- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

世にも奇妙っぽいタイトルを書いたら、誰かがそれっぽいあらすじをつけてくれるスレ

1名無しさん@おーぷん:2018/04/17(火)21:21:44 ID:W2M()
隙間産業
2名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:23:25 ID:bge
絵に描いた餅
3名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:25:14 ID:gDh
壁男
4名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:26:26 ID:1Kt
いきすぎた男
5名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:27:04 ID:sCt
誰もあらすじ書いてなくて草
6名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:28:50 ID:MwM
隙間を売る会社「隙間産業」

人を怖がらせるのが趣味のA子は、道を歩いていると隙間産業の営業マンに声をかけられる

試しに友達の家の扉に隙間を作ってもらい、幽霊のように覗いてみると、面白いように怖がってもらえる

楽しくなったA子は、知り合いという知り合いに隙間ドッキリを仕掛けていく

いつの間にか、A子の周りに人はいなくなっていった

隙間産業は、人との隙間まで作っていったのだった


作ったけどびみょ
7名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:28:53 ID:XL4
>>1
中堅大学を卒業し真面目に働いてきた川西だったがついにリストラの対象になった。
人事部の先輩の口利きで転職はすんなりできた。だが、会社についての説明はほとんどない。
同時に入った2人を含め歓迎会を受けたが全く前職が異なる。
なぜこんな多様な人を集めてるのか。
興味本位で上司に会社の全体像を聞くのだが…
8名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:34:00 ID:lS0
>>4
行き過ぎたと生きすぎたを掛ければ作れそう

夢の中の男が電車に乗ってる。顔見知りの皆んなが一斉にとある駅で降りていく。なんとなく自分だけ降りずにその駅を行き過ぎたら死なない身体になっちゃったみたいな
9名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:36:05 ID:tkr
枠の外
10名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:40:18 ID:W2M()
>>4
200歳を迎えた男の誕生日パーティーが開かれていた
人類として異常な節目に多くの報道陣が詰めかける
世界中がそのニュースに注目した
なにせ、男の半分も生きれば十分に長生きなのだから
そしてそのうち、男は研究対象になっていった
どうすれば男のような寿命を得られるのか?
どうすれば自分も永遠の命を選べるのか?
各国が目の色を変えて男を研究しだすと、どんどんそれは過激になり、ついには拷問と呼べる程の負荷が常に男にかけられるようになった
生きすぎた男は、行き過ぎた欲望の中で、生き過ぎたことを公開するのであった
11名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:41:26 ID:F4i
港の犬
12名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:42:01 ID:MwM
>>10
普通におもろいと思った
13名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:42:09 ID:MJr
ブラック
14名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)21:57:32 ID:W2M()
>>9
四角い枠で囲まれた国に、男は生まれた
国の端っこは枠で区切られ、枠から外にでることは固く禁じられていた
男は枠の外に興味を持ち、外に出てみたいと思った
禁じられていると止める人々や、男の目論見に気づいた警察との激しい戦い
男は銃弾を浴びながらも、死ぬぎりぎりの所で枠のふちにたどり着く
死ぬ前にせめて枠の外が見たい
最期の力を振り絞り、枠の外に踏み出すと看板が一つ
「二重枠」
15名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:04:33 ID:MwM
思った以上にむずいねん
16名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:07:03 ID:MJr
>>14
ベタやけどすこ
考えるの上手いわね
17名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:17:53 ID:W2M()
>>15
関西人の主人公は何をやらせてもそつなくこなすエリート人間
そんな彼には、誰にも言えないコンプレックスがあった
それは、スキップが出来ないこと
運動も非常に高いレベルで出来る彼だが、スキップだけはバランスが崩れ、思うように出来ないのだ
これじゃだめだ、みんなに笑われる
彼はコンプレックス解消のために練習を重ねるが、どうしてもうまくできない
ある日、友人に練習現場を見られてしまう
友人が見たのは、スキップをしようとしてバランスを崩し、そのまま前方伸身宙返り2回ひねりをして着地する主人公の姿だった
友人に気づいた主人公は、あきらめたように呟く
「思った以上にむずいねん」
18名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:22:16 ID:W2M()
他の人も作って欲しいで
19名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:23:49 ID:MwM
>>17
タイトルとして書いたんじゃないんですが(困惑)
でもすこ
20名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:24:17 ID:gbh
できるひと
21名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:24:42 ID:uB9
負ける
22名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:25:22 ID:xpF
>>10
イキスギィ!!
23名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:27:35 ID:baH
>>14
これは星新一っぽい
24名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:28:55 ID:QHA
>>11
ある港に一頭の野良犬がいた
この犬は客船や貨物船が遠くから近づいてくると吠えるということで有名だった
しかしある時、その港はその役目を終え、周辺は閑散としてしまう
しかしなおも海の近くに居座る犬 そしてある時、突然大きな声で何度も何度も吠え出す 船の泊まるはずのない港で

同時刻、航空自衛隊が日本に向かう某国の大艦隊を発見していた・・・
25名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:35:29 ID:s53
>>20
『できるひと』
その男は何でも出来た
どんな些細な事でも出来る事から家族や知人、近所、町内会と次々と男を頼る人が増えていった
それはやがて見ず知らずの他人ですら男を頼る様になり、ついには男を巡っていさかいが起きる様に迄なっていってしまう…
26名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:39:47 ID:W2M()
>>20
とある町に、「できるひと」という表札を掲げた家があった
近くに越してきた主人公は表札を見て、家の人間に興味を持つ
どんな自信家ならこんな表札たてれるんだ?
ところが、実際に会ってみると、家の主人はどちらかというとダメ人間
人当たりは悪くないが、いい年をして職を転々とするような人だった
主人公が街に越してきて数ヶ月、主人公の息子が探検と称して例の家の近くに行く
やい、駄目人間のくせに「できるひと」なんて表札たてるなよ
バカにしていると、表札に違和感を覚える
左側の断面がきれいなものでなく、まるで半分に砕いたかのような…
何かを蹴ったような感触
拾い上げてみると、表札と同じ材質で「包丁」と書いてある

主人が出てきた
27名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:41:37 ID:0oD
>>20
その男は仕事に趣味に精を出す。
ある朝彼女に起こされるとやけに優しい彼女。
不可解に思いながらも顔を洗いに行くとやけに体が重い。
鏡を見て絶叫を上げる男、鏡の中には異様にお腹が膨らんだ自身が写っていた。
「もう一人の体じゃないんだから」
微笑ましい彼女の声は男の耳には入らない。
28名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:43:40 ID:MwM
面白いのに、なんも思い付かん
かなC
29名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:44:34 ID:AkB
命に関係した鼠
30名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:44:37 ID:W2M()
笑う男
31名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:45:19 ID:baH
>>27

32名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:46:37 ID:q7H
>>13
ある朝、サラリーマンが駅のカフェスタンドで聞いた耳慣れぬ言葉、それはミルクのブラック。
知らぬ間にそのミルクのブラックは世の中を席巻していたが何故か主人公は間が悪く一向に実物を目にする事が出来ない。
その間にも人々の話題に上るミルクのブラック、遂には流行語にまでなる始末。
ミルクは白いのにブラック? 主人公の思考は日を追うごとにその疑問に支配され……
33名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:46:58 ID:tyA
多摩川のタマちゃん
34忍法帖【Lv=18,べホマスライム,VT9】 :2018/04/17(火)22:47:28 ID:OTR
>>32
ズンドコベロンチョみたいだな
35名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:47:32 ID:baH
>>26
最後まで読んでゾッとした
36名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:48:26 ID:W2M()
>>32
世にも奇妙な物語っぽい
37名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:48:42 ID:AkB
>>30
人生で1度も真顔を見られたことがない男がいた
その男は暗い奴で、周囲の人間からの評価は低い
それでも男は態度を変えない
皆はそんな男を奇妙に思いつつも常に真顔で見ていた
ある時男が真顔になった
皆とっても驚いた
38名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:48:55 ID:q7H
>>36
えっ、そういう趣旨ちゃうんか?
39名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:11 ID:s53
>>21
『負ける』
男は昔から運がなかった
幼い頃からじゃんけんに勝ったことはなく、勉強も遊びも恋愛も一度も勝ち誇る事が出来ずにいた
周りからはいじりの対象となるしかなく、社会人になってからも酒の肴として振り回され負け犬のレッテルを張られていた
ある日、いつもの様にいじられていた彼は選挙出馬という無理難題を押し付けられる
周囲は彼が惨敗した姿を肴に盛り上がりたいが為に話を押し通しただけだったのだが、何とここにきて当選という信じられない結果が生まれる
だが、生まれて初めて“勝ち”を掴んだ男の人生がここで大きく変わってしまうのだった
40名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:15 ID:X0t
不感症
41名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:19 ID:W2M()
>>38
せやで
いや、特におおーと思って
42名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:24 ID:OTR
>>38
褒めてるんやで(小声)
43名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:44 ID:tJE
袖ビーム
44名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:47 ID:keS
フューチャークロちゃん
45名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:49:57 ID:uB9
>>26
よくわからん
46名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:50:13 ID:PXX
やきう血祭り
47忍法帖【Lv=5,メタルキメラ,WYa】 :2018/04/17(火)22:50:13 ID:Qer
>>30
アルバイト先にいつもマスクをして、ニヤニヤしてる先輩
何を言われても、どんな酷い目にあってもいつもニヤニヤしている

ある日、そんなニヤニヤしている先輩の態度に腹が立った一人の客が、先輩のマスクを外す勢いで殴りかかったがそのかおは…
48名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:50:40 ID:tyA
喋る自販機
49名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:50:53 ID:OTR
>>45
「包丁」できるひと

包丁で斬る人
50名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:51:09 ID:mqd
半分黒い
51名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:51:44 ID:POb
おSiri
52名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:51:54 ID:771
>>44
嘘をつくことが快感になり次第に義務感に苛まれて現実と嘘が理解できなくなる人物が最後には…
53名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:52:13 ID:cDT
>>50
メインのドラマの合間に挟まれるショートストーリー
54名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:55:21 ID:yXd
>>40
主人公のアサギはある日、謎の組織に感度が3000倍になる媚薬を盛られてしまう。
彼女が所属する組織の医療班は、媚薬を中和する為に感度を下げる薬を開発し、彼女に投与した。
その結果、彼女は薬の副作用で感度がゼロになってしまい、ありとあらゆる刺激から遮断されてしまう。
人の温もりすら感じなくなった彼女は、これまでと変わらず組織のために尽くすことが出来るのか。
全米が驚愕した衝撃のラストに、あなたは絶頂せずにはいられない。
55名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:55:47 ID:AkB
>>48
「お疲れ様!あたたかいお飲み物はいかがですか?」

深夜の道路、街灯の下にぽつりと佇む自動販売機は、私の数少ない話し相手。
40歳で独り身の私には、恋人はおろか友人すら居らず、来る日々を虚しく過ごしている。
そして、そんな私の唯一の癒しがこの自動販売機の音声「ひとみちゃん」なのだ

「ああ、頂こう」

小銭を入れ、いつも買うコーヒーのボタンを押す
ガタッと音が鳴り、取り出し口にコーヒー缶が現れた。
私は違和感を覚えつつも、おもむろにそれを取り出した―――
56名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:57:30 ID:lS0
イモータル胃もたれ
57名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:57:41 ID:cDT
>>55
なんでコーヒー買って、そのコーヒーが取り出し口に出てきて違和感を覚えるんや?
58名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:57:45 ID:yXd
>>51
「へいsiri」
男がスマホに話しかけると返事をしたのは何と自身のお尻だった。
その日から、男のおSiriの奇妙な同居生活が始まった。
59名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:57:58 ID:PWI
あっちむいて
60名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:58:03 ID:q7H
>>33
お見合いで結婚が決まった主人公は久方ぶりに帰省した実家の近くの川へと足を運ぶ。
夏の日差しに煌く川面を眺める内に主人公の脳裡を過るのは幼い日々を共に過ごした少女の姿。
良く出会った川に因んで主人公は彼女の事を多摩川のタマちゃんと呼んでいた。
物語は過去と現代を行き来する。夏の暑い日差しに眩む視界は主人公の奥に眠っていた遠い過去を呼び起こす……
何時の間にか消えてしまったあの娘、その日も暑い夏だった……
眩く輝く日差しを受けて鮮明に思い起こされる過去は、記憶の中にしか残らぬあの娘の真実を主人公へと告げる……
そして切ない初恋は数年の時を越えて今、終わりを迎えた。
61名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:58:09 ID:cDT
>>58
音声は男性の方?
62名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:58:24 ID:ZNv
忘れる男
63名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:59:10 ID:yua
人生投資屋
64名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)22:59:49 ID:tJE
ようあらすじ作れるな
世にも奇妙な物語好きやが作れる気がせんわ
65名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:00:57 ID:gbh
殺人VR
66名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:01:10 ID:Iym
>>62
夢で見た出来事が明日起こることを知った男はそれを駆使し様々な悪巧みをするものの肝心の部分が忘却の彼方へ…
67名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:01:29 ID:cDT
>>64
オチへの持って行き方とか伏線の回収の仕方とか考えずにこれ面白そうっていう思いつきを並べてみるんやで
ワイあらすじ書けないけど
68名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:01:31 ID:yXd
>>62
男は物忘れがひどく、あるとき、思い切って自身の身体に消えないメモを刻み込むことにした。
思いつきが功をなし、男は身体を見ることで物事を思い出すようになる。
ほどなくして、男の身体はメモで埋め尽くされた。
だが、男は耳だけにメモをするのを忘れ、後にそれが取り返しの付かない悲劇を生むこととなる。
69名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:01:37 ID:RdV
>>48
AIが人間の職を奪って久しい時代。
職を無くした男が偶然見つけた高給アルバイト。それは自動販売機の中に入りお客に一言励みや労いの言葉を伝えるという、誰にでも出来そうなアルバイトだった。
軽い気持ちで職に就いた男だが、一言言う度にお客を怒らせてしまい、ついにはクレームまで入ってしまう。
そんなある日、一人の杖をついた老人が飲み物を求めて男の入った自動販売機にやってくる。
しかし、その老人の様子が少しおかしいことに気づく男。どうやらその老人は目が見えない様子だった。
一言だけ声をかけるのが本来の仕事だったが、見ていられず老人に声をかけサポートしてしまう。
それから、その老人は毎日自動販売機に通うようになったのだがーー。
70発情イシツブテ :2018/04/17(火)23:01:50 ID:30u
「発狂」と「発情」
71名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:02:15 ID:771
椅子取りモラトリアム
72名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:02:27 ID:5l5
でらべっぴん
73名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:02:33 ID:AkB
>>57
音声ある自販機は大抵当たり付きやねん
本編書く気にはならんが
74名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:02:38 ID:POb
シェア奴隷
75名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:02:44 ID:cDT
>>71
あと6足りない
76名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:02:48 ID:s53
>>48
『喋る自販機』
彼が仕事帰りに立ち寄る自動販売機はAI音声で規定の台詞を喋る台だった
対人コミュニケーションが苦手な彼の唯一の癒しでありなくてはならない自動販売機に、ある時意味もなく語りかけてみるも当然反応はない
それでも彼は毎日自動販売機にその日あった事や最近の心境を語りかけた
ある日、彼がいつもの様に仕事帰りに寄ると
「お帰りなさい、貴方がくるのを待っていました」
と自動販売機はいつもと違う音声を発しー
77名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:03:01 ID:yua
>>71
前のワイより6足りんな
78名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:03:16 ID:0oD
>>30
笑う男

通勤途中いつも見かける男がいる。
その男は特徴のない顔つきだが笑顔だった。
昼夜問わず雨の日も風の日も。
時間や通勤手段を変えてみたが笑う男は行く先々で現れ、仕事も手につかなくなってしまった。
我慢の限界に達した俺はその男に怒鳴りつけた。
しかし、男は相変わらずニコニコと笑っていた。
そして一言「ありがとうございます…」と蚊の鳴くような声を漏らした。
男から笑顔が消えた瞬間、この世のものとは思えない絶望の表情になっていた。
怪訝になりながらも胸の支えが取れた俺は晴れやかな気分で歩く。
その顔は先ほどの男と見間違うほどにこやかな笑顔だった。
79名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:04:17 ID:AkB
特殊一般人
80名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:04:52 ID:cDT
>>78

81名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:04:54 ID:W2M()
>>51
主人公には悩みがあった
おならをすると、音がまるで自分の声のように聞こえてしまうのだ
子供の内はただのうめき声のようだったが、大学生になったころには、とうとう意思をもって話しているようにまで聞こえてしまう
時は流れ、就活、大企業との一次面接
突然難しい質問を投げつけられて困っていると、お尻から模範的回答が
その回答がきっかけとなり、主人公は面接を通過してしまう
味を占めた主人公は二次、三次面接とおならの力で合格していく
いよいよ社長との最終面接前夜、絶対に外せない主人公は、大量におならが出るようにサツマイモを食べまくる
面接当日、主人公は余りの臭さに呆れられ、話も聞いてもらえないのであった
82名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:05:21 ID:Iym
死角繁盛店
83名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:05:36 ID:QHA
>>2
ある日、男は買った餅を食べようとした、しかし触感がおかしい
口から取り出してみると、それはしわくちゃになった餅の絵だった
なぜ餅と餅の絵を間違えたのか不思議に思う男、とりあえずその紙を置き、水を飲もうと水道の蛇口をひねった
すると今度は蛇口から水が書かれた絵が無数に出てくる 全く理解できない謎の光景に恐怖心を覚え、思わず後ろの壁にぶつかったが、なんと壁も紙の様に破れてしまった
おかしい、何もかもおかしい 手に取るものすべてが紙に書かれた絵という謎
恐怖心に耐え切れなくなった男はドアを突き破り、外に出た途端、あることに気づいた、気づいてしまった

