- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

サンケイ(ヤクルト)アトムズとかいうスワローズ史の中で最も深い闇に包まれた部分

1名無しさん@おーぷん:2018/01/14(日)20:40:23 ID:uEX()
国鉄スワローズ!→「金田と長嶋の対決シーンは有名やなぁ!」
ヤクルトスワローズ!「今でも続いてるもんなぁ」

アトムズ→「あっ、いいっす・・・」

なぜなのか
2名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:44:24 ID:uEX()
1961年の国鉄スワローズ

67勝60敗3分
勝率.527

3位
3名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:47:04 ID:uEX()
1950年のセパ分裂時に新規参入で誕生した国鉄スワローズは
この1961年が初めての3位。
立教大学でミスターの師匠だった砂押邦信を監督にして1年目、
いきなり結果を出してようやく明るい時代が・・・
4名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:49:32 ID:uEX()
来なかった。翌年の成績

1962年の国鉄スワローズ

51勝79敗4分 
勝率.392

6位
5名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:53:02 ID:4WQ
金やんいなくなったし残当
6名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:53:24 ID:uEX()
このシーズンのセリーグは極端な打低で、首位打者は森永(広島)の

.307

で3割打者はこの人だけだった。

そんな中で国鉄のチーム打率は驚くなかれ

.201
7名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:54:26 ID:t9R
>>6
グロ
8名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:56:01 ID:uEX()
チーム総得点が313じゃいくら金やんが防御率1.73でも
22勝17敗
にしかならない。
9名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:59:11 ID:uEX()
この当時の国鉄本社は度重なる労働争議や大事故で
「野球なんかやってる場合か!」
と言われる事が増えており、前年新人でフルイニング出場し
この2年目も4番として唯一まともな成績だった徳武定之(郷ひろみの義父)が
契約金600万円で入団した際も
「そんな金あるんなら値上げすんな!」
とまで言われた状況だったらしい。
10名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:01:40 ID:uEX()
そこで国鉄は将来的な経営権譲渡を前提とした「業務提携」を
フジサンケイグループと結び、このシーズン中の8月からタッグを組んだ。
(まだ球団名は国鉄スワローズ)
11名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:05:28 ID:uEX()
しかし「業務提携」とは名ばかりで、球団経営に意欲的な
フジサンケイGと本業に忙殺される国鉄とでは明らかに差があり、
実質サンケイが運営しているような状態となったらしい。
そして62年オフ、いきなり大きく「動く」。
12名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:09:37 ID:uEX()
金銭トレードで西鉄主砲・豊田を獲得に成功した



13名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:12:58 ID:uEX()
名将・三原監督退任後のタガが緩んだチーム状態と
それを放置する球団、そして20代の中西太を兼任監督にし
同じく20代の自身を助監督にするという西鉄球団の
いい加減さに不満が積もり積もっていた豊田に
フジサンケイGは九州の政財界を取り込んでアタック。
この綿密な作戦に西鉄は太刀打ちできずあっさり放出してしまう。
14名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:15:22 ID:uEX()
豊田は当時あった「10年選手」という自由に移籍できるか
ボーナスを貰えるかの権利を持つ選手だったが、
この移籍は移籍金によるトレードだった。
この資金で西鉄は、ロイ、バーマ、ウイルソンという
「三銃士」と呼ばれた外国人打者3人を補強し、
リーグ優勝を果たすがそれが西鉄としては最後の優勝となった
15名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:19:16 ID:uEX()
砂押監督はヘッドコーチに格下げとなり、新監督には
この当時としては相当高齢の61歳だった浜崎真二が就任する。
更に貧打を克服すべく「物干しざおバット」の二代目ミスター
タイガース藤村富美男を打撃コーチに就任させるなど
サンケイマネーで相当に気合を入れた補強を行いシーズンに突入した。
16名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:20:45 ID:uEX()
1963年の国鉄スワローズ
65勝73敗2分
勝率.471

