- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ブッダ「弟子よ"実体"なるものは存在しない」弟子「・・・???」

x  
1 :名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:51:47 ID:b3D
弟子「一体どういうことでしょうか」ブッダ「弟子よ、お前は"家"というものが存在すると考えているか」弟子「師匠、私は"家"が存在すると考えておりますし、その中で暮らしております」ブッダ「では、ここに木でできた家がある。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」弟子「はい、言えます、師匠」
2:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:52:06 ID:b3D
ブッダ「ではこの家から床を取り除くことにする。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」弟子「言えます、師匠」ブッダ「ではこの家から屋根を取り除くことにする。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」弟子「不十分ではありますが家と呼ぶことも可能でしょう」ブッダ「ではこの家から壁を取り除くことにする。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」弟子「師匠、これはもはや家とは呼べません」
3:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:52:29 ID:b3D
ブッダ「お前は今まで"家"であると述べてきたものを"家"でないと言った。弟子よ、お前にとっての"家"は壁であったのか」弟子「師匠、それは違います。壁がなくとも柱と屋根があればそれは家と呼べるでしょう」ブッダ「では一体"家"なるものはどの時点で"家"となり、どの時点で"家"でなくなるのか」弟子「師匠、それは我々の暮らしに安息を与えるものにできる時点でしょう」
4:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:52:54 ID:b3D
ブッダ「つまり"家"なるものは個々人の思い方によって存在する時点が異なるというのだな。草原に生きる人は布の天幕にも安息の場を見いだすが、雨風の多い我がインドの地に生きる民はそうはいかない」弟子「そういうことになりましょう」ブッダ「弟子よ、お前は初め「家は存在する」と言った。しかし"家"というものなど初めから存在しないのだ。その存在は我々の心が作り上げたものでしかないのだ。」
5:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:53:13 ID:p9w
6:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:53:16 ID:b3D
ブッダ「同じことはあらゆるものに言える。存在は絶対的なものではなく、相対的に我々が生み出しているのにすぎない」弟子「その点については納得しました、あなたが普段おっしゃられている"縁起"なるものはそのことですね」ブッダ「そうだ」弟子「師匠、確かにその考えは面白いものではあります。しかしそれが結局のところ、私の人生にとって何になるのでしょうか。私は空虚な言葉遊びを嗜むために家を捨ててきた訳ではありませぬ」
7:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:53:24 ID:odD
心が作り上げたものなら存在するやん
8:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:53:44 ID:b3D
ブッダ「弟子よ、存在に囚われぬことで初めて我々は苦の呪縛から逃れられるのだ。我々が目指す地は、正にこの縁起の理解なくして辿り着けぬ」ブッダ「我々はなぜこの世には"悪"なるものが存在するのかと心を悩ませている。しかし弟子よ、それは無益だ。"悪"などは初めから存在しないのだから。あらゆるものは我々が生んだ言葉でしかない、そこに絶対的な存在はないのだ」
9:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:53:55 ID:F1M
こいつひろゆきみたいだな
10:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:54:02 ID:b3D
ブッダ「それは"悪"のみではない。"善"も"美"も"快"も存在しないのだ。」ブッダ「我々は往々にして快楽に溺れる。そな欲望は無限に尽きることはないが、我々の力は有限だ。ゆえに我々は必ず手の届かぬ快楽を前にして苦に苛まれることとなる」ブッダ「しかし弟子よ、案ずるな。快楽とは絶対的なものではない。それは初めから存在しているのでない。ただ我々の心が生み出したものなのだ。ならばそれは必ず克服できる。そもそも我らがそれを生まなければいいのだ」
11:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:54:05 ID:E6U
この弟子言いたいことちゃんと言ってえらいなブッダもちゃんと聞いてあげてるし
12:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:54:17 ID:076
各程度の物質存在を伴った上での相互理解と共感によって家は存在するぞ
13:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:54:40 ID:b3D