男は、人類が滅亡した世界に生きており、その孤独感から逃げるために様々な景色の絵を描き、その世界に逃げていただけだったのだ・・・
84名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:06:44 ID:s53
うーむ、他の方達の粗筋がいい意味で一癖も二癖もあって自分の粗筋が恥ずかしいレベルや
こういうのって発想の違いがよう分かるんやな
85名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:06:51 ID:baH
やっぱ起承転結が出来てるやつは面白いな
86名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:07:19 ID:tJE
ズラ印刷
87名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:07:36 ID:POb
>>81
ワロタ
88名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:07:47 ID:tyA
>>83
本職か…
89名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:07:50 ID:q7H
>>43
 オレには可愛い姪っ子がいる。妹の娘で就学前のやんちゃな盛りだ。
彼女に振られて以来、仕事一辺倒でただ我武者羅に頑張るだけだったオレには姪の無邪気な姿は心洗われる物がある。
だから妹夫婦が呆れるのにも構わずオレは姪を甘やかすのだ、姪が嵌っている魔女っ子アニメの衣装を買って上げたあの日もそうだった。
フリルの付いた浴衣みたいな和装が特徴のそのアニメの魔女の真似を大はしゃぎでする姪に心和ませるオレ。
ジュッ、そんなオレの頬を掠めるように一筋の光が飛んで行った……姪の和装の袖から
90名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:07:55 ID:cDT
>>83
椎名桔平の砂漠の奴とか寒いおばさんが消防士になる奴みたいやな
91名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:08:11 ID:RdV
世にもというかノベルっぽいのが多い気が
92名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:08:15 ID:lAx
「校長」
93名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:08:17 ID:QHA
>>90
ワイは水を預かるが元ネタのつもりで書いたやで
94名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:08:27 ID:YOD
>>62
男は忘れっぽく仕事が出来ず、上司に怒られる毎日を送っていた。
ある日見知らぬ男に怒られた事実さえも忘れる事ができるという薬を渡され、毎日服飲していた。
上司に怒られる度に薬を飲み、その量は徐々に増していった。
飲めば飲むほど記憶は消えていき、遂には自分の事も忘れてしまった。
「薬を飲まなきゃ。でも、なんで飲んでいたんだっけなぁ。」
95名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:08:46 ID:cDT
>>93
なんやっけそれ
思い出せない
死のう
96名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:09:03 ID:W2M()
>>83
おもしろい!
97名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:09:10 ID:tJE
>>95
香取慎吾のやつちゃうか?
98名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:09:27 ID:0oD
>>93
香取のやね水関係なら泰三のもぶっとんでるけどすこ
99名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:09:28 ID:OTR
>>56
『イモータル胃もたれ』胃薬を探していた私は面妖なパッケージの薬を見つけた。
私には金がなかった。怪し気なパッケージでも、一番安いそれを買う以外に胃のムカムカから逃れる方法はなかったのだ。
「本当に買いますか?」レジでの会計で店員は聞く。体調の良くない私はイライラしてそれを無視し、会計を済ませ店を後にした。
服用し、一晩寝たら胃の違和感は消えてなくなっていた。爽快な朝に私は嬉しくなった。



そんな日々は遠い昔、核戦争で人類が滅び切ったこの地球に独りのこされ、何をするか、私は途方に暮れていた。
100名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:09:41 ID:ZNv
知らない母
101名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:11:40 ID:yXd
>>79
罪を償い、服役を終えたものは晴れて自由の身となる
だが、過去が消えるわけでない
出所後も差別や偏見の目に合う彼らを、人々はいつしか特殊一般人と呼ぶことになった。
彼らはどのように日々を暮らし、生活しているのか。
これは、誰も知らない陰の物語。
102名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:12:02 ID:Iym
>>63
将来有望な子供たちへ投資するジーニアス計画を利用し有望な子供たちへ大金を注ぎ込み自分の国を建国しようと密かに目論む資産家であったが…
103名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:12:30 ID:ajR
消えた白星
104名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:13:24 ID:tyA
>>103
リアル!
105名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:13:24 ID:MJr
寒いおばさんの奴思い出してしまったやんけ!テンション下がりまくりンゴ…
106名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:13:38 ID:keS
おまけの中身が知りたくて―――
107名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:13:59 ID:OTR
>>100
母子家庭だった。何でも気になることは母に聞いた。生真面目な母はなんでも答えてくれた。
しかし、父親のことを聞くといつも、母は悪戯っぽく笑いながら答えるのだ「知らない」
108名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:14:11 ID:Hmd
地獄眼力
109名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:14:40 ID:yXd
>>100
アタシは旧日本軍によって母の子宮から引きずり出されたらしい。
アタシを引きずり出した軍人は、どうやら母の中にいる胎児の性別を当てる賭け事をしていたようだ。
アタシは母を知らない。愛を知らない。温もりを知らない。
冷たい闇から産まれたアタシは、日本軍に復讐を果たす。
110名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:14:43 ID:0uu
>>106

浜松市東区内のショッピングセンターでポテトチップスのおまけのプロ野球選手カードの入った袋25個に、
はさみで切り込みを入れたとして、浜松東署は6日、愛知県豊川市中条町宮坪、無職松尾昇容疑者(51)を器物損壊容疑で逮捕したと発表した。

「巨人軍のカードが欲しかった」と容疑を認めているという。

同署によると、松尾容疑者は5日午後1時55分ごろから約20分間、同センターで、
おまけのカード付きのポテトチップス25袋(1袋90円、計2250円)のおまけの袋をはさみで切った疑いがある。同容疑者は、計35袋のおまけの袋を切り、
中身のカードを確認して気に入った10袋を購入した。それ以外の25袋を商品棚に返してセンターを出たところを警備員に呼び止められたという。
111名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:14:48 ID:QCa
横浜で消えたライト
112名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:14:58 ID:RWm
排便する男
113名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:15:26 ID:lAx
自宅警備員
114名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:16:23 ID:MJr
>>112
ああああああああああああ!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュ!ブツチチブブブチチブリリイリブブゥゥッッッ!!!)
115名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:16:32 ID:cDT
>>111
横浜一帯が停電してそう
116名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:17:04 ID:5l5
>>111
フェンスにドーン!扉がバターン!
なお判定はアウト
117名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:17:07 ID:QCa
>>115
梶谷が消えるとともに・・・
118名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:17:50 ID:ZNv
苦い女
119名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:17:57 ID:yrn
謎の草
120名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:18:01 ID:q7H
>>59
 なんで、なんで君が此処にいるのだろう?
だって君はもう……最愛の人は手の届かぬ場所に行ってしまったはずだった。
失意に沈んだボクに掛かったもう聞けるはずのなかった彼女の声『こっち向いて』
その声に顔を跳ね上げればこの先、決して捉える事の出来ないと思っていた彼女の姿。
帰って来てくれたんだと思ったんだ……冷たい手を握りながら彼女は言う『貴方は精一杯生きて……』
オワリの時が迫る瞬間に……今にも泣き出しそうな笑顔で彼女が言った『あっち向いて』
121名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:18:21 ID:QCa
熱男と冷たい男
122名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:18:42 ID:Iym
>>113
自宅の庭から時価300億円相当の金塊が
男は金塊を狙うお隣さん テロリスト集団 政府から自宅を護るはめに
123名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:18:51 ID:tyA
おんj民の破壊的才能オンパレード!
124名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:18:55 ID:W2M()
>>63
主人公が街を歩いていると「人生投資屋」なる人間から声をかけられる
ランダムに選ばれた子供に投資し、お金を自由に使ってもらう
そして子供が大成すれば、成功した分のお金から何割かもらえるというものだった
人生上手くいかないことだらけだった主人公は、話に乗って知らない子供に全財産を投資する

数年後、主人公の元へ再び人生投資屋が
おめでとうございます!あなたが投資した子供はベンチャー企業の社長として、大金持ちになりました!
あなたには成功した分の2割、10億円が戻ってきます!

思わぬ大逆転劇に、大喜びする主人公
投資屋は言葉を続ける
ところで、これであなたも「成功」となりました
つきましては、あなたへ投資していた人物へ、資産の2割を送っていただくことになるのですが…
125名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:19:12 ID:87K
大浪
126名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:20:01 ID:1QE
>>118
男「うっ…でる♂…飲み込んでっ」ビュルルッ


女「苦ッッッッッッッッッッッ!!!!」オロロロ…



苦 い 女
127名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:20:35 ID:MJr
>>123
本の帯にクソデカ字で書いてそう
128名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:21:04 ID:yXd
>>118
男は性器に味覚を持っていた。
女とやるときはいつも女性器の味を堪能していたが、
あるとき、とてつもなく苦い女に遭遇する。
とてつもなく、苦い女に。
129名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:21:09 ID:QHA
>>103
ある子供が夜に天体望遠鏡で夜空の星を観測していた
すると、白く光る大きな星を発見した その星の名前を調べようと図鑑を調べるも名前は載っていない
新しい星かと思い親にその星を見せようと呼んできた時にはその星は消えていた
結局その白い星は消えてしまったままだったが、それから3か月後に突然白い星が現れる しかも今度は7つも
子供はびっくりして今度はじっくりとその星を観察する すると突然、白い星の光が大きくなる
子供はその星にあっけにとられていると、親が突然子供を呼んだ
何かと思いリビングに向かうと、テレビはあるニュースを報道していた

「未確認飛行物体が地球に向かっているとの発表がNASAよりありました NASA発表によりますと、飛行物体は7機・・・」
130名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:21:40 ID:lAx
素晴らしい先輩
131名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:22:17 ID:Hmd
注文の多い修理屋
132名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:22:27 ID:Cbg
>>124
すき
133名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:22:43 ID:QCa
>>125
藤浪という男が街を歩いていると、ひとりの男、大谷に出会った。
彼は藤浪の手をおもむろにとり、駆け出した。
「大浪がくる、僕と一緒に逃げよう」
何も予兆はなかったのに、山に登るなり大きな揺れが襲った。
窓から外を覗くと、津波でアイスルオーヤマ監督が流されていた。
小屋の中で二人きり、藤浪は助かったと大谷に感謝するが・・・
134名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:22:54 ID:keS
ゴリラ
135名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:23:38 ID:1QE
痴漢の極み乙女
136名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:24:00 ID:tJE
>>113
20××年 徹底した少子化対策の影響により日本は少子化から抜け出したものの景気の暴落により治安は悪化の一途を辿っていた
そんな中で誕生したのが自宅警備員という、一般家庭に常駐し家族を警護し治安を守る職業であった
男はある家庭に常駐警備員として配備される事になった 暖かく迎えてくれる家族、華やかな食事、恵まれた勤務環境…何不自由ない環境だった
しかしまるで野良犬のような環境で育った男との生活感とは離れ過ぎたその環境と境遇の差に段々と男は鬱憤を重ねていくのであった………
137名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:24:29 ID:Iym
>>134
朝目覚めたら婚約する予定の彼氏がゴリラに変貌していた
どうしても婚約破棄しないと怒鳴るゴリラに女性は…
138名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:24:53 ID:OTR
>>137
カフカの変身っぽいな
139名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:25:16 ID:SNm
自分予報
140名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:25:43 ID:yXd
乳首融合
141名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:26:51 ID:OTR
帰ってきた宇宙船
142名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:26:56 ID:tyA
だれか出版社しらんか〜
143名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:28:03 ID:DPa
赤い大釜
144名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:28:58 ID:0oD
>>65
殺人VR

貴方も一生に一度の体験を!
そんなありきたりなキャッチコピーに引かれて私はとある場所に来ていた。
「殺人VR」なんでも過去の事件を参考に始められたサービスらしい。
不謹慎と言われるかも知れないが、ストレスを抱える日々にはうんざりだ。
犯罪者になるくらいなら、ヴァーチャルで発散する方が良いに決まっている。
自分を正当化する理由を考えながら店内に入る。
静かな音楽が流れる店内に殺伐とした様子を想像していた私は呆気にとられた。
「…いらっしゃいませ」
思わず飛びのくと目の前にはいつの間にか人が立っていた。
恐らく店員なのだろうがボソボソと暗い雰囲気は好きになれない。
料金等の説明をしているが、聞き取りにくい声なので聞き流すことにした。
ようやく体験場に通されると中には座り心地のような椅子とVR機器が備え付けてある。
ワクワクしながら機器を装着し新たな世界へと旅立つ。
目が覚めると先ほどと変わらない店内。
失敗かな?
あの店員ならやりかねないと思いつつ部屋を出ようとする私に何かが飛び込んでくる。
喉に広がる鉄の味、腹部への熱く鈍い痛み。
目線を下ろすと先ほどの店員が深々と包丁を突き刺していた。
汗をびっしょりとかきながら飛び起きる。
お腹をぺたぺたと触るが異常は何もない。
「…ご満足いただけましたか?」
話が違うと罵る私に店員はニタリと笑みを浮かべながら答える。
「ですから最初にご説明した通り、一生に一度の殺人をされるご体験がお楽しみ頂けます」
145名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:29:13 ID:DPa
不可解なスクイズ
146名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:29:19 ID:tJE
大物youtuber syamu game
147名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:30:37 ID:cDT
>>142
「だれか出版社しらんか〜」
男は窓の外から聞こえるその言葉に目を覚ます
外を見ると目が突き出た黄色い身体の二足歩行の怪物が立っていて...
148名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:30:42 ID:je9
>>113
「自宅警備員」
高校生の山本は自宅を警備していた。日夜迫る悪しき教団を撃退する為に。
有刺鉄線を張り巡らせた自宅から自宅前を通る教団員をボウガンで狙う。
あの手この手で教団員を日々仕留めていたが、ある日、自宅に武装した教団員達が押し寄せた。
山本は聖剣を片手に教団員を次々と仕留めたが、不覚にも教団員に囚われてしまい――


――翌朝の朝刊には××市に住む一人暮らしの40歳、無職の男が通行人、警官含め10人に重傷を負わせたニュースが掲載された。
149名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:31:15 ID:QHA
>>139
男は受験生だった
明日に控えた大学受験の合格発表、気持ちを落ち着けるためにラジオを聴いていると、突然自分の名前が聞こえてくる
そのラジオは、まるで明日の自分を予報しているかのようなことを発していた
「明日の男さんは、青芝大学に受かるでしょう」
そのラジオに怖さを覚えた男はラジオを切るも、その予報通り大学受験に見事合格する
男はそのラジオが気になり、周波数を昨日のラジオに合わせた するとまた自分の予報が聞こえてくる
「明日の男さんは、交通事故の瞬間を目撃するでしょう」
するとその予報通り、交差点で起きた車の交通事故の瞬間を目撃する
そのラジオの予報をすっかり信じ込んだ男は、今日もそのラジオに周波数を合わせた

「明日の男さんは、空き巣と鉢合わせになり殺されるでしょう」
150名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:31:32 ID:cRs
>>130
あるプロ野球選手がいた。その選手は誰からも慕われていた。先輩、後半、同級生みんな丁寧に接している。
物怖じしない俺はその先輩に強気に話しかけるが…
151名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:31:50 ID:R3B
消せないチョーク
152名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:32:35 ID:cDT
>>149
マジかー
153名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:33:31 ID:ZNv
仮人間
154名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:34:41 ID:SNm
やる気スイッチ
155名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:35:12 ID:DPa
>>140
ある日男は通販サイトで偶然興味深いものを目にした
それはなんでも融合できる不思議な機械であった
初めは手近なもので実験していた男だったが次第に男は興味に飲まれてしまう
そして行き過ぎて好奇心は恐怖の人体実験へと繋がってゆく...
156名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:35:13 ID:Iym
>>139
自社の試作品である自己予報装置を身につけ自分の行動が人生にどのような影響を及ぼすか観測するよう社に命じられた研究員が装置が街中を闊歩すれば運命の人と出逢うと予期する
果たして運命の人と出逢えるのか…
157名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:36:53 ID:DPa
黄色い壁の家
158名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:37:38 ID:LPa
記憶管理官
159名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:38:16 ID:WW8
24日
160名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:39:24 ID:W2M()
>>139
いまいちな出来になった

時は未来、ラプラスの悪魔をAIが担えるようになった時代…
人々には毎日、「自分予報」が届く
今日のあなたは○時○分、転んで怪我をします、ご注意を
しかし、気を付けようとしてもそれは変えられるものではない
「気を付けよう」と考えていることまで予測して、AIは予報を出しているのだから
ある日のこと、主人公に送られた予報には「〇時〇分あなたは死にます」とあった
驚き、周りに確認すると、皆同じ予報になっている
ニュースを見ると、全世界のほとんどの人間に同じ予報が届いたようだ
どうやら、異常なスピードで隕石が迫っているらしい
人類は恐怖し、すぐに団結した
地球上のミサイルを隕石に向けて発射したのだ
結果として隕石は砕けたが、砕けた破片が地球上に降り注ぎ、隕石が直撃するよりずっと多くの死者を出すこととなった
なんだか釈然としないまま、主人公は死の時を待つのであった
161名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:40:12 ID:cDT
ラブプラスの悪魔に見えた
162名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:40:16 ID:DPa
すれ違う影
163名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:41:18 ID:s29
ラプラスがポケモンしか出てこない
164名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:41:29 ID:cRs
真夏の夜の夢
165名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:41:41 ID:je9
>>146
「大物youtuber syamu_game」
その男には絶対の自信があった。「自分の顔はどんな俳優よりもイケている」と。
ネット上で交際をしている女性は5人以上。ネット上のyoutuberとしての活動も順調だった。
人気を確信した男はある時、ネット上の人々と現実で会う「オフ会」を企画する。
企画当時の本人の予想では100人は来るという見立てだった。満を持してオフ会参加者を募集する。
募集時は多くのファンからの参加希望があった。

