- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

彡(゚)(゚)「エッチなゲーム? 初めてやけどやったろ!!」

x  
1 :名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)10:58:43 ID:Fs8
彡(^)(^)「なるほど、こうやって女の子と仲良くなっていくんやね」彡(^)(^)「アハハッ! この娘かわええな~」彡(゚)(゚)「ん? この娘誰や……? ワイはあの娘のとこへ行こうとしたんやが」彡(^)(^)「ま、平和が一番や。しゃーない、ワイが付き合ってやるわ!」
242:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:22:12 ID:mVp
やっぱりオバンドーの顔がちらつくンゴ…
243:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:22:51 ID:Hxx
イッチの才能と選択肢のみんなからの愛されっぷりに嫉妬
244:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:23:09 ID:9gl
(@T@)あ、今日10日だTEN!
245:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:27:56 ID:cmt
追いついたンゴ
246:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:32:07 ID:bbm
追いついた
247:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:32:39 ID:Fs8
彡(゚)(゚)「おかわりするで。アタックや……!!」やきう「オバンドーちゃん……」 ギュッ。オバンドー「あ、手……//」オバンドー「やきうクン……//」やきう「ジーーーーーーーーッ」オバンドー「何か言ってクダサイ……」オバンドー「でも、情熱的な人は好きデス……//」オバンドー「もっと近くに来てクダサイ……」オバンドー「ふふ……やっと二人になれました……じゅぎょー中ずっとあなたのこと考えてたネ……大好きヨ」オバンドー「もっとギュッテしてクダサイ……」 キンコーン。オバンドー「あ、チャイム鳴っちゃいましタ……」やきう「それじゃ……行こうか」オバンドー「イヤデス」やきう「いや……また、後で……ね?」オバンドー「やっぱりやきうクンはいじわるさんデスネー……寂しいですケド、ワタシ我慢シマス」オバンドー「放課後、待ってマス……」彡(゚)(゚)「やっぱりこいつらしばくぞ」1.マルティネス2.鄭 珉哲3.オバンドー4.その他彡(゚)(゚)「さて、今日最後の行動は>>250にするで」
248:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:34:20 ID:mVp
ワイの想いよミンチョルに届けっ!
249:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:34:50 ID:bbm
ここであえての4
250:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:36:24 ID:0ST
ここはさすがに3
251:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:40:12 ID:dKv
3やろ
252:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:41:11 ID:EHv
追いついたやで
253:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:43:38 ID:mVp
追い付いたとか報告要らないから(小声)
254:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:44:03 ID:Ouh
このスレまだ続いてたんか
255:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:44:31 ID:Fs8
彡(゚)(゚)「約束された勝利の地へ……ワイは遂に優しい世界へ行くんや」やきう「放課後か……」オバンドー「あ、やきうクン」やきう「オバンドーちゃん……これから練習?」オバンドー「ハイ……あの、今日も二人で帰りたいデス……」やきう「いいよ。それじゃこの前の商店街で待ち合わせしようか?」オバンドー「ハイ!! それじゃーれんしゅー終わったら連絡シマス!!」やきう「うん。それじゃ先行ってるね。練習頑張ってね」オバンドー「ハイ!! やきうクンの応援で頑張れマス!!」やきう(さて……商店街で時間を潰すか)おん子「あ……お兄ちゃん」おん子「そう……だよね……ははっ」おん子「帰ろ……」彡(゚)(゚)「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
256:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:52:43 ID:Fs8
オバンドー「やきうクン!! お待たせデス!!」やきう「そんな焦らなくても大丈夫だよ? お疲れ」オバンドー「お疲れデス!! 今日は来て欲しところありマス!!」やきう「うん……どこ?」オバンドー「行きましょー!!」やきう「ここは……公園?」オバンドー「ハイ……あの、やきうクンにお願い、あります……」やきう「お願い……?」オバンドー「あの、気持ち……聞かせて欲しいデス……」オバンドー「あの、やっぱりワタシ、待ちきれないですゴメンナサイ……」やきう(遂にこのときが来たか……)オバンドー「あの、付き合う……? ですカ?」やきう「そう、付き合う……ね」オバンドー「ワタシ、やきうクンのこと好きネ……!! だからワタシと付き合って欲しいデス……」やきう「……」1.告白を受け入れる2.告白を拒否する彡(゚)(゚)「ここでくるんか!? まあ……ここまで来たら>>259でしょ」
257:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:54:38 ID:t5T
1
258:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:57:09 ID:t5W
1
259:名無しさん@おーぷん:15/11/26(木)23:58:01 ID:dKv
1
260:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:01:24 ID:96O
当然1
261:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:07:54 ID:DDW
エロゲ―なら当然付き合う=即セクロスやろうな
262:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:12:59 ID:wYz