4位
17名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:22:57 ID:uEX()
この年、金やんは前半戦だけで22勝したがそこで勢いが止まってしまう。結果は
30勝17敗 防1.98
18名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:25:20 ID:uEX()
打線は主軸が

徳武14本64点.300
豊田20本72点.292

とまずまず
19名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:37:36 ID:uEX()
オフに浜崎監督は退任。
代わってかつての大映のエースだった林義一が就任。
これが後に大きな火種となっていく
20名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:43:42 ID:uEX()
この年も金やんは好調を維持。
7月30日には20勝に到達しもうここで14年連続20勝をクリア。
8月15日には通算350勝達成。
さらに4000奪三振というMLBにも無い記録まで打ち立ててしまう。
更に打っても3HR、打率.237と超人的活躍をしていた、が・・・



21名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:49:37 ID:uEX()
金田「天皇」と林監督はソリが合わず、亀裂は徐々に拡大していき
8月には露骨に登板拒否を起こすこともしばしば。
チーム状態も正直でそこまではまだ3位は不可能ではない位置にいたが
8月26日対阪神ダブル第1試合(甲子園)から9月6日対広島ダブル第1試合(東京球場)までに
決定的な11連敗を喫してしまい万事休す。



22名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:50:30 ID:uEX()
故・別所毅彦「監督を監督してたのなんてあいつくらいだ」

こんな状態だったらしい
23名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:52:00 ID:uEX()
1964年の国鉄スワローズ 
61勝74敗5分
勝率.452

5位
24名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:55:43 ID:uEX()
打線はクリーンアップが

徳武15本65点.263
豊田24本59点.275
小淵15本48点.306

特に中日で干されていた小淵がブレイクしたのが大きかった
25名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:56:07 ID:uEX()
しかしこの年オフ、ついに恐れていたことが起きる。
26名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:59:27 ID:uEX()
成績低迷により林監督解任は既定路線だったが、
これをサンケイ新聞以外の各マスコミがスクープしたことで
サンケイ水野社長が「林監督は留任する」と発表。
それに対して金やんは
「監督が解任されたら残留。残ったら10年選手権利を行使する」
と「俺をとるか監督をとるか」宣言。
27名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:02:38 ID:uEX()
結果は林監督留任。
当然、金やんは移籍。
噂では(出身地の)中日がより上の金額を提示したらしいが巨人を選択。

これにより国鉄サイドは完全に球団経営を放棄する意向を固める。
ただ、この年のオフ中に完全な譲渡は行われなかった。
28名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:08:10 ID:uEX()
そのためにまともな予算が組めず、金やんだけでなく
豊田らが来た時に同時に補強したエンディ宮本(巨人から)らを
切ってしまったために1965年開幕前の予想では
今年のヤクルト並みに最下位鉄板扱いされてしまう。
「30勝もヤバいのでは」とまで言われたらしい。
29名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:10:43 ID:uEX()
川崎で行われた開幕カードの大洋戦を2日で3連敗すると
返す神宮での開幕カード広島3連戦も3連敗しもうここで借金6。4月を

2勝12敗1分

で終える
30名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:12:46 ID:uEX()
その酷い戦いをしてるさなかの4月23日、やっとここで球団譲渡が正式発表。
「サンケイスワローズ」が誕生した。
シーズン中に名前が変わった珍しいパターンでもある。
31名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:15:58 ID:uEX()
4月27日には林監督が辞任。
新監督は二軍監督になってた砂押監督が復帰という付け焼刃人事。
5月12日の阪神戦から「サンケイスワローズ」として試合を行うが負け。翌日も負け。
32名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:21:16 ID:uEX()
この時期はまだいい方で、
6月25~27日大洋3連戦に3タテくらってから
8月1日、2日(ダブル)に中日3タテくらうまでがなんと

4勝23敗1分
33名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:22:54 ID:uEX()
1965年の国鉄→サンケイスワローズ