だが、当日、オフ会には誰も来なかった。
不可解に思った男はそのまま帰宅するが、その晩、ネット上で自分について書かれたとある掲示板を発見する。
その掲示板を読んだ男は全てを知った。
交際していた女達、youtube上での人気、数多くのファン、オフ会の参加希望。
これらは全て仕組まれていた事なのだと。

精神が崩壊した男は恐怖の余りパソコンをシャットダウンし、洗面所へと向かった。
鑑に映った顔は見るに堪えない醜い顔だった―――。
166名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:41:46 ID:5l5
>>108
事故で臨死体験にあった男
ひょんなことから閻魔大王に気に入られ、
他人が過去に犯した罪を見抜く特殊能力を授かった。

当たり屋常習犯の事故相手や銭ゲバ弁護士、医療ミス多発の病院から辛うじて難を逃れ
なんとか自宅に帰りついた男だったが、
自分の妻に保険金殺人の前科があることを知ってしまう
167名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:41:53 ID:SNm
天気オークション
168名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:42:02 ID:WW8
ガバ穴・ダディー
169名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:42:28 ID:cRs
>>165
ノンフィクションで草
170名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:43:41 ID:QCa
ラストエリクサー能見
171名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:43:53 ID:tJE
>>165
実話と仲間由紀恵のやつがいい感じで混ざってる
+1145141919800点
172名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:44:55 ID:NpQ
天国病院
173名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:45:12 ID:DPa
人生レンタルショップ
174名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:46:16 ID:DPa
鍋を買う男
175名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:46:25 ID:cDT
トマトピケティ
176名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:47:10 ID:tyA
(読みごたえあり杉 本屋の平積みよりオモロいやん)
177名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:47:24 ID:cDT
>>174
4939円になります
178名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:47:26 ID:QHA
>>157
ある村に、一つの家が建った
その家は壁が黄色だけで塗られており、異様な風景を醸し出していた
しかしその家に住む人は明るい女の人で、いつしか村民の警戒も解けていた
そんなある日のこと、黄色一色だった家に黒が塗られていて、壁は黄色と黒が塗り分けられた状態になっていた
何があったのかと村のある男がその家を訪ねた すると、反応はないが家の鍵は開いている
男が家の中に入ると、女の声が聞こえてきた

「黄色と黒の模様は、スズメバチの模様なんです。近づいちゃだめじゃないですか」
女はアイスピックを持っていた
179名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:48:15 ID:Iym
>>167
異常気象により雨が降らなくなった現在
雨は官立気象センターから市町村単位で売買される時代へ
しかし雨を民間に横流しするバイヤーが現れ…
180名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:50:52 ID:DPa
想像の木
181名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:51:08 ID:s29
>>162
男は今日もある女を待つ。
男はいつも女と影が触れ合うか触れ合わないかの位置で女をちらちら見る。
男は女の彼氏と思われる男が来ると去ってしまう。
このままじゃ駄目だと思った男はおんjでどうしたら彼女と付き合えるか聞いてみる。
勿論レスは酷いものしか来ない。
ストーカーだのキモイだの書かれているレスにたちに男はあるレスを見つける。
「殺して自分のものにすればええやん」
男は思いつめすぎていたのか、これだ!と思って実行してしまう。
実行の日、男は刃先の鋭い物を隠しもち、女に刺そうとした瞬間―
背後から、
警察官がなぜか俺の手を持っている。
後ろを向くと女と彼氏が俺の方を見つめる。
女「その人です!」
女とすれ違うかと思った影は
俺と警察官だった。
182名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:51:22 ID:gbh
ていきけん
183名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:51:32 ID:DPa
>>178
その発想はすごい(KONAMI)
184名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:51:48 ID:cRs
名脇役
185名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:52:34 ID:1QE
俺の圧勝
186名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:52:57 ID:SNm
約束を破る男
187名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:53:07 ID:DPa
4周目
188名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:54:02 ID:QCa
誰も守っていない
189名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:54:06 ID:keS
あなたメリーさん
190名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:54:44 ID:tyA
>>160
ショートストーリー賞やわ
191名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:56:14 ID:Iym
>>184
ノルマンディー上陸作戦 スエズ動乱 キューバ革命 大躍進運動 公民権運動…あらゆる時代の転換期の報道写真に映り込む一人の男の謎を探るうちに…
192名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:57:03 ID:je9
>>173
「人生レンタルショップ」

会社員の岩間はある日、知り合いに「人生レンタルショップ」という店を勧められる。
この店では人生を他人に貸し借りする事が出来るというものだ。
専用の装置に入れて専用のゴーグルを着用する事で、使用者はその人生を最初から最後まで追体験出来る。
日頃の生活に退屈していた岩間は幾つかの人生を借りた。

岩間が借りた人生の中には歩けない少女の人生や戦場で若くして散った男の人生等、色々あった。
徐々に岩間は人生レンタルに夢中になり、より刺激的なものを求める様になった。
殺人鬼の人生、幸せな家庭で育ったがおかしな化物に追われて最後を迎えた女子高生、不幸な少年の人生。

一つの人生を追体験するのに現実時間では一秒も掛からない。
レンタルした人生を全て見終えた岩間は仕事も上手くいく様になった。
恋愛も上手くいった。出世し、結婚し、子供も二人生まれた。
ある日、岩間は家族と共に眠りに就いた。

目を覚ますと其処は病院のベッドのだった。
身体を動かそうにも上手く動かせず、岩間はベッドから転がり落ちる。
ベッドから落ちた岩間の目に、鏡が見えた。

そこには「人生レンタル」のゴーグルを身に着けた、全身に包帯を巻き、手足の無い、自分の姿が写っていた。
193名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:58:02 ID:lW8
15分の箱
194名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:58:21 ID:W2M()
>>172
孫に囲まれ、幸せな最期を迎えた男
当然ながら天国に昇っていった
天国で男が見たのは、立ち並ぶ大量の病院と、駆け回る白衣を着た天使たちだった
それもそのはず、死後の世界だからといって、若返るわけではない
みな死んだときの年齢のまま、永遠を過ごさなくてはならないのだ
男もかなりの年になっていたため、天国について早々たおれてしまう
天使たちの声が聞こえる
先生、先程の女性で病院のベッドは埋まってしまいました!
薄れゆく意識の中、最後に別の天使の声が聞こえた気がした
確認取れました!地獄病院、スペースがまだ開いているようです!
195名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:58:33 ID:tyA
タイムパトロール
196名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:59:19 ID:tyA
あれ?ID被ってないか?
197名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:59:35 ID:je9
>>195
>>196
こマ?
198名無しさん@おーぷん :2018/04/17(火)23:59:59 ID:DPa
>>195
>>196
それは未来からきた君自身だよ
199名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:00:17 ID:dmg
しいたけを食べるな!
200名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:00:26 ID:csb
>>192
面白いしオチも上手すぎ
201名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:00:59 ID:iIW
>>173
妻は娘を連れて出て行った
毎日仕事ばかりで家庭を顧みなかった罰だろうか
「そうは言っても仕事をしないと生活ができないじゃないか」
そんなことはわかっていた
それでもろくに休みも取れず働きづめの自分の人生が嫌になった
『働いたら負けだと思ってます(笑)』
働きもせず楽しそうに過ごす人間もいるのにな、と昔見たテレビに出てきた若者を思い出す
守る者もないしニートにでもなってやろうか
ふとそんな思いが頭をよぎるが、それでは生きていけないことくらいわかっている
お試しニート生活なんてものができたらなぁ
くだらない妄想をしながら、もう帰っても誰もいない家へと帰る
なんとなく、本当になんとなく路地の方に目がいった
「人生レンタルショップ?」
こんな店があっただろうか
いつもなら絶対に入らない胡散臭い店構えだが、疲れていたせいだろうか、なぜか入ってみようと思った
「どうせ帰っても誰もいないんだ」

入ってみるとごく普通のレンタルビデオ屋のようだ
「なんだ普通の店じゃないか」
少し落胆しながらせっかくだから懐かしい映画でも借りようかと棚を探す
ところが目当ての映画は見つからない
それどころか映画らしいタイトルのビデオが1つもないのだ
並んでいるタイトルは、大学生、社長、医者、ホスト、芸人、お父さん、などと言うものばかりだ
「いったいなんなんだ」
やはり胡散臭い店だったかと思っていると後ろから声がかかる

「どのような人生をお求めですか?」
202名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:01:05 ID:csb
失敗の缶詰
203名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:01:43 ID:jMV()
>>192
素晴らしいな
204名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:02:27 ID:qzK
>>188
男が公園を散歩していると、看板が目についた
「ボール遊び禁止」
しかし子供たちが野球をしている。男は特に気にせず通り過ぎた
さらに進むとまた看板があった
「ポイ捨て禁止」
しかし足元はゴミだらけ、男は特に気にせず持っていた空き缶を地面に放り投げた
さらに進むとまたまた看板があった
「殺人禁止」
男は
205名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:02:32 ID:mOw
>>200
>>203
やったぜ。
206名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:02:39 ID:rUT
>>164
苦学生の男にとって厳しい季節がきた 夏だ
部屋のアパートにはエアコンがなく網戸にしても中々眠る事は出来ない 中々眠れない日々が続いた男は薬剤師にある薬を処方された
浅い睡眠しか保証出来ない代わりに長時間の睡眠が出来るという新薬だった 薬の値段が安かった事もあり男は迷わず手を出した
その薬を飲むと確かにしっかりとした睡眠、そして毎日夢を見るようになった
夢の中での美しい女性との出会い、ありえない様な出世、そして成功…普段の男の生活ではありえないような豪勢な生活…
男は夢の生活が現実であり実世界こそ幻なのではないかと思うようになって行った

通り魔として20人もの人間を襲った極悪犯の裁判が行われた 容疑者席には男がいた
夢の世界が現実であり現実こそ幻…男の夢は死刑の首吊りで幕を閉じた
207名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:02:52 ID:UC1
>>192
これ見たい
208名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:02:58 ID:sbl
>>204
予想の斜め上行った
すこ
209名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:03:28 ID:SpQ
>>204
すここのこ
210名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:03:35 ID:csb
ここのレス抜粋して本にできそう
211名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:05:19 ID:sbl
はんかちおうじ
212名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:05:23 ID:SpQ
包丁で切る人は発想が好き
213名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:06:33 ID:dmg
恫喝横丁
214名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:06:41 ID:awp
ふじたらな男とふじたらな女
215名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:06:45 ID:DQJ
電脳聖母
216名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:08:10 ID:TE4
>>186
昔から約束を破る男がいる。
この男は小学生からの仲で、人生におけるほぼすべての約束を破ってきたのを見てきた。
約束を破る男と20歳祝いをしようと約束をしたが、早速約束の時間から5時間は遅れている。
仕方なく1人で家にいたが、突然チャイムがなる。
まさか…と思い開けてみるとまさかの約束を破る男がいた。来るだけでも感動なのだが、男と過去の事や未来の事を話していたら主人公は泣けてきた。主人公はこの日を一緒忘れないと思いながら約束を破る男が時間だと言うので、見送ることにした。
約束男は家を出てからずっと俺の方に手を振っていた。
ー突然、車が飛び出してきて約束男が死んでしまった。
数日後、男の葬式が開かれた。
主人公が「男…」とボソッと言うと
男「なに?」突然男が棺桶が飛び出してきてきた。
男「ここどこ?」
なんと、男は気絶していただけだったのだ。
この男はどこまでも約束を破る男だったのだ。
217名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:08:43 ID:Xim
「おっぱい」
218名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:08:47 ID:tjL
>>184
「名脇役」
ある男の俳優がいた。男は、名脇役で誰からも慕われた。
その男は、何百本というドラマに出てきたが全てが脇役だった。
男は、死ぬまでに一度でいいから主役になりたいと望んでいた。
とあるドラマの収録日の夜、男は突然死した。
そのドラマは全員が名脇役の主役だった。
219名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:09:24 ID:rUT
メカ亀田
220名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:09:55 ID:jjK
>>153
仮人間

「おい、このアプリやろーぜ」
友人に見せられたスマホの画面には仮人間というシンプルなロゴがあった。
操作方法もかねて隣で見ていると、どうやら善いことを積み重ね仮人間というアバターを真人間にするアプリだった。
アホらしと思いつつ、自分のクラスでは既に流行っているらしく真人間になった人も何人かいるらしい。
その中には自分の好きな女の子もいた。
話の種にはなるか…軽い気持ちで友人に招待してもらい自分も仮人間を始めた。
内容としてはクソゲーもいいとこだった。
皆よくこんな苦行が続けられるものだと感心するほどだ。
アプリのことなど忘れたころ友人と帰っていると仮人間が話題になった。
友人はこの連休で仮人間を真人間にするらしく、あと少しなんだよと熱心に語っていた。
連休明け友人は晴れやかな顔だった。
アプリひとつで単純な奴と心の中で蔑んでいたが、真人間とやらが気になったので
スマホを取り出しアプリの画面を見せて訊ねた。
「ああ、そんなものやめたよ。まともな人間のすることじゃないよ」
そう言う友人の目は俺の知っている友人ではなかった。
221名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:09:56 ID:awp
>>215
母親のいない男は怪しいセールスが電脳聖母なるものを買ってしまう
いままで何も行かなかった男は口うるさい電脳聖母ににいうとおりすると仕事も何もかもうまくいった

大金持ちになった男は何年も会ってない母に会いたくなる
母に会うべきか尋ねると電脳聖母はなにも答えない
必死になって母を探すと母はもう亡くなっていた
遺影には電脳聖母が写っていた

うまくかけない
222名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:10:19 ID:VtV
二人目の自分
223名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:10:39 ID:TE4
>>221
ええ話や…
224名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:11:20 ID:awp
3番目の男
225名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:11:23 ID:6ZL
だじゃれサミット
226名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:12:59 ID:dmg
>>219
夏休み明けに親友の亀田がサイボーグに改造されていた!
しかし亀田は自分がサイボーグになったことを頑なに否定し挙句の果てに俺の好きな美子ちゃんと付き合っていることを吐露される キレた俺はサイボーグに改造してもらい亀田と勝負することになる
227名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:13:35 ID:tjL
世界にしか通用しない男
228名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:13:54 ID:awp
>>225
20xx年長きに続いた戦争を治めるために
だじゃれサミットが開かれる

各国の首脳が揃い、だじゃれを言い合う
会は和やかに進んでいく
終盤になると戦争はやめようという条約をサミットに参加した国全体で結ぼうとした時

どこかの国の首相が言った
なんておそロシア

そのだじゃれをきっかけにまた戦争は激化した
229名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:14:28 ID:csb
>>211
男は甲子園のヒーローだった
決勝でライバルと投げ合い延長のすえ遂に勝利を手にした
彼のライバルは高校卒業後すぐにプロに入ると神の子と呼ぶにふさわしい活躍を見せる
自分は自分、焦ることはないと言い聞かせ大学でひたむきに先週を重ねた
しかし大学に入ってからの酷使がたたりプロ入り前に肩を壊してしまう
大学卒業後プロになったがそのころにはライバルはもう雲の上の存在になっていた
溢れる嫉妬心から彼はある行動を決断する...
230名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:14:44 ID:rd3
>>158
時は西暦2230年、人々が本格的に電子の世界を自分の体を共有し始めた世界
その世界には、「記憶管理局」という秘密組織があった 
人々が頭に付けているマイクロパッチから秘密裏にナノサイズの機械を脳に走らせ、人々の記憶を解析して管理するという場所である
これを行えば、殺人事件が起きても犯人をすぐさま検挙できるし、違法行為をした記憶を割り出せばすぐに逮捕できる
そんな場所で記憶管理官として働いていた男は、管理した記憶データを整理していた時に、ある一つの記憶を見つける
それは、自分が人を殺しているという記憶データだった
だがそんな記憶は自分にはない、男は恐ろしくなりその記憶データを削除した
翌日も管理していた記憶データを整理していると、今度は自分が宝石店に侵入して大量の宝石を盗むというデータだった
これにもそんな記憶は自分になく、恐ろしくなった自分はその記憶データを削除しようとするが、その直前で警察に取り押さえられた
警察は男が殺人と窃盗を犯したことに対する逮捕状を見せた 男はやっていないと抵抗する
すると、警察が一つの動画を男に見せた この記憶管理局の防犯カメラである

そこには、自分が犯罪を犯した記憶を記憶管理局のデータに移している男の姿がはっきりと映っていた・・・
231名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:15:12 ID:sbl
>>229
サンガツ
232名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:15:21 ID:GG5
>>227
俺の名前はセージ・コバヤシ
ジャイアンツのキャッチャーだ
肩と肘には自信があるけど打撃や捕球はからっきし
どうせ俺は叱られてばかりのポンコツキャッチャー……ずっとそう思っていた。俺の前にあの人が現れるまでは……

小久保「小林くん!クロワッサンなんて食べてる場合じゃない!今日から君も侍ジャパンだ!」

ヒョンなことから日本代表に選出された俺は侍として世界と戦うハメに!?
さらに正捕手嶋さんが怪我で離脱して俺がマスクを被ることに…
もうこうなったらやるっきゃない!

