- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

おんJ死後について考える部

x  
1 :名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)22:56:08 ID:dgt
死後の世界で知能持ってるって普通におかしいやろ視覚聴覚嗅覚に準じるものもおかしい
52:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:09:17 ID:re5
>>43葉っぱのフレディ読め
53:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:09:32 ID:30n
死後の世界のことなら怨J民に聞いたらええやんおんJ民の7割は死人やぞ
54:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:09:48 ID:tll
>>48でも死ぬのが怖いそう思わんか
55:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:09:48 ID:U7p
>>51レム睡眠ってのがあんだよ、畜生が
56:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:09:50 ID:hm7
>>46夢やなくて真っ暗で何も感じない、記憶にも残らない、あの空白の時間や
57:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:09:55 ID:dgt
輪廻転生はあると思う?
58:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:10:12 ID:JKh
>>52メンドイ要約してや
59:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:10:16 ID:Phf
死は始まりに過ぎんのやぞ
60:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:10:33 ID:wDQ
>>57仮にもししてたとして今現在輪廻転生した記憶あるか?ないやろそれはないのと同じやぞ
61:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:10:55 ID:U7p
まぁ、科学的には無、無、無には違いないんだけど科学が正しいとも限らないし
62:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:10:59 ID:v6S
>>57あったとしても記憶の連続性がなければないのと一緒じゃね?
63:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:11:20 ID:JKh
死ぬのが怖すぎる誰か同じ奴いないの?
64:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:11:26 ID:f1q
意識は電気信号の集まりや電気信号の連鎖を連続性としてとらえていいなら、たとえ1ビットでもコンピューターに保存されるのもロマンかもな
65:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:12:13 ID:dgt
>>60無いとしても自分の意識が生きてるのは安心するやろでもいつかは宇宙が終わって生命そのものが無くなるわけだし輪廻転生は時間を遡ったものじゃないと成立しないんだよな
66:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:12:38 ID:re5
>>63子供の頃は夜に考えると過呼吸気味になってた
67:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:12:58 ID:MLj
死後の世界は無いけど即死とかでもなけりゃ脳内麻薬ドバドバの状態でフワフワとした状態で死ねるしそのときになればどうでもよくなるやろ
68:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:13:07 ID:JKh
>>66今もなんや 死にたくないンゴ
69:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:13:09 ID:U7p
人間はままごとに使う人形かもしれない今はからからと動いているけど、ままごとが終わればおもちゃ箱に放り込まれるだけそれ以降二度とおもちゃ箱があかないこともありうる
70:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:13:11 ID:wDQ
>>63変に死を意識するとたまにゾワっとくるわ
71:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:13:27 ID:Hag
現在の科学でまだ解明されていないだけと思う
72:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:13:57 ID:re5
>>64攻殻の世界やな
73:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:14:04 ID:b5u
>>57ワイはあると思うで
74:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:14:09 ID:dgt
>>71たし蟹解明されてないものに宗教は縋るわけだし
75:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:14:13 ID:wDQ
>>71まあ正直解明もクソもなさそうだけどなそれこそ魂でも無い限り
76:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:14:22 ID:JKh
まあ死ぬのが怖いというよりは、死んで自分という存在とか自分の意識が無くなるのが怖いんや
77:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:15:14 ID:U7p
>>67しぶとい奴が老衰するときは体の一部が脳より先に死んでなあ意識はあるけども、体から死臭がするってんで、その状態はそれはそれは苦しいもんやと聞くで
78:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:15:18 ID:dgt
案外知ってしまったら天気が神の怒りだと思ってたことみたいにアホらしくなりそうやな
79:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:15:35 ID:JKh
>>77ヒェッ
80:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:15:50 ID:Phf
輪廻転生してこの世界に再び生まれるとは限らないやろ並行世界に飛ばされるかもしれんし全ての世界の魂の総量は決まっててランダムに割り振られているのかもしれん
81:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:15:55 ID:wDQ
自我がはっきりしてるからこそ怖いんやろな自分が3歳くらいの時に死なんか意識するわけないし
82:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:16:04 ID:0TW
少なくとも肉体と脳は消滅するわけで死後の意識が残るとしたらどこに何があるんやろな
83:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:16:05 ID:erU
体と意識は別物ですここでは意識を魂と言いましょう魂とはメモリーのようなものですそれは電波の一種であり、電波で配信されますそうです、あなたの身体に魂が絶えず配信されているのです身体という容れ物が産まれてから死ぬまで配信されますどこから配信されている?それは月です人間が基本夜に眠くなり寝るのは、月からの配信を受け易くするためです月の中には配信元となるデータバンクがありますまれに不具合や配信ミスを起こし、あらぬ場所に配信されたりメモリーを回収しそびれたりしますが、人間はそれによる事象を霊、超常現象、生まれ変わりなどと呼んでいます
84:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:16:14 ID:0JZ
認知症とか脳腫瘍で自分が自分でなくなるのを思うと魂ってほんまにあるんかいなと思うんや死ぬ瞬間に体感時間が無限大に引き伸ばされてずっと死ぬ直前の状態を感じ続けてるってことはないか?
85:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:16:22 ID:hm7
>>77老衰が一番楽に死ねるとはなんやったんや
86:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:16:38 ID:JKh
>>81特に自分を何よりも愛してる奴はな
87:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:17:07 ID:io5
ワイええこと思いついたんやけど1回死んで死後の世界確かめて戻ってくればええやんほな行ってくるで
88:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:17:15 ID:f1q
「利己的な遺伝子」っての読んだんやけど、遺伝子は何世代かしたらそのうち無視できるほど薄くなるでも文化みたいに社会に与えた影響は、たとえばシェイクスピアみたいに記憶され続けて、人々の認識の中で生きられるってのが印象的やったわ
89:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:18:13 ID:JKh
ワイは病院のガラス割ろうとするだけで手が震えて過呼吸になるぐらいのチキンやからな自殺なんて絶対出来ないわ
90:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:18:23 ID:Hag
宇宙は人間ごとき存在には容易に分からんような仕組みになってる可能性も十分あると思うで
91:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:18:42 ID:wDQ
視力が低下したり確実に少づつ劣化していく自分を感じるとあーいつか死ぬんだなーってのがなんとなくわかるわ
92:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:18:52 ID:U7p
>>87率先的直江兼続かな
93:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:20:00 ID:f1q
不老不死とは言わんが、せいぜい長生きしたいなあ
94:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:20:12 ID:JKh
自殺しようとした奴いるか?
95:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:20:41 ID:JKh
>>93不老不死はそのうち精神崩壊しそう
96:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:21:05 ID:0TW
>>93長生きするには若い頃の食生活や睡眠が大事やで若いからって野菜や肉をろくに食わずに夜更かしばかりしてるとお察しよ
97:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:21:52 ID:U7p
夜型が無理に昼型にしようとすると早死にするっていうでな
98:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:21:58 ID:wDQ
>>96よっしゃすぐ死ねるわ
99:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:22:11 ID:v6S
将来的には記憶を植え替えて生き続けるなんてことも可能になるかもな
100:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:23:19 ID:U7p
>>99データ移行の時主観的にほんまに記憶が繋がってるかが問題やんな
101:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:23:21 ID:f1q
>>96人生で成し遂げたいってことはないんやけどな、ワイは長生きして少しでも未来を見てみたいってのが生きる目的なんや
102:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:23:37 ID:U7p
データの複製じゃ意味がない
103:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:23:41 ID:oYp
自我なんて所詮脳の電気信号やろ
104:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:23:48 ID:re5
何が起こるかわからないからワクワクする奴おる?
105:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:23:50 ID:erU
月から配信されている根拠は月を調べない限り断定できませんが、人間が何の前触れもなく突然言語を使いだしたことなどはまさにアップデートが起こったと考えられますまた死と言われる時、はざまに見るものはそれこそが魂のデータバンクへの帰り道です魂が天に登る、天国へ行く、成仏するとは、そうですよ上を見上げてごらんならさい月に帰ることなんです
106:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:24:13 ID:wDQ
どれだけ格差があろうが長生きしようが早死にしようが結局等しく死ぬこれこそ究極の平等やろ
107:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:24:40 ID:kRW
死後の世界はあるそれは少なくとも今いる世界よりはいい所であるなぜなら死んだ人は誰一人ここへ戻ってこないからもし死後の世界が悪いところならそんな所にいつまでも留まりたくないはず
108:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:25:14 ID:0TW
>>99時々考えるんやけど、赤の他人を子供の頃から自分と全く同じ価値観を植え付けて育てて、自分と全く同じ価値観に基づいて考え行動する人間を作れたらそれはもはや自分と同じ人間やと思わんか?
109:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:25:35 ID:wDQ
死後の世界とか宗教の数だけあるから何万通りもありそう
110:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:25:57 ID:f1q
>>100ワイは意識が脳からコンピューターに移るってのよりも、脳とコンピューターに分裂する(増える)んちゃうかと思ってる
111:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:25:58 ID:v6S
>>108全く同じってのが不可能やろ
112:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:26:51 ID:erU
そもそも月についてはおかしいと思いますよねなぜ女性が月経と言い、月に支配された生のための活動を身体に組み込まれているのかそうなんです月は魂があるだけでなく、人間の容れ物すら管理しているのです
113:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:28:57 ID:f1q
>>108遺伝的要素も影響するから微妙やな例を挙げると「自分」は「赤の他人」の視界も共有でけへんし、そいつはただの優秀な影武者や
114:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:29:37 ID:erU
月に支配された↓月の動きの周期に支配されたのほうがよいですね
115:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:29:40 ID:oDP
死んだあとのことなんて考えても仕方ないやろ無に変えるだけで
116:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:30:27 ID:baJ
解明されたとて終わるってことが証明されるだけなら一緒よな
117:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:31:19 ID:Hag
ワイには無から人間みたいなもんが生じることの方が不思議でたまらん
118:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:31:34 ID:0TW
>>113まあせやね同じリンゴを観測しても一人一人異なる認識をするのが人間やせやから人は心を通い会わせることができんわけやがそれでも記憶を移すよりはまだ簡単そうやと思うんやけどやっぱ無理かなあ
119:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:31:43 ID:f1q
現代の科学では、自分の主観は無に帰るだけやろなやからいかに自分が死んだあと社会とか地球に影響を残してやるか考えるのが前向きかもな
120:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:32:07 ID:Nej
「死後なんてないぞ」
121:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:32:26 ID:erU
月の謎でググれば、魂が人間に配信されている説の可能性の高さに気づかされることでしょう
122:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:35:12 ID:IBZ
死後の世界にいけばマッマとパッパに会えると思えば死ぬのも怖くないンゴねぇ
123:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:35:18 ID:joO
死後のことを調べたら最終的にはアートマン=ブラフマンの考えに行き着くと思うんよね。「現実」ってのはわいらの意識の中に存在していて、それをわいらは見てるだけ
124:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:36:22 ID:Emh
ブッタ「所詮全て現象でありアートマンも存在しない」
125:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:37:13 ID:Nej
「自意識の消失を想像できない愚昧な人間が考え出した都合のいい妄想だぞ」
126:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:38:58 ID:dgt
!aku121★アク禁:>>121
127:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:39:13 ID:0TW
>>123認識できん物は当人にとって無いも同然やからなカエルにとっては動く物だけが世界の全てやヒトとカエルが世界を共有しとらんようにヒトの各個体もまた互いの世界を理解しとらん
128:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:40:20 ID:joO
>>124ラマナマハリシも同じこと言っとるよな、彼の場合は「沈黙」という回答の仕方を取ったけど。言葉や概念にしてしまった時点でそれは確信的な答えからは遠のく、何故なら存在を存在たらしめているものは「それ」としか表現できないから
129:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:40:21 ID:re5
>>122親をどうやって認識すんねん
130:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:43:41 ID:f1q
>>118遺伝子とか存在する場所とかの現実的な話は置いといて、2人の脳に入ってるものは、第3者には見分けられんなしかしいくら同じ思い出、同じアイデンティティ、同じ価値基準を持っていて、全く同じ行動をしているとはいえ、主観が共有できないってのはワイは他人と言いたいなあ
131:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:46:15 ID:4qx
今の生きてる世界が地獄で記憶を無くして送り込まれた説こんな殺し合いの蔓延る世界なんて地獄やろ
132:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:47:07 ID:re5
地獄も天国も無くてあるのは現実のみやぞ
133:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:47:36 ID:joO
その現実も自己意識が存在しない限り存在しないぞ。
134:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:49:35 ID:0TW
>>130ワイは一個体に名前を与えるのは本人ではなく他人やと思っとるから、そこんとこの違いかな?ヒトは他人との関係の中で役割を与えられることで初めて「ヒト」から「役割を果たす自分という存在」に昇華できると思うんやせやから主観の有無は大した問題ではなく、自分でどう思おうと他人に認識されない限り「ヒト」のままやと
135:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:49:43 ID:re5
>>133こういう考え方好き自分が観測できない世界はないのと同じみたいな
136:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:49:59 ID:wDQ
なんかガチの宗教狂いが居て草アク禁されてるけど
137:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:50:12 ID:Msx
今ここで起きてること全部幻やぞほんまは全部一切虚無でしかないんやが無が無を認識することができないから有のような物を作り出して無理くりありもしない世界を認識しようとしてるのが心なんやって考えの奴他にもおらんやろか
138:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:52:33 ID:joO
>>135現実に対する認識の仕方ってのは人の意識の視野が広がることによって変わるんやで。道教やインドの秘教を学べば分かるやで
139:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:53:00 ID:re5
>>138面倒
140:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:55:46 ID:joO
>>137その無ってのを真っ暗で冷たくて…みたいに思う人がほとんどやけど、無ってのは「愛」そのものなんよ。無条件に出来事を受け入れて愛せる人ってのは無を体験しているに等しい
141:名無しさん@おーぷん:18/05/31(木)23:58:24 ID:0TW
>>138人は自分の知識と経験の外の世界を認識できんし、それどころか自分が知っている世界に無理矢理当てはめて理解しようとしてまうからなただの影を見て人の顔やミッキーマウスや幽霊だと認識してしまうように
142:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:00:14 ID:ALO
>>134ワイがニキと会ったとして、次の日にワイと全く同じ価値観だか記憶を持つワイ'に会ったとするニキはたぶんワイ'=ワイやと思って疑わんここでワイ'に、前日にニキと会った記憶を何とかして植え付けなあかんけど、全く同時に、全く同じ場所でニキに会うことはでけへん、逆も一緒つまり、ある意味第三者に認識された瞬間ワイとワイ'は別人になってしまうと思う
143:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:00:15 ID:Pcx
平家蟹「ヒトカスの顔の方がワイらの体に似とるんやろ何勝手にびびっとんねん」
144:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:02:16 ID:XB0
>>142はえ〜すっごい深い…
145:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:03:30 ID:rNB
ワア、自分が死ぬ事より人類とか地球とか宇宙が滅びることの方が怖い誰かおらんか?おんなじ考えのやつ
146:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:03:37 ID:DPJ
死後、天国でも地獄でもそういうのが無くてもどこでもいいけど、なんとなく無条件に会話が成立すると思わない?鬼や閻魔とか、あるいは外人の亡霊にもなんとなく日本語で話し通じそうな気がしない?
147:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:04:42 ID:iMd
>>142んー、ワイは記憶もそんなに重要やないと思うんよ重要なのは相手が望む反応を返せるかどうかやから例えばニキがワイに「面白いカッスレを立てるおんj民」という役割を与えてワイがその役割を演じられるのなら、多少記憶に欠陥があってもそれは問題やないんやあくまでも役割を果たすことで他人に「ワイ」という存在を与えてもらうことだけが目的であり重要なのやから
148:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:07:09 ID:Rxw
>>141まぁそれが人の知能の限界ってわけではないけどな。意識の視野を広げる方法は世界中にあるし
149:名無しさん@おーぷん:18/06/01(金)00:12:17 ID:ALO
>>142すまん、これちょっと違うな第三者ニキがワイとワイ'に気づかれずに観測できたら、ワイとワイ'の記憶は同じままやなわからんなってきた>>147たしかにどの第三者から見ても「ワイ」やと思われとる奴は「ワイ」たりえそうやなしかしこの「ワイ」が自分から離れたところで独り歩きしてると考えると、なかなかグロテスクに思えるな
150:名無しさん@おーぷん:18/06/02(土)23:52:14 ID:6rO
普通に楽しく参加して、一個の説を都市伝説紹介風に書くだけでアク禁されてずっと悲しい。。説言い終わって、あらためて皆と語りたかったのに
151:名無しさん@おーぷん:18/06/03(日)00:02:06 ID:bvk
解除して欲しいけど自分が立てなしゃあないんかなあ
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

おんJ死後について考える部