- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

金本知憲「どう言やいいんや」

1名無しさん@おーぷん:2017/03/21(火)08:56:17 ID:acR()
 鳥谷がまた三塁守備で? 報道陣の問いかけに金本監督がいらだちながら、頭を抱えた。

 「どう言やいいんや」

 2度繰り返したその言葉に怒気がこもっていた。怒りを通り越した呆れ、と表現した方が正確か。

どれくらい経ったろうか、金本ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」金本は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、金本はふと気付いた
「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
「す・・・鈴木さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」
「石井さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
2名無しさん@おーぷん :2017/03/21(火)08:57:39 ID:9uX
こっちが何言えばええんや
3名無しさん@おーぷん :2017/03/21(火)08:59:52 ID:Ggr
意表を突いた形にしようとした内川だが意表を突いた割に
肝心な内容はコピペしただけのお粗末な物なので評価は厳しい-114514点
4名無しさん@おーぷん :2017/03/21(火)09:00:42 ID:9uX
採点忘れてた採点拒否で
5名無しさん@おーぷん :2017/03/21(火)09:03:51 ID:ASd
金本「ああそう、内川が、、、、、ケンチャナヨ」
アイゴーとは言わない金本で有った…。
6名無しさん@おーぷん :2017/03/21(火)09:06:43 ID:ASd
そこにチームの皆が!

金本「?!、うう内川あぁぁぁ!!アイゴー!!(セーフかなー」

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





金本知憲「どう言やいいんや」