いつもおっかないレジェンドウナギ先輩、フォーク捕りの達人細川さん、そして離脱した正捕手嶋さん……日本中をさまよいながら先輩捕手の技術を勉強して修行する日々
そして迎えた世界大会当日、前回大会のヒーロー井端さんからたくされた伝説のバットが突然謎の光に包まれて……
─新番組『侍のセージ』毎日夜7時から絶賛放送中!─

「どうせ」なんて言うのは、もう終わりだ!
233名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:15:22 ID:awp
大人用日記帳
234名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:15:55 ID:a5C
スタントメン
235名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:16:56 ID:L60
>>221
ちょっと泣きそうワイ
236名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:17:19 ID:csb
時間審判団
237名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:17:25 ID:GtL
バーテンダーのいない夜
238名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:17:29 ID:sbl
僕も__のこと、嫌いだし
239名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:18:52 ID:VtV
>>230
それっぽいワードでよくそこまで想像を組み立てられるなぁ…
素直に感心するわ
240名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:19:29 ID:csb
過去サバイバー
241名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:19:35 ID:rUT
うな丼
242名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:20:32 ID:qzK
>>202
スーパーの商品棚に1つだけ奇妙な缶が置かれていた。
『失敗の缶詰』それしか書かれていない。
缶を持ち上げた手ごたえからして食品ではあるらしい。

店員に尋ねた。
味付けを間違えた失敗作であるらしいが詳しいことは分からないそうだ。

俄然興味を引かれた私はそれを購入し足早に家路についた。

缶切りでさっそく中身を拝見。
一見して普通の魚の煮物、おそらくサバであろうか
一体なにが失敗なのだ?外観からは判明しない。
しかし、一かけら、その物体を口に運んだ私は、思わず呟いた。


酸っぱい・・・
243名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:20:38 ID:awp
実況板
244名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:21:35 ID:L60
>>228
すこw
245名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:21:53 ID:Opq
ヤクザ天使
246名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:22:18 ID:6ZL
凄腕の鍵屋
247名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:22:19 ID:iIW
>>227
俺は昔から優秀だった。
子供の頃から勉強もスポーツも何もかも1番だ。
でもレベルが高すぎるせいかな、中学に上がる頃には低レベルの奴らの中に俺の居場所はなくスポーツで引き抜かれる形で他県に引っ越した。
高校も大学も同じだった。
周りの低すぎるレベルが合わず、俺はもっと大きな世界に引き抜かれて成長していった。
もはや俺の居場所は日本には無い。
この俺の素晴らしさをわかってくれるのは国なんて小さな単位じゃない、世界だ。
才能を認めてくれる某国のスカウトマンに引き抜かれる形で俺は世界に旅立った。
でも最近どこの国でも拍手がないんだ。
経験から言うと、そろそろ引き抜きの話が出るころだな。
248名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:23:18 ID:awp
歌わないカラオケ屋
249名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:24:57 ID:csb
重い指輪
250名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:26:10 ID:sbl
>>241
俺はうなぎ。
今日も生け簀で捌かれるのはいつかいつかとおびえている。
今日は捌かれなかった。

今日こそ捌かれるだろう・・・俺の知り合いはみんな人間の腹に消えていった。
・・・今日も、捌かれなかった。

今日こそは・・・と思っていると、案の定すくい上げられた。
まな板の上に載せられ、鋭い目打ちの先が鈍色に光るのをみていた。
俺を心待ちにしている人間がいるのなら・・・と俺はただ、諦めた。

”今年はスタミナつけなきゃな、優勝のためにも”

最後に見たその客は、俺に似た顔をしていた。

(絶対ちゃうやんけ)
251名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:26:31 ID:i3A
>>158
その男の仕事は、記憶管理官。犯罪者の記憶を保管し、裁判などで使える物証として提供する。

妻はいない。家族もいない。誰もいない部屋で延々と作業をするだけの仕事。だが不思議と寂しさはない。
記憶は生きてきた時間に比例して増えるし、夢すらも記録されているから、綺麗に犯罪の部分だけを洗い出すのはとても難しい作業だ。しかしこの凶悪な犯罪者は許せない。真実をもって、法という正義のもとで裁かれるべきだ。
しかしそろそろ疲れを感じる。

男はベッドに横になった。

その男の仕事は、記憶管理官。

作業を終えて眠りについた男の記憶を改竄して、ようやく一息ついた。
あの男は、犯罪者だ。記憶を弄られながら、かれこれ15年は同じ行動を繰り返しているという。そういう罰だ。しかし彼は、まさか15年も働いているとは思わないだろう。毎日毎日、生まれ変わったような気分で仕事を繰り返すのだ。
そういえば、俺の前任はどんな奴だったのだろうか。俺が対象の担当になってから15年も経ってはいないし。うっ、頭が痛くなってきた。どうやら働き過ぎたようだ。日誌をつけて俺も寝よう。あれ、今日から新しい冊子かな。

男は折り目のついていない冊子の最初のページに日誌を書いて、ベッドに横になる。

その男の仕事は、記憶管理官。

ようやく奴が眠ったか。あいつ、救いようもない犯罪者のくせに几帳面な性格みたいだな。日誌を書いてやがる。だがそういう記録物は残せない決まりだから、処分せねばな。そして景色が変わらないように、代わりの冊子を置いておかねば。
さて、俺も今日の仕事は終わりだ。

男はベッドに横になる。

その男は、記憶管理官ーーーー

記憶管理官
252名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:26:32 ID:csb
ハルベリシア
253名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:27:28 ID:pu1
再現権
254名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:28:05 ID:tjL
独裁者
255名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:28:07 ID:a5C
>>238
後ろで友人が同級生と誰かの悪口を小声で話している
話の内容からしてたぶんAのことだろう
俺は後ろを振り向いて「わかる、俺もAのこと嫌いだし」と言うと友人は「な、こういうところ」と言った
友人の隣にいたAは「わかる、俺もこいつのこと嫌いだし」と言った
256名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:29:21 ID:sbl
ベンチがアホやから
257名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:29:25 ID:Lv0
>>202
「失敗の缶詰」
主人公はエリートサラリーマン。
どんな難題でも必ず成功を収めてきた。
そんな彼の噂は瞬く間に広がり、誰もが注目を集めていた。ヘッドハンティングを繰り返し何社も渡り歩いてきた。業界でいや今や世間で彼を知らぬ者はいなかった。

ある日主人公は深夜のコンビニで不思議な缶詰を見つける。
「失敗の缶詰」
横の説明書きを見ると、どんな人間でも必ず失敗を味わえます。しかも今までの生活は一切変わりません」と書かれている。

自分の人生で失敗等一度もなかったしピンチすらも切り抜けてきた主人公は失敗を味わった事など一度もない。
リスクもないのなら是非味わってみようとジョークグッズの類いと思い買ってみる事にする。

カシュッ

その瞬間から彼は他人の心の奥の声が聞こえるようになる。彼の周りには常に彼の成功を妬む声に溢れていた。どこにいても誰もが彼に注目する、妬みの視線で。
とうとう彼は耐えられなくなり追いつめられて仕事でミスをわざと犯そうとするが、怪我の功名が起こり結果またもや名声を上げてしまう。しかし名声の中には怨嗟の声が渦巻いている。

あぁ失敗したい、失敗したい、失敗したい、失敗して怨嗟の声から逃れたい!

しかし彼は缶詰の力で必ず成功に導かれる。

なんだよ、あれは失敗の缶詰じゃなかったのか……開けなければ良かった


かぶってすまん
258名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:29:50 ID:jMV()
>>238
主人公には嫌いな女がいた 単純に馬が合わなかった
女も主人公を嫌っており、知らないところで主人公の陰口をたたく始末

ある日、主人公は突然、女の名前が分からなくなった
周りの人間に聞いてみても、「そんな奴いたっけ?」と返される
女と、女に関する記憶は、人々からきれいさっぱり消えていた

なぜか主人公だけは、全てを忘れたわけではなかった
あまりに嫌っていたため、嫌いな部分を鮮明に思い出せてしまうのだ
いつしか主人公は、断片の記憶しかない女に思いをはせるようになる
なんで俺は、あんなにあいつを嫌っていたんだ?
主人公は女に会いたくなっていた

とうとう、主人公は行動を起こす
確かにいたあの女にもう一度…
始めは笑っていた友人たちも、主人公の思いにつられ、協力するようになる
様々な困難の末、とうとう女を復活させることに成功する

感動の再開、戻っていく記憶…
主人公は、女を必死に復活させたことを、ただただ後悔するのであった
259名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:30:17 ID:Lv0
どうやってかぶり回避したらええねん
260名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:30:19 ID:sbl
>>258
すこ
261名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:30:21 ID:CC1
決戦は木曜日
262名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:30:34 ID:dmg
>>243
最終電車で寝てしまい終点である郊外の辺鄙な農村の無人駅で一夜を明かさねばならなくなった男
改札口をすぐ出て目に入ったのは黒板の掲示板であった
走り書きで記された急用等を見ていると人々の生活が目に浮かび
好奇心によりチョークを手に取り掲示板へ一言書く男
その瞬間に掲示板に浮かぶ数多の「カカッタ」の文字
それ以降男の姿を見たものは無かった
263名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:31:12 ID:csb
>>257
全然いいで
むしろ色んなパターンを聞きたい
264名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:31:21 ID:sbl
縦縞と14番
265名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:31:57 ID:csb
多分みんな色んなパターン聞きたいと思うし被りとか気にしてない
266名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:32:06 ID:y94
「嫁が画面から出て来ない」
267名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:32:30 ID:tjL
自分たちのサッカー
268名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:32:33 ID:rd3
>>193
ある男が、古びた骨董品屋に立ち寄った
その骨董品屋は、いかにも古そうでそして価値のありそうな骨董品を多く展示していたが、その中にただ古いだけの木でできた箱を見つけた
男はその木箱が気になり、店主にこの箱はなんなのかと質問すると、店主はこういった
「これは“15分の箱”です。人々が秘密にしたいと思った15分をこの中に吹き込み、様々な15分が溜まったものになります」
男は説明を聞いても釈然とせず、ふと値段の方に目を落とすと、1500万円と書かれていた
こんな箱が150万もしてたまるかと店主に言うと、もう展示をやめようと思っていたものだからタダで売ると言ってきたので、男はその箱を買った
その箱を持ち帰ろうと棚から降ろそうとすると、とんでもなく重いことに気が付くが、気づいたときには箱を棚から持ち上げており、男は重みに耐えきれず箱を落としてしまった
するとその箱は地面にたたきつけられ、バラバラに壊れてしまった すると店主は怒り出した
「なんてことをするんですか!これには人々の秘密が詰まってるんですよ!その秘密がばらまかれてしまったら、どうなるか分かってるんですか!」
男はその店主の怒りようにびっくりしてしまったが、まもなくして壊れた木箱から様々な声が聞こえてきた
どんな秘密がその箱に入っているのか、男は気になり壊れた木箱に目を向けた

だが、そこから飛び出してきたのはぐちゃぐちゃで全く繋がりのない話だらけ、すると店主がこういった
「箱の中にあった様々な15分が、全部混ざってしまった!」
269名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:32:34 ID:9Fl
>>258
やっぱり嫌いなんやなwww
270名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:32:48 ID:Cyq
オフ会0人
271名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:33:14 ID:rUT
>>233
ある日 1組の夫婦に日記帳が手渡された 法律により大人でも日記を付けるのが義務化したらしい
男は面倒臭がりつつも日記を付ける事にした
日々の疲れ、ストレス、夫婦喧嘩…あらゆる愚痴を日記に付けていく中で段々と男は
272名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:34:11 ID:rUT
途中送信してもうた…ほんますまん
また書き直すンゴ
273名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:34:25 ID:jjK
>>259
レベル上げてAGLに振るか
274名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:34:31 ID:Opq
第62回ゴリラ帝国バナナ会議
275名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:35:21 ID:jMV()
>>230
これもイイ
276名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:35:40 ID:sbl
お金ほしいなあ
277名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:36:37 ID:TE4
>>264
僕は、クラスにいる学校指定の縦縞の体操着を着ている娘を好きになってしまった。一日ずっとその子をずっと見ていてついに親友に打ち明けた。
「うちの学校は横縞で14番は不吉だから無いよ」
278名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:37:03 ID:tjL
>>230
うまい
279名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:37:11 ID:SpQ
>>230
>>251
どっちもすこ
280名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:37:42 ID:sbl
33ー4
281名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:38:18 ID:CC1
懲戒免職
282名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:38:19 ID:VSw
>>78
ミラグロマンか
283名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:38:52 ID:gi9
>>256
ある日Aさんは好きなBくんが公園のベンチで寝ているのをみつける
Bくんの寝顔を見ようとあの手この手を試すがうまく行かない
痺れを切らしたAさん無理矢理身体をひねってBくんの顔をのぞき込もうとする
しかし重心が崩れたのかベンチがひっくり返り、Bくんと一緒に倒れ込んでしまう

Bくん「Aさん?何してるの?」
A「……だって、ベンチがアホやから」
284名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:39:41 ID:csb
言葉強盗
285名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:40:25 ID:sbl
親友に加油
286名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:41:27 ID:CC1
絶景かな
287名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:42:03 ID:qzK
>>261
大事な彼女とのデート、しかし男は約束の日付を間違えて1日前に待ち合わせの場所に来た。
なかなか現れない彼女を24時間待ち続けた男は
288名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:42:38 ID:iIW
>>266
「呪のビデオ貸してやるよ」
そう言った友人からビデオを借りたのはもう5日ほど前だ
くだらないと思いつつ見てみたがやっぱりなんの変哲も無い古井戸が売っているだけ
やっぱりインチキだったな、と翌日友人に文句を言おうとしたが電話が繋がらない
さらにその翌日に友人が死んだことがわかった
どうやら死の1週間前にあのビデオを見たらしい
こうなっては流石の俺も焦る
ビデオについて調べ上げ、愛する恋人に捨てられた女の怨念に呪い殺されるのだと分かった
恐ろしい反面、その女が憐れに思えた
1週間その女のことばかりを考えたのだ、情が移った俺は奇妙な感情を抱いていた
そして運命の日
調べ上た通り、テレビからあの女が出てきた
俺を殺すのだと言わずともわかった
それでも俺の女への奇妙な感情は変わらなかった
「辛かったんだな。寂しかったんだな。俺を殺すなら殺して構わない。ただ、1つお願いがある。俺が死んだらあの世で結婚してくれないか。」

気がつくと自室で目を覚ました
俺は死んでいなかった
もうあのビデオには井戸も映らない
289名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:43:04 ID:rd3
ニューヨークは沈んだ
290名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:43:38 ID:rUT
>>233
ある日1組の冷え切った夫婦に日記帳が手渡された 法律により大人でも日記を付けるのが義務化されたらしい
男は面倒臭がりつつも日記を付ける事にした
日々の生活の愚痴やストレス、夫婦喧嘩や妻の欠点などあらゆる愚痴を日記に書いていった
男は自分の生活があまりにも退屈である事に嫌気が刺した 何とか今の生活から逃げ出したい…男は逃げるように実家に帰っていった
後日、警察から連絡があった 妻が行方不明らしい
若干後ろめたさを感じ家に戻ると部屋に妻のノートがあったので覗いてみる事にした
中には男を気遣う言葉、男への感謝、愛してるという台詞が大量に書かれているのであった

男の涙は止まらなかった
291名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:43:42 ID:a5C
>>288

292名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:45:23 ID:LUK
プロペラ人間
293名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:46:31 ID:CC1
イチコク論争
294名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:47:23 ID:aGy
.216
295名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:49:26 ID:sbl
違法薬物マキタ
296名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:49:35 ID:qzK
>>246
「自慢じゃないけど私はこれまで開けられなかった鍵はありません」
「・・・」
「この金庫の鍵だって私にかかりゃほんの数分で開くんですよ」
「・・・」
「外側からならね」
「・・・」

酸素がなくなるまで残り1時間
297名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:50:39 ID:SpQ
>>296
シンプルイズベストやな
298名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:50:58 ID:dmg
>>284
深夜二時に電話がかかってきた
こんな夜中に迷惑な奴だとまだ開ききらない目を受話器に移しそれを手に取る
「もしもし どなたかな?」
「もしもし どなたかな?という電話口の定型文を盗ませてもらったありがとう」
「何を言っている貴様 」
「何という代名詞 言っているという動詞 貴様という名詞を盗ませてもらったありがとう」
「ふざけるのもいい加減にしなさい」
「ふざけるという動詞 いい加減という形容詞 しなさいというするの命令丁寧語を盗ませてもらったありがとう」
それから毎晩我が家に電話がかかり私は言葉を盗まれた
「…」
299名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:52:01 ID:rUT
>>296
合間にやる短いやつやな
300名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:52:56 ID:tjL
>>243
「実況板」
20xx年、ある男は頻繁に実況板を利用していた。
その男は口が悪く馬事雑言を書きこんでいた。
10年後男は、売れっ子芸能人となった。
人気も落ち着いた頃、ある日ふと男は実況板のことを思い出してしまう。
それ以来男は人前に姿を現さなくなった。
301名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:53:44 ID:Opq
天国がある場所
302名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:55:12 ID:qnk
>>252
最近同級生達の間で「ハルベリシア」がはやっているらしい
僕には全く意味がわからないが今日も学校で「昨日のハルベリシア見た?」「すごかったよな」というような会話が飛び交っている。友人に聞こうにも流行に乗れてないようで恥ずかしい。
すると僕の友人グループのうちの1人が唐突に「ハルベリシアってなに?」と聞いてきた。
僕は「お前ハルベリシアも知らねーのかよ」と答えた
303名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:55:47 ID:rd3
>>266
一組の男女が結婚した 二人には、アニメが好きという共通点があり、結婚もそれがきっかけだった
ある日のこと、男が妻を起こしに行くと、寝室に妻の姿がない
男は家中を探し回るも、ついに妻を見つけることはできなかった
結局その日妻の姿を見ることはなく、次の日には警察に行方不明届を出して、妻の安否を願った
それから1か月経った後、テレビをふとつけるとあるアニメが流れていた どうやら異世界転生モノらしい だがそのアニメが妙に気になった
そのアニメの詳細を調べると、あることに気づいた アニメ主人公の女のプロフィールが妻とほぼ同じなのだ
男は恐怖に震えた それから4か月ぐらいが経ち、そのアニメは大好評となっていった
だが男はそれに対してある懸念を抱いていた それは、二次創作などで妻が酷いことをされないかという不安だった
予感は的中した ネットで調べているとそのアニメの主人公を強姦したり殺したり・・・などという二次創作作品が見られ、自分は怒りに震えた
どうにかしてそれらすべてを消せないものかと、掲示板などで二次創作への批判を来る日も来る日もし続けた

