25 ID:X2F
>>382そこら辺の時代までさかのぼらないと思いつかないやろ?
387:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:30:26 ID:1Bm
>>383釣り針でかすぎやろ
388:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:31:02 ID:ivU
どうせ南米あたりの作家がとるんでしょ村上春樹は意識はしてても雑文集見てる限りは賞にはそこまで執着してないんだろうから周りが騒ぐのは村上がかわいそうや
389:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:33:01 ID:eP4
>>387ほなら自分は?
390:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:33:04 ID:29k
>>378>古典や漢文、絵巻物なんか今ではほぼ誰も原文読めんやろ>古い時代の教養人たちは嘆いてるだろうがほとんどの今の人間からしたら無価値に等しいからどうでもええしこの前提がガバガバですよって話
391:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:33:28 ID:n9s
文学オタク同士でレスバはじまってて草
392:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:33:49 ID:ivU
でも、受賞できたとしたらレーゾン ・デートゥルからよく登りつめたもんだよな
393:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:34:15 ID:QMQ
ワイはどっちかというとノーベル平和賞のほうが興味あるね文学賞なんかしこたまどーでもええ存在や
394:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:34:45 ID:I51
なろうでノーベル文学賞取ってもうてええかな?
395:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:34:56 ID:ivU
清滝さんも経済学の村上春樹になりそうだな
396:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:34:59 ID:eP4
>>394頑張れ
397:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:35:09 ID:XSM
>>394取れるもんならな
398:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:35:13 ID:X2F
>>389ワイは諏訪哲史のアサッテの人
399:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:35:36 ID:ryX
なろうで純文学やったら伸びなそう
400:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:35:44 ID:29k
>>393グレタちゃんが取るかもしれん
401:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:35:48 ID:ivU
ここの人たちにオススメされてサルトルの嘔吐読んでみたけど難しかったわ
402:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:36:03 ID:X2F
>>393環境問題について演説したなんたらちゃんやろなあ
403:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:36:13 ID:ZvO
受賞するような作品書いてればとっくに受賞してるでしょ
404:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:36:16 ID:eP4
>>395日本の経済学者はなぜノーベル賞取れないんやろ今までも森嶋とかおったのにな
405:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:36:29 ID:X2F
>>399ラノベで純文学やったのがNHKにようこそやな
406:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:36:39 ID:ivU
世界中に核作ってなお、配っておいて自己批判して核作るのやめます!って言ったら平和賞もらえそうだよな
407:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:37:05 ID:n9s
>>401さとるの嘔吐?
408:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:37:20 ID:eP4
矢野サルトルは草
409:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:37:37 ID:ryX
まぁワイは純文学ってなんなのかわからないんやけどな
410:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:37:39 ID:QMQ
やっぱあれはインパクトあるねそれを使って日本でどうこう言って3歩進んで4歩下がるんや
411:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:37:52 ID:29k
ボブディラン受賞したのはかなり良かった文学の範囲が広がった
412:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:38:16 ID:ivU
イグノーベル平和賞ってあるのかな?
413:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:38:32 ID:eP4
ボブディランが受賞するならケンドリックラマーとかもいけそう
414:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:39:09 ID:ivU
そのうちMetallicaかジューダスプリーストが文学賞受賞するよ
415:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:39:20 ID:I51
「何気なく妄想を書き綴っていたらノーベル文学賞を取ってしまった件」
416:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:39:33 ID:X2F
>>411文字を使った芸術が文学って定義なら小説、随筆、評論、詩以外に文学って何があるやろ?
417:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:40:23 ID:QMQ
>>412なんや核兵器よりも安くて量産しやすくさらに破壊できる兵器作ったら”核兵器を根絶した功績”でもらえそうな賞やな
418:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:40:27 ID:eP4
>>412第一回が水爆の父で草
419:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:40:40 ID:XSM
>>416戯曲
420:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:40:45 ID:X2F
>>412エドワード・テイラー水爆の父が第一回受賞者
421:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:40:57 ID:ivU
わいらでもダーウィン賞なら取れるかもしれんな子持ちにはなれそうにないし
422:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:41:00 ID:X2F
>>419あー戯曲か
423:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:41:23 ID:ivU
>>418>>420それは草
424:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:41:29 ID:ZlR
>>390まあお前がそう思うんならそうなんやろな…はっきり言って話したいことが違いすぎて不毛だわ他でも言われてるが自分の話したい知識自慢したい学生の噛み付き方で話にならん
425:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:42:17 ID:I51
でも春樹が受賞したら素敵やん?
426:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:43:17 ID:ivU
春樹受賞なら最近村上春樹読み始めたワイのデーゾンデートゥルが反り勃つわ
427:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:44:39 ID:QMQ
実際何の作品で受賞するんかなやっぱ海辺のカフカ?
428:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:44:57 ID:Rvi
イグノーベル文学賞を狙おう(提案)
429:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:45:02 ID:X2F
カナダの推理作家協会が一番功績あった推理作家に送る賞がアーサー・エリス賞って言ってアーサー・エリスってのが歴史上の有名な死刑執行人の名前ってのがセンスあるなと思った日本の推理作家協会賞も山田浅右衛門賞にするべき
430:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:45:15 ID:29k
>>427複数が対象になることもあるよ海辺のカフカはその一つになりそうやね大江健三郎はそうだったはず
431:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:45:22 ID:X2F
>>428百田尚樹で
432:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:45:41 ID:ivU
オススメ教えて
433:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:45:59 ID:eP4
wikiからのコピペ小説、芥川賞の候補作であった気がする
434:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:46:14 ID:QMQ
>>428こりゃもうオバマの核兵器減らす演説やろなあ
435:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:46:31 ID:ivU
山田浅右衛門賞作ったら受賞は青山剛昌しかいないやろ漫画だけど
436:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:48:39 ID:QMQ
ミステリはガチでやばそう新しいトリックとかもう微小レベルやろ
437:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:49:21 ID:ivU
僕、鼠、ジェイ強さ順に並び替えよ
438:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:49:36 ID:eP4
叙述トリックきらい
439:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:49:46 ID:VP2
よくわからんけど村上春樹とかいうようわからんやつよりワイの日記帳がノーベル賞でええよな
440:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:52:18 ID:K1W
>>437ジェイ(恵体なイメージ)>ネズミ(気が強そう)>僕(度胸はあるが戦う気がない)
441:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:55:02 ID:ivU
検索したらなろうに村上の文体で転生もの書いてる人いたわ
442:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:55:26 ID:X2F
>>436それアガサ・クリスティくらいの時代から言われてたからねトリックは枯渇してるって
443:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:56:08 ID:jii
おめでとう!
444:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:56:29 ID:eP4
>>441読んでみたくなってきた
445:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:56:39 ID:K1W
技術側が大きく変わってるんやからまだ余地はあるやろSNSを駆使したアリバイトリックとか
446:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:57:36 ID:X2F
佐藤友哉も太宰治が異世界転生するやつ書いてたやろ
447:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:59:01 ID:QMQ
>>442>>445あと50年で枯渇する石油がずっと湧き出てくるようなもんか
448:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:59:39 ID:X2F
>>445最新の科学技術を使ったトリックはタブーってのが本格ミステリのルールやけどな東野圭吾の探偵ガリレオはシリーズはあえてそのルール破りをやった作品
449:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)03:59:56 ID:Rvi
イグノーベル文学賞受賞例1992年 ユーリイ・ストルチコフ1981年から1990年の間に948報、平均すると3.9日ごとに1報以上の割合で科学論文を発表したことに対して。 1999年 英国標準協会紅茶の正しい淹れ方について、6ページにわたる仕様書を作成したことに対して。2012年 アメリカ政府監査院報告書についての報告書についての報告書についての報告書の準備を奨励する報告書についての報告書についての報告書を発行したことに対して。 これはレベルが高いな()
450:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)04:02:40 ID:eP4
>>449この間日本で「研究不正を研究した論文」の研究不正が発覚した事件あったしそれがとってほしい
451:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)04:05:26 ID:Ktv
糞定期
452:名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)04:13:24 ID:Y5l
終身名誉受賞候補者
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

【朗報】村上春樹氏、ガチのマジでノーベル文学賞受賞へ