彡(゚)(゚)「遂に……遂に春が来たんやなって……」やきう「オバンドーちゃん……俺も、オバンドーちゃんのことが好きです」やきう「だから……こちらこそよろしくお願いします!!」オバンドー「……!!」オバンドー「やきうクン!! これでワタシたち恋人同士ですカッ!?」やきう「そ、そうだね//」オバンドー「やった!! ¡Olé! やったヨ!! やきうクン大好きネ!!」やきう「うわっ――!!」 チュウウウッ。やきう(それは……とても情熱的な、ストレートな愛情表現)やきう(俺のファーストキスが、こんなに情熱的なものなんて)やきう(オバンドーちゃんは部活の後なのに、とてもいい匂いがした)オバンドー「やきうクン……// もっとキスしたいデス……//」オバンドー「今度は……あなたから来て欲しいデス……//」やきう「――」 チュ。やきう(唇の感触は生々しく……しかしこんなにも心地よいものだとは。もうどうにかなりそうだった……)やきう(し、舌――!?)オバンドー「……」やきう(オバンドーちゃんが舌を入れてくる……初めてのキスは衝撃的で。官能的で)やきう(オバンドーちゃん……柔らかい……)オバンドー「やきゅふくぅん……」やきう(いやらしい音を立て、俺とオバンドーちゃんの舌は何度も何度も絡み合った)やきう(人目も気にせず――夕暮れの薄暗い公園で)
263:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:17:17 ID:FyT
公園でキスしてたら通りすがりのおばさんが「あらっ、若いわね~」って言ってきたこと思い出した
264:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:20:38 ID:DDW
脳内再生余裕ンゴhttp://i.imgur.com/SPliqLU.jpg
265:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:27:24 ID:wYz
オバンドー「あ……ふぁ……んん……!!」やきう「ん……ふぁ……」やきう(激しく寄せ合う若い体――外灯の光はそんな俺たちをそっと照らしていた)彡(゚)(゚)「あ^~たまらねぇぜ!!」彡(゚)(゚)「……」彡(゚)(゚)「TENGA取ってこよ……」オバンドー「ふぁ……あっ……//」やきう「オバンドーちゃん……」オバンドー「あの、『テ・キエロ』って言ってクダサイ……//」オバンドー「愛してるよ……って意味デス//」やきう「うん――テ・キエロ。オバンドー」オバンドー「……//」オバンドー「ハイ……ワタシもデス//」オバンドー「んっ……」やきう「ん……」やきう(そして――その後も俺たちは何度も何度も唇を重ねた)やきう(彼女の吐息は艶やかに俺の心を誘惑する……それに答えるようにして、俺は彼女を味わった)やきう(やがてすっかり暗くなって……)オバンドー「もっと二人でいたいデス……」やきう「俺もだよ……でも、もう帰らなくちゃいけないね」オバンドー「はい……あの、やきうクン」やきう「どうしたの?」オバンドー「もう一つ、お願いがアリマス」
266:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:32:47 ID:wYz
やきう「お願い……どうしたの?」オバンドー「あの……今度の日曜に試合、ありマス」オバンドー「大会前の大事なれんしゅー試合デス……」オバンドー「あの、良かったら見に来てくれませんカ……?」オバンドー「やきうクンがいれば……ワタシ頑張れマス!!」やきう「……」1.もちろんだよ!2.ごめん……その日はどうしても外せない用事が……彡(゚)(゚)「試されてる……試されてない!? この先におセックスが……もちろん>>269や」
267:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:33:18 ID:DDW
11111111111111111111111111
268:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:33:58 ID:YBQ
もち1
269:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:34:01 ID:OEZ
1
270:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:34:05 ID:Q5z
1
271:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:39:09 ID:wYz
彡(゚)(゚)「もちろん行くやろ!! 相手にヤジ飛ばしたるで!! 精神攻撃や!!」やきう「もちろんだよ!! 応援に行くよ!!」オバンドー「ホントですカ!? ありがとございマス!! やきうクン愛してるヨ!!」オバンドー「絶対勝つネ!!」オバンドー「それじゃ、ワタシ帰ってれんしゅーするネ!!」やきう「え? 帰ってもするの!?」オバンドー「目指すはサダハル・オーだヨ!! それじゃやきうクン、アディオス!! 愛してるヨ!!」やきう「うん!! じゃあね!!」やきう「はは、ホントに太陽というか嵐というか……凄いエネルギーだな」彡(゚)(゚)「さて――念のため好感度確認しとくわ」
272:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:44:34 ID:wYz
5/10 小久保→♡♡♡♡♡ オバンドー→♥♥♥♥♥ マルティネス→♡♡♡♡♡ ミシェル・プラティニ→♥♡♡♡♡ 鄭 珉哲→♥♥♡♡♡ おん子→♥♡♡♡♡ 奥浪鏡→♥♡♡♡♡彡(゚)(゚)「遂に……ワイは遂に……やったぜ」彡(゚)(゚)「これで実質クリアやが……まだイベントがのこっとる」彡(゚)(゚)「TENGAをハメつつ進行するわ……」彡(゚)(゚)「さて――6週目。エッチッチ!! はやくエッチがしたい(白目)」
273:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)00:58:21 ID:wYz
彡(゚)(゚)「さて、運命の日曜日や」オバンドー「ありがとございマス! 絶対勝ってきまス」やきう「頑張ってね!!」 プレイボール!!やきう(そして――あっという間に試合が始まった)やきう(相手はどうやらなかなかの強豪らしい。ピッチャーは松井というサウスポーのエース)やきう(変化球も多彩で、オバンドーたちはなかなか捉えきれない)やきう(オバンドーたちも相手をリズムに乗らせないよう、守備から流れを引き寄せる)やきう(そうして――どちらにも点は入らずに、あっという間に回が重ねられていく……)やきう(もう6回の表か……どちらも0点。チャンスはあったものの、あと一本が出ない)やきう「お……オバンドーちゃん!!」やきう(1ナウト2塁)やきう(先頭がセーフティバントで守備の混乱を誘い出塁)やきう(次の打者は四番、鏡先輩が鋭いゴロをサードへ)やきう(相手のサードはこぼすが、なんとかアウトにする)やきう(これで1ナウト2塁)やきう(ここで5番のオバンドーちゃんに打順が回ってくる……!!)やきう「打て……!! オバンドーちゃん!!」
274:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:12:29 ID:wYz
オバンドー「……!!」 バシッ。やきう「ストライクか……!!」やきう(クロスファイヤ。オバンドーのインコース高めにグサリと突き刺さる)オバンドー「……ッ」 バシン。やきう「あぶねぇ……しかしきわどい」やきう(次はアウトコース低めにストレート。速球で勝負する気か?)やきう(1ストライク1ボール。揺さぶってくる。コントロールも未だ衰えず)オバンドー「……」 バシン。やきう(ボールか……また速球だ)やきう(インコースに食い込んでくるような、胸元へのボール……しかしコースはそれて、オバンドーは体をそらして球をよける)やきう(これで1ストライク2ボール。次は必ず入れてくる!!)やきう「打て――!!」
275:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:15:22 ID:Zcs
>>24牝教師のさあやとかいう精液搾り取りマシーン
276:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:22:31 ID:wYz
やきう(ピッチャーが振りかぶり……投げる!!)オバンドー「――ッ!!」彡(゚)(゚)「ん? なんや!?」 1.アウトコースの低めor高めにストレート 2.インコースの低めor高めにストレート 3.アウトコース低めor高めにスライダーまたはカーブ 4.インコース低めor高めにスライダーまたはカーブ 5.やや外寄りの真ん中、低めのチェンジアップ 6.やや外寄りの真ん中、低めのスプリット彡(゚)(゚)「な……来るボールを予測しろってことか!? なんやそれ!?」彡(゚)(゚)「しゃーない……ワイがバッターだったら>>279が来ると思うわ!!」
277:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:23:31 ID:wYz
彡(゚)(゚)「ちなオバンドーは右打ちや。安価訂正>>280にするわすまんわ」
278:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:24:14 ID:DDW
3にするやで
279:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:26:16 ID:IZg
ksk↓
280:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:28:05 ID:2ei
1
281:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:38:22 ID:wYz
彡(゚)(゚)「ここは外の真っ直ぐやろ。今のとこ変化球もないし、インコースときたら次はアウトや」オバンドー「――!!」 ガキンッ……!!やきう「おお……!!」やきう「いや……ファールかッ!!」やきう「くそ……外方向、真っ直ぐ……スイングもドンピシャだったはずなのに……!!」(`・ω・´)「あれは落としたね」やきう「え!?」(`・ω・´)「恐らくスプリットだろう」やきう(そういうことか……頑張れ!! 2ストライク2ボール)やきう(次は――!?) バシン!!やきう「ボールだ……ヒヤヒヤする……」やきう(またインコース……ピッチャーも緊張して力んでいるのか、インコースは大きく高め外れた)やきう(また真っ直ぐ……あくまでもこれまでの結果から分析して、曲がる球は使わずに速球か落ちる球で来ているのか?)やきう(さて、しかしそろそろ遅い変化球か、曲がる球が来る気もするぞ……)彡(゚)(゚)「ん? また選択肢か!?」
282:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:46:20 ID:wYz
1.ストレートが来る2.落ちる球が来る3.曲がる球が来る彡(゚)(゚)「2ストライク3ボール。フルカウントや!! 今までの投球から考えてここは>>285が来るはず!!」彡(゚)(゚)「ちなこれまでも曲がる球はオバンドーへは使ってこーへんな」彡(゚)(゚)「これまでの打席、オバンドーは速球と落ちる球を使われて、三振と凡打におわっとるみたいや」
283:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:47:31 ID:DDW
2や      
284:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:51:26 ID:IZg
kskst
285:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)01:54:24 ID:OEZ
1
286:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:04:19 ID:wYz
彡(゚)(゚)「これはストレートや。インコースの後にまた落としてくると思わせて、速球でドンピシャリ。そうくるはずや」やきう「打てッ――!!」オバンドー「……」オバンドー「――ッ」 カキイイイイイイイイイイイイイインッッッッ!!!!!!!やきう「や――やった!!!!!!」やきう(少し振り遅れたけど、力強いライナー性の打球が右中間を切り裂いた!!)やきう「回れええええええええええ!!!!!!!!」やきう(2塁ランナーが三塁を跨ぐ!!)やきう(ホームイン!! やった!!)やきう(オバンドーの2ベースタイムリーヒット!!)やきう「やっと一点が入ったぞ!! ナイバッチ!!!!」オバンドー「……ッ!!」ピース(`・ω・´)「アウトコースのストレートが甘いコースへ入ってしまったのを打たれたみたいだね」
287:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:14:52 ID:wYz
やきう(次の打者はセカンド方向へゴロを。これが進塁打となり2アウト)やきう(しかしその後は外野への大きなフライが捕球されて3アウト。結局オバンドー一点のみで終わった)やきう(それからは――エースをそのまま続投させ、なんとか0点のまま最終回の9回裏)やきう「頑張れ……最終回だ!!」やきう(ここで気を抜くなよ……!!)やきう「よしっ……!!」やきう(凡打と飛球で2アウト!!)やきう「あと一人だッ!!」やきう(1ストライク、2ストライク……)やきう「打たれた……!? フライだ!!」やきう(打球は高く高く…… レフトへ)やきう「オバンドーッ!! 捕ってくれ!!」やきう「や……やった!! 凄いぞオバンドー!!」やきう「勝ったあああああああ!!!!!」彡(゚)(゚)「や っ た ぜ」
288:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:22:40 ID:wYz