1か月後、男も姿を消した それから2か月か経った後、男のプロフィールとそっくりな男が主人公のアニメが放映された
304名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:56:30 ID:csb
>>298
ちょっと怖い
305名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:56:51 ID:CC1
ぶぶ漬けが恋しくて
306名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:56:57 ID:1qO
>>236
「お前の作業効率悪いんだよ!」そう言うと上司だと思われる男は部下の事を殴る。蹴る。
この上司の男Aはことあるごとに仕事が遅い効率が悪い等新人に当たり散らす割には自らは仕事を人に押し付けて一切やらない最低な奴だった。
週が明けたある日のこといつものようにAは怒鳴り散らす「おせーんだよ仕事が!俺が怒られるだろう!」その瞬間オフィスに鳴り響くホイッスル
「どうも」ドアを開けて入ってきたのは時間審判団ータイムキーパーズーと名乗る男達
男たちは言う「我々は時間という概念に基づきすべてに平等に時間を与えるもしくは奪う権限を持っている」と
そう言い終わると同時にタイムキーパーズはタイムカードや残業時間の集計を始めた。
2時間後リーダーと思われる男のため息でタイムキーパーズは再び整列を始める。リーダーの男は言う「この会社の時間を見直したがこの会社の時間を奪っている奴がいる為ソイツを排除する。」そう言うと銃を取り出し社員の方に向かってくるタイムキーパーズ。
泣き出す新人社員達、そこでAは言う「あーあ可哀想に俺のように仕事ができれば殺されなかったのになぁ」
その瞬間、銃声が轟くドサッAは倒れた。即死だ。
「貴方は会社の時間を食い潰した。時間誰のもとにも平等に訪れるべきだ」社内からは歓声が上がる。Aが死んだ!消えた!やったー!皆思い思いの言葉を叫ぶ。
バンバンバンバンバンバンバン!大量の銃声が聞こえあたりが静まり返った頃、そのオフィスに生きてる人間はタイムキーパーズ以外いなかった。
「くだらない社内問題で我々の時間を潰した為排除した。時間は誰のもとにも平等に訪れるべきだ。」
307名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:58:32 ID:LMP
音の出ないクラリネット
308名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)00:58:59 ID:i3A
>>222
彼女は大女優だった。世界中の映画に出演し、もはや彼女を知らぬ者はなし、人気は絶頂。
しかし、老いは避けられない。彼女はあらゆる手段を使って、複製人間の開発に成功していた裏の研究所に赴いた。新しい肉体を作り、記憶も移植できるのだ。
莫大な資金を投じて、自身の若いクローンを造るよう説得に成功した。これで新しい、若い肉体が手に入る!
しかし彼女の血液を採取し、なにやら調べていたドクターが言った。

「すでにあなたは二人目です。クローンにはオリジナルの遺伝子情報が……」

彼女は目の前が真っ暗になり、ぶるぶる震えて床に手をついた。
ちょうどそのとき、研究所を尋ねる者があった。彼女と同じ顔をしたその女は、ドクターを見るなり、

「ねぇ、私の若いクローンを作ってちょうだい!」


二人目の自分
309名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:00:12 ID:Opq
あんこお芋はレンジ棺の夢を見るか?
310名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:00:48 ID:on7
たん壷女
311名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:01:22 ID:csb
>>302
誰も知らないってことか
>>306
オチが怖くてイイね
312名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:02:52 ID:iIW
>>301
幼い頃祖母に天国ってどんなところ、と尋ねた。
お空のずっとずっと高いところにあるとっても美しいところさ、と祖母は教えてくれた。
それから、私は高い所に夢中になった。
ジャングルジムや木登りが大好きで、富士山にも登った。
もっと高い所に行きたくて宇宙飛行士になった。
初めての宇宙で空のずっとずっと高い所から地球を眺めた。
そうしてやっと祖母はデタラメを教えたんだなとわかった。
313名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:04:28 ID:a5C
人面絆瘡膏
314名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:04:31 ID:Opq
無限の土星人
315名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:05:44 ID:W5s
あんま言ったらあかんけどほとんどがクソつまらんな
316名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:05:56 ID:1Nc
>>302ズンドコベロンチョかよ
317名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:06:40 ID:rd3
>>315
そらおんJ民やもん 何を期待してるんです
318名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:06:59 ID:W5s
>>317
いや本人がノリノリで書いてるのが寒いなーって
319名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:07:21 ID:rd3
>>318
分かった、分かったからもうレスするな ワイに堪える
320名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:07:47 ID:W5s
>>319
ごめんな
でも否定的な意見も聞かないつまでもおもんないままやで
321名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:08:15 ID:rd3
>>320
ここそういうとこやったんか・・・
322名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:08:25 ID:qzK
>>305
「ぶぶ漬けいかがどすか?」京都に詳しい人なら知っているだろう「もう帰れ」という意味だ。
世の人は陰湿だの陰険だのというが、私はそんな京都の文化が大好きだ。
だから私は町中のいたるところに出没して、数えきれないほどの回数だけぶぶ漬けを勧められいたのだ

そう熱弁する私に、机の向かい側に座った男はこう言った
「カツ丼食うか?」
323名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:08:32 ID:LMP
煽りカスに構ったら(あかん)
324名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:08:44 ID:iIW
ばつぽち
325名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:09:02 ID:1qO
かまってちゃんなだけやん
326名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:09:07 ID:1Nc
世にも奇妙ってこんなんなんか?
327名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:09:21 ID:W5s
なんでカス呼ばわりされなあかんねん
そんな馴れ合いばっかする場と違うやろ
328名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:09:46 ID:AAH
世にも奇妙なスレはここですか?
329名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:10:43 ID:rd3
>>326
知らん
世にも奇妙っぽいに対してそれっぽいやからもはや世にも奇妙ではない
330名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:12:42 ID:9Fl
イッチ寝たんかな
イッチのは外れない感じ
331名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:15:41 ID:AAH
なんでこうなったか産業
332名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:16:21 ID:tjL
空気読み屋
333名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:18:06 ID:UIc
>>331
タモリ「言ってはいけない場面で本音を言ってしまうという
経験誰だっておありでしょう
しかしこの男の場合は少し様子が違うようです」
334名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:21:58 ID:AAH
>>333
三月
335名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:22:39 ID:tjL
334
336名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:23:49 ID:eX4
笑っていいとでも
337名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:25:45 ID:Lv0
なかなかうまくいかんもんやなー
338名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:27:30 ID:qzK
>>332
彼は馬鹿でも無能でもなかった、ただ、空気を読む才能だけがずば抜けて足りなかった
それがために仕事も私事も失敗ばかりで評判は良くなかった
ある時、彼の前に「空気読み屋」を名乗る怪しい男が現れる
訝しみながらも男のアドバイスを受け入れると成功続きになり
いつしか彼は成功者になっていた
339名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:29:43 ID:lnn
>>332
周りの空気を読むことができず孤立していたOLのa子は会社帰りに見慣れない店を見つける。そこは「空気読み屋」という老婆が空気の読み方を教えてくれるという店だった。胡散臭いと思いつつ物は試しとa子はそこで空気の読み方を教わるようになる。
そしてa子はだんだん空気が読めるようになり周りとも打ち解けられるようになるが、次第に空気以外の人の心の中まで感じ取れるようになってしまった。
340名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:29:53 ID:4sG
イキ続ける男
341名無しさん :2018/04/18(水)01:32:23 ID:FTW
>>270
オフ会0人

ネット上でまことしやかにささやかれる噂「オフ会0人」
というのもオフ会を企画したい男が相当山奥に住んでいて尚且つ身重で動けず、
そのため会場を自宅にして募集をかけるのだが、如何せん不便なためほとんど誰も来たがらない。
そのため男は半ば自虐的になり、開けた缶ビールとつまみを撮ってネットに上げ
「今日の0人オフ会楽しかったです!」などと書き込むのだった。

そんなある日、いつものように男は自虐を兼ねて「参加者無しの0人オフ会開きます!」とスレッドを立てたところ、
食いついてくる奴が現れた。それも5人もだ。


まず一旦この5人で集まり、それから男の家を目指すことにした。
5人で男の家に向かうが、あまりの遠さに5人は疲労する。道中飲み屋に入り、掲示板談議に盛り上がる5人。
その内これがオフ会ってことでいいんじゃないかという意見がちらほら出始めた。
しかしメンバーのうちの1人である孝は「それは俺たちを待って色々と用意してくれているあの男に申し訳ないんじゃないか」と反論した。
そして口論にまで発展し、4人は行くのをやめてみんなで帰ろうと孝を強く説得するが、
孝は薄情な奴だと言い張って一人でも家に向かうと言ってきかなかった。


「家についたらアイツらの文句を肴にしてやろう」と孝は単独で男の家に向かう。
かなりの長旅を経て夜が明け始めた頃、遂に孝は山奥で崖の上にそびえ立つボロボロの家にたどり着いた。

本当に人が住んでいるのか疑わしいほどのボロ家。
中を開けて入ってみるとそこには缶ビールやゴミに囲まれた白骨死体があった。

孝はなんてことだと思った。「オフ会0人と言っていたのは当の本人も死んでいたからなのか…」と。
もう少し早くここに来ていればと後悔した。
孝は遺体に向かって手を合わせ、その場を後にした。

崖を降りる途中、ボロ家の方から突然「ありがとう!!!!」という声が響き渡った。
それに驚いた孝は足を滑らせて転落してしまう。
孝が落ちた場所には既に4体の死体があった。


時が経ち、再び同じスレッドが立てられる。
「0人オフ会開きます!」
0人なのに楽しそうなのは仲間が増えたからなのだろうか。
また1人の人間が名乗りを上げた。
0人になるために。
342名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:35:31 ID:Lv0
>>341
おもろい
343名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:50:04 ID:jKu
>>335
「334」


あなたは今日も不思議な夢を見る。
目の前にはひとつの扉。その扉には「333」の文字。
いつから始まったかわからない。夢を見ると、決まって数字の書かれた扉の前に立っている。
そして、その扉を開けてくぐると、次の数字が書かれた扉が待っているのだ。
いつから始まったか覚えていない。
あなたはこの光景に既視感を覚えるが、仕方なく「333」の扉を開け、くぐる。案の定、「334」と書かれた扉が目の前にあった。
それを見た瞬間、あなたは得体の知れない恐怖感に囚われる。なぜだか分からないが、これが最期だと直感する。
この扉を開けるのが恐ろしく怖い。しかし、開けないと先へは進めない。
あなたは思い切って扉を開ける。そして、その先には……。

あなたはここで目を覚ます。あたりは何も無い。
一面の割れたコンクリートの地面と、ガラスの破片や焼け焦げた布切れと、あなたが頑張ってきて集めてきた水と食料いがい、あたりは何も無い。
あなたはまだ救助がやってこないことに絶望し、果たして救助が来るのかどうか、あなた以外に人はまだいるのかどうか耐えようもない不安感を覚えつつ、日数を地面に刻む。
「334」

あなたはすることもないので、再び眠りにつく。
そして、あなたは今日も不思議な夢を見る。
344名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)01:55:37 ID:Lv0
>>286
「絶景かな」
私の生まれた街は小さな盆地だった。
四方を高い山に囲まれ日は夕焼けになる前に沈む。
この街で生まれ育った人は地平線というものを誰も見た事はなかった。
どこまでも続くまっすぐな地平線に沈む大きな太陽……。
一度は見てみたいものだ。


「……それがボタンを押した理由ですか?」
ハーグで私は尋ねられた。
彼らが飽きるほど見ているその絶景をこの先私が堪能する事はない。
345名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:00:23 ID:HEq
人体実験
346名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:00:39 ID:qzK
>>307
「先輩、なんだかこの博物館、変な展示品が多いですね」
「そうか?有名なものばかりなんだぞ?」
「えー?そうなんすか?この古くさい柱時計も?」
「おじいちゃんのだ」
「なんすかそれ。こっちの白い貝殻のイヤリングは?」
「森で落としたら熊が拾ってくれたんだ」
「意味わかんねっす・・・こっちのクラリネットは普通に高そうっすね」
「それか?壊れてるぞ。ドとレとミとファとソとラとシの音が出ないんだ」
「全部じゃないっすか・・・ますます意味わかんねっす。それにしても最近暇っすねー」
347名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:01:37 ID:TE4
>>346
どういうことや?教えてクレメンス
348名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:01:50 ID:BKA
赤松胃がん
349名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:04:09 ID:Lv0
>>336
「笑っていいとでも」

「今日のゲストは○○きい○おさんでーす」
「あれ髪切った?」
350名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:05:34 ID:y94
>>288
さんがつ


>>303
すこ
351名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:06:22 ID:y94
「眠い」
352名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:06:46 ID:tjL
評価
353名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:07:17 ID:qzK
>>347
「えっ、あれ実話やったん?」か「実在しないものが集まる不思議な世界」か
どっちが真相なんかは書いてるワイにもわからん

とかそういうことにしといてクレメンス
354名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:08:11 ID:Lv0
お題はお題で面白い感じだと挑戦したくなるよね
(面白くするとは言えない)
355名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:09:12 ID:TE4
>>353
ほえー答えは無いんやね
356名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:09:44 ID:Lv0
>>353
347じゃないけどそういう意味かサンガツ
357名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:14:16 ID:y94
>>224
その男は何をするにしても3番目だった
テストの成績も体育の成績もモテ度合いも
男は悩んだ
「どうやったら一番になれるのか」
それから男は神に祈った
「何でも良いから一番にして下さい。出来れば世界一が良いです」



数ヶ月後、男は新聞に載った
世界で一番高い所から飛び降り自殺した男とした
358名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:14:21 ID:y94
>>357
難c
359名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:23:25 ID:BKA
CLANNAD
360名無しさん :2018/04/18(水)02:24:31 ID:FTW
>>340
「イキ続ける男」

その男には妙な体質があった。生まれてから射精が止まらないのである。
ズボンの裾から滴り落ちる体液を人は好ましく思わなかった。
当然男も自分の体質にコンプレックスを持っていた。

だがそんな体質に興味を持った研究者たちが彼の体を調査し始めた。
水分を摂らなくても止まらない精液は研究者たちの興味をそそった。

結局原因は解明できないまま男は思春期を迎える。
あふれ出る体液に際限が無くなり、日常生活もままならなくなって隔離された。
男は悲しかった。泣いても泣いても涙と精液は止まらなかった。

そんな折、地球上では深刻な水不足に陥っていた。
研究者たちは安全で清潔でとめどなくあふれ出る彼の体液に注目した。

仕組みは未だによくわからないがこの男を使わない手はない。
男も自分が人々の役に立つのならと喜んで協力を申し出た。

男のおかげで水不足は解消された。男は何年も何十年も体液を出し続けた。
その内誰も彼の体液を気持ち悪いとは思わず、当たり前のものになりつつあった。

そしてまた幾年か経ち、男は死んだ。人々はパニックになった。水の供給源が絶たれた、と。
しかし男の局部から体液が枯れることはなかった。涙はとっくに枯れ果てていた。

男の体液はろ過され人々の手元へ渡る。
洗浄に使われ、お風呂に使われ、そして飲まれる。
男は人々の中で生き続けるのであった。
361名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:25:38 ID:a5C
デカマクラ
362名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:25:59 ID:Lv0
>>119
「謎の草」

俺は除草師
草を見つけては刈り取る仕事だ
だが草の事はあまりわからない
詳しくなくたって仕事に支障はない

あるとき草が発生した
後輩が言う「これを刈り取るのは大仕事ですね」
なぁに俺の手にかかれば簡単なもんさカタカタカタ,ターンッ!
「さすが先輩凄いセンスですね!」
ほら、もう俺にとって謎の草は生えない
363名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)02:26:27 ID:sbl
甲子園の魔物にとりつかれて
364名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)03:37:10 ID:Lv0
>>345
「人体実験」
ある独裁国家がついに多国籍軍との戦争に負け
戦争犯罪が次々と白日の元にさらされる事となった。
中にはおぞましい非人道的な人体実験もあった。
人体実験の成果の中には人の闘争本能を抑え
穏やかな精神状態へ変える成果があり、それは世界中で話題となった。
それを世界中で行えば世界は誰もが幸せになる。
だが、行ったあと敵対国に攻め込まれたら蹂躙されるがままだ。
その各国は口には出せず新たな緊張が走る。
果たしてどの国が最初にそれを行うのか―――。


時がすぎ、世界は平和になった。
なんとリスクを恐れず真っ先に行った国が現れt「うーん。失敗しちゃったわ。
なんでそっちに行くかなぁ?もっと前に正しい分岐があるんだけど何で気付かないんだろ?」
「実験の失敗は成功の母ですよ神様。さあ奇麗にしたのでもう一度最初からいきましょう!」




デウス・エクス・マキナちっくで反省
365名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)03:56:56 ID:suW





366名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)03:57:28 ID:suW





367名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)07:05:15 ID:Lv0
>>224
3番目の男