弟子「師匠、我々はどうすればそれを生まぬ人となれるのでしょうか」ブッダ「弟子よ、"美"も"快"も"名"も、そして"苦"でさえも全て『言葉』であることを知れ。それらはみな先の木の家である。我々がそれを生み出したことを知るとき、我々はそれらへの従属から解放される」
14:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:54:48 ID:ix5
ぶん殴って痛みなど存在しないのですって言っておあげ
15:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:55:00 ID:b6I
弟子「(結局ただの屁理屈では…?)」
16:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:55:01 ID:b3D
ブッダ「それらは絶対的存在ではない。ただの言葉なのだから」ブッダ「あるゆるものが存在しないことを知るとき、我々はついに"存在"に対して執着することを止めるだろう」ブッダ「その時こそ、初めて我々は苦から解放されるだろう」
17:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:55:12 ID:iLl
マーラに負けろ
18:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:55:13 ID:xTD
~一方~シュッ!シュッ!シュッ!   (⌒У⌒/⌒ヽ   /    _ノ _/     |(/ ̄ ̄ ̄ ̄\|_(/=o=- -=o=- ( ヽ(⌒v⌒v⌒ (_ノ|○人_人○  |ヽ~ __  ̄   / \ヒ_ノ|   / /しwノー<   ∪
19:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:55:52 ID:wcJ
鹿の角でシコってそう
20:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:55:55 ID:3lz
しつけーなブッダ
21:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:56:22 ID:Xuw
ブッダさんは頭えーなー
22:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:56:34 ID:ix5
言葉を取り上げたら寿命も空腹もなくなるとええけどな
23:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:56:47 ID:oG7
デッシ「なぜ生き物は増えるのでしょうか」ブッダ「ここに私の尻穴がある。付いてみればなぜ快楽によっ///んふぅ♡」
24:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:57:08 ID:3lz
家から家を構成するもの一つ一つ抜いてったらそのうち材料になるやろそれがどうした
25:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:57:24 ID:wcJ
釈迦といふ いたずらものが 世にいでておほくの人を まよはするかなサンキュー宗純
26:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:57:31 ID:b6I
絶対的って概念に拘るのって中学生のそれと一緒よね
27:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:57:51 ID:nd0
宗教やし
28:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:58:23 ID:F1M
弟子「まずブッダの腕を取りますwこれはブッダと言えますか?」ブッダ「うわぁぁぁぁ」弟子「次にブッダの足を取りますwこれはブッダと言えますか?」ブッダ「や、やめ」弟子「実在しないんですよブッダなんて」
29:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:58:49 ID:b3D
弟子「しかし師匠、"苦"から解放されようと考えてる時点で"苦"を実体として捉えてしまっているのではないでしょうか?」弟子「それでは永遠に"苦"から逃れることなどできないのではないでしょうか?」
30:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)18:59:16 ID:Xuw
攻める弟子
31:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:00:38 ID:joM
>>29仏陀「うるせぇ死ね」
32:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:01:49 ID:Xuw
荒れるブッダ
33:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:01:59 ID:Hjr
>>23
34:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:02:29 ID:ix5
(辛くないみたいだからミルク粥分けてやらんでええな・・・)
35:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:02:54 ID:DKd
本来の古代インド語(サンスクリット)じゃまた違った感じになるかも知れんで今日本で引用されてる仏教原始経典はほとんど中村元博士(個人・インド哲学)の翻訳やし文章には中村博士個人の癖も多分にある中村博士は宗教家では無くてあくまで学者やから日本語訳に本来の仏教的なエッセンスが少し抜けてるとの話も
36:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:03:18 ID:b3D
ブッダ「弟子よ、その通りだ。我々か言葉の中で苦から逃れる方法を考える限り、解脱に至ることは永遠にない」ブッダ「弟子よ、だから私は言う。考えるのではなく、感じるのだ。言葉を超えるのに言葉を用いてはならない」
37:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:03:19 ID:G08
>>28ブッダ含めた当時のサモン・バラモンどもに物理攻撃が効くとは思えない
38:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:03:34 ID:b6I
弟子「ですが師匠」ブッダ「黙りなさい(バチ―ン」弟子「な、何をなさるのです師匠」ブッダ「右の頬を打たれたら左の頬を差し出しなさい弟子よ」弟子「ええ…」
39:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:03:59 ID:lOn
この弟子でもでもだってだってうるせえな亡き者にしてやろうか
40:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:04:12 ID:F1M
結局感情、感性、根性かよ。なんでこんな教え信じてるやつおるんや
41:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:05:53 ID:bXZ
そもそも世界なんて自分たちの主観でしかない存在しないんや
42:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:06:39 ID:b6I
人間が作りだした概念に拘り過ぎるのは良くないってなら分かるんやけどな存在しないとまで言い切っちゃうのはどうなんやとなんか中庸の精神に反する極論やないかねそれ
43:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:06:42 ID:lOn
言葉は重要じゃないんやつまりどれだけ汚い言葉を使っても許されるんやでうんこ!w ちんこ!w まんこ!w
44:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:06:47 ID:a31
長いから三行でまとめろ
45:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:07:02 ID:Xuw
超えるんやで退行するんやなくてときどき坊さんすら勘違いしてあらゆる理論を投げちゃうけどむしろあらゆる理論学んだ先にあるんやで
46:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:07:15 ID:b3D
ブッダ「『苦から逃れる』過程で『苦の存在を否定』すること、これは我々の常識からすれば大いなる矛盾である。苦を意識した時点で苦の奴隷となるが、目標が苦からの解放であるのに苦を意識しないというのは根本から不可能であるように思える」ブッダ「この矛盾を乗り越える方法を私は言葉で説明することはできない、このことは言葉の範疇の外にあるからだ。」ブッダ「私が言えるのはこれだけだ。お前がその矛盾を突き詰めて見つめ、もしそこに微かな光を見いだしたなら、迷うことはない、『全力で飛べ』」ブッダ「私の話は以上だ」弟子「…失礼します」
47:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:07:49 ID:b6I
そして彼は飛んだ…
48:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:08:16 ID:b3D
「言葉」なるものを真剣に見つめ、「言葉」を乗り越えることに人生を費やしたブッダは、生前一冊の本も書かなかった。今、現存する仏典は全て後世の弟子がブッダの伝承をまとめあげたものである。おわり
49:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:08:40 ID:lOn
>>48弟子に何も伝わってなかったようやね…
50:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:09:24 ID:jyI
>>49言葉にできひんから伝わりようもないやろ残すのも不可能本当に言葉にできひんかは知らん
51:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:09:53 ID:G08
弟子どもがブッダを神格化しすぎたんやその結果大乗仏教になって仏になるとかトンチンカンなこと言い出した
52:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:10:23 ID:DKd
現代感覚で言ってもなあ…まず紙が無い時代なんやから
53:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:10:27 ID:lOn
>>50でも言葉に拘るな言われてるのに経典作るとはなぁ
54:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:10:58 ID:b6I
言葉に出来ないってのは難しいとこよな確かにそういうものもあるとは思うんやが似非宗教の言い訳にも使われまくりですからね
55:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:11:38 ID:F1M
三大宗教あるある・終わりの日が来る・考えるな感じろあとは?
56:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:12:12 ID:ix5
現象に名前をつけるのは人の重要な営みや
57:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:12:34 ID:b3D
原始仏教は宗教というより哲学ブッダは聖人ではなくて一人の哲学者
58:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:12:46 ID:G08
>>55仏教は一応弥勒たんが助けてくれる予定やろ
59:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:13:19 ID:b6I
それこそ宗教か哲学かの言葉に拘る事になんの意味があるというのでしょう
60:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:13:52 ID:Xuw
言葉に出来ないっていうのを人間の文化のない獣のような状態に帰れとか捉えるけどちゃうぞもはや言葉の秩序では捉えきれないところまで考え抜けろってことやからな
61:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:14:03 ID:Hjr
>>55瞑想してたらお告げが来る
62:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:14:32 ID:lOn
男の娘がホモかどうかはただの言葉遊びで些細だってことやな
63:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:14:44 ID:ix5
もっとホンシツを見ようよ
64:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:15:15 ID:F1M
>>61目覚める部分では仏教とイスラムではあるけどイエスは自分で目覚めたやろ
65:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:15:18 ID:Xuw
>>62ホモだが
66:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:16:08 ID:9xu
ソシュール「大体同意」ウィトゲンシュタイン「おおよそ同意」
67:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:16:21 ID:F1M
ブッダ「男の娘好き」弟子「ホモじゃん」ブッダ「パァン!」
68:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:16:51 ID:7zH
法然「なんも考えず阿弥陀様に任せとったら苦のない浄土連れていってくれるでー」サンキューホウッネン
69:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:16:55 ID:Xuw
弟子「ありがとうございます!」
70:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:17:47 ID:7aY
哲学とか宗教の話になるとシュバってきて茶化す奴おるよな
71:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:18:07 ID:Xuw
怖いからね
72:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:20:05 ID:TRp
ブッダ(なんとか誤魔化せたな…)
73:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:21:19 ID:MSs
境地には辿り着いたんやろけど多分本人以外は理解や到達できなさそうな感じやな
74:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:22:20 ID:lOn
仏陀「苦行意味ないで」延暦寺「その釈迦の考えにたどり着くために苦行したろ!」仏陀「ワイの教え書物にしないでね」弟子「経典として残したろ!」ええんか・・・?
75:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:22:47 ID:9xu
>>74う〜ん、この
76:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:23:59 ID:MSs
>>68ある意味こっちの方が近いのかもしれん
77:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:25:46 ID:F1M
結局釈迦は何をしろって言ってんの?瞑想すればええんか?
78:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:26:03 ID:f8X
>>57むしろ哲学と宗教を分けられないのがインド思想やぞブッダも煩悩を棄てて輪廻から抜け出そうっていう当時はやってた新宗教運動に家族棄ててハマったサイコ
79:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:31:13 ID:Xuw
基本は何事にも囚われずに生きろってことやろな教典残すなっていうのはそれが権威化するのもイヤやったんやろうが何するかも臨機応変に試行錯誤しろってことやったんやないかな
80:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)19:44:50 ID:M4F
物事に名前をつけた結果そういう矛盾が生まれたから感じろっていうしかなくなるんやろもともと苦とか美とかいう呼び名なんて無かったんだから
81:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)20:04:48 ID:hOo
お釈迦様のスタートは世の中なんで苦しむ人がいるんや?幸せになれんかなあ?がスタートで結局いつもここ世の中が悪いんは悪い考え方でそれを原理主義にしてるやつや今の自分がいる場所を良くしようや、それを弘めたろうやそしたら世の中少しは良くなるであるかないか知らんけど今から世の中良くしたら来世には幸せになれるやろワイの教えは形式的に2千年は通じるかもしれんが社会も何も変わるしその頃にはその頃の人が良い解釈するわ多分インドやなくて伝わった遠い国でな
82:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)20:11:04 ID:vbx
>>77人それぞれ違った悟り方が有るんやでと言ったんやなお真言立川流
83:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)20:12:59 ID:K2F
弟子「うおおおお!!!自分の肉体傷つけまくって悟るぞ!!」バーン!バーン!!これが現実
84:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)20:14:53 ID:TRp
ブッダ「女を抱かんと余計ムラムラするから適度に抱いた方がええな」結構現実的だよね
85:名無しさん@おーぷん:19/08/05(月)20:31:56 ID:SFD
この弟子そのうちブッダのこと「良い先生」って呼びそう
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

ブッダ「弟子よ"実体"なるものは存在しない」弟子「・・・???」