- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【再再再再再再再再再再再再再再再再再再翻訳】中川:いい状態ですか? "

x  
1 :zSYLgmqyFA:18/10/22(月)22:16:05 ID:EPJ
午後、ヨコハマがヨットで優勝した。室尾は多くの目標と動機を得て防御に失敗した。スタジアムの友達今年は100試合を失う?昨年最高のドラマーの一人が、銀行でウチカバの沈黙を見ました。私はVBCスタッフの幸せで元気なメンバーです...私は横浜に奉仕することができないのがうれしいです。「どうすればいい?誰かに涙を抱かせるどのように目を覚ます?もちろん、私は疲れて、眠り、銀行は現実になります。"神、私は再びそれをしなければならない"アッシュウチカバと灰シウォンが起き上がって手を上げる。"あなたは顧客を持っていますか?"ウチカバは銀行から出てここに葬った。旗は小さすぎて何千回も切ることができず、有名な "Bais"の歌は良くありません。私はそれが何であるのか分からず、その背後にある有名な声を世話することができます。「斎木予防はすぐに来るだろう」ウチカバは疑問や疑問を尋ねた。鈴木さん? "あなたは何をしたいですか?""Cooh Cohid;"叔父Witchはそれを ""一..." 3つの怖い兆候Taku Ichkie 2:Nobis 3:Suzuki Takashi 4:Rose 5:Tim 6:Uchikava 7:Shindo 8:Tan 9 Saito Thanakaオシカバは同じようにショックを受けた。しかし、私は自分のゲームに雲がないことを認識したとき。"私は勝つことができ、勝つことができます!"中野を抜けて落ち始めたが、視界の何も不平はなかった。翌日、Vikikava、Iosimura、Muradはソファーで涼しいです。病院
2:zSYLgmqyFA:18/10/22(月)22:16:38 ID:EPJ
日本語→英語→中国語→フランス語→スペイン語→ドイツ語→イタリア語→オランダ語→韓国語→ロシア語→ポルトガル語→アラビア語→カザフ語→ギリシャ語→クロアチア語→スウェーデン語→セルビア語→タイ語→日本語
3:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:17:00 ID:2HN
これもうわかんねぇな…
4:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:17:24 ID:DAo
どうしてこんなことを…
5:zSYLgmqyFA:18/10/22(月)22:17:47 ID:EPJ
25 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:09:58 ID:cr1何言語で再翻訳したら原型がわからなくなるやろか始まり
6:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:17:48 ID:DpL
ヨットチームに変わってて草
7:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:18:20 ID:GI8
中川って誰だよ…
8:zSYLgmqyFA:18/10/22(月)22:19:00 ID:EPJ
【再再再再再再再翻訳】内川:「何をしたいの?」http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540207376/前スレ
9:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:19:11 ID:WYx
病院で締めるのほんと謎
10:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:19:28 ID:DoT
ない部行き
11:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:19:48 ID:2HN
打線っぽいのを見てようやく「ん?」と思うレベル
12:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:19:53 ID:GI8
冷たくなっているが大抵の場合寒いになってるけど死の意味で翻訳できた例無いの?
13:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:20:26 ID:hJG
翌日、Vikikava、Iosimura、Muradはソファーで涼しいです
14:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:20:50 ID:fob
銀行(ソフトバンク)
15:名無しさん@おーぷん:18/10/22(月)22:22:28 ID:6Be
9 サイトウ・タナカ
16:zSYLgmqyFA:18/10/22(月)22:32:52 ID:EPJ
本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だったスタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていたWBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けたどれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めたどうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていたどういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った「す・・・鈴木さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」「石井さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった「勝てる・・・勝てるんだ!」中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った参考にしたもの
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

【再再再再再再再再再再再再再再再再再再翻訳】中川:いい状態ですか? "