[*]前 次[#] [0]戻 PC版
[1]最新 [2]最初 ▼[3]コメ欄
SPW「か、看護婦ちゃん!冷たい目しないで!」 ERN「うるさいですね……」バダム
1/1頁 (8件)
1:名無し 18/10/20 15:21 ID:HfI()
SPW「あ、あぁ~ッ!」 ペチャクチャペチャーッ!
ERN「はい、今日の面会は謝絶。お疲れさまでした」
SPW「うぅ……あ、ありがとうございました……」

3日前の惨事のあと、この病院にかつぎ込んだのだが、『ほんのチョッピリでも与えてやりてぇ!生きる希望をよォ!』という懸念の声があり、結果、SPWちゃんが定期的にJOJOのおててから希望をシコシコしにくるようになった。

しかし看護婦ちゃんはなんだかおれのことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にメンカイシャゼツして、顔のキズがニクイニクイなのだった。

2: 18/10/20(土)15:21:59 ID:vFK
□■看護師さん
事故で鎖骨骨折、右ひじ脱臼で両手が使えない。
入院していても完全看護状態。当然のことながら溜まってきた。もう限界。体を清浄に来た看護師に思い切って頼んでみた。
省略11
3: 18/10/20(土)15:22:37 ID:HfI()
SPW「トホホ……看護婦ちゃん美人なのにオウガーストリートはキモイキモイなんだから……あーあ、どうにかして看護婦ちゃんのタオルバチャバチャをやさしくて心があるッ!ものにしてもらえないかな~、ん?」






4: 18/10/20(土)15:23:16 ID:iJV
ガラケー時代思い出すねえ

5: 18/10/20(土)15:23:38 ID:HfI()
ERN「よいしょ……よいしょ……」
SPW(か、看護婦ちゃんじゃねぇか!こんな遅くまで付きっきりの看護をッ!)
省略8
6: 18/10/20(土)15:24:31 ID:HfI()
ERN「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅がないでください!」
JOJO「ご、ごめんねERNちゃん……!」
省略14
7: 18/10/20(土)15:25:22 ID:HfI()
DIO「くっ、ふぅ……! す、すっごい濃いのが出たぁーッ!」
SPW「ほんとうです……で、でもなんで……?」
省略10
8: 18/10/20(土)15:25:51 ID:HfI()
その後、DIOは一晩中SPWちゃんのおててに空裂眼刺驚を続けて次の日の朝は起き上がれないほど疲弊していた。でもまぁ、その日以来、空裂眼刺驚をするときSPWちゃんが耳元で「命だけは」とつぶやいてくれるようになったので勝ったッ! 第1部完!

[*]前 次[#] ▲[6]上 [8]最新レス
名前: メール:
コメント:


おーぷん2ちゃんねる