- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高橋由伸「どうすりゃいいんだ…」

x  
1 :名無しさん@おーぷん:18/04/07(土)17:26:52 ID:N2q
神宮球場で迎えたヤクルト戦。打線が奮闘するも、投手陣は大量失点し惨敗だった。球場に響くファンのため息、どこからか聞こえる「暗黒時代突入だな」の声。無言で帰り始める選手達の中、高橋由伸監督は独りベンチで泣いていた。選手として手にした栄光、喜び、感動。そして目標としてきた2000本安打…。それを監督生活で得ることは殆ど不可能と言ってよかった。「どうすりゃいいんだ…」由伸は悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、由伸ははっと目覚めた。どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ。どことなく流れる、チームの重苦しい雰囲気の残り香が現実に引き戻した。「やれやれ、帰って明日のオーダーを考えなきゃ」由伸は苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、由伸はふと気付いた。「あれ…?お客さんがいる…?」ベンチから飛び出した由伸が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように巨人のチャンステーマが響いていた。どういうことか分からずに呆然とする由伸の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。「ヨシノブ、出番だ、1本頼むぞ」声の方に振り返った高橋は目を疑った。「原監督?」「なんだパンダ、居眠りでもしてたのか?」「い、井端コーチ?」「なんだよ由伸さん、かってに井端さんを引退させやがって」「笠原!てめぇのせいで巨人と俺の人生はめちゃくちゃに…!」由伸は半分パニックになりながら場内アナウンスを耳にした。「9番ピッチャー高木に変わりまして、ピンチヒッター高橋由伸」暫時、唖然としていた由伸だったが、全てを理解した時、これから起こる事件、自分の身に降りかかる災難を思わずにいられなかった。「辞めたくない…辞めたくないよ…」コンパクト村田からバットを受け取り、バッターボックスに向かう由伸、その目に光る涙は現役への未練に溢れていた…。 翌日、ベンチで冷たくなっている由伸が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った。
2:名無しさん@おーぷん:18/04/07(土)18:14:58 ID:H3K
かわいそう過ぎるわ
3:名無しさん@おーぷん:18/04/07(土)18:23:13 ID:flP
泣ける
4:名無しさん@おーぷん:18/04/07(土)19:11:01 ID:sWR
悲しいなあ
5:名無しさん@おーぷん:18/04/08(日)03:39:12 ID:wcv
不幸すぎる
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

高橋由伸「どうすりゃいいんだ…」