44勝91敗5分
勝率.326

6位
34名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:27:35 ID:uEX()
この年のオフ、この惨状から脱却すべくサンケイは動く。
南海で黄金時代を築き上げた名将・鶴岡監督を招へいし、
あとはサインするだけという段階までに至った。
が、ここで南海の公認予定だった蔭山和夫の急死により、
この話は立ち消えになってしまう。



35名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:31:18 ID:uEX()
65年オフ、日本で初めてのドラフト会議が開催されたが
サンケイ指名の11人中、入団は2人だった。
ただ、サンケイに限った話じゃなく、この時代は指名しても
挨拶どころか球団からも連絡しないまま指名権失効なんてのは
いくらでもある話だったので全員が全員拒否ったってわけでもない。
36名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:33:58 ID:uEX()
そこでアニメ「鉄腕アトム」を放送していたフジテレビは
「スワローズ」を「アトムズ」に変更することを発表。
「サンケイアトムズ」が誕生となった。



37名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:35:33 ID:uEX()
1966年のサンケイアトムズ

52勝78敗5分 
勝率.400

5位
38名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:41:11 ID:uEX()
この年は球団初の日系人以外の外国人選手である
ルー・ジャクソンを補強し、20本43点.254と
やや古木臭はするがまあまあ打った



しかし頼みの豊田が前年に続き故障続きでチーム打率も
.214総得点364とまた貧打にあえいでしまった。
39名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:42:39 ID:z2e
>>36
ライオンズのレオも手塚治虫デザインだけどジャングル大帝とは関係ない模様
40名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:43:00 ID:uEX()
>>39
そもそもあれはパンジャという
41名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:43:11 ID:ZUz
>>37
この頃はまだセ・リーグは5球団やったんやろうなあ
42名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:44:33 ID:uEX()
>>41
これ、5位タイなのよね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/1966%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%BA
43名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:48:27 ID:ZUz
>>42
大洋とスワローの美しい指定席

国鉄だけに指定席ってか
44名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:48:31 ID:uEX()
この年、乳酸菌飲料メーカーのヤクルトが球団株式の一部を取得。
オフのドラフト会議では、今度は一定数の選手の入団に成功。
中には武上四郎(河合楽器)、浅野啓司(福山電波工高)、加藤俊夫(日本軽金属)ら
後の名選手がいた。
他球団からは城戸(西鉄)、暴れん坊こと山本八郎(近鉄)や
アメリカからデーブ・ロバーツを獲得。
45名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:52:06 ID:uEX()
今年こそと意気込んで開幕したが、その3試合目、
城戸の加入で出番が失われた徳武の新人からの連続試合出場記録が
821試合でストップしてしまう。しかも飯田監督は
「接戦だったんで忘れてた」
とにべもない弁明をしたためにチームに不穏な空気が流れた。
前年には意外にも五分に戦えた巨人に対してこの年は3勝23敗と大負け。
46名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:55:11 ID:uEX()
5月23日、飯田監督が「休養」
中原宏ヘッドが代行を務める

するとここからチームは蘇生し、いきなり9連勝。
1敗を経てまた4連勝と6月には借金をゼロにしてしまう。

しかし7月5日、飯田監督が休養から復帰するとまた負けがこみ、5位でエンド。
47名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:59:22 ID:uEX()
打線ではロバーツとジャクソンが28本ずつHRを放ち、
新人・武上が1番打者として固定され新人王。
打率.299で故障してしまったために惜しかったようだ。

1967年のサンケイアトムズ
58勝72敗5分 
勝率.446

5位
48名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:02:14 ID:uEX()
オフ、飯田監督は辞任しかつての大投手・別所毅彦が新監督に就任する。
豊田は選手兼任コーチとなり徳武は中日へ放出し投手の河村を獲得する。