俺は3番目の男。いつでも1番目になれるが、あえて3番目に収まっている。

なぜかって?1番目はやたらと目立って窮屈だろ。色々狙われるしな。
2番目も危ない。1番目がやられたらすぐ次の1番目だからな。
安全が一番長いのは3番目ってわけだ。

この人食いモンスターが棲むダンジョンでも定石通り3番目を歩いている。
1番目「駄目だ行き止まりだ。一番後ろの3番目よ引き返してくれ」
368名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)12:52:22 ID:Lv0
>>237
バーテンダーのいない夜

いつも行きつけのバーへ寄る。
珍しく一番乗りだ。
しかしバーテンダーがいない。
カウンターにはシェーカーが転がっている。
そうか今日はバーテンダーのいない夜だったな。

ちょっと喉が渇いている俺は後払いで良いかとシェーカーを手に取り数回振る。
すると女性客が入ってきた。
俺がバーテンでないのは一目瞭然だがジョークを聞かせてこう言った。
女「バーテンダーさん何かいっぱいお願いしていいかしら」
俺は紳士的にそのジョークを受けた。
俺「かしこまりました」

今日はベーテンダーのいない夜。
女の前でシェーカーが転がっている。
369名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)12:52:58 ID:oag
有能ニキ何者なんや...面白い
370名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)13:01:38 ID:cYQ
あらすじはレベルアップしてもidはレベルアップしないんやな
371名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)13:03:16 ID:gTS
>>366
この人おんjにおったな
なつかC
372名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)14:51:03 ID:Lv0
>>213
恫喝横丁

ここは場末の恫喝横丁。
そこかしこで恫喝プレイが行われてる。
トウシロには敷居が高いが、通の間じゃ大流行りだ。
今日もちょっくら一杯引っ掛けるかぁ。

「われコラァ!水割り一杯1,000円で済むと思ってんのかっ!」
「ひぃぃぃい」
「3万円じゃボケェッ!!」

ふぅ、今日の恫喝はやけに本物そっくりだぜ ( #)ω・)
373名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)16:06:31 ID:L60
ハードボイルドっつうのか
そんな感じでカッコE


374名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)16:16:05 ID:y94
唐揚げ大好き
375名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)16:36:29 ID:Lv0
>>314
無限の土星人

土星人と地球人のファースとコンタクト。
なんでも土星人はなんでも無限らしい。
資源も才能も。
何もかも枯れ果て疲弊していた地球人にとって
土星人との星間交流の締結は吉報である。

挨拶しはじめてかれこれ7年になる。
376名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)16:38:36 ID:EAw
日本:上級編
377名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)19:19:24 ID:Lv0
>>267
自分たちのサッカー

WCまであと5ヶ月となった。
ここまでのテストマッチは結果を出せずに来てしまった。
「自分たちのサッカーさえ出来れば」
しかし監督は自分たちのサッカーをする事を許さない。

主軸となるメンバー、中盤の司令塔・前線のエース・後衛のキャプテンはもちろんその他の選手誰もが危機感を持っていた。
ある日また負けた試合後、主軸の選手三人は以心伝心で目配せあった。同じ釜の飯を食った仲だ。
ついに三人揃って監督へ直談判する事となった。

選手「「「監督!自分たちのサッカーをさせてください!」」」
監督「じゃあ自分たちのサッカーってなんだね」
選手「「「ゾ素守ー早りンいをプパ固レスめスをカに繋ウてぎン相一タ手気ーをてで封攻決じめめるるるサササッッッカカカーーーだねですだ」」」

WCまであと53ヶ月となった。



こん程度だけどLv0のうちにまた来ます
378名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)21:24:37 ID:Lv0
>>74
シェア奴隷

今は未来、社会は奴隷によって支えられていた。
奴隷の人口比は脅威の80%超え。
奴隷無しで社会は語られない。奴隷こそ文化だ。
奴隷を否定するなんてあり得ない。

10%も満たないご主人様は奴隷の間で
めまぐるしくシェアされる事となった。
「……あぁ、奴隷から解放されたい」
379名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)21:25:26 ID:Lv0
>>289

全米公開10週連続第一位!
批評サイト90点超え!
予測不能の結末!
緊張の走る非常事態に奔走するNYPD!
その危機を救えるのか!?
最後の爆弾解除は成功するのか!
結末やいかに!?劇場にてその目で確かめろ!!
そのときあなたは涙する―――
映画「ニューヨークは沈んだ」
380名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)22:01:05 ID:qzK
あげとくで
381名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)22:10:41 ID:SpQ
やっぱりまとめられてるな
382名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)22:40:35 ID:e87
撮られる人
383名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:09:54 ID:Lv0
>>82
死角繁盛店

今のご時世、はやりのネット対戦ゲームと言えばFPS。
勝利するには色んなコツがあるが、一つは死角をどう克服するかだ。
それを特訓するにベストなのが死角店。
死角店の中でもここの繁盛店には色んな死角が揃ってる。
ここで片っ端から死角を買って特訓すれば腕も上がるというものだ。

地道に通い続けてついに全メニューを制覇した。
フフフ、俺にもう死角はない。完璧だ。
これで次の対戦でFPSチャンピオンに勝てる!!!

カランコロンカラ〜ン
俺はドアを開け意気揚々と店を出た。
店「ありがとうございました。またのお越しを」
出た瞬間からもう別の客が入店する。さすが繁盛店だな。
カランコロンカラ〜ン

店「いらっしゃいませ、いつもご贔屓ありがとうございます。
 たった今ご注文の新しい死角が入荷致しましたよ、チャンピオン様」
384名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:14:14 ID:qzK
ケツカッチン
385名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:15:20 ID:tjL
疑惑
386名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:15:57 ID:Lv0
ワイ昨夜メモしたお題目を書き溜めてたのコピペってるだけやで・・・

>>253
再現権

遠い未来。
未来では亡くなった人物の人生を再現し楽しむビジネスが一部で流行っていた。
当初は著名人が人気だったがある問題があった。
一度再現されると二度と復元出来ないのだ。
その事からしばらくして「再現権」なる概念が生まれた。
著名人の数には限りがあることから再現権は高騰。
そこで提供企業らは不足分を補うため一般人の再現権を取り扱う事となり
ちょっと金を出せば誰でも購入出来る価格に落ち着いたことで一気に全世界でブームが巻き起こった。
そしてついには再現権の取引市場が形成されるにまで至った。
元締企業は再現権の高価買取を謳い人々は誰もが先祖の再現権を売ってこの世の春を謳歌した。
今買っておけば値が上がる、買え、買わせろ、足りない、足りないもっと再現権を!!

ついにその時が来た。再現権バブル崩壊である。阿鼻叫喚の地獄絵図が各所で見られるようになった。
同じように再現権も各所で得られるようになった。
387名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:18:42 ID:tjL
>>381
http://world-fusigi.net/archives/9102643.html
評価されてるやん
388名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:26:59 ID:Lv0
再現権2

私は事業に失敗しうらぶれていた。
チャンスに賭け危ないところからも借りていた私は膨大な借金を背負い、
一家は離散し嫁と子供は今はどうしているのかも判らない。
あんなところから借りた割には命だけは助かっているのは不幸中の幸いだろう。
こんなハズじゃなかった―――。

そんな私の鬱憤ばらしは再現ゲームのはしごだ。
再現権バブルが弾け今や二束三文で過去の他人の人生再現権が買える。
値段だけに誰のどんな人生かは判らない。今日は誰の人生だろう、まずは2回だ。

************

再現が終わった。
私が生きていられる理由がやっと判ったよあぁ

また再現権に新しいのが1つ加えられました。
389名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:27:38 ID:Lv0
再現権3

俺は再現権エージェント。
市場で慢性的に不足する再現権を供給するため
足を棒にして各所から既に亡くなった人の再現権を買い集める。
買い集めるにはコツがいる。闇雲に買い集めては効率が悪い。
まずは独居老人だ。彼らに言葉巧みに近づきサンプルの再現権を譲渡する。
一般人にはランダムだが最上級の特Aエージェントの俺は特権でストックの中から任意の人物を選べる。
独居老人の幸せだった時代の人間を選んで再現させてやるのだ。
そうしたら目の輝きを取り戻し喜んでもっと見せろと先祖の再現権を売り払ってくれるのだ。
一人分の再現権で何人分の再現権が手に入るかっての。もう笑いが止まらん。

今日もようやく見つけた独居老人の家にお邪魔する。前と相変わらず気難しい顔をしてやがる。
ふっ、俺が誰だか判っちゃちゃいないようだな。
だが爺さんの過去の幸せな時間を持つ人物の再現権を体験させりゃイチコロさ。
ほら、幸せなあの頃を思い出してくれよお爺ちゃん。
390名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:28:15 ID:Lv0
>>387
まとめで見ると読飛ばしがあるの気付かされるンゴ
391名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)23:53:55 ID:Bsz
闇夜のトヨネ
392名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)00:10:55 ID:GH2
特に急がない特急
393名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)00:24:34 ID:d3C
後天性お利口症候群
394名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)15:16:13 ID:GOy
安室霊
395名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)18:20:56 ID:gyQ
>>391
闇夜のトヨネ

大学で民俗学の研究をしている主人公A
ある日 学生から「闇夜のトヨネ」について教えて欲しいと頼まれるが
数多くの伝承を知る自分が、これまでに一度も聞いたことのない名前だった。
時間が無いからと誤魔化したAだが「闇夜のトヨネ」が気になって仕方がない。
研究仲間や恩師を尋ねるが、誰一人として「闇夜のトヨネ」の事を知るものはいなかった。
諦めかけたAが古い研究ノートを開くと別れた妻と出会った頃の写真が落ちた。
藁にもすがる思いで久しぶりに連絡を取ると、なんと彼女は「闇夜のトヨネ」を知っているという。
慌てて彼女に会いに行くが、彼女はなかなか話そうとしない。
Aがしびれを切らしたその時 あの学生が現れた。
「ごめんなさい 作り話でした」 彼女と学生は親戚だという。
唖然とするA 
「それじゃあトヨネというのは?」  「…私のおばあちゃん」
Aの笑い声で暗転
~数カ月後~
二度目の結婚式を挙げる二人    END
396名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)19:23:13 ID:gyQ
>>394
安室霊

「人は誰しも欲を持っています。
しかし、どうやら欲を持っているのが生きた人間だけとは限らないようです。」

友人の紹介で新しい病院に務めることになったナース
院長がしばらく不在らしく主任が代わりに案内をしてくれた
院内を一通り案内してもらったのだが一つだけ気になることが
霊安室だと思われる部屋には安室霊の文字
「先輩 あの部屋って霊安室じゃないんですか」
「アレのことは気にしないでいいの」
主任はそれ以上何も教えてくれなかった
ある夜 見回りをしていたBはかすかに声がするのに気づく
「…ぁ……ぃ…ぁあ…ぅ…」
まさか死体が喋っているのか、誰かが死体に話しかけているのか
恐ろしくなったが好奇心には勝てなかった
「大丈夫ですか!?」
ノックをして声を掛けるが返事がない
意を決して中を覗くと そこには
VRを付けた院長がいた
予想外の光景に固まっていると 物音に気づいた先輩が駆けつける
「だから気にしないでって言ったの 
あの人ったらまるで何かに取り憑かれてるかのようにああしてるのよ」
怪しく微笑む主任   END
397名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)21:25:39 ID:8Yx
オカルトギャンブラー
398名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)03:10:12 ID:Ss6
>>382
撮られる人

「写真お願いします!」
若い女性のグループが近づいてくる
二つ返事で快諾し、ポーズを取る男(鈴木)
「あのぅ私達を取って欲しいんです…」
慌てて、照れくさそうにカメラを受け取る鈴木は売れない役者だった
そんなある日 先輩からSNSを使ってみてはどうかとアドバイスを受ける
半信半疑で投稿する鈴木
鈴木です  #撮られる人
写真自体はどこにでもいそうな男が写っているだけだったが
なぜか #撮られる人 が広まり鈴木は一躍有名になった
「写真お願いします」パシャ「いつも応援してます」パシャ
いつかのような勘違いはもうなかった
日増しに増える鈴木の写真
見つけました #撮られる人 やっと会えた #撮られる人
最初のうちこそ気分が良かったが、投稿は次第にエスカレートしていく
今日の鈴木さん #撮られる人 寝ている鈴木さん #撮られる人
もはや鈴木にプライベートはなかった
追い詰められた鈴木は飛び降り自殺を試みる
パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ
各局のヘリが飛び交う中 とうとう鈴木が飛び降りた
パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャグシャ

(ドラムロール)
……「主演男優賞は「撮られる人」鈴木さんです!!」
パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ
鈴木が一言つぶやく
「かんべんしてくれ。」     END
399名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)03:26:53 ID:Ss6
>>384
ケツカッチン (短編)

「おかあさん けつかっちん ってなに?」
「お母さんがまだ若い頃に流行った言葉で 後ろの予定がある という意味よ」
場面が変わり米軍基地
「大佐!一部分を除き解読終わりました!」
「よくやった!地球は本日ケツカッチン? ケツカッチンとはなんだ!」
(爆発音ののち砂嵐)   END
400名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)04:39:03 ID:nM5
>>393
後天性お利口症候群

「行ってまいります お母様」「いってらっしゃ~い」
(やんちゃ坊主だった息子がお利口になったのには理由がある
そう後天性お利口症候群のおかげだ)
(回想)
夫はエリートサラリーマン 順風満帆に思えた女には一つだけ悩みがあった
何度言っても言うことを聞かない息子の存在だ
ふとテレビを見ているとT大学の偉い学者が何やら発見をしたらしい
「聞き分けの良い子どもには秘密がありました。彼らは特殊なウイルスに感染していました。
ウイルスと言っても決して悪い病気ではありません。私はこれを後天性お利口症候群と名付けました。
自然に発症することは極稀にしか無いですが、私は発症のメカニズムを解明しました。
手に余る子供をお持ちの方は私の研究室までご連絡下さい。」
そんなバカな話があるかと疑っていた女だが学者に相談を持ちかける
息子の悪行を話すと学者は目を輝かせながら明日にでも取り掛かりましょうと言う
(回想終わり)
本当に相談してよかったと笑顔の女
噂はママ友を通じて広まり 日本中に後天性お利口症候群が広がった
~一年後~
学者が自殺した 遺書を広げた警察の顔が青ざめた
『私はとんでもないことをしてしまった。子どもたちが成長するのが恐ろしい。
過去に自然に発症した人物の中にいてはならない人物がいた その名はヒトラー』   END
401名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)04:45:32 ID:nM5
スレ見つけるのが遅すぎたわ
駄作製造の蛇足 だったかもしれないけど
一人でも楽しんでくれる人がいたら幸いやで
402名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)13:44:30 ID:xBF
火星人、月へ行く
403名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)16:07:11 ID:nM5
>>402
火星人、月へ行く

(流れ星と衝突音)
ある日、未確認飛行物体が男(唐沢寿明)の研究室のそばに落ちた
中から出てきた人間そっくりの自称火星人(佐藤二朗)は
「不時着しちゃった。オレは月に行かなくちゃならない。」
と流暢な言葉で話す
突然のことに驚く男だったが、火星人の技術や知識を目の当たりにし
どうにかこれを利用できないかと考える
そして宇宙船の修復を条件に、男は様々な発明を火星人から教わることになる
もっといろんな事が知りたいと修復を長引かせようとする男だったが
工作の甲斐なく宇宙船は見事に修復される
「短い間だったけど本当にありがとね」「こちらこそ助かった。月に行く任務頑張れよ。」
親友同士のように抱き合う二人
手を振る男に一言告げて火星人は旅立っていった
「それならもういいんだわ。だってここが月なんだから」  END
404忍法帖【Lv=0,作成中..】 :2018/04/23(月)06:21:23 ID:F4h
ロデオ教頭
405名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:35:48 ID:GmP
>>404
にちなんで…
『彼のアルバム~闇の教育者、校長~』
406名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:38:39 ID:ilQ
震えるうんこ
407名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:47:27 ID:GmP
>>249
ヒロコは結婚10年目で息子一人の母親
今週末に息子の誕生日があるのでその日は三人でお祝いしてあげようと、
旦那と話していた…息子のタダシもその日は予定もないから久しぶりに親子で
楽しいひと時を過ごせると皆期待していた
タダシは昨夜の夕食時に親友も読んでいい?と聞いてきたのでそれじゃ余分に
御馳走も用意しないとネトヒロコは快く承諾した
タダシの親友の少年は地区外に住んでいて今回が初めての来訪になるのだが
ヒロコは遠いので大丈夫なのかと少し心配していた…
408名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:52:45 ID:dMq
>>72
「でらべっぴん」
産みの親からも醜いとわれたよし子は両親の死後、寂しく独り暮らしをしていた。
彼女の話し相手は、スマホの美少年アプリだけ。君は美しい、そういう声に何度も励まされてきた。
ある日、その声とそっくりな誰かが家に訪ねてきて…
409名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:54:17 ID:GmP
>>217
ヒロコは最近絵本に興味津々な息子タダシのために生協で一つ注文した
読み聞かせが大事な時期だしどういうものが教育的にいいかと検討してみた
それであるタイトルのものが目についてなんとなく選んだのだが、
彼女は少し胸が痛くなるほろ苦さが甦ってきた…
それは今から数年前のタダシが生まれたばかりのころ
410名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:55:16 ID:tGd
長引く風邪
411名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:58:14 ID:y7b
幽霊が死ぬ時
412名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)06:59:25 ID:GmP
>>410
タダシは小学生で高学年の少年
学校は嫌いじゃないが苦手な学科のある日は何となく憂鬱だった
最近はダンスなんて科目も体育に出てきたので女子と共同でやらなきゃいけないのが
ますます憂鬱さを加速させている主な原因
彼の親友は別のクラスにいたけど最近顔を見ない
まさかこのとこ流行している風邪でもかかってるのかな?と思っていたけど
413名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:00:28 ID:SA3
こども病棟
414名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:04:18 ID:Y8s
>>411
ある日突然一人暮らしのYの家に
幼い頃事故で死んだ幼馴染が現れる。
Yにしか見えない幼馴染とYの奇妙な生活と
日々着実に迫る別れを察知したYは、、
415名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:04:24 ID:MFw
若人ホーム
416名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:05:01 ID:GmP
>>411
>>413
タダシの親友はやはり流行の風で入院中であった
小児病棟にいるかれを但しは暇さえあれば見まいに行ってあげていた
大部屋なのでそこにはいろんな年齢の子供らがいた
ヒロコに注意されながらもタダシは退屈気味な友達と馬鹿話を楽しんだりと
いろいろ元気づけてあげていたのだけどたまたまそこで仲良くなった子がいて、
彼がある話を教えてくれたがそれはその病院にまつわる悲劇であった…
417名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:06:49 ID:y7b
雨に濡れた大樹はヒトの命を弄ぶのか?
418名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:10:19 ID:Y8s
>>406
いつもの通勤路。
唐突な便意に襲われたYは
苦渋の決断の末
人目に付かなそうな茂みで用をたすことに。
罪悪感で夜な夜なうなされるようになったYは
日々精神が蝕まれていき、、
419名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:10:36 ID:GmP
>>392
ヒロコとタダシ親子は親戚の家に行くのに駅に向かった
特急券を買い、イザ席に着くと人もまばらなことに気付く
ドアは開いたままで発車の兆しもない…
どれだけたっても列車が動き出す気配がないので母子は徐々に不安になり
420名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:16:12 ID:GmP
>>397
結婚十年目の夫ケンジは模範的な男で今のところ家庭に波風は立ってはいない
愛妻のヒロコと一粒種のタダシを大事にしている
今日も早々と仕事を終えて帰宅の予定だったけど以前連絡先を教えていたかつての
古い友人からメールが来た…
特に予定もないのでこれから会うことにしたのだが彼は何となく胸騒ぎがした
421名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:22:07 ID:Y8s
>>415
時は西暦2xxx年
暗号名G-END作戦により
超高齢化社会を終えた某国の経済は
ひとときの安寧の時代を終えたころ
企業は新たなサービスに着手しはじめた。