オバンドー「やきうクン!! やりましたヨ!! 勝ちましタ!!」やきう「やったなオバンドーちゃん!! 大活躍じゃないか!!」オバンドー「みんなのおかげです!! やきうクンのおかげです!!」やきう(たかが練習試合――しかし俺たちはまるで優勝したかのようなはしゃぎぶりで抱き合った)オバンドー「やきうクン大好きデース!!」やきう「やったな……!! ほんとに!!」オバンドー「これで大会も頑張れマス……」やきう「さ、みんな帰っちゃったし……俺たちも帰るか」オバンドー「そうですネ……あ、あの」やきう「ん? どうしたの?」オバンドー「あにょ、やきうクン……今日はこの後よーじありマス?」やきう「用事……?」1.ないよ2.ちょっとお使い頼まれててさ……ごめん。彡(゚)(゚)「なんやこんなとこまで選択肢持ってきて、しばくぞ」彡(゚)(゚)「もち>>291やんな」
289:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:23:40 ID:DDW
ないです。  
290:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:29:06 ID:OEZ
1しか
291:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:39:38 ID:nJw
イッチ
292:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)02:55:13 ID:wYz
やきう「用事はないよ? どうしたの?」オバンドー「もし良かったら……ワタシの家来ますカ?」やきう「え……!? いいの!?」オバンドー「ハイ! ワタシ、パッパのパッパとマッマのお家にお世話になってマース」やきう「それは……オバンドーちゃんのお父さんの実家ってことか」オバンドー「ハイ!! 今日は二人とも出かけていていないネ……だから寂しいヨ」オバンドー「やきうクンと一緒にいたいネ……」やきう「そっか……それじゃお言葉に甘えてお邪魔しよーかな……」オバンドー「やった……!! それじゃ早く帰りまショー!!」やきう「あ……!! 待って!!」やきう(試合したのに、全然元気だな……ははっ)彡(゚)(゚)「これは――遂にワイの努力が実るんか!?」やきう「ただいま……なんちゃって」オバンドー「どーぞ上がってクダサイ!!」やきう「凄い、部屋綺麗にしてるね」オバンドー「ありがとございマス!! あ、さっそくデスがやきうクンはソファーに座っててヨ!」やきう「え……? う、うん……」オバンドー「お腹空きましタ!! ワタシ何か作ってキマス!!」やきう「え!? あ、それは悪いから――」オバンドー「いいからくつろいでいてクダサーイ!!」やきう「あ……行っちゃった……」
293:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:10:27 ID:wYz
オバンドー「できたヨ!!」やきう「早ッ!?」オバンドー「やきうクンも食べてくだサーイ!!」やきう「これは……タコライス!?」オバンドー「ハイ!! 私たちはトルティーヤやタコス食べることあるネ!!」オバンドー「でもハポネスにはタコライスってものあったネ!! 美味しかったから自分でも作ってみたんだヨ!! 食べて!!」やきう「い、いただきます……」やきう「う、うまい――うますぎる!!」やきう「う……うまし!!」オバンドー「よ、良かったデス!! こういう味は好きデスカ!?」やきう「うん……!! ピリッとしたサルサソース、程よく酸味が効いたトマト!!」やきう「ジューシーなひき肉とシャキシャキのレタス!! そしてそれらと食べるライズ!!」やきう「ほんとに美味しいよ……!!」オバンドー「美味しそうに食べてくれる人大好きデス!!」オバンドー「これなら、もしやきうクンがパナマ来てもだいじょぶですネ!!」やきう「そ、それって……」オバンドー「あ……// いつか来て欲しいデス……パッパとマッマにやきうクンをしょーかいしたいデス……//」やきう「そうだなー……スペイン語、勉強しないとな」オバンドー「……!!」オバンドー「ワタシがせんせーになりますヨ!!」
294:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:17:57 ID:wYz
やきう(さて――ほんとにうまいタコライスを頂いたら、腹が満たされて眠くなってきたぞ)オバンドー「ぅぅ……」やきう(そして片付けも終わり、何故かオバンドーは手持ち無沙汰で気まずそうにしている)やきう「どうしたの? オバンドーちゃん」オバンドー「アノ……ワタシ、眠くなってキマシタ……」やきう「ほんとに? 実は俺もなんだよね……ははっ」やきう「おいしいご飯を頂いたら、安心して眠くなってきたよ」オバンドー「やきうクンもですか……? ワタシたち似たものどーしですネ」やきう「今日は疲れてるだろうし、オバンドーちゃん休んでもいいよ?」オバンドー「嫌デス!! もっとやきうクンとくっつきたいネ!!」やきう「そ、それは……」オバンドー「そうだ――やきうクン、一緒に寝ましょう!!」やきう「――ファッ!?」
295:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:21:29 ID:JM6
あぁ^〜
296:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:24:12 ID:wYz
オバンドー「あ、でもその前にシャワー浴びてキマス!!」オバンドー「やきうクンも一緒に入ろうヨ!!」やきう「先にシャワー浴びて来いよ(えなり)」オバンドー「え?」やきう「いや……俺はいいかな!!」オバンドー「えぇー……ワタシと入るの嫌デスカ!?」やきう「いや……嫌ではない……けど!!」オバンドー「それじゃーシャワー浴びて寝まショー!!」やきう「うう……」やきう(向こう出身の人ってこんなに積極的なのか!?)やきう(恥じらいの文化の人間としては――でも、解放的な雰囲気も嫌いじゃない、好きだ)やきう(されるがままに……俺は浴室へ連れられた)
297:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:31:20 ID:Rqw
脱糞
298:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:36:16 ID:wYz
オバンドー「それじゃーワタシ先に行くからネ……//」やきう「お、おう……!!」やきう(なんてことだ……あのオバンドーと全裸でシャワーに入ることになるなんて)やきう(やつは先に浴室へインした……もちろん全裸)やきう(いくらカップルになったからって……どこでもドア並みに飛びすぎィ!!)やきう「でも……男なら……男を決めろ」やきう「失礼しまーす……」オバンドー「カリーニョ!! ダイスキー!!」やきう「うっ……!!」オバンドー「何で目をつぶるデスカー?」オバンドー「ワタシの体……変デスカ?」やきう(一瞬……それは一瞬!!)CV立木ニキやきう(中南米仕込み、ラテン仕込みのパーフェクトボディをチラ見してしまった!!)やきう(艶がある褐色の肌、ボン、キュッ、ボンのスタイル!! ほどよく締まった筋肉!!)やきう(そして――南米特有のケツ、ケツ、ケツウウウウウウウウ!!!!!!)やきう(圧倒的ケツ圧ッ!!)やきう(美尻、巨尻……そしてツンと上を向いたミドルサイズバストッ!!)やきう(中南米の奇跡ッ!! チンチロッ!!)やきう(あ^~!!)
299:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:38:26 ID:Rqw
ふぅ
300:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:47:50 ID:wYz
やきう(もう辛抱たまらんのじゃ^~)オバンドー「あ……// カリーニョ、そこが大きくなってるネ……//」やきう「もう……しょうがないじゃないか……」オバンドー「ねえ……やきうクン」やきう(圧倒的上目遣いッ!!)オバンドー「ワタシ、やきうクン愛してるヨ」やきう「お、俺もだよ……愛してる」オバンドー「……」オバンドー「……ン」やきう(あ^~!!)やきう(キス待ちッ!? このまま俺は……大人の階段を上るのかッ!?)やきう(ああ、いいだろう……お互い愛し合ってるんだ……何も問題はない!!)やきう(大人の階段を上り、君はもうシンデレラなんだよなあ……)やきう「んっ――」オバンドー「ん……ふぁあ……んちゅっ」やきう「あ……ふぁ……!!」オバンドー「んふぅ……ふふっ、やきうクンすごく上手デス……もっともっとくっつきたいデス……」やきう「……!!」やきう「オバンドー!!」 ゴソッ。・エッチシーンをスキップしますか? →Yes  No彡(゚)(゚)「ファッ!?」彡(゚)(゚)「どーすっかなー俺もなー。もう攻略はしたってことやろうけど」彡(゚)(゚)「>>303でええんちゃう?」
301:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:48:36 ID:Amf
NOにきまってんだろが!!!!
302:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:49:28 ID:Rqw
yes
303:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)03:58:15 ID:Rqw
no
304:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)04:03:58 ID:Rqw
アカン、もう寝るイッチ面白かったで
305:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)04:04:25 ID:wYz
ワイももう限界や……セックスする前にワイコンビニ行ってくるわ10分くらいしかかからないし許してクレメンスタバコ切れたんじゃ
306:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)04:08:56 ID:wYz
>>304サンガツ。http://i.imgur.com/gnk1eyl.jpg褐色でヌいて寝るんやで
307:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)05:04:53 ID:wYz
http://i.imgur.com/5gwKaaR.jpgあ^~褐色は気持ちええんじゃ^~たまらねぇぜ!!
308:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)05:07:02 ID:wYz
彡(゚)(゚)「クライマックスや。エッチシーン垂れ流して終わりでいいんじゃない?」彡(゚)(゚)「はい、ワイしこるで。いこか」
309:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)05:20:13 ID:wYz
やきう(童貞だからどうすればいいか……いや、今更そんなこと)オバンドー「ワタシ、すごく嬉しいデス」オバンドー「デモ……ワタシ初めてだからきんちょーシマス……」やきう(あんなキスしといて初めてなのか……)困惑やきう「俺も……初めてなんだ……」やきう「とりあえず……体洗おっか?」オバンドー「は、ハイ……」やきう(とりあえず……俺たちは別々に体を洗うことにした)やきう(とりあえずワンクッション置こう。まだ焦るような時間帯じゃない)オバンドー「~~♪♪」やきう(綺麗な鼻歌……はえ~すっごい幸せ)オバンドー「やきうクン、こっち来てクダサイ」やきう「……?」オバンドー「と、とおーっ//」やきう「ふぁっ……!!」やきう(いきなり抱き着いてきた……!!)やきう(や、柔らかあ^~)やきう(おっはい!! おっぱい!! おっぱい柔らかいんじゃあ^~)オバンドー「あ、洗いっこシマショ……//」
310:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)05:30:44 ID:wYz
オバンドー「ここ、どうでスカ?」やきう「あ、い、いい感じだよ……」やきう(泡だったボディーソープ)やきう(褐色の泡姫に包まれて……俺は身も心も洗われる)オバンドー「ここも……ちゃんと洗わないといけまセンネ」やきう「そ、そこは――」やきう(俺のビヨンドMAXをオバンドーは汚れを知らない手で包み込む)オバンドー「き、気持ちいい……デスカ?」やきう「ああ……!! ヤバい……!!」オバンドー「す、凄いおっきーですネー//」やきう(目の前には泡に包まれた裸体!!)やきう(程よく引き締まった体、ツンと上を向いた美乳、ピンク色の乳首……たまらねぇぜ)オバンドー「わっ……!! ど、どくどく動いてるヨ……」やきう「ご、ごめん……そ、その……オバンドーちゃんがかわいくて……」オバンドー「……//」オバンドー「こ、こうすると気持ちいいんですヨネ……エイッ!!」やきう「ふぁっ――ク!!」やきう(お、オバンドーちゃん……!!)やきう(ついに俺のビヨンドMAXを併殺したあ^~)やきう(オバンドーちゃんの美乳に包まれる俺のマスコットバット!!)やきう(なんでそんなプレー知ってるの!?)オバンドー「どうですカ!? きもちいいー?」やきう「やばっ……!! それ……!!」オバンドー「す、すごく熱いです……やきうクンの……」
311:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)05:45:22 ID:wYz
