- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

いつになったら人工無能は小説を完成できるのか

1名無しさん@おーぷん:2018/11/09(金)08:15:53 ID:G6C()
未だに人工無能知らん人おるんやなぁ:-O
 
+0
-0
2名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)08:16:35 ID:A6N
人工無脳はAIやないから
3名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)08:16:44 ID:jIn
>>1
お前の顔面にオエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエッ
ビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャ(お前の顔面がゲロまみれになる音)

「ビギイィィィエエエエエエエ!!! ごべんなぢゃいぃぃぃぃぃ!!! ゆるじでぐだぢゃいぃぃぃぃぃ!!!」(泣き叫ぶお前の悲鳴)
4名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)08:17:47 ID:G6C()
>>3
すこだけど最近こればっかよね(^o^;)
5名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)08:19:21 ID:A6N
御影さくらって懐かしいなぁ
6名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:12:28 ID:adD
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541117131/
御臨終です‥
7名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:13:12 ID:XVt
>>6
このゴミ箱ってなんや?
8名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:13:43 ID:xm0
イッチが死んだら完成するからとっとと首つって死ねガイジ
9名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:14:37 ID:adD
>>7
要はスレごと削除やろ
アク禁しすぎると規制されるでって何度も忠告したんやけどなぁ
10名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:15:43 ID:E7d
>>7
自上げしすぎで書き込みができないようにされとるってことや
11名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:16:04 ID:XVt
>>9
>>10
サンガツ
スレ削除とはちがうんやな
12名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:16:13 ID:adD
>>10
はえー適当言ってすまんな
13名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:16:45 ID:ebu
しかし人工無能って規制されないんかな
14名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:17:06 ID:adD
>>11
いずれにせよ彼に罰が下されたのは間違いなさそうやね
少しでも小説書き出してればまだワンチャンあったかもしれんのに
15名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:17:18 ID:E7d
そもそも人工無能は小説書く気元から0やろ
絶許狙いでしかない
16名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:17:47 ID:E7d
>>13
偽物の愉快犯って可能性が高いと思うわ
17名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:18:10 ID:DSt
ワイは天才だ
18名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)14:18:17 ID:adD
小説書く気なくてももうちょい大人しくするか楽しませてくれればなぁ
19名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:11:42 ID:9cG
>>6
おーついに退治されたか
20名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:13:11 ID:9cG
まーでも懲りずにスレ立てるんやろなぁ
21名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:13:48 ID:qco
:-0 これの方が良くない?
22名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:14:08 ID:3e4
ワイも人工無能より前に書いとる小説まだ一章終わっとらんからセーフ
23名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:15:31 ID:cfC
>>6
>>現在、1人がこのスレ復活を望んでいます。。


24名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:23:01 ID:Ggm
今もう見ないけど死んだんか?
25名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)20:26:36 ID:9cG
※ゴミ箱の仕組み
人気のないスレッド(レス数が少ないスレッド等)は一定時間が経過すると自動的にゴミ箱に入ります。
「削除人」が巡回してゴミ箱に入れる場合もあります。
ゴミ箱のスレッドは復活されずに1週間経過すると、完全削除されます。

誤ってゴミ箱に入ってしまったスレッドは復活リクエストを行うことで元に戻せます。
復活リクエストは「復活人」が巡回して復活させますので、しばらくお待ちください。
(ただし、必ずしも復活できるわけではないのでご了承くださいネ。。)

はえー
削除人が何かを意図して削除したんやな
26名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:04:22 ID:FoL
story generator というものが有ってな……。
27名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:05:13 ID:33I
1文字も書かずに何を作り上げるんだよ
28名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:05:40 ID:FoL
generater だっけ?
朦朧としてる。
29名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:18:12 ID:FoL
The Cursed Sausage
A Short Story
by anonymous coward

jesus christ looked at the cursed sausage in his hands and felt happy.

He walked over to the window and reflected on his cool surroundings. He had always loved beautiful Philippin with its tense, tough trees. It was a place that encouraged his tendency to feel happy.

Then he saw something in the distance, or rather someone. It was the figure of john paul. john was a mean animal with blonde fingernails and fluffy ankles.

jesus gulped. He glanced at his own reflection. He was a stupid, helpful, port drinker with fragile fingernails and pink ankles. His friends saw him as an abundant, adorable academic. Once, he had even made a cup of tea for a broad chicken.

But not even a stupid person who had once made a cup of tea for a broad chicken, was prepared for what john had in store today.

The sleet rained like dancing donkeys, making jesus delighted.

As jesus stepped outside and john came closer, he could see the joyous smile on his face.

john gazed with the affection of 9796 sympathetic plastic puppies. He said, in hushed tones, "I love you and I want closure."

jesus looked back, even more delighted and still fingering the cursed sausage. "john, I beg you," he replied.

They looked at each other with sad feelings, like two flipping, funny flamingos running at a very violent Valentine's meal, which had classical music playing in the background and two tactless uncles smiling to the beat.

jesus regarded john's blonde fingernails and fluffy ankles. "I feel the same way!" revealed jesus with a delighted grin.

john looked angry, his emotions blushing like a grisly, grotesque gun.

Then john came inside for a nice glass of port.
THE END
30名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:18:44 ID:FoL
https://www.plot-generator.org.uk/story/
これで作った。
31名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:19:39 ID:FlX
あいつさとるが規制したんやろ
32名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)22:26:53 ID:adD
>>31
また1日何十通もメール届いとるんかな

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





いつになったら人工無能は小説を完成できるのか