以前まで世話好きと呼ばれていたものが
この頃より介護依存症と呼ばれるようになり
誰かの世話をしたくて仕方ない若者に
有料で施設を利用させるという
奇妙な光景を見た新人のYは
忘れていた何かを思い出してゆく
422名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:32:29 ID:mge
泣き虫せっちゃん
423名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:39:34 ID:Y8s
>>422
東日本の山奥の村
いつも一緒に遊ぶ子供達
その中に泣いてばかりの女の子
「せっちゃん」がいた。
というよりは、居た記憶がある。
久しぶりに地元に帰省した音寺恵美は
彼女の住んで居た家を訪ねることにしたのだが…
424名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:40:50 ID:GmP
>>131
小学生のタダシはおつかいで商店街まで来ていた
ついでに自分の買い物もしようと歩いていたらあるお店が目についた
何かのリサイクル店のようだけどなんとなく店の奥に見える玩具や機材に魅かれ、
中に入ってみるとひとはいないのでブラブラと眺めることにした
暫くすると奥からけたたましい呼び鈴の音が鳴り響いて…
425名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:40:57 ID:U1Q
煙分過多
426名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:47:12 ID:GmP
>>292
以前に訪れた奇怪なリサイクル店の話を親友にしていたら彼は自分も
ある変わり者のおじさんと知り合ったんだよと話し出した
そのひとはある大会に出ていて毎回高得点を狙ってるスゴイ奴なんだと
やがてタダシはそのおじさんが例のリサイクル店の店長の関係者だと知る
427名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:50:12 ID:Y8s
>>292
5年前突如東京の空に現れた
ひとりの奇人が居た。
人は彼をプロペラ人間と呼んだ。
出現した当時は
メディアに注目され騒がれていたものだが
今となっては
すっかりいつもの光景となった。
いったい彼は何故空を飛ぶのか?
フリーランスYの探究心は止まることを知らない。
428名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:50:53 ID:Y8s
>>426
同じタイトル選ぶとは奇遇やな
429名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:51:42 ID:GmP
>>428
もう同一人物にしちゃいましょう!
430名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:53:27 ID:Y8s
ダメやワイのやつの方がわくわくする
431名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)07:55:47 ID:Y8s
>>416
これはワイのよりええな
ワイのはパクリや
432名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)09:34:32 ID:hEa
役満
433名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)10:35:42 ID:Y8s
>>425
事故で死んだY。
死後の世界では
あまり感情的にならない方が良いと先輩から聞いたY。
感情的になるほど半透明の体が気体と混じり合い
いわゆる成仏することになってしまうのだとか。
死後の自由を満喫するべく
意気揚々と散策を始めるYだったが、、
434名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)10:58:34 ID:Y8s
>>324
医療が発展を続ける中
補聴器メーカーが作り出した機能「バツポチ」
一定の周波数を持つ音声を遮断する画期的な機能だ。
主に雑音や自然音に対して
利用することを目的として作られたが
難聴者のYは気に入らない人の声を次々と遮断していった。
ついにバイクのエンジン音も遮断してしまったYに起こる悲劇とは、、
435名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)10:59:03 ID:J1H
炭酸男
436名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)11:15:46 ID:Y8s
>>435
コンビニ店員のYは深夜勤務。
そんなある日突如炭酸水を
大量に買って行く変わった男が現れる。
男は月数回ほどのペースで店に訪れていた。
偶然交代する時間とかぶったYが
気になってあとをつけた先で見た驚愕の光景とは…
437名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)11:26:59 ID:sQi
>>432
ある雀荘にはこんな噂話があった
「一日一度、必ず役満の出る卓がある」
どうやらその卓では誰が打っても一日一度、誰かが役満を和了るというのだ。
噂を聞きつけてやってきた男は、その卓の目星をつけ
噂の真偽を確かめるべくわざと役満を出さないように打ち続けていた
そうして役満が出ないまま閉店時刻が近付いた頃、男の卓に少しずつ違和感が起きていた・・・
438名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)11:27:51 ID:Y8s
>>361
寝具店に来たY。
夏から一人暮らしをするために
薄手の掛け布団を買いに来たつもりが
ひとつポツンと置かれた大きめの枕が気になって仕方ない。
目的そっちのけで衝動買いをしたY。

何故かこの枕を使って眠ると
淫らな夢をみるようになり快楽に溺れて行く…
439名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)11:31:03 ID:l3t
藪蕎麦
440名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)11:33:43 ID:Y8s
午前2時の太陽
441名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)11:35:51 ID:J1H
虎になった日
442名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)20:41:25 ID:IqW
>>440
男が朝起きると、部屋に一つしかない時計が狂っていることに気付く。
今は朝の6時、ようやく陽が上り始めた時刻にもかかわらず、時計は午前2時を指し示す。
男が時計を正しい時刻に戻すと、いつの間にか太陽が出ており、上司からの着信が鳴り止まなくなっていた。
一体男の身に何が起きたというのか。
443名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)20:42:47 ID:J1H
鳴り響く。
444名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)21:00:13 ID:ZeE
第二次テレビゲーム戦争
445忍法帖【Lv=1,とうぞく,XPt】 :2018/04/23(月)23:52:12 ID:F4h
>>397
今世界的に話題のTVショー『オカルトギャンブラー』。その内容は、ゲストである各国のセレブリティたちが、番組から出題されたUMA等の都市伝説的存在が実在するか否か、その存否に大金をベットし、一定期間の捜索の後に勝負をつけるというもの。
第 20回目のお題となったのは、ヒマラヤの未確認生物イエティであった。

TVカメラマンであるAは、番組始まって以来無敗を誇る大学教授F氏の撮影につくことになった。F氏はこれまで、ツチノコ、ネッシー、チュパカブラなどの数々のお題において、それら発見し勝利を納めてきた強者である。F氏は今回も“実在”の側に票を投じ、500万ドルもの大金をベットした。

イエティの捜索には半年の期間が用意されることとなり、実在派の面々は多額の私財を投じてヒマラヤ一帯の調査を開始した。
そんな中、F氏は自分の研究室にこもったままであった。ある日、Aはいつまでたってもアクションを起こさないF氏に痺れを切らす。
「いつまでそうしているつもりなのですか」
Aが問うがF氏は無言のままである。
「他の実在派のように捜索を行わないのですか、これでは番組的にも面白みがないではありませんか」
Aが詰問を続けていると、F氏がついに口を開いた。
「あまり急ぐこともないと思うがね……」
F氏は椅子から腰を上げると、研究室の奥の部屋へとAを手招きした。部屋に入ったAだが、そこは暗く何も見えない。
「すみませんF博士、明かりつけていただけないでしょうか」
暗闇の中、Aの声だけが響く。少しの沈黙の後、Aの背後からF氏の声がした。
「すまないね、今回はお題が悪かった……」
真っ暗な部屋に、ごんと鈍い音が響いた。

半年後、F氏はヒマラヤで発見したというイエティとともにTVショー『オカルトギャンブラー』の収録に現れた。そこに、F氏の撮影を担当していたはずのカメラマンの姿はなかった。
446名無しさん@おーぷん :2018/04/23(月)23:54:57 ID:KRC
見せたいマンゴー
447名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)00:22:09 ID:PZh
視界の外
448名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)00:35:30 ID:PZh
>>443
ここ恩智恵病院では奇怪なアクシデントがよく起こる。
夜中の決まった時間になると
消火栓の非常ベルが急に鳴り出すのだ。
消防点検を受けてなお原因が不明なまま
看護婦の恵美は勤務一年を迎えようとしていたが…
449名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)00:39:17 ID:PZh
>>441
動物園に勤めるYは
ある1匹のメスの虎を
とても気に入っていた。
そんなある日の閉園後
いつもの通り虎の世話をするYを眺める
一人の不気味な老人がYに語りかけてきた、、
450名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)00:44:50 ID:ffX
第2小節
451名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)05:19:00 ID:NAJ
>>450
タダシの親友は昔からピアノを習わされていた
彼は週一回の稽古事が嫌でたまにさぼっている
そういう時はいつもタダシを呼び出し時間をつぶしていた
ある日稽古先であるピアノの先生の自宅に新しい生徒がやって来たが…
452名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)05:22:11 ID:dAj
パッとあらすじ書けるやつ凄いな
453名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)05:31:59 ID:4NM
酸酢の川
454名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)08:45:12 ID:ffX
ロマンスの仏様
455名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)08:47:46 ID:MT3
虫ケラの詩
456名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)08:52:22 ID:ZEj
不幸、買い取ります
457名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)09:27:07 ID:NAJ
>>456
結婚十年目のケンジは三人家族で平穏に暮らしていた
息子は高学年で妻もまだ若くそれなりに波風もなく穏やかであった
ある晩食卓を囲んでテレビを見ていたところいつもの番組途中で繰り返し
同じコマーシャルが流れることに気が付いた
タダシが変なコマーシャルだねと言っていたがそうだねと彼は気にもならずにいた
そして今日、皆の留守中にヒロコは午後セールスの訪問を受けた
458名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)09:27:54 ID:WsY
山男
459名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)09:42:22 ID:nd2
>>447
『視界の外』

目を上下左右にキョロキョロすると、眼球の限界でどうしてもそこから先は見えない世界がある。
首を動かして角度を変えれば見る事は出来るがそうじゃない。
首を動かす事なく、その見えない世界を見たい、知りたいんだ。
瞼を指で押し上げ押し下げして広げる世界も人為的な世界だから違う、偽物だ。
瞼を切り取れば少しは視界が広がるが、それでも限界はある。
眼球周りの頭蓋骨が邪魔だから削り取れば、視界はもっと広がって知らなかった世界を見られるのかな…
460名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)10:35:11 ID:3kU
>>446
見せたいマンゴー

ケンジは学校帰りにど根性大根ならぬど根性マンゴーを見つける
実はとても大きく、これは凄いと友人を呼び出して見せるが「無いじゃないか」と言われる
他の人も皆「無いじゃないか」
ケンジは「ここにマンゴーあるじゃないか!食べてやる!」と皆の前でマンゴーを食べる
するとケンジは倒れてしまう
実はマンゴーでは無く……
461名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)11:29:42 ID:ZIE
>>452
パッとあらすじ書けるやつ凄いな

男は小説家だった
代表作と言えるような作品はなかったが、
まるで別人が書いたかのような多彩な作品が男の魅力である
新しく男の担当になった編集者が男に作品作りの秘訣を聞こうとすると…

「私は誰かと話をしながら作品を考えているんだ。試しに君もやってみないか。」
「面白そうですね。それではお言葉に甘えて」
編集者のアイデアに男が質問を繰り返し物語が出来上がる
満足した編集者が帰ろうとすると…後ろから男が…
「これで○人目か それにしても パッとあらすじ書けるやつ凄いな」
462名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)11:56:07 ID:nd2
>>444
『第二次テレビゲーム戦争』

西暦××××年。
数々の問題を無血解決させる為に、国連は各国にテレビゲームの中で戦争をさせ勝国に権限を与えるというシステムを導入した。
それにより「無駄な殺生をしなくて済む」「ゲームだったら国の為に戦ってもいい」等の声が上がり各国の愛国心は増大、ゲーム外ではそれぞれが友好的関係とメリットだらけの結果が出た。
しかし、第一次世界対戦の頃からゲームのシステムやグラフィックは進化し、今や実写というより本人が電脳世界にいるのでは?というくらいのクオリティを見せ、それが原因で一部の国からは
「これは果たして本当に無血戦争と言えるのだろうか?」
「ゲームの中にいる我々と外にいる我々、どちらが本当の自分なんだろうか?」
という声も挙がり始めていた。
そんな疑問が交差する中、ある日日本と某国の外交決裂から全世界を巻き込む第二次世界対戦が勃発してしまい…
463名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)11:56:34 ID:P58
このゆびとまれ
464名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)12:01:39 ID:3kU
口と兄
465名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)12:21:03 ID:nd2
>>463
『このゆびとまれ』

「君は特別な能力を身に付けるに相応しい人の子だ」
ある日、彼は神の気紛れで人知を超えた能力を授かった。
右手の人差し指を振れば他人を幸せに、左手の人差し指を振れば他人を不幸に出来る能力。
面白がった彼は、大学の嫌いな教授を転ばせたり気の合う友人の告白を成功させたりと小さな事件を起こしては笑っていた。
だが、段々とエスカレートしていくと少しでも気に入らない相手を借金地獄に追い込んだり、軽犯罪で逮捕される様に仕向けたりと他人の人生を左右させる行動にでる様になっていった。
そんな中、以前から気になっていた後輩女性にささやかな幸せをと右手の人差し指を振るが、彼女は何と交通事故に遭い入院してしまう。
幸せに出来なかった事を疑問に思う彼の前に神が現れると
「バランスを無視して使用したせいで、両方共に不幸になる力しか発動しなくなったのだな」
それを聞いてショックを受ける彼に
「どうやら、力が暴走し始めてる様だな。君の意志とは無関係に指先から不幸力が出てしまうな…まぁ、自業自得だ」
神の言う通り、他人を見ると勝手に人差し指が相手を差し、次々と不幸に変えていく。
自分の意志ではないのに発動する力。
「こんなの望んでなんかいない!能力止まれ!この指止まれ!!」
彼の悲痛な叫び声も虚しく、人差し指は見知らぬ相手を指差すのだった…
466名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)12:33:17 ID:6vG
>>464
小さいころから品行方正で周囲からの信頼も高く中学・高校・大学と両親の期待通りにエリートコースを歩む兄がいた
対して自分は成績はそこそこ、高校時代もお世辞にもまっとうとは言えず、しかし不良になりきることもせずに生きている
兄はそんな自分も庇ってくれるようなできた人間であり、常に助けてくれていた。
そう、自分以外は思っている
自分にしか見えないが、兄の右の頬には小さな口がついていた
「それ」は、例えば兄が表彰されたとき。何かに合格したとき。代表に選ばれた時などにしゃべりだす。
対戦相手を見下す、両親を馬鹿にする、周囲を下に見る。およそ常の兄とは思えぬ語り口で、汚く罵る。
そんな兄を見て「完璧な人間なんてどこにもいないんだな」とほの暗い気持ちを抱きつつも少し安心していた。

兄が一流企業に就職し結婚話が持ち上がってきたときに異変が起こる。
兄の結婚相手は自分たち一家と家族ぐるみの付き合いをしている一家の娘。
自分も小さなころからほのかな恋心を抱いていたが、両家が乗り気で当人たちもまんざらでもない様子ではあった。
しかし「口」だけは違った。
婚約話が進んでいくうちに、今までのような大きさではなく、どんどん大きくなり頬というより顔左半分全体が「口」になっていった。
内容も結婚話に納得していない、相手の娘も自分にふさわしいとは思わない、相手の一家は昔から嫌いだった、というもの
それを聞くだに、「こんな結婚がうまくいくはずがない」と思うようになっていく。
そして、結婚式当日。表向きの兄の誓いの言葉のあとに「口」から発せられたセリフを聞いた自分はそこで…
467名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)12:49:31 ID:EQE
夢追い
468名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)12:50:14 ID:wq9
英雄
469名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)12:58:23 ID:EQE
>>468
彼の名は英雄(ひでお)
中年の普通のサラリーマンだった
今日も疲れきった身体を休める為、眠りにつく