49名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:02:41 ID:ZUz
>>47
おっ今年はイケたんかという内容からの安定の5位
50名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:03:17 ID:uEX()
>>49
まさに弱いチームあるある
51名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:04:38 ID:uEX()
1968年1月、横須賀市武山・・・って三浦半島の結構南部の方だよな、
に専用の練習球場を開設。
さぁそこでキャンプや!ってとこで大雪に見舞われて中止。
(そりゃそうだろ・・・)
52名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:09:28 ID:uEX()
開幕しても安定の開幕ダウンで5月まで低迷するが、
5月26日対広島(神宮)を延長14回サヨナラ勝ちするとここから7連勝。
7月には3位に上がり8月4日には一時的に2位にまで駆け上がった。
そして8月24日、25日には豊田がNPBでいまだに1人しか成し遂げて
いない奇跡を起こす。
53名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:15:42 ID:uEX()
http://2689web.com/1968/AD/AD19.html
8月24日、1点ビハインドの9回裏2アウト3塁、
別所監督に「代打は」ときかれた兼任コーチ豊田は
「俺しかいません」と言い残し打席へ。
中日・山中を打ち砕く代打サヨナラHR。
54名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:17:56 ID:sEs
なんか一年だけ企業名付かずに「アトムズ」だけだった年あったよな
55名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:18:06 ID:uEX()
http://2689web.com/1968/AD/AD20.html
翌日25日、今度は同点の9回裏で代打登場。
しかも相手投手は前日と同じ山中。
中日は勝負の指示。
しかしこれをあざ笑うかのように、フォークをすくい上げた
打球はスタンドへ。
56名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:18:42 ID:uEX()
>>54
この直後やね
57名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:21:51 ID:uEX()
この超ミラクルで一気に上位を狙いたいところだったがここで力尽き
9月に連敗を多々記録し終戦。
しかし暗黒期を脱出できそうな気配がしてきたのも事実。

1968年のサンケイアトムズ
64勝66敗4分 
勝率.492

4位
58名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:23:39 ID:uEX()
打線では
ロバーツ40本94点.294

投手では
石戸20勝14敗防2.84

この両軸が立役者となった
59名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:25:34 ID:YgC
>>46
飯だニキ散々で草
60名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:28:00 ID:uEX()
>>59
だいたい「休養」ってクビなことが殆どなのにわざわざ戻したのが謎すぎて草も生えない
61名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:31:06 ID:uEX()
さて、この時期またしても不穏な動きが。
親会社のサンケイ新聞社がスキー場運営失敗などで経営が危うくなってきたのだ。
そこで以前から一部出資していたヤクルトの
松園尚巳氏(ヤクルト本社専務取締役)がオーナーに就任する。
62名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:34:52 ID:uEX()
で、チーム名なのだが>>54の通り
「アトムズ」
となった。
正式名称が「アトムズ」なのだ。
これは終戦直後とかのセネタース、などではあったが
この時代としては異例の命名だった。
だから豊田(ア)みたいな表記になる。
63名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:36:42 ID:sEs
>>62
やっぱアレなんか当時ヤクルトの知名度がアレで不穏に聞こえるからやめとことかそんなところなんか
64名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:38:04 ID:uEX()
>>63
昔は共同経営が珍しくなくて例えば
「大洋」と「松竹」で洋松ロビンスとか普通にあったが
この2社はそれが変な呼び方になるからできなかったのかもしれん
65名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:39:18 ID:uEX()
そして更に、これもNPBで今までに一例しか無い事が起きる。
しかも悲劇。詳しくは↓
https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/pro_calendar/1105/kiji/K20110527000889910.html
66名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:40:53 ID:sEs
>>64
なんでや産経ヤクルトアトムズってカッコええやん…
って当時そんな長い球団名なきんやろな
67名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:44:20 ID:uEX()
ロバーツと共に貧打の打線を引っ張ってきたジャクソンが
オープン戦で倒れて救急搬送されてしまったのだ。
もはやその時点で衰弱しきっており、検査もできない状態。
3年で68発打った打者が消え、特大の不安を抱えたまま開幕となった。
68名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:48:02 ID:uEX()
そして5月27日、ジャクソン死亡。
現役中に日本で死んだ外国人選手は後にも先にもジャクソンだけ。
チームも意気消沈しこの時期は大きく負けがこみ、
頻繁な打順変更も効果が上がらない。
巨人から獲得したかつての「西鉄の核弾頭」高倉を
4番に据える打順も4月で終了。
69名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:53:13 ID:uEX()
しかしロバーツは王を上回る勢いで打棒が爆発。
8月には三冠王を狙える数字だったがあえなく負傷で離脱。
ジャクソンの代わりはようやく7月末になって
インディアンズからボブ・チャンスを補強。
たった24試合で12発と結果を残し翌年を期待させた。



