- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

馬鹿「ドイツはソ連に物量で負けただけ!作戦も兵器の質もドイツのが勝ってた!」

x  
1 :名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)10:29:51 ID:Atk
物量で負けてる上に作戦も兵器の質も負けてるんだよなぁ……
297:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:51:53 ID:W9f
>>296>>295
298:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:52:20 ID:3Vh
>>294モズレー「やったぜ」
299:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:53:55 ID:W9f
しかしイギリスは建前上はa scrap of paperのためにww1に参戦したというのに
300:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:53:56 ID:Atk
>>293そらイギリスの安全保障考えたらそれなら十分やからなそこで英仏に対してヘイト溜まったらドイツくん今度こそ赤くなるリスクも大いにあんねんぞ>>297随分最初の主張からトーンダウンしとるやん
301:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:55:16 ID:W9f
>>300そもそも最初からラインラント進駐当時のクソザコドイツに対して話が大げさすぎるんだよね
302:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:56:12 ID:W9f
イギリスは低地諸国を抑えられない限りどうでもいいや感がひどい
303:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:57:28 ID:W9f
結局チェンバレンおじさんはドイツが脅威じゃないから見過ごしてただけで脅威になった時にはもう遅かったとしか言いようがない
304:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:57:47 ID:3Vh
ぶっちゃけ開戦してすぐは反戦運動起きると思うけど1月もしたら終息するやろ 何せ連戦連勝で前大戦では踏めなかったドイツ本土に侵攻出来るんやし士気上がりまくりよ
305:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:57:58 ID:D0p
チャーチルは後の伝記でラインラント進駐時に行動すべきだったと言ってるけど当時チャーチル本人が首相でも本当に出来たかどうか解らんよな
306:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:59:13 ID:W9f
>>304ライヒスタークに三色旗立ててるフランス軍とか超みたい
307:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:59:16 ID:Khu
イギリスの国益を守るならそれこそ講和や
308:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)12:59:48 ID:Atk
>>301クソザコドイツくんは人口と経済力考えたらどう考えてもフランス超えるから温情采配で対ソの防波堤にしようというのが連合の基本方針やろ軍事制裁でただでさえ過激化してる当時のドイツまで赤化しようもんなら今度こそ終わりやぞ
309:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:01:35 ID:W9f
>>308連合じゃなくてイギリスの方針でしょというかそんな事言いだしたらロカルノ条約守らせることのほうが対ソ封じ込めには重要なんだが
310:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:02:19 ID:D0p
>>308確かにラインラント進駐失敗でヒトラー神話終わってたら今度こそドイツは共産主義やったろうなおもろいからそれもええけどw
311:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:04:16 ID:Atk
>>309独ソポーランドバルト三国と最悪フランスまで赤化しかねない選択が対ソ封じ込めに役立つとかガチなのですか?
312:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:05:12 ID:l3E
アンチ乙 ソ連なんて腐った納屋は扉をひと蹴りするだけで倒壊するから
313:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:05:23 ID:W9f
>>311むしろどうやったらそこからそんなに赤化するのか
314:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:06:29 ID:Atk
>>310ワイもそんなゲームとか小説あったら面白いと思うけど現実でそれはきついものがあるそこまで行ってたらユーラシア大陸はほぼ全土赤化してそう
315:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:08:31 ID:Atk
>>313当時のドイツとフランスは依然として共産主義勢力の根強い地域だからこそその対策で社会主義勢力を優遇した側面があんねん特にドイツはそこで社会主義勢力が倒れたら今度こそドイツは赤化しかねなかったんやで
316:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:09:16 ID:06y
ソ連(ロシア)はヨーロッパからモスクワまでの路が鬼畜やねん道は整備されておらず沼だらけ冬は適当に待ち伏せして何人か狙撃して撤退を繰り返す内に兵站が途絶え士気が低下した所に冷気という最強兵器喰らって自滅する
317:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:09:45 ID:W9f
>>315ラインラント進駐ミスったら国防軍がクーデター起こして軍事政権になるだけでしょ軍部が赤化でもしない限りドイツ赤化は無理ゲー
318:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:10:37 ID:D0p
>>314ラインラント失敗ででファシズムが終わってれば代わりに共産主義が欧州を席巻してたと思うでナチさえいなければチェコスロバキアもルーマニアもオーストリアの運命も変わってくるしまあ妄想の域を出んけどファシズムの代わりに共産主義の席巻というのは十分有りえたはなしやったと思う
319:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:11:05 ID:06y
>>317東ドイツは赤化したやん
320:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:11:19 ID:W9f
>>319分かってて言ってるだろw
321:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:11:44 ID:D0p
>>319あれは戦後の話やドイツ敗戦でそうなっただけで
322:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:12:21 ID:06y
まあでも歴史って結果なんで
323:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:14:17 ID:tZn
日本軍って実際のところクソザコやったんやろ?
324:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:14:44 ID:Mom
>>323クソザコというより雑魚専
325:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:16:45 ID:Atk
>>317軍事政権する大義名分なんやねん国民の支持がついて来ねぇわどこを支持母体にして内戦耐えきって体制維持するんやそれ>>318まぁ間違いなくドイツ以東は赤化しとったやろな史実通りバルカン半島諸国はもちろん中東も真っ赤に染まるやろ
326:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:17:03 ID:ae0
>>312なおこちら側に倒れる模様
327:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:18:07 ID:A3t
ワイドイツ兵、モスクワを占領する
328:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:18:42 ID:W9f
>>325ドイツ革命後と同じように軍部が鎮圧するから内戦と言える規模にならないでしょ
329:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:18:49 ID:06y
>>324イギリスと組んでた癖して阿片駆逐して勝手に満州建国やろどんだけ空気読めなかったんや当時の日本軍部は
330:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:19:47 ID:D0p
>>325ドイツの資産家は軍事クーデター政権支持派になるんちゃう?まあ問題は民衆の支持をどこまで取れるかやと思うが
331:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:19:48 ID:Atk
>>323国力ならだいたいイタリア軍事力なら中国と同じくらいと思えばいいと思うで対英宣戦布告しなかったら中国はなんとかなった可能性もあるけど
332:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:19:50 ID:Khu
>>323工業化がまだまだ足りひん
333:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:20:00 ID:ae0
>>329寧ろ自分らがアヘン売り始めたんやで・・(小声
334:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:20:20 ID:W9f
>>333アヘンアーミーを関東軍って呼ぶのやめーや
335:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:20:53 ID:Khu
大東亜以前で列強五位の経済力や
336:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:22:06 ID:06y
>>333シャブでシノいでた他マル暴のシマ荒らしたって感じか余計アカンやん
337:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:22:51 ID:Atk
>>330これよな資本家はともかく国民からの支持がどうしようもない国民は社会主義でダメなら共産に舵きるしかなくなるし>>328如何に鎮圧しようとしても止まらない時は徹底的に止まらんぞ民衆の大半に支持されなきゃ抵抗はひたすら続く国民の大半殺していいしそれが出来るならその理屈も通るけどな
338:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:23:44 ID:ae0
経済力はともかく工業と国民のレベルは2流やったな
339:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:24:04 ID:W9f
>>336国際世論でイギリスが撤退した空白地帯につけ込んだ感じ
340:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:24:28 ID:Khu
>>338たかだか70年の成果にしては上々よ
341:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:24:58 ID:Atk
>>338まだ12歳だったからねしかたないね(マ並感)
342:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:25:52 ID:A3t
【速報】帝国陸軍遣欧軍団、ベルリンを占領す
343:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:26:14 ID:06y
>>339ほんま自分からサンドバッグになりに行ったんやなただでさえ肌黄色いのに
344:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:26:18 ID:W9f
>>337あいにく当時のドイツには革命指導者がいないいかにそれまで共産党が強くてもナチス政権下で壊滅してるし
345:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:26:30 ID:Khu
>>342おっ日独冷戦か?
346:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:27:19 ID:ae0
>>341国民「やマ糞」
347:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:28:11 ID:W9f
>>343というか当時の中国の排外主義が日本に集中したのって阿片が原因だし
348:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:28:42 ID:Atk
>>344スターリン「ドイツがワイらにやった時見たく送り込めばええんやで」
349:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:28:49 ID:aFe
多方面に軍団分けたのが原因だろ他所とも交戦中だからそっちも引き上げるわけにいかずもうこれ以上そっちに送れる軍団もなくソ連方向侵攻軍が押し切れず物量で負けたというだけの話やん
350:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:29:23 ID:06y
>>347元はイギリスなのにイギリスには何も言わんところは連中の方が賢いわ
351:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:29:27 ID:W9f
>>348あいにくソ連に亡命したドイツ共産党ってたいてい粛清されてるんだよなぁ…
352:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:29:28 ID:2ZN
なんでもそうだけど、一概には言えんよねt-34は技術的にドイツの4号戦車より上かというと基本的な機械技術は4号戦車の方が上だけど先進性はt-34の方があったこの場合どっちの方が技術的に上と言える?
353:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:32:05 ID:W9f
>>349なおソ連は終戦時にレニングラード戦線第一ベラルーシ戦線第二ベラルーシ戦線第三ベラルーシ戦線第一ウクライナ戦線第二ウクライナ戦線第三ウクライナ戦線第四ウクライナ戦線の8つの戦線に司令官を貼り付けていた模様
354:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:33:39 ID:aFe
>>353国策で引っ込みつかなかったとはいえそこに強権発動してとめなかったのは失策よな
355:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:33:45 ID:Mom
>>352独ソ戦っていうフィールドに適応した方
356:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:34:42 ID:dHk
良く思うのは独ソで共同開発してた割には避弾経始の概念を持ち帰ってないのよね面倒だから?
357:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:35:22 ID:ae0
>>349バルバロッサの最終目標はモスクワ占領やったもんな総統がウクライナ早く欲しいっていうから・・
358:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:36:25 ID:W9f
>>357短期決戦なのか長期自給(持久)体制の構築なのか決めきれずに両方共やろうとしたんじゃねというかそれ言い出したら大日本帝国も何だが
359:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:39:33 ID:Atk
>>356ドイツの技術でそれを実現出来なかった
360:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:41:52 ID:D0p
ソ連を倒すなら継戦能力を奪うのが一番つまりアゼルバイジャンを落とせば良かったんちゃうの?陸軍で占領できんなら爆撃で油田吹き飛ばせばええのに
361:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:44:49 ID:W9f
>>360その場合ってドイツってどこから石油取ればいいんだっけ
362:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:45:55 ID:D0p
>>361同盟国のルーマニアから石油は調達しとったんやなかったかあとはベネズエラとかだっけか
363:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:48:02 ID:aFe
>>358日本もドイツも切羽詰まってたと言えばそれまでだったけどなドイツ・イタリアは世界恐慌で植民地持ってなかったから他国の貿易ブロック政策で二重に首締まってたし日本は植民地の魔の手がすぐそこまで来てたからどっちも他国を支配して美味しいところ取ろうとしなかったからこそ戦争せざるを得なかったんだよな他国を奴隷として使ってた国が結局勝ったけど
364:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:48:06 ID:W9f
>>362じゃあ単純にドイツ空軍の能力を超えてたのでは結局戦術空軍で戦略空軍じゃないし
365:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:50:49 ID:dHk
>>359具体的には?溶接でもダメだった?
366:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:51:39 ID:W9f
>>360というか今更だけどそれってブラウ作戦ちゃうの
367:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:52:15 ID:D0p
>>364そうかルフトバッフェも爆撃機は無かったかV2やシュヴァルベはあったのにな
368:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:53:40 ID:D0p
>>366あれって補給ルート分断が目的やなかったけ油田の確保、破壊まではやる気なかったんちゃうか
369:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:56:23 ID:ae0
>>367急降下爆撃信仰もあったからな四発機より双発機いっぱいあったほうがええやろって考えてた
370:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)13:58:29 ID:D0p
>>369ほえ~それはゲーリングがそういう考えやったん?
371:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:00:39 ID:3Vh
>>370単純に多発機は金がかかる
372:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:03:20 ID:ae0
>>370ゲーリングだけやないで急降下爆撃信仰はスペイン内戦とか電撃戦初頭にスツーカ大暴れしたからやな後継機はできんかったけど
373:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:05:35 ID:3Vh
航空機の黎明期は謎の理論が沢山でたからな双発万能論やら戦略爆撃万能論やら戦闘機不要論やら
374:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:09:25 ID:dHk
スツーカ信仰はウーデッドおじさんの方が酷い印象というか急降下爆撃を持ち込んだ張本人か
375:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:10:29 ID:ae0
>>373第一次大戦後はイタリアが先端行ってたんだよな「これからは戦略爆撃だけで戦争終わるから陸軍も海軍もいらんやん!」とかなおそうはならなかった模様
376:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:34:08 ID:anQ
ソ連の過大評価あるわー
377:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:36:21 ID:anQ
ノモンハン事件で日本軍からくっそ被害与えられたのはホンマ情けない日本軍が惨敗したと言われてたのが実は~ってやつ
378:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:37:26 ID:txI
日米もそうだな実際は質でもアメリカが上だったというB29なんて日本じゃ作れんしな
379:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:38:38 ID:dHk
言うほど日本が質で勝ってたなんて聞くか?
380:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:38:50 ID:anQ
>>378そんな当然のことを改めて言われると恥ずかしいわ
381:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:39:24 ID:txI
当時の日本の海戦は偵察機による索敵がメインだったんだが、アメリカはレーダーと無線通信を組み合わせて戦闘指揮システムを既に確立していてたレーダーから読み取った情報を無線で航空機部隊に伝えてより効率的な戦闘を実現したわけだ
382:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:40:38 ID:UZb
>>3781機や2機なら出来てもあんなエンジンを使い捨てにする運用出来んで
383:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:41:31 ID:txI
>>382工作機械は輸入頼りだった国の工業力じゃそんなもんだな
384:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:43:18 ID:anQ
アメリカすごいんだぞはわかったから
385:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)14:43:47 ID:wwj
>>378いいエンジン作れんな… せや!使い捨てにしたろ!頭おかC
386:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)15:16:58 ID:txI
人口的にはソ連は大して多かったわけじゃないのにあの動員数は闇が深い
387:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)15:22:48 ID:JVU
>>21レンドリースなしなら負け負け初めて勝った冬のモスクワも、前線の中重戦車の25%がレンドリースやで独ソ開戦後直ちに援助物資をムルマンスクに送り続けたイギリスが地味に貢献してるからな
388:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)15:37:14 ID:jDV
>>365治金技術が足りなかったロシアは昔から寒かったのもあって金属加工の技術が世界トップクラスに高いんやだからあの時代にあれが実現出来た
389:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)15:57:06 ID:dHk
>>388んだからね?ソ連は鋳造技術が凄くてそれを可能にしたわけやん?でも装甲に傾斜つけるのは別に鋳造でなくてもリベット止めでも溶接でもいいやん?特にドイツは溶接技術は世界一なわけだしそれでドイツはソ連で戦車開発してる時に避弾経始を持った戦車を開発してるんや(ソース忘れた)なら何故量産された戦車はその概念が取り入れられてないのかと工場のライン的なものなんかなそれとも減速機の配置上不利だからかな
390:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)14:25:12 ID:gtf
.敗北はヒトラーの存在そのものだね。優れた兵器を、優れた兵器と認識できなかった。大陸間弾道弾も、もっと早く有用性に気づいていれば英国をボロボロにできただろう。人徳があれば、世界初の原爆を完成させたハイゼンベルグ博士も、ナチスに原爆を引き渡していただろう。
391:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)14:25:36 ID:gtf
.
392:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)14:25:54 ID:HJw
すごいなこのレスまだ続いてたんか
393:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)14:27:26 ID:gtf
.負けたのは、ヒトラーの存在そのものが原因。優れた兵器を、優れた兵器と認識できなかった。大陸間弾道弾だって、その有用性にもっと早く気づいていれば、英国やソ連をボロボロにできただろう。
394:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)14:28:25 ID:gtf
.ヒトラーには人徳も無かった。だから、世界で初めて原爆を完成させたハイゼンベルグ博士は原爆を隠してしまった。
395:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)14:29:13 ID:HJw
>>393負けたのは国力の差もあるがやはり連携面で孤立したことやろ相方がイタリア(笑)、スペイン(笑)、地球の裏側の日本じゃどうしようもないソ連、アメリカ、イギリス、フランスに寄ってたかってボコじゃそら死ぬしかないよ
396:名無しさん@おーぷん:18/06/04(月)17:54:36 ID:jcp
>>21「乗り切った」って書いてる時点でロシア雑魚って言ってるようなもんじゃん
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

馬鹿「ドイツはソ連に物量で負けただけ!作戦も兵器の質もドイツのが勝ってた!」