翌日出社の途中、車に轢かれそうになった子供を助けたところ
周囲から「英雄!」「彼は人を救った!」と持て囃されるようになった
それから彼は人助けを積極的に行うようになり、その度に称賛された

これは夢なのか?疲れるだけの毎日から一躍英雄になった彼はやがて非日常に身を投げ
人助けだけで無く世界平和を目指し始めたのだが…
470名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)13:08:02 ID:MbS
木星開拓
471名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)13:09:24 ID:vrQ
きえた地球儀
472名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)13:32:44 ID:6vG
>>467
「夢追い」

35歳を過ぎて無職、先月から始めたアルバイトも1週間前から行っていない
親からは粗大ごみのような目で見られ、親戚との電話をたまたま聞いてしまった時も自分に対する愚痴で溢れていた。
それでも何もやる気が起きず、昼間から上下スウェットでゲームをしては寝る生活を続けていた。

ある日、両親が留守にした日中に家の中で一人の少年と出会う。
親戚の人間かと思ったが、それにしては家の中でごく自然にくつろいでいた。
「ねえ」「おじさんの将来の夢って何?」「小学校の卒業文集に書かないといけないんだ」「夢はかなうと思う?」
いつの間にか隣にいて、話しかけられていた。
将来の夢。自分は当時なんと書いたのだったか……、現在の自分はどうなのか……
「ああ、そうか」「おじさんは将来の夢を叶えたんだね」「おめでとう」

気が付くと自分の部屋。時刻は22時。
手にはなぜか一冊の冊子「○×小学校6年3組 卒業文集」

「しょうらいの夢 僕は将来働かずに一日ごろごろしてクラス大人になりたい!」


……
…………
後日、履歴書とともに原稿用紙を買ってくる
そこにはこう書かれていた「将来の夢 今からでも遅くはない、立派な大人になる。そのためにちゃんと就職をする」
スーツを着てネクタイを締めて家を出るのであった
473名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)13:44:53 ID:P58
>>471
ヒロシは誕生日プレゼントに不思議な地球儀をもらった
なんと世界の状況がリアルタイムで映し出されるものだという
どこかで大洪水が起これば、地球儀の同じ場所も波にのまれる映像が映し出され
戦争がおきる地域はいつも爆発や砂煙の映像が流れていた
ヒロシは友達にその地球儀を見せたところ、不思議な地球儀の話は一瞬で学校中に広まり
一度見てみたいという子たちがヒロシの家に押しかけるようになった

しかしある日、ヒロシ朝起きると地球儀が消えていた。もしかしたら泥棒が入ったのかもしれない
そんな不安を抱えながらヒロシがリビングに行くと、緊迫したニュースが流れていた

「地球は間も無く消滅しま
474名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)13:46:05 ID:LUE
障子の目
475名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)13:46:24 ID:NPq
でかすぎたちんぽ
476名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)14:17:16 ID:YZU
「綺麗になりたい」
477名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)14:19:38 ID:YZU
「ハコ」
478名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)15:00:45 ID:ffX
一期二会
479名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)15:02:05 ID:P58
幸運な男
480名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)18:53:58 ID:WsY
戦国の法螺貝
481名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)19:22:35 ID:BBO
ジムノペディ
482名無しさん@おーぷん :2018/04/24(火)23:47:59 ID:tEO
3時間の宇宙
483名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)04:33:28 ID:MJ7
「死体人形」
484名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)11:42:27 ID:mzC
箱とBOX
485名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)12:58:38 ID:6ly
>>474
障子の目

ある日、骨董市巡りが趣味の男が「しょうじのめ」と掲げられた障子紙に出会う
「世の中には面白いものを作る人がいたもんだ。笑い話の種にしよう。」
家に持ち帰った男はせっかくだからと和室の障子を張り替えてみると隅に指で開けたような穴があり…

これは一杯食わされたと後悔した男だったが、ふと穴を覗きたくなる
覗いてみるとそこは見慣れた庭ではなく、高級な料亭の一室のようだった
呆気にとられた男が目を離せずにいると以前から噂のあった政治家の密談の現場が
「そうか。これは不祥事が覗ける不祥事の目だったんだ。」
覗くたびに場所・時の変わる障子の穴を覗くのが男の日課になった
次第に覗くだけでは満足できなくなった男はビデオカメラでの録画を試みる
その日障子の先では
「お主も悪よのう」 キラッ 「なにやつっ曲者じゃ!であえいであえい」
障子から飛び出る無数の槍

「知らぬが仏とはよく言ったものです。みなさんもお気をつけ下さい。」
486名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)21:09:12 ID:whW
>>482
『3時間の宇宙』

中央に巨大な球体が浮かぶ部屋で、二人の男が各々作業をしていた。
男Aは図面を広げ腕組みをし、男Bは大きなパネルをあれこれ触っている。
「ここを安定させる為には…ああっ、こっちに問題が生じるのか」
Aが唸り声を上げると、Bも又
「駄目だ、こっちも上手くバランスを取ろうとすると逆に破綻箇所が増える」
その後も二人は多々ある問題点を解決させようと悪戦苦闘するが、ひとつを解決させると又ひとつ、あるいは複数の問題に悩まされ、共に作業を進めてから3時間もの間全ての問題点を解決させる事は出来なかった。
「ううむ、このまま腐敗していくだけか…」
「我々の時間とは違い、ここには幾千億の時間が流れたのだ。もういいのではないか?」
二人は暫く悩んだ末、球体の修復を諦め消去する事を決めた。


こうして地球は滅亡の時を迎える──
487名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)21:14:57 ID:OBl
金の雑巾
488名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)21:35:48 ID:whW
>>487
『金の雑巾』

何となく入った雑貨屋で、男は金色の雑巾をこれ又何となくの理由で購入した。
別段掃除は好きではなかったが、物は試しにと自宅のテーブルを拭くとそこだけ金色に輝きを放った。
これは面白いぞ、と男は部屋中を金色に染める。それだけでは飽きたらずに、住んでるおんぼろアパートの外観を、近隣の電柱や壁を、町内会全域を…と町の至る所を金色に磨きあげていった。

だが、その輝きは第三者の強欲さを解放させるにはうってつけだったのか人々は最初は道路の欠片を拾い集め、人数が増えるにつれ収集規模も広がり他人の敷地にある物であろうと平然と略奪していく様になっていた。

男がふと背後を振り返ると、そこには強奪のかぎりを繰り広げた後が残るだけで、輝きをなくした瓦礫の山が辺り一面に広がっていた。
その光景を眺めながら男は大きな溜め息をつく。
「何てこった。又一から雑巾掛けし直しかよ…」
489名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)21:37:54 ID:OBl
>>488
面白い!
490名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)21:40:44 ID:LgI
0時始発
491名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)21:41:18 ID:qIM
完全試合
492名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)06:49:50 ID:pik
>>489
面白い!

男は売れないお笑い芸人だった
どうしたら面白くなれるか、
試行錯誤の末ひとつの方法を思いつく
丈夫な縄を購入する男
「これで俺も面白くなれるはずだ」
男は首を吊った
493名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)06:52:15 ID:sTY
>>492
駄作
494名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)06:57:18 ID:2RR
おんJ民
495名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)06:59:13 ID:bKJ
これは良スレ
496名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)06:59:45 ID:pn9
明日が来ない
497名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)07:49:08 ID:pik
>>493
駄作

試験会場にいる男
男は合格するために努力してきた事を振り返る
試験内容はいくつかのペーパーテストと体力試験に面接
各試験終了ごとに発表される試験の成績
男の順位はどれも最下位だった
男の脳裏に幼き日の嫌な思い出が浮かぶ
「お前は出来損ないだ」
面接は順位の高いものから行われた
辺りが暗くなってから呼ばれる男
一般的な問答の後、面接官から問われる
「最後に、あなたは自分を優れていると思いますか」
ためらいがちに男が答える 
「いいえ。ですが、そのための努力はしてきました。そしてこれからも…」
途端に涙を流しだす面接官
「ありがとう。本当によくやってくれた。君のような人が必要だったんだ。」
場面が明るい面接室に切り替わる
面接官の席には男が座っていた
498名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)07:59:54 ID:JNi
>>496
『明日がこない』


美容外科医の女は仕事の合間に若返りや不老長寿、不老不死について研究していた。
効果がありそうな薬品や商品は何でも取り寄せ、自身を実験台に数多くのアイテムを取り込んでみたが、精々肌の張りや艶が良くなる程度でこれだというデータは取れずにいた。
そんなある日、行商人を名乗る男が彼女の前に現れひとつの箱を差し出した。
中を開けると錠剤が一粒だけ入っている。
「不老不死の薬です。お使いになられるのでしたら、無料で差し上げます」
これ迄不死に関する代物は散々使ってきたがどれも結果は出ず、今回も眉唾ものだろうと眉をひそめるが、無料という響きが彼女を誘惑した。
仮に今回も失敗したとして懐が痛む心配はないし、失敗したらこの男を呼び出し文句をつければ気分も晴れるだろう。
女は錠剤を受け取るとその場で飲んだ。

しかし、その日から奇妙な事が起こる。
いくら寝ても覚めても、薬を飲んだ○月○日のまま。
まるで全てがリセットされたかの様に、時計もテレビも時報も○月○日に戻ってしまう。
混乱し憔悴仕切った頃、彼女の前に行商人の男が再び訪れた。
「あの薬は何なの?幻覚剤か麻薬の何か?日時が変わらないなんて変な症状を与えて楽しんでる訳?」
「おや、その様子ですと薬は効果を発揮している様ですね」
日時が○月○日のまま変化しないのは、薬の効能が“同じ時を繰り返す”ものだからだ、と男は言う。
「永遠に同じ時を迎え、貴女様は老いる事も死ぬ事もなく過ごす。正に不老不死ではありはせんか」
男の厭らしい笑顔に落胆する彼女。
確かに明日を迎えなければ老化はないから不老にはなるだろう。
…でも待って。
ここで自害して成功したら、不老ではあっても不死にはならない。
「多分、この薬は成功しないわ。身をもって証明して、アンタのその笑顔を欠き消してやる!」
そういうと、彼女は手術室にあるメスで喉元を真一文字に切り裂いた。
激しく血が吹き出して意識が薄れ行く中、男の表情を伺ったが、その顔には笑顔が張り付いたままだった。
「いやぁ、ノルマが足りないんで一芝居打ったら簡単に乗ってくれて…本当に感謝しますよ」
意味が判らないまま彼女は命を落とした。亡骸となった彼女を見下ろしながら、男は呟く。

「死神業界も、なかなか大変なんですよ」
499名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)08:27:45 ID:JNi
>>494
『おんJ民』


上司のパワハラに耐え切れず退職、その後対人恐怖が強くなって部屋に引き籠った青年の唯一の趣味は、おんJに張り付いて日がな一日書き込みをする事だけだった。
レスバトルに破れて涙目でPCの電源を落としたり、他の住人が貼ったイヤらしい画像をダウンロードしてオカズにしたり、兎に角彼の全てがおんJに注がれていた。
しかし、ある日ずっとこのままでいいのか不安になった彼は、オモチャにされるのを覚悟でおんJに相談スレを立てる。
案の定最初は小馬鹿にされまくったが、レスを続けていく内に三人の住民が親身に話を聞いてくれる様になった。
時には優しく、時には厳しく、三人は彼に叱咤激励を飛ばす。
スレも終盤に差し掛かった頃、青年はすっかり元気とやる気を取り戻し感謝の気持ちを書き殴った。
「ニキ達本当にサンガツ!まずは家族にきちんと謝ってこれからの事をじっくり話し合ってくるンゴ!」
最後に決意を書き込むと、住民からのレスを見る事なく急ぎ一階に駆け降りた。
「あ、あのさ!す、少し話がし、したいんだけど…」
「あ、ああ。じゃぁ、ちょっとだけ待ってなさい」
そう言って父親はテレビ脇のデスクトップPCの電源を落とし、母親は食卓上のノートPCを閉じ、妹はスマートフォンの画面を消した。
500名無し :2018/04/26(木)14:58:06 ID:S2l
こういうのを言うのは野暮かもしれんけど…
まとめ見て駆けつけた人達のは見劣りするな正直
501名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)15:13:18 ID:LfF
>>500
ワイは偶然ここで見つけたクチやが
(※コレ、タイトルじゃねーぞ!)
502名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)15:15:41 ID:jw0
謎の校長先生
503名無し :2018/04/26(木)16:28:47 ID:S2l
>>501
少しは意を汲んでくれい
504名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)16:29:37 ID:HP2
時を賭けた少女
505名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)20:23:03 ID:S7w
ゲームセンターみたいなおでん屋
506名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)23:59:42 ID:pik
>>500
回を増すごとに作品が微妙に感じたり賛否あるのも本家っぽさやろ
期待せず気楽に行こうや
507名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)00:05:22 ID:QIH
爆笑制限
508名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)01:59:28 ID:alv
部屋とワイシャツと和田氏
509名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)02:06:59 ID:80I
大衆便所
510名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)02:33:37 ID:GRH
>>508
部屋とワイシャツと和田氏

主人公は一人暮らしで就活中の大学生
いつものように家に帰ると部屋の中が騒がしい
「曲を選ぶドン!」
その日から奇妙な共同生活が始まる…
511名無し :2018/04/27(金)18:18:11 ID:zRh
>>506
横からですまんがここおーぷんやで
512名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)22:09:28 ID:mPz
>>511
本家ってなんJのことやなくて番組自体のことやろ
513名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)22:12:34 ID:EAl
まだ続いてたんやね
514名無しさん@おーぷん :2018/04/27(金)22:48:20 ID:EAl
>>507
多くの人々が行き交い活気に賑わう商店街、道端で立って談笑をする主婦の姿。そんな商店街に一人の男が入る、と行き交う人たちは一斉に無表情へと転ずる
嫌悪的な雰囲気と言うよりは無理矢理表情を強張らせているそんな人々がいる中を意気揚々と歩む男性。
時折り、道行く人へと明るく話し掛けて二言三言と別れを告げる。その男性以外は無表情を貫く通行人。
掲示板の前を男が通り過ぎるが画面は掲示板に留まって其処に貼られた一枚の紙をズームアップ其処に書かれる『市長に笑いを与うべからず』の文字。此処でタイトルが爆笑制限。
話は数か月前に戻って男が舞台で漫才を披露する姿、大好評の中で舞台から捌けて楽屋へ、其処で付いていたテレビに映っていたのは男の産まれた街の不祥事
それを見て落ち込み、一つ頷けば相方へと自らの産まれた街を良くしたいと告げる男、なんやかんやと揉めるも市議選に出馬し市長へとなる男、そう、商店街を歩いていたのは今やその街の市長となった男だった。
辣腕と舌鋒の末に数々の改善をして街は笑顔溢れた明るく賑わう街になるも此処で一つ問題が、街の現状に気を緩ませたのか市長は周りが爆笑をするのに気を良くして会議もそっちのけで漫談噺、活気賑わう街は徐々に翳りを見せる。
これはいけないと焦った他の市議たちが出した苦肉の策が先の『爆笑制限』である。
物語は再び活況を取り戻す街と市長の政策、その影で人の笑いを欲し出す市長の葛藤を軸に進みだす。
最後は不祥事を起こした市長の謝罪会見で市長渾身のネタに取材陣たちが爆笑、疲れた顔の市長秘書が『もうええわ、辞めさせて貰います』と市長を叩けば
満面の笑顔で市長が一言『ありがとうございました』
515名無しさん@おーぷん :2018/04/28(土)05:59:43 ID:bjs
>>504
小学生のタダシのクラスにあるとき転入生が来た
その女の子はどこか見覚えがある気がしていたが名前で思いだした
彼が一年生の時に面倒見てくれてた団地の上級生だった…
良く似た顔で同じ名前の別人だと思っていたらある日
516名無しさん@おーぷん :2018/04/28(土)06:04:55 ID:bjs
>>509
買い物帰りの主婦ヒロコは駅前を通りかかり、用を足したくなり
手近なトイレを探していたが見つからず通行人にたずねたら線路渡ったところにあると
教えられて急いで行ってみると民家のような古い建物があり入口には
手書きでどうぞお入りくださいと書かれていた…
ツンとくる嫌な臭いがしてきたけど背に腹は代えられずヒロコは飛び込んだ
517名無しさん@おーぷん :2018/04/29(日)16:44:03 ID:l7h
「黒死悪 魔鬼(くろしお まき)」
518名無しさん@おーぷん :2018/04/29(日)17:09:17 ID:BlP
>>502
タダシの小学校は地方にある市内の閑静な住宅地内にある
創立ウン十年で先月一部を改装したばかり
そして新学年になり、クラスも変わるころ古い校長室が移ることに
気にもとめられていなかったその部屋は何故か職員室下の地下に造られていた
タダシはあるとき用事で階下に下りたときボイラー室の横で音を聞く…
519名無しさん@おーぷん :2018/04/29(日)17:28:01 ID:htf
謎のタダシ推し
520名無しさん@おーぷん :2018/04/29(日)20:32:46 ID:BlP
>>519
すまんな
この家族だけで書く決めてるから
521名無しさん@おーぷん :2018/04/29(日)20:33:48 ID:GuB
仮想人類
522名無しさん@おーぷん :2018/05/03(木)11:18:44 ID:JZf
めっちゃまとめられてて草
523名無し :2018/05/27(日)17:39:18 ID:Eb2
天国で確かめ算
524名無しさん@おーぷん :2018/06/11(月)04:30:12 ID:AOE
>>522
センスがありすぎるからしゃーない

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





世にも奇妙っぽいタイトルを書いたら、誰かがそれっぽいあらすじをつけてくれるスレ
CRITEO