70名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:54:22 ID:uEX()
1969年のアトムズ

58勝69敗3分 
勝率.457

5位
71名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:59:15 ID:uEX()
オフにはこの人をドラ1で指名



72名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:00:30 ID:O1R()
そして豊田がついに引退。
73名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:02:14 ID:O1R()
1970年、やっぱ「アトムズ」はないわなってことで
「ヤクルトアトムズ」として再出発が決定。
神宮での開幕戦は石戸が大洋に完投勝ちして
珍しく4月は借金2とまずまずの滑り出しをしたものの、
本当の地獄はここからだった。
74名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:02:27 ID:ati
ペピトーンってこの頃に加入やっけ
75名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:03:22 ID:O1R()
>>74
「ヤクルトアトムズ」の選手だな
76名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:07:44 ID:O1R()
5月に再開に転落すると、6月9日に大洋・鬼頭にノーノーを食らう。
6月18日には無免許運転で事故を起こした加藤捕手が
無期限出場停止処分をくらい東映へ放出。
6月27日阪神戦(神宮)では毎回失点で0-14。
77名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:09:16 ID:O1R()
そしてついに8月18日、2度目の11連敗を喫して
別所監督を更迭。小川コーチが代行となった(なんか聞いたような響きだな)

しかし泥沼はまだ深かった
78名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:11:09 ID:lfD
何年か前に復刻してたアトムズユニシンプルで好きだったわ
あれ何年モデルの復刻なんかね
79名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:13:58 ID:O1R()
>>78
1969年らしい。でもあれ、ホーム用じゃないと意味なかったんだよね・・・
復刻したやつはビジター用で、その後の関根さん時代のと似てる色だったから。
80名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:15:36 ID:O1R()
1970年8月25日中日戦(神宮)で中日の新人渋谷に軽くひねられて
ついにNPB新記録(当時)の16連敗を達成。
翌日ようやく勝って連敗を止めたが、トータルの成績は悲惨なものとなった。

1970年のヤクルトアトムズ

33勝92敗5分 
勝率.264

6位
81名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:16:31 ID:ati
黒木がブリアムに被弾して泣き崩れる28年前の連敗記録ってこれやったんか…
82名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:17:48 ID:O1R()
>>81
あの年のロッテは好調だったのにいきなりどん底に、って感じだったが
この年のヤクルトは違う。
http://npbstk.web.fc2.com/order/1970atoms.html
真っ黒
83名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:18:15 ID:lfD
>>79
あのユニ気に入ってのんきに着てたけどそんなに悲惨な時代を背負ったユニだったんか…
84名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:19:45 ID:O1R()
>>83
デザインはいいだけにな・・・いつかはホーム用を復刻してくれないかと思ってるんだが
この黒歴史だけに・・・
85名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:22:08 ID:ati
>>82
確か98年のロッテの成績って61勝71敗3分やったんだよな
しかもチーム防御率はリーグ2位・チーム打率はリーグ1位
86名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:23:00 ID:O1R()
1971年のヤクルトアトムズ

