- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

阿部「どうすりゃいいんだ・・・」

x  
1 :名無しさん@おーぷん:19/05/10(金)11:31:17 ID:eyb
本拠地、東京ドームで迎えた広島戦先発菅野が大量失点、打線も得点圏で打てず惨敗だった東京ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「暗黒時代だな」の声無言で帰り始める選手達の中、かつての正捕手阿部慎之助は独りベンチで泣いていた二度の3連覇で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今のジャイアンツで得ることは殆ど不可能と言ってよかった「どうすりゃいいんだ・・・」阿部は悔し涙を流し続けたどれくらい経ったろうか、阿部ははっと目覚めたどうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた立ち上がって伸びをした時、阿部はふと気付いた「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」ベンチから飛び出した阿部が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった申し訳程度に旗が振られ、地鳴りのように堀内への罵声が響いていたどういうことか分からずに呆然とする阿部の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた「阿部さん、報復死球の命令です、早くぶつけましょう」声の方に振り返った阿部は目を疑った「く・・・久保裕也?」  「嫌なら当てなくてもいいぞ」「こ・・・小久保さん?引退したはず・・・」  「なんや小久保、お前外様のくせに生意気やぞ」「若い頃の元木・・・」  阿部は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた1番:仁志 2番:二岡 3番:高橋由 4番:■■ 5番:小久保 6番:内川 7番:キャプラー 8番:阿部 9番:久保暫時、唖然としていた阿部だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった「今の方がまだええか」■■からグラブを受け取ったグラブを■■に投げ返して、現代へ帰っていく阿部、その顔は悟りをひらいたものだった・・・翌日、二軍で冷たくなった岡本が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
2:名無しさん@おーぷん:19/05/10(金)11:31:40 ID:OH2
またお前か
3:名無しさん@おーぷん:19/05/10(金)11:36:07 ID:tzG
若い頃の元木に草
4:名無しさん@おーぷん:19/05/10(金)11:37:39 ID:9Ye
久保おじ帰ってきてクレメンス…(*^◯^*)
5:名無しさん@おーぷん:19/05/10(金)11:38:36 ID:sgS
今首位の巨人を舞台にしてもなぁ....内川コピペは最下位の球団の選手でやるから面白いんやろ
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

阿部「どうすりゃいいんだ・・・」