オバンドー「気持ちよくなってクダサイ……」やきう「あ゛……!!」やきう(挟んだまま、俺のを舐めて、咥えて……!!)やきう「そんなにしたら……もう゛……!!」オバンドー「ハイ……クダサイ……やきうクンの……」やきう(あ……併殺を止めて高速手コキ、玉舐め、バキュームフェデラー……)やきう「あ……あ゛ッ!!」やきう(いつもはポニーテールのオバンドー。今はそれを解き亜麻色の髪が艶かしく濡れた体に張り付く)やきう(そのいやらしい体の持ち主が俺のあそこを――)オバンドー「ん……イェス、シィ、Si!」やきう「あ゛……!!」やきう「も、もうダメだ……!! 出るッッッッッ!!」やきう「あああああああああああああああああ!!!!!!」オバンドー「オーゥ……//」
312:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)05:50:47 ID:wYz
やきう「ハァ…ハァ…ハァ……」オバンドー「男の人ノ……こうなってるンデスネ……」やきう「ご、ごめん……!! 顔に……!!」オバンドー「ダイジョブデス……凄い、濃いデス……//」やきう「あ……」やきう(オバンドーちゃん……俺の製紙工業株式会社を……舐めて……)やきう(すげー、セクシー、エロい!!)オバンドー「Oh……まだピクピクしてマス……//」やきう「オバンドーちゃん……!!」オバンドー「オゥッ……!!」オバンドー「やきうクン……おおかみサンですネ……//」オバンドー「や、優しくしてくだサイ……」
313:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:10:14 ID:wYz
やきう「オバンドー……ん……」オバンドー「あ……んん……!! じゅる……ふぁ……ちゅ」オバンドー「ハァ、ハァ、ハァ」やきう「おっぱい……触るね……」オバンドー「んん……!! ヤッ……!!」やきう「はえ~すっごい……やわらけぇ」やきう「乳首、気持ちいい?」オバンドー「んやぁ……!! オゥ……んん゛っ!!」やきう(もっと気持ちよくさせてあげたい……)オバンドー「んやぁっ!! そこ……!! ンシィ……!!」やきう「じゅる……ちゅぱっ……じゅるるるるるるる゛」オバンドー「あ、あかちゃんみたいネ……!! んやっ……!!」やきう「あむっ……」オバンドー「……!!」ビクンビクンビクンやきう「乳首、感じるんだね」ヒソッオバンドー「はぁああああああ……!!」ゾクゾクゾクやきう「ここ……触るよ?」オバンドー「ヒャウッ……!! そ、そこは……!!」やきう(オバンドーの綺麗な割れ目……手入れしているのだろうか、毛は綺麗に剃ってある)やきう「いくよ……」
314:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:12:40 ID:PAw
なんやこのスレぇ
315:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:18:06 ID:wYz
やきう「凄く……綺麗だよ?」オバンドー「んや……!! あぁん゛!!」やきう(少し触っただけで、オバンドーの体はビクンと跳ねる)やきう(広げてみると……そこには桃色の楽園があった)やきう(これが……クリってやつか)やきう「ここ……凄くビンビンになってるよ? 感じてるの?」オバンドー「ンヤァ……!! アァン……!!」やきう「凄いビッショビョだよ……」やきう(おいしそう……)やきう「オバンドーちゃん……」オバンドー「あ゛……!! やきうくぅん!!」やきう「じゅるるるるるるるるるるるるるる」オバンドー「ハッ――アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!」ビクンビクンビクンやきう(遂に俺がオバンドーの秘部を口で愛撫してやると、少し舐めて吸い上げただけで、彼女は弓のように体を反らせた)やきう「イったの……?」オバンドー「あ……あ゛……!!」ビクンやきう「……」やきう「もっと気持ちよくなって?」オバンドー「あ゛……!! 指ッ……!!」やきう「……」ヌプッオバンドー「ダメ゛!!!! さっきイッたノ……!!」やきう「……」グチョグチョグチョグチョ!!オバンドー「あああああああああああああああああああ゛!!!!」
316:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:27:33 ID:wYz
やきう(初めてなのに……この雰囲気が俺を狂わせる)やきう(グチョグチョとこれ以上ないほど卑猥な音を立てるオバンドーのヴァジャイナ)やきう(その音をもっと聞きたくて、俺はじっくり、時に高速で指を動かす)オバンドー「ンンンンンンンンンンンンン゛!!!!!!」やきう(オバンドーの奥が俺の指を締め上げる。キツく、キツく)オバンドー「やきゅーくぅふぅん゛!! もうワタシ……!! 出ちゃうヨ……!!」やきう「いいよ……!! 出して!!」やきう「……!!」グチャグチャグチャグチャ!!!!オバンドー「ハッ――――――ア」オバンドー「ンアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」 チョロ……チョロロロ……やきう(オバンドーの腰はガクガクと痙攣し、消力(シャオリー)する。脱力する)やきう(すると……天にまで昇るような快感だったのか)やきう(潮……いや、オバンドーはおしっこの穴から盛大におもらしをした) ジョロロロロロロロ……!!オバンドー「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」 ジョロロ……ジョロ……オバンドー「いやぁ……見ないでくだサイ……//」やきう(凄く……エッチだ……)
317:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:33:28 ID:wYz
