- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【建て直し】選手の逸話やらなんやらをかくスレ

1名無しさん@おーぷん:2017/03/26(日)10:52:06 ID:2sl()
強制sageになったため
458ジム・ジェンタイル:1 :2018/01/11(木)00:18:58 ID:TkE
本塁打を打ったが一塁ベースを回ったところで肉離れで倒れたため代走に交代、そのため
「得点>本塁打」
という珍記録を作っているがメジャーリーガー時代にもある記録を作っている。

ジム・ジェンタイルは1969年に来日する8年前の1961年、その年本塁打記録を達成したロジャー・マリスと打点王を争っていた。結果はマリスが142打点を記録してタイトルを獲得、ジムは1打点差でタイトルを逃してしまった。
それから49年後の2010年、マリスの打点の記録にミスがあったことが判明、記録は141打点に修正され、ジムの141打点と同点になったためジムも打点王となった。
なお、ジムは当時所属していたオルオールズと、契約に打点王のインゼンティブを盛り込んでいたため、オリオールズは自らインゼンティブとしてジムに5千ドルを支払っている。


画像は本塁打を放つが途中肉離れで倒れてしまったジム



459名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)00:27:55 ID:1zs
50年越しのインセンティブは草
460関根潤三:5 :2018/01/12(金)00:25:11 ID:SUx
打者転向の理由は

「ピッチャーは打たれるからおもしろくない」

という思いから打者に転向したという。
さらに

「打つ方ならクリーンナップ以外はやらん」

と言ってしまい、危うく首脳陣との間に不和が生まれそうになる。だが、関根が投手時代の打撃成績を振り返ってみると近鉄野手より成績が良かったのであっさりクリーンナップを任される。
461金田正一:7 :2018/01/13(土)00:01:15 ID:FIB
ロッテのキャンプ地に迎えられた金田、そこで
「頑張れロッテ!目指せ優勝!!」
という垂れ幕の入ったクス玉を開くことになる。しかし、力を入れすぎてしまいちょうど「優勝」の文字の部分がビリビリに破けてしまう。
周りの市長や役員たちがうろたえてる中、金田はなんとかしようと無理して笑っていた。
462球団の小話:4 :2018/01/14(日)00:12:49 ID:ihx
昭和30~40年代の近鉄は50年頃まで巨人から
「実力に差がありすぎる」
という理由でオープン戦での対戦を事前に拒否されていたという。
また、同じパリーグ球団からの扱いも酷かったらしく、「弱小で不遇の球団」という人もいた


おまけ
近鉄の練習を見ていた野村克也が関根に話しかけた場面の会話

野村「関根さん、相変わらずそっちは酷いねぇ、こっちに来て見なよ。大変だよ」
関根「そりゃあお前、お前らには鶴岡さんがいるからだろう」
野村「そうだよ。だから近鉄は楽そうで羨ましいねぇ」

オールスターに出場した若き二人



463名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)07:53:51 ID:GQh
近鉄って唯一の100敗球団やしな
464工藤公康:1 :2018/01/15(月)00:11:50 ID:bz7
工藤がダイエーに移籍した理由

表向きが
・根本陸夫の存在
・それまで老朽化していた西武球団の練習設備の改善を訴え続けても球団が曖昧に答えるので愛想つかした

などがあるが、移籍当初の理由は当時監督だった森祇晶から毎日欠かさず爪の長さをノートに記入して提出することを義務付けられたことがバカバカしかったからだという。
465山内一弘:1と暗黒ロッテ :2018/01/16(火)00:15:40 ID:3VJ
1981年オフ、ロッテ監督である山内は球団に不満を抱いていた。選手に対する評価に納得がいかなかったからである。そこでフロントに
「もうちょっと給料上げてやって下さい。そうしないと選手も働かないし私も辞めてしまいますよ」
と冗談めかして何気なく言ってみた。これに球団はそれを本気と受け止めてしまい、

「そうですか、お辞めになるんですか。どうぞ」

と返され、急遽監督解任指令が出されたという。
山内は

「男が一回言ったんだ、フロントの考えを把握し切れなかった私の認識不足がいけない」

と自分の発言に責任を持って解任を受け入れたという。
466-後日談- :2018/01/16(火)00:20:40 ID:3VJ
なお、なんの予定もなしに監督を辞めさせたので当然後任の監督選定に難航する。
始め、張本勲に要請したがあっさりと断られる。
続いて生え抜きスター選手である有藤道世にプレイングマネージャーの話を持ちかけるが、色々と条件を提示したためなかったことになる。
困ったオーナーは旧知の仲である鶴岡一人に相談したところ、大学の後輩である山本一義を推薦して監督に就任した。
だが、なんの愛着もない球団の監督になった山本は自分の好みでオーダーを組む、ベテラン選手にはとりわけ厳しくして若手選手の前で叱る、と言った行動をしたため選手からもファンからの評判は最悪だったという。
467ネット民の思い出:4 :2018/01/17(水)00:33:53 ID:ODz
※深沢→深沢恵雄、1977年~1988年に阪神、ロッテに在籍していた元プロ野球選手



↓は深沢の家族とあった一般人との話(信憑性はない)

46 名前: 神様仏様名無し様 投稿日: 2009/11/21(土) 23:53:59 ID:N2wmEYdi
昔、昭和56年頃のエースだった深沢の家族から直接聞いた話。

俺「突然引退されましたけど、怪我でもされたんですか?」
家族「あれは有藤に干されたから。なんで使ってもらえないかどうしても納得が
いかなかったから、有藤の所に事情を聞きに行ったら、そこで売り言葉に買い言葉で
かなり険悪な雰囲気になった。そしたら突然顔を殴られた。意識が飛んで吹っ飛ぶくらい
強烈に殴られたので、前歯が折れ深沢は今でも前歯は差歯なんだ、」
俺「ひどい話ですね。でも他球団でやろうという意志はなかったんですか?」
家族「見返してやろうと思って、いろいろ他球団に売り込んだんだけど、有藤が手を回していて
結局どこも取ってくれなかった。あんな目にあうんなら警察に訴えておけばよかった。」

プレーオフで先発していた名選手の最後としては寂しすぎる結末に俺は息をのんだよ。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【建て直し】選手の逸話やらなんやらをかくスレ
CRITEO