52勝72敗6分
勝率.419

6位
87名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:26:09 ID:O1R()
「魔術師」三原監督が就任。
しかし最下位は変わらず。
ただし前年とは違い途中までは2位に立つなど中身があった。
外山義明という投手を代打でも使い「二刀流」をこなさせるなど
世間をあっといわせた。
さすがは栗山が尊敬する師匠なだけのことはある。
88名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:28:43 ID:O1R()
1972年のヤクルトアトムズ

60勝67敗3分 
勝率.472

4位
89名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:31:08 ID:O1R()
2年目の若松が首位打者。
左腕・安田が最優秀防御率と新人王。
後にV戦士となる選手が続々と頭角を現してきた。

松岡が17勝して18敗する投手ながらもエースとして君臨。
90名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:33:38 ID:O1R()
1973年のヤクルトアトムズ

62勝65敗3分 
勝率.488

4位
91名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:37:10 ID:O1R()
5月3日から2分けを挟んで10連敗した時点では勝率2割を割っており、
まーた大暗黒時代かと思われたが5月下旬から反撃を開始。
夏場でも勢いは止まらずついに9月上旬には首位と2.5差まで
上り詰めたがそこまで。
しかし最後は5連勝で閉幕し首位と4.5差で終えた。
92名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:41:07 ID:O1R()
松岡が21勝18敗
浅野が14勝12敗
安田が10勝12敗
で3人とも防御率が2点台

しかし打線が拙かった。
前年にロッテから加入したロペスが不振。
ロバーツを解雇してまで獲得した現役メジャーリーガー、
ペピトーンは素行の悪さと離婚調停だとかなんとかで
帰国してばっかりで立ったの14試合しか出ず。



93名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:43:05 ID:lfD
なんやこの巨人のパチモンみたいな帽子は…
やっぱアトムズ(スワローズ)は赤紺がエエわ
94名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:43:29 ID:O1R()
シーズン終了後、「虫プロ」が倒産する事件が起きる。
これでアトムの版権に色々問題が出てきたため、
名称をスワローズに戻すことが決定。

で、なんだかんだで今に至る・・・
95名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:45:40 ID:O1R()
読んでくれた人ありがと
ではでは、おやすみなさい
96名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)00:47:25 ID:sXN
闇闇言うけどこれらのどの年よりも今年のヤクルトは負けてんねやろ
今年のほうがよっぽど暗黒の闇やんけ
97名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)01:16:47 ID:6yf
ジャクソンの死因、誰ぞ忘れたが本で「腎虚」とか書いとったな
記憶違いかもと思って検索してみたら少数ながらそんな検索結果もあるにはあった
98名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)05:39:52 ID:0MN
金やんってほとんどヤクルトなんやな
メディアでたまに見るときほとんど巨人のユニとか画像しかないから巨人の人かと思ってた
99名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)08:05:11 ID:jZ1
>>97
江本やね
20倍プロ野球に書いてるはずや
100名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)08:05:58 ID:Xdn
>>98
巨人だったら500勝はしてそう
101名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)08:58:15 ID:2QD
>>71
八重樫やな
この人耳あて付きヘルメットしてなかったのなんでやろ
102名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)01:07:48 ID:JdI
>>91
この後も順位は3452位とさほど悪くなく推移したのは
連勝しての閉幕が運を呼んだのもあるんかな
その後悲願の初優勝日本一を成し遂げて
夢から醒めたようにまた長い長いトンネルへ潜って行った
>>86の次の最下位は優勝の次の年というね

92年の優勝時は万感の思いやったやろうな
103名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)06:52:42 ID:WKt
ヤクルトスワローズとしての続きが見たい…
104名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)10:04:07 ID:S8Z
>>103
靭帯の歴史になるで

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





サンケイ(ヤクルト)アトムズとかいうスワローズ史の中で最も深い闇に包まれた部分
CRITEO