オバンドー「ハァ……ハァ……ダイスキッ!!」オバンドー「ん……れろぉ……はぁ……んぷ……んん゛!!」オバンドー「ぷはぁ……やきう……クン」やきう(そして――オバンドーは)オバンドー「ワタシ……やきうクンと、ひとつになりたいデス……」やきう(乙女が俺だけに見せる……乱れた痴女のような、股を広げて恥部を向ける姿)オバンドー「来て……クダサイ……//」やきう「でも……ゴムが……」オバンドー「だいじょぶデス……外で出してクダサイ……」やきう「オバンドーちゃん……」オバンドー「早く……来て」やきう「オバンドーちゃん……!!」
318:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:42:56 ID:1uc
つとめてからなんてものを
319:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)06:47:32 ID:wYz
やきう「……」オバンドー「あっ……」 ぬぷっ……メ゛リ゛メ゛リ゛メ゛リ゛メ゛リ゛メ゛リ゛!!!!!!やきう「ああああああああああああああ゛!!!!!!」オバンドー「い……いいいいいいンンンンン゛!!!!!」やきう「ダメだ……!! 中がキツすぎぃ……!!」オバンドー「ンンンンン゛!!!!」やきう「ああああああああああああああああああああああああ」 ビュルルルルルルルルルルルルルル!!!!!!!やきう「ああああああああ――ご、ごめん」やきう(なんとか外で出した……危ない……)やきう(入れただけでキツキツで……しめつけて!!)やきう「ハァ……ハァ……」オバンドー「ハァ、ハァ、ハァ……」
320:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:00:40 ID:IZg
イッチおはよ力作やね
321:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:01:49 ID:wYz
やきう「ご、ごめん……俺」オバンドー「すごい……きもちいいデス……」オバンドー「あの……もうダメですカ……?」やきう「……」やきう(すげぇ……猿とか野生動物じゃないか……俺のチ○ポ……)やきう(2回も出してるのに……まだギンギンだ……)やきう「オバンドーちゃん……もう一回……いい?」オバンドー「ハイ……もっともっとクダサイ……」やきう「……!!」 ヌプヌプ……!!オバンドー「ンンンンンンンンンンンンンンンンンンン゛!!!!!!」やきう「あああああああああああああああ……すごいキツキツだよ……」オバンドー「やきうクンの……硬くて、大きいヨ……//」オバンドー「ワタシはだいじょーぶデス……どんどん動いてクダサイ……」やきう「い、行くよ……!!」オバンドー「は、ハイ゛ッ!!」やきう「ハァハァハァ……好きだッ!! 好きだッ!!」 パンパンパンパンパンパン!!!!オバンドー「ああああああああああああああッ――あ、アツッイッ!!」オバンドー「しゅきぃ……!! しゅきしゅき、だいしゅき……!!」 パンパンパンパンパンパン!!!!!!やきう「あああああああああああああああ」オバンドー「ンンンンンンンンンンンンン゛ッ!!!!!!」 グッポッグッポグッポ!!!!!!
322:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:03:06 ID:wYz
>>320彡(●)(●)
323:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:07:07 ID:GEo
闇が深いって言えば満足かガイジ
324:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:08:26 ID:wYz
やきう「ンンンンンンンアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」オバンドー「アッ゛アッ゛アッ゛――イェス!! シィ、シィ!!」やきう「もうゥアアアアアアアアアアアアア!!!!!」オバンドー「ンンンンンンンンンン゛!!!!」やきう「ダメッッッッッッッッッッッだ!!!!!!!!!!!!!!」オバンドー「ンイァンンンンンンッ!!!!」 ビクンビクンビクンビクンビクン!!!!!やきう「嗚呼アアアアアア……」オバンドー「しゅきしゅき、だいしゅき!! もっと!!」やきう「チンポ蛾ッ!!」オバンドー「後ろ……!! 後ろから……!! ついてっ……!!」やきう「あぁ゛……!!」やきう「いくよ゛ッ!!」
325:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:16:26 ID:wYz
やきう「このッ……!! ヤバイやばい゛!!」オバンドー「アアアアアッンンンンン!!!!」やきう(ケツが……ラテン女のケツが!! しまるっ!! ヤバイ!!) パンパンパンパンパンパンパンパン!!!!オバンドー「もっと来テ!!!!」やきう「アアアアアアアアア!!!!」 ペシンッ!! ぺチンッ!!オバンドー「アッはアアアアアアンンンンンンン!!!!! それ!! もっと!!!! もっとお尻叩いてクダサイ!!」やきう「ああ!! あ゛あ゛!!」オバンドー「ンア゛ッ!! ンンッ!!」 パンパンパンパン!!!! ぺチンぺチンぺチン!!!!やきう「アアアアアアアアアアア」オバンドー「ンンンンンいいいいいいいアッ」やきう「もうダメだ……!! もうパンパンだ……キツイ!!」オバンドー「イヤ……きてきてきて……!!」やきう「抜けないよ……!! ダメだ出ちゃう゛ッッ!!」オバンドー「もっと奥に゛ッ!!」やきう「ああもうダメだ!! 出すよ!! 抜くよ!?」オバンドー「イヤ! 抜かないでクダサッ!! ンンンン!!」 ズンズンズンズンズン!!!!やきう「アアアアアアアアアアアア!!!!」やきう「ッッッッッツァァアアアアアアアアア!!!!!」 ビュルルルルルルルルルルルルル!!!!!!オバンドー「ッッンンンンンンンンン!!!!!!」
326:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:23:16 ID:wYz
 ビュルルルルルルルルルルルルルルルル……ピュッ、ピュッ!!やきう「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――」オバンドー「なかッ……あつ……い゛!!」やきう「ご、ごめん……なか……!! とまらな……い゛っ」オバンドー「ンンンンンぅぅぅぅぅぅぅ」オバンドー「もう……しあわせデス……あつ……まだ……出て……」 ビュルッ、ピュッ!!やきう「もう――ぁぁぁぁぁぁぁぁ」オバンドー「――――――ッァ」 ドサリ。やきう「ハァハァハァハァハァハァハァ……ハァ……ハァ……」オバンドー「いっぱい……出ました……ネ……」やきう「――愛してる」オバンドー「しゅきです……しゅき……あいしゅて……マス」 こうして俺たちは、浴室で獣のように何度もまぐわい…… そして、彼女の父方の祖父母が帰ってこないのをいいことに、その後もベッドで激しく盛りあった。
327:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:25:46 ID:djW
こういうたらなんやけど、エロシーン入った途端冷めてしまったワイは男として終わりなんやろか
328:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:26:59 ID:wYz
 そして――友「良かったな……やきう」やきう「ん? どういうことだ?」友「今年の文化祭は彼女と周れるじゃねぇか」やきう「お……おう……ありがとよ」友「行って来い、クソ野郎」やきう「おう……お前もな!!」 今年の文化祭は、愛する彼女と周ることができた。 俺はこれからも……彼女を大切にしていく……絶対に。
329:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:41:36 ID:wYz
 どこまでも健気で、眩しくて、太陽のような笑顔を持つ魅力的な彼女と一緒に。 俺はこれからも歩いて行く――オバンドー「カリーニョ、準備できましたカ?」やきう「ん? ああ、準備オッケーだよ」オバンドー「ふふっ……ワタシは凄い、凄い凄い凄い幸せデスッッッッ!!!!」やきう(時は流れ――オバンドーは有言実行、なんと本当に女子プロ野球の選手になったのだ)やきう(そしてオフシーズンになり、俺たちは急遽彼女の祖国へ行くことになった)オバンドー「パッパとマッマに会うの、キンチョーしてますカ?」やきう「ま、まあな……だけど、連絡もしないで急に帰るなんて、大丈夫なのか?」オバンドー「だいじょーぶデース! 行く途中で連絡すれば大丈夫ヨ! サプライズネ!!」やきう「サプライズって……」オバンドー「ふふっ……! パッパもマッマもビックリギョーテンでしょーネ!!」オバンドー「――ワタシとやきうがニューセキしたなんて言ったら!!」やきう(そう――俺たちの指には輝くリングがある)やきう(まだ気が早いんじゃ――なんて言ったが、彼女はそんなの気にしない)やきう(ニューセキしたんだからつけてもいいはずデス……なんて言って)やきう(まあ、彼女らしくて……俺はそんな彼女が好きだ。これからもずっと)オバンドー「やきう……?」やきう「どうした?」オバンドー「Te quiero(愛してる)」 輝く指輪のように、彼女は笑った。 END.
330:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:49:09 ID:wYz
 おん恋スクール!!→はじめから つづきから オプション おまけ彡(゚)(゚)「……」彡(゚)(゚)「ワイなにしてたんやろ……あほくさ」彡(゚)(゚)「もうエロゲなんて止めるわホンマ」彡(゚)(゚)「さっさとシコって寝るで」彡(゚)(゚)「ほな……また……」完。
331:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:51:16 ID:yhk
おつやで
332:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:51:54 ID:BYA
おつ
333:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:52:17 ID:Rqw
イッチ乙やで!ライブ感あって楽しかったわ!
334:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)07:56:22 ID:IZg
乙やで~スペイン語?詳しスギィ羨ましいわ
335:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)08:14:03 ID:wYz
>>334てきとーにググッただけなんやで……(小声
336:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)08:17:48 ID:FyT
夜の書きだめかと思って追いつこうとしてたらまさかの朝から書いてたのか…何はともあれお疲れイッチ
337:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)08:23:12 ID:e51
To Heartの神岸あかりルートクリアしてからこの手のゲーム苦手になったわ・・・
338:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)08:27:14 ID:wYz
>>336シコって寝るで。サンガツ。
339:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)13:55:44 ID:OZO
チンポ蛾に草
340:名無しさん@おーぷん:15/11/27(金)15:50:00 ID:Amf
乙やで
341:名無しさん@おーぷん:15/11/28(土)11:52:26 ID:aX7
おん子ルートやったら橋の下で糞まみれやったんやろなあ
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

彡(゚)(゚)「エッチなゲーム? 初めてやけどやったろ!!」